« 生命力に感謝 | トップページ | 挨拶に感謝 »

2019年3月16日 (土)

「が」はポジティブになれる

 【「が」はポジティブになれる】 志賀内泰弘さん
こんな経験はありませんか。
奥さんに、「夕食は、カレーがいい?それともシチューがいい?」と聞かれて、
「カレーでいいよ」と答えたところ、何だか奥さんの機嫌が悪くなった…。
恋人とデートをしたとき、彼に「イタリアンにする?それともフレンチにする?」と聞かれて、
「ランチは簡単でいいわ」と言ったら、
「せっかく考えてきたのに」と不満げな顔つきになった…。

原因はどこにあるのでしょう?
それは、「で」の1文字にあります。
「で」は、「どっちでもいい」というネガティブな気持ちを表す象徴的な言葉です。
例えば、会社で仕事をしているとき、上司から、「誰にやってもらおうかな~、
あっ、君『で』いいからやっておいて」
なんて言われたら、やる気が起きませんよね。

「〇〇『で』いい」と言われたほうは、なんとなく投げやりな感じに受け止めてしまいます。
それだけではありません。
言葉は、人の心を映す鏡です。
ほんの一言にも、その人自身の心の声が反映されているのです。
だから、「で」を使う本人の心も、知らず知らずにネガティブになっているのです。

これに対して、「が」は、強い意志表示が伝わります。
「夕食は、カレー『が』いいな」とか、「イタリアン『が』食べたい」と言うと、
相手も作りがい、奢(おご)りがいが出てきます。
「が」を使うと、自分の意志がしっかりと明確になります。

そうです。
「が」の裏側には、「一番」とか「ベスト」、「でなければいけない」
という気持ちが秘められているのです。
「で」と「が」は、たった1文字の違いですが、口癖にするとポジティブになれます。
  『ポジティブ練習帳』  同文館出版

「『で』いいよ」、という言葉と同じくらいがっかりさせる言葉が
「どっちでもいいよ」とか「どこでもいいよ」。
「どっちでもいいよ」・「どこでもいいよ」には、「どうでもいい」とか「関心ない」とか、
「関係ない」という投げやりなニュアンスがある。
一緒にいる人が、「どうだっていい」というような関係性を否定するような言葉を使えば、
関係性は壊れていく。

傾聴の三動作という言葉がある。
「話し三分に聞き七分、うなずき、あいづち、驚きの表情」(田中真澄)
人は、相手に最大限関心を持ってもらたいし、自分を認めてもらいたいと渇望する生き物だ。
この傾聴の三動作は、「あなたに関心がありますよ」、「あなたが大事ですよ」、
というポジティブな気持ちを動作で表したもの。

「で」ではなく、「が」を使うことも同じで、
相手を大切にすることにより、自分の気持ちもポジティブになれる。
「が」を積極的に使ってポジティブに生きたい。




« 生命力に感謝 | トップページ | 挨拶に感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事