« 迷信を捨てる勇気を持った時 | トップページ | たとえ一つ一つが小さくても »

2019年2月 8日 (金)

あなたは準備ができていますか

 【あなたは準備ができていますか?】 アカデミー学院 学院長 舟田譲二

「運とは、準備ができている人に訪れるチャンスのこと」
  --デンゼル・ワシントン、俳優  (訳 舟田譲二)
私自身、自分は運のいい人間だと思っています。
ですから自分の身に起こることをほとんどすべて肯定的にとらえ、
「ああ、運がよかった」と思うようにしています。たとえそれが一見マイナスに見えるようなことでも。
ヘマをしたり、大きな失敗をしでかしても、その中にひとつでもいいことを探すようにするのです。
たとえば、車を電信柱にぶっつけたとしたら「くそっ!」と思わずに、
「ああ、相手が人やよその車でなくてよかった」というふうに。

以前、電子辞書や現金、図書カードなど数万円分入っていた鞄が盗まれたときも、
発想転換して感謝することにしました。
「神様、感謝します。奪われたのが金品で済んで命を奪われなかったことを感謝します。
金品が盗んだ人の役に立つのなら感謝します。私が泥棒でなかったことを感謝します...」。
こういう考え方ができるなんて、私は本当に運がいいと正直思いました。
すると、なんと入っていた火災保険の特約でほぼ全額近くが戻ってきたのです

心理学者リチャード・ワイズマンが書いた 『運のいい人、悪い人』という本を昔読みました。
著者は大勢のボランティアを集め、数千人の運のいい人と悪い人の考え方や行動パターンを分析し、
自分は運がいいと考える人たちは人生に対する姿勢と行動で自ら幸運をつくり出していた、
と結論していました。
私の考えとまったく同じです。

当然のことです。
「自分は運が悪い」といつでも思っていたら、笑顔が消えて暗い顔になってしまいますし、
人はそのような暗い顔をしている人から離れ、その結果さらに悪いことを引き寄せることになります。

冒頭の言葉、
「運とは、準備ができている人に訪れるチャンスのこと」は真実です。
「準備ができている」というのはどういうことでしょうか。
自分の身にいいことが起こることを予期し、期待し、信じているということです。
このような生き方をしていると、運を引き寄せます。それが、自分のもとを訪れてくれるチャンスです。
じつは、ほかの人にも同じチャンスが訪れているのですが、
「準備ができていない」とそれに気がつかなかったり、みすみす見逃したりするのです。

皆さんはいかがですか?
「運とは、準備ができている人に訪れるチャンスのこと」という言葉を信じますか?
信じない人はチャンスに気がつきませんよ。


« 迷信を捨てる勇気を持った時 | トップページ | たとえ一つ一つが小さくても »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事