« 恋するっていうことは | トップページ | 運が良い悪い »

2019年2月14日 (木)

強い優しさ

【強い優しさ】
事故にあい、足が不自由になってしまいました。
車椅子なしでは外出もできませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことができません。
そんな私からは友人たちも離れていきました。

でもたった一人、事故にあう前からずっと私のそばには彼がいてくれるんです。
何度も八つ当たりしました。
物を投げつけたり、ひどいことを言ったり、自殺をはかろうとしたり・・・
今思うと恥ずかしいですが、この世で自分が一番不幸だと思っていました。
でも彼は私の側から離れていきませんでした。
リハビリ、トイレ、嫌な顔一つせずに介助してくれました。
引きこもりがちになっていた私を、何度も外に連れ出してくれました。

そんな彼とこの間、食事をしに行った時のことです。
順番待ちをしていると、ぐうぜん彼の友人達と会い、誘いもあったので相席することになりました。
そして食事中、彼の友人達が笑いながら話してきたのです。
「まだ付き合ってたんだ」
「○○は正直面倒だろ、まだ若いんだし新しい彼女を 作った方がいいんじゃない?」
「セックスもできないんじゃなー」
「彼女ちゃんもさ、考えたら普通別れるよね」と。
その言葉に対して彼は「うん、そうだな。」と答えたのです。

心が痛みました。
言葉では表現できない感覚でした。
やはりお荷物だったのか、同情だったのか・・・
涙があふれてきました。

しかし彼はそのすぐ後に言葉を続けたんです。
「でも、俺は迷惑だとか思ったことは一度もないし、違う彼女がほしいと思ったこともない。
お前らの彼女の基準はセックスできるかできないか、なのか?、だったら寂しいな。
足が不自由だろうが彼女は彼女だ。
俺はこの先もずっと一緒にいるよ。」
そう言って食事代をテーブルに置き、
「行こう。」と私を連れ出してくれました。

店から出た後、「そう言う事だからさ・・もう泣くなよ。」
と笑いかけてくれる彼を見て、ああ、この人に巡り合えてよかった
と感じると同時に、
私は幸せだと心から感じました。
------------------------------------
足がが不自由になってもいままでと変わらず彼女に接してくれる彼氏。

彼女を幸せにするには強さと優しさの両方がなければいけないんですね。

Photo



« 恋するっていうことは | トップページ | 運が良い悪い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事