« みんなと同じだったら | トップページ | 恋するっていうことは »

2019年2月13日 (水)

人生は足し算だと思っていた

人生は足し算だと思っていました。
学校へ行って新しいことを勉強し、
できなかったことができるようになる。
友達をつくる。知識や技術を身につける。
働いてお金をもうける。

服を買う、車を買う、家を建てる。
足りないものは足していく。
知識、学歴、資格、お金、持ち物、人間関係、
なんでも多ければ多いほどいいと思っていました。
人生は足し算でした。

うつ病になって、なにもできない惨めさを知りました。
仕事はおろか、起き上がることもできません。
電話に出るのも、人に会うのも苦痛になりました。

今までできたことが、できなくなりました。
やりたくてもできないこと、どんなにしたくても、
やってはいけないことも増えました。


それから人生は引き算になりました。
たくさんあることの中から、
ほんとうにしなければならないことだけを残す引き算です。
切なことと、どうでもいいこと、どうしても私がしなければならないことと、
ほかの人に代わってもらってもいいこと、時間をかけてしたほうがいいことと、
手を抜いてもいいこと、少しずつ見分ける知恵がついてきました。

わたしにしかできない、ひとにぎりのことを心をこめてする。
引き算の人生も、悪くないと思います。
「傷つきやすいあなたへ」 木村 藍 (著)

Photo






« みんなと同じだったら | トップページ | 恋するっていうことは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事