« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の61件の記事

2019年2月28日 (木)

男性脳と女性脳の違い

【 男性脳と女性脳の違い 】
男は成長願望
女は変身願望
男は自分がいちばん
女は家族がいちばん
男はほめてほしい
女はわかってほしい
男は理由がほしい
女は誠意がほしい
男は家で休みたい
女は家で話したい
男は自信過剰
女は自信減少

Photo






81歳の若大将

【81歳の若大将、偶像のような加山雄三さんでもこんなことが・・・】

誰でも知ってる加山雄三さん。
歌も、作曲も、楽器も、役者も、スポーツも、絵も、ヨットも、ゲームも、
とにかく何をやってもスーパーマンで男前。
毛並みもいいし、おまけに性格も男らしくて、かっこいい。
「若大将」のキャラクターで一世を風靡した加山さんも、もう81歳。
でも、見かけも発言もちっともおじいさんっぽくありません。
まるで神様から選ばれた人みたいで、加山さんの人生も
明るい陽の当たる道ばかりを歩み続けてきたかのように見えます。
しかしそんな加山さんも、ある一時期は、
強烈な逆風に吹きまくられたことがあります。

1970年、加山さんが33歳の時です。
叔父さんが経営するスキー場や茅ヶ崎のパシフィックホテルの倒産により、
経営者の一人だった加山雄三さんも責任を取らされることになったのです。
なんとその時の負債は23億円。
悪い時には悪いことが重なります。
俳優としての仕事もその頃になると激減し、ギャラも大きく減少しました。
それまで、加山さんが蓄積してきた財産のほとんどを借金返済に充てています。
さらに、ギャラのほぼ全額を借金返済に充てざるを得ず、
ナイトクラブやキャバレーまわりをする時期もありました。

加山さんにとって、最高最大の不遇の時代であったわけですが、
この大きな負債も何とか10年で完済することができました。
スーパースターの加山雄三さんとはいえ、
この不遇の時代を独力で向き合うには、あまりにも厳しい試練だったに違いありません。
ここには、やはり加山さんを支える奥様の存在が不可欠だったのです。

奥様(松本めぐみさん)は、23億もの負債を抱える、
その2年前に加山さんと結ばれていたのです。
その頃、そんな言葉はなかったかもしれませんが、
「さげまん」みたいな言われ方もされたようです。
でも奥様こそ、その時点では、なんと不運なめぐり合わせだったことでしょう。
加山さんは奥様についてこう語っています。
もちろん、奥様への感謝の言葉で満たされていますが、
ファンには知られない、ショックな出来事も語られています

カミさんがいなかったら今の俺はないですよ。
 俺みたいなどうしようもない人間をよくぞ操縦してくれたと。
 理屈とか技じゃなく、彼女は本心で動いてるから、真実ほど強いものはない。
 それでうちのお袋と非常に重なる部分があるんです。
 彼女は早くにお父さんを亡くして、十五歳から芸能界に入って家族を支えてきたし、
 お袋も父親と生き別れて女優として家庭を養ってきた。
 僕が何より嬉しいことは、カミさんが四人も子供を産んでくれて、
 その子がみんな本当にいい子に育ったということなんです。
 本当は子供は八人いたんです。
 四人流産して。
 でも僕の愛情にそれだけ応えてくれようとした彼女の気持ちが、
 僕は嬉しいんだ。」

いかがでしょうか。
加山さんご夫妻みたいに、幸福の象徴のようなお二人にあっても、
4人ものお子様の流産を経験しているんです。
大きな借金、スキャンダル、流産・・・そんなつらい側面を感じさせないことも、
スターのスターたる所以なのでしょうね。
そういえば昨年は、人生の相棒のようなヨット「光進丸」を火災で失いました。
一時期は茫然自失に見えましたが、やはりさすがは若大将、
すっかり元気に現場復帰しました。

Photo_2






2019年2月27日 (水)

苦しみは楽しみのための助走

『苦しみは楽しみのための助走』
* * * * * * * * * * *
何度でも言うね。
あなたは幸せになるために
生まれてきたのだし、
わたしたちは
笑い合うために出会った。
痛みは優しくなるためのステップだし、
苦しみは楽しみのための助走だ。
繰り返すね。
あなたは幸せになるために生まれた。
何も問題ないよ。
気楽にいこう。
* * * * * * * * * * *
痛みも苦しみも
全てが良くなるための途中。
そう思えたら少しは
気が楽になると思います

51962919_972965522898601_2512659806




息子の誕生日

 【息子の誕生日】
旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。
主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。
当時5歳幼稚園でいえば、年中さんですね。
原因は分かりません。不治の病だったそうです。

Aさんも、Aさんの奥さんも絶望の淵に立ったそうです。
奥さんは、突然Aさんに皿を投げつけたりするDV行為を行ったそうです。
ストレス発散だったのでしょうか。
Aさんは事情が理解できていたので、黙って見守っていたそうです。
我が子を失った思いというのは、自分さえ深く深く傷ついている。
ましてや、奥さんは自分が仕事でいない間もずっと一緒だった。
たとえば入院してからも、自分は仕事で病院に行けない日があったのに、
奥さんはずっと通っていたわけです。
Aさんも悪いなあと思っていました。
その時点では、いずれ退院したら、どっか連れて行こうか、女房と子供はディズニーが好きだから、
連れていけばいいや、と軽く考えていたそうです。

その矢先のお子さまの突然の天界。
Aさんも自分の過ちを気づいたそうです。
その時、その一秒でも子供と、奥さんと共に接していれば、わずかな時間でも共有していれば、
たとえ結果は一緒だったけれど、過程は全然異なる。そう自責の念に駆られたそうです。
子供を失った夫婦というのは、とてつもなく大きな暗い穴が広がるそうです。
我が子はうざいと思う時もありますが、いざ、最初からいないと仮定すると、それは考えられない。
失う、消えるという事態が突然自分の事になるのはとても理解できないと思います。
そういう場面にAさん夫妻は直面したわけです。
その後は毎日が夫婦喧嘩。
一方的に奥さんが罵るわけですが、Aさんも耐えてるんでけども、
悪いとは思いながらも、時折言い返してしまう

メビウスの輪の悪循環。
Aさんと奥さんは精神的にボロボロに崩れ落ちていました。
当時A課長は、私の旦那を送ってきた際に『きみの子たちは元気だね。それは結構幸せな事なんだ。
ゼロになるというのは本当に信じられないことなんだ。気が狂うよ。』と言ってました。
涙目で。
後々になって話を聞くと、実際に、備長炭を用意していたそうです。
死ぬ一歩手前。
そんな時な話です。

『ディズニーランドに行ってみようか。』
そう思ったA課長はその考えを奥さんに言いました。
なぜならその日は生きていれば我が子の誕生日だったからです。
それに、子供は病院で息を引き取る前に、
ミッキーのぬいぐるみを抱いていたほどディズニーが大好きだった。
Aさんは、子供が亡くなるまで毎年、ディズニーランドで子供の誕生日を祝っていたのでした。
今年も生きていれば当然ながら行っていた。
自分の家のイベントだった。
それを思い出したんです。
それで一周忌に子供の約束は守ろうかって思ったんですね。

Aさん夫婦はディズニーランドに行きました。
最初は後悔したそうです。
すれ違う親子連れ。ミッキーの帽子をかぶってじゃれ合う親子連れ。
同い年であろう子供を見るたびに涙がこぼれそうになったそうです。
だって我が子も一緒に来ていれば同じことをしていたわけです。
手の温かさを思い出したそうです。
『パパ、ママ。』
亡き子供の声を何万回も聞いたそうです。
もし、自分の子供が生きていたら、こんなふうに乗り物に乗っていたんだろうか。
こんなものを一緒に食べて喜んでいたのかなあ
ディズニーランド内を歩くたびに亡くなった子供の笑顔ばかりが頭に浮かんだそうです。

Aさんは『来なければよかったよ。』と思ったそうです。
奥さんも同じことを考えていたのか、Aさんを睨み付けるばかり。
『帰ろうよ。』
さらに『あなたは私に悲しみを与えるばかり。』
『最悪の夫だよね。』とも言われたそうです。
宣告ですね。
Aさんは、ふと、そんな奥さんを見て思ったそうです。
ぼくと一緒にいるから彼女は子供のことを思い出し、救いようのない泥沼から這い上がれずにいる。
それは自分も同じだ。
お互いに幸福になるには?
導き出した結論は離婚でした。
子供を亡くした親は必ず離婚を意識するそうです。
理由はこれ以上、子供のことを思い出して、互いに傷つきたくはないから。
それが天国にいるであろう、我が子に対しての償い。
償いとは、自分自身に対する運命のカルマです。

真剣に離婚を考えながらもA課長は、予約してあるレストランへ行きました。
そこではお互い、言葉は交わすことはなくても
、これが一緒に取る最後の食事であることはなんとなく、感じていました。
子供が生きていたら喜ぶであろう、ミッキーマウスのショーが見れるレストラン。
これが最後の晩餐になるんだろうなぁ、と夫婦共に考えていたそうです。
A課長は自分の心は死んだ子供にある。
奥さんも亡くなった子供だけしか考えられなくなっている。
どんなに思おうが、子供は生き返らない。
苦痛のジレンマ。
だけど、二人にとっては決して忘れることができないし、忘れる気持ちも毛頭ない、
楽しい日々の思い出がある。
共有する楽しい思い出と、それに残酷なまでに続く悲しい思い出。
子供の笑顔が脳裏で蘇るたびに、罵り合い、互いに傷つけ合う。

レストランに入り、
「予約していたAですが。」
と伝えると、係の者(キャスト)は席に案内してくれました。
テーブル席。
空席がありますが、それは亡くなった子供の席です。
Aさんと奥さんの間にある一つの空席。
ポツンと。
あいにくと、その日は非常に混んでおりました。
日本はおろか、アジア中から客(ゲスト)が来ていたから当然です。
Aさんの席は二人だけなのに、4人掛けのテーブル。
Aさんもちょっぴり悪いかな、と考えました。
そんな時に、キャストは来て言いました。
『お客さま、大変申しわけございませんが、御夫婦さまでしたら、
二人掛けのテーブルに移っていただけないでしょうか?御家族連れに困っているお客さまのために。』
そう言ったそうです。
夫婦だけなら、もっと小さなテーブルに行って、大きなテーブルは待ち疲れたファミリーに譲る。
それはディズニーに限らず、レストランで食事を摂る者の当たり前のマナーですね。

だけど、Aさんは「悪いな」とは思いつつ言いました。
『混んでいるのは分かるんだよね。
できることなら僕だって席を譲りたい。
でも、実は、昨年、私たちの子供が病気で死んだんだ。
今日は、私たちの子の誕生日なんだ。
私たちは子供の誕生日を祝ってあげたい。
この真ん中の席には、子供が座る予定だったんだ。
約束していたんだ。
二人だけであれば当然、席を譲ろうかとも思うんだけれど、亡くなった子のバースディだから、
大変申しわけないんだけど、このままでいさせていただけないだろうか。』
と言ったそうです。

そのキャストは、しばらく考えると、
『お客さま、それは大変失礼な事を言ってしまいました。大変申しわけございません。
どうぞ、このままの状態でいらしゃって下さい。』
と言って去って行ったそうです。
しばらくして食事が来ました。
注文したのは二人分のフレンチのコースだったのに、なぜか三人分が来たそうです。
しかも、真ん中の席にはきちんとお子さまランチが置かれたそうです。
ドリンクはオレンジジュース。
Aさんはキャストを呼びました。
『自分たちは子供の分までは注文していない。』 と。
すると、
『これは店のサービスです。お子さまの分はお店のサービスです。』
そうキャストは言ったそうです。

しばらくして、天井の明かりが少しばかり落とされたかと思うと、突然、アナウンスがありました。
Aさん夫妻は何だろう?と思い、マイクの発信先に目をやりました。
すると、そのキャストが大きなケーキを持っていました。
それもバースデーケーキを。
『みなさま、大変申しわけございません。
本日は特別な日です。
ここにいらっしゃる方のお子さまの誕生日なのです。
どうかみなさま、いっしょにハッピーバースデーを一緒に歌ってはいただけませんか。』
そう言うと、音楽と共に、ケーキをAさんのテーブルに運んできてくれたそうです。
幾人ものお客さんが、音楽に合わせて、ハッピーバースデーを歌ってくれたそうです。
テーブルに運ばれてきたケーキ。
すると自然に蝋燭の火が消えたそうです。
理由は分かりませんが静かに消えた。

Aさん夫婦が立ち上がってお礼のために頭を下げると、拍手が起こったそうです。
おめでとう。
おめでとう。
やがてショーが始まったそうです。
ミッキーのショーですね。
そのとき、Aさん夫婦は、奇跡を見たそうです。
真ん中の席に、誰もいないはずの席に、我が子が座っている。
ミッキーの踊りを見て喜んで手を叩いている
ああ。
ああ。
君と一緒に見たかったんだよ。
Aさんは涙目になりながら、我が子、生前の我が子からは少し成長した我が子を見たそうです。
笑顔で喜ぶ我が子を。
横に目線を走らせると、Aさんの奥さんもハンカチで目頭を押さえて、同じように、
空席に座る少し成長した我が子を見ることを体験したそうです。

そのとき、夫婦で悟ったそうです。
ぼくたちは間違っていたのかもしれないね。
ぼくたちが喧嘩ばかりしていたら、亡くなった子供はますます悲しくなってしまうよね。
悲しみがひどすぎて、天国へもいけないね。 
ぼくたちは間違っていたんだ。
子供のことは忘れてはいけない。
だけど、前に進まなればならないんだね。
そう、夫婦で一瞬にして悟ったそうです。
その直後、真ん中に座る子供はAさんと奥さまを右、左とゆっくりと見て、微笑んだそうです。
声は出すことはなかったそうですが、こう聞こえたそうです。
『ありがとう。ありがとう。パパとママ、ありがとう。』

やがてショーが終わり、店内に明かりが再び灯りました。
Aさん夫婦の間には手を付けられていない料理が一つ。
だけど、いま体験した奇跡は夫婦は本物であると疑いを持つことはありませんでした。
二人手を握り締め合って、ディズニーランドを後にしたそうです。
-------------------------
子供が一番望んでいることは両親が仲良くしてくれることですね。
失意のどん底にいた夫婦を救ってくれたディズニーキャストのおもてなしに感動させられました。


Photo




2019年2月26日 (火)

どんなにつらくても

どんなにつらくても、
必ずしあわせは傍にいる。
だいじょうぶ、だいじょうぶ。
ただ、
そのしあわせを見失いませんように。
そのしあわせに気付けますように。
そのしあわせに気付ける
わたしでいられますように。

Photo_2






重要な言葉

 【重要な言葉】
有名な精神科医の
スマイリー・プラントン医学博士は、
治療室にテープレコーダーを置いて、
希望喪失やフラストレーションに苦しんでいる患者の
悩みを吹き込んだ。
その中に、くり返し出てくる重要な言葉があった。

その言葉とは「もし」だそうだ。
自分が不幸だと思っている人は、過去の失敗や、
人間関係のつまずき、不幸な出来事をふり返っては、
そのたびに「もし」をくり返すという。

「もし、もっと賢明な決断を下していたら…」
「もし、別の方法でやっていれば…」
「もし…」、「もし…」
と永遠に「もし」が続くのである。
 引用元:(「人生が驚くほど逆転する思考法」 三笠
-------------------------------------------
「もし」、自分でもたまに使ってるかも。
過去の結果を引きずらず、起きてしまったことに対して
ベストな方法を考えるようにしたいと思います。

Photo






2019年2月25日 (月)

自分の価値観で

自分の価値観で人を責めない。
一つの失敗で全て否定しない。
長所を見て短所を見ない。

心を見て結果を見ない。
そうすれば人は必ず集まってくる。
 - 吉田松陰 -

Photo






情報は勝手に入ってくる

  【情報は勝手に入ってくる】

やってみよう
赤いものを指す
あなたがいる部屋の中で、赤いものを5つ指してください。
このとき、緑色は気になりましたか?
赤を探しにいっているので気にならなかったはずです。

同じようなことは日常生活でも起こっています。
欲しい車があるとき、その車がやたらと目につきます。
奥さんが妊娠したとき、街でやたら妊婦さんを見かけます。
意識するだけで、その情報が入ってくるのです。

おなかがすいたと思ったら、靴店や洋服店ではなく、自然にレストランに目がいく。
鼻までいきますから。
これが人間の本質的能力。
情報は勝手に入ってくるのです。
だから、「オレはツイてない。不幸だ」と思っている人ほど、ツイていない情報が入ってきます。
思っていることが入ってくるわけですから、入ってくる情報は訓練して変えることができます。
 (「超集中で人は変わる」松葉健司 著 / ベースボール・マガジン社より)
_______

「すべてを手に入れる残り97%の脳の使い方」(苫米地 英人 著 / フォレスト出版)
という本にも、面白い実験があります。
突然ですが、少し実験をしてみたいと思います。

もし可能なら、ペンなどの書くものと紙を用意してください。
腕時計を持っている人は腕時計、
持っていない人は携帯電話のデザインをできるだけ正確に思い出して書いてください。
見てはいけません。
2、3分ですぐ書いてみてください。バンドのデザインや数字。数字は算用数字だったり、
ローマ数字だったりいろいろだと思います。秒針の長さなどもです。

確認してみてください。書けましたでしょうか?
この実験をセミナーやクラスでやると、ほとんどの人が間違えます。
ほとんどの人が3~6カ所以上間違えます。
これは、なぜでしょうか?

腕時計は、1日に何度も見ているはずです。人によっては10年以上している時計を間違えます。
そして、次に、「いま時間は何時だった?」と質問します。
そうすると、今度もまたほとんどの人が、時間を覚えていません。
時計のデザインを確認するために、時計を見た直後なのにもかかわらずです。

この実験で何が分かるのか?
それは、
・人は重要なものしか見えない
・人は見る準備をしているものしか見えない
ということのようです。

そして面白いことに、一つの情報に集中してしまうと、他の情報が見えなくなってしまうのです。
好きな人が出来たら、ほかの人は見えなくなるのと一緒です。
いい意味でも、悪い意味でも、この心理的盲点(スコトーマ)が働きます。
メーテルリンクの「青い鳥」ではこう言います。
「なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。
僕たちはずいぶん遠くまで探しに行ったけど、
本当はいつもここにいたんだ」

どこかに幸せがあるんじゃないかと探し回っているときは、「今ここにある幸せ」に気づかないものです。
良いものが入ってくる体質にしていきたいですね。



2019年2月24日 (日)

いじめ

学校で先生が全員に一枚のノート用紙を取り出して。
破いて丸めて床に落として踏んずけるように命じた。
そして、その紙を拾って優しく開いて元に戻すようにと言った。
「どの紙も元に戻れないでしょう。
人をいじめた後はどんなに優しくしてあげても元に戻らない」
先生の言葉が忘れられない。
 デーブ・スペクター

Photo






サラリーマン川柳

 『サラリーマン川柳』
第一位  うちの嫁後姿はフナッシー
第二位  「物忘れ便利な言葉「あれ」と「それ」
第三位  「妻不機嫌お米とみそ汁「お・か・ず・な・し」
第四位  帰宅して うがい手洗い 皿洗い
第五位  おもてなし 受けてみたいにが あてもなし

第六位  「イイネ」には、「どうでもイイネ」が約五割
第七位  やられたら やり返せるのは ドラマだけ
第八位  「オレオレ」に 爺ちゃん一喝 「無礼者!」
第九位  いつやるの? 聞けば言い訳 倍返し
第十位  わんこより 安い飯代 ワンコイン

Photo_3






モノよりコトを大切にする

 「モノよりコトを大切にする」
感動は「モノ」ではなく「コト」から生まれるようです。
以下のお話をどうぞ。
_______
残念なレストランに入った。
ネット割引券をダウンロードして、オーダーのときに「これ、お願いします」と言ったら、
「このメニューは当店では扱っていません」と言われ、こっ恥ずかしい思いをした。

ちょうど同じ頃、大阪にある面白い居酒屋の話を聞いた。
その居酒屋と似たような名前の居酒屋が近所にあるらしい。
たまにお客がその店の「無料ドリンク券」を持ってくるという。

店員は最初「これはあちらのお店のものです」と断っていたが、
そういうことが続いて、店の大将はとんでもないことを考えた。
「○○屋の無料ドリンク券、うちでも使えます」と表示したのだ。
そのことで売り上げが上がるかどうかはどうでもいい。
ただ、「客にこっ恥ずかしい思いをさせてはいけない」という思いからだった。

確かに、彼女を連れて来ている男が割引券を出す段階でアウトなのに、
さらに「この割引券は使えません」とか「これ、有効期限が切れてます」などと言われると、
男のメンツ丸つぶれである。

間違えたお客が悪いのだが、「これ、使えます」とか「有効期限、切れてますけど大丈夫です」
と言われたら、きっとその店のファンになるだろう。
生ビールが一杯タダで飲めたというレベルの喜びではない。
その懐の深さと心の温かさに感動するのだ。
店側としてもドリンクだけ飲んで帰る客はいないので損はしない。

第一、 よそのサービス券を利用可にすることで、印刷コストがゼロになる。
最も大きな効果は話題性だ。
「あの店ってあんなコトやっている」、これが口コミやネットで広がる。
(「仕事に“磨き”をかける教科書!」水谷もりひと 著 / ごま書房新社より)
_______
ディズニーランドでは、毎日たくさんのお礼のお手紙が届くそうですが、
そのほとんどは「モノ」ではなく「コト」に対してなんだそうです。
あの乗り物がよかった、あのお土産がよかった、という「モノ」に対してのお礼ではなく、
道を聞いたら親切に教えてくれたとか、写真を撮る時に気持ちよくシャッターを押してくれたとか、
転んで泣いている子どもをスグに笑顔にしてくれたといった「してもらったコト」に対して感動しているのです。
(「ディズニーの絆力」鎌田 洋 著 / アスコム)という本に、
【案内板の少ないワケ】というものが書かれていました。
___
アメリカでは、ひとりのゲストがディズニーランドに入ってから出ていくまで、
平均して60人ものキャストと話をすると言われています。
ウォルトは「人は感動することで、必ずその場所に帰りたくなるものなんだ」と言い、
ディズニーランドをまた帰ってきたくなる場所にするため、人と人との触れ合いを重視しました。

パークの中できょろきょろと周囲を見回していると、どこからともなくキャストがやってきて
「こんにちは。どうされましたか?」と声をかけてくれます。
じつはここに小さな仕掛けがあります。
ディズニーランドは他のテーマパークなどと比べ、案内板の設置数を少なめにしています。
これはキャストとのコミュニケーションが生じるようにという考えから。
結果、ゲストはトイレの場所やアトラクションの入り口を探してキャストに声をかける機会が増えていきます。
___
昔、車のTVCMで、「モノより思い出」というフレーズがあったのを思い出しました。
人は人からもらう「モノ」も嬉しいけれど、それを選んでくれた「コト」とか、
そうしてくれるその背景に感動するのではないでしょうか。
すてきな「コト」をたくさん与えられる人でありたいですね♪



2019年2月23日 (土)

頑張ったとか

頑張ったとか、努力したということを、
ことさら強調する奴がいるけど、

それって手品で、
すぐさまタネあかしをしてしまうのと同じじゃないのか。
いとも簡単にやっているようで、
実はその裏で
血のにじむような努力と
完璧な準備があるからこそ、
金を取れるモノになるわけなんだから。
 - 志村けん -

Photo_3









がんばるという意味

  【がんばるという意味】
親友からの電話。
「足が痛いから入院するよ。たいしたことはない、一週間くらいだって」
笑いながらの連絡だった。
「そっか、がんばれよ」、まあ日常的な会話。その時たいして気には止めなかった。

一週間後、まだ入院してるとのこと。
病室に入るとそこには右足の無い親友がいた。
いっきに視野が狭まり、親友が見えなくなった。
その日の夜、久しぶりに自転車で一緒に通った高校まで走ってみた。
16年前と景色はさほど変わりない。
田んぼ道、涙が溢れて止まらなかった。

もうその親友はいない。
癌だった。足を切断しても全身への転移は止められなかったらしい。
でも親友は死ぬ直前まで生きることをあきらめてはいなかった。
死ぬ前の日、
「足が痛いんだ。退院した後困るからさすってくれよ」
「今まで親に迷惑かけたからさ、退院したら家の事業継ごうと思うんだ。
帳簿だけでもつけれるようになりたいから簿記教えてくれよ。」
がんばってた。すごくがんばってた。

その日から自分自身、がんばるって言葉を使わなくなった、というか使えなくなった。
親友に失礼で・・
何十年後か親友に会うことがあるだろう。
「いい人生送れたかい?」と聞かれたら、
「うん、がんばったよ」
と言えるような人生を送りたい。
---------------------------------------
病には勝てなかったけど
生きることに対してあきらめない友達をみて
「がんばる」の意味を改めて教えていただきました。

Photo






2019年2月22日 (金)

辛くても泣けない人

辛くても泣けない人は
過去に泣かないことで
自分を守ってきた人

感じないことで
自分を守ってきた人
傷つくのが怖くて
感じることを
やめてしまった人
泣いてしまったら
自分が壊れるんじゃないかと
怯えてる人

泣きたい時は
泣いていいんだよ
大丈夫
泣いたあとは笑えるから

Photo_3






笑顔が一番

子供も、大人も、おじいちゃんも、おばあちゃんも、
みんな、みんな、笑っている顔が素敵。

怒っている顔よりも、泣いている顔よりも、困っている顔よりも
笑顔が一番!!

きっと笑顔が幸せ呼ぶと、
頭では分かっていても、
心では、なかなか分からない人が、
多いんじゃないのかナ!?

心を開いて、心の目で、
周りを見渡してごらん、
きっと、小さな幸せの芽が、
見つかるよ。

そして、そこから少しずつ、
笑顔が生まれてくる。

笑顔が生まれ始めたら、
喜びに変わるのも、
もうすぐ。

でも、人は生きていて、
辛い時、悲しい時、涙が止まらず心が開けない時、
勿論、沢山あると思う。
そんな時は、あせらないでね。
自分だけが不幸ではない。

- 本田美奈子 -
画像:言葉の宝石箱

Photo_2






2019年2月21日 (木)

喧嘩のルール

  「喧嘩のルール」
・過去を持ち出さないこと
・他人と比べないこと
・食事中にしないこと
・物に当たらないこと
・名前で呼ぶこと

・出ていかないこと
・出ていけと言わないこと
・言いたい事の言い合いにならないこと
・言いたいことの聞き合いにすること
・決して別れると言わないこと
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
勢いで言った「別れる」って言葉が
取り返しのつかなくなる場合もあるんだよ。

Photo_2






夜空を見上げると

夜空を見上げると
月が見えますね。
満月のときもあれば、
半月のときもあれば、

三日月のときもあります。

しかしそれは、
私たちの肉眼に見える月の姿であって、
月の本当の姿ではありません。
私たちには
三日月に見えるときがあっても、
本当の月は、
常にまん丸な球体です。

つまり、
目に見える月は欠けていても、
本当の月は、
じつは一度も
欠けたことがないのです。

人間も同様です。
仮に今、
その人の不完全な姿が
現れていたとしても、
その人の本質は、
最初から変わることなく
素晴らしいのです。

そして
あなた自身の本質も、
欠けたことのない月のように、
最初から素晴らしいのです。

大切なことは、
肉眼に振り回されるのでなく、
心の目で
真実を見続けることです。
 野口嘉則

Photo






2019年2月20日 (水)

おもいやり算

 【おもいやり算】
人を笑顔にする算数
『+(たす)』
  たすけあうと大きな力に
『-(ひく)』
  ひきうけると喜びが生まれる
『×(かける)』
  声をかけるとひとつになれる
『÷(わる)』
  いたわると笑顔は返ってくる
素敵な算数です。

Photo






人生を変えた言葉

 【人生を変えた言葉】
大学卒業後、「天職」と思えた中学校の体育教師になりましたが、
2002年3月1日、彼の人生を大きく変える事故が起こってしまうのです。

スキーでの転倒で「首の骨」を折り、奇跡的に命は取り止めたものの、
首から下がまったく動かない状態になったのです。

その後、妻、両親、主治医、看護師、生徒たち、
職場の同僚などの応援と励ましを受け、奇跡的な回復力を発揮します。
その体験を踏まえた「命の授業」の中で語ったエピソードです。
彼はどのようにつらい体験を乗り越えたのか、
彼には忘れられない一言があったのです。
・・・・・・・・・・・・
実は怪我をするまで、僕は競争が大好きな人間でした。
「常勝」が信条で、人に負けない生き方をずっと貫いていたんです。
だから「助けて」なんて言葉は口が裂けても言えない性分でした。
それが怪我ですべて人の手を借りなければならなくなりました。
僕が一番したくない生き方でした。

苦しいし、泣きわめきたいし、
「助けてっ!」って言葉が口元まで出かかってくるけど、プライドが邪魔してそれを言わせない。
ここで弱音を吐いたら、家族に余計に心配をかけてしまうと思うと、なおさら言えませんでした。
皆に迷惑をかけた分、なんとかしたいって気持ちでいたんですが、
そのプレッシャーや苦しさに押し潰されそうになってしまって・・・
僕はとうとう舌を噛んだんです。

自分の未来に絶望感でいっぱいでした。
本当は死にたくなんてなかったんです。
でも首から下の動かない人生、
生き方が分からず苦しかったんです。
だけど結局、死に切れなかった。
あとには生きるという選択肢しかなくなりました。
じゃあ明日から前向きに生きられるかといったら、それは無理です。
自分を押し包む苦しさがなくなったわけではありませんからね。

次にしたことは将来を手放すことでした。
自分の将来に期待するから苦しむ。
だったらその将来を手放してしまえばいい。
周りに何を言われても無反応になりました。

そんなある晩、苦しくて寝つけないでいると、看護師さんが声をかけてくれました。
「越塚さん、寝ないと体がもちませんよ。睡眠剤が必要だったら言ってね」って。
その言葉に僕の心が反応しちゃったんです。

おまえに俺の気持ちが分かってたまるかって、無意識に彼女をグッと睨みつけていました。
その看護師さんは素敵な方でね、僕の様子にハッと気づいてすぐに言ってくれたんです。
「越塚さんごめんね。私、越塚さんの気持ちを何も考えずに、ただ自分の思ったことを言ってたよね。
でも越塚さんには本当に少しでもよくなってもらいたいと思っているから……、
なんでもいいから言ってほしいです。お願いだから何かさせてください」

看護師さん、泣きながらそう言ってくれたんです。
彼女が去った後、涙がブワッと溢れてきました。
あぁ、この人俺の気持ちを分かろうとしてくれてる。
この人にだったら俺、「助けて」って言えるかもしれないって思えたんです。

それまで僕は周りからずっと「頑張れ」って励まされていました。
僕のことを思って言ってくれているのが分かるから
決して言えなかったけど、心の中は張り裂けそうでした。
俺、もう十分頑張っているんだよ・・・
これ以上頑張れないんだよって・・・・
だから救われたんです。

あの時以来、凄く思うんです。
人の放つ一言が、人生をどうにでも変えてしまうんだなって。
だから自分は言葉を丁寧に使おう。
言葉をちゃんと選んで、丁寧に使おうって。

越塚勇人(こしづかはやと)1965年、神奈川県生まれ。
元・中学校体育教師。元・養護学校教師。
参照:『致知』2013年3月号 特集「生き方」より
-------------------------------------
相手のことを想ってかけたつもりが逆に傷つけてしまったり、
言葉が足らなくて、うまく伝わらないことって、ありますよね。
だからこそ、一言一言、考えながら発することが大切なんですね。





2019年2月19日 (火)

とらわれるから行き詰まる

 『とらわれるから行き詰まる』
物事に行き詰まる一つの大きな要因は、
一つの見方にとらわれて、他の見方があることを忘れているからである。
だから、行き詰まったと深刻な顔をする前に、ちょっと視点を変えてみよう。
それでもだめならまた見方を変えてみる。
そういう自在な見方ができる人には、おそらく行き詰まりはないにちがいない。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo_3






決断力

  「決断力」  菅野直基 (出前牧師 カンちゃん)
頭の中で悩み出すと、堂々巡りがはじまります。
そうすると、問題ばかりを考え、身動きが取れなくなります。

悩みは、「こうする!」と決断するまで続きます。
だから、ズルズルと決断を先延ばしにしないことです。
「どうしよう・・・」と迷いはじめたら、悩むことをやめて祈ることです。
「神様、どうしていいのかわかりません。導いてください」と祈りましょう。
その時に与えられたインスピレーション、
その直感を信じて結論にしたらいいのです。

そこで完全主義にならなくてもいいのです。
大切なことは、頭での計算ではなく、
神様に祈り、神の導きを信じて結論を出すことです。
人生は、リハーサルなしのぶっつけ本番です。
神に祈り、決断し、一歩踏み出し、想定外の人生を楽しんでみたらどうでしょう。

考えているだけでは何もできないからです。
今日もステキな1日でありますように。

Photo_2






2019年2月18日 (月)

健康な人は

健康な人は自分の健康には気付かない。
病人だけが健康について知っている。
トーマス・カーライル(歴史家)
ーーーーーーーー
人生にとって健康は目的ではない。
しかし、最初の条件なのである。
武者小路 実篤(小説家)
ーーーーーーーー
この世で一番の最高の化粧品は食卓にある。
食べ物が美しさの土台を作り上げる。
どんな化粧品も内面から現れる
美しさには敵わない。
 (ミスコンテスト界の名言)」

Photo






これでいいんだ

 【 これでいいんだ! 】
1日24時間のうち一度や二度は望まぬ場面に遭遇したり
好ましくない出来事が起きてしまうかもしれません
そんなときはちょっと無理してでも
「これでいいんだ」
 と言ってみてください

「なぜこれでいいのか」という理由は考えなくて構いません
口に出してしまえばあとは脳が答えを探しだし
「 これでよかった 」
という結果に導いてくれます

ときには答えがはっきりとしないまま.何日も経過してしまうかもしれません
場合によっては「これでいい」と言った5分後にはもう
「なるほど!そういうことなのか」とはっきり認識できることもあります

「これでいい」という一言が
脳に強烈な「 快 」の信号を送り届けます

解決困難と思われる悪条件に置かれてもいても
脳はそんなことには目もくれません
解決へとつながるデータばかりを収集し
何とか良い結果を生み出す方向へと動いていきます

心に不安や心配が浮かんだときも
即座に言葉の力で打ち消してください

不安や心配を
「毒消し言葉」に塗りかえてしまうのです
必要なら何回でも口にして
脳がすっかり「 安心モード 」に切り換わるまで続けてください

すると本当に不思議なことに
たとえ大きなダメージを受けてしまった場合にも
脳がきちんと解決してくれるのです
 「 佐藤富雄 博士 」

Photo






2019年2月17日 (日)

大切な人は誰ですか

大切な人は誰ですか?
そばにいてほしい人は誰ですか?
笑っていてほしい人は誰ですか?
守りたい守られたい人は誰ですか?
失いたくない人は誰ですか?
裏切りたくない人は誰ですか?
愛してる人は誰ですか?
いま思い浮かんだ人は誰ですか?
 キャラペパ

11






暗示が与える影響

 「暗示が与える影響」
暗示が運命を分けた二つの例を紹介しましょう。
一つは貧民街から育ち、俳優として有名になったカーク・ダグラスです。
もう一つはカーク・ダグラスと同じ貧民街で育ったチャーリー・ウィリアムズです。
二人はほとんど同じ条件のもとで育ちましたが、一方は有名になり、人生の成功者になりましたが、
他方のウィリアムズの方は飲んだくれで終わり、人生は開けませんでした。
二人を分けたのは何だったのでしょう。

二人が学校に通っていたころ、カーク・ダグラスは学校の成績も悪く、不良少年でした。
人生の目標も持たず、女の子の後ばかり追いかけていました。
けれども彼を変える出来事が起こりました。
一人の女先生が彼のクラスの担任になり、学校の劇で彼に小さな役を演じるように言いました。
彼が選ばれる理由は何もありませんでした。

けれども女先生はカーク・ダグラスを選び、彼の劇をほめてくれたのです。
女先生は彼に「演技が上手だ」と言ってくれたのです。
その一言が暗示となって彼の人生を変えました。
彼は演劇の道を選び、ついに有名な映画俳優になりました。

チャーリー・ウィリアムズはカーク・ダグラスより一つ年上で、学校の成績も良く、
特に数学に優れていました。
十二歳の時、父の仕事の都合でロードアイランド州に一家で引っ越し、
貧民街の生活ともおさらばし、生活も豊かになりました。

ところが、彼の人生をおかしくする女教師の一言があったのです。
移った学校の担任の女教師が、チャーリー・ウィリアムズの鼻が大きいので、
いつもそれをからかったのです。
「チャーリー、どうしたの。鼻がじゃまをして宿題が読めないの?」
彼はそのため学校に嫌気がさして退学しました。

以後の彼の生活は不運の連続でした。
彼は女教師の言葉が暗示となって自分をどんどんマイナスに感じ始め、
ついに人生の最後にはニューヨークの浮浪者宿泊所で寝泊まりするだけの夢を失った浮浪者になり果てました。
周りの人の一言は、このように強い暗示となって人の人生を支配することがあります。
 (「夢を叶える人の人間学」七田眞 著 / 七田厚 監修 / Wonder Noteより)
_______
他者から受けた暗示によって、大きく人生を変えた二人の人物のお話でした。
子供や部下に対して何気なく使う言葉が、
もしかしたらその子の人生をも変える事になるかもしれません。
良い言葉や相手の可能性を信じて話す言葉は、良い方向に導くでしょうし、
悪い言葉や相手を否定する言葉は、きっと悪い方向に導いてしまうでしょう。

この本には以下のことも書かれていました。
「天才について研究したオストワルトという学者がいます。
オストワルトは天才たちに共通することは何かと長年調べて、
天才たちに共通して見られる二つのことを調べだしました。

その一つは天才と呼ばれる人たちは皆、非常に読書家だということです。
もう一つは天才たちが成長する段階で、周りの誰かに良い暗示を受けたということです」
以前読んだ(「できる男は金を呼ぶ!」船瀬 俊介 著 / 主婦の友社)という本に、
こんなお話がありました。
___

病気とは「気」が「病む」と書きます。
つまり「気(心)」が病んだ状態なのです。
それが、「体」の不調となって表れてくるにすぎません。
ただの小麦粉でも「これは、病気に効くすばらしい薬」と聞かされて飲むと、本当に効くのです。
それは、プラシーボ(偽薬)効果と呼ばれます。
症状は、小麦粉が治したのではなく、「効く」と信じた心が治したのです。

逆も起こります。
目隠しをして「あなたの腕にかぶれるうるし液を塗りましたよ」と暗示をかけ、
ただの水を塗るとアラ不思議。そこが、赤くはれてくる。アレルギー反応が起こったのです。
これは、水にかぶれたのではなく「心」が「体」に反応させ、症状を発症させたのです。
つまり「想いは叶う」とは「悪い想い」も叶うのです。

いつも「若い」と思っている人は、全身機能が若さを保つ方向にはたらきます。
いつも「老けた」と思っている人は、さらに老けていきます。
体の機能が老化の方向に作動するからです。
同様のことは、人生のあらゆる場面で起こります。

仕事でも、スポーツでも「失敗するかも」と思うと失敗し、「成功する」と思うと成功するのです。
「失敗を話せば失敗が、成功を話せば成功がやってくる」(ナポレオン・ヒル)
だから、ネガティブな考えグセの人は、何をやってもうまくいかない。

「ああ、俺はだめだ。だめ人間だ」と頭を抱える。
すると、また失敗する。
何でもクセづくといいます。
こういう人は、強引にでも180度、スイッチを切り替える必要があります。
「できない」から「できる」、「ネガティブ」から「ポジティブ」へ、スイッチを回す。
___
自己暗示も大切ですね
そして人に対しても、他でもない自分の子供や、大切な部下、社員さんや携わる人に対して、
良い言葉、良い暗示をかける人でありたいものです。





2019年2月16日 (土)

才能の差は小さいが

才能の差は小さいが、
努力の差は大きい。
継続の差はもっと大きい。
才能のあるなしを気にかけるより、
努力の質を高め、
継続を心掛けたい。
ー 大野智 ー

Photo_2






「人のせい」の反対は

「人のせい」の反対は「自己責任」
自己責任を「自分のせい」だと勘違いすることはやめる。
自分のせいにしても何も解決しない。
自分のせいにするのは単なる「逃避」。
考えること、議論すること、解決する事から逃げているだけ。
自己責任とは「自分のせい」ではなく「自分が選び決断した」という在り方。
これからは「どうせ私のせいです。」ではなく
「私の選択の結果、こうなった。
だから今後は選択を変えよう。」と言う。

1





父親

 【父親】
主人は3年前に左目を失明した
義眼を入れているので、見た目は言われなければわからない
失明した原因は当時1歳7ヶ月だった息子とじゃれあって遊んでいた時
おもちゃの先端が主人の左目に運悪く刺さってしまったからだ
事故当時、主人より息子の方が泣き叫んでいたように感じる
子供心にただ事ではないことを感じていたんだろう

傷の具合が良くなくなってから主人は、自分の運転中に何かあってはならない、と車の運転をやめた
趣味だったバイクも売った
ただ、いつの日か後ろに乗せて一緒に出かけるために、と息子の1歳の誕生日に買った
新品の子供用ヘルメットはまだ家にある

4歳を過ぎた息子は今、父親の左目が見えないことも、なぜそうなったかも、まだ知らないはずだ
言ってはならないと主人にきつく言われているし、私自身わざわざ教える必要もないと思っているからだ
ひょっとしたらもう父親の異変に気づいてるのかも知れない

主人は今日も息子と一緒に公園に出かけ、大はしゃぎしながら帰ってきた
いずれ父の左目が見えないことも、その理由も知る時が必ずやってくるだろう
だけど私には泣きじゃくる息子の頭を笑顔で撫でている主人しか想像できない
主人が、父親が、彼で本当によかったと感謝の気持ちでいっぱいだ
----------------------
息子や家族を思っての父親としての生き方が
素敵ですね。
こんなお父さんを目指したいですね。

Photo






2019年2月15日 (金)

その人の器

人生に現れてくる問題の大きさが、
その人の器である。
その時の、その人に必要な、
その時の力量にちょうど見合う程度の
問題が、なぜか起こってくるように
なっているようです。
それを乗り越えて少しでも成長すること、
何かに気づくことが、
生きるということなのかもしれません。
だから、大丈夫。
あなたなら必ず解決できます

1_2




行動を起こさないで支払う代価は

 【行動を起こさないで支払う代価は】 アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「行動を起こさないで支払う代価は、行動して失敗するコストよりもはるかに大きい」
--マイスター・エックハルト、神学者 (訳 舟田譲二)

今日の冒頭の言葉は神学から離れているということもあって、一般論としてごくごく当たり前のことです。
「行動を起こさない」ということはある意味、ひとつの賢明な選択肢でもあり、
私たちの多くがこれを日常実践しています。
というのは、行動を起こすということは必ず失敗するリスクがあるから、
私たちは本能的にリスクを回避しようとするのです。

ところが、エックハルトが言うように、
たとえ行動して失敗したとしてもまったくなにも行動しないよりはるかに価値のあることです。
下の写真のような「自分の分を超えたような危険を犯すこと」は問題外です。
これは喩えをわかりやすく目に訴えるために作ったもので、
決してこのような行動を皆さんに勧めているわけではありませんので誤解なきよう。

今、NHKの朝ドラで『まんぷく』をやっています。
主人公のモデルは「チキンラーメン」という大ヒットしたインスタントラーメンを発明した人物です。
家族を始め、周りの人たちみんなから「そんなものできるわけない。やめておけ」と言われるました。
しかし、栄養状態の悪い当時の社会になんとかして貢献したいという願望、
そしてそれが必ずできるという信念が彼を突き動かし、
失敗しても失敗しても決してあきらめずに実験を繰り返してついに成功します
ちょうど電球を発明するときに、
「1万通りのうまくいかない方法を発見した」と言ったトマス・エジソンを思い起こさせます。

人生、これが不可欠です。
私たちはエジソンのように電球を発明するとか、インスタントラーメンを発明するといった、
大きなことはできないかもしれませんが、日常生活の中で大小様々な問題に遭遇するとき、
この方法は必ず生かせます。
「行動を起こさないで支払う代価は、行動して失敗するコストよりもはるかに大きい」
昨日の記事に書いた競泳の池江璃花子選手の白血病のことも同様で、治療に専念して
必ずカムバックするという彼女の固い決意とそれに伴う行動は必ずや実を結ぶことでしょう。
彼女自身がツイッターの中で語っているように、「神様は乗り越えられない試練は与えない」のですから

Photo_3






2019年2月14日 (木)

運が良い悪い

よく運が良い悪いといいますが、
運のいい人というのは、
考え方が前向きです。
運の悪い人というのは、
自分を棚に上げて
人の批判ばかりしています。
そういう人は知らず知らずに
運を悪くしています。
- 稲森和夫 -

Photo_2






強い優しさ

【強い優しさ】
事故にあい、足が不自由になってしまいました。
車椅子なしでは外出もできませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことができません。
そんな私からは友人たちも離れていきました。

でもたった一人、事故にあう前からずっと私のそばには彼がいてくれるんです。
何度も八つ当たりしました。
物を投げつけたり、ひどいことを言ったり、自殺をはかろうとしたり・・・
今思うと恥ずかしいですが、この世で自分が一番不幸だと思っていました。
でも彼は私の側から離れていきませんでした。
リハビリ、トイレ、嫌な顔一つせずに介助してくれました。
引きこもりがちになっていた私を、何度も外に連れ出してくれました。

そんな彼とこの間、食事をしに行った時のことです。
順番待ちをしていると、ぐうぜん彼の友人達と会い、誘いもあったので相席することになりました。
そして食事中、彼の友人達が笑いながら話してきたのです。
「まだ付き合ってたんだ」
「○○は正直面倒だろ、まだ若いんだし新しい彼女を 作った方がいいんじゃない?」
「セックスもできないんじゃなー」
「彼女ちゃんもさ、考えたら普通別れるよね」と。
その言葉に対して彼は「うん、そうだな。」と答えたのです。

心が痛みました。
言葉では表現できない感覚でした。
やはりお荷物だったのか、同情だったのか・・・
涙があふれてきました。

しかし彼はそのすぐ後に言葉を続けたんです。
「でも、俺は迷惑だとか思ったことは一度もないし、違う彼女がほしいと思ったこともない。
お前らの彼女の基準はセックスできるかできないか、なのか?、だったら寂しいな。
足が不自由だろうが彼女は彼女だ。
俺はこの先もずっと一緒にいるよ。」
そう言って食事代をテーブルに置き、
「行こう。」と私を連れ出してくれました。

店から出た後、「そう言う事だからさ・・もう泣くなよ。」
と笑いかけてくれる彼を見て、ああ、この人に巡り合えてよかった
と感じると同時に、
私は幸せだと心から感じました。
------------------------------------
足がが不自由になってもいままでと変わらず彼女に接してくれる彼氏。

彼女を幸せにするには強さと優しさの両方がなければいけないんですね。

Photo



2019年2月13日 (水)

恋するっていうことは

恋するっていうことは、その人のことを信じる事で、
愛するっていうことは、その人のことを許すことで、
信じて許して、初めて恋愛になるんだと思う。
信じてても許せないなら、それはただの恋で、
信じることも許すこともできないなら、
それはただ好きなだけ。

Photo_2






人生は足し算だと思っていた

人生は足し算だと思っていました。
学校へ行って新しいことを勉強し、
できなかったことができるようになる。
友達をつくる。知識や技術を身につける。
働いてお金をもうける。

服を買う、車を買う、家を建てる。
足りないものは足していく。
知識、学歴、資格、お金、持ち物、人間関係、
なんでも多ければ多いほどいいと思っていました。
人生は足し算でした。

うつ病になって、なにもできない惨めさを知りました。
仕事はおろか、起き上がることもできません。
電話に出るのも、人に会うのも苦痛になりました。

今までできたことが、できなくなりました。
やりたくてもできないこと、どんなにしたくても、
やってはいけないことも増えました。


それから人生は引き算になりました。
たくさんあることの中から、
ほんとうにしなければならないことだけを残す引き算です。
切なことと、どうでもいいこと、どうしても私がしなければならないことと、
ほかの人に代わってもらってもいいこと、時間をかけてしたほうがいいことと、
手を抜いてもいいこと、少しずつ見分ける知恵がついてきました。

わたしにしかできない、ひとにぎりのことを心をこめてする。
引き算の人生も、悪くないと思います。
「傷つきやすいあなたへ」 木村 藍 (著)

Photo






2019年2月12日 (火)

みんなと同じだったら

みんなと同じだったら、一番楽だろう。
不安もなくなる。
個性もないってことになる。
あいつは変わってる、
と言われるのは光栄なことだ。
1回きりしかない人生なんだから、
自分の好きなように、
自分に正直に生きようよ。
 志村けん

1






感謝を忘れないで

 【感謝を忘れないで】
「ありがとう」では伝えきれないほど
自分を思ってくれている
家族、友達、恋人、先輩、後輩、がいる。
それって、本当に幸せな事だよ。
助けてもらうばかりじゃなくて、
今度は自分の番!
支えあって人間は生きていくのかな。
本当に感謝で、いっぱい。
そんな優しい人になりたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
感謝が出来る人間で居たい。
感謝を忘れない人間で居たい。


Photo

目の前にある幸せに感謝する

 【目の前にある幸せに感謝する】  小林正観
九州でのある講演会で、定刻になっても半分しか人が集まらず、主催者の方が、
「どうして九州の人間はこんなに時間にルーズなんでしょうね」と嘆いたことがありました。
それを聞いた私は、笑ってこのように話しました。

「定刻なのに半分も来ない、のではなくて、
定刻にもかかわらず半分も来てくださっている。ありがたいですよね」
つまり、来てくれたほうに目を向けたら、「ありがとう」です。
来ていないほうの半分に、「まだ来ないじゃないか」と不平不満を言うよりも、
来ている人に感謝するほうがいいということです。
同じ現象でも、感謝ができる人とできない人がいます。

私の話を聞いて、その主催者の方は、「自分は正観さんのお話を何十回も聞いているのに、
まだイライラしてしまう人間でした」とおっしゃっいました。
それから、その人はまったくイライラしなくなったということです。
面白いことに、定刻に集まらなくてもイライラしなくなったら、
その次の会からは、定刻には三分の二の人が来るようなりました。
イライラしているときにはなかなか集まらなかったのに、
イライラしなくなったら、集まりもよくなり、人数も増えているそうです。

地球と宇宙を味方につけるためには、
「自分の思いどおりの現象が100点満点になっていないじゃないか」と文句を言うのではなく、
80点の現象があるのなら、その80点に、手を合わせて感謝すること。
 『神さまに好かれる話』 五月書房

小林正観さんは本書の中でこう語る。
『ある歌手が、コンサートの直前に客席を見て、
空席があることに腹を立てて帰ったことがあったそうです。
当然、コンサートは中止。
3000人ほどの規模の会場で2500人ほど入っていたそうですから、
充分にお客さんは集まっていたと思います。
ただ、空席があったからそれが気に入らないというので、
来てくれた人に対して自分の腹立たしさをぶつけるのは、実は本人が考えている以上に損です。

そういうことをしていると、そのうち誰からも信用されなくなります。
興行主から見ると、もうそんな危険のある人には次から頼まないようにしようと思うに違いありません。
目の前に起きている現象に対して感謝ができ、喜びを見い出すことができ、
そこに幸せを感じられるようになると、自分自身がラクで楽しい、ということです。
なおかつ、地球と宇宙が味方になってくれます。』

人は、偉くなったと錯覚したり、その状態に慣れてしまうと、傲慢になる。
はじめは、ほんの数人のお客様が来てくれただけで、嬉しくて涙が出そうになった、
という初心の素直な気持ちを忘れてしまう。

不満が爆発したり、不機嫌になる人は、今ある幸せに目を向けられない人。
今、生かされていることの「ありがたさ」を忘れてしまっている。

「ありがとう」の反対は「あたりまえ」だという。
「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」。
「有(あ)ること難(かた)し」とは、有ることがまれである、
めったにない事にめぐりあうようなこと、つまり「奇跡」のようなこと。
奇跡の反対は、「あたりまえ」。

我々は、毎日起こる出来事を当たり前だと思って過ごしている。
「歩けるのが、あたりまえ」
「目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ」
「毎朝目覚めるのが、あたりまえ」

しかし、地震にあったら、病気になったら、事故にあったら、
そんなあたりまえの毎日はあとかたもなく吹き飛んでしまう。
今、目の前にある幸せに手を合わせて感謝できる人でありたい。




2019年2月11日 (月)

落ち込むことって才能

落ち込むことって才能だよね。
落ち込まない人はそれでいいと思っているから、
決して今より上にはいけない。
才能があるから落ち込むんでしょ。
ー竹中直人ー
---------------------------------------
なんだか心が救われますね。
落ち込んでいる時に希望がもてます。
落ち込むということは自分にとって
マイナスではないと感じられました。

Photo_4






感謝

 【感謝】
あるお母さんが、言いました。
「どうして、もっと早く走れなかったの
 そうしたら、1番だったのに・・・」
隣のお母さんが、言いました。
「最後まで、走れたね。えらいね!
 初めて、最後まで走れたね!」

ひとりのお父さんが言いました。
「なんで、そんなに汚すんだ!
 絵の具があちこちについているじゃないか!」
隣のお父さんが言いました。
「絵の具の筆が持てたね!よかったね!
 つぎは色を塗ってみようか。」

ある上司が言いました。
「どうして君は、いつも間違うんだ!
 真面目にやってくれなきゃ困るんだよ!」
隣の上司が言いました。
「今日は、1回しか間違わなかったね。
 君の真剣さに感謝するよ!」

あるご両親が産まれて来た赤ちゃんを見て、言いました。
 「もっと色白だったら、よかったのに・・・」
隣のご両親が言いました。
「産まれて来てくれて、ありがとう!
 かわいいベイビー待っていたよ。」

どんな顔をしていても、ゆっくりでも、おっちょこちょいでも、どんな肌の色でも、
産まれてきた事に感謝して、人生に感謝して、あるがままに感謝して
その感謝を輪を広げよう
世界が感謝でいっぱいになるまで・・・
---------------------
すべての人が感謝する心をもてれば
世の中のいざこざがなくなるでしょうね。
まずは、身近にできる感謝からはじめたいと思います。


Photo_3



2019年2月10日 (日)

美しい花

美しい花を見た
美しい花は
美しい枝についている
美しい枝は
美しい幹についている
美しい幹は
美しい根っこがささえているにちがいない
 相田みつを

Photo_2






保留コーヒー

【 保留コーヒー】
コーヒーに込められた・・ある日私と友人で小さなコーヒーハウスに入り
それぞれコーヒーを注文した。

テーブルにつこうとすると二人の客がカウンターに向かい
『コーヒー五つ。
三つは”保留”で』
と言って
コーヒー五杯分の支払いを済ませていた。

「コーヒーの保留って?」
「まあちょっと見てようか」

二人の女の子がそれぞれ一杯分のコーヒーを買っていった。
次に三人の弁護士が 七杯のコーヒーを注文し
四杯を”保留”にしていった。

暖かい日差しの中 私はカフェの前にある広場の眺めを楽しみながら
コーヒーの”保留”について思いを巡らせていた。

すると突然、お世辞にも裕福とは言えない
見るからに貧しさを漂わす男性が
カフェのドアを抜け、店員に丁寧にこう聞いた。

『すみませんが
”保留”のコーヒーはありますか?」
それはとてもシンプルな答えだった。

人々は暖かい飲み物を買う余裕のない
『誰かのために』
”先払い”をしていたのだ。

この風習はナポリで始まり
世界中に広まっていった。

今ではコーヒーだけでなく
サンドイッチやパンも
”保留”できる場所が現れるようになったという。

人の愛が込められた
その《保留コーヒー》は
なによりも、温かいものではないのか
私は思う。


Photo

2019年2月 9日 (土)

失敗から学ぶ

私の場合、自分の中で不安だったり
スランプだと思うときは、
とにかくそれをやり続けるんです。
そこで何かを見出さないと
毎回同じ壁にぶつかっちゃうから。
そこで結果がついてこなくても、
次で巻き返せばいい。
つまずいたからといって
そこで終わりじゃない。
軌道修正したり失敗から学ぶことで
新しい道は開けてくる。
安室 奈美恵

1






感謝の力

【感謝の力】
感謝には不思議な性質があります。
それは、感謝すればするだけ、感謝する出来事が増えていくという性質です。
感謝には、人生を好転させる力があるのです。

一日の終わりに、たくさんの出来事や人たちに、『ありがとう』とささやいてください。
また、感謝は苦しみを癒やし、幸せな気分にしてくれます。
心が温まりますから、物事をうまくいくようにすることが簡単になってきます。
与えられた恩恵にたくさん気づいていくと、
人生が本当に豊かで祝福に満ちたものであることに気づき、驚くでしょう。

人生にもっと多くの喜びを引き出すために、
今まで受け取った全てのものに感謝しましょう。
そして、これからあなたの元に訪れようとしている 数多くの喜びに対しても、
感謝の準備をしてください。
感謝の準備をすることが、未来の自分に心から感謝したくなるような親切な人々や、
嬉しい出来事を引き寄せるのです。
--------------------------------------------
最低限の会話しか出来なくなった夫婦から仲良し夫婦に戻れたのは、
お互い言いたいことをぶつけた大喧嘩とお互いへの感謝の気持ちを思い出せたからだと思っています
感謝は、言葉と行動で(笑)・・・・


Photo




2019年2月 8日 (金)

たとえ一つ一つが小さくても

たとえ一つ一つが小さくても
継続すれば大きくなる。
練習も勉強も仕事も
一日一日の積み重ねが大切。
毎日しっかりとやっていれば
必ず大きな成長へとつながる。
たくさんやることが重要ではなく、
一つ一つを真剣に継続することが大切。
ひとつひとつ階段を上がって行こう。

Photo






あなたは準備ができていますか

 【あなたは準備ができていますか?】 アカデミー学院 学院長 舟田譲二

「運とは、準備ができている人に訪れるチャンスのこと」
  --デンゼル・ワシントン、俳優  (訳 舟田譲二)
私自身、自分は運のいい人間だと思っています。
ですから自分の身に起こることをほとんどすべて肯定的にとらえ、
「ああ、運がよかった」と思うようにしています。たとえそれが一見マイナスに見えるようなことでも。
ヘマをしたり、大きな失敗をしでかしても、その中にひとつでもいいことを探すようにするのです。
たとえば、車を電信柱にぶっつけたとしたら「くそっ!」と思わずに、
「ああ、相手が人やよその車でなくてよかった」というふうに。

以前、電子辞書や現金、図書カードなど数万円分入っていた鞄が盗まれたときも、
発想転換して感謝することにしました。
「神様、感謝します。奪われたのが金品で済んで命を奪われなかったことを感謝します。
金品が盗んだ人の役に立つのなら感謝します。私が泥棒でなかったことを感謝します...」。
こういう考え方ができるなんて、私は本当に運がいいと正直思いました。
すると、なんと入っていた火災保険の特約でほぼ全額近くが戻ってきたのです

心理学者リチャード・ワイズマンが書いた 『運のいい人、悪い人』という本を昔読みました。
著者は大勢のボランティアを集め、数千人の運のいい人と悪い人の考え方や行動パターンを分析し、
自分は運がいいと考える人たちは人生に対する姿勢と行動で自ら幸運をつくり出していた、
と結論していました。
私の考えとまったく同じです。

当然のことです。
「自分は運が悪い」といつでも思っていたら、笑顔が消えて暗い顔になってしまいますし、
人はそのような暗い顔をしている人から離れ、その結果さらに悪いことを引き寄せることになります。

冒頭の言葉、
「運とは、準備ができている人に訪れるチャンスのこと」は真実です。
「準備ができている」というのはどういうことでしょうか。
自分の身にいいことが起こることを予期し、期待し、信じているということです。
このような生き方をしていると、運を引き寄せます。それが、自分のもとを訪れてくれるチャンスです。
じつは、ほかの人にも同じチャンスが訪れているのですが、
「準備ができていない」とそれに気がつかなかったり、みすみす見逃したりするのです。

皆さんはいかがですか?
「運とは、準備ができている人に訪れるチャンスのこと」という言葉を信じますか?
信じない人はチャンスに気がつきませんよ。


2019年2月 7日 (木)

迷信を捨てる勇気を持った時

あなたが、
「自分は変われない」
という迷信を
捨てる勇気を持った時、
あなたの人生に
最高の幸せが訪れるのです。

Photo






成功者に共通する特徴

私は、この仕事をはじめてから、いろいろなスーパー成功者にお会いしたが、彼らに共通することの
第一は、
過去のグチ話をけっして話さないこと。
第二は、
未来の希望についてのみ話すこと、
そして、
自分はつねに運がよかったし、これからもよいに違いないと思っていることです。

知ってか知らずか、プラスの感情でプラスのことしか考えていないから、成功しちゃう。
まさに「因果は同類にしたがう」なんです。
我々は、いいことを願い、そして、それを暗い感情で打ち消さないかぎり、
必ず成功、陽気のほうに向いて歩いていくことになるんです。
(「得する人」無能唱元 著 / 日本経営合理化協会より)
_______
「愚痴を言わない」「希望を話す」「運がいいと思い込んでいる」
だから、他人になんて言われようと関係ないのです。
自分だけは絶対に自分の成功を信じているのです。
成功者といわれている人も、いろんなことを乗り越えています。
___
あらゆる成功者は、成功をおさめる長い過程の中で、何度も拒絶されています。
彼らの共通点は、どんなに拒絶されても、粘り抜いて目標を達成することです。
ほとんどの人は成功者の業績しか知りませんから、次の事実に驚くはずです。

・ビートルズは「魅力がない」という理由で多くのレコード会社に拒絶されたが、
デビュー後は全世界で大ブームを巻き起こした。
・レイ・ロックは「見込みがない」という理由で多くの事業家に出資を拒絶されたが、
彼の経営するマクドナルドは世界中で莫大な利益をあげている。

・スティーブ・ウォズニアックは「くだらない」という理由で経営者にアイデアを拒絶されたが、
友人とアップルコンピュータ―を設立して大成功した。
・ジョン・グリシャムは第一作『評決のとき』が「売れない」という理由で多くの出版社に拒絶されたが、
それを含めて全作品がベストセラーとなった。
・トム・ハンクスは「素質がない」という理由で何度も映画会社から拒絶されたが、
アカデミー主演男優賞を獲得するなど大スターになった。

成功者はどんなに拒絶されてもくじけず、成功するまで何度でも挑戦をつづけます。
「拒絶を拒絶する」が彼らの信条です。
それに対し、大多数の人は拒絶されると大きなショックを受け、そこで挑戦をやめてしまいます。
どの分野であれ、
専門家を含めて人びとは主観的な理由にもとづいて好き勝手なことを言う傾向があります。
しかし、本当に自信と情熱があるなら、他人にどう言われようとあきらめる必要はありません。
(「人生が変わる習慣」アンソニー・バーグランド 著 / 弓場 隆 訳 / ディスカヴァーより)
___
自分だけは、自分のことを信じているものです。
自分を信じると書いて「自信」ですからね♪
自分を自分で信じられるくらい、おもいっきり何かをやりこんだら、自信は必ず湧いてくるでしょう。
自信が付いたら、成功者の仲間入りも同然ですね(^^♪


2019年2月 6日 (水)

世界は意外に単純

世界は意外に単純で
心配事には心配事が、
笑顔には笑顔が、
感謝には感謝が
集まるようになっている。
- 美苑書道教室さん -

Photo_2






笑って死ぬために

『笑って死ぬために
 今を一生懸命に生きとるんや』
人間、オギャーと

この世に生まれたからには
いつかは命が尽きるもの。

なにもしないで生きて
いつか死ぬのは我慢ならない。
だったら、やっぱり
自分のしたいことをして、
結果も残したい。

自分の人生を全うしたい。
そのためには努力しなければならない。
その道が楽であるはずがない。

生まれ変わったら
こうなりたい言う人がおるけど、
次なんてないのよ。
笑って死ぬために、
今を一生懸命に生きとるんや。
- 辰吉丈一郎 -

Photo






2019年2月 5日 (火)

間違いを犯しても

間違いを犯しても、
深刻なものであっても
やり直す機会は必ずある。
失敗とは転ぶことではなく、
そのまま
起きあがらないことなのです。
メアリー・ピックフォード

Photo_3





人のせいにしない習慣

 「人のせいにしない習慣」 菅野直基 (出前牧師 カンちゃん)
嫌な出来事に巻き込まれると、誰かのせいにしたくなるものです。
誰かのせいに出来なければ、出来事のせい、社会のせい、不運のせいにしたくなります。
しかし、このような生き方をしていたら、いつまでたっても被害者のままです。
そこから、一歩抜け出してみませんか?

物事は、人や状況のせいにするのではなく、自分のせいだと考えてみたらどうでしょう。
あの時、あの場所で転んで怪我をしたのは、人とぶつかったからだけど、
あの時間にあの道を選んで歩いていたのは私です。
人にすすめられて買ったけど・・・・、親にすすめられて結婚したけれど・・・・、
友達のアドバイスに従って決めたけど・・・・、最後に受け入れたのは私です。

クリスチャンになった人で、物事がうまくいかないと、「何で神様は私を見捨てたのだろう?」と嘆き、
「神様何ていない!」と考える人がいます。
人は都合がいいものです。物事がうまくいくと、自分の手柄にするのに、
物事がうまくいかないと神のせいにし、人のせいにし、出来事のせいにします。

人生とは、あなたが選び続けていることの積み重なった時間です。
あなたがインターネットを使ったので、私と出会うことが出来ました。
毎日、私が投稿する記事や写真を通してみなさんと出会えることに感謝しています。
みなさんとの出会いは、私の最高の宝です。

人生で起こる全てのことは、みんなあなた自身が選んだことの結果です。
良い事が起こっても、悪い事が起こっても自分が選んだことの結果です。
しかし、その背後に神が働いておられます。
良い事が起こることも、悪い事が起こることも神が許されています。
そして、良い事も悪い事も、すべて相働いて益となるようになっています。
振り返ってみたら、みんな良い事なのです。

これからは、人や状況のせいにすることをやめて、どんなことにも感謝して受け止めていきましょう。
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ8:28)
今日も、ステキな1日でありますように。

Photo






2019年2月 4日 (月)

失敗が見つかったら

失敗が
いくつも見つかったら
成功は
近いと思いなさい。
 by ジョセフ・マーフィー


Photo_2



お嫁さん

 【小学4年生のユーモア詩】お嫁さん
確かに小学生のころ、
どんなお嫁さんがいいかな?とか想像してました。
女優さんとか女性歌手のイメージがそこにありましたが、
今の子は、すぐそばのモデルを見る観察眼でもって
現実的に想像するようです。
こんな感じです。

「お嫁さん」 寺園晃一郎さん (小学4年生)
ぼくは、やさしいお嫁さんをもらいます。
友達とお酒を飲みに行った時
こわいお嫁さんは
「今まで何やってたの、早く風呂に入って寝なさい」
と言うけれど、
やさしいお嫁さんなら「早く寝なさい」だけですむからです。

あと、給料が少なかったらこわいお嫁さんは
「給料が少ないから、おこずかいへらす。」と言うけれど
やさしいお嫁さんなら
「あら少なかったのね、」ですむからです。

あと、うるさいお嫁さんと
文句を言うお嫁さんも欲しくないです。
うるさいのと、文句を言う女は、
お母さんだけで十分です。
●出典 増田修治著 「こどもを幸せにする 笑う子育て 実例集

Photo






2019年2月 3日 (日)

泣く時は

泣く時はいろんな場面でいろんな涙がある。
うれし涙は自分が頑張ったか人が頑張った時
悲しい時は感情が抑えられない時
悔し泣きは自分が成長してる証
そんな泣いてる所なんて恥ずかしいけど
誰かの前で泣けたらいいね。
泣く事を黙って共有してくれる人は
本当に自分にとって大事な人だと思う。

Photo_4






思い込み

 「人生を変えるきっかけは人から与えられる」

思い込みをしていると、それ以外の可能性に気づけなくなります。
反対に視野を広げれば、たくさんの可能性に気づけます。

例えば、「今部屋の中にある赤いものを探してください」こう言われたら、
すぐに赤いものが目に入るかもしれません。
もしかすると自分が今まで意識してこなかった赤いものを発見するかもしれません。
このようになることをカラーバス効果と言います。
ある特定の色を意識してしまうと、それ以降その色ばかりが目に入ってしまい、
世界がその色だらけに見えてしまいます。色にかぎった話ではありません。

例えば、占いで「今日はいいことが起きる」 と言われれば、良いことを探し始めるようになります。
良いことを見つければ、「今日はよかったことがあった」とあかたも占いが当たったかのように思います。
思い込んでいるときはなかなか気づけないもの。先ほど質問したり、
占いのように誰かに言われて気づくこともあります。

人生を変えるきっかけはたいてい人から与えられます。
思い込んでいるときはなかなか難しいかもしれませんが、なるべく自分の殻にこもらずに人と会うこと。
できれば、いつも一緒にいる人ではなく、自分とは異なる価値観を持つ人と会うと気づきやすくなります。
あなたは思い込んでいませんか?

Photo_2





2019年2月 2日 (土)

愛の三原則

「愛の三原則」 全国亭主関白協会

1. ありがとう
   をためらわずに言おう
2. ごめんなさい
   を恐れずに言おう
3. 愛してる
   を照れずに言おう

Photo

          「家族の絆」復活三原則
Photo_3





非勝三原則

 【非勝三原則】 全国亭主関白協会

亭主たちよ。夫婦ゲンカをしているかい?夫婦ゲンカは仲の良い証拠、おおいに結構。
が、全亭協の高段位者になると、心構えが違う。家庭内のイザコザを一夜にして解決する
心とワザを研究する事約8年。ようやく究極の三原則に至った。5段以上にだけ開陳していたが、
誰も買ってくれないかもしれない(笑)本の出版を記念して、披露することにした。


Photo_2

夫婦喧嘩はたいていの場合、「ちょっと!あなた!」から始まる。
足をもつれさせないでリビングのソファーまでたどり着くのも至難のワザだが、
愛妻の「ちょっと」は2、3分ではなく1時間と心得よ。
その際、心の中で唱えるのが<非勝三原則>である。
その深い意味を理解しなければならない。

①勝たない
話の内容を聞けば、ひょっとしてこのケンカ勝つかも知れないという思いが沸いてくることもあるだろう。
しかし、反論をすれば1時間が2時間になるだけである。
だから勝たない、のだ。

②勝てない
仮にその問題が100%、亭主に分があるとしても、敵(じゃなかった愛妻)は、
形勢不利とみれば20年も前の出来心の浮気を引き合いに出すに決まっているのである。
だから、勝てない、のだ。

③勝ちたくない
もし、勇気を振り絞って戦い、そのケンカに勝ったとしよう。愛妻は反省するだろうか?否、しない。
次の機会にそのストレスが、5倍10倍になってはね返ってくるだけであろう。
だから、勝ちたくない、のだ。

以上の主旨をよく理解すれば、<非勝三原則>の深さがお分かりだろう。
日本には素晴らしい非核三原則があり、
亭主には、ちょい、情けないが、非勝三原則がある。
争わないことが、真の勇者であり、勝者なのだ。
全国の亭主たちよ、それでも戦うのか(笑)



全国亭主関白協会

今回は『全国亭主関白協会』を紹介します。

"亭主関白とは"
『全国亭主関白協会』この協会名で随分誤解を受けているらしい。
そもそも亭主関白の本来の意味が知られていないことに原因があると睨んでいる。
歴史を紐解けばすぐわかるが、関白とは、天皇に次ぐ2番目の位。
家庭内ではカミさんが天皇であるから、「関白」とは奥様を補佐する役目。
また、「亭主」とは、お茶を振る舞う人、もてなす人という意味。

つまり、真の『亭主関白』とは、妻をチヤホヤともてなし補佐する役目である。
このことを『新!亭主関白理論』として会長の天野周一が全国に発表した。

"理念"
亭主が変われば、日本が変わる。
日本の未来を明るくするのは、 上手に妻の尻に敷かれる心とワザを持つ亭主力である。
"使命"
妻はいつでも微笑みたがっている。
そしてそれができるのは 亭主である自分だけ、だと心得え、日々、実践。
"位置"
全ての社会問題は家庭の崩壊から。
全亭協は、日本はもとより、 世界中に、愛と平和を発信していく。


"全国亭主関白協会とは"
(日本経済新聞記事【2004.9.21夕刊】より抜粋)

「関白とは本来、天皇(妻)に次ぐナンバー2の地位」。
実は、全国亭主関白協会は、妻との紛争を平和的に解決するための
技術や心構えを会員が日々学習し、段位を競い合うサークルなのだ。
ただ、世間体もあるので「オヤジの復権」を装った会是や段位を掲げている。
たまに「ちゃぶ台をひっくり返す場面を撮らせてほしい」
というテレビ局の取材も舞い込むのだが、正しい関白道を説き、
担当者を落胆させている。


全国亭主関白協会のHP
http://www.zenteikyou.com/zwhat.html

日本経済新聞記事
http://www.zenteikyou.com/zmedia200409.html

2019年2月 1日 (金)

自分が思っているほど

自分が思っているほど
他人ってそんなに見てないわよ。
だって、他人の一番関心事は
自分自身が他人に
どう見られているかなんだから。
 - 美苑書道教室さん -

Photo_3






記憶に残るのは・・・

「記憶に残るのは・・・」
兄が
「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき、
兄の奥さんが
「あのね、親戚とか友達とか自分の大事な人達が
みんな集まってくれるのは人生で3回しかないんだよ。
生まれたときと結婚式とお葬式。
その中で記憶に残るのは結婚式だけでしょ?」って。
なんか心に響いた。

1_2





日本愛妻家協会

■日本愛妻家協会とは
妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、
世界はもう少し豊かで平和になるかもしれない。
という甘い理想のもと、
日本独自の伝統文化かもしれない愛妻家というライフスタイルを
世界に広めていこうという文化活動です。

■活動理念
日本愛妻家協会は、
持続可能な夫婦関係は
どうも世界の平和と地球環境の保全につながっているらしいと気づいたオヤジたちが始めた、
いたってスローな活動です。
「サスティナブルな夫婦環境を保全するワイフコンシャスなライフスタイル」という感じです。

 1. 失われつつある日本独自の愛妻家という文化を再生します。
 2. 絶滅が危惧される愛妻家の生態を調査し保護育成に努めます。
 3. 愛妻家だけもつ知られざる倦怠感削減の知恵を世の中に広めます。

■愛妻家の日
「妻にありがとう大作戦」英語のI(アイ)と31(サイ)にかけ毎年1月31日を「愛妻家の日」とします。
その日の午後8時日本中の300万人の夫が食卓につき妻に感謝とねぎらいの言葉をかけると、
日本は少し平和になるかもしれないという壮大な社会実験。

Photo






« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »