« 奴隷になっちゃいけんよ | トップページ | 頑張らなくていいんだよ »

2019年1月15日 (火)

愚かな人と賢い人

 【愚かな人と賢い人】  アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
--J・ロバート・オッペンハイマー、物理学者  (訳 舟田譲二)、

「愚かな人」と「賢い人」を対比したことわざは多くあります。
聖書の中にも「愚かな人」「賢い人」はよく出てきます。
これらのたとえから教えられることはとても多いです。

今日のことわざ
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
も示唆に富みます。
「遠いところにある幸せを探す」とは、自分の手に届かないような理想を追い求めて、
それが得られれば幸せになれると思って生きている様を表しています。
たとえば、世界旅行ができたら幸せになれるとか、庭付きの大きな家に住めたら、高級車に乗れたら、
宝くじで大金が当たったら、伴侶が美人(イケメン)だったら、優しかったら、頼もしかったら、
お金をたくさん稼いでくれたら、自分の言うことをよく聞いてくれたら・・・・・
と際限なく、幸せになる条件を挙げるようなことです。

でも、このような夢のような理想を追い求めている間は決して幸せになることはできません。
一方、本当の幸せを味わっている人というのは、
物質や家族やその他さまざまな条件が満たされているから幸せというのではなく、
自分の置かれている状況、与えられているもので満足することを知っている人です。
そして、そのような幸せな人は、幸せになる種を豊かに撒き、
そして自分の足の下(すぐ身近なところ)で幸せを育てています。
これが賢い人の生き方です。

Photo




« 奴隷になっちゃいけんよ | トップページ | 頑張らなくていいんだよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事