« 落ち込んでいる人には | トップページ | 人生には »

2019年1月11日 (金)

三つの笑顔

 【三つの笑顔】
幼い頃から周りにいつも、
「明るい子だね」、「いつも笑っているね」と言われ続けていた。
小学校の頃は常に学級委員や班長を任されていた。
そんな私が初めてつまづいたのは中学1年生。

きっかけは今思えば些細なことだったと思う。
クラスの女子生徒全員からのいじめが始まった。
いじめといっても靴を隠されたり、叩かれたりとかではなく、ただひたすら無視される。
精神的にかなり辛かった。
親には言わずいつも通り振る舞っていた。
心配かけてたくなかったし、何より今までの自分を壊したくなかったから。
いつも明るく笑っている、元気いっぱいの女の子でいたかったのだ。

ある日、母から学校の様子を聞かれた。
あまりにもいつも通りに聞くものだから、私はつい話してしまった。
「学校に行きたくない」
「どうして?」
母は私の目をじっと見つめた。
私は俯いて黙っていたが、とうとう今自分に起きていることを話し始めた。

そして泣きながら言った。
「お母さん、私もう死にたいよ。死んでもいい?」
母は黙って聞いていたが、不意に立ち上がり台所へ向かっていった。
しばらくして母は私の前にきた。
母は包丁を握り、驚いて声も出せずにいる私に突き付けて無表情で言った。
母からいつもの笑顔が消えていた。

「あなたに自殺はさせないよ。死にたいならお母さんが殺してやる」
私は目を見開いたまま何も言えないでいた。
「大丈夫。お母さんもすぐいくから。ほらいい?これで刺してあげる」
私はひたすら首を振りながら涙を流した。
「死にたいんでしょ!自殺したいんでしょ!ほら来なさい!!」
「お母さんごめんなさい!死にたくない!もう言わない」

母は包丁をテーブルに置き、そっと私を抱きしめた。
「死ぬとか言わないで」
母は泣きながら、ぽつりとつぶやいた。
「ごめんなさい」
私もわんわん泣いて母に抱きついた。

母は強しというけれど今、私も母親になって少しは強くなれましたか?
最近周りによく言われる言葉がある。
「娘さん明るく笑った顔がお母さんそっくりだね」
言われるたびに笑顔で答える。
「私も母にそっくりだって言われてました」
そう思われることを誇りに思う。
今年も母、私、そして娘。
同じ三つの顔が並びます。
---------------------------------------------------
凄いお母さん!
子供さんの心情を見抜いた上での対処がやはり一番なんでしょうが。
ちょっと、荒療治ですね。
母親って、いざとなると、子どもを守るためには考えられない強さを発揮するものですね。
母は強しと言いますものね。
母の愛情がジーントと伝わってきます。
お母さん、娘さん、お孫さんの明るい三つ笑顔が、続くことでしょう。

Photo






« 落ち込んでいる人には | トップページ | 人生には »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事