« 笑うことって大事 | トップページ | 頑張れ」なんて言わないで! »

2019年1月26日 (土)

人はそれぞれちがっていいんだよ

 【人はそれぞれちがっていいんだよ】
私は、三歳のころからまゆ毛まつ毛もありません。
免疫しっかんによる脱毛症というびょう気だそうです。
月に1回びょういんに通っています。
お父さんとお母さんは、わたしのびょう気のためならなんでもしてくれます。
高いかつらも買ってくれました。

でも、わたしは
「どうしてみんなとちがうのかな。
なぜみんなはかみの毛があるのかな」
と思いました。

この間、きゅう食のときに、クラスの友だちから「毛なし」と言われました。
クラスの友だちからそんなことを言われたのは、はじめてでした。
わたしは、びっくりして何と言ったらよいかわかりませんでした。
そのとき、近くにいた友だちが「そんなこと言ったらいけないよ」と、かばうように言ってくれました。
わたしは、いやなことを言われたのはかなしかったけど、
友だちがかばってくれたことがうれしかったです。

このことがあったあと、クラスのみんなで話し合いました。
ななこちゃんが「バンダナをかぶってても、みくちゃんはみくちゃんだ」と言ってくれました。
あみちゃんは「ほいくえんのときから、やさしくしてくれたからうれしい」と言ってくれたことが、
うれしかったです。
先生は「かみの毛があってもなくても、みくちゃんはみくちゃんだよ」と、言ってくれました。
とても、うれしいです。

先生が「みんなちがってみんないい」という童謡詩人、金子みすゞの詩のお話をしてくれました。
先生が「いろんな人がいるんだよ」と言いました。
わたしは「みんなとちがってもいい。自分は自分だ」と思いました。
手や足がなくても、人とおなじじゃなくてもいいということです。

「なぜかみの毛がないの」と言われてもわかりません。
なりたくてなったわけではないからです。
かみの毛がなくてもわたしはわたしなのです。
でも、三年生になったら、ぜったいなおりたいです。

もしも、ほかの人が、気にしていることを言われたり、されたりしているのを見たら、
わたしもたすけてあげようと思います。
「そんなことはやめて。人はそれぞれちがっていいんだよ」と。

平成18年、大分県川崎小学校二年生の阿部未来(みく)ちゃんが、
児童作文コンクールで最優秀の県知事賞を受賞しました。
その作文です。
-----------------------------------------------------------------------------
未来ちゃんや先生、友達も人を思いやれる気持ちがあって
とてもいいですね。
早く病気も治るといいですね。

Photo






« 笑うことって大事 | トップページ | 頑張れ」なんて言わないで! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人はそれぞれちがっていいんだよ:

« 笑うことって大事 | トップページ | 頑張れ」なんて言わないで! »