« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月の67件の記事

2019年1月31日 (木)

後悔っていうのは

後悔っていうのは、
やってしまったことに
するもんじゃなくて、

やらなかったことにするものよ。
だから私はチャンスがきたら
必ずトライするわ。
 キャメロン・ディアス

Photo_3









書くことで人生は明確になる

 【書くことで人生は明確になる】
書くとは、頭の中を整理整頓することです。
人は部屋の掃除はするのに、
頭の中の整理整頓はまったく手つかずなことが多い。
言葉にすることで、自分の心を整理整頓できるのです。

「自分にとって、ほんとうに大事なことってなんだろう。
自分にとって、ほんとうに大切な人って誰だろう。

このふたつを、本気で思っているだけで、
いい人生が送れるような気がする」
でも、ほんとうに大切なことが整理されていないから、
時がなんとなく過ぎていってしまう。

明確にすると、どうなるか?
「いちばん大事なものに いちばん大事な命をかける」
一番大事なものがわかってこそ、
そこに命をかけることができるのです。

人生において、あなたの行きたい先はどこなのでしょうか?
あなたにとって、ほんとうに大事なことってなんでしょうか?
あなたの夢や使命、そして本心をこれから整理整頓してみましょう。

「紙」に向かう。それは、自分の心の中の「神」(本心)に向かう時間なのです。
 ひすいこたろう

Photo






2019年1月30日 (水)

頑張ることに慣れてしまうと

頑張ることに慣れてしまうと
頑張らないでいる自分が
どこか怠けているように思うけれど、
頑張らないことは大事だと思う。
『頑張れないとき』は必ず誰にでもある。
そんなときは頑張らない自分でいい。
休むことは時として頑張ることより大事なときもある

1






何事も肯定的に

二人の娘を持つ母親がいた。
娘はそれぞれ傘屋と下駄屋に嫁いで行った。

さて、母親は雨がふると下駄が売れないといって心配し、
晴れれば傘が売れないといって心配し、
心休まることがなかった。

ある人が見かねて、母親にこう言ったものである。
「おかあさん、晴れたら下駄が売れると喜び、
 雨がふったら傘が売れると喜んだらどうでしょうか」

何事も肯定的に、ということである。
  「人生を「前向き」に生きるコツ」 斎藤 茂太 著 大和書房より

どちらも事実は変わらない。
変わったのは考え方、とらえ方。
どうせなら、肯定的にとらえた方が、自分も喜べる。
とらえ方って、本当に大事だな~。



2019年1月29日 (火)

受け取り方で変わる

仕事、恋愛、人間関係、健康
お金、家庭、子育て、経営、
人生、不安や悩みがなくなることはないし
不幸、孤独を感じる時もたくさんある。
そんな毎日を過ごす中で
「やっぱり私は本当に不幸だ」と思うと
不幸はみるみる増えていく。
「それでも私は本当に幸せだ」と思うと
幸せはみるみる増えていく。
なぜなら、これが
自然なことだから。

Photo_7




周りに人が大勢集まってくる人

 【周りに人が大勢集まってくる人】  櫻井秀勳さん
何かをいおうとして、「う―ん、困ったな」「しょうがないなぁ」と、溜息(ためいき)から始まる人がいます。
なかには「だからあいつはダメなんだ」と、文句しかいわない人も。
そんなことでは、そばに行くと不運が伝染しそうで、誰もがその人に近づかないでしょう。

それは他人事ではなく、実は、私もときどき自分で自分に注意します。
特にマイナス的感情が強い日は、朝、鏡に向かう時間と、夜、風呂に入ったときに、
「よかった。これでうまくいく」と、自分の顔に向かっていい聞かせています。
「引き寄せの法則」とは、マイナスにばかり考えていると、不運を引き寄せるという法則ですが、
逆にプラスに考えれば、幸運が引き寄せられるわけです。

かつて浪越徳治郎(なみこしとくじろう)という指圧の名人がいました。
あのマリリン・モンローからマッサージを依頼されたほどの名人ですが、「指圧の心は母心。
押せば命の泉湧く」という名セリフと、「ワッハッハ」という大笑いが印象的な人でした。
彼は、物事を否定的にとらえたり、悪く考えたりするから、肩が凝ったり、体内に悪いものが溜まるのだ、
といっていましたが、とてもよくわかる話です。

ビートたけしのお兄さん、北野大さんは、科学者であり、明治大学の教授でもあります。
彼も浪越徳治郎と同じで、いつも笑顔です。
テレビでの話を聞いていても、後ろ向きなところがありません。
その場にいる人たちの心を、きゅっとつかんでいるように思えるのです。

物事をマイナスに見る人は、当然のことながら、周りの人たちをマイナス評価します。
だから人が集まってきません。
そういうタイプは陰気(いんき)です。
どこかで人をバカにしているだけに、次第に敵が多くなります。
ときには、味方と思っていた人が敵に回ることもあるでしょう。

これに対して、プラスに評価してくれる人は、
たとえその人に叱られても、心の温かさが伝わってくるような気がします。
一緒にいれば居心地がよく、よても快適です。
なによりも笑顔で接してくれるので、こちらの気持ちも明るくなるのです。
もう一つ加えると、物事を肯定的に、プラス感覚でとらえられる人は、人物が大きく見えるものです。
周りに人が大勢あつまってくるのも当然といえます。
 『人を味方につける男、敵にする男』  三笠書房

「成功する人は敵の少ない人ではない。味方の多い人だ」(五日市剛)
また、小林正観さんはこう語る。
「人生は味方をつくっていく作業であり、味方をどんどん増やしていくと、
その後の人生もずっと豊かで楽しいものになっていくようです」

まわりに人が大勢集まってくる人は、味方の多い人。
そういう人は、いつも、「機嫌がいい」、「明るい」、「前向き」、「積極的」、「笑いがある」、
「笑顔が似合う」、「相手を明るくする言葉を使う」「愛語がある」。

それは、斎藤一人さんのいう「天国言葉」を使っている人でもある。
天国言葉とは、「ついてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」「幸せだなー」
「ありがとう」「ゆるします」という言葉。
特に、「ありがとう」は最強だ。

周りに人が大勢集まってくる人を目指したい。

Photo_5





2019年1月28日 (月)

「当たり前」と思うことの中に

「当たり前」と思うことの中に
実は感謝すべきものがいっぱいあって
「めんどくさい」と思うことの中に
実は自分を変えてくれるものがいっぱいある
その二つを意識していると
毎日が楽しくなり
窮屈な自分から
解放された気分になれる

Photo_3






いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長する

 【いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長する】 伊那食品工業会長、塚越寛さん
よく周囲から「48年も増収増益を続けてすごいですね。秘訣を教えて下さい」と言われます。
講演の依頼もたくさんきます。
でも、私は大概はお断りしています。
なぜなら、経営には即効薬はないからです。
私がお話できるのは、「当たり前のことを当たり前になるしかない」ということだけです。
これでは、講演にならないでしょう。

今の経営者は即効薬を求め過ぎます。
奇を衒(てら)うような上手い儲け方があるのではないか、と虫のいい方法を探しているのです。
不景気で苦しいのだろうから、気持ちは分かります。
しかし、そんなものはありません。

枝葉をどんなに伸ばしても、幹が太くならないと、木は倒れてしまいます。
会社も同じです。
その会社が持っている経営理念、これこそが幹であり、
変えることなく培っていかなければならないものです。
経営が行き詰ると、とかく新しいことを試みようとするものですが、
その会社の原理原則に反することをやっても成功しません。
やはり遠きをはかって、地道に努力するしかありません。
大切なのは、どんな小さなことでもいいから、今できることからすぐに始めることです。

遠きをはかって「こうありたい。こういう会社にしたい」というビジョンを描いたら、
いきなりそうはなれないのですから、
「これくらいは今から準備してやっていこう」と考えて実行することが重要だと思います。
何百年も続いた老舗だって、最初から老舗だったわけではありません。
創業の志を守って、コツコツと商売のあるべき姿を追い求めてきたからこそ、現在の姿があるのです。

中小企業でもすぐにできることは、たくさんあります。
言葉遣いを良くする、丁寧な挨拶を心がける、掃除を徹底させる…
これなら、お金もかけずに、今すぐにできるでしょう。
「そんなこと」と、バカにしてはいけません。
こうしたことが、ファンづくりにつながるのです。
伊那食品工業では、この三つは社員全員に実行させています。
今では、何も言わなくても、自然にできるまでになりました。

小さなことを軽んじることは、大きなことを軽んじることと同じです。
小さな間違いでも、積み重なっていけば大きな間違いになります。
逆に、小さくても良いことを行うと、好循環が生まれます。
少しだけでも良くなれば、「また、もう少し良くしよう」と考えるのが人間というものでしょう。
社員みんなが「もう少し良くしよう」と努力するようになったら、会社はどんどん良くなります。

ですから、私は小さいことにも口を出します。
たまに「会長はそういう細かいことまで口を出さないで結構です」と言われますが、
そのような時には「何が小さくて、何が大きいのか、どうやって分かるのか」と問うことにしています。
大きなお金が動くことだけが、大きなことでしょうか。
多くの人に関わることだけが、大きなことでしょうか。
ささやかなことでも良いことを行うことは大きなことだと、私は思っています。

一個の商品に不良品が出たら、全品を回収しなければならなくなることもあります。
小さなことは大切なことなのです。
遠大な計画を立てても、実行できなければ、意味がありません。
むしろ、今できることを見つけて、そこからスタートする方が、よほど意味があります。
そう、何事も、大きな夢であっても、小さなことからで良いから、今始めなければと思います。
  『リストラなしの「年輪経営」』  光文社

塚越氏は、いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長する、と言う。
そして、「遠きをはかる」についてはこう語る。
『二宮尊徳の言葉に「遠きをはかる者は富み 近くをはかる者は貧す」というものがあります。

25年ほど前になるでしょうか。
「会社は永続することに価値がある」と考え始めた頃に、この言葉に出会いました。
私は、はたと気が付きました。
そうだ、会社を「いい会社」にして永続させるためには、「遠きをはかる」ことだ。
以来、「遠きをはかる」ことが、私の経営戦略となりました。

「遠きをはかる」は言うに易(やす)く、行うに難(かた)しです。
最近ではますます「遠きをはかる」ことが困難な状況になってきました。
会社は短期間で利益を上げることが、求められるようになったからです。
また、数字至上主義に陥り、「数字が良ければすべてよし」という風土ができてしまいがちです。
極端に言うと、「今が良ければ良い」「数字が良ければ良い」
と言う経営がまかり通ってしまうことになります』

多くの会社は、売上や店舗数を目標とする。
しかし、目標が「会社が長く続くこと」とすると、考え方はガラッと変わってくる。
それは例えば、「急拡大ではなく、ゆっくり成長すること」であり、
「働いている社員やスタッフの幸せを第一に考えること」であり、
「言葉づかいをよくし、挨拶や掃除を徹底するなどの小さなことを最も重要視する」ことだ。

「遠きをはかり」ゆっくり成長するという「年輪経営」を目指したい。

Photo_2




2019年1月27日 (日)

わたしと小鳥と鈴と

 【わたしと小鳥と鈴と】 金子みすず 
「わたしが両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)を早くは走れない。
わたしが体をゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように、
たくさんな歌は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それからわたし、
みんな違って、みんないい。」
ーーーーーーーーーーーーーー
「みんなちがって、みんないい」。
本当は当たり前のことなのに、
一つの基準で全ての価値を決めてしまいがちな現代において、
この言葉は人々の心に鋭く優しく響きます。
きっと、この言葉に救われる人も多いことでしょう。
価値や基準は一つではないのだ、
たとえ一つの基準で劣っていても、
私の価値は失われないのだ、
と思い出させてくれる言葉です。

Photo_3






それが私に与えられた人生

 【それが私に与えられた人生】 82歳の現役美容研究家、小林照子さん
私は6歳になるまでのあいだに、3人の母と2人の父に育てられました。
生みの親は私が3歳のときに離婚。
兄は父方に、私と妹は母方につくことになったのですが、私は1年後には、兄を慕って父のもとへ。
そして父と父の再婚相手に育てられましたが、私が6歳のときに父が病気で他界。
私は大人たちの話し合いの結果、父の再婚相手の兄夫婦にもらわれることになりました。
その夫婦には子どもがいなかったからです。

養母は私が10歳のときに骨盤カリエスになり、8年間寝たきりになりました。
そして私が18歳のときに死亡。
養母の白装束を縫い、木桶(きおけ)に養母を入れてリヤカーで火葬場に運びました。
骨壺(こつつぼ)を胸に抱いて、ひとり家に帰ってくる私の姿を見た女性が、涙ぐみながら言いました。

「照子ちゃんはかわいそう。ほんとうにかわいそう」
はたから見たら、
私は幼少期も少女時代も複雑な家庭環境で過ごした「かわいそうな女の子」に見えたのでしょう。
私自身、自分の身にはなぜ次から次へと試練が課されるのかと考えたことがあります。
でも、自分が「かわいそう」とは思ったことがありませんでした。

「私って、かわいそうなんだ」
他人に言われて初めて、自分の憐(あわ)れさに気がつきました。
亡くなった養母の骨壺が急に重たく感じられ、私は道端で嗚咽(おえつ)しながら泣きました。
でも、ひとしきり泣いたあと、私は思いました。

私の人生はたしかにふつうではないかもしれない。
5人の親に育てられ、貧しい暮らしを強いられ、
自分がほんとうに学びたいと思っていることも学ぶことができない私。
同世代の子たちといっしょに遊んでいる間もなく、働いて一家を支えていかなければいけない私。

けれど、それが私に与えられた人生。
私はもう「ふつうに見える人生」とくらべるのはやめよう。
「ふつうに見える人生」にあこがれるのもやめよう。
私は、私の人生を引き受けよう。
そう決心したのです。

人生にはつらいこと、苦しいことがこれでもか、これでもかと押し寄せてくることがあります。
そこから逃げ出したくなることもありますし、怒りがおさまらないようなこともあります。
でも、どんなにつらい経験も、そののちの人生の教訓として生かせないものはありません。

つらいこと、苦しいことに直面したときは、「絶対受け身」であることが大切です。
この、つらくて苦しい時期は、「学びの時間」。
自分が何かを学ぶために与えられた試練なのだと思うことです。

私の人生の前半にはずいぶん、つらいことが集中していました。
でも、若いうちにこの、たくさんの「学びの時間」が与えられたからこそ、
いま人生の後半を日々感謝しながら、生きていくことができるのだと思っています。

人の人生はさまざまです。
若い頃はとても順風満帆な人生だったのに、突然の事故や病気で寝たきりになったり、
ふつうの生活に戻れなくなってしまったりという方もいらしゃるかもしれません。
でも、あきらめたりしないでください。
いつまでも春にならない、終わらない冬はありません。
明けない夜は、ないのです。

つらくても、苦しくても、いまが「学びの時間」。
こんな人生のはずではなかったと投げやりになってしまうと、
いまという大切な時間がただただ悲しいものになってしまいます。
人生を投げ出すのか、引き受けるのか。
文句を言って生きるのか、体験から学んで生きるのか。
それを決めるのは自分です。
自分しかいないのです。
 『これはしない、あれはする』  サンマーク出版

小林照子氏は本書の前書きの中でこう語る。
『笑顔でいることが多いせいか、「いつも機嫌がよさそうですね」とよく言われます。
とはいえ現実には、腹を立てていることもあれば、82歳という年齢なりに体がつらいこともあります。
でも、不機嫌そうな顔をしていると、自分のまわりから人は遠のき、その結果、
自分が損をするということを、私は長い人生経験の中ですでに学んできました。
ゆえに、いつのまにやら私には、気持ちのスイッチを切り替えて、
毎日を機嫌よく生きる方法が身についているみたいです。
そして、年齢を重ねるにつれ、
「しないほうがいいこと」と「したほうがいいこと」の区別がようやくつくようになりました。

ここに書き出した「しないこと」は、じつは私自身、全部やってしまったことです。
私は若い頃、嘘をついたこともありますし、嫉妬もしましたし、人の悪口だって言ったことがあります。
でも、全部やってみて自分がみじめに思えて、いまではやらなくなったことばかりです。
ならば、そういうことは最初からやらないほうがいい。
たとえ、いまやっていたとしても、明日からはやめたほうがいい。

「しないほうがいいこと」はしない。
そう決めて生きていくだけで、心がすり減るような思いはしだいにしなくなっていきます。
「すること」では、人生を楽しく生きるためにプラスになったこと、
したほうがいいことを書き出してみました』

「絶対受け身」とは「絶対肯定」のことだ。
舩井幸雄氏はそれを、「一見、不運に思えることもすべては必然、必要であり、
振り返ればベストのタイミングで起こっているものです。
幸運も不運もすべてを受け入れられるようになると、ツキを呼び込むことができるようです」と言っている
どんなにつらいことが起ころうと…
それが私に与えられた人生と思い定め、人生を前向きに、そして機嫌よく生きていきたい。


1



2019年1月26日 (土)

人を動かすことのできる人は

人を動かすことのできる人は、
他人の気持ちになれる人である。
そのかわり、
他人の気持ちになれる人というのは、
自分が悩む。
自分が悩んだことのない人は、
まず人を動かすことはできない。
拝む心がなければ、
人は動かない。

Photo_2






頑張れ」なんて言わないで!

「頑張れ」なんて言わないで!」
言われなくても頑張ってる!
これ以上どう頑張ればいいの!?
そう思ってた。

でもわかったんだ。
みんなは「頑張れ」としか
言えないんだって。 
力になりたい。
でも代わってはあげられない。
見守ることしかできない。
どうしようもない。
声援を贈ることしかできないんだ。
「頑張れ…!」…って。 

「頑張れ」は
「もっと頑張れ」だけじゃない。
「必死に頑張っているあなたを
支える力になりたい」って
言う願いなんだ。
(神谷悠「炎迷宮」)
----------------------------
頑張れが重荷になることもあると思います。
そんな人には「よく頑張ってるね」と言ってあげます。
みんなの応援を素直に受け止めて笑顔。
笑顔が大事です。

2






人はそれぞれちがっていいんだよ

 【人はそれぞれちがっていいんだよ】
私は、三歳のころからまゆ毛まつ毛もありません。
免疫しっかんによる脱毛症というびょう気だそうです。
月に1回びょういんに通っています。
お父さんとお母さんは、わたしのびょう気のためならなんでもしてくれます。
高いかつらも買ってくれました。

でも、わたしは
「どうしてみんなとちがうのかな。
なぜみんなはかみの毛があるのかな」
と思いました。

この間、きゅう食のときに、クラスの友だちから「毛なし」と言われました。
クラスの友だちからそんなことを言われたのは、はじめてでした。
わたしは、びっくりして何と言ったらよいかわかりませんでした。
そのとき、近くにいた友だちが「そんなこと言ったらいけないよ」と、かばうように言ってくれました。
わたしは、いやなことを言われたのはかなしかったけど、
友だちがかばってくれたことがうれしかったです。

このことがあったあと、クラスのみんなで話し合いました。
ななこちゃんが「バンダナをかぶってても、みくちゃんはみくちゃんだ」と言ってくれました。
あみちゃんは「ほいくえんのときから、やさしくしてくれたからうれしい」と言ってくれたことが、
うれしかったです。
先生は「かみの毛があってもなくても、みくちゃんはみくちゃんだよ」と、言ってくれました。
とても、うれしいです。

先生が「みんなちがってみんないい」という童謡詩人、金子みすゞの詩のお話をしてくれました。
先生が「いろんな人がいるんだよ」と言いました。
わたしは「みんなとちがってもいい。自分は自分だ」と思いました。
手や足がなくても、人とおなじじゃなくてもいいということです。

「なぜかみの毛がないの」と言われてもわかりません。
なりたくてなったわけではないからです。
かみの毛がなくてもわたしはわたしなのです。
でも、三年生になったら、ぜったいなおりたいです。

もしも、ほかの人が、気にしていることを言われたり、されたりしているのを見たら、
わたしもたすけてあげようと思います。
「そんなことはやめて。人はそれぞれちがっていいんだよ」と。

平成18年、大分県川崎小学校二年生の阿部未来(みく)ちゃんが、
児童作文コンクールで最優秀の県知事賞を受賞しました。
その作文です。
-----------------------------------------------------------------------------
未来ちゃんや先生、友達も人を思いやれる気持ちがあって
とてもいいですね。
早く病気も治るといいですね。

Photo






2019年1月25日 (金)

笑うことって大事

笑うことってね
とても大事なのよ
自分にも相手にも。
とてもつらいことがあっても
笑うことを忘れないでね。
幸せは笑う人のところに
やってくるから。
 - カフカ -
 「いつか想いあふれても」

Photo_3





泥棒と悪口と、どちらが悪いか

  「泥棒と悪口と、どちらが悪いか」   三浦綾子(作家)
これは時折、講演で話すんですが、「泥棒と悪口を言うのと、どちらが悪いか」。

私の教会の牧師は「悪口のほうが罪が深い」と言われました。
大事にしていたものや、高価なものを取られても、
生活を根底から覆されるような被害でない限り、いつかは忘れます。
少しは傷つくかもしれませんが、泥棒に入られたために自殺した話はあまり聞かない。
だけど、人に悪口を言われて死んだ老人の話や少年少女の話は、時折、聞きます。

「うちのおばあさんたら、食いしんぼうで、
あんな年をしてても三杯も食べるのよ」と陰で言った嫁の悪口に憤慨し、
その後一切、食べ物を拒否して死んだ、という話があります。

それと、精神薄弱児の三割は妊婦が三か月以内に強烈なショックを受けた時に
生まれる確率が高いと聞いたことがありますが、
ある妻は小姑(こじゅうと)に夫の独身時代の素行を聞き、
さらに現在愛人のいることを知らされた。
それは幸せいっぱいの兄嫁への嫉妬から、そういうことを言ったのです。

この小姑の話にちょうど妊娠したばかりの妻は 大きなショックを受け、
生まれたのは精神薄弱児だったそうです。

恐ろしい話です。
私たちの何気なく言う悪口は人を死に追いやり、
生まれてくる子を精神薄弱児にする力がある。
泥棒のような単純な罪とは違うんです。
 
それなのに、私たちはいとも楽しげに人の悪口を言い、 また、聞いています。
そしてああ今日は楽しかった、と帰っていく。
人の悪口が楽しい。これが人間の悲しい性(さが)です。

もし自分が悪口を言われたら夜も眠れないくらい、
怒ったり、くやしがったり、泣いたりする。
自分の陰口をきいた人を憎み、顔を合わせても口を きかなくなるのではないでしょうか。

自分がそれほど腹が立つことなら、 他の人も同様に腹が立つはずです。
そのはずなのに、それほど人を傷つける噂話を いとも楽しげに語る。
私たちは自分を罪人だとは思っていない。 罪深いなどと考えたりしない。

「私は、人さまに指一本さされることもしていません」。
私たちはたいていそう思っています。
それは私たちは常に、 二つの尺度を持っているからです。

「人のすることは大変悪い」
「自分のすることはそう悪くない」。

自分の過失を咎(とが)める尺度と、
自分以外の人の過失を咎める尺度とはまったく違うのです。   
 
一つの例を言いますとね、
ある人の隣家の妻が生命保険の セールスマンと浮気をした。
彼女は、「いやらしい。さかりのついた猫みたい」 と眉をひそめ、
その隣家の夫に同情した。
何年か後に彼女もまた他の男と通じてしまった。
だが彼女は言った。
「私、生まれて初めて、素晴らしい恋愛をしたの。恋愛って美しいものねぇ」

私たちはこの人を笑うことはできません。
私たちは自分の罪が分からないということでは、この人とまったく同じだと思います。




2019年1月24日 (木)

大切な人の為に

 「大切な人の為に」
この人が何をしてくれるか
ではなく、
自分がこの人に何ができるか
を考えれば、
相手にとってあなたは
必然的に魅力的な人になるのです。
 By 永松茂久さん

Photo






親の愛が重すぎる?

親の愛が重すぎると感じることがあるだろうか?
そうだとしても、許して欲しい。
お前がいくつになっても、親にとっては可愛い子どものままだ。

寂しくはないか、不安ではないか、助けを求めていないか、寒くはないか
お前の築いた家庭はあたたかいか、お前の笑顔は変わっていないか
甘えているか、一人で荷物を背負っていないか

・・・・そんな、どうにもならないことを心配しながら、ただ祈りながら時を過ごしていく。
そして、祈ることしか出来ない自分に時々苛立ちを感じながらも、
親として生きてきたこと、お前のために祈ることができる幸せに感謝せざるを得ない。

私はもう長くはない。
もし、可能ならば最期の時に手を握っていてほしい。
だが、もし間に合わなくても決して自分を責めてはいけない。
間に合わなくても、心の手は繋がっているから、大丈夫だ。

そして、あらためて今、言わせてほしい。
生まれてきてくれてありがとう。
親として生きる道を、与えてくれてありがとう。

Photo_2






2019年1月23日 (水)

努力して

努力して結果が出ると、
 自信になる。
努力せず結果が出ると、

 傲りになる。
努力せず結果も出ないと、
 後悔が残る。
努力して結果が出ないと
 しても、「経験」が残る。

Photo






色んな気を植えよう

一本ポツンと立っている木は
強い風が吹けば
折れたり倒れたりする
たくさんの木が寄り集まって

森になっていれば
そうたやすく折れたり
倒れたりはしない

だから、
色んな「気」を心の中に
植えていこう。
すると、
少し弱気になった時でも、
他の気がいつも助けてくれる。

「やる気」
「元気」
「負けん気」
「強気」
「前向き」
「本気」

これらの「気」を森のように
心の中に育てていこう。
そして、
楽しそうなこと
面白そうなことには
何でも「その気」になって
好奇心を持ち
夢中になって挑戦していこう。

それが、
心の中を
プラスの「気」で
いっぱいにして、
充実した日々を
送ることに繋がっていく。

Photo_4






こころの庭を手入れする

 【こころの庭を手入れする】  稲盛和夫さん
人生は、照る日もあれば曇る日もあります。
幸運がめぐっているときはもちろんのこと、災難に遭ったときにも、修行だと思い、
自分が生かされていることに「ありがとう」と感謝することが、
こころを清らかにし、運命をよい方向へ導きます。
私はこれまでずっと、そう自分に言い聞かせてきました。

私がまだ四つか五つのころ、父に連れられていった「隠れ念仏」でお寺のお坊さんが、
ことあるごとに「なんまん、なんまん、ありがとう」と唱えなさいと言ったのも、
そいう戒(いまし)めを含んでいたのでしょう。
「隠れ念仏」とは、江戸時代、薩摩藩に弾圧された一向(いっこう)宗の信者が、
ひそかに守り続けた慣習です。
私の幼いころは、まだその風習の名残があったのでしょう。

しかし、そうはいっても、現実には人のこころは弱いものです。
いつもいつも感謝の気持ちを持ち続けることは、容易なことではありません。
困難や災いにぶつかれば、不平や恨み言を言いたくなって当然です。
かといって、物事が順調に進んでいるときなら自然と感謝の思いを抱くとも言い切れません。

調子がいいときは、それが当たり前のことに思えて、もっと大きな幸運、もっと強い満足というように欲望が膨れ上がってしまい、「ありがとう」の言葉など吹き消してしまいがちなのです。
このように人間はおろかなものだからこそ、まずは、何があっても感謝することを忘れないように自分の理性によく働きかけて、いつでも「ありがとう」と言えるように、こころの準備をしておくことが大事ではないでしょうか。

そして、たとえ逆境に立たされても、あるいは強欲な思いが頭をもたげても、悪い雑草を取り除くように、
それだけで十分ありがたいと、「足るを知る」気持ちを持つように、
普段からこころの庭を手入れすることが大切だと思います。

人間として正しいことをやっていれば、自ずと道は開かれるという信念の下に、
私は自分自身の人生も企業経営も進めてきました。
そしてそれが成功したといえるなら、それは私や会社を支えてくれた家族、従業員、友人、知人、
すべての人たちのおかげだと、今、こころの底から感謝しています。

そして、残る人生も変わらず、あらゆるものに対して、「ありがとう、ほんとうにありがとう」と、
こころから素直に言えるような生き方をしていきたいと思っています。
 『ありがとう おかげさま』 海竜社

稲盛和夫氏は、本書のなかでこう語る。
『豊かなはずの現代社会がすさんでいるのは、みんながこころの手入れをしないので、
雑草が生え放題、こころが荒れ放題になっているからでしょう。
その大本(おおもと)をたどれば、戦後ずっと、おとなたちがこころの管理を重視せず、
こどもたちにも教えずにきたというところに行き着きます』

どんなに勉強ができて有名な学校を出ていようが、優秀で才能があろうが、
心の庭の手入れができていなければ、人は傲慢になったり、思いやりがなかったり、不機嫌だったりと、
人としての品格や人格に欠ける人間になってしまう。
心の庭に生える雑草を摘み、きれいに整えるには、「ありがとう」と「おかげさま」を言い続けること。

「ありがとう」はしあわせを運ぶ魔法の言葉。
そして…
「いいことはおかげさま  わるいことは身から出たさび」(相田みつを)
どんなときも、こころの庭の手入れを怠らない人でありたい。

2019年1月22日 (火)

素敵な言葉は人生を変える

 松下幸之助は入社の面接で
「 あなたはこれまで運がいい人生でしたか 」と尋ね、
「運がよかった」と答えた人だけ採用したといいます。
自分で運が悪いと思っている人は、悲惨な人生から抜け出せないのです。
人生を悲観していてもいいことは何一つない
それなのに、自分はろくな才能を持ってない、与えられた環境が悪い、
と自分で自分を沈めてしまう人がいかに多いか。
非常に残念なことです。
 ー 藤原 正彦 ー

Photo_3





ポジティブな生き方とは

 【ポジティブな生き方とは・・】
「すべてのことを無理に好きにならなくてはいけない」ということだはありますん。
いやなものを無理に好きだと思いこんだり、いいことなんだと言い聞かせるのではなく
「人生に何が起きても必ずポジティブな対処法を見つけることが出来る」と自分を信じることなのです。

あなたには達成出来ないことなどありません。
あなたにとって困難な出来事や辛い状況こそあなたが成長するチャンスです。
あなたにその状況から抜け出せるだけの強さが備わっているからこそ
その出来事を経験しているのです。
どんな出来事であろうと必ず解決策を見つけることが出来ます。

「もうダメだ」と決めつけてしまえば本当にダメになってしまうでしょう。
でも忘れないで下さい。
必ずポジティブな対処法はあります。

そんなことに対してもポジティブに対応していくことで着実に成長し
素晴らしい未来を招くことができるんです。
あなたがポジティブなエネルギーを構築できたとき
思ってもいなかった幸運を引き寄せ、そして奇跡は起こります。


Photo






2019年1月21日 (月)

感謝、賞賛。希望の意味

「あたりまえ」を「ありがとう」と言うのが感謝
「だから、なに?」を「おめでとう」と言うのが賞賛
「もう、ダメだ」を「これからだ」と言うのが希望
「なりたいな」を「なってやる」と言うのが決意
「もういいや」を「まだ待とう」と言うのが忍耐
「疲れた」を「頑張った」と言うのが努力

1






当たり前なんて存在しない

【当たり前なんて存在しない】
今の生活も
今の幸せも
今の嫌な事も
今の悲しい事も
今隣にいる人も
今の見ている景色も
今考えている将来の夢も

これからもずっと隣りにいてくれる「空気」や「環境」じゃない。
これからも包んでくれる「空気」や「環境」じゃない。
これからもずっと会えるわけじゃない。
これからもずっと愛し合えるわけじゃない。
これからもずっと喧嘩できるわけじゃない。
これからもずっと一緒に泣けるわけじゃない。
これからもずっと一緒に笑いあえるわけじゃない。

だから
話せる時にいっぱい話して
泣ける時にいっぱい甘えて
会いたい人には会えるときに会って
笑えるときに思いっきり笑い合って
好きって伝える事ができる時にたくさん伝えて
愛してるって伝える事ができる時にいっぱい伝えておかなきゃ。

今がずっと続くわけじゃないって気づけば毎日を大切にできる。
人には期限がある事を忘れてはいけない。
人には当たり前なんて存在しない。

いつ何が起きるか分からない事を忘れちゃいけない。
「絶対」なんてあり得ない事を普段の生活で忘れちゃいけない。

今出来る事を、一生懸命やろう。
今伝えれる事を、
一生懸命相手に伝えよう。

Photo






2019年1月20日 (日)

魔法のおまじない言葉

 【魔法のおまじない言葉】
「明けない夜はない」
「日の出前がいちばん暗い」
「明日はまた新しい日が昇る」
「人生、なんとかなるもんだ」
「最後に笑えば、それでいい」
「人は人、自分は自分。マイペースで進めばいい」
とっておきのおまじないは、
「絶対、なんとかなる」と百回唱えることだ。


Photo_2



人を褒める

 『 人を褒める 』
人や自分を褒めれば褒めるほど仕事も人間関係も上手くいく!
自分も相手も幸せにする褒める効果とは!?

成果も出ていないのに、ほめられるかって?
ほめないから、成果が出ないのだ。
 - トム・ピーターズ -

他人の長所を伸ばすには、ほめることと励ますことが何よりの方法だ。
上役から叱られることほど、向上心を害するものはない。
 - チャールズ・シュワブ -

せめて自分ぐらい自分を褒めて
認めてあげないと自分が救われない。
自分の味方になれるのは自分だけ。
 - 美輪明宏 -

■ ほめると伸びるは本当だった!
今まで「何となくいい」と言われていた「ほめる」ことの効果が明らかになりました。
ほめられて怒る人はまずいませんよね。大抵の人は褒められれば、よい気持ちになり、
次も頑張ろうとやる気も起きます

家族によるねぎらいや温かいほめ言葉があるからこそ、
家事をやる人は、家事に対するやりがいを感じられます。
「ほめられる」ということは、脳にとっては金銭的報酬にも匹敵する社会的報酬であると言えます。

ほめることは、自分の観察力や洞察力、聞く力を磨くことにもなります。
素直に褒めることが習慣づくことで、相手との信頼関係を強くし、
職場や家庭を居心地の良いムードにすることができます。
しかも無料でできるので、やらない手はありません。

■ 褒めることで得られるメリットとは!?
意外に思われるかもしれませんが、褒めながら思いやりの気持ちを向けると、
相手もこちらの気持ちに同調してくれます。
そうすると次第に心を開いてくれるようになり、コミュニケーションがスムーズになります。

褒めることによって得られる最大の効果といえば、やはり何とっても自己肯定感が高まり、
自信が持てるようになることです。そうすると人は自発的に行動してくれるようになります。
しかも、お金が一切かからない点も大きな魅力です。

ちなみに、褒めるさいのポイントなんですが、
相手の長所を褒めながら感謝の思いを伝えると効果がさらにアップします。
「褒められたい」、「人の役に立ちたい」といった人間の潜在的な思いを見事に刺激してくれます。

■ 褒めれば褒めるほど相手の長所が見えてくる!
私たち日本人は欧米の人たちと違って、人を褒めることが得意ではありませんよね。
人から褒められたりする機会が少なければ、当然人を褒める機会も少なくなってしまいます。

素直に褒めることが習慣づくことで、相手との信頼関係を強くし、職場や家庭を居心地の良いムードにすることができます。ほめることは、自分の観察力や洞察力、聞く力を磨くことにもなります。

人を褒めることを率先すると、人や物の長所に気づけるようになり、自然とコミュニケーション能力が向上するので、これからも意識して「褒める力」を磨いていきたいと思います。

Photo






2019年1月19日 (土)

人の長所に気づけて感謝

目の前の人の長所に気づけたことに、
アラ探しするクセを治せたことに感謝
人を許せない自分に気づけて、
自分を許せない自分に気づけて、
自分の長所にも気づけてありがとう


Photo_3




目的の先にあるもの

 【目的の先にあるもの】  放送作家・戦略的PRコンサルタント、野呂エイシロウ
大企業への就職活動に失敗した僕が放送作家を目指した理由は、
比較的自分が得意な分野でお金が稼げて、かつ楽しそうな職業だと思えたからです。
楽しそうだというのはおまけの理由で、第一義はお金を稼ぐこと。

僕が今でもなお放送作家としてせっせと原稿を書く目的は、ヒットを飛ばしてお金を稼ぐことにあります。
ところが、「放送作家になること」が目的になっている後輩が結構いるのです。
放送作家になることを目的にしてしまえば、
小さな仕事が来た段階で目的は達成されてしまうから、大きく伸びていけません。

実際に、いくつかの番組に関わった後すっかり仕事が減ってしまって、
年収200万円程度しかとれずにる自称「放送作家」がゴロゴロいます。
医者になりたい。
弁護士になりたい、デザイナーになりたい。
かっこよくて聞こえのいい職業につくことを目的にしている人が、
あなたの周りにもいるのではないでしょうか。
しかし、職業は目的ではなく手段です。
その手段の先にあるものこそ目的なのです。

医者であれば「亡くなった父親と同じ肝臓病の患者を一人でも多く救いたい」というようなことです。
そこを勘違いしてしまうと、とても不毛な人生を送ることになります。
結婚にたとえてみるとわかりやすいでしょうか。
あなたにとって結婚する目的はなんでしょうか。
好きな人と一秒でも長く一緒にいること。
子どもを持って温かい家庭を築くこと。
もっと現実的に、健康管理をしてくれる人が欲しいなどというのもあるでしょう。

こうした目的はどれも、結婚した後にかなえられるものであり、ずっとかなえられ続けていくものです
 (不仲にならなければという条件付きですが)。
ところが、世の中には、「結婚すること」を目的にしてしまっている人が男女問わず大勢います。
この場合、結婚した瞬間に目的は達成したのだからすぐに離婚すればいいのですが、そうはいきません
なんのために結婚しているのかわからない不毛な同居生活を、死ぬまでダラダラ続けることになるのです

ビジネスは、一人で行うことはできません。
お互いに目的を持った人たちが集まり、それぞれの目的を達成しようとすることで成立します。
だから、自分の目的はきちんと開示すべきだし、相手の目的もわかっていなければなりません。
それを曖昧にすると、みんながアンハッピーになります。

ところが、往々にして、お互いの目的をきちんと確認しないまま、一緒にビジネスを始めてしまうのです。
とくに、金銭的な面について日本人はストレートに言うことを避ける傾向にあり、後々禍根を残します。
仲がいい友人とのビジネスが失敗しやすいのは、
お互い「わかってくれているはずだ」という甘い読みがあるからです。
自分の目的と相手の目的には、合致する部分もあるし異なる部分もある。
その異なる部分について、「わかってくれているはずだ」と考えるのは、非常にまずい。

相手の目的をかなえてあげれば、その対価としてお金が儲かるというシンプルな法則を、
僕は学生時代のアルバイト経験を通して学びました。
お金を払ってくれる相手の目的にシンプルにフォーカスする。
ここを間違えなければ、ほとんどのことは解決します。

もし、相手の目的が掴みにくいと感じたらどうするか。
答えは簡単。
聞けばいいのです。
 『終わらす技術』  フォレスト出版

南の島のビジネスマンという、有名な寓話がある。
あるエリートビジネスマンが、南洋の島にバカンスでやってきた。
そこで、ヤシの木陰で寝転んでいる地元の漁師と出会った。
「どうして仕事もせず、昼間からのんびりと寝転んでいるんだい?」と聞くと、
「午前中に漁を何時間かしたらそれだけで食べていけるんで、休んでいるのさ」と漁師。
「なぜ、もっと働かないのだい?そうすればもっと稼げるのに」とビジネスマンがいうと、
「もっと稼いでどうするんだね」と漁師。

「もっと稼いで、お金をためて、もっと大きな漁船を買って、人を雇い、
それを加工する工場も建てることだってできる。そうして、会社をつくって、それを大きくして、
やがて会社を上場する。そして、その株を売って多額のお金を手に入れることができる」
「それから、どうするんだい」と漁師。
「そうしたら、もう働く必要はない。毎日、のんびりとバカンスができる身分になれる」とビジネスマン。
「それなら、もうとっくにやってるよ」と漁師が答えたという。

「病気を治したい」という目的も、「お金を稼ぎたい」という目的も、すべての目的にはその先にある、
本当に叶えたい真の目的や夢がある。
何のために病気を治したいのか、病気を治したあとに何をしたいのか、
あるいは、何のためにお金を稼ぎたいのか、お金を稼いだあとに何をしたいのか、ということ。

目的の先にあるものを考えない人は多い。
「本当に大切なものは」
「心から好きなことは」
「本当にやりたかったことは」

常に、目的の先にあるのものを考える人でありたい。

2019年1月18日 (金)

ことばの七福神

『ことばの七福神』
1.うれしいなあ
2.楽しいなあ
3.幸せだなあ
4.愛してる
5.大好き
6.ありがとうございます
7.ツイてる

Photo






人間の体を壊す4つの条件

 【人間の体を壊す4つの条件】
人間の体を壊す4つの条件があります。
●酒
●たばこ
●暴飲暴食

これら3つは、それぞれ5%程度の影響で、
この3項目の集積でも20%ほどしか関わっていませんが、
実は次の4つ目の条件が、
体を壊す要因の80%を占めているようです。

●不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句というものです。
例えばいくら「健康食品」を食べていても、
家庭内でケンカが絶えないことや、
「あれは体に毒だ」「これも体に悪い」
と否定的なことを言っていることのほうが、
体を壊す影響が強い。

その健康食品はプラスには働いてくれないでしょう。
つまり、自分の体に入ってくるものに対して、
批判的な言葉を加えれば加えるほど、
体の中で毒になるということです。

そして、多少の防腐剤や着色料が入っていても、
「私の体の一部になってくれてありがとう。
栄養になってくださってありがとう」と手を合わせ、
何でも笑顔でバリバリ食べている人は、
意外に元気なのです。

自分の想念というものは、実はとんでもなく強力に、
自らの体をコントロールしており、
私たちが何気なく言った一言によって、
体はものすごく律儀に素直に反応しているということです。

4


目の前にある幸せを感じて

「目の前にある幸せを感じて」
人間というものは、
ふだんから目の前に
あるものよりも、
過ぎ去ったもの、
なくなったものに、
切ないまでの愛着を
持つものである。
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
今、自分の目の前にある幸せを
精一杯感じることが大事なんだよ。

Photo_3





2019年1月17日 (木)

絶好調、一寸先は光だ!】 

 【絶好調、一寸先は光だ!】 斎藤一人さん
多くの人は、本当に絶好調じゃないと「絶好調」と言ってはいけないと思っているでしょう?
それは、間違いなんです。
一人さんは風邪で熱があっても、たとえば仕事に行き詰まったとしても、
『絶好調だ、今日は調子いいね』
と言います。

普通の人は100%調子がいいときに「絶好調」って言うんだよね。
でも、一人さんの「絶好調」は20%以上って決めています。
だから、毎日が絶好調なんです(笑)。

言葉には、霊(=たましい)が宿っているもの。
これを言霊(ことだま)というのですが、
いい言葉を言っていると、その言葉どおりに物事が動いていきます。
「絶好調」と言うと自然に、絶好調なパワーが湧いてくるものなんです。

特に「絶好調」は病気をしたときに使うといい。
「つらい」「痛い」と言っていても病気がよくなるはずがありません。
「絶好調」「絶好調」って言っていればね、病気も勘違いして、
「なんだ、この人元気なんだ」って逃げていくものなんです。

仕事だって、同じこと。
一人さんのように「絶好調」「絶好調」って言っていると、「絶好調」の人が集まってきて、
「絶不調」は逃げてしまう(笑)。
現に一人さんの会社は、バブルのときも不景気が続いたときも、右肩上がりで業績を伸ばしています。
気づけば、自然と仕事もお金もやってくるのです。

ここで、いいことを教えましょう。
仕事で評価されていないと思うときは、いつもより大きな声で話すといい。
私の経験からすると「ドレミファソラシド」の「ソ」の音が、ちょどいい音程なんです。

今から、ソの音で、
『絶好調、いいね』
って言ってみてください。
見違えるように、どんどん、絶好調になっていくから。
 『斎藤一人お金の神様に好かれる人のスゴい口ぐせ』 宝島社

齋藤一人さんは、言葉の使い方がとても大事だという。
『自分の人生において不利なこと、自分が暗くなるようなことは、絶対に言わない。
これが一人さんの信念です。
「一寸先は闇(やみ)だ」なんて言う人がいます。
そういう人の明日には、必ず「イヤなこと」が起こります。
だから、一人さんは
《一寸先は光だ。明日が楽しみだな》
って言うの。
すると、明日には次から次へと良いことが起こります。

取引先の会社に行って「不景気でイヤになる」と言う、PTAの会合で
「うちの子、成績が悪くて困っちゃう」と言う、家族で「うちはお金がなくて大変なんだよ」と言う。
こんなふうに、イヤな言葉を聞かされていると、
聞いているまわりの人も、知らないうちに暗くなってしまうよね。

言葉ってね、何を言うかはその人の自由。
だったら、いい言葉を使わなくっちゃ。
「明日も楽しいことが起こる」って口にするんです。
それだけで、口にしたとおり毎日楽しく過ごせるんです。
心にもないことを言いたくないって言う人がいるよね。
そうじゃないんだよ。
だって、心っていつまで待てば変わるかなんて、わからないよね。
心を変えようと考える人は、何にもできないんです。

まずは、言葉が先だよ。
心は後からついてきます。
だから、明るい方へ、明るい方へ!
《一寸先は光だ》
こう思えば、前途は絶対明るいんです』(本書より)

たいての人は、100%調子がよくないと「絶好調」という言葉は使わない。
しかし、たとえば、何日か断食した後に食べる食事のおいしいことを考えてみるとわかるが、
お粥(かゆ)一杯、ご飯一杯だけでも美味しい。
しかし、毎日が豪華な宴会続きなら、
どんなに有名なお店のフランス料理や、懐石料理を食べたとしても、美味しさを感じない。
つまり、万人にとって、100%絶対の美味しさなどないということ。
その人の体調や、状況や環境によって価値観はコロコロ変わるからだ。

ということは、「絶好調」という言葉の使い方も同じ。
自分で、20%の状態を絶好調だと思えば、それが絶好調なのだ。
明るい言葉を使う人のまわりには、明るい機嫌のいい人が集まる。

「絶好調」「一寸先は光だ!」「明日も楽しいことが起こる」という言葉を口ぐせにしたい。



心の扉を開いてごらん

 「心の扉を開いてごらん」
自分の気持ちに後悔したくない。
もう少し大事に出来たのにとか、
もう少し言葉を掛けられたのにとか。
人の気持ちを試したり駆け引きをして
自分の気持ちを出し惜しみしたくない。
今ある気持ち100%出さないと多分後悔する。
失った時に後悔しても本当に遅いのだから。
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
自分の気持ちを100%出し切る事は
簡単なことじゃないけど
自分の気持ちに後悔するのは辛い事。
だったら後悔しないようにしたいよね。
ほら・・・心の扉を開いてごらん。

Photo_2






しつけとはどういうことですか

 【 しつけとはどういうことですか 】
私は六人の息子を持っているわけですが、
彼らがまだ小さいとき、どうしても履物を
きちんとそろえられなかった。
叱っても、そのときはそろえるが、すぐに元通りに戻ってしまうのです。
それで、私が尊敬する糸賀一雄先生にお尋ねしました。
「しつけとはどういうことですか」と。

先生は、「自覚者が、し続けることだ」とおっしゃる。
「自覚者といいますと?」と聞くと、
「それは君じゃないか。 君がやる必要があると認めているんだろう?
 それなら君がし続けることだ」
「息子は?」「放っておけばいい」というようなことで、
家内も自覚者の一人に引っ張り込みまして、実行しました。

実際にやってみて、親が履物をそろえ直しているのを目の前で、
息子がバンバン脱ぎ捨てて上がっていくのを見ると、
「おのれ!」とも思いました。
しかし、糸賀先生が放っておけとおっしゃったのですから、仕方ありません。
私は叱ることもできず、腹の中で、「くそったれめ!」と思いながらも、
自分の子供であることを忘れて、履物をそろえ続けました。

すると不思議なことに、ひたすらそろえ続けているうちに、
だんだん息子のことも意識の中から消えていって、
そのうちに履物を並べるのが面白くなってきたのです。
外出から帰ってきても、もう無意識のうちに、
「さあ、きれいに並べてやるぞ」と楽しみにしている自分に気がつきました。
さらに続けていると、そのうちに、そういう心の動きさえも忘れてしまい、
ただただ履物を並べるのが趣味というか、楽しみになってしまったのです。

それで、はっと気がついたら、
なんと息子どもがちゃんと履物を並べて脱ぐようになっておりました。
孔子の言葉に、
「これを楽しむ者に如かず」というのがありますが、
私や家内が履物並べを楽しみ始めたとき、息子はちゃんとついてきたわけです。

私事で恐縮ですが、ここに教育の大事なポイントの一つがあると思います。
口先だけで人に、「こら、やらんかい」
とやいやいいうだけでは、誰もついてきません。
自分が楽しんでこそ、人もついてくるんだという人生観を、
私は履物並べから学んだ次第です。
  《 田村 一二 》


Photo






2019年1月16日 (水)

すぐ一人で抱え込む人

すぐ悲観的になって
いつも一生懸命で、
周りに気を遣って、
人の気持ちに敏感で、
すぐ一人で抱え込む人。
でも本当は
誰にも負けない何かを持っている人。
ただ気付いてないだけ。
後は自信と自分の持っている才能に
気付くだけだよ。


O0404040414234761708



親孝行とは

親孝行とは何でしょうか。
親孝行とは、親を敬い、大切にし、真心を持って尽くすことを言います。
たとえば、生活に困る親に仕送りをしたり、年老いた親を介護したりなどです。
どれも、親孝行として代表的な行動です。

しかし、本当の親孝行となると、もっと奥の深い話になります。
本当の親孝行は、何でしょうか。

これは、あなたが親になったとき、わが子が自分に何をしてほしいかを想像すれば、分かります。
おそらく、欲深いことは考えないはずです。
「大きく育ったから、これまで費やした養育費を返せ」と言わないでしょう。
「年を取ったから、自分を看病しろ」と、強制することもないでしょう。

おそらく一番願うことは、立派な社会人として育つことです。
わが子が立派に成長して、人と社会に貢献することを、最も願うはずです。
自分の産んだ子が、社会の中で立派に生きていることは、親として一番嬉しいことです。
つまり、本当の親孝行とは、人と社会に貢献する生き方をすることです。

親が死ねば、もう親孝行できないかというと、そうではありません。
親が死んでからも、親孝行ができます。
親からいただいた命を、最期の最期まで、人と社会のために最大限生かすことです。
立派に仕事をするわが子を見れば、亡くなった親も、天国で誇らしく思うでしょう。

一生懸命に生きるのです。
だらだら生きるのではなく、
人と社会のためになる生き方をすることです。

Photo_2






2019年1月15日 (火)

頑張らなくていいんだよ

 「頑張らなくていいんだよ」
頑張らなくていい
それ以上頑張らなくていい
ただ あなたらしさを
見せられればそれでいい
だってあなたは
もう充分頑張っているから
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
頑張り屋さん程まだまだと思う。
でもね、もうボロボロになるまで
頑張ったから。分かってるからね。

1






愚かな人と賢い人

 【愚かな人と賢い人】  アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
--J・ロバート・オッペンハイマー、物理学者  (訳 舟田譲二)、

「愚かな人」と「賢い人」を対比したことわざは多くあります。
聖書の中にも「愚かな人」「賢い人」はよく出てきます。
これらのたとえから教えられることはとても多いです。

今日のことわざ
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
も示唆に富みます。
「遠いところにある幸せを探す」とは、自分の手に届かないような理想を追い求めて、
それが得られれば幸せになれると思って生きている様を表しています。
たとえば、世界旅行ができたら幸せになれるとか、庭付きの大きな家に住めたら、高級車に乗れたら、
宝くじで大金が当たったら、伴侶が美人(イケメン)だったら、優しかったら、頼もしかったら、
お金をたくさん稼いでくれたら、自分の言うことをよく聞いてくれたら・・・・・
と際限なく、幸せになる条件を挙げるようなことです。

でも、このような夢のような理想を追い求めている間は決して幸せになることはできません。
一方、本当の幸せを味わっている人というのは、
物質や家族やその他さまざまな条件が満たされているから幸せというのではなく、
自分の置かれている状況、与えられているもので満足することを知っている人です。
そして、そのような幸せな人は、幸せになる種を豊かに撒き、
そして自分の足の下(すぐ身近なところ)で幸せを育てています。
これが賢い人の生き方です。

Photo




2019年1月14日 (月)

奴隷になっちゃいけんよ

息子よ。友情でも恋愛でも、
奴隷になっちゃいけんよ。
支配者体質の友だちからは
即座に離れんと。
気をつかったり、
ご機嫌うかがったとしても、
楽しいわけがなか。
一切気をつかわず、
リスペクトしあえて
はじめて対等な仲間になる。
愛も友情も上下関係いらん。
いるのは信頼関係だけったい。
 - 辻仁成 -

Photo






最も美しい人たちとは

私たちが人生で出会う
最も美しい人たちとは
挫折を知り
苦しみを味わい
失うことを知り
もがきながら戦い
どん底から這い上がった人たち。

このような人たちは
感謝をする。
細やかな心になる。
人生というものを理解する。
だから
思いやりにあふれ
寛大で
深い愛を持つことが
できるようになる。

美しい人間が
突然できあがることはない。
美しい人間は
このような経験をとおして
創りあげられていった人たちである。
 エリザベス・キューブラー  精神科医、著述家


1




2019年1月13日 (日)

自分を幸せにできる人は

自分を幸せにできる人は、人も幸せにできる。
自分のない人ほど、自分を主張する。
大丈夫。
世の中の人はみんな、自分のことで精一杯。
あなたのことなんて、気にしているほど暇ではない。
世間からいくら拍手喝采をあびようとも、
結局、
自分らしく生きているという実感が得られなければ、
何の意味もない。
 斎藤 茂太


Photo_6




ワクワクを増やすこと

 【ワクワクを増やすこと】  明治大学教授、齋藤孝さん
人生後半を充実させるテーマとして、「ワクワクを増やす」ことを掲げるのがいいと私は思っています。
どこかに出かける前、人と会う前、何かを始めるとき、気持ちがワクワクするのは、
これからの出来事に期待が高まっているときです。
期待感で心が動いている。
知らずしらずのうちに、ちょっとテンションが上がっている。
「ワクワク」は、「イキイキ」の火つけ役です。
ワクワクのタネを増やしていくことが、イキイキとした時間を増やしてくれます。
では、どうしたらワクワクを増やしていけるのか。

一つは、好きなこと、楽しくなることをやることですね。
二つ目は、いいところ探しをすること。
ただ散歩しているときと、何かいい写真を撮りたいと思いながら歩くときとでは、
見えてくるものが違ってきます。
漫然と見るのではなく、いいところを見つけようとすることで、細やかに関心が向くようになる。
それによって、気づきが多くなる。
心が動きやすくなるのです。

三つ目としては、子どものように面白がること。
子どもは、知りたがり、やりたがりです。
昆虫に興味を持ったら、自分で虫捕りをしたい。
ダンスを見てカッコいいと思ったら、自分もそれを踊れるようになりたい。
何にでも関わってみたい、体験したいのです。

好奇心がそのまま自分を衝(つ)き動かす情熱になるのが、子どもの特徴です。
そこで、心の状態として、小学3、4年生ぐらいの子どもの感覚を目標にする。
「10歳のときの自分だったら、どうしたかな?面白がって、こんなことをしたんじゃないか、
あんなことをしたんじゃないか」と考える。
これもワクワク感をかき立てやすくする方法です。
  『人生後半の幸福論』  光文社

本書の中に「人生後半のチェックリスト」が書いてある。
■最近、感動していますか?
■どんなときに自分がイキイキできるか、知っていますか?
■「好きなもの」「好きなこと」をどれだけ挙げることができますか?
■生涯現役を目指したいですか?

■「苦にならずにできること」はどれくらいありますか?
■「自分が必要とされている」と思える場所がありますか?
■最近手にいれた「心ときめくもの」は何ですか?
■「この歳にして初めて」挑戦したこと、何かありますか?

■自分の「機嫌をよくする」方法、自覚していますか?
■最近、美術展やコンサート、観劇に行きましたか?
■「検索力」に自信がありますか?
■ひとつのことが長続きしますか?

■発表会など、人前で何かを披露する機会がありますか?
■「目利き」の能力、磨いてますか?
■若手の活躍を、素直にほめることができますか?
■何かを「伝える」「遺す」ことを意識していますか?

行徳哲男師はこう語る。
『四国・宇和島に蓮華寺という寺がある。
その山門には「人間にとって最も大切なもの、それは童心を忘れないこと、
童心とは神に最も近く接する姿である」と書いてあった。
子ども心に近づけば近づくほど神様と一緒になれるというのである。

また、アメリカの詩人ワーズワースは「大人になっても虹を見て心が躍る自分が一番うれしい」と。
人間的に魅力があると思われる人はどこか子どもっぽさ、あどけなさを持っている。
また、それは長寿の秘訣でもある』(感奮語録)より

いくつになっても好きなこと、楽しくなることをやり、同時に、ワクワクして、ドキドキする心をいつも持ち、
そして、何に対しても、子どものように面白がる人でありたい。

Photo_4






2019年1月12日 (土)

成長する人

失敗の原因を素直に認識し、
「これは非常にいい体験だった。
尊い教訓になった」
というところまで心を開く人は、
後日進歩し成長する人だと思います
 ー 松下幸之助 ー

Photo_2






考え方が違うから

「考え方が違うから」 争う
「信じるものが違うから」 いがみ合う
「自分よりできるから」 ひがむ
「自分よりできないから」 さげすむ
「人に認めてほしいから」 悪口を言う
「人より裕福になりたいから」 陥れる

生まれて来た時に なかった感情
お母さんのお腹の中で わいてこなかった感情
どこでうまれた感情なのか
誰に比べられたのか
なぜ競争を強いられたのか
いつから心がおきざりにされたのか
何がそう信じさせたのか

本当は、親切にしたい。
本当は、人にやさしくしたい。
本当は、助けたい。
本当は、信じたい。
世界中で起こっているもめごとは
認めないから
譲らないから
受け入れないから

みんな違うのが当たり前
世界がひとつになるのは、みんなが違うから

神様が、
いいところを認め合いなさい。
違うところを受け入れなさい。
足りないところを補いあいなさい。
と伝えるために、
違うひとりひとりをこの世におくってくれたから。

世界のひとりひとり
それは、私たちひとりひとり
お母さんのお腹の中からうまれてきたひとりひとり

Photo






2019年1月11日 (金)

人生には

人生には
辛いこと、悲しいこと、苦しいことがたくさんある。
でも、反対に
小さくても嬉しいこと楽しいことも感じる。
それが生きるということではないだろうか
- 作者不詳 -


Photo_2



三つの笑顔

 【三つの笑顔】
幼い頃から周りにいつも、
「明るい子だね」、「いつも笑っているね」と言われ続けていた。
小学校の頃は常に学級委員や班長を任されていた。
そんな私が初めてつまづいたのは中学1年生。

きっかけは今思えば些細なことだったと思う。
クラスの女子生徒全員からのいじめが始まった。
いじめといっても靴を隠されたり、叩かれたりとかではなく、ただひたすら無視される。
精神的にかなり辛かった。
親には言わずいつも通り振る舞っていた。
心配かけてたくなかったし、何より今までの自分を壊したくなかったから。
いつも明るく笑っている、元気いっぱいの女の子でいたかったのだ。

ある日、母から学校の様子を聞かれた。
あまりにもいつも通りに聞くものだから、私はつい話してしまった。
「学校に行きたくない」
「どうして?」
母は私の目をじっと見つめた。
私は俯いて黙っていたが、とうとう今自分に起きていることを話し始めた。

そして泣きながら言った。
「お母さん、私もう死にたいよ。死んでもいい?」
母は黙って聞いていたが、不意に立ち上がり台所へ向かっていった。
しばらくして母は私の前にきた。
母は包丁を握り、驚いて声も出せずにいる私に突き付けて無表情で言った。
母からいつもの笑顔が消えていた。

「あなたに自殺はさせないよ。死にたいならお母さんが殺してやる」
私は目を見開いたまま何も言えないでいた。
「大丈夫。お母さんもすぐいくから。ほらいい?これで刺してあげる」
私はひたすら首を振りながら涙を流した。
「死にたいんでしょ!自殺したいんでしょ!ほら来なさい!!」
「お母さんごめんなさい!死にたくない!もう言わない」

母は包丁をテーブルに置き、そっと私を抱きしめた。
「死ぬとか言わないで」
母は泣きながら、ぽつりとつぶやいた。
「ごめんなさい」
私もわんわん泣いて母に抱きついた。

母は強しというけれど今、私も母親になって少しは強くなれましたか?
最近周りによく言われる言葉がある。
「娘さん明るく笑った顔がお母さんそっくりだね」
言われるたびに笑顔で答える。
「私も母にそっくりだって言われてました」
そう思われることを誇りに思う。
今年も母、私、そして娘。
同じ三つの顔が並びます。
---------------------------------------------------
凄いお母さん!
子供さんの心情を見抜いた上での対処がやはり一番なんでしょうが。
ちょっと、荒療治ですね。
母親って、いざとなると、子どもを守るためには考えられない強さを発揮するものですね。
母は強しと言いますものね。
母の愛情がジーントと伝わってきます。
お母さん、娘さん、お孫さんの明るい三つ笑顔が、続くことでしょう。

Photo






2019年1月10日 (木)

落ち込んでいる人には

正論が人を
落ち込ませることもある
落ち込んでいる人には、
正論より、同情する。

Photo_2



笑いの効果

【笑いの効果には、驚くべきものがあります!】
笑うだけで病気が治ることもあります

笑いは自然治癒力(免疫力)の代表選手

『ナチュラルキラー細胞』を増やします
笑いは毎日のストレスを解消させ
心と関係の深い自律神経の
バランスの働きをよくしてくれます
また笑いは人間関係を円滑にし仕事の効率を
挙げることができます

結婚できることもあります
つまり昔からのことわざ
「笑う門には福来る」です
笑顔は顔の表情筋を使うことは
胸腺を刺激します
これが病気に利くのです
免疫が高まってガンやエイズにまでよいことが
学術的に確かめられていると思います・・・・

また笑うことは誰でもが持っている「超能力」
とも言われていますが
笑いが人生をより良い方向へ
変えることは確かなようです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
血行促進や記憶力低下・・・笑いの効果
❶脳の働きが活発化
脳の海馬は新しいことを学習する時に働く器官
笑うとその容量が増え
記憶力がアップします。
意志や理性をつかさどる
大脳皮質に流れる血液量が増加するため
脳の働きが活発になります。

❷血行促進
思い切り笑った時の呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態
体内に酸素が沢山取り込まれるため
血のめぐりが良くなり
新陳代謝も活発になります。

❸自律神経のバランスが整う
自律神経には、体を緊張モードにする交感神経と
リラックスモードにする副交感神経があり
両者のバランスが崩れると体調不良の原因。
笑うと副交感神経が優位になるので
交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり
自律神経のバランスが整います。

④筋力アップ
笑っている時は、心拍数や血圧が上がり
呼吸が活発となって酸素の消費量が多くなります。
大笑いするとお腹や頬が痛くなるように
脂肪、横隔膜、助間筋、顔の表情筋などを動かすので
少しだけ
筋力を鍛えることにもなります。

❺幸福感と鎮静作用
笑うと脳内ホルモンであるエルドルフィンが分泌されます。
この物質は幸福感をもたらすほか
ランナーズハイの要因ともいわれ
モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
笑には沢山体に良いですね。
大いに笑いをし
健康的で楽しい
アラフォー世代を過ごしましょう!

Photo






2019年1月 9日 (水)

Yoshikiの名言

【 Yoshikiの名言 】 
やってやれないことはない!
やらずにできるわけがない!

たかが「努力」じゃないですか。
努力すればできるんですよ。
じゃあ、努力すればいいじゃないですか!

変えられないものに対して 悩むのはやめよう。
じゃあ、変えられるものを 良い方向に変えて行こう

「自分はやるべきことを 全部やったのか?」って
問い続けることが 大事なんだと思います。

Yoshiki






かき混ぜられたコップの中の泥水

 【かき混ぜられたコップの中の泥水】 佛母寺住職、コーネル大学宗教学博士、松原正樹さん
心配、不安、焦り、悲しみ、嫉妬、怒り、湧き上がってきた感情に振り回されたり飲み込まれそうなときは、これからお伝えするコップの話を思い出してください。

透明なコップに水と土を入れ、箸(はし)でグルグルとかき混ぜた様子をイメージしてみましょう。
かき混ぜた途端にコップの中の透明度は失われ、コップを目の高さまで持ち上げ、
どの角度から覗(のぞ)き込んでみても、中に何が入っていたか判別が難しくなります。

ここで一度、平らな場所にコップを静かに置いてみましょう。
かき混ぜられて渦(うず)を巻いていた泥水は、少し待っている間に少しずつ波が静まっていき、
落ち着きを取り戻します。
そして、時間が経つとともに、重たいものは下へと沈んでいき、
コップの中身がはっきりとわかるようになります。

このかき混ぜられた泥水こそが、私たちの心の状態です。
私たちの日常はいつなんどきも感情とともにあり、手放すにしろ執着するにしろ、
湧き上がってくる感情に対処することを繰り返しています。
つまり、私たちの心は、かき混ぜられたコップの中の泥水のように混沌(こんとん)としているのです。

いつも泥水のままで視界がクリアになる瞬間がなければ、
自分の本心がどこにあるのか、何を大切にしたいと考えているのか、
湧き上がった感情の何に反応して心が乱されているのか、わからなくて当然です。
だから、いったんコップを置き、心を鎮めることが必要なのです。

実は、このコップを置くという動作こそが、座禅です。
座禅のやり方はいくつかありますが、
基本となるのは、座禅という字の通り安定した土(大地)の上に座ることです。
まずは座って、コップを置くのと同じように、心を落ち着けます。
心の波が穏やかになってくると、コップの中身が水と土であったとわかったように、
自分は今いちばん何が気がかりであるのかや、何を思っているのか、何を心配しているのか、
といったことがわかってきます。

さらに、中身は何かと覗き込むと、泥の中には枯葉や小さな虫が混ざっていることにも気づきます。
日常では見落としていた、自分の本当の気持ちに出会うようなイメージです。

今は情報の流れるスピードも速く、すぐに答えを求めようとしてしまいがちですが、
静かにコップを置いたら、答えが出るまでそのままのんびり待ちましょう。
答えになかなか出会えないときは、泥水の土の分量が多いのかもしれない。
そんなふうに考えて、コップの中身がクリアになるのを気長に待ちましょう。
  『心配事がスッと消える禅の習慣』  アスコム

本書の中にこんな話があった。
『花のお寺と呼ばれる鎌倉のあるお寺の和尚さんのもとに、
あるとき、悩みを抱えた男性がやってきました。
男性の胸の内を聞いた和尚さんは、
「わしに答えはようわからんから、そのへんでゆっくりしていきなさい」と庭を指差しました。
その寺の庭園は、世界遺産に指定されている京都の苔寺や天龍寺の庭園を手がけた、
夢想国師(むそうこくし)によって作られた立派なもの。
男性は和尚さんにいわれた通り、朝から夕方まで庭を眺めてすごしました。
日も暮れかけた頃、「和尚さん、答えがわかりました」といって、寺を後にしたそうです。

私にも似たような経験があり、寺を訪ねてきた40代後半の女性が、
夫を亡くし、仕事も失い、生きているのが嫌になったというので、
「とりあえず座りましょう」とうながして、しばらく一緒に庭を眺めていました。
小一時間すると、その女性はすっくと立ち上がり、
「もう大丈夫です」と、清々(すがすが)しい笑顔で帰っていかれたのです』

『どんなことに対しても一喜一憂しない心をつくるとものすごく人生が楽になります。
何を言われてもにこにこしている状態を、強靭な魂と言いますが、
私が発見した方法を使えば、15秒くらいでこれをつくれます。
必要なことはただひとつ、「ぼ―っ」とすること』
と、小林正観さんは言った。

ぼーっとしていれば、どんなに濁った水でも、
コップの中は、時間がたてば水と泥に分かれて、澄んでくる。
庭や景色を、ただただぼーっと眺めるのも同様だ。

たいていのことは時が解決してくれる。
ときに、ぼーっとすることはとても大事だ。


2019年1月 8日 (火)

あなたを勇気づけてくれる人

あなたを勇気づけてくれる人。
あなたに挑戦してくれる人。
あなたを笑わせてくれる人。
あなたをより良くしてくれる人。
あなたを幸せにしてくれる人。

そんな人たちと
 一緒にいてください。


Photo_4






たった一言なのに

たった一言の言葉で
楽しくさせることができる。


嬉しくさせることも、
幸せにすることも、
愛を伝えることだってできる。

その反面、
悲しませることも
辛くさせることも
怒らせることも
出来てしまう。

たった一言なのに。

言葉を交わすことが、
当たり前になっているけれど、
自分が言う、その一言一言の
重みを感じることが、
言葉の責任を負う事が
大切だと思う。

受け取り方で意味だって
変わってしまうのだから。

誰かを傷付ける
ためではなくて
誰かを愛するために
言葉ってあると思う。

だから私は自分が、
誰かが幸せになるために
優しい言葉を紡いでいきたい。


Photo




駄目なお父さん

 ★駄目なお父さん★
男手ひとつで娘を育ててきた
娘が一人
嫁は娘が一歳の時に、事故で嫁の両親と共に他界
俺の両親も俺が高校時代に他界していた
生活は何とかなったし、会社内の保育園があって残業も出来た
一人暮らしが長かったので家事も問題なかった
なので、うちは大丈夫だと思っていた
娘の小学校の授業参観に行くまでは

まずクラス全体を見て「あれ?」と思った、うちの娘だけ色味が暗い・・・
明るい色が服に文具にもサブバッグにも無い
髪も他の女の子は、可愛く結っていたりリボンやカチューシャをしているのに
うちの娘はおかっぱ。しかも古いおかっぱ。
まずい。やばい。と思った

恥を覚悟で、保護者会の後でまわりのお母さん達に、子供服や小物について質問した。
うちの子の飾り気のなさを気にしてくれていた人が沢山いて
でも口出ししたら悪いと思って言い出せなかったと言ってくれた
髪も殆どの子は美容院に行っていた。俺は自分で切っていた
カチューシャ・バレッタと言う言葉もこのとき初めて知った。

教えて貰った服屋に娘を連れて行った
明るい色ばかりの、キラキラした飾りやハートや星でいっぱいだった
好きな服を好きなだけ選んで良いよと言ったら娘は飛び上がって喜んだ
今まで近くのスーパーの二階で買っていた服とは値段もデザインも全然違った
微妙な年の娘に今まで惨めな思いをさせてたんだなと泣きたくなった
まわりの「お母さんがいる子」は可愛い服を着て、なのにうちの娘は・・・・・・って

大きな袋にいっぱい服を買って、
そのまま靴屋(これも近くのスーパーの中で買っていた)とサンリオやキティショップに行った
車の後部座席もトランクも買った物でいっぱいだった

家に帰っても娘の興奮は治まらず、買った物を全部身に付けてファッションショーになった
ちゃんとしているつもりだった。
不自由させてないつもりだったけど、全然駄目だった
娘のキラキラした笑顔を見て、反省した。男親じゃ分からない事ってあるよ
娘の髪がもう少し伸びたら美容院に連れて行く


Photo_2

2019年1月 7日 (月)

竹に節があるように

竹に節がなければズンベラボーで、
とりとめがなくて風雪に耐えるあの強さも
生まれこ来ないであろう。
竹にはやはりフシがいるのである。
同様に、流れる歳月にもやはりフシがいる。
せめて年に一回はフシを作って、
身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。
そういう意味では、お正月は意味深くて、
おめでたくて、こころもあらたまる。
  ー松下幸之助ー

1Photo









利口ぶるよりバカになれ

   【利口ぶるよりバカになれ】  櫻井秀勲
人の集まる場所では、成功談より、失敗談を多く話すほうがトクです。
たとえば口説き話になったとき、モテてモテて困る、といったら、座がシラけてしまいます。
あるいは投資話になったとき、自分は儲かっていると自慢したら、
もしかすると憎しみを抱かれるかもしれません。

ここでよく考えてみましょう。
口説きにしても投資にしても、仕事の能力とはまったく関係ありません。
そんな成功話をしても、一文のトクにもなりません。
それどころか、他人の憎しみを買って、
仕事の能力以外でダメ社員の烙印を押されてしまうかもしれません。

上の人を味方につける前に、同僚や飲み仲間の人気を得ることは、実はとても大切です。
なぜなら、上の人たちは、そういう男こそ「間違いない」と、高く評価するからです。
同性の仲間に愛され、人気を得る男は、間違いなく人間味があります。
この人間味は、みんなの前で失敗談を語れるところから生まれる、といえるのです。
失敗談を自分から語れる人は、実は自分に自信があります。
現在、うまくいっているからこそ、失敗談を打ち明けられるのです。

今はまた、仲間の笑いがとれる男でないと、人気は望めません。
吉本興業の芸人が数多く東京に進出して成功していますが、
とりあえず、みんなを笑わせるキャラでないと、
周りから人気を集められなくなったのです。

明石家さんまの番組を見ていると、彼は必ず自虐的な失敗談で笑いをとっています。
では周囲のタレントたちは、
いつもいつもさんまは女に失敗し続けていると思っているのでしょうか。
誰もそんなことは思わないでしょう。
数多くのタレントたちは、自分たちを楽しませるために、
そんなネタを、オーバーに話してくれていることを知っています。
だからこそ、さんまは自然と兄貴分に推され、慕ってくる人が集まるのです。

「利口ぶるよりバカになれ」という言葉がありますが、
本当のバカであれば、バカになれるはずがないのです。
   『人を味方につける男、敵にする男』三笠書房

「利口ぶるよりバカになれ」とはよく言われることだが、
なかなかバカになりきれる人は少ない。
現在うまくいっていて、しかも、自分に自信がなければ、バカになることができないからだ。
もっというなら、今うまくいっていない人であっても、
楽天的ないわゆる「根拠のない自信」がある人は、バカになることができる。

逆に言うなら、バカになれる人は、
陰で人一倍コツコツと努力をしている人、ということになる。
実力をともなわない「自信」ほど、人を白(しら)けさせるものはない。
バカになれる人でありたい。



2019年1月 6日 (日)

本当に幸せな事は

会える時間が短くても、交わす言葉が少なくても
その少しの時間を一緒に過ごせるだけで幸せだと思えるひとがいる

一緒に「お疲れ様」と言い合えたら幸せ
誰かに「おかえり」と言われたら幸せ
「ただいま」と言えたら幸せ
一日の話を聞いてくれる人がいたら幸せ
「おやすみ」と言えたら幸せ
その人に「おはよう」が言えたら幸せ

本当に幸せな事は
ささいな事だと思う


1



人間をうまくする名言

【人間をうまくする名言 心屋仁之助】 
言わないと、他人は、わからないんです。残念ながら。
 人の気持ちって。きちんと言ったとしても
 「知らなかった」「そうなの?」 「なんでそう思うの」
 なんて言われるぐらい、 わからないんです。
 (心屋仁之助/心理カウンセラー)
----------------------------------------
わたし自身にもよくあることですが、
何も言わないけど「察してほしい」と思ってしまうときがありませんか?
わたしのことをわかっているなら、気づいてくれるはずでしょう?
もっと理解してほしい、もっと気をつかってほしい、
あるいは、そんなことはしたくない、やめてほしい、悔しい、という想い。
でも、それを言えないでいる。
そんなことを言ったらカッコ悪い?、情けないかな? 器が小さい人みたい?
あれこれ考えて、だんまりを決めこむ。

または、「相手を傷つけたくない」という想いが、
主張するのを邪魔することがありますね。
でも、その感情を探っていくと、
結局は自分自身が嫌われたくないし、
人間関係がこじれるのが怖いのです。
ただ、言わないとわからないこともある。
「察してほしい」という気持ちに、なかなか人は気づいてくれません。
     * * *
 言ってもわかってもらえないことも あるぐらいですから、
 言わないともっとわからないですよね。
 だから、ちゃんと、 勇気を出して、言おう。
 「~してほしい」
 「やめてほしい」
 たった一言、これだけで、いいんですよ。
  心屋仁之助/心理カウンセラー)
-------------------------------------------
あなたの想いを言葉にしよう。
伝えよう、知ってもらおう!
それによって、
いろんな変化があるかもしれないけれど、
傷つくことがあるかもしれないけれど、
反対意見が出てくるかもしれないけれど、
何も言わないで、何もしないよりもずっとイイ。

Photo






2019年1月 5日 (土)

とてつもなく小さい もの

 「とてつもなく小さい もの」
悩んでる時って
大抵下向いてるでしょ
そんな時は空を見よう
この先に広い宇宙があって
宇宙の中に地球があって
地球の中に日本があって
日本の中に自分がいて
自分の中の悩みは?
そう考えると悩みなんて
とてつもなく小さい ものなんだよ

Photo_2






あなたと食事がしたい

 【あなたと食事がしたい】  医学博士、斎藤茂太さん
みなさんはご存知だろうか。
大勢集まってテーブルを囲んで仲良く談笑しながら食事する。
これは人類だけの特権である。

99パーセントの動物は「共食(きょうしょく)」をしないそうだ。
チンバンジーがいくらか共食することがある程度。
あとは、サルでもエサを持ったらサッと仲間から離れて、ひとりで食べる。
のんびりしていて、他のサルに取られてしまってはたいへんだ。
これは自己防衛本能の表れである。

人間の場合、人といっしょに食事をしなくなったら要注意。
心の病の始まりのサインだ。

家族の食事が終わってから自分の部屋から出てきて、ひとりでゴソゴソと冷蔵庫を探っている。
また、会社で同僚といっしょに昼食を食べに出かけずに、いつもひとり。
こうして「孤立」を続けていると、だんだんと他人がコワクなってくるものだ。
そのうちに、会社に行くのもコワイ、学校に行くのもコワイ、人とつきあうのがコワイ…と、
どこへも出かけられず、ひとりで閉じこもってしまう。

私の病院にも食堂があるが、重症の患者さんは食堂にも出られない。
部屋でひとりで食事をする。
少しよくなれば食堂に行くが、食堂でも隣の人にわきめもふらず、ひとりで黙々と食べている。
もう少しよくなると、隣に座った人としゃべれるようになる。
もっとよくなれば、談笑できる。
仲間といっしょに食卓を囲んで談笑する。

普通の人から見れば何でもないことだろう。
それがこんな重要な意味を持っているのだ。
食べているときは、リラックスした状態だ。
楽しい会話ができて、「いっしょに食事をしたい」と思う人は、感じのいい人といえる。

反対に、
「あの人といっしょでは、せっかくのおいしい食事もまずくなる」
と敬遠したくなる人もいる。
食べているときにも、人の悪口、批判を絶やさない人。
やれ、この餃子はまずいだの、どこそこの店のほうがずっとおいしいだのと、うるさい評価をする人。
どんなにおいしいレストランでも、この人といっしょに食べるくらいなら、
そのへんのそば屋で感じのいい人と食べるほうがずっとおいしい。
 『なぜか「感じのいい人」 ちょっとしたルール』  知的生き方文庫

旅は、どこへ行くかよりも、誰と行くか。
食事は、どこで食べるかよりも、誰と食べるか。
人生は、どこで暮らすかよりも、誰と過ごすか。
どんなに素敵で有名なレストランであろうが、気分の悪い人と一緒なら台無しになる。
何をするのにも、誰と一緒なのかが大事。
あなたと食事がしたい、と選ばれる人でありたい。

Photo






2019年1月 4日 (金)

夢は仕事の出発点

『夢は仕事の出発点』
何事もまず思い願わなければ始まらない。
こうしたい、こうありたいという大きな夢があればこそ、
挑戦する勇気も、実現するための方策も生まれてくる。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo_3






大切な人の言葉は強い

 【 大切な人の言葉は強い 】
落ち込んでいるときに
無理して明るく振る舞うのは楽ではないけれど

「話聞くよ」って言われると 気持ちが軽くなる
「大丈夫?」って聞かれると 涙が止まらなくなる
「頑張れ!」って言われると 一人じゃないことに気付く
「また明日」って言われると 明日が楽しみになる

言葉に振り回されて傷つくこともあるけど
言葉に救われて元気がでることのほうが圧倒的に多いよね!

大切な人のひと言は
それがどんな些細なひと言でも胸に残ることがある

そのひと言だけで頑張れたりする
大切な人の「 言葉 」は強い
だから大切な人なのかもしれない


Photo_4

2019年1月 3日 (木)

明日に延ばすな

今日できることを明日に延ばすな。
いつかという言葉で考えては失敗する。

いまという言葉を使って考えれば成功する。
 - ベンジャミン・フランクリン -

Photo_2

自分をもっと好きなる

 【自分をもっと好きなる】  斎藤一人
『私、孤独なんです。』と言う人がいます。
だけど、絶海の孤島に住んでいる訳じゃないのに孤独だとしたら絶対に間違ってるんだよ。

周りの人を褒めてるのかい?
好かれるようなこともしないで好かれないのは当たり前、
それは自分を可愛がってないということです。
人に嫌われて人生、楽しくないもの。
「人に合わせてばかりじゃ疲れる。」というのは合わせかたが間違っているんです。

お水を一杯でも出してもらったら『ありがとう』
そして、人を喜ばせる愛のある言葉を言う。
それだけで絶対に幸せになれます。

自分が嫌いな人は、自分がどうなってもいいと思っているし
人のことはもっとどうでもいいと思ってる。
自分のことが好きだったら、自分を刑務所に入れたくないから犯罪は犯さないけど
自分が死刑になってもいいぐらいに思っている人は平気で人殺しだってします。

自分のことを可愛がれないような人は、人のことも可愛がれません。
『自分のことばっかり可愛がっている人がいます。』
というけど
もし、その人が皆に嫌われているんだったら、それは可愛がっていることにはなりません。
自分のことを嫌われる状態におくということ自体、自分のことを愛してないということだもの。
自分のことを追い詰めるようなことは、自分を愛している人はしないんだよ。

一人さんは『愛ある言葉を離そう』とよく言う。
相手は気分がよくなり、喜ぶ。
それは、
「ついてる」、「うれしい」、「たのしい」、「感しています」、「しあわせ」、「ありがとう」
という天国言葉。

反対にトゲトゲした言葉、冷たい言葉を使えば、相手の気分は悪くなり、悲しくなる。
それは、
「ついてない」、「不平不満」、「グチ」、「泣きごと」、「悪口」、「文句」
などの地獄の言葉

自分のことを本当に好きな人は、自分を常に高めようとしている人。
それは自分自身のブランドを高めることであり
品格や人間性、徳という価値を上げること。

商売で考えればわかるけど
自分の店や商品をけなす言葉を使う人はいない。
愛ある言葉を話し、
人に好かれる人生をおくりたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分をもっと好きになるには
大切な人と付き合うように
自分に優しく
自分で自分をいじめないことですね。

自分の事については
「何をすればいいか?」、「どうしたいか?」
だけを考えれば充分ではないでしょうかね。

Photo







2019年1月 2日 (水)

180度人生が変わる捉え方

「180度人生が変わる捉え方」
雇われ者は「年をとる」と言う。
起業家は「年を重ねる」と言う。
雇われ者は「苦労した」と言う。
起業家は「経験を重ねた」と言う。
同じ事なんだけど、捉え方が違う分
180度人生が変わって来ますよ!
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
たった少しの捉え方の違いで幸せにも
不幸にもなってしまいます。
だったら良い捉え方した方が人生
楽しく過ごせると思いませんか?

180






素敵な習慣

 「今日から始める素敵な習慣」
2016年の大晦日に投稿された、素敵な習慣をご紹介します。
この投稿をしたのは、漫画作品を公開している仲島歩さん。
用意するものはビンを一つだけ。
そして、中に詰まっているのは「嬉しいこと」ばかりです!

「嬉しいこと」があるたびにメモに書いてビンに詰めることを、
2016年の元日から続けてきた仲島さん。
つらいこともたくさんあった年だったそうです。
でも、大晦日にビンを開けてメモを見返してみたら
「幸せ」を感じたと語っています。

忙しい毎日で、「嫌なこと」ばかりが心にいつまでも残り、
「嬉しいこと」を忘れてしまうのもしばしば。
普段何気なく感じている「嬉しいこと」を意識して、
書き留める習慣、とっても素敵です!

次の大晦日、ビンを開けてみるのがとても楽しみになりそう。
「ああ、こんなこともあったんだ。いい年だった!」
と気持ち良く年を越すことができそうですね。

元日からでなくても、
気が向いたその日から始めれば十分だと思います。
手近にあるビンを使うもよし。
大好きになれそうな、新しいビンを買ってくるのもよし。

次に「嬉しいこと」があったら、ビンに詰めてみませんか?


Photo

2019年1月 1日 (火)

人間関係のコツ

人間関係の最大のコツは、
相手にも自分にも、
完璧を求めないこと。
人間関係で、
相手や自分に完璧を
<求めるのはやめる。
  ー吉田松陰ー


Photo

深い感謝の思い

 【深い感謝の思い】
つきあいが親しくなったり、長くなったりすると
そばにいて協力してくれる人達のことを
あたりまえのように感じてしまいがちですが
人は誰でも、一人で成功できたわけではありません

何か自分で出来たとしても、それをいかす場所や場面を与えてくれた人や
チャンスをくれた人や、そのことを広めてくれた人や
それを求めてくれた人達がいてくれたからこそ成功につながったのです

だから、そういう人達のことをあたりまえのように感じてはいけないのです
最後の最後までうまくいく人は、
かかわる人すべてに深い感謝の思いを持っているものです
『あなたがいてくれる おかげです。ありがとう。』
  - 作者不詳 -

Photo_2






« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »