« 考えすぎはやめよう | トップページ | 一歩止まって、言葉を変える »

2018年12月29日 (土)

セルフコントロール

 「内向きの意識と外向きの意識」 (セルフコントロール) 

私たちの意識は、私たちの意識は外側に向く時と外側に向く時があります。
意識が内側に向く時には、自分の感情や考えや価値観や願望、
そして周囲の言動が自分に与える影響などに意識が集中します。

ポジティブな場合には、自信が湧いてきたり、創造的になったり、
夢や希望に溢れてきたりします。
ネガティブな場合には、自己嫌悪に陥ったり、自己批判的になったり、
周囲への不満や怒りが生み出されたりします。

内向きの意識は、ポジティブなものであろうが、ネガティブなものであろうが、
現在の自分を知るためにとても重要なものです。

一方、意識が外側に向く時には、他者の気持ちや考えや価値観や願望、
そして自分の言動が周囲に与える影響などに意識が集中します。
それが
ポジティブな場合には、思いやりが示せたり、協働活動ができたり、
柔軟な対応が可能になったりします。
ネガティブな場合には、問題意識を持ったり、他者に批判的になったり、
あるいは過剰に適応しようとして無理をするようになるかもしれません。

外向きの意識もポジティブなものであろうが、ネガティブなものであろうが、
社会生活を営むためには、重要なものと言えます。

こうした内側に向きの意識と外側に向きの意識がよく機能している時には、
日常生活を程よく営むことができます。
しかし、内側に向きの意識と外側に向きの意識のバランスが崩れてくると、
人間関係のトラブルが生じたり、仕事がうまくいかなくなったりします。

そのような時は、目の前の問題に対処する前に、
自分の意識が内側に向いているのか、それとも外側に向いているのかを
じっくり考えてみましょう。

もしも内向きの意識と外向きの意識のバランスが崩れていることがわかったならば、
まずはその調整を試みることです。
そうすれば、問題に対するより賢明な行動を見つけやすくなります。

私たちの意識は、内側に向く時と外側に向く時があります。
より良く生きてためには、これらのバランスを上手に取ることが重要と言えるでしょう。

Photo






« 考えすぎはやめよう | トップページ | 一歩止まって、言葉を変える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事