« 生き方 | トップページ | もう二度と »

2018年12月22日 (土)

距離を置く

 【距離を置く】 
 ある状況から物理的に離れることが境界線を保持するのに役立つ時があります。
コミュニケーションギャップや支配的な人間関係の中で、
あなたにも境界線があると相手にわからせる方法は、
当事者同士が問題に対処する気になるまで距離を確保することです。
人やそのプロジェクトからしばらく...
時間をとって離れることです。

特に相手が精神的にも感情的にも自立していないアダルトチルドレン(親がアルコール依存症であるなど、
何らかの機能不全のある家庭で育ち、
親への強依存や支配から自立できていない大人のことを言う)の場合、
時間をとって離れることが必要なことがよくあります。

距離をおくことは、あなたの心に避難場所を与える一時的な境界線です。
決して永続的な生き方ではありません。
傷や失望に自らをさらし続けるべきではないのです。
状況が安全になり、変化のパターンがはっきり見てとれるまではそこに戻るべきではありません。

しかし、世間には、境界線をうまく引くことができず、不平不満を言い続けている人がいます。
また逆に、「赦し」の名のもとに信頼の回復を急ぎ過ぎてしまう人も大勢います。
赦すべきなのは確かです、
しかし持続した変化が見られるまでは、優先すべきは、あなたの心です。

リーダーとフォロワーの関係は、「自立」と「共生」です。リーダーに、責任と義務があるように、
フォロワーにも責任と義務があります。
今日も良き関係性の構築にGRITしましょう。



« 生き方 | トップページ | もう二度と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事