« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の65件の記事

2018年12月31日 (月)

元に戻らない

学校で先生が全員に
一枚のノート用紙を取り出して、
破いて丸めて床に落として
踏んづけるように命じた。

そして、その紙を拾って
優しく開いて元に戻すようにと言った。

「どの紙も元にもどれないでしょう。
人をいじめた後は
どんなに優しくしてあげても
元に戻らない」
先生の言葉が忘れられない。
 - デーブ・スペクター -

22






愚かな人と賢い人

 【愚かな人と賢い人】  アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
--J・ロバート・オッペンハイマー、物理学者  (訳 舟田譲二)

「愚かな人」と「賢い人」を対比したことわざは多くあります。
聖書の中にも「愚かな人」「賢い人」はよく出てきます。
これらのたとえから教えられることはとても多いです。

今日のことわざ
「愚かな人は遠いところにある幸せを探す。賢い人は自分の足の下に幸せを育てる」
も示唆に富みます。
「遠いところにある幸せを探す」とは、自分の手に届かないような理想を追い求めて、
それが得られれば幸せになれると思って生きている様を表しています。

たとえば、世界旅行ができたら幸せになれるとか、庭付きの大きな家に住めたら、高級車に乗れたら、
宝くじで大金が当たったら、伴侶が美人(イケメン)だったら、優しかったら、頼もしかったら、
お金をたくさん稼いでくれたら、自分の言うことをよく聞いてくれたら・・・

 

と際限なく、幸せになる条件を挙げるようなことです。、

でも、このような夢のような理想を追い求めている間は決して幸せになることはできません。
一方、本当の幸せを味わっている人というのは、
物質や家族やその他さまざまな条件が満たされているから幸せというのではなく、
自分の置かれている状況、与えられているもので満足することを知っている人です。

そして、そのような幸せな人は、幸せになる種を豊かに撒き、
そして自分の足の下(すぐ身近なところ)で幸せを育てています。
これが賢い人の生き方です。

22




2018年12月30日 (日)

幸せも後悔も

幸せも後悔も
全部自分が決めること。

自分自身が
幸せだなぁって
思えればそれでいいし、

自分が
後悔していなかったら
それでいいと思う。

人と比べることじゃない
自分の人生なんだから。

Photo_4





「仮眠」で脳の働きを改善

超短時間の「仮眠」で脳の働きを改善!
ストレス抑制、記憶力向上、集中力アップ、疲労回復、脳梗塞や心筋梗塞の予防に!

■ うたた寝が心と体の健康にいい?
仕事や勉強している最中に寝たくもないのに「うたた寝」してしまった経験が誰しもあるかと思います。
そんなとき「集中力」が足りてないと、自分を責めたりしていませんか?。
実は、この仮眠とすら呼べない最長で数十秒間程度の「うたた寝」が脳にとても良い刺激をあたえ、
認知症予防にも繋がることが最近の研究で明らかになったんです。

『 マイクロスリープはとにかく気持ちいい! 』
ちなみに仮眠を英語でナップ(Nap)といい、
こうした仮眠ともいえない超短時間仮眠を英語ではマイクロスリープ(Microsleep)といいます。
マイクロスリープは微小睡眠ともいい、
本人は起きていたいのに数秒から数十秒間ほど睡眠状態に入ります。
突然カクッとなるわけですが、当の本人からすれば目が覚めた瞬間は気持ちよいわけですが、
気絶寸前のような感覚に襲われるので、あまり体に良いことだと思えません。
しかし、これが意外にも良い効果をもたらしてくれるんです。

■ マイクロスリープで睡眠不足を解消できる?
睡眠不足によって死に至るケースもあるので、勿論適度な睡眠を心がける必要がありますが、
世に名を残した偉人達の多くがショートスリーパーであることは紛れも無い事実です。
しかし、彼らは時間の管理が上手だったので、スキマ時間を有効に使っていました。
うたた寝レベルの仮眠と10分~15分程度の仮眠をミックスしていた可能性が高いです。
そうすることでストレスを抑えながら、しっかり休息をとっていたのでしょう。
特にマイクロスリープはほんの一瞬深い睡眠に入ってから目覚めるため、脳に良い刺激を与えます。

『 マイクロスリープで創造力を刺激! 』
いわゆるクリエイティブさが求められている仕事にはマイクロスリープは非常に有効です。
思考をがんじがらめにしようとする働きが取れるので、自由な創造が可能となります。
このため昼間の休憩時間などスキマ時間を有効に使うことによって、睡眠不足をカバーできます。
特に夜勤と日勤を交互に行なう交代制勤務で働いている人にもおすすめです。

■ マイクロスリープの方法 
あのアインシュタインが実際に行っていたマイクロスリープは以下の通りになります。
(1)椅子に座った状態で眠る、(2)カギ(鈴などでも良い)を指の上に乗せる感覚で持つ 
(3)リラックスして眠りに入る、(4)眠りに入るとカギが手から落ち、床に落ちたさいに音がする 
(5)その音で目が覚める!

アインシュタインの時代はアラームがなかったので、こうした原始的なことを行っていたわけでして、
今ならスマホにアラームがあるので、カギをもたなくてもいいですよね。
また、眠りに入るまえに起きる時刻を意識することによって、大体時間通りに目が覚めます。
電車の中で居眠りしても、降りる駅に近づくと問題なく目が覚める理由がこれです。

■ マイクロスリープを実践するには?
マイクロスリープのいいところは、横になる必要が全くないので場所を選ばない点です。
以下の様な場所でも問題なく行なうことができます。
(1)自分の席(家庭・会社・学校)、(2)トイレ、(3)公園、(4)駅、5)電車、(6)車、
(7)お風呂、(8)ホテルのロビー、(9)食堂

■ 休息も大事な仕事!
マイクロスリープなら誰にも迷惑をかけることなく、
休息することができるので、これを利用しない手はありません。
また、休息をとることに対して罪悪感を抱く必要はまったくありません!!。
これからは休息も大事な仕事です。

これからの時代一般の生活者である我々の時間はどんどん少なくなってしまいます。
これからさらに情報が増えるので、やることが増えてしまうからです。
そうなると一番削られるのが睡眠です。
しかし、仮眠や超短時間仮眠であるマイクロスリープを取り入れればしっかり心と脳を休息できるので、
是非ためしてみてください!!

Photo_5






2018年12月29日 (土)

一歩止まって、言葉を変える

「お前が悪い」を「一緒に解決」へ
「もう限界だ」を「これからだ」へ
「無理だよね」を「出来るかも」へ
「おそすぎる」を「少し待とう」へ
「当然のこと」を「ありがとう」へ
「それが何?」を「おめでとう」へ
「だまってろ」を「改善するね」へ
「やりたいな」を「今からやる」へ
「だから無理」を「だからやる」へ
「いまピンチ」を「チャンスだ」へ
一歩止まって、言葉を変える。
そこから未来が変わり始める。
 著 本気で夢を叶える会

Photo_3






セルフコントロール

 「内向きの意識と外向きの意識」 (セルフコントロール) 

私たちの意識は、私たちの意識は外側に向く時と外側に向く時があります。
意識が内側に向く時には、自分の感情や考えや価値観や願望、
そして周囲の言動が自分に与える影響などに意識が集中します。

ポジティブな場合には、自信が湧いてきたり、創造的になったり、
夢や希望に溢れてきたりします。
ネガティブな場合には、自己嫌悪に陥ったり、自己批判的になったり、
周囲への不満や怒りが生み出されたりします。

内向きの意識は、ポジティブなものであろうが、ネガティブなものであろうが、
現在の自分を知るためにとても重要なものです。

一方、意識が外側に向く時には、他者の気持ちや考えや価値観や願望、
そして自分の言動が周囲に与える影響などに意識が集中します。
それが
ポジティブな場合には、思いやりが示せたり、協働活動ができたり、
柔軟な対応が可能になったりします。
ネガティブな場合には、問題意識を持ったり、他者に批判的になったり、
あるいは過剰に適応しようとして無理をするようになるかもしれません。

外向きの意識もポジティブなものであろうが、ネガティブなものであろうが、
社会生活を営むためには、重要なものと言えます。

こうした内側に向きの意識と外側に向きの意識がよく機能している時には、
日常生活を程よく営むことができます。
しかし、内側に向きの意識と外側に向きの意識のバランスが崩れてくると、
人間関係のトラブルが生じたり、仕事がうまくいかなくなったりします。

そのような時は、目の前の問題に対処する前に、
自分の意識が内側に向いているのか、それとも外側に向いているのかを
じっくり考えてみましょう。

もしも内向きの意識と外向きの意識のバランスが崩れていることがわかったならば、
まずはその調整を試みることです。
そうすれば、問題に対するより賢明な行動を見つけやすくなります。

私たちの意識は、内側に向く時と外側に向く時があります。
より良く生きてためには、これらのバランスを上手に取ることが重要と言えるでしょう。

Photo






2018年12月28日 (金)

考えすぎはやめよう

考えすぎはやめよう
ありもしない不安や問題を
作り出すだけだけだから

辛くても
頑張らなきゃいけない
時があって

泣きたくても
笑ってなきゃいけない
時もあって

無理にでも
乗り越えなきゃいけない
壁があって

時々なにもかも
投げ出したくなる
時もあるけど
焦らずにゆっくり行こう

Photo_2






ありがとう」と言える幸せ

 【ありがとう」と言える幸せ!】
感謝の思いは「ありがとう」で伝えよう!
「ありがとう」の幸せを引き寄せる効果が凄い! 

『 ありがとうと言える幸せ 』
『ありがとう』を言える 人間になりなさい。
『ごめんなさい』を言える 人間になりなさい。
 嘘をつくような人間にはならないこと
 - いかりや長介 -

幸せになりたければ、感謝を集めなさい。
あなたに向けられた感謝が多いほど、
幸せは安定的、継続的なものになる
 - 作者不詳 -

感謝の心を持つことは、
そういう小さな幸せを手にするチャンスをたくさん作ってくれる
 - 長友佑都 -

ありがとうと言うだけで幸せになれるのか?!
普段私たちが何気なく使っている「ありがとう」とう言葉には、とてつもないプラスのパワーがあります。
スピリチュアルの大家、小林正観さん曰く心を込めなくてもいいので、
「ありがとう」を口にすることで、多方面で幸せを感じられるようになるのだとか。

確かに「ありがとう」と言うだけで、明るい気分になれますよね。ということで今回は積極的に、
『ありがとう』と言うことで得られる効果について分かりやすくまとめてみました。
そのあまりの凄さに自分でも驚いています。

是非「ありがとう」と日常における様々なことに感謝してみてください。
きっと、自分の中の物事を考える視点が大きく変わって幸せを感じられる機会が増えると思いますよ。

■ 「ありがとう」の凄い効果!
なにも考えずに「ありがとう」と、言い続けているだけで気分が良くなります。
やってみると分かるのですが、「ありがとう」と言いながら不安なことを考えたり、
怒ったりすることができません。ありがとうには、負のパワーを跳ねのける浄化する力もあるようです。

気分が良くなる(心の状態が良くなる)と現実も徐々に変化します。自然と笑顔が増えるので、
人当たりも良くなり、人間関係が改善されようになると仕事もスムーズに展開します。
実際に「ありがとう」を毎日マントラのように唱える人はたくさんいます。

日本一の大投資家と言われた竹田和平さんは、
従業員に「ありがとう」1日1万回言うことを奨励していたようです。
デフレ不況でも竹田さんの会社は好業績をあげていたのもうなずけます。

■ 毎日嬉しいこと、楽しいことが見つかる
「ありがとう」と言うことを習慣化することで、人に感謝を伝えようという気持ちが自然と芽生えてきます。
そうすると、誰かが自分のためにしてくれたことに対して敏感になれます。
すると「ありがとう」といいたくなる機会が増えます。

「最近いいことがない」と、日々の生活に不満を感じているのであれば、
ぜひ「ありがとう」と声にだしてみてください。すると脳が勝手に「ありがたいこと」を探し出します。
そうすると今まで見えなかったものが日常に現れ始めます。

■ 嫌いな人にも「ありがとう」と言ってみる!
「ありがとう」は、人間関係の問題にも素晴らしい効果を発揮してくれます。
もし今現在職場で関係がうまくいっていない人がいるなら、積極的に『ありがとう』と言ってみましょう。
もしかすると最初は相手も戸惑うかもしれません。

もしかすると嫌いな人に真正面から『ありがとう』というのは、言いづらいかもしれません。
その場合は、心の中でそっと唱えてみるところから始めてみてください。
慣れてきたら声に出して伝えましょう。
すると例え口先からでも、『ありがとう』というと、
脳は、「なんでこの人に対して、ありがとう、と言っているのだろうか?」と理由を考え始めます。
自分の相手への感情が変わると相手の自分に対する感情も変わるので、
良好な関係を築ける可能性が高まります。

■ 感謝(ありがとう)の凄い効果は実験でも実証済み!
とある実験で、被験者に毎日、「今感謝していること」を書いてもらいました。
驚くべきことに感謝していることを毎日紙に書き出すだけで、
被験者のほぼ全員の気分が向上したそうです。感謝はメンタル面でも非常に良い効果をもたらしまあす

毎日「感謝」をリストアップしたグループは、すべてではないとしてもいくつかの項目で、
そうでないグループよりも高い幸福度を示していたことが明らかになっています。
つまり感謝すと感謝の感度が磨かれて感謝したくなることが起こるんですね。

また、「感謝」をリストアップしたグループは、そうでないグループよりも、
様々な点で「ポジティブ」な状態にあったそうです。
この結果から、感謝を意識的に心がければ、感情や対人関係に大きなメリットがあると考えられます。

Photo






2018年12月27日 (木)

仕方がないでは変わらない

 『仕方がないでは変わらない』
仕方がないとあきらめ、何ら手を打たなければ、
物事は改善されず事態は悪化するばかり。
あきらめることなく改善の道を探し求めたい。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

1






二脚の小さな椅子

 【二脚の小さな椅子】  弁護士、湯川久子さん
子どもが小さいときは、かわいいものです。
その子がいるというだけで幸せな気持ちになります。
思い出も楽しいものばかりです。

しかし、その子が大きくなったとき、必ずしも親の期待どおりになるとはかぎりません。
不登校の娘、家庭内暴力の息子、十代で妊娠出産した娘、高校、大学、結婚と順調だった娘の離婚、
就職に失敗してノイローゼになった息子など、彼らの親の苦労はどれほど深く大きいものか。

「息子は中学までクラスで一、二番でした。やさしい子でしたが、
高校受験に失敗してから性格が変わってしまい、悪い仲間と遊ぶようになりました。
主人が一度きつく叱りましたら、家出してそれっきり帰ってきません。
友だちの話では、暴力団に入っているらしいのです」

「娘は完璧に育てたつもりです。なのに離婚だなんて。私の子育てがどこかで間違っていたのですね」
「こんなことになるのなら、いっそ子どもなんていないほうがよかった。
子どものない人がうらやましいです」
それぞれに悩む親の苦悩を聞いていると、
子どもへの深い愛情に比例して、後悔や自責の念が伝わってきます。

私はといいますと、司法試験に挑戦していた二十代後半から三十代はとても忙しい日々でした。
周囲の人たちの手助けもあって、なんとかやってきましたが、
百点満点の親だったかというともちろんそうではありません。
もっと、かまってやればよかった、という悔いはたくさんあります。

でも、過去は取り返せません。
当時の若かった自分にとっては、それがせいいっぱいの育児だったと思うのです。
こどもたちはすでに大きくなっていた、ある日のこと。
押入れを整理していたら、子どもらが小さいころに使っていた椅子が出てきました。
ピンクとブルーの二脚の木製の椅子は、色あせて、金具も錆(さ)びています。
「もう使わないから、捨てちゃおうか」
「いいだろう」
夫と私は、椅子を一脚ずつ手に持って、ゴミ捨て場に持っていき、壊れた家具の上にそっと置きました。

その帰り道、私はもう後悔しはじめていました。
当時は上質だった小さな椅子に、チョコンと座って食事をしていた子どもたち。
もうすっかり大きくなりましたが、幼かったころのかわいらしい顔と、
当時の思い出がその椅子には残っていました。
なくなっていたらどうしよう、と思いながら、私は暗い道を一人でゴミ捨て場に走りました。
椅子は、私を待っているかのように、二脚並んでこちらを見ていました。

まだまだ未熟で、目の前の仕事と育児に必死に向き合ってきた私。
充分にかまってやれませんでしたが、笑顔と成長を見せてくれた幼かった子どもたち。
二脚の木製の椅子は、その思い出を刻んだものでした。

子どもの小さかったころの写真や思い出の品を見ながらそのときのことを思い出すと、
「あの時代をたしかに共に生きたのだ」という気持ちになり、少し心が落ち着くものです。
「子どもは成長する過程で、百粒を超える喜びと幸せを親に与えてくれるが、
子どものことで傷ついた親は、百粒の涙を流す」と言います。

子どものことで苦労した親は、人として成長し、人にやさしくなります。
そう考えると、親としての自分を育ててくれるのは、自分の親でも先生でもなく、子ども自身なのです。

子が親の期待通りに育ってくれるなど、そうそうありません。
子に過度の期待をしたくなるときほど、自分は子をたしなめる資格があるのか、自問します。
子は親の背中を見て育つと言いますが、まさにそのとおりです。
子は親の「言うこと」は聞きませんが、「親がしてきたこと」はそのまま真似るものなのです。
  『ほどよく距離を置きなさい』  サンマーク出版

「子供叱るな来た道だもの  年寄り笑うな行く道だもの」という言葉がある。
また、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』の中にもこんな歌がある。
「遊びをせんとや生れけむ
戯(たはぶ)れせんとや生れけん
遊ぶ子供の声きけば
我が身さえこそ動がるれ」

子どもは、遊びや戯(たわむ)れをするために生まれてきたのだろうか。
遊び戯れる子どもたちの声を聞いていると、愛(いと)おしさに自分の身体も動いてしまう。

愛おしくて、可愛い子どもなのに、気が狂ったように怒ってしまった、というような経験がある親は多い。
「子ども用の小さな椅子」
子どものことで苦労した親は、人として成長し、人にやさしくなれる。


2018年12月26日 (水)

『笑』は

『笑』は
自分の外見を奇麗にしてくれるもので

『涙』は
自分の内面を奇麗にしてくれるもので

『怒り』は
自分の本当の気持ちを教えてくれるもので

『悲』は
自分をもっ強くさせてくれるもの

Photo_2






すでにある幸せ

 

 「すでにある幸せ」
高い山に登ると息が苦しくなる。
酸素が薄いために
激しい頭痛や吐き気眩暈に襲われる。
高山病の症状を経験して
山を降りてきた人達は例外なくこう思うそうです。
「ああ、普通に呼吸できることが
 こんなにも幸せなことだったとは」

日本人の99%は
「足りないものを手に入れることに幸せを感じる」そうです。
つまり、焦点が常に、足りないものに目がいくように
いつのまにか教育されてきたのだそうです。

では残りの1%の人はどんな人たちなのか。
大病をした人。災難にまきこまれた人。
子供が病気をもって生まれてきた人。
障害者になってしまった人、など。

この1%の人たちは、
普通であることが既にどれだけ幸せか知っている。
たんたんと過ぎ去っていく日々がどれだけ幸せか
それを知っている人達です。
1%の人たちはふつうの日常がどれだけ恵まれているのかに
気づいている。

捻挫した人は普通に歩けることが
どれだけ幸せなことか知る。
不幸と思われる現象を通して、
私達は、実はすでに恵まれていたんだということに気づく。

そうなんです。
私達はもうすでに幸せなのです。
それに気付かないだけなのです。
目が見えることの幸せ
耳が聞こえることの幸せ
普通に歩けることの幸せ
不自由なく体を動かせることの幸せ
愛する家族が傍にいてくれることの幸せ

数え切れないほどの幸せに私達はつつまれているのです。
今生きていることに感謝です。
----------------------------------------------------------
今ある幸せになかなか気が付かないですね。
私もそうです。
常に足りないものを手に入れようとしてしまいます。
今ある幸せに感謝しないといけませんね。

Photo






2018年12月25日 (火)

恋とは

恋とは、
相手の長所を
見る事。

愛とは、
相手の短所を
許すこと。

この二つが
相まって初めて
恋愛という。

 ー作者不明ー


1






人をやる気にさせるには

 【人をやる気にさせるには】  小林正観さん
あるところで話をしていたときに、32人の参加者のうち、8人が、中学か高校の先生だったことがあります
話の本題が終わって雑談になったとき、私はその先生方に、こんなことを言いました。

「自分が中学生や高校生だったときに思ったことですが、
方程式や単語を、生徒に教えることももちろん大切だったのでしょうが、先生からは、
『なぜ数学という学問はおもしろいのか』『どうして英語というものに興味を持ったのか』
『なぜ美術に惚(ほ)れたのか』という話を本当は聞きたかったのです。
『この学問は、こんなにおもしろいところがある』『こんなに学問というものはおもしろい』
という話をしてほしかったのです」と言いました。

フランス語にモチーフという言葉があります。
これは日本語で「動機」と訳します。
モチベートは「動機づけする」「やる気にさせる」という意味です。

このモチベートを名詞にするとモチベーション、(動機づけること、やる気にさせること)になります。
私は、その先生方に「教育を考えるときに、このモチベーションということを、
大きく取り入れていただきたい」とお願いしました。

例えば、数学の先生や英語の先生をしている人、あるいは美術の先生をしている人、というのは、
その学問が嫌いであったはずはありません。
それが好きであったからこそ、その教師になったはずなのです。
そうであるならば、「なぜその学問が好きになったのか」「どんなおもしろさや深さがあるのか」を
話すことによって、生徒にモチベート(動機づけ)できるかもしれません。

生徒に向かって、「なぜ勉強しないのだ」「なぜわからないのだ」というような、鋭い言葉を浴びせるよりも
その生徒をやる気にさせる、「なぜその学問が楽しいのか」ということを伝えていくことが、
教育の大事な側面であるように思います。
人間の教育の中で、先生が与えるモチベート(やる気にさせる、動機づけすること)というのは、
私たちが考えている以上に、大きな問題なのかもしれません。
  『こころの遊歩道』  イースト・プレス

この人を「やる気にさせる、動機づけする」ということは、何も学校教育だけのテーマではない。
企業においても、これは同じだ。
特に、中小企業や商店において、この「楽しさ」を伝えることは大事だ。
自分の子息がいるにも関わらず、多くは都会に行ったり、役所や大企業に勤めてしまい、
帰ってこない、継がない、というケースは多い。
もちろん、給料の問題はあるが(中小企業より大企業の方が総じて高い)、
その根本には親が仕事の楽しさを伝えてこなかった、ということが多い。

また後継者問題だけでなく、親や大人の世代が、楽しそうに、面白がって、カッコよく仕事をしたり、
勉強したりする姿を見せるのは大事だ。
子どもは、そんな大人を見てあこがれる。
つまり、理屈ではなく、行動で示すということ。

人をやる気にさせるには…
「楽しさ」を伝えることはとても大事だ。

Photo_2






2018年12月24日 (月)

息子よ

息子よ。
批判されたら、
 意識されているんだな、と思え。
悪口言われたら、
 この構ってちゃんめ、と笑え。
陰口言われたら、
 面と向かって言えないんだな、と思え。
自分のストレスを他人に押しつけて
 スッキリしたい奴らの踏み台になるな。
自分は人を馬鹿にしない、
 と強く決めたらいい。

辻仁成さんが愛息にあてた手紙より

Photo



人生大学

  「人生大学」  菅野直基 (出前牧師 カンちゃん) 
人は生きていれば、必ず失敗や挫折を経験します。
そんな時、いちいち「運が悪かった」とか、「もうダメだ」などと考えても何も始まらない。

今回の失敗、クビになったこと、騙されたこと、人間関係が壊れた痛みは、
人生大学の授業だと考えて下さい。
そのような時には、普段見えないものが見えて来るものです。
勢いが削がれ、時間にゆとりができたことで、家族と過ごす時間が増えて、
仕事と家族との関係のバランスが取れるようになった経験があります。

また、人生の先輩や同業(同労)の友達に話を聞いてもらえることで、
とても良い時間を過ごせた経験が何度もあります。
こんな時、物事が順風満帆であったとしたら、当たり障りのない話で終わってしまったかも知れません。
お金に困っていた時に、普段付き合いのない人が突然支援してくれて、
それ以降、良い関係が築けた経験もあります。

人生大学とは、生涯教育であり、机に座って一方的に講義を聞くような勉強ではなく、
生活の現場で痛い思いをしながらの学習です。
授業料は、痛い思いをし、そこで払わされた代価です。
誰もが、必ずどこかで失敗をし、挫折を経験するものです。

「運が悪かった」とか、「もうダメだ」と考えるのではなく、人生大学の授業と捉えて下さい。
そこで学んだことで、より良い人生を生きられるとしたら、「ありがたい」と思えます。
そうなったら、人生を面白く、かつ幸せに生きられるのではないでしょうか。

ステキなクリスマスをお過ごし下さい

Photo_3






2018年12月23日 (日)

離婚して・・・

みんなね離婚してね、
次にいい人と出会ってる
つもりでいるけど、
似たようなもんなのね。
ただ辛抱が効くように
なっただけで・・・
 樹木希林

11



われただ足るを知る

 【われただ足るを知る】  樺旦純さん
「世の中は不平等である」こう書いてしまうと身もふたもないが、
おそらく、多くの人がそう思っているのではないだろうか。
家が裕福なら、金の苦労をしなくても済む。
親がよいコネを持っていれば、就職にも困らない。
要領が良い性格なら、出世も早い…。

それは現実かもしれないが、いくら嘆いたところで、世の中が変わるわけではない。
それよりも、勤勉、努力、体力、勇気、何でもいい、
今自分が持っているものを数え、それを生かす方法を考えるほうがはるかに建設的だ。

幸福そうに見える人でも、必ず悩みを抱えている。
自分の思い通りに生きている人など、一人もいない。
「親にカネがない、コネもない」と不平等に文句を言い、「目が可愛くない!」として嫉妬心を強くしたり、
世間を恨む前に「持たないがために、現在の自分がどれほど恵まれているか」に目を向けるべきである

健康で、仕事もあり、帰る家がある。
どんなにお金があっても、病気だったり、家庭が不仲で会話がなかったり、友人が一人もいない…。
そんな辛く孤独な生活を送っている金持ちや美人をたくさん知っている。

自分をとりまく環境や持っているものに不満を持つどころか、
わりと恵まれている方ではないかと思えるはずである。
フランスの哲学者デカルトの幸福論には、「人が支配できるのは世の中でも他人でもなく、
自分自身の思想だけである。ベストをつくしても、それ以外のものを変えることができないとわかれば、
手の届かないものを得ようとする欲求を起こすことはない」と書かれている。
デカルトは運命に逆らうよりも、自分の欲求を変えようと努めた方がよいと主張しているのだろう。

京都、石庭で有名な竜安寺には「足る(満足)を知れ」と書かれた蹲(つくばい)がある。
真ん中に「口」という字を共有したデザインで書かれているた、「吾れ、唯、足るを、知る」と読む。
  『運のいい人の習慣』  kkロングセラーズ

「ないことを嘆くのではなく、あるものを数えて喜んで生きる」という言葉がある。
あるものとは、今与えられているものだ。
与えられているものに、感謝をして生きることこそが、幸せに生きる道。

どこに視点を向けるのか。
不平不満を増幅させるようなものばかりを見ているのか。
不平不満は、また新たな不平不満を呼ぶ。

反対に、「ありがたい」、「おかげさま」と感謝する対象を見つけ続けるのか。
感謝の習慣のある人は、感謝したくなるようなできごとがまた起こる。

「われただ足るを知る」
今あるものに感謝できる人でありたい。

33






2018年12月22日 (土)

もう二度と

もう二度と、あんな思いはしたくない。
そう思うと、人は動くことをやめる。
辛いことも、 悲しいことも、
一度経験すると、
その怖さが、忘れられなくなる。

だけど、
そのままその場所にいても、
たぶん状況は善くならない。
誰もが乗り越える強さも、
きっと持ってるから。
人は、逃げてばかりじゃいけない。
過去に、負けちゃいけない。

Photo

距離を置く

 【距離を置く】 
 ある状況から物理的に離れることが境界線を保持するのに役立つ時があります。
コミュニケーションギャップや支配的な人間関係の中で、
あなたにも境界線があると相手にわからせる方法は、
当事者同士が問題に対処する気になるまで距離を確保することです。
人やそのプロジェクトからしばらく...
時間をとって離れることです。

特に相手が精神的にも感情的にも自立していないアダルトチルドレン(親がアルコール依存症であるなど、
何らかの機能不全のある家庭で育ち、
親への強依存や支配から自立できていない大人のことを言う)の場合、
時間をとって離れることが必要なことがよくあります。

距離をおくことは、あなたの心に避難場所を与える一時的な境界線です。
決して永続的な生き方ではありません。
傷や失望に自らをさらし続けるべきではないのです。
状況が安全になり、変化のパターンがはっきり見てとれるまではそこに戻るべきではありません。

しかし、世間には、境界線をうまく引くことができず、不平不満を言い続けている人がいます。
また逆に、「赦し」の名のもとに信頼の回復を急ぎ過ぎてしまう人も大勢います。
赦すべきなのは確かです、
しかし持続した変化が見られるまでは、優先すべきは、あなたの心です。

リーダーとフォロワーの関係は、「自立」と「共生」です。リーダーに、責任と義務があるように、
フォロワーにも責任と義務があります。
今日も良き関係性の構築にGRITしましょう。



2018年12月21日 (金)

生き方

第三者の評価を意識した
生き方はしたくない
自分が納得した生き方をしたい
 by イチロー 

Photo






幸せなオーラは幸せを引き寄せる

 『幸せなオーラは幸せを引き寄せる』
幸せな人は輝いて見えるものです。

たとえば、恋をしている女性は何だかふわっと柔らかい光に包まれているような感じがします。
夢を生きている人はきらきらしています。
優しく心が穏やかな人は透明感があります。
いわゆる「オーラ」とは意味合いは違いますが、幸せな人や気持ちが充実している人はとても
「いい感じ」の明るい光を発しているような印象があります。

よく怒っている人をマンガに描くときに「メラメラ」と炎が燃え上がる背景を描くことがあります。
怒りとは、まさにそんな赤いエネルギーのような気がします。
物事がうまくいかないと、どよどよとくすんだように見えます。
本来の「オーラ」とは違った意味合いなのかもしれませんが
心の状態はその印象の中に現れるものです。
自分では気づかなくても、見た人には伝わるんですね。

「引き寄せの法則」をご存知の方も多いでしょう。
「類は友を呼ぶ」ということですね。
ポジティブなことをしていると、よいことがめぐってくる。
自分と同じようにポジティブな人と出会う。
するとそのポジティブなエネルギーがどんどん光を取り込んでいくようにつながっていくのです。
幸せなオーラは幸せを引き寄せると考えると私たちそのものがエネルギーであることがよくわかります。

私たちの行動や言葉も思いもエネルギーになります。
まず自分からハッピーなエネルギーを出していくことです。
試しに、朝会社に行った時に満面の笑みで心から「おはようございます」と挨拶してみて下さい。
きっと挨拶された人はいい気分になり、あなたにも素敵な挨拶を返してくれるでしょう。
たったそれだけのことが幸せオーラを高めます。
それがまた素敵なことと結びついていくのです。
幸せは連鎖します。

Photo_2






2018年12月20日 (木)

優しさ

嘘をつかなければならぬその人間のみすぼらしさを、
見限っちゃかわいそうじゃないか。
ぼくらだって、嘘を言うことはあるよ。
そしてその嘘を信じてもらっているよ
 (三浦綾子『足跡の消えた女』)

1






批判を恐れないこと

 【批判を恐れないこと】  ジェフ・ケラーさん
多くの人が成功への道の途中で挫折してしまう主な原因は、他人の意見に惑わされることです。
他人の意見に耳を傾けることは大切ですが、
批判や拒絶を恐れているかぎり、大きな業績をあげることはできません。
人はみな、批判されると心が傷つきます。

しかし、何をしても批判される可能性は常にあります。
すべての人があなたの選択に賛成してくれるとはかぎらないからです。
どんなことをしても批判される可能性はあるのですから、
批判への最善の対処法について考えたほうが得策です。

多くの場合、批判は個人的な好みを反映したものにすぎないということを覚えておきましょう。
実際、人々は「そういうやり方が気に入らない」という言い方をします。

以前、企業の社員研修プログラムを担当していたとき、一部の参加者から
「講義ばかりで質疑応答の時間が少ない」という指摘がありました。
しかしその一方で、「質疑応答の時間を減らして講義の時間を増やしてほしい」という要望もありました。

要するに、人々はさまざまな好みと興味とニーズを持っていますから、
すべての人を満足させることはできないということです。
どの選択肢を選ぼうと、誰かがなんらかの不満を抱くものなのです。
  『夢をつかむ方法』  ディスカヴァー

ジェフ・ケラー氏は「批判」について本書の中でこう語る。
『批判を自分への個人攻撃と解釈してはいけません。
人々は相手を批判するとき、相手の人格を否定しているのではなく、
相手の意見や仕事ぶりが気に入らないことを指摘しているにすぎないからです。
誰が何を言おうと自信を失う必要はありません。
最終的に、他人の発言を気にするかどうかを決めるのは自分自身です。

「批判は学習のための貴重な教材である」という格言があります。
まったくそのとおりです。
批判されたときは、相手の発言の中から的確な指摘を探しましょう。
批判には有益な情報が含まれていることがよくあります。
あなたの課題は、それを見つけて有効に利用することです。

また、一般に、辛辣な批判をする人は、精神的に不安定である場合が多いのです。
そういう人は、他人を侮辱するような意地悪な発言を平気でする傾向があります。
ターゲットを選んで、日ごろの欲求不満をぶちまけるのです。
そういう人の言うことを真に受けて失望する必要はありません』

昨今は、SNS上で匿名性をいいことに、辛辣で無責任な批判が横行している。
しかし、書かれた本人だけでなく、それを見た人は誰もが嫌な気分になる。

それを斎藤一人さんはこんなふうに言っている。
『人間が一つ上のステージ上がろうとすると邪魔が入る。
でも、それは邪魔しているのではなく「あなたの人生を盛り上げようとしてくれている」ってこと。
そのとき「ありがとね」って、ニコって笑っていったら、その人の器量に相手が心服するから』

批判や誹謗中傷は、「あなたの人生を盛り上げようとしてくれている」こと。
人生というドラマには、ハラハラドキドキするような、盛り上がりが必要だからだ。
何もなかったら、つまらない三流のドラマになってしまう。

どんな批判も恐れない人でありたい。




2018年12月19日 (水)

完璧になる日は一生なくても

私に改善出来ることは100個以上ある。
完璧になる日は一生なくても
死ぬまで成長を続けていける。
私は最初立つ事もできなかった。
話す事も自転車も乗れなかった。
今では当たり前に出来ている。
必死に努力したことも忘れて。
私たちは全員、確実に成長出来る。
成長して、さらに人のお役に立つ。
一緒に笑って生きていきたいから。
 著 本気で夢を叶える会


Photo_2



不愉快な人に出会ったとき

 【不愉快な人に出会ったとき】 精神科医、斎藤茂太さん
誰にでも嫌いな人はいる。
私にも「いっしょにいると不愉快だ」と思う人はいる。
しかし、そういう人でもうまく利用することはできる。

私は、嫌な人物に出会うと「他山(たざん)の石」と思うことにしている。
「他山の石」とは、どんなものでも自分を磨く助けになるという意味だ。
他の山でとれた粗悪な石でも、自分が玉(宝石)を磨くときの砥石(といし)に使える、ということである。
自分のやっていることには、なかなか気がつかないものだ。
だが、相手の言動で不愉快な思いをすると「自分も気をつけよう」と思う。
「あれはやっちゃいけない」「ああならいほうがいい」と気がつく。

これはありがたい。
この、嫌な人のおかげで、またひとつ、やってはいけないことがわかった。
そう思うと、少しは口惜(くや)しさが晴れる。

また、その場では負けたような気がして嫌な気分でも、内心、
「なんとかあいつをやっつけてやろう」「追い越してやろう」と自分が努力するエネルギーの源泉になる。
まわりがあまりにいい人ばかりでは、幸せかもしれないが、満足してしまい、
それ以上に発奮しない、ということにもなり得る。
しかし、ありがたいことに、世の中は嫌な人間にことかかない。
だから、しょっちゅう発奮することができる。
人間観察の力も養われる。

電車に乗っていても、周囲を観察していると楽しいものだ。
なかにはデーンと足を開いて二人分の座席を独占している人もいる。
「他人様(ひとさま)への思いやりが全然ないなあ。あれはよくない」と思う。
ちょっと他人に気を配る気持ちがあれば、あんなことはできない。
こういう人は自分のことしか頭にないのだろう。

反対に、私の家内などは電車の中で、
重そうな荷物を抱えた20代の若奥さんに「どうぞお座りください」と席をゆずったりしている。
自分の年を忘れている。
これには相手も困ってしまう。
私も以前は席をゆずると、自分がまだ若いという気持ちになって、気分がよかったが、
相手への思いやりもその年齢なりに変わってくるものだと気づいた。

あなたの周囲にも、きっと「感じの悪い人」がいるだろう。
その人は、実は、神様がおつかわしになった悪い見本例である。
毛嫌いせずに「いい人間関係をつくるのに役立った。
ありがたや、ありがたや」とつぶやいてみるといいのである。
 『ほがらかに品よく生きる』  新講社

小林正観さんは、「イライラさせる人」はいないという。
いるのは、イライラする人がいるだけ。
ある人をみて、Aさんはイライラし、別のBさんは何も気にならない。

これは、幸不幸の現象と同じ。
幸福という現象や、不幸という現象があるわけではなく、
幸福と感じる人と、不幸と感じる人がいるだけだ。

たとえば、道で転んで足を骨折してしまったとき…
ある人は、この程度ですんでよかった、ラッキーだった、ツイてる、と感謝する。
別のある人は、ホントにツイてない、まったく嫌になる、
なんでこんなことばかり起こるんだろう、と悲観する。

いつの時代にも、どんな世界にも、嫌な奴(やつ)は必ずいる。
だが、それを「その人がいるから自分も有頂天にならずにすんでいる」とか
「“人の振り見て我が振り直せ”という神様からのメッセージなんだな」と思うなら、
その人は幸せな人生を送れる。
反対に、「いつか仕返ししてやる」「今度会ったら怒鳴り返してやる」と思うなら、
その人は不幸の道をまっしぐらだ。

不愉快な人に会った時…
「いい人間関係をつくるのに役立った。ありがたや、ありがたや」とつぶやける人でありたい。

Photo






2018年12月18日 (火)

人生は自分でつくるもの

人生は自分でつくるもの。
遅いということはない。
いくつになったって、
自分の人生をより価値あるものに

するための努力をするべきだ。
何の問題も起こらない人生が、
素晴らしい人生なわけが
ないのだから。
 ー カーネル・サンダース ー


Photo_2









運は遠いところからやってくる

 【運は遠いところからやってくる】 萩本欽一さん
運の神様に好かれるコツって、ちっとも難しいことじゃありません。
たとえば人間関係で言えば、「威張らない」「気をつかう」「親切にする」、たったこれぐらい
とっても、「な~んだ、簡単だ」と思って今目の前にいる人にやさしくしても、
すぐに運がやってくるわけじゃない。
運は直接やってくるものではないし、手の届くところに落ちているものでもないんです。

困っている人を助けるために募金箱に1000円を入れたら、
その帰りに1万円拾っちゃったって話、あんまり聞かないでしょう?
じゃあ、運の神様はなにを見ているか…。
楽しいときもつらいときも人に対してやさしく接している人は、
だんだん「顔」がやさしくなってくる。
運の神様は、そこを見ているんです。

もちろん逆の例も同じ。
たとえば自分だけが得をしようと思ってずるいことをしたり、人をいじめたりしても、
すぐに不運がやってくるわけじゃない。
ずるやいじめをくり返していると、顔にそれが出ちゃいます。
顔のつくりがいくら整っていても、意地悪そうな目つきや表情が隠せなくなる。
それで人がだんだん近づいてこなくなったり、友だちがいなくなったりするんです。

運はいつも遠いところからやってきます。
「運」という漢字にはシンニュウがついているでしょ?
シンニュウは道という意味だから、運は遠くから運ばれてくる。
だから、ふだんの生活でも、「遠い」という言葉をキーワードにしていると、
運の神様は「おっ、わかってるな」と思ってくれます。

たとえば、たまにお詣りをしたときにお寺や神社でお賽銭(さいせん)をあげて、
自分の夢を神様にお願いするのって近すぎ。
神様と直接取り引きしようとしてない?
そもそもお金を先にあげてなにかお願いするのって、どんな神様に対しても失礼だよね。

その神様を信じるなら、ふだんからお詣りをしたり、境内のごみを拾っていればいいの。
たとえ毎回はお賽銭があげられなくても、
神様は「なかなか心がけがいいな」って好意を持ってくれます。

できればお願いすることも、自分以外の人のことがいいんです。
自分の両親や子ども、あるいは被災地の人や、戦地の人を幸せにしてほしいとか。
ほかの人の幸せを願っていると神様は喜ぶんです。

仕事のやり方そのものにも「遠い」「近い」はあります。
「焦り」や「驕(おご)り」があると、なにごとも「近い」になっちゃう。
僕もそれでさんざん失敗しました。

20代の頃、浅草の舞台からテレビに呼ばれて
「すぐにでもスターになれる」と思ったのが間違いのもと。
CMの生放送で19回失敗して、浅草へ戻ることになっちゃった。
出鼻をガツンと挫(くじ)かれたんです。

このあと僕はコメディアンの先輩から熱海の仕事を紹介されて、2ヶ月間東京を離れました
熱海のホテルに住み込んで、毎日一人でショーをやってたんです。
東京生まれの僕が熱海で住み込みって、距離的に遠いでしょ。
つらいことがあったときは、
こんなふうに一度遠くへ行ってみるっていういのも運にはいいんです。

僕の場合、この熱海の環境がよかった。
ショーは一日一回だから、あとは温泉に浸かったり、部屋から海を眺めていました。
海って実にいいですよ。
波が押し寄せてきて、また静かに引いていく。
ああ~、僕も今、この波のように引いている時期なんだなぁ、
と思って見ていると、また力強く波が押し寄せる。

そうか、この波みたいにもう一回出発すればいいんだ。
次も失敗したら、またす~っと引けばいいだけだな。
なんて、気持ちが前に向いてくると、コントのアイデアがいろいろ浮かんできたんです。
それですっごく気分よく、「浅草に戻ってまたやり直そう」って思えたんです。
  『続ダメなときほど運はたまる』 廣済堂新書

「損と得とあらば損の道をゆくこと」
と言ったのは、ダスキンの創業者、鈴木清一氏。
損得や効率を考えて動くのではなく、相手の喜びや幸せを考えて動くこと。
あえて、面倒で煩(わずら)わしくて、効率の悪い道を選ぶこと。

目先の利益に目がくらみ、その場だけよければいいと、
効率を重視し、手抜きをするのが「近い道」。
一攫(いっかく)千金を狙う道でもある。

すぐに利益には結びつかないが、本質的によくなることを考え、
あえて面倒な道を選ぶのが「遠い道」。
「近い道」は覇道。
「遠い道」は王道。
覇道とは、努力少なくして、「利」多い道。
王道とは、努力多くして、「利」少ない道。

「運は遠いところからやってくる」
努力多くして、「利」の少ない王道を歩みたい。



この世に運命の人は

【この世に運命の人は】

この世に運命の人は
二人いるのだそうです

一人目は愛することと
失う辛さを教えてくれる人

二人目が永遠の愛を知る
のだそうです

だから素直に
あなたを好きでいられる
事に感謝します

出会えた幸せ
笑い合える幸せ
「ありがとう」と言える幸せ
「ごめん」と言える幸せ

一緒にいられる幸せ
喧嘩できる幸せ
仲直りできる幸せ
『おかえり』と言える幸せ

『ただいま』と言える幸せ
泣ける幸せ
明日が来る幸せ
幸せを幸せと気付ける幸せ

Photo_2








日々の幸せをかみしめていきたい

2018年12月17日 (月)

オードリーヘップバーンの素敵な言葉

【オードリーヘップバーンの素敵な言葉】
確かに私に顔には
 シワが増えたかも知れません
 でも、私はこのシワの数だけ
 優しさを知りました。

 だから、若いころの自分より
 今の自分の顔の方がずっとっ好きです。


Photo2_2


弟が丸坊主にしてきた

昔、当時中学生の弟が
学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた。

失恋でもしたのかと聞いたら、
小学校からの女の子の友達が今日から登校するうになったからだ、と。
彼女は今まで病気で入院しており、
薬の副作用で髪の毛が全部抜けてしまったらしい。

「女が丸坊主じゃ恥ずかしいって言ってたし、
だったら他にも丸坊主がいりゃいいかなと思って。
野球部の奴等は元々丸坊主だけど、
野球部じゃない丸坊主がいた方がいい」と弟は言っていた。

翌日、丸坊主で登校した弟は帰宅するなり
「同じ事考えた奴が一杯いた……」と。

なんでも優等生から茶髪問題児を含め、
クラスの男子全員が丸坊主かそれに近い頭になっており、
病気の子と仲が良い女の子達までベリーショート、
一人は完全な丸坊主になってたらしい。
更に担任の先生(男性)まで丸坊主。

丸坊主だらけの教室で、病気の子は爆笑しながら
「ありがとうありがとう」と泣いたという。
示し合わせたわけでもないのに、
全員同じ事考える当時の弟のクラスに和んだ。

ちなみに病気の子は今も健在、
弟は意外に丸坊主が気に入ったらしく、
それからずっと丸坊主。

Photo_3






付き合ったのは

さよならのために付き合ったんじゃない。
喧嘩するために付き合ったんじゃない。
怒らすために付き合ったんじゃない。
好きだから付き合った
仲良くなりたいから付き合った
そばにいたいから付き合った。
一度好きだった人を憎むのは辛い。
最初の気持ち思い出してほしい。
笑った二人がいる。

Photo_2





人に喜ばれることをしてみましょう

 【人に喜ばれることをしてみましょう】  小林正観さん
《まわりに喜ばれる喜びは、自分が喜ぶのとは比べられない大きさです》
人は、人の間に生きていることから「人間」と言います。
人間として生きるということは、自分のためではなく、他に存在するもののために生きるということです。
体の中に目を向けてみても、肺や心臓、肝臓、腸など自分のために存在する臓器は何ひとつありません。
みな、体内の他の臓器や細胞を生かすために働いているのです。
ひとつの宇宙が人間の体にまとまっている、ともいえるかもしれません。

ですから、人は、この世に生れたからには自分がいかに目標に向かって歩み、
達成するかということではなく、いかにまわりに喜ばれる存在になるか、ということに尽きます。
たとえば頼まれごとをやってあげて、相手がにっこり笑って「ありがとう」と言ってくれたとき、
本当の「存在の喜び」が湧いてきます。
喜ばれることが、人間の最も根源的な幸せなのです。

人に喜ばれることをしてみましょう。
いちばん楽しくて、幸せなのは実は私なのではないか、と思えるに違いありません。
 『感謝ではじまる幸せの習慣』  宝島社

小林正観さんは、「たのまれごと」について本書の中でこう書いている。
『自分にできないことは頼まれません。
頼みやすい人は喜ばれる存在です。
頼まれごとは、自分が汗をかいてその人の要望に応えることを言います。
頼まれたらどんどん引き受けていきましょう。
なぜなら、私たちが生まれてきた目的は「いかに喜ばれる存在になるか」ということだからです。
それはつまり、「いかに頼まれやすい人になるか」ということです』

頼まれやすい人は、頼まれやすい顔をしている。
いつも笑顔で機嫌よく、愛のある言葉を言い、相手をほめ、ほっこりさせる。
反対に頼まれにくい人は、いつも不機嫌で、不平不満をいい、
色々なことのあらさがしばかりしている。

頼まれごとを気持ちよく引き受け…
いつも、人に喜ばれることをする人でありたい。


Photo_3





2018年12月16日 (日)

自分の選んだ道だから

【 自分の選んだ道だから 】
自分が選んだのだから、
結果がどうなろうと、
後悔も不平もなし、です。
 - 知花 くらら -

Photo






ほめることで全てがうまくいく

 【ほめることで全てがうまくいく?】
自分の能力を高めて人間関係の問題も解消できる究極のほめ方とは?

■ 本当に誰でもほめられると嬉しいの!?
突然ですが、あなたは人からほめられて怒ったことがありますか?。
また、人から褒められて突然怒りだした人を見たことはありますか?恐らく答えは「NO」でしょう。
褒められて起こる人はまずいません。むしろ心から良い気分となるでしょう。
職場で褒められたら、どんなに皮肉れた人でも、嬉しくて次も頑張ろうとやる気が起きるものです。
褒められて嬉しいのは何も仕事関係だけではありません。
恋人や家族によるねぎらいや温かいほめ言葉も、より絆を深めるうえで大切です。
欧米の人はとにかく人を褒めるのが上手です。
しかし、我々日本人はどちらかというと褒めるのが苦手ですよね。

■ ほめることで様々な能力を高められる?
ほめることは、誰でもできることですが、実際に人を褒めようと思ったら、自分の「観察力」や「洞察力」、
「聞く力」の無さに驚くかもしれません。人を元気にする、やる気にする、ハッピーにするには、
やはり、これらの力を磨く必要があります。
そして、ほめることによって、嫌でも観察力や洞察力、聞く力が磨かれます。
まず適当ではすまされません。ただし、あらかじめお世辞と褒めるは違うということを理解してください。
相手の良い所を見出すには、しっかり観察しなければなりません。
適当に褒める程度では、すぐに相手に見透かされてしまいますので、信用されなくなってしまいます。

『 褒め言葉こそ相手を幸せにする魔法の言葉! 』
相手を褒めることによって、意識的にも無意識的にも、人はやる気になれるものなんです。
ですので、ほめ言葉こそ究極の「魔法の言葉」といっても過言ではありません。
ですので、素直に相手を褒めることを習慣にされることをオススメします。
そすることで相手との信頼関係が強固なものとなり、職場や家庭が心地の良い場になります。
あなたからほめられたことにより、「もっとがんばろう」、
または「よし!ここを直そう」と思うようになれるわけですから、こんな凄い才能は他にありません。

■ 脳が大喜びする褒め方とは?
人は褒められることによって、脳内では意識的にも無意識的にも、モチベーションが大きくアップします。
一流のリーダーは、この力を知り尽くしていますので、とにかく人を褒めるのがうまいですし、
人をほめる言葉が豊富です。
また、注意するさいも褒めることを忘れません。そうすることで、反省を促しながら、
モチベーションの低下を抑えます。ですので、もし今現在人間関係で悩んでいるのであれば、
褒める力を磨いてみることをおすすめします。
それまで人を褒める機会が少ない人は、いきなり褒められません。
無理して褒めようとすると、わざとらしくいので、かえって相手を警戒させてしまうことになりますので、
慣れるまでは素直に相手の良いところを探しながら褒めてみてください。

■ 上手な褒め方とは?
殘念ながら何でもかんでも気前よく褒めればいいというわけにはいきません。
繰り返しになりますが、褒めるとお世辞は違います。お世辞は相手を騙すことになります。
子供はほめられすぎると大人と違って逆に負担を感じるものなんです。
ほめられたことに自分が値しないことが露呈することを極端に恐れてしまうのです。

『 人格よりも過程を褒める 』
そしてさらに不安になってしまいます。ですので、「上手に褒めるポイント」としては、
まず人格を褒めるのではなく、その過程における努力や達成したことを褒めてあげます。
それまでの苦労が讃えられたことになりますので、非常に喜んでくれますよ。
   精神科医・樺沢紫苑先生


Photo



2018年12月15日 (土)

なんでできないの?

なんでまだ寝てるの?
なんで分からないの?
なんでそんな言い方なの?
なんでいつもそんなんなの?
なんできれいにできないの?

ホント遅い、まじ頭悪い
あー、イライラする。
という時は
心が弱ってるかもしれないので
心が喜ぶ事をなんとかして行う。
 著 本気で夢を叶える会


Photo_5

妻が出した驚きの離婚の条件とは?

今日はある夫婦の記事を通して、日々のささやかな幸せ。
それが人生で何よりも大切であるということを語ってます。
長文ですので、お時間が取れるとき、お読みください。

 ある夫婦の実話 「妻が出した驚きの離婚の条件とは?」

仕事から帰宅すると、妻は食事の支度をしていた。
僕は彼女の手を握り、「話が有るんだ」と切り出した。
妻は何も言わずに席に着いた。
その目は苦痛に満ちていた。

ふと僕はどう切り出していいのか分からなくなった。
でも言わなければならない。
「離婚したいんだ」と。

僕は冷静に、その言葉を口にした。
妻は大したリアクションも見せず、ただ静かに聞きかえした。
「どうして?」
その問いに敢えて答えないでいたら、妻はとうとう怒りをあらわにした。
彼女は箸を投げ散らかし叫んだ。
「あんたなんか、男じゃない !!」

その夜、口論の後、僕らはとうとう一言も言葉を交わさなかった。
妻のすすり泣く声がかすかに聞こえた。
わかっている。
どうして僕らはこうなってしまったのか、
妻はその理由を知りたがっているのだ。

でも僕は、彼女を納得させられるような説明を、とうてい与えられるはずはなかった。
それもそのはず。僕は他の女性を愛してしまったのだ。
妻のことは、、、もう愛していなかった。
ただ哀れんでいただけだったのだ!

深い罪悪感にさいなまれながら、僕は離婚承諾書を書き上げた。
その中に、家は妻に譲ること、車も妻に譲ること、
僕の会社の30%の株も譲渡することを記した。
妻はそれをチラっと見ただけで、ビリビリと破り捨てた。

僕が10年という月日を共に過ごした、
この女は僕にとってもはや「見知らぬ誰か」に成り下がっていた。
彼女が今まで僕の為に浪費した、時間、労力、エネルギーに対しては、
本当に申し訳ないと思っている。
でも自分が他の女性を愛しているという気持ちに、
これ以上、背を向けることし出来なかった

承諾書を破り捨てた後、妻はとうとう大声をあげて泣き始めた。
変な言い方だが、僕は彼女の泣く姿を見て、少しホッとした。
これで離婚は確定だと。
この数週間、呪いの様に頭の中につきまとっていた「離婚」という二文字は、
これでとうとう現実化するのだ。

その翌日、僕は仕事からかなり遅くに帰宅した。
家に戻ると、妻はテーブルに向かって、何かを一生懸命に書いていた。
夕食は未だだったが食欲など到底なく、
僕はベットに崩れるように倒れこみ寝入ってしまった。
深夜に一度目が覚めたが、その時も妻はまだテーブルで何かを書いているようだった。
僕はもはや大した興味もなく、ふたたび眠りについた。

朝になって、妻は僕に「離婚の条件」を突きつけてきた。
彼女は、家も車も株も、何もほしくないと言った。
でもその代わりに「1ヶ月間の準備期間」がほしいと言ってきた。
そして彼女の条件は、その1ヶ月の間、出来るだけ「今まで通り」の生活をすること。
その理由は明確だった。
僕らの息子が、1ヶ月後にとても大切な試験を控えていたため
出来るだけ彼を動揺させたくないというのが、彼女の言い分だった。

それに関しては、僕は即座に納得した。だが、それ以外にもう1つ妻は条件をつけてきた。
「私たちが結婚した日、あなたが私を抱き上げて、
寝室に入った日のことを思い出してほしいと」
それから1ヶ月間、あの時と同じように、
毎朝、妻が仕事に行く時、彼女を腕に抱き上げて、
寝室から玄関口まで運んでほしいと言うのだ。
僕は「とうとうおかしくなったな・・・・」と思った。
でも、妻といざこざを起こしたくなかった僕は、黙って妻の条件を受け入れた。

僕は付き合っている彼女に妻の事を話した
 彼女はお腹を抱えて笑い、「馬鹿じゃないの」と言った。
 今さら何をどうジタバタしたって、
 離婚はまぬかれないのに、彼女は嘲るように笑った。

僕が離婚を切り出して以来、
僕ら夫婦はまったくくスキンシップを取っていなかった。
なので彼女を抱き上げて、玄関口まで連れて行った1日目、
僕らは二人ともなんとも変な気持で、ぎこちなかった。
それでもそんな僕らの後姿を息子は、
それは嬉しそうに、手をパチパチ叩いてついてきた。

寝室からリビングへ、そして玄関口へと
妻を腕に抱いたまま10メートルは歩いただろうか
妻は目を閉じたまま、
そっと「どうかあの子には離婚の事は言わないでと耳元でささやいた。
僕は黙ってうなづいた。
でもなぜか、そうしながら心はひどく動揺していた。
ドアの外に静かに下ろすと、彼女は静かにバス停に向かって歩いて行った。
僕もいつも通り、車に乗り込み仕事へ向かった。

2日目の朝。初日よりは少し慣れた感がした。
抱き上げられながら、妻は僕の胸に自然ともたれかかってきた。
僕はふと、彼女のブラウスから薫るほのかな香りに気づいた。
そして思った。彼女をこんな近くできちんと見たのは、いつ以来だっただかろうと・・・

妻がもはや若かれし頃の妻ではないことに、僕はいまさらながら驚愕していた。
その顔には細かなシワが刻まれ、髪の毛にはなんと白いものが入り混じっている。
結婚してからの年数が、これだけの変化を彼女に、・・・・
その瞬間、僕は自問した。
僕は彼女に何てことをしてしまったのだろう」と。

4日目の朝。彼女を抱き上げた時、ふとかつて僕らの間に有った、
あの愛情に満ちた「つながり感」が戻ってくるのを感じた。
この人は、この女性は、僕に10年という年月を捧げてくれた人だった。

5日目、そして6日目の朝、その感覚はさらに強くなった。
このことを、僕は不倫相手に言わなかった。
日にちが経つにつれ、妻を抱き上げることが、日に日に楽になってゆくのを感じた。
なにせ毎日していることなので、
そりゃ腕の筋力も強くなるだろうと、僕は単純にそう考えていた。

ある朝、妻はその日に着てゆく服を選んでいた。
鏡の前で、何着も何着も試着して、
それでも体にピッタリくる1着が、なかなか見つからないようだった。
そして彼女は、「はあ~」とため息をついた。
「どれもこれも、何だか大きくなっちゃつて・・・・」
その言葉を耳にして、僕はハッとした!。
妻はいつの間にやせ細っていたのだ!。

妻を抱き上げやすくなったのは、僕の腕力がついたからでなく
彼女が今まて以上に軽くなっていたからだったのだ!
愕然とした。それほどまで、やせ細ってしまうまで、
彼女は痛みと苦痛を胸の中に。。。。。
僕は思わず手を伸ばして、妻の髪に触れていた。

そこに息子がやってきた。
「ママを抱っこして、「行ってらっしゃい」する時間だよ」
息子には父親が母親を毎日抱き上げる、この光景を目にすることが
すでに大切な日常の一場面となっているようだった。
妻はそんな息子にむかって、
「おいで」と優しく手招きしたかと思うと、彼を力いっぱいぎゅっと抱きしめた。

僕は思わず目をそらした
そうしないと、最後の最後で、気が変わってしまいそうだったからだ!
僕は黙って、いつものように妻を腕に抱き上げ、
寝室から、リビング、そして玄関口へと彼女を運んだ。
妻はただそっと、僕の首に腕を回していた。

そんな彼女を、気づいたら強くグッと抱きしめていた。
そうまるで、結婚したあの日の僕の様に。。。。
彼女のそれはそれは軽くなった体を腕の中に感じながら
僕は例えようのない悲しみを覚えていた。

そして、最後の朝、
妻を抱き上げたとき、僕は、一歩たりとも歩みを進めることが出来なかった。
その日、息子はすでに学校に行ってしまっていた。
僕は妻をしっかりと腕に抱き、そして言った。
「今まで気づかなかったよ。僕たちの結婚生活に、
こうしてお互いのぬくもりを感じる時間がどれほど欠けていたか・・・・・」

こうして僕はいつも通り仕事へ向かった。
何かにせき立てられるように、とにかくここで、
後の最後で自分の決心が揺らいでしまうことが怖くて、
それを振り切るかのように、車を停めると
鍵もかけずに飛び出しオフィスのある上の階まで駆け上がっていった。

気が変わってしまう前に、オフィスに行かなければ。
早く不倫相手の元へ!
ドアを開けるとそこに彼女がいた。
彼女を見た瞬間、僕は思わず口にしていた。
「すまない、僕は離婚できない」

彼女は「はあ?」という目で僕を見つめ、そして額に手をあてた。
「あなた熱でもあるの?」
僕は彼女の手を額からはずし、再度言った。
「すまない。僕は離婚できないんだ」

妻との結婚生活が「退屈」に感じたのは、彼女を愛していなかったからではなく、
僕が毎日の小さな幸せを、他愛のない、だけどかけがえのない小さな日常を
大切にしてこなかったからなんだ。
今頃になって気づいたよ。

あの日、あの結婚した日、僕が彼女を腕に抱いて家の中へ、
初めての一歩を踏み入れたあの日のように
僕は死が二人をわかつまで、妻をしっかり腕に抱いているべきだったんだ!」

彼女はようやく事の次第を理解した様だった。
そして僕のほっぺたを思いっきりひっぱだくと、
扉をパタンと閉め、ワー!と泣き叫びながら、飛び出して行った。

僕はそのまま黙って下の階に降りた。
見ると花屋が目にとまった。
僕はそこで、妻のためのブーケをアレンジしてもらった。
店員が「カードには何とお書きになりますか?」と聞いてきた。
僕はふと微笑んで、言った。「そうだね、こう書いてくれ、」
「毎朝君を腕に抱いて見送るよ、死が二人をわかつ、その日まで、・・・・」

その日の夕方、僕は妻への花束を抱え、顔に笑顔をたたえて家についた。
はやる気持ちで階段を駆け上がる!。
早く早く!、妻のもとへ!

出迎えた妻はベットで冷たくなっていた。・・・・・

何も知らなかった。
僕は何も知らなかったのだ。
妻が癌であったことさえも。

不倫相手との情事にうつつをぬかしていた僕は、
妻はこの数ヶ月必死で病魔と戦っていたことに、気づきさえしなかったのだ!。

妻は分かっていたのだ。自分はもうすぐ死ぬことを。
彼女が出してきた「離婚の条件」は、僕を責めるものではなく、
僕を救うためのものだったのだ!
自分亡き後、最愛の息子から、僕が責められることがないように。

毎朝お母さんを抱き上げて優しく見送るお父さん。
そう、そういう僕を毎日見ていた息子にとって
僕はまぎれもなく 「お母さんに離婚をつきつけたおとうさん」ではなく
「お母さんを最後まで愛したお父さん」となったのだ!

僕はどうしてもあなたに伝えたい。
日々のささやかな幸せ、、、、
それが人生で何よりも大切であるということを。
幸せは大きな家、土地、高価な車、
そんなモノの中にあるのではないということを。

もし今、あなたの傍らに、かけがえのないパートナーがいるなら、
毎日がどんなに忙しくても、どうか相手が大切だと伝える小さなゼスチャーを、
心を通わせる時間を大切にしていただきたいと思います。

Photo_4



2018年12月14日 (金)

言葉の大切さ

 『言葉の大切さ』
一つの言葉でケンカして
一つの言葉で仲直り
一つの言葉で傷ついて
一つの言葉でしあわせに
言う人は鈍感で
聞く人は敏感なもの
言葉は傷つける武器にもなります。
言葉は心の鏡です。
一つ一つの言葉を大切に。

Photo_3






人生を悪くさせる考え方のパターン

『人生を悪くさせる考え方のパターン』
1.何事につけ、ものごとを大げさに考えすぎる誤解の典型的なパターンは、
ものごとを大げさに考えすぎる、拡大解釈

2.卑屈になりすぎて成果や喜びに無関心になる
せっかくのよいことを、卑屈に後ろ向きに考えてしまう

3.相手の「気持ち」が読めると、勝手に思い込む
自分に人の気持ちを読む力があると思い込んでいる
(往々にしてその思い込みは間違っていることが多い)

4.『事の顛末』をいつも否定的に予測してしまう
人は先のことを予測するとき、論理ではなく、感情に走る
だからほとんどの場合、その予測は正しくない

5.情報や根拠が不十分なまま、ものごとを決めつけてしまう
最初に頭に浮かんだ結論に飛びついてしまう
  モニカ・ラミレイス バスコ

Photo_2





2018年12月13日 (木)

すぐ悲観的になって

すぐ悲観的になって
自分に自信が持てない人は、
いつも一生懸命で、
周りに気を遣って、
人の気持ちに敏感で、
すぐ一人で抱え込む人。

でも本当は
誰にも負けない何かを持っている人。
ただ気付いてないだけ。
後は自信と自分の持っている才能に
気付くだけだよ。

Photo







自分を見つめ直す5つの言葉

 【自分を見つめ直す5つの言葉】
1, 今、つらい人はそのことで頭がいっぱいになるが、
  つらさや悩みはいつか必ず終わる
  終わることがわかっていれば
  今のつらさも軽くなる

  過ぎてしまえば大したことなかったことも多い
  未来を信じること
  過去の経験を思いだして
  過去と未来を味方につけて
  今を生きる人こそが、
  豊かな人生を送れる

2, 自分のことを信じて、本当に怒ってくれる人を
  大切にした方がいい
  怒られるのは嬉しいことではないけど
  怒ってくれるってことはそれだけ
  自分のことを見てくれてるってこと
  何でも許してくれる人っていうのは
  怒ってもらえる喜びを感じよう

3, 好きになるのも自分
  嫌いになるのも自分
  頑張るのも自分
  頑張らないのも自分
  行動を起こすかどうかを決めるのは自分だけ
  そこに他人の意志はない。
  続けたいと思うなら最後までやり抜けばいい
  辞めたくなったら辞めればいい

4, 悪口や陰口言ってる人の事を素敵だと
  思ってくれる人なんていない
  でも大好きな事の話を笑顔でしてる
  君の事はきっとみんな好きになってくれる
  人の悪いところ見つける能力より
  人の素敵なとこ引き出してあげられるような
  自分になったほうが人生素晴らしい

5, 100人中100人に好かれようなんて
  思わない方がいい
  10人が自分を大嫌いで
  80人はどうでもいいと思っていても
  自分を好きで好きでたまらないという人が
  10人いてくれたら、人生は相当楽しくて
  特別なものになるよ




2018年12月12日 (水)

笑顔という貯金

笑顔という
貯金をしておくと
優しさという
利子がつく。
- 明石家さんまさん -



O06000315143188389751

一笑百福

 【一笑百福】 斎藤一人さん
いつも笑顔でいる。
人のいいところがあったら、褒めてあげる。
みんな、なかなかそういうことしないから自分もしないって言うけど、
みんながやらないから価値があるんだよ。

本当のことを言うとね、私は一笑百福どころか、千福か万福だと思っています。
それくらい、みんな笑顔が足りないし、人のことも褒めないんです。
日本人って笑顔が足りないよね。

愛のある顔をしてないの。
愛のある言葉を使ってない。
だから、そういう中で自分が笑顔で愛のある表情や言葉を出していると、
人のぶんまで自分にいいことが起きるんです。

満員電車なんかに乗ってごらん。
みんな無表情で、本当にいづらいよね。
だけど、その中で自分だけは機嫌よくしてるんです。
そうすると、そこの座席にいる人たちの幸せが、全部自分に来ちゃうよ
笑顔って、それくらいすごいことです。

1回笑うと、ごほうびがたくさんくるよ。
だから笑いな。
本当だよ。
だって、私の人生はね、私が笑ってるだけで周りの人も幸せなんです。
で、たくさんいいことが起きる。
私の人生は、一笑いするだけで百くらい福が来る。
だから、私は「一笑百福」が正しいと思っているんです。

この日本っていう国はね、いいことは昔から山ほど言葉に残っているけど、
それをやる人が少ない国なの。
なぜかって言うとね、みんな、苦労しなきゃいけないと思ってるの。
幸せっていうのは、苦労して苦労して手に入れるものだと思っているんです。
で、苦労するとどうなるかって言うと、苦労が寄ってくるんだよ。
だから、不幸になっちゃうの。
苦労って、いらないものなんだよ。
  『斎藤一人俺の人生』  マキノ出版

斎藤一人さんは本書の中でこう語る。
『みんなはね、人生のごほうびが少なすぎるんです。
何が言いたいかっていうと、普通の人は「笑う門には福来る」って言うんだよね。
だけど、笑って福が来るって、一回の当たりじゃないんだよ。
私の場合はね、1回笑うと100くらい福が来る「一笑百福(いっしょう ひゃくふく)」なんです。
ものすごい大当たりだから、俄然やる気になる(笑)。

私はね、ちょっといいことすると、うんとごほうびがもらえるって信じてるんです。
なぜかって言うとね、それくらい、世の中にはいいことをしている人が少ないからです。
人のいいところを見たら褒めるとか。
たったそれだけのことですかっていえば、たったそれだけをやっている人が少ないんだよ。
だから、みんなハズレなの。
ちょっといいことをすると、みんなの当たりの運が全部私のところにくる(笑)。
だって、ほかのみんなはハズレなんだもの』

「一笑一若 一怒一老」という言葉がある。
ひとつ笑えば一つ若くなり、ひとつ怒れば一つ年をとる。
『「商」は「笑」なり「勝」なり』とも言う。
笑顔は最大の集客能力であり、人の魅力もまた笑顔で決まる。
いつも笑顔でいる人でありたい。

Photo_2




2018年12月11日 (火)

素敵な笑顔

  【素敵な笑顔】
笑顔の効果は絶大です
笑顔は自己肯定感を高めます
笑顔でいる自分が大好きになります
笑顔は相手の存在感を認めます
;笑顔は自分を幸せにします
笑顔はその周りの人も幸せにします
笑顔が似合わない人はいないのです
あなたの笑顔は素敵なんです。


Photo





希望

  【希望】
私たち人間が幸福に生きるには
やはり希望を持って生活することが欠かせないと思います。

たとえば不治の病にかかったりしたら
もうまったく夢も希望も持たなくなるかもしれません。

しかし、残された日々、許された命のなかに
自分には何ができるかということに生きがいを見つけ
立派に生をまっとうしている人もたくさんいます。

『あなたの希望は何ですか」

そう人に問うと、「出世がしたい」「有名になりたい」
「もっとお金が欲しい」「大きな家に住みたい」など
いろいろな答えが返ってきます。

死ぬ時には、持っていけないものばかりを欲しがる人は
案外多いものです・
しかしそれは、希望というよりも欲望です。

エーリッヒ・フロムという心理学者は
私たちの欲望は「外に対して願望を持つ」ということといっています。
つまり、地位や名声、財産などを求める未知なる能力といっていいでしょう。

外に対する願望は、何を持つかという<こす。
「having」です。

希望とはそうではなくて、どうありがたいかという
「being]なのです。

どういう人になりたいか。
どういう人生を過ごしたいか。

そんなことに、
めいめいが想いを持ってほしいものです。

 出典元:日野原重明 生きるのが楽しくなる15の習慣

Photo_2






2018年12月10日 (月)

あのとき、ああしていれば・・・

あのとき、
ああしていれば...。
そう思うなら
今からでも
変えられることを
少し始めてみるといい。 
 - ゲッターズ飯田 -

Photo_4





副作用のない注射

 「副作用のない注射」
【心を明朗に、一切の苦しみをも微笑みにかえていくようにしてごらん。
そうすると、悲しいこと、つらいことのほうから逃げていくから】

朝、気分よく目覚めると、その日はよいことが起こりやすく、一日を楽しく過ごせます。
反対に、イヤな気分でいると、ろくなことがありません。
出発点は「心のもち方」です。楽しいことを浮かべることです。
すると、実際に楽しい出来事が起こります。

不快なことを考えると、敬遠したい出来事までが押し寄せます。
このように、心には同質のものを引き寄せたり、創造したりするという法則性があるのかもしれません。
心がマイナスの状態にあるとき、引き寄せなくてもいいマイナスが集まってきます。
プラスの材料ですら、わざわざマイナスの意味に置き換えて受けとめてしまいます。

そんなとき、プラス言葉の注射をすることです。
たとえば、「心がどんどん明るくなっていく」と唱え続けます。
これが、微笑みに変えていく言葉です。
やがてこの言葉が効き始めて、マイナスのほうから逃げ出します。
心が前向きになるような言葉を唱え、自己暗示することが、プラス言葉の注射です。
副作用はありませんから、いつでも、どこでも注射してかまいません。
 (「中村天風 折れないこころをつくる言葉」 池田光 解説 / イースト・プレスより)
_______

天風さんは、こんな言葉も残しています。
「怒ることがあるから怒るんだ、
悲しむことがあるから悲しむんだ、
ということじゃ、
人生に幸福なんてきやしないぜ」
プラスの心がプラスの結果を引き寄せ、マイナスの出来事も微笑みにかえることによりプラスに転じる。

日本の格言に「笑い栄ゆ」というものもあります。
「笑いあるところに栄えがある。笑顔や笑いは、夫婦円満・家庭円満をもたらし、
また商売繁盛をもたらす」という意味です。

あのダイアナ妃は笑顔を作る練習を日々行っていたそうです。
アンジェリーナ・ジョリーも、なんとなくやる気が出ない日は、
早起きして近所の公園をニコニコと笑いながら散歩することがあると。
オードリー・ヘプバーンも「この世で一番すてきなことは、笑うこと」と言い、
特に「誰かと一緒に笑うことは、魔法の力を持っている」と語っています。

笑顔は、人間にしか出来ない神様から与えられたプレゼント。
そして笑顔には、
「私はあなたを受け入れます」という積極的な「受容」のメッセージを発信する効果もあるのです。
逆に言うと、しかめっ面で機嫌が悪そうな人は、「あなたを受け入れません、認めません」という
「拒否」のメッセージを知ってか知らずかのうちに送っていることになります。

自分が「拒否」のメッセージを送っているのに、相手から笑顔(受容)のメッセージが送られることは、
よほど相手がマザー・テレサのような聖人でない限りまずありません。
もちろん、仕事を頼まれることもないでしょうし、パーティーに誘われることも、相談されることも、
もちろん好かれることも、可能性としてはかなり低いでしょう。
だから、「笑顔」は福の神を呼び込み、「不機嫌」は貧乏神を呼び込むのです。

いろいろあるけど、笑顔はお金も掛からず、今すぐ出来て、誰にだって出来ることだから、
下を向きたいときほど笑顔でいた方がいい。
「笑顔」や「プラスの言葉」という“副作用のない注射”で乗り越えていきましょうね


2018年12月 9日 (日)

努力して結果が出ると

努力して結果が出ると、
 自信になる。
努力せず結果が出ると、
 傲りになる。

努力せず結果も出ないと、
 後悔が残る。
努力して結果が出ないとしても、
 経験が残る。

中途半端にやると
 他人のマネになる。
とことんやると
 他人がマネできない、ものになる。

Photo_2






涙活のストレス解消の効果が凄い

 【涙活のストレス解消の効果が凄いです!】
現在社会は、ストレスが人の心を蝕んでいます。
今回は、涙活を活用してストレスを発散し心を元気にし
健康的な楽しいをする為の手助けになれば幸いです

涙活ってなに?
『涙活』とは、涙を流してストレスを解消法。
離婚式プランナー:寺井広樹さんによって考案・提唱されました。
実は、泣くことは医学的にもストレス解消に効果があるという実験結果があります。

アメリカのウイリアム・H・フレイ博士が1985年に行った
『涙の研究』で映画などで感動した涙から
ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)という成分が検出されたそうです。

ACTHはストレスを感じたときに体内に分泌されるホルモンのこと。
泣くことによってストレスの元になるホルモンが
体内に排出されたろ言うことによって
『泣くことによってストレスが軽減される』と
結論づけられるそうです。

涙は『美』にも大きく関わってきます
ストレスは精神的な疲労に加え
肌内部にも活性酸素を発生させ
シミ、吹き出物を引き起こす原因になります。

涙の効果
❶ストレス解消
❷感情を安定しやる気を出す
❸悲しみや痛みを和らげる
❹免疫力をあげる
❺美肌

涙活ってどうしたらいいの?
涙活のポイントは『感情を持った涙を流す』ということです。
照明を落とした部屋で泣ける映画を見たり音楽を聴いたり
詩を朗読したりしてみて下さい。

涙活をするときの注意点
感情が揺さぶられて自然と涙が出てくるのがベストです。
最も質の高い涙は『うれし涙』『共感の涙』です。
泣くと目が腫れてしまいますよね
目が腫れる原因は泣いたときに思わず手やハンカチで
こすってしまうによっておこります。
涙は流しぱなしにするか頬まで伝わってきたところ拭くようにすると腫れを防げます。

Photo






2018年12月 8日 (土)

今日からデキル習慣化の法則

今日からデキル習慣化の法則
1 まずやってみる
2 改善し続ける
3 小さなことから始めてみる
4 小さなコツコツ
5 徐々にやる
6 他人を巻き込み始める
7 記録をつけてやる
8 定期的にやる日を決める
9 楽しんでやる
10 やりたくて仕方ない

Photo_2






習い方がうまい人とは

 【習い方がうまい人とは、習う素直さがある人だ】
そう、忘れもしないね。昭和二十九年十一月二十三日の、午後二時頃だ。
当時二十四歳だった私は毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)の選手だったけれど、
その頃のプロ野球には秋季練習なんてなかったから、
暇を持て余して近所の隅田公園へ出掛けていった。

そしたらそこに凄いピッチャーがいたんだ。
ところがその子は左で投げているにもかかわらず、打つ時になると、なぜか右で打つんだよ。
で、初めは黙って見てたんだよね。
一打席目三塁ゴロ、二打席目ショートフライ。それで三回目の打席に立った時にね。
「ちょっと待って、坊や。君は何で右で打ってるの?、本当は左利きなんだろう?
次の打席は左で打ってごらん」と声を掛けたら、「はい」って素直に言ったんだよ。
これがすべてのきっかけだな。

普通、それまで左で打ったこともない子が、試合中にいきなりそんなことを言われたら、
「できない」って言うのが当たり前だよ。
ところが次の打席で左ボックスに入ったその坊やは、いきなり二塁打をかっ飛ばした。
右中間真っ二つ、ビックリするくらいのいい当たり。

私はその時に、あ、この子を、母校の早稲田実業に入れようと思った。
そうすれば絶対に甲子園で全国制覇ができるって。
それで試合が終わるまで待って、早実に入るよう勧めたんだ。
私はともかくも早実へすっ飛んでいって、こういう選手を見つけたから、
二年後には何が何でも入れてくれと頼み込んだ。

ところが翌週に少年の家に行くと、お父さんからけんもほろろに断られてしまった。
「うちの子には野球なんかやらせない。両国高校へやって東大に行かせるんだ」って。
いや、これは頭がいいんだなと思ったね。
でも私はそこで諦めなかった。人生には「もし」ということがある。
もし落っこちた時はどうすんだ、と。
そこで近所の知り合いのオヤジに「もしあそこの家の子が受験に落ちた時には、
俺のところへ知らせてくれ」と頼んでおいた。
そしたら結果的に志望校を落ちて、早実へ入ることになったんだな。

しかし、それにしてもあの時、左で打てと言われて
「はい」って答えた素直さね。
これが王の一番のいいところであって、それが今日の成功をもたらしたんだよ。
この「はい」が。

だから私はいつも「習い方がうまい人とは、習う素直さがある人だ」と言うんだよ。
これがもう第一条件なんだよね。
王はその後も、私に口答えしたことは一回もない。
 荒川博(日本ティーボール協会副会長)
  『致知』2009年8月号 対談「世界の王」はこうしてつくられた」より

Photo






2018年12月 7日 (金)

短所は長所

嫉妬しない人は、
 自信がある人で、
嫉妬しやすい人は、
 他人の良さに気付く人。
大勢の人の前で話すのが得意な人は、
 人よりも心臓が強くて、
大勢の人の前で話すのが苦手な人は、

 人よりも考え深い。
悪口を言われても平気な人は、
 人よりもたくましくて、
悪口言われると落ち込む人は、
 人よりも心が純粋。
短所は長所。


Photo_3



出来なくてもいい

【出来なくてもいい・無理せずに休めばいい】

出来なくてもいいい
無理せずに休めばいい

人生に疲れたら休めばいい
また歩き出せばいいのだから

何度だってやり直せる
失敗したら終わりではない

出来ないことがあってもいい
苦手なことは誰かに頼めばいい
何でも自分で出来る必要はないのです

強くならなくていい
弱さがあってもいいのです

人生に疲れたら
頑張ることを辞めてみる

「いい人」「できる人」をやめてみる
自ら生きることを難しいものにしない

飾らなくていい
力を抜いて生きればいいのです

ー深呼吸日和(しんこきゅうびより)ー


Photo_2

2018年12月 6日 (木)

はじめに願いあり

 『はじめに願いあり』
どうしたいのか、どうありたいのか。
仕事だけでなくあらゆる事柄において、
願いを持つことが大切である。
まずは心からの願いを持とう。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo_4







良い所は伸ばしてあげる

 【良い所は伸ばしてあげる】 
手塚治虫という人がいました。
漫画の天才です。62歳で亡くなりました。

池田師範付属小学校というエリートの通う学校の生徒だったのですが
あるとき授業中に治ちゃん(本名は「治」)がノートに漫画を描いていました。
「授業中に漫画を描いているとはなにごとだ」と。
当時は漫画は市民権を得ていませんから、怒られました。
そしてお母さんが呼び出しを受けました。

お母さんは帰ってきて、「治ちゃん、今日学校から呼び出されて、先生に言われたんだけど、
授業中に漫画を描いていたんですって?」
「うん、描いていたよ」
「どんな漫画を描いていたのか、ちょっと見せてちょうだい」
そして、終わりまで読んで、パタッと閉じた。

そこで、治ちゃん、この漫画はとてもおもしろい。
お母さんはあなたの漫画の、世界で第一号のファンになりました。
これからお母さんのために、おもしろい漫画をたくさん描いてください」と言った。
天才手塚治虫が誕生した瞬間です。

普通の親なら「何やってんのよ、あんたは」と怒ります。
しかし、手塚治虫のお母さんは違いました。
描いた漫画を誉めてやることで、子どもの才能を引き出したのです。
子どもは、伸びていきたい方向に伸ばしてやればいい。
逆にいえば、伸びたい方向に伸びていくのを邪魔しないことです。

母親の力は偉大です。
エジソン、アンデルセン、野口英雄、吉田松陰、そして、手塚治虫、
それらの偉人たちには、素晴らしい母親がいました。
それは、「今のあなたのままでいいのよ」という母親の絶対肯定の愛情があったのです。

絶対肯定の愛は、見返りを求めず、損得もありません。
長所をみつめ、美点を伸ばす、愛の言葉を発したいですね。

Photo_3




2018年12月 5日 (水)

人生なんてあっという間

人生なんてあっという間。
小さな心配をしたり、
見栄を張ったり、
色んなこと
たくさん考えたところで
結局そのうち終わってしまう。
だからもういっそのこと
何でも楽しんじゃえばいいと思う。
これからどうするかを悩むことも
大切だけど、
「今をどう楽しむか」って
本当に大事なんだよね。
人生なんてあっという間なんだから。


Photo_2





こころの庭を手入れする

 【こころの庭を手入れする】  稲盛和夫さん
人生は、照る日もあれば曇る日もあります。
幸運がめぐっているときはもちろんのこと、災難に遭ったときにも、修行だと思い、自分が生かされていることに「ありがとう」と感謝することが、こころを清らかにし、運命をよい方向へ導きます。
私はこれまでずっと、そう自分に言い聞かせてきました。

私がまだ四つか五つのころ、父に連れられていった「隠れ念仏」でお寺のお坊さんが、ことあるごとに「なんまん、なんまん、ありがとう」と唱えなさいと言ったのも、そいう戒(いまし)めを含んでいたのでしょう。
「隠れ念仏」とは、江戸時代、薩摩藩に弾圧された一向(いっこう)宗の信者が、ひそかに守り続けた慣習です。
私の幼いころは、まだその風習の名残があったのでしょう。

しかし、そうはいっても、現実には人のこころは弱いものです。
いつもいつも感謝の気持ちを持ち続けることは、容易なことではありません。
困難や災いにぶつかれば、不平や恨み言を言いたくなって当然です。
かといって、物事が順調に進んでいるときなら自然と感謝の思いを抱くとも言い切れません。

調子がいいときは、それが当たり前のことに思えて、もっと大きな幸運、もっと強い満足というように欲望が膨れ上がってしまい、「ありがとう」の言葉など吹き消してしまいがちなのです。
このように人間はおろかなものだからこそ、まずは、何があっても感謝することを忘れないように自分の理性によく働きかけて、いつでも「ありがとう」と言えるように、こころの準備をしておくことが大事ではないでしょうか。

そして、たとえ逆境に立たされても、あるいは強欲な思いが頭をもたげても、悪い雑草を取り除くように、これだけで十分ありがたいと、「足るを知る」気持ちを持つように、
普段からこころの庭を手入れすることが大切だと思います。

人間として正しいことをやっていれば、自ずと道は開かれるという信念の下に、
私は自分自身の人生も企業経営も進めてきました。
そしてそれが成功したといえるなら、それは私や会社を支えてくれた家族、従業員、友人、知人、
すべての人たちのおかげだと、今、こころの底から感謝しています。
そして、残る人生も変わらず、あらゆるものに対して、「ありがとう、ほんとうにありがとう」と、
こころから素直に言えるような生き方をしていきたいと思っています。
 『ありがとう おかげさま』  海竜社

稲盛和夫氏は、本書のなかでこう語る。
『豊かなはずの現代社会がすさんでいるのは、みんながこころの手入れをしないので、
雑草が生え放題、こころが荒れ放題になっているからでしょう。
その大本(おおもと)をたどれば、戦後ずっと、おとなたちがこころの管理を重視せず、
こどもたちにも教えずにきたというところに行き着きます』

どんなに勉強ができて有名な学校を出ていようが、優秀で才能があろうが、
心の庭の手入れができていなければ、人は傲慢になったり、思いやりがなかったり、不機嫌だったりと、
人としての品格や人格に欠ける人間になってしまう。
心の庭に生える雑草を摘み、きれいに整えるには、「ありがとう」と「おかげさま」を言い続けること。

「ありがとう」はしあわせを運ぶ魔法の言葉。
そして…
「いいことはおかげさま  わるいことは身から出たさび」(相田みつを)

どんなときも、こころの庭の手入れを怠らない人でありたい。


Photo

2018年12月 4日 (火)

日常の五心

【日常の五心】
・ハイと言う素直な心
・すみませんと言う反省の心
・私がしますと言う奉仕の心
・おかげさまと言う謙虚な心
・ありがとうと言う感謝の言葉


Photo_4



「自分をほめてくれる人」とつきあうことのススメ

 【「自分をほめてくれる人」とつきあうことのススメ】
「きれいだよ」と声をかけられながら育った植物は、美しい花をつけるといいます。
また、「ありがとう」という言葉をかけると、水が美しい結晶を作るといいます。
「ほめられて伸びるタイプ」と「しかられて伸びるタイプ」に分かれるともいいますが、
誰でも、基本的には、
ほめられるほど魅力的に成長していくものだと思います。

私自身もまた、そうでした。
でも、皆さんの中には、子どもの頃から「おまえはダメだ!」「こんなこともできないの?」と、
ご両親や学校の先生に怒られてばかりでほめられた記憶がない、
というかたもいらっしゃるかもしれません。

長く言われてきたことは、それがネガティブな言葉であれ、ポジティブな言葉であれ、
私たちの心の奥に潜む無意識の領域「潜在意識」に深く刻まれるものです。
そのため現在、どうしても「自分に自信が持てない」「私にはなんの取りえもない」と、
悲観的になっているかたもいらっしゃるでしょう。

でも、だいじょうぶ。
いまからでも遅くはありません。
よりポジティブに変身するために、「自分をほめてくれる人」とつきあうようにすればいいのです。
あなたをけなす人、あなたに否定的な人と無理につきあう必要はありません。
大人になった私たちは、自分の生きる環境、いっしょに過ごす人を自ら選択することができます。

愛情を持って育てた花がいきいきと咲くように、
自分をほめてくれる人たちとつきあうことで、
私たちが例外なく持っている才能という種を芽吹かせることができるのです。
幼い頃の私は、温かい家庭にも、経済的な豊かさにも恵まれていませんでした。
けれども私が今、ここまで来れたのは、
大人になってから、意識的に行ってきたことのおかげだと感じています。
それは、いつでも自分を心地よくさせてくれる人、
自分の魅力を評価してくれる人といっしょに行動してきたことです。

「すなおだね」「いつも明るく元気だね」「一生懸命お仕事しているね」など、
どんな小さなことでもいいのです。
日常的にポジティブな言葉をかけられていると、
潜在意識が刺激され、自信が持てるようになり、
気がつくと、より魅力的な自分へと変わっているのです。

これは恋愛においても同じこと。
「きれいだね」「かわいいね」と言ってくれる恋人といると、
ほんとうにそのとおりになっていくものです。

常に自分をほめてくれる人といること。
それは、決して自分を甘やかすことではありません。
自分の可能性を最大限に引き出すための積極的な選択なのです。
  『ゆほびか 2013年8月号』マキノ出版  「心に響く言葉」より

33




2018年12月 3日 (月)

ある小学校に貼ってある校長先生のメッセージ!

努力すれば、必ず幸せになるというのはウソ
努力して幸せになることもあれば
幸せにならないこともある
結果はコントロールできない
コントロール出来るのは、努力する行動です
そして、もっと大切なことは行動できることが
幸せであることに気付くこと!!

11






人生を変える31日チャレンジ

【人生を変える31日チャレンジ】
DAY1  いつもより1時間早く起きる
DAY2  帰り道を変える
DAY3  10分間瞑想する

DAY4  尊敬する人のおススメ本を読む
DAY5  新鮮な野菜・果物を食べる
DAY6  森の中や公園を歩く
DAY7  時計を見ないで過ごす
DAY8  大きく口を開けてもっと笑う
DAY9  身体に感謝してマッサージする
DAY10  一番好きなことをする

DAY11  お金を使う時に感謝する
DAY12  正直でいる
DAY13  考えるよりもすぐの動く
DAY14  自分の強みを書き出す
DAY15  時間をかけない方法を考える
DAY16  会ってみたい人を挙げる
DAY17  なりたい人のように振舞う
DAY18  今の問題をリストアップする
DAY19  本能に耳を澄ます
DAY20  今日を最大限楽しむ

DAY21  心を奮い立たせる名言を集める
DAY22  孤独の時間を確保する
DAY23  プレゼントをする
DAY24  いつもより口数を少なくする
DAY25  目標を書いて何度も見る
DAY26  自分の最高の写真を撮る
DAY27  周りの人を手助けする
DAY28  すぐに決断する
DAY29  人生最後の日と思って過ごす
DAY30  学んだことをノートに書く
DAY31  今月を振り返り、良いところを伸ばし、悪いところを省く

Photo_2









2018年12月 2日 (日)

毎日の小さなつみ重

キツくても、一行だけ書く。
寒くても、一歩だけ進む。
眠くても、一回だけ開く。
悲しくても、1分だけ読む。
心配でも、あと少し待つ。
恐くても、1人だけかけてみる。
腹が立っても、6秒だけだまる。
心配でも、不安でも、
怖くても ちょっとずつちょっとずつ
ある日、それは歴史となる。

Photo






「自分をほめてくれる人」とつきあうことのススメ

 【「自分をほめてくれる人」とつきあうことのススメ】
「きれいだよ」と声をかけられながら育った植物は、美しい花をつけるといいます。
また、「ありがとう」という言葉をかけると、水が美しい結晶を作るといいます。
「ほめられて伸びるタイプ」と「しかられて伸びるタイプ」に分かれるともいいますが、
誰でも、基本的には、
ほめられるほど魅力的に成長していくものだと思います。

私自身もまた、そうでした。
でも、皆さんの中には、子どもの頃から「おまえはダメだ!」「こんなこともできないの?」と、
ご両親や学校の先生に怒られてばかりでほめられた記憶がない、
というかたもいらっしゃるかもしれません。

長く言われてきたことは、それがネガティブな言葉であれ、ポジティブな言葉であれ、
私たちの心の奥に潜む無意識の領域「潜在意識」に深く刻まれるものです。
そのため現在、どうしても「自分に自信が持てない」「私にはなんの取りえもない」と、
悲観的になっているかたもいらっしゃるでしょう。

でも、だいじょうぶ。
いまからでも遅くはありません。
よりポジティブに変身するために、「自分をほめてくれる人」とつきあうようにすればいいのです。
あなたをけなす人、あなたに否定的な人と無理につきあう必要はありません。
大人になった私たちは、自分の生きる環境、いっしょに過ごす人を自ら選択することができます。

愛情を持って育てた花がいきいきと咲くように、
自分をほめてくれる人たちとつきあうことで、
私たちが例外なく持っている才能という種を芽吹かせることができるのです。
幼い頃の私は、温かい家庭にも、経済的な豊かさにも恵まれていませんでした。
けれども私が今、ここまで来れたのは、
大人になってから、意識的に行ってきたことのおかげだと感じています。
それは、いつでも自分を心地よくさせてくれる人、
自分の魅力を評価してくれる人といっしょに行動してきたことです。

「すなおだね」「いつも明るく元気だね」「一生懸命お仕事しているね」など、
どんな小さなことでもいいのです。
日常的にポジティブな言葉をかけられていると、
潜在意識が刺激され、自信が持てるようになり、
気がつくと、より魅力的な自分へと変わっているのです。

これは恋愛においても同じこと。
「きれいだね」「かわいいね」と言ってくれる恋人といると、
ほんとうにそのとおりになっていくものです。

常に自分をほめてくれる人といること。
それは、決して自分を甘やかすことではありません。
自分の可能性を最大限に引き出すための積極的な選択なのです。
  『ゆほびか 2013年8月号』マキノ出版  「心に響く言葉」より

22






2018年12月 1日 (土)

すごいことをしなくていいから

すごいことをしなくていいから
できることをやりなさい
ためらう理由は
いくつでも見つかるから
まずはやってみなさい
自信を持とうとするよりも
自信をなくさないように
大変なときこそ慌てないように
不幸せなときは自分を責めず
ひとりで頑張ろうとせず
幸せなときは当たり前に感謝し
一番大切な人を大切にしなさい
誰かに遠慮しなくていいから
まずは自分が幸せになりなさい
  - 田口久人さん -

Photo_2






感謝を妨げるもの

  「感謝を妨げるもの」  菅野直基 (出前牧師カンちゃん)
小さな感謝が大きな幸せを与えてくれることがあります。
しかし、小さな不満や絶望が私たちの心の中に住み着いて不幸をもたらしていないでしょうか。
感謝を妨げるものが3つあります。

1、「欲望」
2、「比較」
3、「心配」

1、欲望
ある人がこんなジョークを言いました。
「人の欲望はあまりにも深いので、神様でさえそれを満たすことはできない。」
何かを望み、それを手に入れたかと思うと、次のものをほしくなります。
さらに次のものをほしくなり、多くを望むのに満たされず、不幸になります。

欲望と感謝は共存できません。欲望は悪魔に属し、感謝は神に属するからです。
欲望は、神の恵みを受けている人でも、一瞬にして不幸のどん底に陥れる力を持っています。
つまり、ある程度の欲望は、人にやる気をもたらせますが、行き過ぎた欲望は不幸をもたらします。
私たちに必要なのは、満ち足りるすべを知ることです。
『満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。
私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。
衣食があれば、それで満足すべきです。』(第一テモテ6:6~8)
『私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。』(ピリピ4:12)

2、比較
比較は欲望の別の顔です。
相手と自分を比較し、優越感を持って高慢になり、劣等感を持って自己卑下します。
どちらに転んでも感謝できません。
比較すると、相手が、自分より多く持っていて、多くの愛や称賛を受け、高い才能や学歴を持っていると感じて、感謝は消えて、不幸な状態に落ちていきます。

悪魔は、比較によって私たちを妬みの奴隷にし、みじめな気持ちにさせます。
人生をみじめにするのは、貧しいからではない。失敗したからでもない。
才能が少なく、学歴がないからではない。人と自分を比較するからです。
聖書は、『わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。』(イザヤ43:4)と語ります。
比較することをやめて、神があなたにどう思っておられるのかに思いを向けましょう。

3、心配
人が心配する内容の90%以上は、過ぎ去った過去や、まだ来ていない未来のことです。
現在の心配は10%未満です。
聖書は、『あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、十分あります。』(マタイ6:34)と語ります。
未来のことを前もって心配することはやめましょう。

一人の女の子が、難関の進学校を受験しました。
面接がうまくいかなかったので、家に帰るなり、「もうダメだわ。私の人生終わったも同然だわ!?」と、
泣きながら両親に心配の気持ちをぶつけました。
数日後、結果が知らされました。合格することができました。
しかし、「優秀な人ばかりが入学することになった。勉強についていく自信がない。どうしよう・・・」と、
次の心配をはじめました。

この女の子は、このままであれば、その後も、大学受験を心配し、大学に合格しても、就職ができるかどうかを心配し、職場になじめるかどうかを心配し、結婚できるかどうかを心配し、延々と心配し続けていくことになります。
聖書は、『何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。』(ピリピ4:6)と語ります。

心配すると、心を委縮させてしまいます。感謝するなら、心が楽しさで溢れさせてくれます。
「感謝をもってささげる祈り」とは、過去に起こったすべてのできごとや、現在起こっているすべてのできごとのすべてが相働いて、未来に大きな益が与えられると信じて、先取りして感謝することです。

「今あるもので十分」と考え、他人と比較せず、心配を感謝に変えていきましょう。
突風が黒雲を吹き飛ばすように、感謝は「欲望」と「比較」と「心配」の黒雲を一気に吹き飛ばしてくれます。
感謝に溢れた一日を過ごせますように。

Photo






« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »