« 行動すると | トップページ | 毎日の何気ない会話 »

2018年8月22日 (水)

老害になる

「老害になる」というのは、
ほんとうは「歳を取ると感覚がオッサンになる」ということではなくて、
「どこかのタイミングから思考を停止し始めて、
じぶんの価値観のアップデートをサボり続けたせいで、
じぶんの感覚がその時代に合わなくなる」ことを言うんですよね。
老害とは、変化をやめたひとを言う。

「老害」のひとたちが陥ってしまっている心理状況としては、
「お前がいくら正しいそうなことを言っても、
俺はこの考え方で十年も問題なく生きてきたのだから、
正しいのは俺で、間違っているのはお前だ」があるんだよね。
歳をとるだけじふんの経験を過剰に信用してしまい、
プライドが高くなっていく。

さらにはそれを周りが悪いと当たり散らす事も追加したいです

ただし、これは年齢を重ねた人だけではなく、
例えば幼少時から体育会系集団に浸かっていた、
自分はIQや精神年齢が高いと思い込んでいるなどの要因から、
やはり自分には知識や経験が備わっており
学習する必要がないと思い込んでいる若者にも
言えることである(若年性老害)。

Photo






« 行動すると | トップページ | 毎日の何気ない会話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事