« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の64件の記事

2018年7月31日 (火)

これであきらめるなら

これであきらめるなら
お前の思いは
その程度なんだよ。と
神様に
試されているような気がする
 **桑田真澄**
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつも
試されているんです
いつも
いつも

Photo_2



おだやかな人間になろう

【おだやかな人間になろう】
人は、おだやかになればなるほど、
より大きな成功、より大きな影響力、
より大きな権威を手にできます。

ごく一般の商人でも、、
だやかさを身につけるだけで、
商売が確実にうまくいくようになります。

なぜならば、
人はおだやかになればなるほど、
正しい判断を下す確率を
高められるからです。

と同時に、人々は、ほとんど例外なく、
おだやかで冷静な人のそばにいたいと
考えるものだからです。

そしてもう一つ、おだやかな心は、
自己コントロールを通じて鍛えられた
強い心であるからです。

人々は、真におだやかな人と接すると、
その人の強さを自然に知り、
その人が頼れる人間であることを
感じ取ります。

おだやかな心は、
自己コントロールをねばり強く
行ない続けた人だけが手にできる、
知恵の宝石です。
 
自分の心を
コントロールし続けることで、
私たちはまず、自分の心の状態と、
周囲で発生する出来事が、
密接に結びついたものであること
を実感し、その結果として、
周囲で発生する出来事のすべてを、
原因と結果の観点から、より正しく
眺められるようになります。
 
そうなると、私たちは、不平をいったり、
腹を立てたり、悩んだり、悲しんだりする
ことが極端に少なくなり、より落ち着いた、
より安定した、よりおだやかな心の状態を
保てるよういなる、というわけです。
 
自分をよく観察し、自分の人格の中から、
欠点を一つ一つねばり強く取り除く努力を
してみてください。

それを続けることで、
あなたは、自分の欠点に
対する勝利を、一つ一つ
積み重ねていくことができます。

その勝利を一つ手にするごとに、あなたの
おだやかさは増していきます。

そしてそれが、
持続的な要素としてあなたの
人格に加わるのです。

あなたはやがて、おだやかな人間に成長し、
どんな状況下でも冷静さを失わず、
自分が行うべきことを常に完璧に
行えるようになるでしょう。

【出典】 ジェームズ・アレン  きっと!すべてがうまくいく

Photo



2018年7月30日 (月)

起こってもいない未来の不安を信じて

起こってもいない
  未来の不安を信じて
二度と戻らない
  幸せな今を疑ってどうする?
今の幸せを信じないで
  未来の幸せなんか信じられない

Photo_5



妻の病気の9割は夫がつくる

妻の病気の原因は夫の言動や態度だった?
ある日突然妻への態度を変える夫の特徴とは?...
「夫源病」を予防するには?

■ なぜ夫は妻への態度を豹変させてしまうのか?!
女性の場合、中高年になると高い確率で頭痛や目眩などの更年期障害の症状に苦しめられるわけですが、それらと似た症状で最近では夫の言葉の暴力や辛辣な態度による「夫源病」を患うケースも増えています。

特に最近増えているのが夫が定年退職して家にいる時間が増えることによって、夫と接する時間が否応なしに増えてしまうケースです。妻の側は逃げ場が無いので心身ともに苦しめられてしまいます。

夫は定年退職したことによって、これまで会社で働いていたような社会での活躍の場が奪われてしまったため、溜まりに溜まったフラストレーションを自分の妻にぶつけられてしまうケースが少なくありません

『 定年後に夫婦仲が悪化する!? 』
夫が長年勤めあげた会社を定年退職すると精神的に不安定な状態に陥りやすく、その影響で夫婦仲が悪化するケースが少なくありません。過去5年間にわたって団塊世代の方々が大量に定年退職されたことから、今後メディアを通じてこうした問題が取り上げられる機会が多くなるかもしれません。

こうしたことを事前に知っておくのと、そうでないのとでは問題に直面したときに取れる対応が大きく異なります。今回はこうした問題を回避していただくために、妻の病気の9割は夫がつくる (医師が教える「夫源病」の治し方)の著者である石蔵文信さんが夫源病について解説した記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

医師が教える
妻を病気にする夫の7つの言動

■ 頭痛、耳鳴り、めまい、高血圧、うつ、不眠・・・。
さまざまな治療を何年も受けているのに、一向に改善しない症状があるなら、それはもしかして「更年期障害」ではなく「夫源病」かもしれません。
「夫源病」とは文字通り「夫が原因で引き起こされるさまざまな心身の不調」のこと。
『妻の病気の9割は夫がつくる』(石蔵文信/著、マキノ出版/刊)では、医師である著者の石蔵氏が「夫源病」の原因となる夫の言動を紹介しています。

■ 妻を病気にする夫の7つの言動とは
毎日の生活のなかで、夫に次のような言動が見られたら要注意。
あなたの夫は「夫源病」の原因かもしれません。

・「だれに食わせてもらってるんだ」が口癖
・高熱で寝込む妻に「飯は?」と詰め寄る
・子どもの悪い部分はすべて「おまえのせい」
・今日あった出来事を話しても上の空
・自分は夜遊びするのに妻には許さない
・姑が言いたい放題でも見て見ぬふり
・定年退職したとたん四六時中まとわりつく

「夫源病」のやっかいなところは、妻の心を傷つけ、心身に不調をきたすほど大きなストレスを与えているにもかかわらず、夫本人に「妻を傷つけている」という自覚がないことです。

■今すぐできる「夫源病」の治し方
「夫源病」は夫の何気ない言動がストレスとなり、妻の心身に更年期障害のような症状が表れる病気。
したがって、いくら薬で症状を抑えても、根本の原因である「夫に対するストレス」を取り除かなければ、「夫源病」は治りません。
著者によると、「夫源病」を治す方法は次のようなものがあります。

(1)口げんか
一方的に相手の言い分を聞くだけになってしまうと、自己憐憫の感情に苦しめられることとなります。ですので、ある程度言いたいことを言う(相手を傷つけるような言葉は使わないのがポイント)ためにも口げんかは必要です。

(2)プチ別居
ポイントは、まずは夜の外出からはじめること、夫に反対されても「一人の時間が必要」と押し切ること、夫の身の回りの世話はせずに出ていくこと、外出中は夫に連絡を取らないこと。

(3)カラオケ、映画、妄想など一人でストレス解消できる方法を持つ
このような手段を講じても夫がしつこく抵抗し、無理難題を言い続けるようであれば、“最終手段(本格的な別居や離婚)”をちらつかせるしかありません。ただし、“最終手段”はもろ刃の剣。それなりの覚悟を持って挑まなければなりません。

■ さいごに...
いかがでしたか?
夫婦をむしばむ恐ろしい病・「夫源病」。
でも、「夫源病」はこれまでの夫婦関係を見直すチャンスでもあります。

著者によると、夫婦生活を長続きさせるポイントは「いい意味でのあきらめ」と「適度な距離感」。お互いのペースを尊重し、本音を言い合いながら楽しく年を重ねていける夫婦関係を築いていきたいですね。
(新刊JP編集部)

O06000315142368864031
O06000347142368868541




2018年7月29日 (日)

成功するには

成功するには、
成功するまで決して
諦めないことだ。

Photo_2



ママでなくてよかったよ」小児がんで逝った8歳

 【「ママでなくてよかったよ」小児がんで逝った8歳】
しげくんのお母さんは、厳格な親に対する反抗からか、だいぶ年上の男性と不倫、同棲を経てしかし
その男性によるDV、その中での出産、すさんだ生活から子どもをつれての離婚を経験しました。
長い調停の末子どもの名前まで変え、引っ越しもし、
(子どもをつれて行かれないように)、これから新しい人生が、
という矢先に、
しげくんが、6歳のときに小児癌を発病します。
この本はその発病から8歳に最期をむかえるまでの闘病記です。

お母さんは治療としげくんの様子の事実を淡々と書きつづっているだけに、よけい胸がしめつけられます
しかもこのお母さんはこの絶望的ながん(横紋筋肉腫)を最初から告知していたのです。
そしてしげくんもそれを受け止め、精一杯生き抜きました。

最初に入院したときはもちろんがんだとはしらなかったしげくん。
ある日お母さんにストレートに質問します。
「ママ、ぼくの病気はなんなの?ぼく、もう嫌だよ!注射とか、薬とか、ものすごくつらいんだよ。
ママなんか絶対ガマンできないくらい痛いんだから。
何でこんな思いしなくちゃならないの?」
そうしてお母さんは言葉につまり、自然に「しげくんの病気はがんといってこのままだと死んじゃう。
かわいそうだけど治ってもらいたいから注射したりお薬のませてるんだよ」と告げてしまいます・・
しげくんは泣きながら「ぼく絶対に生きたい!注射も薬もがんばる!絶対に死なない!」といっていました。

つらい治療が続きます。
そんな中、ある日病室に戻ってきたしげくんの腰には何重もの分厚いガーゼがあてられ、
そこから血にじみ、腰には大きな注射針の穴があいています。
ぐったりしているしげくんをみて、お母さんは痛かったよねと大泣きをしてしまいます。
するとしげくんは点滴につながれた手をのばしながら、

お母さんの頭をなでながら
「ママでなくてよかったよ」といったのでした。

一時はよくなるように見えた病気もその後転移し、もうあとは
のこされた時間をどう過ごすのか、という問題になっていってしまいました。
少しでも希望をもってがんばって治療をしてきたのに。

「(しげくんに)治療してもね、半年だよ・・」
「半年って?」
「夏までしか生きられないんだよ」
「嫌だぁ!嫌だぁ~!嫌だよ~!」
「泣いてもしょうがないよ、しげ!」
「死にたくない・・そんなのやだぁ~死にたくないよぉ~!」

「しげ、治療しなかったらね、お誕生日までもつか、もたないかだって」
「やだぁ~!死にたくない~!ワァー!」号泣が続きました。

「ママだって死んでもらいたくないよ・・」
「もうちょっと長く生きるためにがんばってみる?」
「ずっとがんばる!」
「絶対にがんばるもん!生きるためだったら何でもするもん!」

しかし時は無情にもすぎてゆき、しげくんの病状も刻一刻と悪化していきます。
最期は意識もなくなり、お母さんの見守るなか、 息をひきとりました。
もうやっても無駄だとわかっていてもお母さんが心臓マッサージを、しているのもつらいものがありました

とてもここにはかききれませんが、お母さんの葛藤、しげくんの細かな治療の様子、
母子のやりとりがことこまかにかかれています。
  「ママでなくてよかったよ」 小児がんで逝った8歳 朝日新聞社  著者:森下純子<
---------------------------------------------------------------
読んだとき涙が止まりませんでした。
「死にたくない、生きたい!」
「絶対にがんばるもん!生きるためだったら何でもするもん!」
6歳の子供が生きたいという切実な希望。
苦しく,過酷な治療の中でも、お母さんを思いやる気持ちを忘れなかったやさしいしげくんですね。
私たちは生きたくても生きられなかった人達の為にも、
与えられた命を粗末にしてはいけませよね。
命の大切さを教えてくれた気がしますね。

Photo





2018年7月28日 (土)

人生はシンプルに

「人生はシンプルに」
人生を複雑にする必要はない。
恋しかったら、
  電話をしよう。
会いたかったら、
  招待しよう。
理解してほしかったら、
  説明しよう。
質問があったら、
  聞いてみよう。
嫌いだったら、
  言ってみよう。
好きだったら、
  明言してみよう。
欲しかったら
  頼んでみよう。
愛していたら
  伝えてみよう。
一度の人生、シンプルに生きよう。

Photo_3











幸せな人の10年後

 「幸せな人の10年後」
あるアメリカの大学で、幸福と不幸に関する調査が行われました。
そして、興味深いデータが出たのです。
10年前、「あなたは幸せですか?」との質問に「幸せです」と答えた人は、
10年後の調査でも「幸せ」とほとんどの人が答えたそうです。
逆に、10年前「不幸です」と答えた人のほとんどは、10年後の調査でも「不幸」と答えたそうです。

自身の経済状況や職種、環境、配偶者の有無にかかわらず・・・
幸せかどうかは、出来事が決めるのではなく、出来事に対する捉え方、
つまり、思考の習慣が決めていたのです。

例えば、売上が落ち込んだとして、その出来事を最悪と思うのか、
大きく何かを改善するチャンスと思うのかで、全く違います。
出来事は変えることが出来ません。
でも、それに対する捉え方は変えることが出来ます。

捉え方次第で、感情は変わるので、幸・不幸を決めているのは、
起こった出来事では無かったのです!
もう一度言います。
幸・不幸を決めているのは、起こった出来事ではなく、出来事に対する捉え方です!
そして、捉え方を他人が決めることはできません。
自分にしか、自分がどう捉えるかを決めることはできません。

どんなに貧しくても、陽気に生きている南米の人たちは、自殺する人もほとんどいないようです。
日本では、残念ながら様々な理由で自殺する人がいます。
人生に対する捉え方の違いなんだと思います。
生きているだけで有難く幸せなことだと思うのか、
あれが足りない、これが気にくわないと、無いことを嘆き、ある幸せに気付けないでいるのか。

その昔、自分が修業時代で、お金は全部研修や勉強に使っていた頃、
友人グループからBBQの誘いがありました。
しかしそのとき、その会費も払えないくらいお金がなかったので、BBQは遠慮して、そのあと合流しました
そしたらなんと、このあとカラオケに行くというではありませんか!
用事を思い出した!と言って帰りましたよ(笑)
ただ、そのときの僕は、それでも全く苦じゃありませんでした。
そんな自分が大好きでした。

お金がないから不幸なわけじゃない。
お金がないことを不満に思ったり、人のせいにするから、どんどん苦しくなるのです。
むしろ、お金がないことをプラスにも考えることができます。
お金がないところから成功した方がカッコいい!とか、
お金がないからこそ、知恵を出しまくった!とか、
お金がないからこそ、素直になれた!とか、

そうやって考えていくと、無いことを嘆く必要なんて全くなくて、
むしろそのお陰で出来る事を見ていく方が楽しくなってきますね
何があっても、この捉え方だけは明るく上を向いたものにしていきたいものですね



2018年7月27日 (金)

あなたの言葉次第なんだからね

「あなたの言葉次第なんだからね」
好きな人に言われる
  一言はすごく大きく感じるものなの
だって女はね
  好きな人の言った通りになるんだから
「カワイイね」って言えば
  ますカワイイ女になるし
「キレイだよ」って言えば
  ますますキレイな女になるし
「うるさい」って言えば
  ますますうるさい女になるし
「ワガママだな」って言えば
  ますますワガママな女になるんだよ
だからね、幸せも不幸せも
  あなたの言葉次第なんだからね

Photo_2






微笑みの力

【 微笑みの力 】
微笑み・・・
それは人に与えても一向に減りはしない
しかし、貰った人を限りなく豊かにする。

微笑み・・・
それを生み出すのに時間は
少ししかかからない。
しかし、それを受けた人の記憶の中に、
永遠に残ることさえある。

微笑み・・・
それは家庭の中に幸福をつくりだし、
職場に善意をつちかい、友情を養う。

微笑み・・・
それは疲れ切った魂に安息を与え、
失望した人に励ましを与え、
悲しい心に光をもたらす。

微笑み・・・
それはあなたの心の奥底からわき出して、
惜しげもなく与えられたときだけ
値打ちがでてくるものである。
ある人々は、あなたに微笑みを
与えることができないほど、疲れている。
だから、その人に
微笑みをあげることができるのは、
あなたである。
  出典:幸せ革命117のヒント

Photo






2018年7月26日 (木)

自分の短所ばかりを気に病むな

自分の短所ばかりを気に病むな。
まずは、自分の長所を伸ばすのだ。
そうすると、自分にも自信がついて
強い心で短所に向き合える。
順番を間違えてはいけない。
「先に長所、その後短所」
単純だけど、大事な生きるコツ
- 小池一夫 さん- 

Photo_6



自分一人でも幸せになってしまうこと

 【自分一人でも幸せになってしまうこと】 山崎拓巳さん
「旦那はいらないけど、子どもだけ欲しい」って話をする女の人が増えていませんか?
結婚して良かったという意見と、結婚して大変っていう意見はどちらが多いものなのでしょうか…。
いい情報が少ないので、結婚を選ばない人が増えているのでしょうか?
ある意味、女性が一人でも楽しく、安心して生きていける時代が来たのでしょうか?
また、社会的に「一人で生きる女性」が市民権を得たからでしょうか?

ベストセラー作家で経営コンサルタントでもあるジェームス・スキナーさんが
「幸せな結婚の仕方」って話を教えてくださいました。
彼がある精神科医のセミナーに参加したときに聞いたそのエピソードをここで紹介します。

「結婚すると幸せになれる」と多くの人が思っている。
結婚がゴールになっているというのです。
しかし、結婚してみるとなかなかパートナーが自分を幸せにしてくれない。

不幸な結婚をしたと感じている人のほとんどは、
「何で幸せにしてくれないんだ?こんなはずじゃなかった。
幸せになれるって思ったからこの人を選んだのに」と思っている。
実はこれ、相手にすごく依存している状態です。

本当にうまくいく結婚は違うんだよって、その精神科医は続けます。
まず、自分一人でも幸せになってしまうこと。
「結婚なんかしなくても、自分一人で幸せ!」
それができたら、次に同じように、一人でも幸せに生きている異性を探す。

そして、その人と結ばれると「幸せな結婚生活」がやって来る。
これが「幸せな結婚の仕方」と言うのです。

幸せは他者から与えられるものではなく、自分で完結すべきものなのかも。
この話を聞いたとき僕はそう思いました。
一人でも幸せを完結できている者同士が、一緒に二人の幸せを完結する。

いずれにせよ、幸せな結婚の極意は「結婚なんかしなくても、
自分一人で幸せ!」を体感することのようです。
自分以外の何かに頼って幸せになろうというのではなく、自分の力で幸せになれる人であること。
今、自分の手元にあるさまざまなものに感謝し、それを楽しみ、愛おしみ、満たされた心を持つ。

「幸せ」っていうスポーツのソロ競技を嗜んだ二人が、次はデュエットでその競技を究めていく。
そう考えると、結婚はゴールではなく、どうやら始まりのようです。
 『運の強化書』 SBクリエイティブ

今すぐに、一瞬で幸せになる方法がある。
それは、「今、幸せだ」と感じること。
小林正観さんは、 「幸せという状態」があるのではなく「幸せを感じる自分」がいるだけだという。
何気ない日常でそれを感じるかどうか。

健康で食事ができて「幸せ」。
夜眠れる家があって「幸せ」。

幸せは、与えてもらうものではなく、自分で感じるもの。
他者に依存している自律していない人は、自ら幸せを感じる力が弱い。
だから、不平不満が多い。

結婚だけでなく、人間関係も、自律している者どうしの方が長く続く。
自分一人でも、幸せになってしまうことができる人でありたい。

Photo_3




2018年7月25日 (水)

悔し涙

悔し涙それは君が
一生懸命と
向かい合った証じゃないか

人生は困難の連続だ
背筋を伸ばしなさい

流した涙と汗を
人生は決して裏切りはしない

Photo_2



「自分らしくない」とき

身の回りに「悩み」や「問題」が起きるときは「自分らしくない」ときです。

ほんとうは、冷たい人なのに、優しいふりをしたり
ほんとうは、出来ない人なのに、出来るふりをしたり
ほんとうは、のんびり屋さんなのに、ちゃきちゃきしてみたり
ほんとうは、怠け者なのに、働き者のふりをしたり
ほんとうは、悪いやつなのに、いい人のふりをしたり
ほんとうは、怒っているのに、平気なふりをしたり
ほんとうは、やさしいのに、悪い人のふりをしたり。

それが「自分らしくない」とき。
それが「自分にウソをついているとき」
それが「自分を恥じているとき」

そんなときに、目の前に「問題」が現れる。

「あなたの、本当の生き方じゃないよ」
「誰になろうとしているの」
「何をいけないと思っているの」

と、誰かが教えに来てくれる。

「ほんとのあなたは、こんなこと思ってるよね」って。
「でも、それを悪いことだと思って隠しているよね」って。
「自分らしく、正直に、生きてないよね」って。
わざわざ、教えに来てくれるから
ざわざわ、する
「ああ、ほんとは、わたしは、ああしたいんだな」
「でも、ダメだと思っているから、そんなことしたら
嫌われると思っているから、自分らしさを
我慢しているだけなんだな」

と、気づいてみてください。

そして、

少しずつ「自分らしさ」を出してみてください。

わかりやすくて
正直で
可愛くて
愛される

そんなひとになるから、

ひとが、
自分らしく生きてないで
うまくいくはずないし、幸せになれるはずがない。

「しあわせもどき」には
なれるかもしれないけれど。

ひとが、自分らしく生きていて
うまくいかないはずがないし、
幸せにならないはずがない。

僕も、

ほんとは、冷たいからこそ、優しいフリをして
ほんとは、ケチだからこそ、器が大きなふりをして
ほんとは、できないからこそ、頑張って出来るようになって
ほんとは、弱いからこそ、強いフリをしてた。

勇気を出して

自分のダメなところ
自分の冷たいところ
自分の怒り
自分の悲しみ
自分の劣等感

表に出してみよう。

それが「自分らしさ」への第一歩
かもしれないね。

by 心屋仁之助

Photo



2018年7月24日 (火)

人は、自分の写し鏡なんですね!】

【人は、自分の写し鏡なんですね!】
周りの悪口ばっかり言っている人は、きっと、まわりからも悪く言われている。
まわりをバカにしている人は きっと、まわりからもバカにされてる。
まわりに笑顔をふりまいている人は きっと笑顔が集まってくる。
まわりに日々感謝している人は きっと笑顔が集まってくる。
まわりを尊敬している人は きっと、まわりからも尊敬される。
ぜーんぶ、自分に返ってくる!。人は鏡、自分の鏡

Photo_2






お医者様の披露宴、真っ最中に突発事故

お医者様カップルの結婚式当日のことです。
式の真っ最中に高速道路で玉突き事故発生。
会場のあちらこちらからポケベルが鳴ります。
(※ポケベル時代のお話です)
焦ったように、会場の外に出て行く医療関係の出席者たちでした。
出席者は、病院に行くために退席しましたが、
一人一人、高砂(新郎新婦の座る席)に挨拶に来ました。

しかしながら、新郎新婦ともに医者です。
非常事態に気もそぞろで、容態や状況を聞いていました。
そして、新郎が新婦と話し合い、
結局、新郎は式を抜けて病院に行くことになりました。
振り返る新郎に親指を立てて、
「行ってらっしゃい!」とする新婦。

その後、新婦のスピーチの段になりました。
一人残された新婦、
だけど、彼女は冴えてました
新婦のスピーチです。
「逃げられたわけじゃないんですよ。
 もし逃げられたら私は、シベリアまで追いかけますw」
と、色々笑いをとるスピーチでうまく会場を盛り上げました。

最後に、
「本日、私たちのために集まっていただいた皆様、
 大変、申し訳ございませんでした。
 せっかく皆さまお忙しいところをお集まりいただいたのに、
 新郎不在のまま式を終える失礼をご容赦くださいませ。
 しかし、
 私も医師ですから分かります。
 今回の新郎の行為は、大変誇らしく思います。
 どうぞ皆様お許しください」
と深々と謝罪し、
出席者にお酒をついで回りました。

出席者の方々は、その日の披露宴で、
二人の結婚後の姿も併せて垣間見たような思いになりました。
わが身を顧みず、献身的に患者さんに向かう医者の夫。
夫の仕事をよく理解しているから、
支えるのも上手なパートナーとしての妻。
大きな拍手が、残された新婦に向けられました。


Photo





2018年7月23日 (月)

時代は良くも悪くもなってない

時代は良くも悪くもなってない。
いつだって今が最高。
時代を変えよう言うのは
すべてをあきらめた人が言う言葉なんよ。
自分ががんばれば、時代は自然と
変わるんじゃねえの?
 ー 甲本 ヒロト ー

Photo






実は男の中の男。野原ひろし

 「実は男の中の男。野原ひろし」
180cmの長身、料理や日曜大工もこなす。
優秀な仕事ぶりで上司から信頼され、年収650万円を稼ぎながらも月3万円のお小遣いでやりくり。
チンピラに絡まれた女性を助け、
その女性みさえに夕暮れの浜辺でプロポーズ。
それが野原ひろしです。

〜野原ひろしの心に刺さる名言集〜
「しんのすけ。 父ちゃんが人生で一番幸せだと思ったのは、
お前とひまわりが生まれた時だ。」

  「後悔するのは選ぶ自由があったから。
 面倒臭がるのはやりたいことが沢山あるから。
 寂しくなるのは大切な人がいるから。
 悔しく思うのは自分に誇りがあるから。
 言いたいことが口から出ないのは想いで詰まっているから。」

みさえがひろしの給料一ヶ月分落とした際、
ひろしはみさえを抱きしめ頭を撫でながら一言。
  「なんだ、そんな事か。 また稼いでくるよ。
 俺はみさえとしんのすけが 無事ならそれでいいと思うんだ。」

最初は暇さえあれば喫煙していたヘビースモーカーひろし。
しかしみさえの出産が近づいたのを期に禁煙し、現在はまったく吸わない。

「一握りのエリートの後ろには
 何千何万という俺達のような人間がいるんだ!
 社会の歯車、 操り人形などと言われながら、
 自分の夢だったり家族や恋人の幸せだったり、
 皆それぞれの守るべき大切なモノのため 
 毎日歯を食いしばって必死に頑張っているのさ」

「昨夜考えたんだ・・・
 その、お前にもしものことがあったらって・・・
 オレ、お前のいない生活なんて、考えられないや。
 ずっと元気でいてくれよな、みさえ。」

幼稚園バザーでの話。
みさえが数日かけて編んだ下手なマフラーのみ売れ残っていた。
みさえが席を外した間にひろしがマフラーを買う。
みさえはそれを知らない。
ひろしも何も言わず、毎日家を出てからマフラーを巻いて会社に行く。

「一人の女をずっと愛せるなんて 
 カッコイイじゃねえか。
 それを馬鹿にする奴らなんか気にするな。」

「一日だけ幸せでいたいなら、床屋にいけ。
 一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
 一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。
 一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
 一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。」

Photo_3






2018年7月22日 (日)

家族とは

家族とは、
血でつながっている
人だけじゃない。


家族とは、
人生であなたと一緒にいたいと
思って人たち

家族とは、
ありのままのあなたを
認めてくれる人たち。

家族とは、
あなたに笑顔でいてほしいと
願ってくれる人たち。

家族とは、
たとえどんなことが起きても
あなたを愛してくれる人たちのこと。

血で繋がってなくても、

みんな家族。

人生の中で共に助け合える、
友人、仲間、恋人。

みんな本当に感謝だね。

Photo_2






イラッとするのは

電車で、渋滞で、お店で、会社で…
学校で、自宅で、夫婦で、親子で…
「他人を自分に都合の良いように変えたり、
思い通りにコントロールする事は出来ない」

しかし、それでも変えられると誤解していたり、
それでも強引に、コントロールしようとすると
自分に都合の悪い事をされた時にイラっとしてしまう。

イラっとしたのは、
 「他人は変えられない」を忘れているか、又は
 「変えられない事を知らない」という事になる。   
イラっとする時間は、人生において、
全く無駄で不毛で愚かな時間である。

※自分に都合よく変えようとしてない時の
「イラッ以外」の感情の例
ガッカリ、ビックリ、心配、不安、共感など

※他人は変えられないが
自分の考え方と行動、仕組みは変えられる。
変えられないことを変えようとしてイラッとするより、
変えられることを変えることに集中する。

Photo






2018年7月21日 (土)

本当に大切なもの

「本当に大切なもの」
考えすぎて疲れたら、
1度考えるのをやめてみて。
きっと心が落ち着いて、
大切なものだけが見えてくるよ
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
あなたにとって本当に大切なものは何ですか?

Photo_4






西日本豪雨の被災者の生きる力

【西日本豪雨の被災者の生きる力】 アカデミー学院 学院長 舟田譲二
 「人生はちょうど動機によって押し出されるように、目標によって引き寄せられる」」
--ヴィクトール・フランクル、精神科医
・ユダヤ人大量虐殺の生存者 (訳 舟田譲二)

私たちは生きていくに当たって動機づけが必要であるように、目標も同じように必要です。
動機があいまいで目標を持っている人が時々います。
「世界一の◯◯になる」という目標は立派なのですが、
動機がはっきりしていないとこのような目標はまず達成できません。
同様に、目標があいまいで動機だけある人も危険です。
どの方向に進むかわからないからです。
動機と目標は車の両輪のようなもので、生きていく上で不可欠なものです。


今回の西日本豪雨で大勢の方が亡くなり、
家族や家・田畑・財産・仕事などを失って生きる目標を失っておられる方もいらっしゃるかもしれません
実際、もし自分がその立場に置かれたら、同じように打ちのめされ、
立ち上がることさえ困難に思われることでしょう。


ヴィクトール・フランクルはナチスの強制収容所アウシュビッツで奇跡的に生き残ったひとりですが、
その時の経験を通して、
人間は生きる目標があればたとえどれほど過酷な環境の中にいても生きる力が与えられる、
という結論に至り、それを書物に著しました。
『夜と霧』は『アンネの日記』に並ぶロングセラーで、「言語を絶する感動」と評されています。
日本語を含め17カ国語に翻訳されており、
読売新聞による「読者の選ぶ21世紀に伝えるあの一冊」のアンケート調査でも、
世界の名著部門の第3位になりました。


フランクルは「人生はどんな状況でも意味がある」と説き、
生きがいを見つけられずに悩む人たちにメッセージを発し続けました。
過酷な環境の中で、人は「心の支え」、生きる目的を持つことが、
生き残る唯一の道であると語っています。
運命に毅然とした態度をとり、どんな状況でも一瞬一瞬を大切にすること。
それが生きがいを見いだす力になる。幸福を感じ取る力を持てるかどうかは、
運命への向き合い方で決まるとフランクルは結論します。


去る17日の選抜高校野球広島大会の選手宣誓をした、自らも被災者であり、
友人を失った生徒の言葉の中にそのことが力強く語られていました。
「...行動せずにはいられませんでした。その中でどうにもならない無力感も感じました。
今なお困難な状況にある仲間もいると思います。
しかし、私たち一人ひとりにとって、選手権大会は、一回きりのかけがえのないものです。
どんな状況も克服し、それを乗り越えて挑戦します。それが野球だから。
今回は、私たちの成長、私たちの闘う姿を見てもらう大会です。
被災された方々に勇気と力を与えられるように全力でプレーします」


被災地の方々がこの言葉にどれほど励まされ、夢と希望を与えられたことでしょう。
「動機」と「目標」があれば、私たちはどんな試練も乗り越えて生きていくことができます。
これまでの日本人の歴史が語っているように。

Photo_3


2018年7月20日 (金)

昨日の夜・・・

昨日の夜、
私と彼は喧嘩をした。
必要なものを持って
出てくように言ったら
彼は私を持ち上げて
ドアから出て行こうとした。
そのとき思った。
私はこの人を
本当に愛してるんだって。
~~~☆~~~☆~~~☆~~~
相手の一言だったり表情だったり
思いがけない行動で自分の本当の
気持ちが確認できる時ってありますね。

Photo_2






「ほめる」とは、温かい言葉をかけること

 【「ほめる」とは、温かい言葉をかけること】精神科医、和田秀樹さん
人をほめるのが苦手という人はたくさんいます。
「照れくさくていい出せない」「どうほめていいかわからない」
そういった素直な理由だけでなく、中には複雑な理由をあげる人もいます。

「下心があるみたいでイヤだ」「わたしがほめて喜ぶんだろうか」と考えてしまう人です。
ところが相手は違うのです。
特別な評価を求めているわけではなくて、「たまにでいいから」「少しでいいから」
ほめてもらうと嬉しくなり、いい気分になったり、安心したりするのです。

たとえば仕事が終わらなくて遅くまでデスクに向かっているときに、
上司や先輩がひと言、「頑張ってるな」と声をかけてくれるだけでも嬉しくなります。
ほめ方は、短くてかんたんな言葉でいいのです。

「いいね」「ちゃんとしてるなあ」「羨ましいなあ」といった、
自分の気持ちをそのまま表した言葉でいいのです。
そういった言葉をふわっと投げかけるだけで、相手は嬉しくなります。
嬉しくなったらそれで十分ですね。
ほめられたのと同じです。

だからたとえば、「ありがとう」とか「助かった」といった何でもないひと言でもいいのです。
いってもらうだけで嬉しくなるような言葉はすべて、ほめ言葉です。
そう考えていくと、「ほめる」というのは温かい言葉をかけることなんだとわかってきます。
短くてかんたんなコミュニケーションですね。
『ほめ言葉の力』新講社ワイド新書

人をほめるというと、構えてしまって、
「相手のいいところを見つけて」「相手が感動するような言葉かけよう」などと思ってしまう。
しかし、ほめるとは、相手が喜ぶこと、嬉しくなるようなこと、だと思えば、
もっと簡単な言葉で、気軽に言えるかもしれない。

簡単な言葉とは(本書より)…
「よくやったね」「みんなのおかげ」「あのときは嬉しかった」
「それ、おもしろいね」「元気そう」「たいへんねえ」
「お疲れさま」「調子はどう?」「よかった」
誰に対しても、温かい言葉をかけられる人でありたい。

Photo




2018年7月19日 (木)

自信がある者は自慢をしない

自信がある者は自慢をしない。
自信がない者は自慢をする。


【自慢話をする者の深層心理】
「自分では自信がないけど、人からすごい人、偉い人、デキる人だと思ってもらい、自信を取り戻したい。
自分自身にも、自分はデキると言い聞かせたい」
自慢話をする者は自信がなく不安なので、話を始めたら優しく認め、誉めてあげる。
自信を取り戻した時、自慢はなくなる。
自慢する者をバカにするのは、弱い者いじめと言っても良い。

Photo_3






87歳の大学生

【87歳の大学生”夢を実現するのに遅すぎることない”】
初めての授業で、教授は自己紹介をし、「今日は知らない人と友達になりなさい」という課題を出した。
私は席を立ち、周りを見回した。すると、突然誰かが私の肩を叩いた。
振り向いてみると、なんとそこにはお婆さんが立っていた。

彼女の笑顔は光って見えた。「やあ、ハンサムボーイ。 私はローズよ。 87歳なの。ハグしてもいい?」
私は笑い、喜んで「もちろん!」と答えた。彼女は私をギュッと抱きしめてくれた。
「お婆さん、 なんでまだ若くてキレイなのに、 大学で勉強してるんだい?」
「もちろん、ここでお金持ちの男を見つけて、 結婚して、子供をたくさん産んで・・」
「ハハハ…、いや、本当は?」

私は彼女がどうしてこの年で大学生になろうと思ったのか、そのことが、とても気になっていた。
彼女は言った。
「いつか大学生になりたいと思ってたの! それで、やっと夢が叶ったわ!」
授業が終わった後、私たちは一緒に食堂に行き、チョコレートシェーキを食べた。
私たちは一瞬にして友達になった。

それからしばらく、私たちは毎日授業を一緒に受け、食堂に行き、ノンストップで話し続けた。
ローズという【タイムマシン】が彼女の経験や叡智を私に聞かせてくれるたびに、
私は彼女に魅了されたのであった。
知らず知らずのうちに、ローズは大学の注目の的になっていた。

大学の学期が終わった後、彼女は大学のパーティーでスピーチを任された。
私はその時の彼女の言葉を一生忘れない。
彼女は司会者に紹介された後、前に上がった。
彼女が話そうとしたその時、彼女はスピーチのカードを落としてしまった。
彼女は恥ずかしがり、イライラしている様子だった。
それから彼女はマイクの方へ行き、スピーチのカード無しで話し始めた。

「バタバタしててごめんなさいね。
 キリスト教で禁酒してるから ビールは飲まないと決めてたんです。
 それにしても久しぶりの ウイスキーは美味しいですね!
 さっきのカードの順番もわからなくなったので、 とりあえず、私が知っていることを しゃべりますね」
とアドリブで言った。会場は笑いに包まれた。

私たちは年老いたから、遊ぶのをやめるのではなく、遊ぶのをやめるから年老いてしまうのです。
若さを保ち、幸せになり、成功するための秘訣は4つしかありません。
毎日よく笑い、面白いことを見つけるのです。
夢を持ちなさい。夢がないとあなたは死んでしまいます。
世の中は死んでいる人ばかり!、しかも本人たちはそれに気づいていない。
年老いていくことと、成長することは全くの別物です。
もしあなたが19歳で1年中寝てばかりいて、生産的なことをしなければ、20歳になります。
もし私が87歳で、1年中寝たきりでいたら、88歳になります。誰だって年老いていくことはできます。

特別な能力や才能は要りません。
大事なのは、いつも「成長する」機会を見つけることです。
後悔をしないこと。
年長者は「やったこと」への後悔はありません。
でも「やらなかったこと」への後悔はたくさんあります。
死を恐れるのは、いつも後悔ばかりしている人です。
彼女は勇敢に「ザ・ローズ」という歌を歌い、自分のスピーチを終わらせた。
彼女は歌詞を聞き、毎日においてそれを実現しなさいと言った。

年が終わり、ローズは遂にずっと夢に見ていた卒業証書を手に入れた。
卒業した一週間後、ローズは永遠の眠りについた。
彼女の葬式には、2,000人もの大学生が参列した。
彼女は「夢を実現するには 遅すぎるなんてことはない」
という大切なメッセージを彼らに伝えてくれたのだ。
年老いていくのはみんな一緒である。
しかし、成長するかどうかは人それぞれである。


Photo_2

2018年7月18日 (水)

落ち込んでいるのなら

落ち込んでいるのなら、
あなたは過去に生きているのです。
心配しているのなら、
あなたは未来に生きているのです。
平和で幸せなのなら、
あなたは現在に生きているのです。
-老子ー

O02790181142307068801






今日から幸せになれる5つのステップ

 【 今日から幸せになれる5つのステップ 】
(1)ほほえむ
ついほほえんでしまうような、ポジティブなことを考えると、より幸せな気分になるという
ほほえむこと。それ自体によってポジティブな記憶が呼び起こされるそうだ

(2)背筋を伸ばして大股で歩く
顔を上げて、大股で歩くだけで、楽しい気分が高まるという
大股で腕を大きく振り、顔をしっかりと上げて歩くように言われたグループは
下を向いて、小さな歩幅で足で歩くように言われたグループに比べて
3分間の歩行後に感じる「幸福感」が高かったという

(3)声をあげて笑う
声をあげて笑うことで、気分が高まって、ストレスが和らぎ
不安やうつといった、精神的な症状が緩和される

(4)お茶の時間など小さな瞬間を楽しむ
人生の中で小さな楽しみを見つけ、それを 楽しむことによって
脳がネガティブ・バイアス(否定的なことに目を向ける傾向) から抜け出します
脳の配線を文字通りつなぎ替えて、「幸福感」を得られるようになります

(5)ほかの人に親切にする
誰か知らない人に親切にしてみよう
そうすればより幸せな気分になれると
カリフォルニア大学リバーサイドの研究結果は示している
 「出典:「HuffPost Japan」

Photo







2018年7月17日 (火)

気持ちという名の贈り物

「気持ちという名の贈り物」
私はあなたから毎日、
知らず知らずのうちに、たくさんの「おくりもの」をもらっている。

やさしい気持ち
強い気持ち
素直な気持ち
あったかい気持ち
うれしい気持ち
静かな気持ち
愛おしい気持ち
幸せな気持ち

いろんな気持ちになれるのは、あなたが私のそばにいてくれるから。
だからこそ私もあなたに、たくさんのおくりものを贈りたい。

Photo_3






人を助けるとは自分を助けること

“人を助けるとは自分を助けること”
アラン・ラックスという方がアメリカで大規模な調査をしました。
3296人の健康と幸福、ボランティア習慣についての調査です。
どんな結果だったかというと、
【人を助けたときにどう感じたか】という質問に対する3296人中の割合が、

95% 気分がよかった。
80% プラスの感情が何時間(何日)も続いた。
57% 自己肯定感が高まった。
54% すぐにあたたかい気持ちになった。
53% 前より幸せに感じ、気分が前向きになった。
29% エネルギーが湧いた。
21% 陶酔感があった。

つまり、【人に親切にすると、自分が幸せになる】ということです。
「情けは人の為にならず」ということわざがありますが、
多くの人がこのことわざを勘違いしているようです。
「情けをかけることは相手にとって良くないよ」という意味ではなく、
「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、
人に親切にしておいた方が良いよ」という意味です。

そうです。
【人に親切にすると、自分が幸せになる】です。
日本人が使う「粋」という言葉にもつながる気がします。
ビートたけしさんの著書よりご紹介させて頂きます。
___
昔から寄付だとかボランティアってのは、世間にバレないようにコッソリやるのが当たり前で、
それが美徳だったと思うけどな。
寄付するのはかまわネェけど、
「私は寄付しました」っておおっぴらに名乗るのは、何だか違う感じがするね。
ニッポン人の「粋」ってのは、昔からそういうもんだったはずだぜ。
時代劇なんか観てたってそうじゃない。

人助けをして「おじさん、お名前は?」って聞かれても、
「名乗るほどのもんじゃねェよ」って去っていくのがいい話だったわけ。
誰かを助けるときには「オレからカネをもらったなんて絶対に言うなよ。
みっともないから」っていうのが基本だったんだよな。

それが今じゃ、振込用紙をネットにアップして「寄付しました~」ってアピールしてるバカがいる。
せっかくいいことしてるのに、あんまり下品だから損しちゃうんだよね。
そもそもボランティアってのは「気持ち」が大事なはずだからさ。
「500万円」なら褒められて、「50円」だったらバカにされるってもんでもない。
 (テレビじゃ言えない / ビートたけし 著 / 小学館新書)
___
ビートたけしさんは、本当に粋で憧れの存在です。
「下世話の作法」ビートたけし著(祥伝社)という本にも、
ビートたけしさんの「粋」についてのお話がありました。
___
師匠と浅草の寿司屋へ行って、お勘定の段になったら師匠が俺に財布を渡す。
渡しながら小声で「チップ、一人一万ずつな」と言って、自分だけ先に店を出る。
俺が寿司屋の板さんとか若い衆に「これ師匠からです」ってチップを出した時には、
もう師匠の姿が見えない。
だから、もらったほうは「ありがとうございます」ってお礼をしようにもできなくなっているわけ。
直接チップをあげたくない。
「まあいいから、とっといて」なんて絶対に言いたくない。
姿を消すから粋であり、気遣いの押し売りをしないから粋なんだ。
よく言われたもん。
「相手にお礼をさせるなよ、悪いだろう」って。
チップを払う持ち合わせがないから食いに行かない、なんてこともよくあった。
「寿司代はあるけどよ、あげる小遣いがないんだよ。だから今日はいかねえ」って、かっこいいんだ。
___
粋な大人になりたいですね♪
困っている人がいたら助ける。
それが結果的には自分も幸せになる秘訣。
「人を助けるとは自分を助けること」と一緒ですね(^^♪
  出典・メルマガ「魂が震える話」ぬ

2018年7月16日 (月)

夫婦の絆

 【夫婦の絆】
20代の夫婦の絆は「愛情」、愛があれば、それだけで生きていけます。
30代の夫婦の絆は「希望」、将来への夢、相手に希望を託しています。
40代の夫婦の絆は「忍耐」、いろいろあっても、じっと我慢の子です。
50代の夫婦の絆は「諦め」、こんなはずではなかったがという心境です。
60代の夫婦の絆は「感謝」、ようやくそんな気持が湧いてきます。
70代の夫婦の絆は「労わり」、お互い老化が始まりますからね。

Photo_2






僕のお父さん

【僕のお父さん】
小学生の時僕はイジメられていた。
無視されたり叩かれたり・・・
死にたいとは思わなかったけど、
学校に行くのはとても辛かった。
イジメをするのは一部のクラスメートだけだったけど、
他の子たちは自分もイジメられるのが怖くて、誰も助けてはくれなった。
ある日授業で「自分のお父さん」の事について作文を書く授業があった。
先生はなんでもいいんだよ。遊びにいった事とか、お父さんの仕事の事とかでいいと言っていた。
けど、僕はなかなか書く事ができなかった。
クラスの子達はみんな楽しそうに書いている中、僕一人教室のなかでひとりぼっちだった。

結果から言うと、作文は書いた。
書いたのだが「自分のお父さん」というテーマとは違う事を書いた。
あとで先生に怒られるかも・・・
またこれがきっかけでイジメられるのかなと子供心にとても不安だった。
でもそれしか書けなかった。
作文は授業の終わりと同時に集められ、先生は「来週、発表会をします。」と言った。
先生はそのまま教室を後にした。
その後は頭を叩かれてイジメられているふだんの僕がいた。

「じゃあ今日は発表会をしてもらいます。」
今日は作文の発表会の日。
ただひたすら「僕の作文は選ばれませんように」ただ祈って下を向いているだけだった。
発表会は順調に進み、あと10分で授業も終わるところまで来ていた。
僕は少し安心していたのだが、その期待は無駄だった。
「では、最後に〇〇君に読んでもらいます」
頭の中は真っ白だった。
「あの、先生・・・僕はお父さんの事書いてないです。」クラス中から非難の声が上がった。
「バカじゃねえの?廊下に立ってろよオマエ」いろいろな声が飛び交ったが、
非難の意見はみんな一緒だった。
もうどこにも逃げられなかった。
「静かにしなさいっ!」突然の大声に教室は静まり返った。

「先生はどうしても読んでもらいたいの。だからみんな聞いてください」
「さあ読んでください」
いわれるままに僕は作文を読んだ。
「僕のお父さん。僕のお父さんはいません。幼稚園の時に車にはねられて死んだからです。
だからお父さんと遊んだのもどこかへ行った事もあまりありません。
それにお父さんの事もあまりおぼえていないです。写真があるのでみましたがおぼえていないです。
だからおばあちゃんとお母さんのことをかきます。

お母さんは昼間しごとにいってお父さんののかわりに働いています。
朝はやくから夜おそくまでいつも働いています。
いつもつかれたといってますが、甘いおかしやたいやきを買ってきてくれるのでとてもだいすきです。
おばあちゃんはげんきで通学路のとちゅうまでいつもいっしょに歩いてきてくれます。
ごはんはみんなおばあちゃんが作ってくれてとてもおいしいです。
お母さんが働いているので父兄参観の時にはおばあちゃんが来てくれます。
みんなはおまえの母ちゃんババァなんだとからかってくるのではずかしったけど
でもとてもやさしいいいおばあちゃんです」
「だからお父さんがいなくても僕はあまりさびしくありません。
お母さんとおばあちゃんがいてくれるからです。
お母さんはお父さんがいなくてゴメンねと言ったりするので
早く僕が大人になって仕事をしてうちの家族のお父さん代わりになって
お母さんとおばあちゃんの生活を楽にしてあげたいと思います

だからおばあちゃんには長生きしてねといつもいっていて、
お母さんにはいつも肩をもんであげています。
二人とも泣いたりするのですこしこまるけど、そんなお母さんとおばあちゃんが僕は大好きです。」

一気に僕はしゃべった。
先生には死んだお父さんのことを書けばいいのにと言われると思ったし、
クラスの子達からはおまえお父さんがいないのか?、
もしかして捨て子だったんじゃねえか?とまたイジメられるのかなと思ったりしていた。
顔をあげる事もできなかった僕は救いを求めるように先生の顔を見てみた。
先生は立ったまま泣いていた・・・
先生だけではなかった。他の子たちもみんな泣いていた。
僕が始めて好きになった初恋の子は、机にうつぶして泣いていた。
イジメていた子たちもみんな泣いていた。
でも僕にはなぜみんな泣いているのか分からずにいた。
どうして?、お父さんがいないからお母さんとおばあちゃんの事を仕方なく書いたのに。
どうしてみんな泣いているのだろう?
「〇〇君・・・」
「はい・・・」
「先生は人の心が分からないダメな先生でした。ゴメンなさい。
世の中には親御さんのいない子もいるのにね。
そういう子たちの事も頭になくてお父さんの事を書いてだなんて
あなたの事も知らなかったとはいえ本当にごめんなさいっ!」
先生は顔を覆ったまま泣き崩れていた。
それがその日起こった出来事だった。
次の日からなぜかイジメられなくなった。
相変わらず口悪くからかったりはされたけど殴られる事はなく
イジメのリーダー格の子に遊びに連れていってもらえるようになった。

先生はその後の家庭訪問でその日の出来事をおばあちゃんに話して謝っていた。
作文の事は僕は話もしていなかったので、少し怒られたけど
話を聞いた母も、今は亡くなったばあちゃんも、うれし泣きみたいなくちゃくちゃの顔で叱ってくれた。
僕も立派な、人に誇れるような仕事はしていないけど
家族のおかげで一人前の大人の男にはなれたとは思う。
大人になった今でもその時の事はなぜか覚えいるし
ふと思い出したりもする。
これが僕がかける自分の思い出です。

Photo






2018年7月15日 (日)

人は変われない?

「変われない」のではない。
「変わらない」という決断を
自分でしているだけだ。
- アルフレッド・アドラー


Photo





必ずある幸せ

この世に
100パーセントの不幸というものはない
50パーセントの不幸はあるけれども、反面
そこに50パーセントの幸せがあるわけだ
人間はそれに気がつかなければいけない

とかく人間の感情というものは
うまくいけば有頂天になるが
悪くなったら悲観する

これは人間の一つの弱い面だが
それをなるべく少なくして
いつの場合でも「たんたん」とやる
信念を持って
いつも希望を失わないでやることだ
**松下幸之助**
==========
苦しいときほど
今ある幸せに気づかなければ
いけないかもしれませんね。
必ずある幸せに。

Photo_2






人は話をすることで癒やされる

耳は二つ、口は一つ
喋る倍だけ聞きなさい
- 盛源寺ことば -


 「人は話をすることで癒やされる」 臨床心理学者のカール・ロジャースさん
「人は話をすることで癒やされる」
つまり、
たくさん聴いてあげることが、相手のためになるということです。
人の話をただ聞くのではなく、
注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾ける「傾聴(けいちょう)」が大切です。
そしてその「傾聴」には五つのレベルがあるということですので、ご紹介させて頂きます

レベル1 相槌(あいづち)をうつ。
レベル2 「はい」「えー」「なるほど」などと言う。
レベル3 相手が言ったことを繰り返す。
レベル4 相手が言ったことを自分の言葉にして(まとめて)話す。
レベル5 レベル4に加えて相手に共感する。

如何でしたか?
自分より年上の人や目上の人にはレベル3くらいまで出来ているけど、
年下や後輩には、意外と出来ていなかったりしますね・・・
奥さんの話なんかも、傾聴して聴くと、どんどん盛り上がっていくものです。

間違っても、「で、何が言いたいの?」なんて言ったらいけませんね。
最初から結論なんて持っていないことが多いんですから(笑)
ただ、聴いてもらいたいだけだったりすることもあります。
たくさん聴いてくれる人との間には、そこに信頼関係が構築されます。
口は1つですが、耳は2つありますね

話すより聴く方を多くした方が良いよって、神様も言っているのでしょう。
経営の神様といわれた“松下幸之助”さんも、
「素直な心というものは、誰に対しても、何事に対しても謙虚に耳を傾ける心である」
と言っています。

「傾けて聴く」と書いて「傾聴(けいちょう)」ですね

Photo_2





2018年7月14日 (土)

森公美子、12年に及ぶ夫の介護生活で救われた言葉とは?】

 【森公美子、12年に及ぶ夫の介護生活で救われた言葉とは?】
タレント・森公美子(58)が、7月11日放送のフジテレビ系『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に出演。
12年に及ぶ夫の介護生活の中で、「介護士の一言に勇気づけられた」と告白した。

森は結婚生活5年目を迎えた2006年、夫が交通事故に遭い頭を強く打って右半身不随に。
言語にも障がいが残り、かまなくても流し込める食事「嚥下(えんげ)食」になった。
 そんな中、介護士の「家族は家族を介護できない。プロに任せればいい」という言葉に救われたという。
 森が「え? いいの? 任せても?」と言ったら介護士は「自分で心を病むことはない。
プロがいるんだからプロに任せなさい」と返答してくれた。
森は「任せたら、主人も楽になった。頼る勇気ってすごく必要」と力説した。

 ゲストのタレント・長嶋一茂(52)も「家族が介護すると両方潰れちゃう。
介護で自分に付きっきりになったら介護される方も負い目が出来てしまう。
全く突き放すとか、ゼロは良くないけど50%も必要ない、
たまに顔を合わせる位でちょうどいい」とうなずいた。

Photo






あのときのあの苦しみも

あのときの
あの苦しみも
あのときの
あの悲しみも
みんな肥料になったんだなあ
じぶんが自分になるための
 - 相田みつを -

Photo_5






弱さをさらけだす勇気

 【弱さをさらけだす勇気】 松岡修造さん
自分の「弱さ」と向き合えば、僕たちはもっと成長していけると思います。
自分の弱さと向き合うときに、注意してほしいことがひとつあります。
それは、他人と自分を比べないことです。

「あの人みたいに強くなりたいな」と思える身近な人を目標にして頑張るのはいいけれど、
その人と比べて「自分はダメだ」なんて思ってはダメ。
とくに、まわりから高く評価されている人たちと自分を比べてはいけません。

スポーツや勉強が常にトップの子、仕事が抜群にできていつもほめられたり表彰されたりしているような人たちは、
華やかな“表サイド”ばかり目に入るため、「こんなにすごい人がいるのに、自分はダメだ…」と、どうしても比べてしまいがち。
自分のやったことがみんなに注目されないと頑張った感覚が持てない、という人もいるでしょう。
また、うまくいっていたときの自分と比較して、いまの自分を否定したくなってしまうこともあるでしょう。
もう、それはやめませんか?

周囲の評価とは関係なく、みんな一所懸命に頑張っている。
そこは平等なんだという意識でいるほうが、自分自身の心の状態を、より正確にとらえることができるようになるはずです。
成績がいい、何かの賞を獲(と)った、社会的に高いポジションにいる、といった人たちだけが「強い人、成功者」なのでしょうか。
僕は、そうは思いません。

テニスの現役を卒業してから20年がすぎました。
その間にいろいろな方々とお会いしてきたなかで、「本当の意味での人の評価は、目に見える成功だけでは測れない。
いちばん大事なことは、その人がどう生きているかなんだ」と、心から思うようになりました。

世の中には、地道にがんばっているのに結果が出ず、評価されない人たちがたくさんいます。
たとえば、早朝から部活に出ていき毎日欠かさず練習ノートを書いているのに、いつも1回戦で負けてしまう子供たち。
勉強や仕事に一所懸命取り組んでいるのに、トップになれず、目立たない人たち。
能力はあるのに日の目を見るチャンスに恵まれない人たち…。

ひっとしたら、「自分は弱い、ダメだ」と思い込んでいるかもしれません。
でも、地道な努力を続けることは、それ自体人間としての強さであり、僕から見ればすごいことをやっているんです。
みんな、それぞれに「人生のチャンピオン」!
僕は心から尊敬しています。

人と自分を比べず、いま、このときに自分のベストをつくす…。
そういう人たちを、僕はこれからも応援し続けます!
 『弱さをさらけだす勇気』 講談社

弱さをさらけ出せる人は、実は強い人だ。
逆に、弱さをさらけだせずに、強がっている人は、本当は弱い人。
強がっている人は、「虚勢をはる」「ツッパる」「背伸びをする」「カラ威張りする」「見栄をはる」人だ。

自分の弱さをさらけだせる人は、たとえば、自分の失敗をネタにできるような人だ。
失敗を隠さずに、それをネタにして笑いをとるような人。
失敗を隠す人は、見栄をはる人。

弱さをさらけだす勇気を持ちたい。

Photo_4






2018年7月13日 (金)

大丈夫?

【 大丈夫?】
忙しいのに「大丈夫」
疲れてるのに「大丈夫」
会いたいのに「大丈夫」
一緒にいたいのに「大丈夫」
帰り際の「大丈夫」
笑いながらの「大丈夫」
泣きたいのに「大丈夫」
「寂しい」を言えなくて「大丈夫」
大丈夫じゃないのに「大丈夫」

Photo_3






おかあさんを責めるまえに

飛行機で赤ん坊を連れた女性と隣り会った。

僕は窓の外を見たり、
本を読んだりして過ごしていたが、
女性は赤ん坊を胸の前に抱え、
荷物を座席の下に入れるのもひと苦労で
まるで甲胃を着て飛行機に乗っているようで
しかもその甲胃は生きていて
猫のように勝手に動くのだ。

せっかいにならない程度を見計らって
僕も手伝ったが、
その度に「すみません」と謝るように
丁寧にお礼を言われた。

赤ん坊は無慈悲な乱暴者で
髪を引っ張ったり
前の人の頭を触ろうとしたり
おんぶ紐を外そうとしたり
おっぱいを欲しがったり、
やがて泣きだした。

事情を知らずに泣き声だけ聞けば
お母さんの監督責任を追求する人もいるだろう。

どうか遠くのお客さん怒らないでください。
彼女は全く休む暇もなく
二人分の荷物を持って降りて行ったが
全く頭が下がる。お母さんてものは
こんなにも大変なのか 
その片鱗をみた思いである。

たかだか数時間のフライトだったけど
この暴君と二十四時間付き合う
母親は大変な忍耐だ。
壮大な愛である。

もし家族や行政のサポートも受けられず
一人で赤ん坊を育てないと
いけない環境でいたら
おかしくなってしまうのも仕方ないかもしれない。

そういったお母さんを責める前に
もしくは子どもを産めや育てやと言う前に
まずは全てのお母さんに
もっと感謝すべきですね
昔赤ん坊だったことのある人は

作家:前田司郎
参照元:東京新聞(TOKYO Web)

Photo_2





2018年7月12日 (木)

あるべき姿を選ぶのはあなた

あなたの過去に
どんなことが起きたとしても
あなたのこれからの人生で
あるべき姿を選ぶのはあなた。
あなたは自分の運命を決められるの。
たとえどんなつらい過去があっても
それを乗り越える強さを
あなたは持っているんです。
(アンジェリーナ・ジョリー)
アメリカの女優

Photo_2






心から幸せになる18の言葉

幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せに感じる!
心から幸せになる18の言葉

(1) 幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せに感じる
(2) 相手にくだす価値判断は、すべて自分に対する価値判断
(3) 不平不満の多い人というのは、「ただ感謝が足りない」だけ
(4) 何が起こったかではなく、起こったことに対し、あなたがどうするか
(5)幸と不幸は表裏一体、独立しては存在できない

(6) 「できない」苦しみが無かったら、「できた」喜びは生まれない
(7) 人生で恐れることは、実は何もなくて、学ぶことがあるだけ
(8) 「築いた者」より、「気づいた者」が 成長する
(9) ただしい人生から、たのしい人生へ
(10) いつかやるではなく、“今”できることからやる

(11) 現実は 外の世界で、起こっているのではなく、心が創り出している
(12) 「幸」「不幸」は存在しない、その人の心が決めているだけ
(13) 楽な日々は過ぎ去る、充実した日々は積み重る
(14) 当たり前のことが、当たり前なとき、それを幸せと呼ぶ
(15) 辛いときこそ、感謝を忘れてはいけない

(16) 辛くなったら呟いてほしいこと、「まっ、いいか」、「なんとかなる」
    今を頑張ってる自分を、自分が許してあげよう
(17) 答えはすべて自分の中にある
(18) すべてはうまくいっている

■ 幸せを強く求めると幸せが遠のく!
今回ご紹介させて頂いた言葉の中で、12の「幸」「不幸」は存在しない、
その人の心が決めているだけ、
これが一番心に響きました。本当にそのとおりだと思います。

私自身数年前まで「幸せ」という言葉に振り回されすぎていました。
というのも当時の私にとって幸せとは仕事で評価されることだったので、
一人ブラック企業と同僚から揶揄されるほど毎日遅くまで働いていました。

しかし、会社側から要求は年々大きくなるばかり、
しかも、誰からも感謝されることなく、
当たり前のように大きな成果を達成することを求められていたので、
これが大きなプレッシャーとなりました。そして、幸せはどんどん遠のく一方でした。

■ 過酷な状況から自分自身の幸せを追求する!
逃げたくなるような辛いことも多かったのですが、その辛い状況に身を置いたことで自分の幸せを追及するようになりました。その過程で誰もが羨むような大きな幸せよりも日常に隠れている小さな幸せに気づける自分でありたいと強く思うようになったんです。

そのおかげで、仕事への過度なプレッシャーからも解放され、すべてのことが楽になりました。幸せは自分の心がきめる、といったことが良く言われていますが、小さな幸せをいつでも感じられるようになるために、日々一つ一つのことを大切にしたいと強く思います。

Photo






2018年7月11日 (水)

ありがとう

ありがとう
つらいことがおこると、感謝するんです
これでまた強くなれると、ありがとう
悲しいことがおこると、感謝するんです
これで人の悲しみがよくわかると、ありがとう
ピンチになると、感謝するんです
これでもっと逞しくなれると、ありがとう
つらいことも、悲しいことも、生きることが人生だと
言い聞かせるのです、自分自身に
そうすると、ふっと楽になって、楽しくなって人生が
とても光り輝いてくるんです
ピンチはチャンスだ
人生はドラマだ
人生がとてもすてきに、すばらしくよりいっそう
光り輝きだすんです
ますます光り輝く人生を、ありがとうの心と共に

*****************************************
人生は
良い事も
悪い事も
沢山おこります
全てに
ありがとう!と
感謝する
人生にしたいです!


Photo_3

ミスを心配する

「何やってんだよ!」日ごろから妻のミスを責めている夫 それに対し妻は?

日常生活でのちょっとしたミスは、誰でもしてしまうものです。
妻のミスを、責めてしまうことが多かったという漢弾地さんも、
「飲み物をこぼす」というミスをしてしまいます。
妻から同じように責められるかと思いきや、意外な言葉をかけられました…。

「大丈夫? 疲れているなら休みなよ」

漢弾地さんは自分と妻の違いに気付き、反省したといいます。
そして、妻と同じように優しい言葉をかけるようにしたのです。
この話に多くの人が感銘を受けました。

「いつも気付きを与えてくれる奥様の言動。2人の関係はとても素敵ですね。
そんな妻の対応に気付き、反省できるのも素敵なことです。
素晴らしい。奥さんの姿勢を見習いたいです。

相手に嫌な言葉をかけられているから、自分も相手に嫌な言葉をかける…
そんな悪循環が、人間関係を崩壊させることもあります。
夫から責められても、責め返さなかった妻。そんな妻を見て、自分の行動を反省した夫。
相手を気遣う言葉の重要性に、改めて気付かされますね。



Dfp2ai0u0aanuqo1_3  

2018年7月10日 (火)

相手は変えられないよ

あんまり相手を
変えようとしない方がいいと思う。
相手は変えられないよ。
自分しか変えられない。
相手にちゃんと
ありがとう言ったり
感謝したり
こっちが変わる方が得だね。
それでも嫌なら
別れる方がいいかもよ。
不機嫌になってたら
一日もったいないから
- みやぞんさん -

Photo






楽な道を選んだら後悔しか残らない

「楽な道を選んだら後悔しか残らない」
いくら懸命に仕事に取り組んでいても
思うようにいかない時は必ずあります。
けれどもめげることなく、
真っ向から打ち込んでいれば、

後からその困難のおかげで
いまがあると思える時が必ず来ます。
そう思える悔いのない仕事を
積み重ねていくためにも、
私が鉄則にしてきたのは
「迷った時は困難な道を選ぼう」と
いうことでした。
仕事ではもちろん合理的な判断が必要です。
しかしとことん検討しても結論が出ない時には、
物理的にしんどいほう、
体がしんどいほうを
選ぶべきだというのは、
私の体験から確信しています。
二十代の頃、夜中にようやく仕事を終えて
帰宅しようとしているところへ、
校長先生が相談に見えることもしばしばでした。
そういう時には、いくら疲れていても
日を改めることなく、
再びデスクへ戻って相談に応じました。
熱中し、気がつけば
夜が明けているのがたびたびでした。
夜中に生徒が何らかの問題を起こした場合、
これからすぐ全員で
一斉に家庭訪問をするべきか、
それともこんな夜中に家庭訪問をしたら
批判が出るから明日にしようか、
どちらにすべきか迷う時があります。
そしてどうしても判断のつきかねる時には
体のしんどいほう、つまりその晩のうちに
家庭訪問をしておいたほうが
状況は必ずよい方向に向かったものです。
困難な道を選んで失敗したら、
それは教訓になります。
しかし楽なほうを選んで失敗したら
後悔しか残らない。
これまで仕事に打ち込んできて得たこの教訓を、
いま二十代を生きる方々に贈りたいと思います。
-引用元-
門川大作(京都市長)
(『致知』2014年6月号
「長の一念」より)
=======================================
とても教訓になるお話ですね。
人間だれもが、「楽をして過ごしたい」と
願うのは常でしょうね。
しかし、楽をしてきた過去を振り返っても
脳裏に残っている思い出は少ないはず。
反面、苦労や困難を経験してきた数が
心の成長となって、より大きな人格を
形成させてくれるのでしょうね


Photo_2






2018年7月 9日 (月)

気づけて感謝

あの人が話を聞いてくれない。
だから、私が伝え方を工夫できる。
子どもがいう事を聞かない。
だから、私が成長できる。
スタッフが仕事が遅い。
だから、僕が仕組みを作れる。
彼らが動こうとしない。
だから、こちらが見せていける。
彼女が愚痴ばかり言う。
だから、自分はステージを上げられる。
旦那が帰ってこない。
だから、私はレベルアップできる。
他人はこちらの都合で変わらない。
だから自分はどんどん成長できる。
本当にありがたい。気づけて感謝。

Photo_6



アンガーマネジメント

怒りを鎮める最強の方法
 「アンガーマネジメント」をきわめて

「怒りはどこからくるのか?」
日々の暮らしの中で怒りがこみ上げてくることが誰にでもあると思いますが、

そこで怒りを爆発させてしまうと、取り返しの付かないことになってしまいます。
仕事柄電車を利用することが少なくないので駅のホームで口論になっている人をよく見かけますが、お酒が入っていたりすると余計に抑えが効かなくなるため、勢い余って手を上げてしまうケースが少なくありません。

打ちどころが悪いと死に至ってしまうこともあるだけに注意が必要です。そうした中、欧米では「アンガーマネジメント」という怒りを抑えるための方法がビジネスマンを中心にもてはやされています。

ちなみに「アンガーマネジメント」を身につけることによって自由自在に怒りをコントロールできるようになると、年収が約2倍になり、平均寿命が7年長くなるといわれるくらい、プラスの効果をもたらします。

では、その肝心の「怒り」は、どこから来るのでしょうか?。元来怒りは人間を含めた動物が自分の身の危険を感じたときに感じる、「生死に直結する感情」といわれていますが、現代で身の危険を感じるような状況にある人はほとんどいませんよね。

むしろ、自分以外の誰かに恥ずかしい思いをさせられたり、損をこうむったり、バカにされたりといったことを直接的、間接的に受けたときに怒ることが多いですよね。

「アンガーマネージメントとは?」
アンガーマネージメント研究会では、アンガーマネージメントを学ぶ機会を一般に提供していまして、主な目的は以下のとおり3つあり、全部で5つの課程を学んでゆきます。

(1)生理的反応への対応
興奮した身体やこころを鎮静化するために「ストレスマネージメント」を学びます。

(2)認知反応への対応
混乱しているこころの状態の整理をするために考える力を育てます。
状況を客観的に把握したり,視野を広げたり,先を見通す力を育てます。

(3)向社会的判断力・行動力の育成
自分の気持ちや欲求を適切な方法で表現する「ソーシャルスキル」を学びます。

「アンガーマネジメントを身につけるメリットとは?」
怒りは必要な感情ですが、そこにとどまり続けることは精神衛生的によくありません。怒りからできるだけ早い段階で自分自身を解放しなければなりません。

普段から怒っている人は、どうしても近寄りがたい印象をうけますよね。職場でそうした人と働くのは難しさを感じることが多く、場合によっては強いストレスを感じます。

例えば職場のAさんという方が怒りの感情を露わにし、あなたが不快に感じたとします。そうした場合は、あなただけでなく、周囲の人をも同時に傷つけているんです。

ではどうすればいいか?。アンガーマネジメントでは、怒りを他の形で表現することで、より良好な人間関係を築き上げていくことから、ストレスを無理なく抑えられます。

欧米ではアンガーマネジメント導入することによって、マネージメントする立場にある上級職によるパワーハラスメントを大幅に抑えることに成功しています。

リーダーが怒りを上手にコントロールできるようになると、やがて職場全体に柔らかい空気が広がっていきます。当然こうした動きが業績にプラスに反映されます。

「アンガーマネージメントの主な手法とは?」
その1.怒りを点数化する
単純に怒りの感情を点数化します。1~10段階の範囲内で怒りの度合いを点数化して評価します。

その2.怒りを書きだす
なぜ自分は怒っているのか、その感情を思うがままに紙に書き出していきます。

その3.怒りに優先順位をつける
怒りの優先順位をつけることによって、どのように対応するか振り分けてやります。一番優先順位が低いものは無視が基本です。

その4.いろいろな価値観を楽しむ
いろいろな価値観を楽しむ=器を大きくするといってもいいかもしれません。いろいろなことに理解を示せるようになるので、怒る機会が激減します。

その5.怒りを抑える魔法の呪文を用意する
私の場合は怒りを抑える呪文と歌を自分で作りました。大したものではないのですが、いくつかのパターンがあり、状況に応じて使いわけてます。

その6.深呼吸する
人間は怒ってから6秒間経過すると自分で無理なくコントロールできるくらいまで怒りが収まりますので、ゆっくりとした深呼吸を行なうことが非常に効果的です。

その7.白か黒かの判断を下さない
人はどうしても自分を優位な立場に身を起きたいという虚栄心に似た願望があるので、一方的に決めつけることがありますよね。白か黒かで判断しようとすると逆に今度は器が小さくなりますので、

例えば仕事で自分よりも上の立場にある人から嫌な思いをさせられたときは、心の中で「パワハラ、パワハラ、パワハラ110番~~」と、怒りがおさまるまで歌います。

その8.体調を管理する
睡眠不足や体調がすぐれないときにイライラすることが多いですよね。常に心と体が健康であるためにも、体調管理は非常に大切です。

その9.気分転換できるものを用意する
怒りを抑えるには、怒りを忘れることが一番です。たったこれだけでストレスを大幅に抑えることができます。そのために必要なのが「気分転換」です。

趣味に没頭すると嫌なことを忘れますよね。怒りを忘れる方法としては今のところ一番かもしれません。

その10.100点を目指さない
何をするにも100点を目指すようになると人としての器がかえって小さくなりますので、怒りが増えることになります。ですので、60点から80点で満足することを心がけます。そうすることで怒る機会が少しずつ減ります。

その11.人や物を褒めることを習慣にする
積極的に褒めることによって、人の良い所が自然と見えてくるようになります。次第にあなたに褒められたくて人があなたのそばに集まるようになります。

【 出典 】 樺沢紫苑先生


2018年7月 8日 (日)

僕は。

 「僕は。」
僕は、遅いかもしれない。ても、走ろうと思う。
僕は、悲しいかもしれない。でも、隠そうと思う。
僕は、負けるかもしれにい。でも、戦おうと思う。
僕は、弱虫かもかもしれない。でも、強くなろうと思う。
人生は過酷かもしれない。でも、夢見ようと思う。
翼は折れたかもしれない。でも、明日へ飛ぼうと思う。
僕は、君の望むような僕じゃないかもしれない。
でも、きみの、きみの心の火が消えそうなときは、
そっとこの手をかざそう、いつまでも かざそう。
 NHK 連ドラ 「半分、青い。」より


Photo_2



忙しいときに、愚痴や泣き言をさんざん言う人

 【忙しいときに、愚痴や泣き言をさんざん言う人】 小林正観さん
「8月のお盆がくるのが嫌だ」という話をされた方がいました。
「8月は、めちゃくちゃ忙しくて寝る暇もない。でも、1年分の稼ぎがそこに集中する」そうです。

私は、その人にこう尋ねました。
「では、あなたは、8月のお盆になっても仕事がこないこと、仕事が殺到しないことを望んでいるのですね」
その方は、しばらく考えてからこう答えました。
「いいえ、8月の仕事がこなくなると困ります」
1年分の稼ぎがそこで上がってくるのですから、8月に仕事が殺到しないと困るのは当然なはずです。

「忙しくて嫌になってしまいます」という言葉を、宇宙に向かって言っていると、神様はそれを聞いて、
「忙しくないのが好きなのだったら、忙しくないようにしてあげます」
と考え、その通りにしてくださるようです。

ある時期にたくさんの仕事があって楽しくやっていたのに、
いつの間にか仕事がなくなって売上が上がらなくなった、という人には「ある共通項」があります。
それは、「忙しいときに、愚痴や泣き言をさんざん言っていた」ということです。

神様は愚痴や泣き言をすべて聞いていて、
「あなたは、忙しくないことを望んでいるのですね。そうですか、わかりました」
と言って、仕事も売上も取り上げてしまうようです。
だから、「忙しいことが、どれほど嬉しくて楽しいことか」といことをきちんと理解したうえで、
誠実に仕事をしたほうがよさそうです。
  『ありがとうの奇跡』 ダイヤモンド社

今ある幸せに慣(な)れてしまって、それを当然だとか、当たり前だとか思ってしまうことは多い。
「ありがとう(有り難う)」の反対は、「当たり前」だと言われる。
「ありがとう」とは、有ることが難(かた)い、すなわち、この世に存在することがまれであるということ。

「忙しい」ことは、ヒマで仕方がない、仕事がまったくない人から比べたら、天国ようようなこと。
その忙しい状態に慣れてしまうと、つい文句が出てくる。
起業した会社の10年後の生存率は10%を切っていると言われる中、
本当は、「忙しい」ことは、稀(まれ)なこと、奇跡のようなことなのだ。
つまり、感謝こそすれ、文句をいうなどはとんでもないということ。

カガミの法則のように、文句を言えば、文句を言ったことが、そっくりそのまま返ってくる。
「忙しくて、やってられないよ」と言えば「やってられない」状況がそのうちやってくる。

多くの人は、今ある幸せに感謝することを忘れている。
病気になったり、ケガをして動けなくなったり、会社の業績が悪くなったりしたときに、
はじめて、今ある健康や、仕事があること、家族の助けなどの「有り難さ」に気づく。
どんなときも、愚痴や泣き言をいわない人でありたい。

Photo






2018年7月 7日 (土)

笑顔は最大の武器

笑顔は
最大の武器である
辛いときこそ笑えば
チャンスや人を
引き寄せる
- 田口久人さん -

Photo_4



明確な同意がない性行為は違法

7月1日から、スウェーデンでは明確な同意がない性行為は違法となった。
 スウェーデンの国会が5月に可決した性犯罪に関する法律によると、性行為を行う人は互いに言葉あるいはその他の形で明確に同意したと意思表示する必要がある。両者の自由意志によって行われたのではない場合、暴力や脅しがあったかどうかに関係なく、刑事犯罪となる。これまでの法律では、「レイプ」と見なされるのは、暴力や脅しがあった場合だった。

 暴力を伴うレイプ、および児童に対するレイプは最低でも5年間の実刑となる。以前は4年だった。
 同意なしの性行為をレイプとする国は、西欧諸国ではスウェーデンのほかには、英国、アイルランド、ベルギー、キプロス、ルクセンブルグ、アイスランド、ドイツ。

 日本では、昨年7月から性犯罪を厳罰化する改正刑法が施行されている。「強姦罪」は「強制性交等罪」という名称に変更された。それまでは女性のみだった被害者に男性が入るようになり、法定刑の下限が懲役3年から5年になった。起訴をするために必要だった、被害者の告訴はいらなくなった(「親告罪」としての規定を撤廃した)。

 しかし、強制性交等罪にはその手段として「暴行・脅迫」があることが前提となる。これが適用されないのは相手方が13歳未満の人のみ。脅迫・暴行がなくても、そして双方の合意があったとしてもこの罪に問われる。

Photo_3



2018年7月 6日 (金)

心配事の九割は起こらない

心配事の九割は起こらない

- 枡野 俊明さん -


Photo_2





親の本気が迷子の息子を目覚めさせた

部活動が終わり、職員室で学級の仕事をしている時でした。
外はもう真っ暗。職員室は、数人の職員だけでした。
突然、職員室の電話が鳴りました。
電話の近くにいた私が受話器を取ると、「中野先生ですか?息子が今、家で暴れて…」
と、声にならぬ声でお母さんが話しだしたのです。
私は状況もわからぬまま、彼の家に向かいました。
彼はここ数日間、学校をサボりはじめ、親に対して反抗的な態度をとるようになっていました。

朝の会が終わり、クラスの生徒に、「ちょっと出かけてくる」と言って、私は何度か彼の家に行きました。
彼の家に入り、ベッドで寝ている彼の布団をいきなりはがし、「朝だぞ!」と。
寝ぼけながら返事をする彼を起こし、しばらく彼の部屋で話をしました。
「学校で待っているから」と伝え、彼の家を後にしていました。
そんな生活が続いている時に、彼が家で暴れたのです。
彼はいろいろと問題を起こし、地域でも何かと目立つ存在になっていたのです。
何度も家庭訪問をし、保護者とも話をしてきました。

ある日、父親がつぶやくように話しました。
「息子は、みんなに迷惑をかけています。
『親がだらしない』とか、『もっと親が厳しくしないからだ』とか、いろいろな声が入ってきます。
一時はこの地域を歩くことも、辛かったです。でも、私は息子の親です。
周りが何と言おうと、息子の親なのです。しっかり歩いていかなければ…」

玄関を入ると家の奥から、彼の大きな声が聞こえてきました。
「おやじ!!」
すぐに家に上がり、声のする方に行くと、
体の大きな彼と取っ組み合っている父親の姿がそこにありました。
彼の目は涙でいっぱいでした。
私は二人の間に入りました。
そして、興奮している彼の手を取り、「息子さんと少し話をさせてください」と両親に伝え、外に出ました。
彼は素直に私の車に乗りました。
その素直さに、彼は誰かに止めてほしかったのだな、ということが感じとれました。

彼と夜のドライブです。
彼は、助手席でずっと黙って下を向いたままです。
彼の足元に、涙がポツポツと落ちているのが、運転している私にも分かるほどでした。
しばらく車で走りました。
運転しながら、「おい、どうする?」という私の言葉に、
彼は「うん」と小さな声でうなずきました。

親とのトラブルの原因など、私にも彼にも、どうでも良かったのです。
彼の涙は、自分が親に手を出したことに対して、自分を責めている涙だったのです。
「帰ろうか?」「うん」
「あやまれるか?」「うん」
こんな会話だけで、彼を家まで送りました。

玄関には、彼を迎えるように両親が立っていました。
彼は小さな声で、
「ごめん」と。
両親は安心した顔でしたが、「声が小さいぞ~~」と、おどけて私が彼に声をかけると、
彼は、照れ笑いをしながらも、大きな声で、
「おやじ、ごめん!」
そのまま恥ずかしそうに、彼は自分の部屋に飛び込んで行きました。

彼が成人してから、時々その学年の生徒と一緒にお酒を飲んでいます。
ある日、彼が飲みながら同級生に、こんなことを話したそうです。
その話に、私はちょっとした驚きを禁じえませんでした。

いろいろなことで悩んでいる同級生がいたそうです。
その同級生に対し、彼がアドバイスをしました。
「親父に何でも話をしてみろよ。
意外に親父って頼りになるぜ。俺は今、親父が一番頼れるよ」と。
もう数年前のことでありながら、私は、しみじみとした喜びがこみあげてきました。
あの夜、暴れ狂う彼に、親として
文字通り体当たりでぶつかったお父さん。
そんなお父さんの本気が、彼の中に眠っていた、本来の彼を目覚めさせてくれたのです

教育者として暴力に暴力で向かうことを肯定するわけではありません。
あの時は、ここぞという時に湧き上がってくる
お父さんの「本気」が体当たりの形になったのです。
そう、親の「本気」こそが本来の子供の姿を取り戻す引き金になる、
そのことを私もよく分かったのです。

Photo






2018年7月 5日 (木)

明日を精一杯生きるより

明日を精一杯生きるより、

今日を精一杯いきなきゃいけない


Photo



幸せはいつも自分の心が決める

他の誰かのように美人にならなくていい
他の誰かのように遊び上手にならなくていい
他の誰かのように立派にならなくていい
他の誰かのように幸せでなくていい
違う誰かになろうとするから
他人がどう思うかを気にしすぎて
苦しくなってしまう
他人と比較して
落ち込んでしまう。

相手を支配しようとして
自分がその支配欲に 心を支配されてしまう。

大事なのは
人がどう思うか、世間がどう思うか、ではなく
「 自分がどうしたいか 」ということ
無理やり相手を変えようとするよりも
自分が自分の個性を磨き
自分らしさを 表現していくこと

自分らしく美しく
自分らしく楽しんで
自分らしく表現し
自分らしく幸せであればいい
勇気を持って
悪い習慣 やり方を手放し
あなたの意識の焦点を
あなたが 情熱を感じる方向に
あなたが ワクワクする方向に
向けていこう。
ひとの思惑から自由になり、
自分の軸をもって生きるようになると
他人の気持ちには「 気づく 」けれだも
周りの人や環境の変化に振り回されずに
より的確に対応できるようになっていく

これからは
「 勝ち組 」ではなく
「 価値観 」が 幸せになる時代



2018年7月 4日 (水)

男性は理性。女性は感情?

男性は理性で好きになって
感情で嫌いになるそうです。
だから嫌いな理由は
うまく説明できないけど、
好きな理由を言わせたら
語りまくるのだそうです。

女性は感情で好きになって
理性で嫌いになるそうです。
だから好きな理由は
うまく説明できないけど、
嫌いな理由を言わせたら
喋りまくるのだそうです。

Photo_3






認知療法・認知行動療法とは!?

 『 認知療法・認知行動療法とは!? 』
ものの見方や考え方は専門用語で「認知」と呼ばれているが、偏った考え方は自らを罠に陥れているようなものだ。認知に働きかけて、こころのストレスを軽くしていく治療法を「認知療法・認知行動療法」と言う。
認知行動療法の権威、精神科医のアーロン・ベックによると、我々は誰しも「認知の歪み」にはまり込むことがあるという。認知のゆがみは、うつや孤独、不安などの問題が出てきて、日常生活に支障をきたす。
以下の12項目は、人が陥りやすい12の思い込み、認知の歪みである。1日、あるいは1週間に、自分が何度こうした歪みに陥るかに注目してみる。
それに気づくだけでも、意識的にその頻度を減らす努力ができるのだ。

1. どうせまた同じことになると決めつける
一度か二度、嫌な体験をすると、これから起こるすべてのことがまた同じようなことになると思ってしまう。
皮肉なことに、こうした思い込みによる勝手な予想は、自らに不幸を呼び悪い結果を導いてしまうこととなる。

2. ねばならないという考え方
人は皆、"○○すべき" という世界に生きている。"あんなことをするべきではなかった。そうすればこんなことにはなかったのに" という具合だ。
だが、「もしも」の世界の結果が必ずしもあなたの想像通りになるとは限らない。もうそういう考えは放っておこう。物事はなるようにしかならない。
次はもっとうまくやろうと自分に言い聞かせること。

3. 白黒はっきりつけたがる
枠組み外の可能性に目を向けるのはなかなか難しいが、たくさんの選択肢があり、それはたいてい白黒はっきりしないグレイゾーンに存在するものだということに気づくこと。ゼロか百かの世界にはほとんどなにもない。

4. 全てを否定的に考えてしまう
何を言われても肯定的に受けとれない。それがネガティブ思考である。
無意識のうちにすべてがネガティブな展開になると思ってしまい、否定のスパイラルまたはネガティブな罠にはまり込んで落ち込む一方になる。自分自身の考えに囚われ、同じ場所で堂々巡りして、抜け出すことができなくなってしまうのだ。

5. 人の心を決めつけ、心が読めると思い込んでしまう
勝手に相手の思っていることを想像し、なにを考えているかがわかると思い込んでしまう。だが、心理学者ですら、自分の患者が本当はなにを考えているか、半分しか推測できないという。

6. 小さいことを大ごとにとらえる
些細なことを大げさに騒ぎたてると、苦しみでがんじがらめになり、すべてが悪い方向に行くような思考回路から抜け出せなくなる。

7. 必要以上に自分を責める
物事がうまくいかないことを自分のせいにしていると、罪の意識に苛まれるようになり、苦しみのサイクルが延々と続いてしまう。自分の過ちを認めつつも、これから先うまくやる方法を考えるのが、より健全な道だ。
すべてが自分のせいで起こる、または悪いことだけ自分に起こると考えるのはよくない。ほとんどの物事は、ひとつだけではなく、さまざまな理由が絡みあって起こるものだ。少なくとも、あなただけの責任ではない。

8. 誤ったレッテルを貼る
人間だもの、状況判断を誤ったり、誤解をすることはある。やったことがすべて失敗したから、自分は落伍者だというレッテルを貼るのは間違いである。また、一度張ったレッテルは絶対ではない。レッテルを守るのに必死で、真実に目を背けるのはやめよう。

9. 肯定的なものまでも否定する
友だちも含め、他人を信用できない理由を探してばかりいると、惜しげなく向けられる真の賛辞すら聞く耳をもたなくなる傾向がある。肯定的なものを否定する考え方は、友情を壊し、せっかくの親交をむしばむ。

10. 思考と真実の見分けがつかなくなる。
実際には、その人の考えは単なる考えなのだが、それが真実だと信じる。特にそれが客観的には真実ではない、または確かなものとははっきりわからない考えの場合は、それに固執するのはやめたほうがいい。
そうしないと、間違ったレッテルを貼ることにつながる。特に自分の頭の中だけに存在するものを真実化しようとしているときはそうだ。

11. 感情的な理由づけ
 なにかを感じたときにそれは本物に違いないと考える。例えば、不安を感じて、なにか恐ろしいことが起こると確信したりすることだ。

12. 拡大解釈と卑屈な解釈
重要なことをやけに軽く考えたり、些細なことを大げさに考えたりする傾向がある。物事をはっきり客観的に見るようにできることが鍵だが、必ずしも簡単なことではない。
気づきはいつでも、物事を変えていくプロセスの最初の一歩だ。認知行動療法はあなたの思考プロセスの実態を認め、有効に利用していくのに役立ち、あなたのものの見方をより健全にしてくれる。
  【出典】 カラパイア

Photo_2






2018年7月 3日 (火)

継続は力なり

3年やって一人立ち。
10年やって一人前。
20年やって職人芸。
30年やって巨匠。
40年やって神業。
何かを極めるのには時間がかかります。
たった3ヶ月で辞めてしまっては、
何も身につきません。
あれこれ極める必要はありません。
自分の信じた道を真っ直ぐ。
才能の見極めも大切ですが、
続けることも大切です。


3





人間関係は腹6分

人間関係は腹6分、他人の嫌な部分は“見ざる、言わざる、聞かざる、思わざる”が基本。
 美輪明宏の言葉
(1)
「もし自分が相手の顔や姿、能力、育つ環境だったら…」と冷静に考えをめぐらせるのです。
そうすると相手のひねくれた言動も、あの家族や生活環境の育ちでは無理もないと哀れむ慈悲の心が芽生え、嫌悪や憎しみが薄らぐのです。吾は神である、仏である、菩薩であるといつも言い続け、口癖にしてください。
それに相応しい人に段々なってゆきます。
(2)
同性に不快だと思われるのが“エロ”で、同性も好感を持つのが“色気”です。
あなたが色気のある女性になりたいと思うなら、自分は美しくあるべきだという意識を持ち、些細な行動や言動にも思いやりといたわりを持ち、慈愛に満ちた生活習慣を忘れないことです。
(3)
前向きに生きていくために最も大事なことは、愚痴や悪口のようなマイナスの思いや言葉は発しないことです。思念や言葉は本当に凄い力をもっています。
いつも美しい言葉遣いで、元気で前向きなことを思い言っていれば陽のエネルギーが現象となり自分を取り巻き元気になりますが、その反対にマイナスなことばかり思い、口にすれば、運気が下がり言ったこと全てが現象となり自分に返ってきます。
それは当然で、口からマイナスなことばかり言ったりする人間には、誰も近寄りたがりません!一人寂しく物凄く孤立することになります。
(4)
何か問題がある度に感情的になって、泣きわめき落ち込み嘆いてばかりいても、それはただ時間とエネルギーの無駄使い。感情をコントロールする修行はできません。まずは、悩まずに考える習慣をつけましょう。
(5)
私が“恋愛の伝道師”と言われるようになって久しいのですけれど、私が皆様に何よりも知っていただきたいのが“無償の愛”です。
自分の欲求や我を捨てて、何の打算も計算もない、ひたすら相手のためだけを考える絶対的な愛がこの世には存在します。

(6)
人間は誰しも一人で生まれ、一人で死んでいくように宿命的に孤独が自然の姿です。
たとえ大家族で暮らしていても、誰しも晩年になれば老いの孤独を感じるようになります。
ですから、若いうちから孤独と向かい合い、孤独に慣れ、「寂しい、惨め、むなしい」などとは思わず、「自分を育てるのは自分自身、世の中誰しもが孤独なのだ!」と発想の転換をはかり、むしろ孤独も楽しめる余裕を持ちましょう。
(7)
「ありがとう」は全てのモノを柔軟化させ、邪悪な悪意の波動を退散させてしまう不思議な魔力を持っています。
世の中を生きていくためには最高の武器となります!
護身用の為にぜひ身につけて下さいまし。
(8)
“厄年”というものがあります。
これは単に人生において災いが降りかかり易い時期ということではなく、「どの扉を叩いても外には開かない時期」という意味です。

つまり、意識も行動も外に向かって出ていくのではなく、「内に向かいなさい」「内側を充実させなさい」という警告の時期ということです
(9)
現代では「詐欺の言葉」と言えるような、本質をすり替える言葉があります。
例えば、「いじめ」「セクハラ」「万引き」「戦争」。
この言葉は良い意味ではありませんが、本質を表現せず、言葉のすり替えで悪虐な犯罪性を柔らかくして犯罪を軽く思わせる犯罪者の味方の言葉です。
本質は「いじめ」は「脅迫・暴行・殺人」、「セクハラ」は「痴漢・強姦未遂」、「万引き」は「泥棒」、「戦争」は「大量殺人、破壊」。
このように本質を表現することを言いかえることで、言葉の受け取り手の印象は全く異なります。
(10)
お貰い根性の人は、愛されたい、気遣われたい、尽くされたいと何かにつけて思っている人で、このような“されたい病”の方は重くてわずらわしく厄介者で誰からも嫌がられ愛されませんし、孤立することになります。
自分から相手に何かしてあげたいという心掛けが、パワーを生み、人から求められ好かれる元気で楽しく明るい人になれるのです。

(11)
嫌なことや辛いこと、問題に直面したら一時的に酒などで気絶して忘れることを考えるのではなく、問題を情念や感情抜きで考え、冷静に分析して、解決策を模索してアクションを起こすことが重要です。
お酒を飲むことは一時的に気分転換になるかもしれませんが、身を滅ぼす危険も十分含んでいることをお忘れなく。
(12)
人からもらおうとするのではなく、逆にあげよう尽くそうと思えば不思議なことに自然とパワーが自前で泉のようにわいてくるのです。
人にパワーを与えるということは別の表現をすれば「奪う」から「与える」優しい人になるということ。
(13)
夫婦円満の秘訣は「亭主元気で留守がいい」。
これは昔から言われている古妻側の願望。
また、古夫の方も「仕事だから」という理由があれば家族サービスや奥様サービスから逃れることができる。
お互いにとってメリットがあるから夫婦間では休日は少ない方がよいのでしょう。
(14)
たとえ山のようにお金があったとしても、所詮は骨折り損のくたびれ儲け、人間は墓場まで財産は持っていけませんし、所詮、「一升瓶には一升しか入らない」ので無駄、欲張ればその分、大きな負を背負うことになります。
「ほどよくこれだけあれば十分」の精神を大切に、お給料や財産は謙虚な気持ちで受け止めましょう。
(15)
人間関係は腹6分、他人の嫌な部分は“見ざる、言わざる、聞かざる、思わざる”が基本。

Photo



2018年7月 2日 (月)

本当に成長するのは

人間が本当に成長するのは、失敗したときだけ。
今の「一番うまくいっている部分」を支えているのは、
「一番うまくいかなかった失敗」があったから。

でも、実際に、「失敗した当時」は、死ぬほど落ち込んだ。
でも「失敗ウェルカム」やって。

失敗したら、とりあえず「よっしゃ、失敗!きた!」って喜ぶ。
そうしたら、完全に、失敗を克服する準備ができる。

オレは、すでに、すべての失敗を、経験済み。
経験済みだから、みんなの質問に、 1秒で答えられるんやで。
  丸尾孝俊  (バリ島の大富豪アニキ)



マスオさん症候群

【マスオさんに学ぶ!
  恋愛・夫婦関係がうまくいく9つのヒケツ】

【1】自分の女性を見る目を誇る
面接官を任され、いい人材を採用し、カツオに「見る目があるね」と言われたときの一言
「なんてったって僕はサザエを選んだ男だからね」

【2】自分が悪いと思ったら素直に非を認める
プライドを優先せず自ら謝れるマスオさん
「サザエごめんよー。許してくれよ」

【3】マイナス面も優しくフォローする
うっかり失敗することも多いサザエさんに一言
「それがサザエのいいところだけどね」

【4】恋人のことを全面的に応援する
サザエさんが新しく習い事を始めようとして、マスオさんに相談した際の一言
「君の好きなようにやればいいよ」

【5】外見もたっぷり褒める
サザエさんのことを本当に美人だと思っていて、
他人の結婚式で花嫁より目立つのを心配したときの一言
「君がそんなに綺麗だったら、花嫁に失礼じゃないか」

【6】自信を持って愛を誓う
ひょんなことからマスオさんに浮気疑惑が浮上したとき、誤解を解こうとして発した一言
「僕が君を愛していることくらい分かっているだろう?」

【7】頑張り屋さんの恋人を気遣う
家事と子育てに忙しいサザエさんを気遣った一言
「たまには羽を伸ばしておいで。タラちゃんは僕がみるよ」

【8】きちんと名前を呼びながら伝える
結婚後も変わらず彼女を下の名前で呼び続け、感謝の気持ちを忘れないマスオさん
「サザエ、いつもありがとう」

【9】満面の笑顔で玄関を開けながら言う
毎日変わらない笑顔で帰宅するマスオさん
「ただいまー!」


Photo_3





2018年7月 1日 (日)

宮澤 章二さんの名言

  【 宮澤 章二さんの名言 】
「 心 」は だれにも見えない
けれど「 心遣い 」は見える
「 思い 」は 誰にも見えない
けれど「 思いやり 」は見える
あたたかい心も
やさしい思いも
行いによってはじめて見える
あたたかい心が
あたたかい行為になり
やさしい思いが
やさしい行為になるとき
「 心 」も「 思い 」も
初めて美しく生きる
それは
人が人として生きることだ




そのうち

そのうちお金がたまったら
そのうち家でも建てたら
そのうち子供から手が放れたら
そのうち時間のゆとりができたら
そのうち・・・・・・

そのうち・・・・・・
そのうち・・・・・・と

出来ない理由を
くりかえしているうちに

結局は何もやらなかった
空しい人生の幕がおりて
頭の上に淋しい墓標が立つ

そのうち そのうち
日が暮れる
いまきたこの道
かえれない
------------------------------------------------------
この言葉を戒めにしたいと思います。
そのうちといって、何もせずに人生を終わりにしたくはないですから。
出来ない理由を探す前に、出来る事から始めようと思います。
 by 相田みつお

Photo_2





« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »