« 「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼ぶ | トップページ | 子は、親の言葉と行動を見て学ぶ »

2017年11月15日 (水)

幸福な人と不幸な人の違い

幸福な人は、常に自分を評価している。
一方、
不幸な人は、常に他人を評価している。
 精神科医 ウィリアム・グラッサー

自分を評価するという自己評価こそが
行動変容をもたらすものである

クォリティ(上質)は自己評価の積み重ねで生まれる

Photo_5



« 「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼ぶ | トップページ | 子は、親の言葉と行動を見て学ぶ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事