カテゴリー

  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の60件の記事

2017年9月30日 (土)

極めるには

30年やって巨匠。
40年やって神業。

何かを極めるのには時間がかかります。
たった3ヶ月で辞めてしまっては、
何も身につきません。

あれこれ極める必要はありません。
自分の信じた道を真っ直ぐ。
才能の見極めも大切ですが、
続けることも大切です。

Photo_2





楽な道を選んだら後悔しか残らない

 「楽な道を選んだら後悔しか残らない」
いくら懸命に仕事に取り組んでいても、思うようにいかない時は必ずあります。
けれどもめげることなく、真っ向から打ち込んでいれば、

後からその困難のおかげで、いまがあると思える時が必ず来ます。
そう思える悔いのない仕事を積み重ねていくためにも、
私が鉄則にしてきたのは
「迷った時は困難な道を選ぼう」ということでした。
仕事ではもちろん合理的な判断が必要です。
しかしとことん検討しても結論が出ない時には、
物理的にしんどいほう、体がしんどいほうを選ぶべきだというのは、私の体験から確信しています。

二十代の頃、夜中にようやく仕事を終えて帰宅しようとしているところへ、
校長先生が相談に見えることもしばしばでした。
そういう時には、いくら疲れていても日を改めることなく、再びデスクへ戻って相談に応じました。
熱中し、気がつけば夜が明けているのがたびたびでした。
夜中に生徒が何らかの問題を起こした場合、これからすぐ全員で一斉に家庭訪問をするべきか、
それともこんな夜中に家庭訪問をしたら批判が出るから明日にしようか、
どちらにすべきか迷う時があります。

そしてどうしても判断のつきかねる時には体のしんどいほう、
つまりその晩のうちに家庭訪問をしておいたほうが、状況は必ずよい方向に向かったものです。
困難な道を選んで失敗したら、それは教訓になります。
しかし楽なほうを選んで失敗したら後悔しか残らない。
これまで仕事に打ち込んできて得たこの教訓を、いま二十代を生きる方々に贈りたいと思います。
 -引用元- 門川大作(京都市長) (『致知』2014年6月号 「長の一念」より)
=======================
とても教訓になるお話ですね。
人間だれもが、「楽をして過ごしたい」と願うのは常でしょうね。
しかし、楽をしてきた過去を振り返っても、脳裏に残っている思い出は少ないはず。
反面、苦労や困難を経験してきた数が、
心の成長となって、より大きな人格を形成させてくれるのでしょうね。

Photo





2017年9月29日 (金)

決して諦めない

 「決して諦めない」
誰でもあきらめることはできます。
あきらめるのは簡単です。
しかし、
あなたがもう十分がんばったから
あきらめてもしょうがない、と
誰もが思っているときに
あなたがその困難を通して
「決して諦めない」と決心すれば、
それはあなたの真の力となるのでしょう。

Photo





薬物自殺未遂、体験談

薬物自殺をしようとしている人へ。これは私の体験談です。  いしくら
pic.twitter.com/Y2GIPJQzIj
私は生きることや考えることに疲れて薬物自殺をしようと21日の16時頃にバファリンAを100錠飲みました。
2時間くらい経つと高音の耳鳴りと耳が詰まったような感覚に襲われました。
最初は「やっと死ねる」と笑顔でしたが、段々聞こえなくなることが恐ろしく不安でたまらなくなり、
お母さんに事の経緯を伝えるとすぐに地元の緊急外来に連れていかれました。

19時頃、病院に着くと吐き気が酷く嘔吐してしまいました。
それと同時に過呼吸も酷く、汗をダラダラかいていました。
この時、既にほとんどの音は聞こえていません。
処置室に連れてかれてお医者さんに「胃洗浄をします」と言われて台に横になると鼻から管を入れられて胃の中の空っぽにする為にスポイトで吸い取る処置をしていました。
わたしはこの最中に痙攣を起こし、(日付が変わって22日)1時頃大きな病院へ緊急搬送されました。
搬送中の救急車でお母さんを見つめていたのを覚えています。

わたしが意識をしっかり取り戻したのは23日の昼頃です。
わたしは両手首と首と尿道に管が刺さった状態でICUにいました。
22日はうっすらと話したり返事をした記憶はありますが、ほぼ意識はなかったです。
話によると、胃力メラを飲んだり胃洗浄をしたりしたようです。
自力で動くことはほぼ出来ず、耳鳴りと詰まった感覚も未だ抜けないままでした。
ご飯はお粥など消化に良いものを食べ、点滴は4種類くらいしていました。
やれることも出来ることも思考回路もほとんど回らないので、
寝ているかご飯を食べているかという感じでした。

23日になってやっと普通の会話が出来るようになりました。
ご飯もお粥からお米になりました。
相変わらず点滴の量は多かったです。
それと毎日食後に胃を保護する薬を飲むのと、4時間置きくらいに血液検査をしました。
24日になって、やっと耳鳴りと詰まった感覚もよくなってきてHCUに移動になりました。
左手首と首と尿道の管が抜け、自力では無理ですが、車椅子で移動できるようになりました。
食事もしっかり食べれるようになってきて、点滴の量も大幅に減りました。

わたしは自分がした事を後悔しています。
わたしの病名は「アスピリン中毒」です。
名前の通りバファリンAに含まれているアスピリンという成分を過剰に摂取した為に中毒症状を起こし、
こういったことになりました。
薬を大量に飲むと身体がどんどん死んでいくのがわかります。
五感が段々失われていきます。
わたしはそれに耐えられませんでした。
初めて死ぬのが怖いと思いました。
場合によっては手足の痺れや麻痺という症状もでたりします。
わたしの耳鳴りと詰まった感覚というのも良くなってきてはいますが、完全には治らないかもしれません。

本当に死にたいと思っている方に伝えたいです。
決して楽な死に方じゃありません。
確実に死ねるものでもありません。
死ねなかった時に迷惑をかけるのは親です。
死ねなかった時に後遺症が残るのは自分です。

わたしは、今でも、ふとしたタイミングで生きてるのが辛くなったり、
これからどうしたらいいのか不安になって死にたくなります。
でも死ぬのは怖いと思うようになりました。
明日精神科の先生ともお話をして、これからどうしていくのか固めていくつもりです。
この文章を見ても、まだ薬物自殺をしたいという覚悟がある方はして下さい。
この文章を見て、思い止まれた方はすぐに身近な人間に相談してみて下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
わたしがこれを載せたのは、薬物自殺で調べても方法はでてくるのにその後どうなったのかは載ってないからです。わたしは薬物自殺が一番楽な死に方だと思っていました。少なからず同じように思っている人がいると思います。そんな人にこれを読んで頂けたら幸いです。



2017年9月28日 (木)

自分が動きだす

 「自分が動きだす」
やりたいこと、なりたいもの、こうありたいという願いは、
言葉に出したほうがいい。
言葉にした瞬間から、進む方向が見えてくる。
誰かに打ち明けたり、日記に書いたり、言葉にすると、
心の中で芽生えた思いを、具体的な目標にできます。
具体的な目標ができれば、
今、何をすればいいのか、何を選べばいいのかがわかる。
言葉にすると、道が見える。
自分にエンジンがかかる。
言葉にすると、「自分」が動きだすのです。

Photo_4





運とは

運とは、前向きに、頑張っているときに起こる現象。
「運がない」
「運が悪い」
もしそう思っているのなら、原因は、次の2つです。

「前向きな気持ちが足りないか」
「頑張る行動が足りないか」です。
一方を満たしているだけでは、不十分。
必ず、両方を満たしていなければいけません。

運とは、
前向きに頑張って行動していると、
あるときふと、あなたの目の前に現れる特徴があります。
頑張っている人を応援したくなるのは、
人だけでなく、人生も同じ。

人生は、
前向きに頑張っているあなたを見て「運」という形で、応援してくれるのです。
いわば、人生からのプレゼント。
お金には変えられない、貴重な存在です。
ありがたく運を生かして、もっと前向きに努力を続けましょう。

与えられた命を最大限に生かして、人生を存分に生きることです。
するとまた、あなたの前に運が現れるのです。
前向きに頑張って、運を手に入れる。

Photo





2017年9月27日 (水)

優しい人になる為の試練

 「優しい人になる為の試練」
優しい人は、
傷ついた過去があるから
人に優しく出来るんだと思う。
自分が受けた痛みを、
他の人には受けてほしくないって
思える人。
自分が受けた傷で、
他の人を癒すことが出来る人。
痛みを受け止める
強さと深さを持っている人。
優しい人ってそんな人なんだと思う。
今辛かったり傷付いたりしてる人は、
それはきっと、
優しい人になる為の
一つの試練なんじゃないかな。
乗り越えたら、
あなたはもっと優しくなれるよ。

Photo_4


インドで出会った少女

 『インドで出会った少女』
2年前にインドを旅行した時、
ネパールまでの長距離バスの中で私は気分が悪くなり、
めまいと吐き気を覚えたために、途中で降りて小さな村に泊まった。

その時、バススタンドで、四歳くらいの少女に出会った。
彼女は小さいのに物乞いをして生活をしているようだったが、
気分が悪くうなだれている私の前に座って、
自分が物乞いをして手に入れたと思われる、小さなしおれたみかんを一つ、
私の手を引っぱってにぎらせ、
「カーオー、カーオー(食べろ、食べろ)」と言う。
私はのどが渇いていたので、小さな声で、
「シュックリア(ありがとう)」と言ってみかんをもらった。

すると少女はダーッと道の向こうに走って行った。
見ると少女は、金持そうなおばさんに物乞いをしている。
何回も何回も手を差しのべるが、おばさんはガミガミと何か言って少女を追いはらった。
今度少女は、、すぐ近くで見ていた男の人に手を差しのべた。
男の人は胸のポケットから硬貨を取りだし、少女の手ににぎらせた。
私は、「ああ、もらえてよかったね」と心の中で思った。
お金を手にした少女は、またダーッと走った。

私は少女のくれたみかんで気分が少し楽になっていた。
なにやら少女は御茶屋で、話しこんでいる。
ずーっと見ていると、お茶を負けてくれと頼んでいるらしいのだが、
突然ニコッとこっちを見るとお茶屋から二杯のチャイを手にして私の所へ走って来た。
「ピーオ(飲みな)」と小さな汚れた手で
お茶のコップを熱そうにつかんで差し出した。

私はこの時ほどうれしく、涙があふれそうになったことはなかった。
彼女の目は貧しいのにキラキラと光って力強く見えた。
どこの国の人かも知らず、今日食べるものもない
自分のわずかな食べ物を、
経済大国から来た大名旅行者に分けてくれた彼女のやさしさを、
今も忘れることはできない。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
少女の優しさに涙が溢れました。
自分が食べるものもないのに
自分の貴重な食べ物を目の前の困っている人に分け与えてくれる。
とても裕福で食べるものに困らない、
経済大国に生まれたどれだけの人に
そんなことができるのでしょうか。
考えさせられてしまいました。
貧しいからこそ人の痛みのわかる
本当の優しさが生まれるのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ー経済が日本は豊になりましたが、
人々の心は病み、優しさ 思いやりと言う当たり前の道徳心を忘れてしまったのかな?
富める者が勝ち組で、何でも有りの世の中、さみしいですねー
教育思想思いやりの精神、昭和の時代に育つた僕は淋しいです、
ハングリー精神は今の時代の子達と違いどんな世の中に成っても
道端の草の様に逞しく生きて行く自信は、昭和という時代知ってるから
ー甘やかす事は良くないなー 時代の変化に常に驚かせられる事ばかりですー泣く

Photo_3

2017年9月26日 (火)

言葉にする

やりたいこと、なりたいもの、こうありたいという願いは、言葉に出したほうがいい。
言葉にした瞬間から、進む方向が見えてくる。
誰かに打ち明けたり、言葉にすると、
心の中で芽生えた思いを、具体的な目標にできます。
具体的な目標ができれば、
今、何をすればいいのか、何を選べばいいのかがわかる。
言葉にすると、道が見える。
自分にエンジンがかかる。
言葉にすると、「自分」が動きだすのです

Photo_2





真の豊かさとは、お金ではない

お金で買えるものと、買えないものがある。
お金で「家」は買えるけれど、
  「家庭」は買えない。
お金で「時計」は買えるけれど、
  「時間」は買えない。
お金で「ベッド」は買えるけれど、
  「快適な睡眠」は買えない。
お金で「本」は買えるけれど、
  「知識」は買えない。

お金で「名医」は買えるけれど、
  「健康」は買えない。
お金で「地位」は買えるけれど、
  「尊敬」は買えない。
お金で「血」は買えるけれど、
  「命」は買えない。
お金で「セックス」は買えるけれど、
  「愛」は買えない。

真の豊かさとは、お金ではない。

Photo





2017年9月25日 (月)

スランプ

「上手くいかない、どうすればいいか分からない」
挑戦すると必ず通るきつく苦しいスランプ。
スランプは、成長に欠かせない大切な時期。
スランプを乗り越える時のポイントは
謙虚さ。
謙虚になれるとスランプ時間は数秒、数分など、
自分でスランプと気付かないほど短い時もある。
反対にすぐに謙虚になれない時、スランプは
何年、何十年と、続いてしまうこともある。
避けたいのは「謙虚を忘れてる」と気付かず、
「どうせ自分なんて無理」と一生諦めること。

Photo

与えることのできる人は魅力的な人

 【与えることのできる人は魅力的な人】 植西聡さん
運をよくしたいなら、誰かに何かをしてもらうより、誰かに何かをしてあげることです。
求める立場から、与える立場になったとき、人は、一緒にいる人の心を温めることができます。
そして、与えることのできる人は、誰の目にも、魅力的な人に映ります。

また、意外かもしれませんが、自分から与えることを意識するようになると、
欲しいものが手に入りやすくなります。
求めてばかりいるときは手に入らなかったものが、
与える側になると手に入るなんて、考えてみると不思議です。

しかし、その理由は簡単です。
「情けは人のためならず」(人に情をかけるのは、その人のためになるばかりでなく、
やがては巡りめぐって自分に返ってくる。だから、人には親切にせよという意味)

ただし、最初から見返りを求めてはいけません。
下心は、マイナスのパワーを持っているからです。
見返りを求めず、無理のない範囲で、「お役に立てれば私も嬉しいです」というプラスの気持ちで、
相手が喜ぶような行動をすることが大切です。

ちょっとしたことでいいのです。
日常生活の中で、そのような場面が増えるたび、心にはプラスのエネルギーが増えて、
幸運を引き寄せることにつながります。
 『運と友だちになる習慣』 日本実業出版社

無能唱元師はこう語る(『人蕩(ひとたら)し術』日本経営合理化協会より)。
『「魅(み)は与(よ)によって生(しょう)じ、求(ぐ)によって滅(めっ)す」
人蕩(じんとう)の極意は簡単です「与えればよい」。
答えは恐ろしく単純です。
すなわち、あなたが他人に何かを与えれば、あなたに「魅(ひ)きつける力」は生じ、
あなたが他人から何かを取ろうとすれば、その力は即座に消えてしまうのであります』

人に与えるものは、お金や物だけではない。
笑顔や、感謝、あるいは愛のある言葉、優しい言葉も、もらったら嬉しい。
これらはすべて、自分が充分に満たされていなければ、出すことはできない。
ないものは出せないからだ。

魅力ある人をめざしたい。



2017年9月24日 (日)

悩んだ時は3回考える

悩んだ時は
ゆっくり時間をかけて
3回考える

1度目に思ったことは
「その時だけの感情」
2度目に思ったことは
「前の気持ちを
引きずっての答え」
3度目に思ったことは
「自分の本当の気持ち」

Photo_2





ほめることで全てがうまくいく?

ほめることで全てがうまくいく?
自分の能力を高めて人間関係の問題も解消できる究極のほめ方とは?


■ 本当に誰でもほめられると嬉しいの!?
突然ですが、あなたは人からほめられて怒ったことがありますか?。
また、人から褒められて突然怒りだした人を見たことはありますか?恐らく答えは「NO」でしょう。

褒められて起こる人はまずいません。むしろ心から良い気分となるでしょう。
職場で褒められたら、どんなに皮肉れた人でも、嬉しくて次も頑張ろうとやる気が起きるものです。

褒められて嬉しいのは何も仕事関係だけではありません。恋人や家族によるねぎらいや温かいほめ言葉も、より絆を深めるうえで大切です。欧米の人はとにかく人を褒めるのが上手です。しかし、我々日本人はどちらかというと褒めるのが苦手ですよね。

■ ほめることで様々な能力を高められる?
ほめることは、誰でもできることですが、実際に人を褒めようと思ったら、自分の「観察力」や「洞察力」、「聞く力」の無さに驚くかもしれません。人を元気にする、やる気にする、ハッピーにするには、やはり、これらの力を磨く必要があります。

そして、ほめることによって、嫌でも観察力や洞察力、聞く力が磨かれます。まず適当ではすまされません。ただし、あらかじめお世辞と褒めるは違うということを理解してください。

相手の良い所を見出すには、しっかり観察しなければなりません。適当に褒める程度では、すぐに相手に見透かされてしまいますので、信用されなくなってしまいます。

・ 褒め言葉こそ相手を幸せにする魔法の言葉!
相手を褒めることによって、意識的にも無意識的にも、人はやる気になれるものなんです。
ですので、ほめ言葉こそ究極の「魔法の言葉」といっても過言ではありません。

ですので、素直に相手を褒めることを習慣にされることをオススメします。
そすることで相手との信頼関係が強固なものとなり、職場や家庭が心地の良い場になります。

あなたからほめられたことにより、「もっとがんばろう」、
または「よし!ここを直そう」と思うようになれるわけですから、こんな凄い才能は他にありません。

■ 脳が大喜びする褒め方とは?
人は褒められることによって、脳内では意識的にも無意識的にも、モチベーションが大きくアップします。
一流のリーダーは、この力を知り尽くしていますので、とにかく人を褒めるのがうまいですし、
人をほめる言葉が豊富です。

また、注意するさいも褒めることを忘れません。そうすることで、反省を促しながら、モチベーションの低下を抑えます。ですので、もし今現在人間関係で悩んでいるのであれば、褒める力を磨いてみることをおすすめします。

それまで人を褒める機会が少ない人は、いきなり褒められません。無理して褒めようとすると、わざとらしくいので、かえって相手を警戒させてしまうことになりますので、慣れるまでは素直に相手の良いところを探しながら褒めてみてください。

■ 上手な褒め方とは?
殘念ながら何でもかんでも気前よく褒めればいいというわけにはいきません。
繰り返しになりますが、褒めるとお世辞は違います。お世辞は相手を騙すことになります。

子供はほめられすぎると大人と違って逆に負担を感じるものなんです。
ほめられたことに自分が値しないことが露呈することを極端に恐れてしまうのです。

『 人格よりも過程を褒める 』
そしてさらに不安になってしまいます。ですので、「上手に褒めるポイント」としては、
まず人格を褒めるのではなく、その過程における努力や達成したことを褒めてあげます。

それまでの苦労が讃えられたことになりますので、非常に喜んでくれますよ。

  精神科医・樺沢紫苑先生

Photo





2017年9月23日 (土)

ストレスに強い人の考え方の特徴

『ストレスに強い人の考え方の特徴』
①「まあいいか」と受け流す
②マイペースを保てる
③人生は思い通りにならないと思う
④タイミングが悪かったと考える(誰のせいにもしない)

⑤相手の事情も想像できる
⑥何事も経験と思う
⑦周囲に頼れる
⑧現実逃避が上手

Photo_3





どうしたら幸せになれるか

【「愛と死を見つめて」という物語が、昔、大流行しました】
「幸せになりたい」とか「どうしたら幸せになれるの?」とかの声は山ほど聞きます。
だけど「幸せを手に入れた」という声は滅多に聞きません。なぜでしょうか?

『幸せを手に入れるんじゃない。 幸せを感じることのできる心を手に入れるんじゃ』
とは、甲本 ヒロトというミュージシャンが言った言葉です。
それでは、どうやって幸せを感じることのできる心を、手に入れることができるのでしょうか?

もう、そうですね、半世紀ほども前になるでしょうか?
「愛と死を見つめて」という純愛物語が大きな話題を呼びました。
後に映画やテレビドラマにもなりました。歌でも歌われました。
純愛物語ですが、実話が下敷きにされています。
大島みち子さんは、高校2年生の時、顔面の軟骨肉腫という病気で、入退院を繰り返していました。
同志社大学に入学できましたが、再発して入院します。
大島さんは、ある大学生と知り合いになり、互いに手紙を取り交わす間柄になりました。
でも、とうとう二人は一緒になれずに、彼女は21歳の短い生涯を病院のベッドの上で閉じました。

彼女が書き残した日記を集めたのが、「若きいのちの日記」。
その冒頭には、次の文章があります。
「病院の外に、健康な日を三日ください。一週間とは欲張りません、
 ただの三日でよろしいから、病院の外に健康な日がいただきたい」
大島さんには、もしその三日があれば、こうもしたい、ああもしたい、という望みがありました。

さて、ここでよろしければ想像してみてください。
あなたが、明日をも知れない命だったとして、そして、三日という時間が与えられたとしたら…。
大島さんの希みに目を通す前に、1分でも30秒でもいいですから、
わが身に置き換えてお考えいただければと思います

大島みち子さんの三日間の希みはこうでした。
「一日目、私はとんで故郷に帰りましょう。 
 そして、お爺ちゃんの肩をたたいてあげたい。
 母と台所に立ちましょう。 
 父に熱燗を一本つけて、おいしいサラダを作って、 楽しい食卓を囲みましょう。
 そのことのために一日がいただきたい」

「二日目、私はとんであなたのところへ行きたい。
 あなたと遊びたいなんていいません。
 お部屋の掃除をしてあげて、ワイシャツにアイロンをかけてあげて、おいしい料理を作ってあげたいの。
 そのかわりお別れの時、優しくキスしてね」

「三日目、私は一人ぼっちで、思い出と遊びましょう。
 そして、静かに一日が過ぎたら、三日間の健康をありがとうと、
 笑って永遠の眠りにつくでしょう」

いかがでしょうか?
僕を含めて、ここを読んでおられる多くの方には、ほとんど当たり前のように動かせる身体があります。
そして、明日も明後日も、当たり前のように訪れるであろう自由な時間を持っています。
冒頭紹介した甲本ヒロトさんの、「幸せを感じることのできる心」とは、
日常、目の前にある「当たり前」に感謝したり、
「当たり前」の中の奇跡に気づくことと関係が深いように思います。

また大島さんの三日間の使い方にも胸を打つものがあります。
彼女は大切な一日を、家族の喜びのために使いたいといいます。
さらにもう一日は、大切な彼のために使いたいといっています。
「あなたと遊びたいなんていいません」という言葉には、
ただ、愛する彼が喜ぶことをしてあげたいという一途な気持が感じられます。
そして、最後の一日は、それまでの自分の人生と向き合い、健康な三日間に心から感謝する。
その三日間は決して「当たり前」なんかじゃない。
夢であり、奇跡の三日間だから、彼女は眠りにつく前に「ありがとう」と言います。

自分の死を悟った大島さんが、大切な時間を自分のためでなく、
人の喜びのために使いたいといっています。
……自分にこんな選択ができるのだろうか、と考え込んでしまいます。

最後に瀬戸内寂聴さんの幸せについての説話をご紹介します。
「どうしたら幸せになるかといえば、
 まず自分の幸せよりも、他人の幸せを考えること。
 そうしたら、自分の幸せが、自然に達せられます」

Photo_2




2017年9月22日 (金)

わからなければ聞いてみる

 『わからなければ聞いてみる』
どうにも判断がつかない。どうすればいいのかわからない。
そんなときには、素直に謙虚に人にたずねてみることである。
一人の知恵には限りがある。
その限りある知恵でわからぬままに歩むほど危険なことはない。
恥ずかしいのは人に聞くことではなく、
自分の殻に閉じこもって、人の教えを請わないことである。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo





誇りをもって働く

「誇りをもって働く」
アメリカの公民権運動指導者として、
ノーベル平和賞を受賞したマーティン・ルーサー・キング牧師は言った。
「あなたが道路清掃人なら、最高の道路清掃人になりなさい。
ミケランジェロが彫刻をするように、ベートーベンが作曲をするように、
シェークスピアが戯曲を書くように、あなたの道路を清掃しなさい。
あなたの死後、すべての人たちから『自分の仕事を立派に成し遂げた道路清掃人がここにいた』
と言われるくらいに、見事に道路を清掃しなさい」

精鍛込めて最善を尽くして行う限り、あなたはどんな仕事、活動からも学ぶことができる。
成長することができる。
けれども、工夫もなく、言われた通りに、マニュアル通りに、人並みに行うのであれば、
どんなに収入の高い仕事であっても、成長はない。

およそ仕事の価値は、その仕事そのものにあるのではない。
誰が、どのように、それを行うかによって、その価値が決まる。
何であれ、やると決めたら、そのことに最善を尽くそう。
それが、人の尊敬と感動を呼ぶ。
そして、何より、あなたに成長と幸福をもたらす。
 新 自分を磨く方法  スティービー・クレオ・ダービック 著  干場 弓子 編訳  ディスカヴァー 
_______ 

歴史に名を残すような人たちは、まさにキング牧師が言うような心持ちで仕事をしていたのだと思います。 
葛飾北斎さんのエピソードがあります。 
あるとき、オランダの医師シーボルトという人が、北斎さんに二巻の絵を依頼しました。 
北斎さんが出来上がった絵を納めに行くと、「75金にしてくれ」と言われます。 
それを聞いて、「最初に75金と言えば、彩色を変えて仕上げることができた」と怒った北斎さん。 
シーボルトは「それなら一巻だけ買う」と言いますが、北斎さんは「売らない」と言って持ち帰ります。 

ちなみに当時の北斎さんはお金がなく、苦しい生活をしていました。 
当時一緒に住んでいた奥さんは、「この絵は他では売れない。 
半値でも売らなければ、また貧乏が続く」と非難します。 
でも北斎さんは、「貧乏するのはわかっている。自分も金がほしい。 
しかしもし半値で売れば、外国人に、日本人は人を見て値段を変えると思われる」と言ったのです。 
誇りをもっていたのです。 

ソニーの盛田昭夫さんのお話も強烈です。 
盛田さんは、ソニーのトランジスタラジオをアメリカで広めるため、様々なところに売り込みに行きます。 
そしてついに、10万台購入するという企業が現われました。 
しかし、その条件が「SONY」のロゴを削ったらと・・・。 
このとき、盛田さんは断りました。 
「SONY」の名を削って売ったのでは意味がない。 

続けてこう言いました。 
「あなたの企業にはブランドがあるかもしれないが、50年前はそうではなかったはずです。 
私たちも50年後にはブランドを築き上げて見せます」 
日本では、なぜ断ったのかと非難を浴びたといいます。 
みんなギリギリのところで戦っていたのです。 
それでも、戦後の日本を復興させるため、 
安物の代名詞であった「MADE IN JAPAN」をブランドにするために断ったのです。 

その後、ソニーのトランジスタラジオは売れ、ニューヨークの五番街にソニーのショップが出来、日の丸の国旗が掲げられた姿を見て、共に日本の製品を売り込みに来ていた他の日本企業の営業マンたちは涙を流し、そして奮い立ったそうです。 
見栄を張ったわけではなく、日本人の誇りをもっていたのです。 

職種が何であるかは全く関係ありません。 
その中で、任されている仕事内容の優劣なんかどうでもいいことです。 

帝国ホテルの重役・村上信夫さんは、厨房(料理人)から重役になった方(帝国ホテル初のケース)ですが、一六歳で就職したとき、「鍋磨き」から始まったそうです。
すべての新人が、二~三年は洗い場だけ、という厳しい世界でした。 
村上さんはそのとき、「日本一の鍋磨きになろう」と決意したのだといいます。  
当時、調理用の鍋は全て銅製で、村上さんが磨いた鍋は鏡のように光り、 
人を写すほどで、本当にピカピカだったのだそうです。 
そういう人を放っておくはずがありません。 
神様も仏様もサムシング・グレートも守護霊様もきっと、そういうの大好きですよ♪ 

今、与えられている仕事をどういう気持ちで取り組むかが、大きな差となっていくのです。 
遠い未来も大事だけど、今を全力でやっていきましょうね 



2017年9月21日 (木)

前向きな心

「前向きな心」

前向きな心には
何ひとつ無駄はない
苦しみも悲しみも
成長の糧となる

- 作者不詳 -

Photo_2





生後9か月の子、ベビーカーで餓死

ロシア・「育てていくのが嫌になった」17歳の母、生後9か月の息子をベビーカーに乗せたまま家に閉じ込めて餓死させる!!

生後9か月の我が子を自宅に置き去りにして餓死させ、友人らとパーティー三昧だった17歳の母親が逮捕されるというあまりにも悲しいニュースがロシアから飛び込んできた。
若い母親は子育てに嫌気がさして息子を放置したとみられている。露メディア『NTV』が報じたことで、英メディア『Mirror』『The Sun』などでも伝えられることとなった。

ロシア西部に位置するロストフで、生後9か月の男児が命を奪われた。
母のヴィクトリア・クズネツォワ(17歳)は一緒に暮らしていた夫(名前は公表されていない)が徴兵される時期を狙って、息子イゴール君をベビーカーに乗せたまま家に閉じ込め、友人とのパーティーのために外出した。

ヴィクトリアは1週間、複数の学生宿泊施設を転々とし友人らと派手に遊び、その間はロシアのSNS「VK」にも投稿していたという。子供はどうしたのかと尋ねる友人らには「おばに預けている」と答えていたが、それは真っ赤な嘘だった。
ヴィクトリアの自宅近くに住む人が、母親が何日も家に帰っていないことを心配して警察に通報、警察官は鍵がかかっていたドアを壊して中に入ると、ベビーカーの中で変わり果てた姿のイゴール君を発見した。

逮捕されたヴィクトリアは「息子が生後1か月の時、孤児院に引き取ってもらおうと連れて行ったが2か月前に自分の所へ戻された。もう子育てするのが嫌になった」と警察に話している。

留守の間に予期せぬ悲劇に見舞われた夫は、その後SNSにイゴール君の写真を投稿し「これが僕の息子だったんだ」と綴った。
夫は現在、ヴィクトリアと離婚申請中だという。ヴィクトリアには懲役10年の判決が下ったが、真っ暗な家でひとり取り残され、母親が戻るのをひたすら待ちながら息絶えた幼いイゴール君の悲しみを思うとやりきれない。

このニュースを知った人からは「孤児院に預けるのはかわいそうだったけど、その方が今でも生きていられたのに。なんでこんな女のもとへ返したんだろう」「残酷過ぎて心が痛むわ」「閉じ込めて餓死させるなんて悪魔だ。病院の外にでも置き去りにした方がまだマシだったと思う」「10年刑務所にいたとしても出たら27歳だろ。また同じことを繰り返すのでは? 刑が短すぎる」「育てられないなら産むな!」といった怒りと非難の声が相次いでいる。

私は1歳7か月の幼児を育児中、笑顔の子を見ながら、・・・・(絶句)

Photo






2017年9月20日 (水)

もう無理だと決めた瞬間

もう無理だと決めた瞬間に
全てが終わる。
まだやれると決めた瞬間に
全ては始まる。
終わりも始まりも
決めるのは全て自分。
言い訳なんか、存在しない。

Photo_4



死んだ親父が大切にしていた金庫

「しつけに厳しかった死んだ親父が大切にしていた金庫、
 よっぽどの物が入っていると思い開けてもらったら、中身は・・」

ある三兄弟とその親父との感動話です。
癌で亡くなった親父、親父には大切にしていた金庫がありました。
誰もその金庫の中身を知らないまま。
三兄弟は遺品整理のために、兄弟家族をみんな呼んで、その金庫を開けてみることに。

しかし頑丈でなかなか開かない。
仕方ないから鍵屋を呼んで開けてもらうことにしました。
親父はとにかく厳格で頑固者でした。
三兄弟の前で笑ったことなんて一度もなかった。
正直親父が大っ嫌いだった。
三男が「そんな親父だからしこたま貯めこんでじゃねぇか?」って言うと。
次男も「親父が夜中に金庫の前でニヤニヤしながらガサガサやってんのを見たことあるぞ」
なんて言い出した。
そんな話をしてる内に鍵が開いたので、中身を見てみると・・

長男が少しワクワクしながら金庫を開けてみると、中から出てきたのは100点満点のテスト。
三男が「これ、俺のだ!」と長男の手から取り上げた。
次に出てきたのは、何かわからない表彰状、次は次男が俺のだと言い出した。
その後にネクタイが出てきた。
このネクタイは初めての給料で親父に買ってあげたネクタイだった。
そして最後に出てきた黒い小箱。

その中には子供の頃に家の前で家族全員で撮った古い写真。
金目の物は何もなかった。
中に入っていたものの意味が理解できた時、号泣してしまった。

親父は金よりも大切なものを残していってくれていました。
家族は大切ですね。
改めて考えさせられました。

Photo_3
2




2017年9月19日 (火)

幸せは比べるものでもない

幸せは競うものじゃないし
比べるものでもなくて
人にどう思われようと

何言われようと
自分が幸せだなぁって思うことが
一番大切なことで幸せなこと

Photo_2





一歩踏み出す勇気を

生きていく中で傷ついて
迷うこともあるかもしれません


でも 人生にはそれでも前に
進まなきゃいけないときがあります

一歩を踏み出す勇気がなければ
自分の人生はそのまま止まった
ままになってしまいます

結局のところこれから先どっちに
行くかは自分次第なんですね

後悔は「 一生 」
勇気は「 一瞬 」

あまり先のことばかり考えてると
色んな「不安」が頭をよぎって
すごく疲れてしまいます

だからあんまり考えすぎずに
後悔しない一日を!

Photo





2017年9月18日 (月)

誰だって強くないんだよ

「誰だって強くないんだよ」
キツい 、つらい
なにもしたくない
逃げ出したい
考えたくない

これまで一生懸命、頑張ってきたんだから
少しくらい休憩したっていいんだよ
誰だって、そんなに強くないんだから
自分ひとりで抱えこんで
頑張りすぎなくてもいいんだよ

Photo_2





死んだつもりで生きた料理人

 【自殺を踏みとどまり、死んだつもりで生きた料理人】
中川透さんは、料理人、補助スタッフなど、約60名が働く日本料理店の料理長をしています。
名古屋マリオットアソシアホテルの「華雲」という料理店です。
中川さんは若い頃、「一見さんお断り」という有名料亭を渡り歩き、腕を磨いてきました。

三十歳のとき、尊敬する料理人だったお父さんとともに、故郷の鳥羽で親子二人のお店を開店しました。
しかし、お二人とも腕は抜群に冴えわたる料理人だったのですが、
経営を切り盛りするふところ勘定ができませんでした。原価割れの料理の数々。
当然、安くて旨い、という評判が立つのですが、客足が増えるほど赤字が大きくなるという有様でした。
たちまちにして、お店をたたまなくてはいけない事態に陥りました。
お店をたたんで、3ヶ月ほどはボーッとして暮らしていました。
現実逃避でした。
お店を失敗した。家には10円の金もない。借金が山ほどある。
中川さんは、ある晩、悶々として思いつめ、そしてある結論に行きつきました。
「自殺して保険金で借金をゼロにしよう」
家族にご飯を食べさせてやるにはこれしかないと、死を決意したのでした。
いつしか時計は午前6時を指していました。

…その時でした。
偶然にも、何気なく点けたテレビの画面が目に飛び込んで来たのです。
東京で会社を共同経営していた三人の社長が、同時に別々のホテルで自殺したというニュースでした。
そのうちの一人の社長さんの奥さんのインタビューが流れました。
「借金が無くなるより、あの人に生きていてもらった方が楽やった」と泣いていました。
中川さんは、ハッとして我に返りました。「何やってるんや、俺は」。
画面を見て、悪夢から目が覚めたのでした。

「俺は料理の腕は一流になったが、 自分のことしか考えていなかった」
修業時代を含めて15年間の出来事が走馬灯のように蘇りました。
どの場面でも、「こうしたい」「ああしたい」と、自分のことばかり。
一つひとつの出来事を振り返り、猛省したといいます。

ふと気づくと、日は高くなり家を出て街を彷徨っていました。
駅前の通りに差し掛かったところで、
「何してるんや」と馴染み客だった会社の社長に声を掛けられました。
事情を話すと、その足で知り合いの居酒屋に連れて行かれ、働かせてもらえることになりました。
このとき、中川さんは、あることを強く心に決めました。
そのことが中川さんのその後の方向を明確に照らしてくれたのです

中川さんが強く心に決めたこと、それは、
「今日から10年、自分から進んで冷や飯を食うたろう」ということでした。
今まで自分のことばかり考えていた。だから失敗したのだ。
それなら、これからは正反対の生き方をしよう。
もし10年間「人のため」にだけ生きて、それでもダメならそのとき死ねばいい。
中川さんは、その後、請われるままにあちこちの居酒屋で働きました。
「一流の懐石料理を作る人が、悔しくなかったですか?」と聞かれると、サラリと答えました。
小さなプライドを捨てるには、大きなプライドがいるんです
有名料理店でばかり働いていて、自分がこだわっていた物の小ささに気づいたのだといいます。

放浪にも似た10年間のうちに、何度も中川さんをピンチが襲いました。
自分が料理長をしていた店が倒産の危機に陥り、急に辞めなくてはならなくなったり。
そんな時、自分を慕ってついて来てくれた弟子やスタッフの明日の生活の面倒まで見てきたそうです。
ときに「私だけクビにしてください。その代り皆の給料だけは支払ってください」と社長に頼んだり。
ときに何人もの板場の働き口を探すために奔走したりと。
「自分のことは捨て置き、人のために生きよう」という生き方が、人と人との「絆」を生み出しました。
それを学び、培ったのは「冷や飯を食っていた」10年間だったのです。

身を粉にして働き、ちょうど10年が経ったある日のこと。
大阪修業時代のおやっさんからの縁で、現在の「華雲」に勤めることになります。
この大きな舞台で、中川さんの才は開花します。
「冷や飯食い」の10年間で、人望とリーダーシップが培われていたのです。
トップからはもちろん、スタッフからも信頼を得て、ほどなく料理長に就任しました。

中川さんの料理についての魂とは、こうです。
「料理とは、人づくりだと思っています。
 人を育てること、人との絆を作ることの大切さです。
 誰にでも美味しい料理はできます。美味しい料理を作れる人は無数にいます。
 しかし、そんな人でも、このホテルのように、
 一度に大勢の人のために美味しい料理を作ることはできません。
 自分の考えを以心伝心で汲み取り、作ってくれるスタッフが必要になります。
 だから、大切なのは人づくりなのです」
   参考:PHP特集「ヒューマン・ドキュメント」 「料理を作る前に、人を作る」を下敷きにしています。

Photo





2017年9月17日 (日)

顔晴れ!」

「顔晴れ!」
悩みがあっても

ないような顔をしてください。

いつも幸せそうにして
前向きな言葉を言ってください。
嫌な顔をしないでください。

あなた苦労したことないでしょう、
と言われたら勝ち。

顔とか言う言葉が
苦労に負けてない。

やるぞと決めた人に必ず奇跡が起きる。
明日からでも奇跡が起き出す。

顔晴れ!

Photo





残りの人生をいかに生きるか

  「残りの人生をいかに生きるか」 アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「私は残りの人生を、自分の人生で最高のものにすることにした」
  --ルイーズ・ヘイ、作家・パブリッシャー (訳 舟田譲二)

この名言に出会ったのは昨日のことです。
じつは、私自身最近ずっとこれとまったく同じことを考えていたので、ちょっとびっくりしました。
まるで私の気持ちを代弁してもらったような気がしています。

ここ数年、身近な人、愛する人の死が続き、これからの自分の人生について考えざるを得ません。
残りの人生を考えると、よくて10年、下手をすると5年単位。正直なところ20年という先までは見えません。
ちょうど1年前に
「人生という砂時計」という記事を書いていたのですが、「人生の砂時計」をより一層強く実感しています。

地上での残された人生をいかに悔いなく生き、最高のものにするか、毎日のように考えています。
過去を振り返れば失敗したことが思い出され、後悔することはたくさんありますが、それにもかかわらず私は神様にあって今日あるを得ていることに対して感謝の気持ちでいっぱいです。

残された人生を後悔しながら生き続けることも、逆に最高のものにすることもどちらでもできます。
私は後者を選択します。
そして、その決断をすると自然と毎日そのような生き方ができるようになってきます。

つい2日前、アメリカのindividualogist.comというところから"What Your Archetype?"という、無料で私のタイプをオンラインで診断するというものが送られてきました。いわゆる怪しげな性格診断アプリなどではないので、私は試してみることにしました。
10問の質問に答えてわずか1分ほどで、「クリエイター」(創造者、考案者)タイプという結果が出ました。
5ページにわたるかなり詳しい診断が送信されてきましたが、読んでいて一つひとつ納得のいくことばかりで、長所・短所も含めこれを生かして残りの人生を送りたいとさらに願うようになりました。

読者の皆さんは、これからどのような人生を送りたいと願っていらっしゃいますか?



2017年9月16日 (土)

可能性が1%でもあるなら

可能性が1%でもある以上、
それに賭けてみる価値はある。
人はつまずくことが恥ずかしいのではない。
立ち上がらないことが恥ずかしいのだ。
お前に何があったのは知らないが、
人生を投げた時点でお前の負けだ。
あきらめるなんて言葉は
死ぬときに言ってもらいましょうか。
未来には夢がある。
オレはそう思う。
ー 両津 勘吉 (こち亀)ー



Photo



ただそれだけのこと

 【ただそれだけのこと】 ジェリー・ミンチントンさん
ほとんどの人は、幸せの度合いは、
お金や所有物、ルックスに大きく左右されると思い込んでいます。

けれども、よく考えてみれば、必ずしもそうではないことに気づくはずです。
みんなが羨(うらや)む高価な物を自由に買えるお金持ちや、
だれをも虜(とりこ)にしてしまうような容姿に恵まれた人が、
必ずしも幸せな人生を送っているわけではないでしょう?
それどころか、心の内側はみじめで、心配ばかりしている人が少なくありません。

では、人を幸せにするものとは何でしょうか?
それは人を不幸せにするものと同じ。
その人の心の中の思いです。

不幸せになるのは簡単です。
生活の中のいやなことばかり、ずっと考えていればいいのです。
幸せになるのも同じです。
生活の中のいいことばかり、ずっと考えていればいい。
単純なことです。

「わたしが不幸なのはいやなことばかり起こるからだ」と言いたくなるかもしれません。
でも、だれでも毎日、いいこともあれば悪いこともあります。
幸せな生き方を選んだからといって、楽しいことばかりが起こるわけではありません。

けれども、幸せな生き方を選んだ人は、毎日いいことを探し求め、それを見つけます。
反対に、不幸せな生き方を選んだ人は、毎日悪いことを探し求め、それを見つけます。
ただ、それだけのことです。

ヘレン・ケラーが言っています。
「顔を太陽に向けましょう。そうすれば、影を見ることはできません」
 『あなたがなりうる最高のあなたになる方法』 ディスカヴァー

毎日、幸せで充実した日々を過ごすか、不幸せで不満の日々を過ごすかは、
その人の見方や考え方の違い。
誰にでも、嫌なことや悪いことは等分に起こる。
これは、容姿がよかろうが、金持ちだろうが、プロスポーツ選手だろうが、みな同じ。
幸せな人と、不幸せな人と、たった一つ違うのが、
その嫌なことや悪いことの中から、何を見つけるのか、探すのか。

幸せな人はいいことを見つけ、不幸せな人は悪いことを見つける。
光を見るか、影を見るか、だ。
「ただそれだけのこと」

常に明るい方を見る人でありたい。


2017年9月15日 (金)

いちばんいけないのは

いちばんいけないのは
じぶんなんかだめだと

思いこむことだよ

 - ドラえもん -

Photo_2





変わるための鉄則

 【変わるための鉄則】 メンタリストDaiGoさん
ポジティブ・チェンジの第一歩として、
「変わるための鉄則」と呼ぶべき3つのルールについて説明していきます。
ルール1. 頭はいらない
ルール2. 根拠はいらない
ルール3. 希望はいらない

ルール1. 頭はいらない
まずは、「自分を変えるにはどうしたらいいのか」と考えることをやめてください。
考えることは変化を妨げます。
行動して自分を変えたくない。
だから考えるし、思い悩むのです。
考えることで行動を先延ばしする、そして結局は行動しない、だから変われない、
ということになるわけです。
この、「頭はいらない」をもう少し具体的なイメージで説明してみると、「準備はいらない」ということです。
起業家や経営者を見ていてわかるのは、
成功する人たちはだいたい「見切り発車」であるということです。
つまり、行動してから準備をする。
あるいは、行動しながら準備をします。

ルール2. 根拠はいらない
理由があるから変われないのではありません。
変わりたくないから、変われないのです。
変わることによって不安を抱えたり、変わるために努力をしなければいけなかったり、
ということがイヤなので回避したい。
でも「俺はこのままでいい」というのはプライドが許さないから、
「変わりたくても変われない理由」を後付けしているだけです。
「怖いし、不安だから変わるための行動が取れない」という人は、
変わりたくないから、「怖い」「不安」といった感情を使用している、ということになります。
本当に自分を変えたいなら、他人と比べた時点でアウトです。

なぜなら、他人と自分を比べる人は、
自分を変えようとするのではなく、他人になろうとしているからです。
自分を変えるためには、自分の過去を見つめて、それをいかに使うかを考えなければいけません。
つまり、自分にしかない武器をいかに使うか、が勝負なのです。
そこで、自分にないものを他人の中に見て、それを羨(うらや)むのは無駄でしょう。
ないものを求めるのではなく、あるものをどう使うかが大事なのです。

ルール3. 希望はいらない
行動が希望を作り出す、行動そのものが希望であるというのは、決して精神論ではありません。
私は、不安や恐れ、悲しみなどネガティブな感情が湧いてきたら、
とりあえず何かをすることにしています。
つまり、落ち込みそうになったら行動し、その行動に没頭するのです。
つらい状況、絶望しそうな状況だからこそ行動する。
すると、すべてのネガティブな感情を消し去ってくれる。
このことは、心理学的にはフローという概念で説明できるのです。

このように説明すると、行動し、変わるために希望が必要なわけではない、ということを、
改めて納得していただけるのではないでしょうか。
いかに行動することが大事かがおわかりいただけたでしょうか。
そして、希望がないから行動できない、という考え方の愚かさも理解できると思います。
行動の前に希望はいらない。
まずは行動、なのです。
  『ポジティブ・チェンジ』  日本文芸社

行徳哲男師にこんな言葉がある(「感奮語録」より)。
『現代人は考えすぎる。
しかし、考えて解決する問題など皆無である。
問題を解決するには行動するしかない。
考えることは行動にブレーキをかける。
考えるから行動しない。
行動渋滞が起きる。
行動しなければ証は何も得られない。
禅の教えにもある。
「行ずれば証はそのうちにあり。行ぜずして証は得ることなし」と』

頭で考えるから、動けなくなる。
感動という言葉はあるが、理動という言葉はない。
つまり、感じて動くことはできるが、理屈で動く人はいない。

小林正観さんは、「夢や希望を持って生きる」生き方から、
「夢や希望を持たない」生き方を提唱している。
それは、夢や希望をどこかに探しにゆくのではなく、
今自分のまわりにある幸せに感謝し、気づくという生き方だ。
行動する人でありたい。

Photo










2017年9月14日 (木)

俺が妻と結婚したのは

俺が妻と結婚したのは、
妻の笑顔を長い時間見たいから。
今、妻を笑顔に
してあげられてないなら、
笑顔にしてあげれてない俺が
全て悪い。
  by 所ジョージ

Photo_2






牛生馬死

 牛生馬死
水の流れのない貯水池に馬と牛が落ちると、両方泳いで陸に上がってきます。
馬の泳ぎは速度が速く、ほとんど牛の倍の力で地面を踏む力があるからだそうです。
それでも牛も泳ぎが遅いなりに足をバタつかせて岸にたどり着くのです。
しかし、流れのある川や、洪水によって突然増えた水に、牛や馬が落ちると、
牛は生きて出てきますが、馬は溺死してしまうといいます。
何故でしょうか?

馬は泳ぐ能力が高いので、本能的に、
強い流れがあると、その流れに勝とうと、水をさかのぼるように泳ごうとします。
水の流れに逆らい、泳いで1メートル前進しますが、水の流れに押されて1メートル後退します。
それを何度も繰り返します。
そして20分程度泳ぐと、体力を消耗してしまい、とうとう疲れて水を飲んで溺れて死んでしまうというのです。

一方牛はというと、足の力は馬には及ばず、泳ぐ能力も長けてなく、ただ浮いているだけなので、
絶対に水の流れに遡らおうとはしません。
ただ水の流れに乗って、浮かんで流されていきます。
そのままでは死んでしまうのではと思いますが、そうこうしているうちに、
いつの間にか流れの浅瀬に足がついてそこから這い出て助かるのだといいます。

「不思議なことです。」
泳ぎが上手だということは、能力があるぶん、流れに遡いあらがっていこうとしますが、
結果馬は力尽きて溺死し、能力が無いので、流れに逆らうことができない牛は、
水の流れに乗って、少しずつ川岸に流されていき、助かります。
これが「牛生馬死」の意味だそうです。

人生を生きていると、仕事が順調にいく時もありますが、ある時には思うようにいかない時もあります。
どんなに頑張っても、状況がよくならない時、難しくて大変な状況の時こそ、流れに逆らわず、
牛のような知恵を持つことも大事です。
逆境の時、大きな流れに押し流されている時こそ、
過ごしてきた人生を振り返るいいチャンスかも知れません。

水に溺れないように、大きく息を吸って水に浮かび、全身の力を抜いて、流れに乗るのです。
そうするならきっと、浅瀬にたどり着くでしょう。
伝道者の書 7 -14.順境の日には楽しめ、逆境の日には考えよ。
神は人に将来どういう事があるかを、知らせないために、彼とこれとを等しく造られたのである。

Photo




2017年9月13日 (水)

感謝を忘れ

感謝を忘れ

当たり前となった時

大切なものが失われてゆく

Photo_4





指導者

バレーの決勝戦のラスト、うちの娘のミスで敗退。エースの子の母親が非難してきた!
言い返そうとしたら…
来年で中学生になる娘が毎週行っているミニバレーでスカッとした。

こないだ大会があったんだけど、決勝戦の最後の最後、うちの娘のミスで敗退。
試合後、エースの子の母親が
「〇〇ちゃん(うちの娘)がうんたらかんたら…」と非難轟々。
さすがにムカついて文句を言おうと思ったら、
コーチ(23歳男)か自分を止める。

コーチは、みなさん10分だけ時間を下さい、と前置きすると、
「まず敗退した理由ですが〇〇が原因と思っているお母さんもいらっしゃるようです。
でもそれは大きな誤解です。1セット目の5点目、相手のサーブが~…」
と、50個ぐらい失点の原因を挙げる。
内容は個人に偏ることなく、ベンチも含めた全員にだった。

皆が黙った後で、
「わかってもらえたでしょうか、チームスポーツは誰か一人のせいで負けるって事は絶対ないんです。」
「実力は拮抗してました。責めるとしたら、指導者です。
選手は本当に頑張ってくれました。帰ったら褒めてあげて下さい。」
その後保護者達から拍手w エース母は俯いてたw

その後の子供達へのフォローも見事で、若いって言っても凄い子もいるなぁ、と再確認。
他のママ達へのフォローも凄かったよ。
うちの娘もコーチに何言われたのかは言わないけど、やる気出してるし。

後日談ですがエース母が「感情的になって申し訳ない」と、うちに謝りに来ました。
聞くと、コーチの話にハッとっさせられたようでした。
若くてもほんと凄い子はいるね。
3年で弱小から強豪へ作り上げただけはある、ホントに。
ただ、こういう有能な指導者が心無い批判の下埋もれていくのは悲しい

Photo_3




2017年9月12日 (火)

私がこの世に生れてきたのは

わたしは無駄にこの世に生れてきたのではない。
また人間として生れてきたからには
無駄にこの世を過したくはない。
私がこの世に生れてきたのは
私でなければできない仕事が
何か一つこの世にあるからなのだ。

それが社会的に高いか低いか
そんなことは問題ではない。
その仕事が何であるかを見つけ、
そのために精一杯の魂を
打ち込んでゆくところに
人間として生れてきた
意義と生きてゆく
よろこびがあるのだ。
 <相田みつを>

Photo_2




最後のお弁当

 【最後のお弁当。】 
僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方がいました。
余命3か月と診断され、彼女は諏訪中央病院の緩和ケア病棟にやってきました。

ある日、病室のベランダでお茶を飲みながら話していると、彼女がこう言ったんです。
「先生、助からないのはもう分かっています。だけど、少しだけ長生きをさせてください」
彼女はその時、42歳ですからね。
そりゃそうだろうなと思いながらも返事に困って、黙ってお茶を飲んでいた。
すると彼女が、「子供がいる。子供の卒業式まで生きたい。
卒業式を母親として見てあげたい」と言うんです。

9月のことでした。
彼女はあと3か月、12月くらいまでしか生きられない。
でも私は春まで生きて子供の卒業式を見てあげたい、と。
子供のためにという思いが何かを変えたんだと思います。
奇跡は起きました。春まで生きて、卒業式に出席できた。
こうしたことは科学的にも立証されていて、例えば希望を持って生きている人のほうが、
がんと闘ってくれるナチュラルキラー細胞が活性化するという研究も発表されています。
おそらく彼女の場合も、希望が体の中にある見えない3つのシステム、
内分泌、自律神経、免疫を活性化させたのではないかと思います。

さらに不思議なことが起きました。
彼女には2人のお子さんがいます。上の子が高校3年で、下の子が高校2年。
せめて上の子の卒業式までは生かしてあげたいと僕たちは思っていました。
でも彼女は、余命3か月と言われてから、1年8か月も生きて、
2人のお子さんの卒業式を見てあげることができたんです。
そして、1か月ほどして亡くなりました。

彼女が亡くなった後、娘さんが僕のところへやってきて、びっくりするような話をしてくれたんです。
僕たち医師は、子供のために生きたいと言っている彼女の気持ちを大事にしようと思い、
彼女の体調が少しよくなると外出許可を出していました。
「母は家に帰ってくるたびに、私たちにお弁当を作ってくれました」と娘さんは言いました。
彼女が最後の最後に家へ帰った時、もうその時は立つこともできない状態です。
病院の皆が引き留めたんだけど、どうしても行きたいと。
そこで僕は、「じゃあ家に布団を敷いて、家の空気だけ吸ったら戻っていらっしゃい」
と言って送り出しました。

ところがその日、彼女は家で台所に立ちました。
立てるはずのない者が最後の力を振り絞ってお弁当を作るんですよ。
その時のことを娘さんはこのように話してくれました。
「お母さんが最後に作ってくれたお弁当はおむすびでした。
 そのおむすびを持って、学校に行きました。
 久しぶりのお弁当が嬉しくて、嬉しくて。
 昼の時間になって、お弁当を広げて食べようと思ったら、
 切なくて、切なくて、なかなか手に取ることができませんでした」

お母さんの人生は40年ちょっと、とても短い命でした。
でも、命は長さじゃないんですね。
お母さんはお母さんなりに精いっぱい、必死に生きて、
大切なことを子供たちにちゃんとバトンタッチした。
人間は「誰かのために」と思った時に、希望が生まれてくるし、
その希望を持つことによって免疫力が高まり、
生きる力が湧いてくるのではないかと思います。

Photo



2017年9月11日 (月)

幸せは

幸せを
手に入れるんじゃない。
幸せを感じる心を
手に入れるんじゃ。
- 甲本ヒロト -

Photo_2





手を繋ごう

 「手を繋ごう! 手繋ぎの心理効果」
★手を繋ぐことで、心の中におきる素敵な現象のお話です。
・幸せな家庭を築き、円満な人生を送るためにも、この手軽にできるスキンシップは決して欠かせないものです。手をつなぐということは、スキンシップの一つと考えられていますし、お互いの好意を態度で示す愛情表現なのです。街で手をつないで歩いている老夫婦などを見かけると、心が安らぐこともありますね。そこには心と心を引き寄せる力があるからです。好きな人と、もっと仲良くなりたければ、思い切って手をつないでみませんか?

●ストレスが軽減される
・「感情を抑制する脳の領域に、“落ち着き”の反応が起こる」という結果が出ており、
一種の鎮痛剤のような効果があります。
・誰かに手を握っていてもらうと、ストレスが軽減され、その相手が夫やパートナーだと、
 より効果が大きくなる、と言われています。
●信頼度が上がる
・脳内のオキシトシンを増加する働きもあります。
 オキシトシンは別名「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」とも呼ばれていて、
 これが多く分泌されると相手への信頼度もUPするのだとか。
●リラックス効果
・手を繋ぐ事は相手に触れたいと思うだけではなく、
 安心を与える事が出来るスキンシップの一つなんです。
・手をつなぐことで、相手とつながっている、ということを直接的に感じることができるのも、
 心が落ち着くリラックス効果の理由の1つです。
●痛みが和らぐ鎮静効果も
・手をつなぐことで、
 痛みを感じる脳の部位に鎮痛剤を投与した時と同じ「鎮痛効果」を表す反応も見られました。
・親指と人差指の柔らかい部分に軽いプレッシャーを与えることで、
 頭痛や歯痛、不安を和らげてくれることもわかったそうです。

★では、手つなぎ効果を試すために自然に手を繋ぐ方法を紹介します。★
・気がついたら手をつないでいた、となるのがスマートでさりげない手のつなぎ方です。
・イベントやお祭りなどで「人ごみにはぐれないよう」さりげなく手を握る。
・後ろから、「待ってー」と言いながら手を掴むだけでもOKです。そのまま手を離さないで。
・人ごみの中で手を差し伸べたり、段差があるところで手を出してあげたり、
 映画館の暗がりの中でそっと手を添えてあげるだけでも安心感を与えます。
・一緒に歩いている時は、「こっちだよ」という感じで、手を引いてあげるのは、
 カップルが手を繋ぐ時に多いきっかけです。
・恥ずかしがっているなんてもったいない。手をつなぎたいなら、あなたからつなぐことも大切です。
  出典 キメラのつばささん

Photo





2017年9月10日 (日)

最初の気持ち思い出して

さよならのために付き合ったんじゃない。
喧嘩するために付き合ったんじゃない。
怒らすために付き合ったんじゃない。
好きだから付き合った
仲良くなりたいから付き合った
そばにいたいから付き合った。
一度好きだった人を憎むのは辛い。
最初の気持ち思い出してほしい。
笑った二人がいる。

Photo_2





そのように考えるからそうなる

 【そのように考えるからそうなる】 マーク・レクラウさん
かつてシェイクスピアは「いいとか悪いというのはなく、そのように考えるからそうなるのだ」と言った。
これは名言である。
どんなに悪く見える経験でも、その中に隠されたいいことを探し求めよう。
いかなる状況でも悲観主義に陥らず、つねにいいことを見つける習慣を確立すれば、
人生の質を飛躍的に高めることができる。

経験それ自体は中立的だが、
それに対する物の見方がそれをよいことにしたり悪いことにしたりするのだ。
物の見方を改善する1つの方法は、ポジティブな表現を使うことである。
たとえば、「失敗」を「学習経験」と言い換えるのがそうだ。
ポジティブな表現を使って、自分が置かれている状況に対する解釈を変える具体例を紹介しよう。

私は失業者だ。→ 私は自分に合う仕事を見つけるために時間をとっている。
私は病人だ。→ 私は健康を取り戻すためにしばらく休養を必要としている。
私は問題を抱えている。→ 私は成長するための機会に恵まれている。
私は失敗してしまった。→ 私はこの素晴らしい学習経験を今後に生かす。
私は何をしてもダメだ。→ 私はこれから飛躍を遂げるために全力を尽くす。

■楽観主義者はドーナツを見て喜び、悲観主義者はドーナツの穴を見て悲しむ(オスカー・ワイルド)
■悲観主義者とは、チャンスがドアをノックしても「うるさい」と嘆く人のことだ。(オスカー・ワイルド)
  『習慣を変えれば人生が変わる』 ディスカヴァー

斎藤 一人さんは、「過去は変えられるが、未来は変えられない」という。
過去に起きた出来事が「不幸だった」「つらい経験だった」と思えばそうなるし、
あのおかげで「自分は成長した」「今の自分がある」「だからすべてがよかった」と思えばそうなる。
つまり、見方一つ、考え方一つで、過去は変えられるということ。
「幸福は、不幸の顔をしてあらわれる」
という言葉がある。

何かが起きたその時は、「嫌なことが起きてしまった」と一瞬思う。
しかし、少したってみてそれを考えると「あのことが幸せを運んでくれたんだ」と思えることは多い。
ただし、「不幸の顔」があらわれたときに、文句や不平不満、グチ、泣き言を言ってしまうと、
後から「幸福」はあらわれない。
なぜなら、口から発した言葉は現実化するからだ。
つまり、文句や不平不満、グチ、泣き言をいえば言うほど、もっと言いたくなるような現象があらわれる。

その悪い循環を断ち切る言葉はたった一つ、「ありがとう」という感謝の言葉。
嫌なことがあったとき、はじめに「ありがとう」と言ってから言葉を続けると、
後の言葉はすべてポジティブに変わってくる。
「そのように考えるからそうなる」
どんなときも、よき言葉を発したい。

Photo




2017年9月 9日 (土)

転んだら立つ 立ったら歩く

  『転んだら立つ 立ったら歩く』
歩き始めたばかりの子どもは、すぐに転ぶ。
しかしその度に、元気よく立ち上がる。
それを繰り返して子どもは、日一日としっかり歩けるようになっていく。
お互いの仕事でも、つまづいて転んだら、くよくよせずにすぐ立ち上がろう。
そして再び歩き出そう。
そうしてこそ、成長も発展も自分のものになるのである。
  「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo_3






言葉を発する前によく考える

 【言葉を発する前によく考える】 ボブ・バーグさん
あなたは誰かの言葉や行為に対して辛らつなことを言って、
その直後に「しまった」と思ったことはないだろうか。
私はある。
実際に、何度もある。
だが、いったん言ってしまったことは取り消すことができない。
その時点であなたがすべきことは、誠意を持ってきちんと謝罪し、
もめごとが大きくならないように努めることだ。

ある人は「腹が立ったときに発する言葉は弾丸のようなものだ。
いったん発射したら、絶対に元に戻すことはできない」と言っている。
言葉を発する前によく考えることを方針にしよう。

一瞬、口を閉じることがカギだ。
しかし、ほとんどの人にとって、それは自然にできることではない。
だから、日ごろそういう事態を想定して練習しておかなければならない。
場合によっては、何も言わないこと(少なくともしばらくは)が最も賢明な選択肢である。

もめごとが発生する前に芽を摘み取ることが最善の策だが、
もしもめそうになったら、それがエスカレートする前に止めることが次善の策である。
誰かがあなたを批判したり侮辱したりしたとき、あなたは言葉を発する前によく考えるべきだ。
取り消すことができない言葉の弾丸を発する前に、いくつかの選択肢を入念に検討する必要がある。

一瞬、口を閉じて冷静に判断し、問題解決につながる利口なことを言おう。
あなたは必ず優位に立てるはずだ。

沈黙の恩恵は、対面でのやりとりにとどまらない。
最近、私はある友人のフェイスブックを見ていた。
彼はいつも親切で冷静な人物として世間から尊敬されている一流の職業人だ。
しかし、そんな彼ですら、「かんしゃくを起こして感情的なメールを長々と書いたことがある」
と告白していたのはじつに興味深い。
幸い、彼はそのメールを先方に送る前に親友と相談したところ、
その親友はそれを送信せずに削除するよう提案したという。

1. リンカーンのやり方をまねる
リンカーン大統領は誰かに対して腹を立てたとき、
思い浮かんだ激しい言葉を書きつらねた手紙をしたためることがよくあった。
そして、それに署名し、封印し、切手を貼ったうえで、
絶対に誰にも見られないようにその封筒を細かく刻んで捨てた。
リンカーンは怒りを発散させるためにこのテクニックをよく使っていた。
その手紙を投函するつもりはもともとなかったのだ。

2. メールを送信する前に待つ
私は感情的なメッセージを書いて送信する前に24時間待つことによって、
仕事であれプライべートであれ、相手を傷つけて後悔するのを免れたことが何度もある。
24時間待つことによって、より親切で効果的なメッセージを発することができる。
あるいは、メールを送信しないことが正しい選択肢だと気づくかもしれない。

3. 助言を求める
私は効果的なメールを書くことが自分の強みだと思っている。
しかし、重要なメールの場合、それを送信する前に信頼できる友人に助言を求めることがある。
その人たちは私のメールを見て、その内容を適切に判断し、
言葉の使い方がまずい箇所を指摘し修正するように提案してくれる。

心理学者のダニエル・ゴーマン博士はこんなことを言っている。
「衝動を抑えるカギを握る能力とは、まずとっさの衝動をコントロールし、
次にそれにかわる行動を決定し、その結果を予測することである」

まったくそのとおりだ。
メールを書くのはいいが、すぐにそれを送信してはいけない。
まず自分の衝動をコントロールし、自分の行動がもたらす結果を予測し、
ここで紹介した3つの選択肢から選ぼう。
  『敵を味方に変える技術』  ディスカヴァー

「言葉とは、包丁のようなもの。喜ばせることもできるが、傷つけることもできる」
という言葉がある。
包丁がなければおいしい料理はできない。
だが、ときとして包丁は人を傷つける。

「覆水盆(ふくすいぼん)に返らず」と言うことわざの通り、
一度発してしまった言葉は元に戻すことはできない。
人を傷つける言葉は、まるで矢のように相手の心につきささる。

『どんなことに対しても一喜一憂しない心をつくるとものすごく人生が楽になります。
何を言われてもにこにこしている状態を、強靭な魂と言いますが、
私が発見した方法を使えば、15秒くらいでこれをつくれます。
必要なことはただひとつ、「ぼ―っ」とすること』
と言ったのは小林正観さん。

「ぼーっ」とする練習をしたい。


2017年9月 8日 (金)

学ばない者は

学ばない者は人のせいにする。
自分に何が足りないかを考えないから。
学びつつある者は自分のせいにする。
自分に何が足りないかを知っているから。
学ぶことを知っている者は
誰のせいにもしない。
常に学び続ける人でいたい。
 - 三浦知良 -

Photo_2




何回もの奇跡を体験した僕

 【何回もの奇跡を体験した僕】
その昔、大学の同級生で、細身の女の子がいました。
何となく意識し始め、彼女も同じ思いだと友達に聞かされました。
有頂天の僕。
ほどなく付き合い始め、やがてとても愛おしい存在になりました。
あるとき、彼女が告白しました。
「心臓に大穴が空いていて、苦しい。子供も無理。 あきらめるなら今のうちよ」
本人は、辛い気持を抱えつつ、死ぬ気だったらしい。

出来る手術があるのならと、僕なりに心臓外科を探しまくり、
奇跡的に、その種の専門医に行きあたりました。
色んな問題はありましたが、なんとか手術にこぎ着けました。
そして、手術は、成功したのです。
嬉しかった。本当に嬉しかった。
生まれて初めて、神様に感謝を捧げました。術後も良好です。

でも、哀しい宣告も受けました。
子供は無理。受胎しないだろう、と言われたのです。
そんな状況での結婚。当然、親同士は結婚に猛反対でした。
僕の親は勿論のこと、向こうの両親もそうでした。
無視。
無視し続け、それでもなお説得も続けました。
6年かけてやっと挙式、そして入籍です。

10年後、またも奇跡が到来。よほど経過が良かったのか、妊娠の徴候。
おずおずと主治医に相談しました。無理だと言われたのが、無理じゃなくなったのです。
喜び半分、恐怖が半分でした。
主治医の先生が答えました。
「挑戦しましょう」

せ、せんせい、俺の女房だぞ、俺の子供だぞ。
だ、だ、だ、大丈夫なんだろな。
そんな感じでうろたえたり、苦悩がわき上がったり、いろいろあったけど、
先生のあっけらかんとした「挑戦しましょ」の言葉に突き動かされました。
僕にしてみれば、奇跡、またもや奇跡が到来!
無事出産です。
3,000g元気な男の子です。
あまりに嬉しくて、涙と鼻水でぐしゃぐしゃになりながら、
この身は、おそらく5センチほど舞い上がっていたと思います。

半年後のことです。かみさんに似たような心臓障害が発覚しました。
成長しないだろうってどういうことなんよ?
「様子を見ながら出来るものなら手術をしましょう」
主治医の紹介で、小児心臓外科の先生にお願いすることに。
10年待った一粒種なんだ、
死ぬなよ。頼むから。
もしか、代われるものなら、大喜びで僕が代わるに決まってる。
どきどき。
成功した。
これ以上ないくらいの喜びがこみあげてくる。
何というジェットコースターのような巡り合わせ。

あれから15年。
ころころ太ったかみさんがそばに居ます。
「うぜえんだよ、親父。」
そんなふうに憎まれ口を聞く、ちょっと小ぶりな男子高校生もそばに居ます。
さえないサラリーマンの普通の三人家族です。
かみさんにも、せがれにも言わないけど、幸せを噛みしめています。
何度、奇跡を体験したことだろう。
だけど、今、ここに当たり前のように居る二人こそが奇跡そのもの。
今、ここに奇跡を感じる自分を、世界一の幸せ者だと実感しています。
 2ちゃんねる、ちょっといい話より

Photo


2017年9月 7日 (木)

大丈夫って文字には

大丈夫。大丈夫って文字には、
全部に人って文字が

入っているんだよ
人はひとりじゃない
大丈夫にはそんな意味がある
 - 松岡修造 -

Photo_2





本当の豊かさ

 ★本当の豊かさ★
私が会った子どもたちはみんな可愛かった
笑っている子ども、ふざけている子ども、赤ちゃんをおんぶした女の子
さかだちを自慢そうに見せてくれた男の子、いっしょにうたった子ども
どこまでも、ついてきた子ども、いろんな子どもたちに、会った

そして
両親や姉兄を目の前で殺された子ども、ゲリラに腕や足を切り取られた子ども
親が蒸発し、小さい弟や妹を残された女の子
親友だった家畜が飢えて死んでしまいぼう然としていた男の子
家も学校も、すべて破壊されてしまった子ども
難民キャンプをたらいまわしにされている孤児たち
家族を養うために売春する子ども

だけど、だけど、
そんな、ひどい状況のなかで
自殺をした子どもは一人もいない、と聞いた
希望も何もない難民キャンプでも
一人もいない、と
私は、ほうぼうで聞いて歩いた
「自殺をした子は、いませんか?」
「一人も、いないのです」
私は骨が見えるくらい痩せて骸骨のようになりながらも
一生懸命に歩いている子を見ながら
一人で泣いた

『日本では、子どもが、自殺してるんです。』
大きい声で叫びたかった
こんな悲しいことが、あるでしょうか
豊かさとは、なんなの?
私がいろんな子どもに会って
日本の子どもに伝えたかったこと
それは
もし
この本の中に出てきた発展途上国の子どもたちを
「可哀想」と思うなら、「助けてあげたい」と思うなら
いま、あなたの隣にいる友達と「いっしょにやっていこうよ」と話して
「みんなで、いっしょに生きていこう」と
手をつないで

私の小学校、トットちゃんの学校には、体の不自由な子が何人もいた
私のいちばんの仲良しは、ポリオ(小児マヒ)の男の子だった
校長先生は、一度もそういう子どもたちを、「助けてあげなさい」とか
「手をかしてあげなさい。」とか、いわなかった
いつも、いったことは、「みんないっしょだよ。いっしょにやるんだよ」
それだけだった

だから私たちは、なんでもいっしょにやった
誰だって友だちがほしい
肩を組んでいっしょに笑いたい
飢えてる子どもだって
日本の子どもと友だちになりたいと思ってるんですから
これが
みなさんに、私が伝えたかったことです
引用元: (「トットちゃんとトットちゃんたち」 黒柳徹子)

Photo





2017年9月 6日 (水)

絶対に自分を信じる

一度失敗したからといって、
何もかも失敗するわけではない。

努力を忘れず、
どんなときも...
絶対に自分を信じること。

だって、自分が自分を信じなくて、
一体誰が信じるというの?

さあ堂々と顔を上げて。
そして一番大事なのは
いつも笑顔を忘れないこと。

だって人生は素晴らしい。
笑顔になれることが
たくさんあるのだから。

ー マリリン・モンロー ー

Photo_2





性格のいい人は運を呼ぶ

 【性格のいい人は運を呼ぶ】 萩本欽一さん
テレビの世界で大活躍する人って、ぜったいなにか優れたところを持っています。
人によって優れたところはそれぞれ。
大きく分けると「才能」と「運」と「努力」なんだけど、
この3つのうちの、テレビで成功するために一番必要なのはどれだと思う?

あるとき、周りにいる人たちに片っぱしから聞いてみた。
そうしたら、答えはだいたい30%ずつに分かれました。
いちばん多かったのは「努力」。
これが36%ぐらい。
「才能」が34%、「運」が30%ぐらいの内訳。

だけど、僕の考えはちょっと違うんです。
運も努力も才能も、もちろんあったほうがいいに決まってる。
でも、絶対に必要なものではありません。
じゃあ、テレビで活躍するために大事なものはなにか。
それは「いい性格」なんです。

だから僕はいつもこう言ってるの。
「芸を磨くより、人間を磨け」
なぜこう考えるかというと、実はテレビ番組のディレクターたちにこう聞いてみたことがあるんです。
「あなたの番組に出演するタレントを選ぶとき、決め手はなんですか・」
そうしたら、いちばん多い答えが「性格」だったの。

「うまい人を選ぶ」と言う人が多そうなものなのに、そう答えたディレクターは一人もいなかった。
テレビの場合、短時間で撮らなくちゃいけないので、芸で勝負するような人はあまり必要じゃない。
番組自体、芸を見せるわけじゃなくて、あくまで「企画」ものだから、
出演者に「合う」とか「合わない」とか文句を言われて撮影を止められるのが、いちばん困る。
それで性格のいい人が好まれるんですね。
僕の周りには性格のいい人がたくさんいて、そういう人はたくさん人に運を運んでいるから、
僕にもずいぶん分けてくれたんじゃないかな。
 『続 ダメなときほど運はたまる』 廣済堂新書

性格の悪い人の特徴は…
■自己中心的で、他人のことを考えない
■人のせいにする
■悪口や人のあら探しばかりする
■自慢話が多い
■お金に汚い
■人を馬鹿にするような態度をとる
■言葉遣いが悪い
■威張ったり人を見下したりする
■すぐ嘘をつく
■いつも不機嫌

性格のいい人は、上記の「人の悪い人」の反対の人。
だから、誰からも好かれるし、周りに人が集まり、まわりからの引きがある。
引きがある人には運がある。
どんなに優れた選手であろうと、監督から引かれなかったら試合には起用されない。
性格のいい人は運を呼ぶ


Photo


2017年9月 5日 (火)

ありがたさをかみしめて 】

【 ありがたさをかみしめて 】

どんなひどい困難に出会おうと、

病気や事故になろうと、
死ぬことと比べたら
すべては「カスリ傷」の
ようなものです。

もし明日死ぬと
わかったら、
多くの人が、
今ある何げない
当たり前のような
幸せに感謝することでしょう。

歩けること、
空気が吸えること、
友や家族と語らえること、
大喧嘩したことでさえ、
愛しくなります。

もっとも肝心な、
「生かされている」
ということに比べたら、
すべてはちっぽけなことです。

すべてのことに感謝して、
ありがたさをかみしめ
生きていきたいです

Photo





ネクストワン

私が会社を経営していた時、一番大切にしていたのは、
売上げや利益を伸ばすことより、社員の人間的成長を図ることでした。

人間は簡単には成長しません。
相当な期間と忍耐力をもって、コツコツと実践を積み重ねることにより、
習慣が変わり、人間の質が変わります。
今日よりも明日、明日よりも明後日と社員が成長できるよう、
経営者は全力で努力しなければなりません。
歴史に名を残す偉人に共通するのは、最後まで成長をめざし続ける姿勢です。

私が敬愛する喜劇役者のチャーリー・チャップリンは、まさにそうでした。
家庭環境に恵まれなかったチャップリンは、にこりともしない母親をどうにか笑わせようと
毎日工夫を重ね、少し笑えば、もっと笑わそうと懸命に努力をしました。
それだけに、数多くの作品を残しながら、一つとして同じ手法を使っていません。

ある時、記者から「今までの中で最高の作品は何ですか」と問われたチャップリンは、
即座にこう答えました。
「ネクストワン(それは次の作品だ)」と。
 凛とした日本人の生き方 鍵山秀三郎 著 モラロジー研究所
_______

同じことを毎日繰り返しても、成長に繋がりません。
毎日積み重ねていくことによって成長していくのです。
毎日お風呂で自分の頭をシャンプーしていても、シャンプーが上手くなるわけではありません。
毎日成長させようと“新しい知識や情報”を仕入れたり、
“自分よりもうまい人に習う”ということをするから成長していくのです。
そして、常に挑戦し続けるということも大切な要素だと思います。

ベストセラー『ガルシアへの手紙』(総合法令出版)の著者、エルバート・ハバードはこう言っています。
「人間が犯しうる最大の過ちは、過ちを犯すのを恐れることだ」
すすんで失敗しに行ったときほど、失敗しないものです。
初めて自転車に乗ったとき、転ぶのを恐れてビクビクしながら漕いでいると転びます。
転んでもいいや!と開き直ってこいだ時、意外と転ばないものです。

恐怖心につて、ミシガン大学の研究で明らかになったことがあります。
・恐怖の60%は、実際には起こる可能性のない、根拠のないものである。
・恐怖の20%は、自分ではどうすることもできない過去の出来事に関するものである。
・恐怖の10%は、まったく影響力のない、取るに足りないものである。
・残りの10%のうち、合理的と言える恐怖は4~5%にすぎない。
つまり、95%の恐怖心は無駄に終わっているということです。

チャップリンが「ネクストワン」と言ったのも、挑戦し続けているからこその言葉でしょう。
さあ、今日も挑戦する一日にしていきましょうね♪


2017年9月 4日 (月)

どんなに今がつらいとしても

どんなに今がつらいとしても、
過ぎ去ってしまえば
「あの頃はつらかったっけなあ」
なんて
さらっと笑い話に...
できてしまったりするんだよね。
でもそれは、
そのつらい時期を
耐えられたわたしだから
言えることなんだよね、きっと。
少しずつ、少しずつ、つよくなっていく。
だからまた明日も頑張ろうと思うの。

Photo_3





遊び心はとても大切

 【遊び心はとても大切】 医師、鎌田實さん
スイスの哲学者カール・ヒルティは、
「寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は幸福である」と語りました。
明日の朝、起きることが楽しみになるかどうかは、幸福のバロメーターです。
「明日はきっとよくなる」と思えれば、生きる希望が湧いてきますが、
「またつらい一日が始まるのか」と考えると、ますます鬱々としてきます。
目覚めの楽しみを実感できないのは、とても不幸なことです。

イギリスの15歳の若者が大腸がんと診断された。
進行性の大腸がんでした。
とても厳しい状態でした。
完治の可能性はなしとも伝えられた。
約3年で7回の外科手術、予後不良といわれる中で、がんばりました。
化学療法や放射線治療も受けた。

この青年の名前はスティーブン・サットン。
完治の可能性はなしといわれても、決して絶望しなかった。
へこたれなかった。
心の中では、なんで俺がこの若さでこんな厳しいがんになるんだと、怒っていたと思います。

そして死ぬまでにやり遂げたい46の目標を立てた。
ネット上に、「スティーブン物語」というサイトを立ち上げました。
彼の目標というのは、ごく普通の若者たちが考えるようなことでした。

どんなときでも、楽しく生きる自由はあるのです。
「曲芸を学びたい」「コメディアンのジミー・カーターに会いたい」「スカイダイビングをしたい」
「ダーツの大会を観に行きたい」
「映画かミュージックビデオのエキストラとして出演する」など、よくある若者らしい楽しいことばかり。
遊び心が素敵です。
彼も見事に「遊行」していたと思います。

2016年、リオ・オリンピックのバトミントン決勝で、日本の高橋礼華(あやか)・松友美佐紀ペアが
ファイナルセット、19対16、デンマークのペアに圧倒されていた。
あと2点取られたら負け。
正直、「もうダメかな」と松友選手は思ったそうです。

ここで彼女は、「1球でもいいから、相手に“おっ”と思わせよう」と考えたそうです。
デンマークペアの強さに打ち勝つために、強い球を打とうとしていた松友選手は、
遊び心に気がついたのです。
ゲームの最終局面で「遊行」に近い技を見せたのです。

後衛の高橋選手が強い球を打ち、
前衛の松友選手がラケットを立てて出して、ネットぎりぎりに落ちるゆるい球を打ちました。
ここから5ポイント連取して奇跡的な大逆転が起こりました。
遊び心はとても大切なのです。

サットン青年は、限りある命を宣告されても、命がけで楽しく生きようとしました。
どんな人でも、楽しく生きる自由があるのです。
1つか2つ、つらいことがあると、ついつい、楽しく生きる自由があることを忘れてしまいます。
遊び心が大切なのです。

アメリカのケンタッキー大学の研究チームは、
楽しく生きる人はそうでない人より免疫力が高くなると発表しています。
こういった目標や生きがいを持つことは、
人生の中で絶望に陥ったときも、末期がんになったときも、間違いなくいいことなのです。

サットン青年は、楽しいことをしたうえに、誰かの役に立ちたい。
がんで苦しんでいるほかの患者さんのために何かできることはないか、と考え始めた。
この青年は、がんが大腸から、肺、肝臓、骨へ転移をし、19歳で亡くなりました。
彼の言葉はインターネット上で注目を集め、
320ポンド(当時のレートで5億5千万円)以上の金額の募金が集まったという。
彼は最後まで自由に生きることをあきらめませんでした。
  『遊行を生きる』  清流出版

遊び心のある人は、苦境におちいったり、苦しいときでも、「にやっ」と笑って、何か面白いことを考える。
いくつになっても、少年のような無邪気な心を持っていたり、ユーモアや余裕があるからだ。
反対に、遊び心のない人は、いつも張りつめていて、冗談やミスを許さず、深刻になってしまう。

真面目は必要だが、真面目過ぎるとギスギスする。
真剣なのはいいが、真剣過ぎると深刻になってしまう。

遊び心のある人は、楽しく生きている人。
ときに、面白がったり、ふざけたり、冗談言ったり、少年のように無邪気に遊ぶ。

遊び心のある人でありたい。

Photo





2017年9月 3日 (日)

心に残った傷

一年前の今日、何に悩んでいたか思い出せる?
今は信じられないかもしれないけど、
必ず「今」を笑える日が来るから。
だから泣きたい時は泣けばいい。
そして、今しかないこの痛みを
心に刻んで忘れないで。
心に残った傷は、
あなたが一生懸命誰かを愛した証拠。

Photo_2





欠点こそ個性

この世に、完璧な人って、存在するのでしょうか
完璧に近い人は、存在すると思いますが
探せば、必ず一つや二つの、欠点は、持っていると思います。
マンガを面白くするコツは、登場人物に、欠点をつくることだそうです。

また司馬遼太郎の、小説に出てくる主人公もかならず、欠点が明確に描かれています
坂本龍馬は、自分の着物の洗濯もしないし
袴の紐をベロベロとなめながら話すのがクセの、不潔男として描かれ
高杉晋作は、上級武士の子として威張っているにもかかわらず、武芸オンチで
しかも海軍を目指すも、船酔いであきらめる
でもこれがたまらない魅力になっているのです

月も同じです、歌に詠まれている月は、ほとんどが欠けたお月様
『三日月』『上弦の月』など、お月様だって、欠けているから魅惑的なのです

欠点があるから、人間的な魅力が増し、長所が引き立つ
そしてまわりの人は、なぜかそれを見ると、ほっとして応援したくなる

自分の欠点で悩んでいる方、おられませんか?
安心してください。欠点こそ個性、あなたの欠点は、神様の演出だったのです

Photo





2017年9月 2日 (土)

人は信念と共に若く

人は信念と共に若く
 疑惑と共に老け行く
人は自信と共に若く
 恐怖と共に老け行く
希望ある限り若く
 失望と共に老け行く

Photo_2





お母さんを責める前に

  【 お母さんを責める前に 】
飛行機で赤ん坊を
連れた女性と隣り合った。
僕は窓の外を見たり、本を読んだりして過ごしていたが、
女性は赤ん坊を胸の前に抱え、荷物を座席の下に入れるのもひと苦労で、
まるで甲冑を着て飛行機に乗っているようで、
しかもその甲冑は生きていて、猫のように勝手に動くのだ。

おせっかいにならない程度を見計らって僕も手伝ったが、
その度に「すいません」と謝るように丁寧にお礼を言われた。

赤ん坊は無慈悲な乱暴者で、髪を引っ張ったり、前の人の頭を触ろうとしたり、
おんぶ紐を外そうとしたり、おっぱいを欲しがったり、やがて泣きだした。
事情を知らずに泣き声だけ聞けば、お母さんの監督責任を追求する人もいるだろう。

どうか遠くのお客さん怒らないでください。
彼女は全く休む暇もなく、二人分の荷物を持って降りて行ったが、全く頭が下がる。
お母さんてものは、こんなにも大変なのか。
その片鱗をみた思いである。

たかだか数時間のフライトだったけど、
この暴君と二十四時間付き合う母親は大変な忍耐だ。
壮大な愛である。

もし家族や行政のサポートも受けられず
一人で赤ん坊を育てないといけない環境でいたら、

おかしくなってしまうのも仕方ないかもしれない。

そういったお母さんを責める前に、
もしくは子供を産めや育てやと言う前に、
まずは全てのお母さんにもっと感謝すべきですね、
昔赤ん坊だったことのある人は。
  作家・前田司郎 参照元 東京新聞(TOKYO Web)

Photo




2017年9月 1日 (金)

お金持ちの生活習慣・・・12のルール

【お金持ちの生活習慣・・・12のルール】
①お金持ちは贅沢しない
②お金持ちは自分に投資する
③お金持ちは身だしなみに気を遣う
④お金持ちはお金の話が好き
⑤お金持ちは財布の中がきれい
⑥お金持ちは買い物が細かい

⑦お金持ちは人間関係への出費を惜しまない
⑧お金持ちは靴の手入れが行き届いている
⑨お金持ちは人に与える
⑩お金持ちはチャレンジする
⑪お金の持ちは食事を大切にする
⑫お金持ちは朝方生活
~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたはお金持ちの生活習慣をいくつ
 実践出来ていますか?

Photo_3





男性の転落人生とは?

イギリス・宝くじで”7億円超”を獲得するも、3年で使い果たした男性の転落人生とは?

みなさんはもしも、”宝くじ”が当たったらどうするだろうか?
欲しかったものをどんどん買う、貯金する、寄付する…様々な使い道がある。
宝くじと言っても、当たる金額は数百円から億単位まで実に幅広い。
なんと、イギリスで7億円以上もの高額当選をした男性が、
たった3年ですべて使い果たしてしまったという衝撃のニュースが飛び込んできた。
その男性の末路とは…?

宝くじ当選者の話題は少なくないが、大金を前にすると目先の判断がつかなくなってしまうのだろうか
英プリマスの男性は、「The National Lottery(国営宝くじ)」に当選し日本円にして7億円以上の大金を手にするも、わずか3年で使い果たしてしまったという。現在は行方がわからなくなっているこの男性について、『The Sun』など複数の英メディアが伝えている。

プリマスに暮らしていた当時52歳のピート・カイルさんは、英国陸軍砲兵隊員として1991年まで10年間勤務していた。その後は醸造所で働きながらビールの配達をしていたが、ひざを痛めて陸軍の年金で生活していたという。

ピートさんは何年にもわたり、毎週同じ番号を「The National Lottery」に投票し続けてきた。
2005年1月29日の土曜日もいつもと同じように「3、8、27、38、44、46」の番号を書き、
ノースプロスペクトにあるスーパーマーケット「Co-op(コープ)」の宝くじマシンに投票した。
これが彼の人生を大きく変えた運命の日となった。

ピートさんは翌朝、自分が当選したことを知って驚愕した。目の前の番号が信じられずまるで夢のように感じながらも、すぐに娘のジェマさん(当時20歳)に電話をかけた。

父から「宝くじで当選したと思う」と聞いたジェマさんは歓喜の声をあげ、念のためにダブルチェックをし、間違いなく5,122,412ポンド(約7億2,200万円)に当選したことを知った。イギリスで最も高額な宝くじを当選した一人となったピートさんは、月曜の夜に友人らと祝うためビンゴ会場へ行き、そこでも500ポンド(約7万円)の賞金を得た。

ピートさんが大金を手にしてからの派手な生活ぶりはタブロイド紙に報じられ、取材にも「家族の人生が変わった」と喜びを口にしていた。ピートさんは、ジャグジーやミニバーが備え付けられた豪華な家を55万ポンド(約7,750万円)で購入し、気まぐれでメルセデスやレンジローバーなど複数の高級車とボートを買った。「夢だった」という釣り用のボートで釣りを楽しみ、ジェマさんや息子のロイ君(当時11歳)にも旅行をプレゼントし、元妻のジェーンさんには車を購入した。

しかし億万長者の生活は3年ほどしか続かなかったようだ。毎日4,600ポンド(約65万円)も浪費するような暮らしを続け、投資にも手を出しまとまった金額を失ったピートさんは、せっかく手にした豪邸も2008年の4月に手放さなければならなくなった。

当時の『The Sun』によると、2008年のピートさんは1泊15ポンド(約2,100円)の小汚い格安ホテルに住み込みで働くほどに転落していたという。銀行や複数のクレジットカード会社、ガスや電気代の支払い請求、駐車料金の罰金、TVライセンスの請求書など数々の負債を抱えながら生活保護などとして週に100ポンド(約14,000円)受給しており、周りでは「彼が億万長者だったなんて信じられない」という声もあがっていたそうだ。

そして2008年以降、ピートさんの姿は目撃されていない。「スペインに行くと聞いた」という証言もあったが、実際にどこいるのか定かではないようだ。このニュースを知った人からは「なんて愚か者」「大金を手にして浪費したからって生活保護を要求するのは間違っている。自分の責任だろう」「考えもせずに浪費するからこんなことになるんだ。自業自得」「行方が分からなくなって9年って…今どこで何しているんだろう」といった声があがっている。

なお、2013年に当時17歳という若さで100万ポンド(約1億4千万円)の宝くじを当てた女性が、今年になって「宝くじは私の人生を台無しにした」と発言し世間から猛バッシングを浴びていた。

Photo_2








« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »