カテゴリー

  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 私たちは最初っから幸せなんですよ | トップページ | 愛の1stステップ »

2017年7月17日 (月)

必要としているのはパートナー

「僕は妻の手伝いをしない」その理由を聞いた友人は、驚きを隠せなかった。 

ある日友人と自宅でコーヒーを飲みながら人生の話をしていた時、
会話の途中で僕が「ちょっと皿を洗ってくる」と言うと、
友人はこれからロケットを作ってくるとでも言ったかのように驚いていた
それから尊敬の眼差しで食らったようにこう言った
奥さんの手伝いをするなんていいね、
僕はしないんだ、「やったって、感謝されないんからね」
先週床を洗ったけど、ありがとうの一言もないよ

僕は友人の隣に座って、僕は妻を手伝っているわけではないと説明した
妻は手伝いが必要なわけではない。必要としているのは、パートナーだ。
妻が家を掃除するのを、手伝うのではない。
僕もここに住んでいるのだから、掃除するのは当たり前だ
妻が料理するのを手伝うのではない、僕も何か食べたいから、作るのは当たり前だ、
食事の後の皿洗いを、手伝うのではない、僕だってその皿を使うからだ
妻が子供たちの面倒を見るのを、手伝うのではない
僕の子供たちでもあるし、僕は父親だからだ。
妻が洗濯をしたり、洗濯物を畳んだりするのは、
僕や子供たちの洗濯物でもあるからだ。
僕や子供たちの汚れ物もあるのだから、僕が洗濯する、
家事を手伝うことはしない、
僕はこの家の一員なのだから

こんな風に考えたことなかった?
床を一回掃除したぐらいで、そんなに感謝してもらえると考えていたの?
どうして?
友人に聞いてみた。
掃除して、洗濯して、シーツを替えて、子供をお風呂に入れて、料理して、
あれこれ整理整頓している妻に、最後に「ありがとう7」を伝えたのはいつ?
君は男性優位世界で育ってきたせいで、
家事は女性の仕事だって、思い込んでいるかもしれない。
男は家のことに指一本動かさなくてもいいって、教えられてきたの?
妻に対して、本当のパートナーとして振る舞ってみたらどうだろう
ただ食べて、眠って、お風呂に入って、
やりたいことだけやる、お客さんとしてではなくね。

家の中から
社会は変わっていく
子供たちにも、人と人が共に生きる、本当の姿を教えてあげよう。
  出典・イミシン  

« 私たちは最初っから幸せなんですよ | トップページ | 愛の1stステップ »