カテゴリー

  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の62件の記事

2017年5月31日 (水)

一生を共にしたいと思う

「一生を共にしたいと思う」
好きと言える。
会いたいと言える。
嫌いなところが言える。
冗談も言える。
愚痴も言える。
悩みも言える。

何でも言い合える二人だから、
一生を共にしたいと思う。

気を使わず、素直に。
何があっても大丈夫だと、
信頼し合える二人だから、
一緒に生きていきたいと思う。

454209de5ae498066ac88b7eb04c686b788






現在は過去の考えの結果

 【現在は過去の考えの結果】 佐藤富雄さん
アーレンは著書『人間が考える時』の中で「考えは物である」と述べています。
電話は、そのアイデアが電話機になる前は、ベルという男の頭の中のただの考えであった。
大型自動芝刈り機も、実現する前はマコーミックという男のただの空想であり、
電球もそれが物体となる前はエジソンの頭の中にある考えだった。
ジョン・D・ロックフェラーも、無一文時代に、やがて億万長者になるのだと宣言していた。
そして、これらはすべて実現した。

私たちが知るべきことは、現在は過去の考えの結果だということです。
我々の今日の財政の程度も、昔の考えの集積結果なのだということです。
ですから、もし経済的な状態を変えたいと思うなら、考えを先に変えなければなりません。
「余裕がない」とか「とても無理」というような言葉は、人生上禁句です。
これらの言葉は、人生のチャンス…自分自身をふるい立たせるチャンスさえ失わせてしまうのです。

私はできるのだという考えを選びなさい。
私はできるのだという考えで人生を統一してしまいなさい。
 『幸福をつかまえる考え方』 アスペクト

今の現状は、過去の言葉や考え方の積み重ねの結果。
未来は、今の言葉や考え方の積み重ねの結果。
過去に、愚痴や泣き言、不平不満や、文句を言い続けていた人は、
愚痴や泣き言、不平不満や文句の多い人生となる。
また、今、否定的で後ろ向きな言葉ばかりを言い続けるなら、
未来は、否定的で後ろ向きな人生となる。

「現在は過去の考えの結果」
幸せになる言葉を発し続けたい。




2017年5月30日 (火)

急がない

急がない。
急がないことの価値を知りなさい。
急ぐと心を失う。
急がせると気持ちが荒れてしまう。
大切なのは、
何かを急いでやることではなく、
どれだけ心や気持ちをこめたかだ。
人の心を置き去りにして
何かを成し遂げても、真の喜びはない。
それは、束の間の安堵感でしかない。
 
(葉 祥明)

Photo






新しい人生の始まりです

「新しい人生の始まりです。」
誰だって思い出したくもない..

汚い過去くらいあります。
けど、そこで学べたことは
沢山あったはず。

あなたは人生において
いつか気づくことになる。

誰があなたの人生で大切なのか
誰が大切でなかったのか
誰がもう大切ではないのか
誰がいつまでも大切な人であるのか

人は「 過去 」に学び
「 未来 」を築いていける

だから過去に会った人々のことで
悩むことはもうやめなさい。

それが苦しいなら
今日から「いい人」を
きっぱりやめなさい。

その人たちがなぜ
あなたの今の「 人生 」に
いることができなかったのか
必ず理由があるんです。

さぁ、今から新しい人生の始まりです。
  BY  大切なあなたへ

O03200240139127880541






2017年5月29日 (月)

笑顔でいよう


一日の最初と最後は笑顔でいよう

  アンジェリーナ・ジョリー -

Image351






いのちが最も輝く瞬間

 【 いのちが最も輝く瞬間 】
「 人間は他のいのちに仕えるとき 
自分のいのちが最も輝く 」

かつてある新聞記者がマザー・テレサにこんな質問をしたそうです
「あなたがたったいま 死にかけている人を助けて 何になるのですか?
 この人は必ず死ぬのですから
 そんなことをしても 世の中は変わらないのでは ないのですか」と
 マザー・テレサは 毅然としてこう答えられました

「私たちは社会を変えようと しているのではありません
 いま 目の前に飢えている人がいたら
 その人の飢えを満たしてあげる ただそれだけでいいのです
確かに そのこと自体で世の中は変わらないでしょう
でも 目の前に渇いている人がいれば
その渇きを満たすために私たちはそのいのちに仕えていくのです」

彼女は別の「場所」ではこうも言っています
「私たちのやっていることは僅かな一滴を大海に投じているようなものです
 ただ その一滴なくしてこの大海原はないのです」

私たちのレインボー・ホームもそうありたいのです
人は
「インドで僅か十人、二十人の親のない子供たちを助けてどうなるのですか
 世界にはもっとたくさんの孤児がいるのに」
 と言うかもしれません
しかし 目の前で「寂しい」と泣いている子供たちがいるのです
それは私たちにとってかけがえのないいのちであり自分自身なのです
そのいのちをそっと抱きしめてあげるだけでよいのです

ボランティアとは
自発的に無償で
他に奉仕することを
意味するのですが

その奥には
「人間は他のいのちに仕えるとき自分のいのちが最も輝く」
という「生命の法則」を実践で知ることに意味があると思います
(社)ピュア・ハート協会  理事長:五十嵐薫さん

『 致知 』2012年5月
「マザー・テレサの 生き方が教えてくれたこと」

688thumbnail21






2017年5月28日 (日)

頑張り過ぎない

頑張り過ぎない
無理し過ぎない
我慢し過ぎない..
生きていれば色々あります。
いつも100%でいたら
疲れてしまいます。
時にはペースを落としたり
疲れたらちゃんと休むことも
忘れないでくださいね。

「頑張っている イラスト」の画像検索結果




愛情と思いやり

 「愛情と思いやり」  アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「愛情と思いやりは必需品です。贅沢品ではありません。愛情と思いやりがないと人類は生存できません」
 
 --ダライ・ラマ、仏教僧侶 (訳 舟田譲二)

「愛情と思いやり」 こんなの絵に描いた餅、理想像、求めるのは贅沢、
などと思っている人がとても多いのではないでしょうか?
世知辛い世の中になった?

確かに朝ドラ『ひよっこ』なんかを見ていると、あの映画『三丁目の夕日』に見られた昭和の古き良き時代の人情が最近は薄れてきているように思われます。
でも、「愛情と思いやり」は昔を偲んで「昔は良かった」と言って惜しむものではなく、
また今の時代には「下町の人情はもうない」と嘆くものでもありません。

「愛情と思いやり」は、私たちの心がけひとつで日常生活の中で実践できることです。
たとえば、夫婦・親子・きょうだいの間で、親族間、友人間、職場の同僚間等々、
あらゆる人間関係の中で、私たちが率先して行うべきことなのです。
決して贅沢品にしてはいけません。
なぜなら、ダライ・ラマが言っているように、これがないと人間は生きていけないからです。

「愛情と思いやり」こそが、人間を人間たらしめるものです。
確かに動物の世界にも、損得感情抜きの「愛情と思いやり」が見られるように思われます。
しかし、動物と人間の決定的な違い、
それは私たち人間が、神の像(かたち)に似せられて創られているということです。
そうでなければ、人間は他の動物よりも少しは頭がいいという単なるレベルの差になってしまいます。
ですから、「愛情と思いやりがないと人類は生存できません」とダライ・ラマは語っているのです。

まずは私たちができるところから実践していこうではありませんか。
本物の「愛情と思いやり」はここにあり、と。


2017年5月27日 (土)

批評はあとでよい

 『批評はあとでよい』
賢い人は、ともすれば批評が先に立ち目前の仕事に没入しきれない。
そのためにせっかく優れた頭脳と知恵をもちながら、
結局は簡単な仕事も満足にできないことが少なくない。
批評はあとでよい。
とにかく今の仕事に没入することである。
一心不乱になることである。
一途な努力は必ずどこかで実を結ぶ。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo






睡眠とパフォーマンスの関係

 「睡眠とパフォーマンスの関係」
睡眠不足が疲れや脳機能の低下を招くメカニズムは、医学的に明らかになっています。
私たちの身体の細胞には「ミトコンドリア」と呼ばれる物質があり、酸素とブドウ糖をエネルギー源として細胞が活動するためのエネルギーを作り出しています。
つまり、ミトコンドリアは発電所のようなものなのです。

このミトコンドリア、実は夜更かしをすると働きが低下してしまうことがわかっています。
ミトコンドリアの働きが悪くなれば、体のすべての細胞においてエネルギーをうまく作れなくなってしまいます。

もちろん、脳の細胞も同様です。
このため、体力が落ち、体が疲れやすくなり、勉強していても頭があまり働かなくなってしまうわけです。
夜更かしして睡眠不足になると、私たちの体は細胞レベルで異常な状態に落ち入ってしまうのです。
 頭のよい子に育てるために 今すぐ絶対やるべきこと 川島 隆太 著 アチーブメント出版
_______
早寝、早起きができていて睡眠時間をきちんと確保できている人たちは、
さまざまな面で能力が高いそうです。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、忙しくても毎日8時間の睡眠は守るようにしていたそうです。
Microsoft創業者ビル・ゲイツ、アマゾンの共同創設者ジェフ・ベゾス、アップルのCEOティム・クック、Twitter共同創設者兼会長ジャック・ドーシー、といった世界的な企業の経営者たちも、7時間は睡眠をとるといいます。

睡眠時間を減らしたいほど忙しいはずの人たちでさえ、7~8時間は睡眠時間を確保しているのです。
それでも時間が足りないという場合は、仕事の効率が悪いか、集中していないか、無駄な時間が多いか、通勤時間やトイレの時間といった空いた時間を有効活用していないかだと思われます。
睡眠をしっかりとることによって、集中力も高まり、仕事効率も上がるのではないでしょうか。
因みに、アメリカのある研究機関が発表した「年齢によるベストな睡眠時間」というものがあります。

0~3カ月(新生児) → 14-17時間
4~11ヶ月(乳幼児) → 12-15時間
1~2歳(幼児) → 11-14時間
3~5歳 → 10-13時間
6~13歳 → 9-11時間

14~17歳 → 8-10時間
18~25歳 → 7-9時間
26~64歳 → 7-9時間
65歳以上 → 7-8時間

夜更かししたくなるというのは、その日一日がなんとなく不完全燃焼で終わってしまう気がしたり、もっと充実させたいという気持ちからだったりします。
やりきった一日であればきっと、布団に入って5分で寝れます。
自分のパフォーマンスを最大限に発揮するためにも、睡眠時間の確保をしっかりしていきたいですね


2017年5月26日 (金)

遠くを見るまえに

遠くを見るまえに
近くはちゃんと見ていますか大切なものって
あなたのすぐそばにありますから

そして本当に大切なものって
なかなか目には見えませんから
ちゃんと気付いてますか
 - 斎藤一人さん -

O05000270139228705231





「嫌いな人」に対するつき合い方

「嫌いな人」に対するつき合い方

ただでさえお金持ちは忙しいのに、
その上嫌いな人間関係で頭を悩ませていては時間がいくらあっても足りない。
というより、せっかく平穏に終わるはずの日も、
たった1人の嫌いな人間の存在で台無しになってしまうのだから、当然だろう。
嫌いな人を自分の人生から徹底して排除するのは、
すこぶる自然の摂理に則っている行為なのだ。

ある有名なコンサルティング会社のオーナーは、全社員の前でこう言ったことがある。
「嫌いな人とは付き合うな。自分のことを好きになってくれて、
自分もその人のことが好きであるほうが仕事はずっと楽しいし、おまけに儲かる」
世の中には「嫌いな人からこそ、学ぶものは多い」といった、
美辞麗句を並び立てる人は多いが、それは明らかに間違いである。

たしかに嫌いな人から学ぶものもあるだろう。
だが、好きな人から学ぶもののほうが多いのだ。
学ぶものが多いからこそ、あなたの本能がその人を好きになり、
そして近づくことを求めているのだ。
嫌いな人間からは一度だけ会えば十分学べる。
  お金の法則 千田 琢哉 著 廣済堂出版
_______
嫌いな人に会わないのも一つの案ですが、
そもそも自分の心の在り方が大切なのかもしれません。
好きな人といるときは、時間が過ぎるのが早く、嫌いな人といるときは、時間が過ぎるのが遅い
楽しい時間はあっという間だけど、苦痛な時間は長く感じる。

でも、好き嫌いや、楽しいか苦痛かは、自分の思い込み次第で変わることがあります。
その証拠に、子供のころから本を読むのが嫌いだった僕が、今では本LOVEすぎて毎晩寝るまえの読書の時間がなんとも言えない至福の時間だったりします
凄く嫌いで意地悪だと思っていた人が、実はすごく愛のある人だと気付いた瞬間から好きになることもあります。
きっと、出来事に対する自分のとらえ方次第なのでしょう。

どんなに素晴らしいお話も、自分の心がご機嫌斜めだったら入ってきません。
まして、悲しい出来事があったときなんかは、鬱陶しく感じてしまうこともあるでしょう。
そのとき、「あっ、自分は今、機嫌が悪いな」と気づいていたなら変えることができますね♪
そうと分かれば、自分のご機嫌をとるように、お気に入りの場所に行ったり、
お気に入りの音楽を聴いたり、好きな人に会ったりして、対処できます♪

「世界は一つではなく 人それぞれの心によって 姿を変えるもの」
だとしたら、自分自身の心の声を聴いて、機嫌よく過ごせば、
出会うモノはすべて輝いて見えるようになりますね♪
そういう意味で、嫌いな人に会わないのも大事ですが、
それ以上に自分の心がもっと大事だということです。




2017年5月25日 (木)

「言葉の最後を何で〆るか」で未来は変わる

「分かってるけど難しい。」は
結果は出したいけど、自信がないので
「もう、実行はしない」を宣言している。
「難しい。けどやる」は
自信はないけど、結果を出したいので
「とにかく実行する」を宣言している。 
将来どちらがより良い結果を手にするかは明確
難しくても、簡単であっても
「言葉の最後を何で〆るか」で未来は変わる。
小学生からお年寄りまで、男女も関係なく、
全ての人が今すぐ出来る、新しい行動。


O05750747139446304531


硬貨の温度を感じとっていますか?

売上No.1、伝説のカリスマ販売員といわれる“茂木久美子”さんのご紹介です。
_______

車内販売の際、お客様は「コーヒーを飲みたいのに、まだかな」と、
その人のところへ私が到着するまで小銭を握って待っててくださっています。
やっとその人のところまで行ってコーヒーをお渡しし、お金をいただいた時、
お待たせした時間がそのお金のぬくもりでわかるのです。

お金を手に取って「あっ、温かい」と思った時、
自分が遅くて申し訳ないと、泣きたくなるほどです。
そんな時は「ずいぶんお待ちいただいたのですね」と言って、
自分の裁量でできるコーヒーなら、ちょっと多めについでしまいます。

カードでもお金でも、人のぬくもりを感じた時、
私は単なる商品と代金の交換とは思えません。
ですから、受け取った硬貨を確認したら即座にしまい、
「ありがとうございます」と機械的に応対するのが、とても悲しく思えるのです。

お金の温度は、ただお待たせして申し訳ないというだけでなく、
その人が一生懸命働いて手に入れた大切なものという、
お金の価値まで肌身に感じさせてくれるものなのですから…。
 神対応のおもてなし 茂木久美子 著 神宮館より
_______

硬貨のぬくもりで、いかにお待たせしてしまったのかが感じ取れるといいます。
普段自分が使うお金も、いただくお金も、いろんな「思い」があります。
一生懸命貯めたお金かもしれないし、大変な思いをして働いたお金かもしれない。
以下は、福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話です。
___

広島で講演をした時のことです。
講演を終えて控え室に戻ると、中年の婦人がお礼のあいさつに見えました。
この時のテーマは「父から娘へ伝えること」というものでしたが、
婦人は「つい自分の両親のことを思い出し、涙ぐんでいました」と、
こんな話を聞かせてくださいました。

私が主人と結婚しようと決心した時、主人が私の実家の両親にあいさつに来てくれました
父母は私達の結婚を喜んでくれ、型通りのあいさつが済むと、
父が仏壇から1冊の貯金通帳を取り出してきました。
それは私も知らないものでした。

父は主人と私の前にその貯金通帳を開くと、「娘のために貯金してきたものです。
わずかですが、ぜひ使ってください」と主人に言いました。
通帳をのぞくと、金額で84万円入っていました。
びっくりしたのは、1回も出金がなかったことと、
入金欄に小さな数字がずっと並んでいたことです。

その1回の入金額はすべて150円以下でした。
つねに88円とか、120円とか、65円とかでした。
本当にわずかなお金でしたが、娘の私のために両親が苦労して貯めた貯金通帳でした。
主人は父と母の苦労を察して、とうとうその貯金通帳を受け取りませんでした。

それから何年か経って、父が亡くなった時のことです。
主人が突然「あの貯金通帳をもらないものだろうか。
中身のお金は1円も要らないから」と言いました。
私も同じ気持ちでしたから、実家に行って通帳を探しましたが、見つかりませんでした。
帰宅すると、私は主人に「どうしてあの貯金通帳がほしかったの」と改めて尋ねました。

すると主人は、「自分たちの子どもの家宝にしたかった。
子どもたちにこまかい数字がずっと並んでいる貯金通帳を見せて、
おじいちゃん、おばあちゃんがあなたたちのお母さんである娘のために、
この通帳の数字のように、
わずかなお金を少しずつ貯金してきた気持ちを子どもたちに知ってほしかった」
と答えました

すばらしい話に感動した私は、
婦人に「良いお父さん、お母さんに恵まれましたね」と言いました。
すると、婦人はうれしそうに、「ええ、世界一のお父さん、お母さんでした」と言われました。
___

お金には「思い」がいっぱい詰まっています
いただく尊さと、有り難さを感じていきたいですね




2017年5月24日 (水)

短所を愛せますか?

【 短所を愛せますか? 】
突然ですが大切な人の短所を

あなたは愛すことができますか?

あれほど愛し合っていた
男女がある日突然別れてしまします

理由として多いのが
長所ばかり見て 付き合ってみたら
理想と違い 悪い所が見えたから
という理由が多いようです

確かに長所を好きになってしまったら
短所がすごく悪く見えますよね!

だから逆の「 発想 」で
短所を愛してみては
いかがでしょうか?

相手の短所を理解すれば
より一層「長所」が
輝いて見れると思いますよ!
 出典:「 支えてくれる大切な人 」

O02000200139258433751



一歩を踏み出すこと

 【一歩を踏み出すこと】 百田尚樹さん
《相手の剣の届くところに身を置かねば、自分の剣もまた届かない》(影法師・講談社文庫)
『影法師』に登場する剣術の道場主の言葉である。
誰だって真剣で戦うときは、傷を負わずに勝ちたいと思うだろう。
しかし敵の剣が届かないところで、いくら剣を振り回しても、相手を斬ることはできない。
相手を斬ろうと思えば、敵の剣の間合いに自ら入らなければならない。

これはあらゆる勝負に言えることではないかと思う。
株でも競馬でも大きく勝とうと思えば、大きく張らないといけない。
ビジネスも同様。
人と同じことをやっていては、大きな失敗もしない代わりに、大成功もない。

結局、自分が傷つくおそれが一つもない状況では、
所詮、大きな勝利を得ることはできないということだ。
これはビジネスや金儲けに限らない。
人間関係や恋愛においても同じである。
相手の懐に深く飛び込んでこそ、本物の人間関係が築かれるし、恋も成就する。
嫌われることを恐れてばかりいて、大事な一歩を踏み込めずにいては、何も生まれない。
 『百田百言』 幻冬舎

《書評家という奴は、絶対に弾が飛んでこないシェルターから銃を撃っている》
 (夢を売る男・百田尚樹)より
我々はともすると、書評家や評論家になりやすい。
灼熱のグランドで戦うサッカーや野球の選手たちを、
空調の整った部屋のテレビで見ていて、批評したり、罵倒したりする。

ビジネスも人生も同じだが、一歩を踏み出すという行動を起こさなければ何も生まれない。
グランドに一歩踏み出せば、失敗もあるかもしれないし、傷つくかもしれない。
しかし、観客席に座って、ああだこうだと批判しているうちは、何の変化も起こせない。

「相手の剣の届くところに身を置くこと」
一歩を踏み出さなければ何も生まれない。


2017年5月23日 (火)

一ヶ月一緒に居たいなら

一ヶ月一緒に居たいなら
相手に合わせた自分で居る事

一年一緒に居たいなら
自分の気持ちを全部伝える事

ずっと一緒に居たいなら
ウソを付かないで居る事

性格がいいか悪いかなんて
正直どうでもいい
大事なのは一緒にいて
居心地がいいか悪いか

O04030534139399495161



最期の時まで笑う

 【最期の時まで笑う】 ~フリーアナウンサー町亞聖さんの手記~
「俺の言うことだけ聞いていればいい」
お酒を飲んでは理由なく怒り、
ちゃぶ台をひっくり返していた。
そんな父が大嫌いで、中学の頃から反発していた私は、
高校を卒業したら家を出ることを決めていた。

その矢先に、母が、くも膜下出血で倒れ、重度の障がい者に。
厳格な父を中心に回っていた我が家の生活が一変することになる。
ちょうど受験を控えていた私は一浪し、
幼い弟と妹の母親代わりをしなければならなくなった。

吞んだくれの父親に障がい者の母親。
道を踏み外してもおかしくない状況だった。
でも、振り向けば不安そうな目をした弟妹がいた。
ここで私が全てを投げ出してしまったら、この二人を路頭に迷わすことになる。
誰かのせいにするのは簡単だが、
それで自分の人生を台無しにしていいのかと自問自答した。
答えは”そんなの嫌だ。自分の人生は自分で決める”だった。
そして、”人生を諦めない”ということを二人に伝えたかった。

共働きでようやく生活出来ていた我が家の経済状況は、母の入院でどん底に落ちた。
通帳を開いて驚いたのは、預金がゼロだったこと。
厳しい家計のやりくりに母の介護。
とにかく置かれた状況を受け入れるしかなかった。
そんな私を救ってくれたのは、車イスの生活になった母だった。
右半身麻痺と言語障害、自暴自棄になっても仕方がないはずなのに、
母は暗く落ち込んだ姿を一度も見せることはなかった。
一番辛くて悔しいはずなのに……。

倒れる前から、母は小さいことにこだわらない大らかな性格だった。
父に反抗して夜遅く帰るなど、私が困らせることをしても
いつも「仕方がないな」と受け止めてくれていた。
その大らかさに、より磨きがかかっていた。
悪い意味で変わらないのは父も同じで、家のことは何もせず、
相変わらずお酒を飲んでは暴れていた。
そんな父の反面教師ぶりを笑い飛ばすことにした私たちは、
「あんな大人になっては駄目」を合言葉に団結できた。

同級生と同じような青春時代を送ることができず、失ったものも沢山あった。
だが我が家には、天使のような笑顔の母がいた。
「母の笑顔が見たい」
十年に及ぶ介護をやってこられた理由だ。
春には菜の花や桜を、夏には海や蛍を、秋には紅葉を、冬には梅を見に行った。
たいしたところには連れて行けなかったが、写真の中の母はいつも笑ってくれていた。
支えているつもりが、母に支えられていたのだった。
このまま穏やかな日々が続くと思っていたが、
神様はまた大きな試練を母に与えた。

八年半あまりが経った頃に宣告された母の末期がん。
余命は半年、もう手遅れだった。
在宅医療の体制も整わない時代だったが、
住み馴れた我が家で最期を迎えさせたいと思った私は在宅を選択した。
最期のその時まで泣かないと決めても、ふと気が緩むと、涙があふれてくる……。

そんな絶望の中の光となったのは、またしても母だった。
母は、自分は長くないことを悟っていたはず。
ガリガリに痩せ、寝たきりとなった母の身体には、
点滴の管、尿カテーテル、オムツ、
そしてがんが腸を巻き込むように大きくなったため、人工肛門が付けられていた。
ある日、「ほらほら」と私をベッドサイドに呼ぶ母。
「なあに」とのぞきこむと、ちょうど人工肛門から便が出るところだった。
まるで珍しいおもちゃを見せるかのようにおどけた笑顔だった。
その明るさに、「本当に良いウンチが出たね」と私も笑った。
母には勝てないと思った瞬間だった。

訪問看護師さんにも、母は拙い言葉で「感謝だわ」と語りかけ、
帰り際に枕元にある飴やガムを手渡していた。
もし私だったら母のように出来るだろうか……。

生きている意味があるのかと思われる状態だったかもしれないが、
「最期の最期まで人には役割がある」ということ、
そして「限りある命だからこそ輝く」と教えてくれた。

「仕方ないのよ~」。
悩みを相談するといつもこう言ってくれた母。
これは諦めの気持ちではなく、悩んでいても仕方がない、
ありのままを受け入れて頑張ろうという意味だった。

母が太陽のように照らしてくれていたから、私は前を向いて歩けたのだった。
母亡き今も、落ち込んだ時に空を見上げると、
「仕方がないのよ」と屈託のない声が聞こえてくる……。
 引用元:PHP特集「笑い」が心を強くする ”最期の時まで笑う”(町 亞聖)


0341

2017年5月22日 (月)

上手下手より誠心誠意

『上手下手より誠心誠意』
話し上手であることはもちろん大切である。
しかしたとえ話し下手でも、誠意があれば、
言葉や態度に魅力が生まれ、
相手の心をつかみ、動かすことができる。
逆に、どんなに話し上手でも、誠意がなければ、
相手の心はつかめない。
誠意は人の心を動かす大きな力。
上手下手を言う前に、
誠心誠意であるかどうかを省みたい。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

18555861_721902081305175_1166941463





ディズニーランドに連れてって

バツイチの俺、約束の時間ギリギリに舞浜駅のホームから階段を下りると、
雑踏の中に元妻とミニリュックを背負った小3の息子が待っていた。
半年ほど見ない間に、また一回り大きくなっている息子をじっと見ていると、
元妻が「じゃあ、お願いね」とパスポート(引換券)とメモ紙を渡してくれた。

元妻に見送られ改札を出る俺と息子。
メモには息子の好きなアトラクションや好みの店、食べ物が記してある。
ランドまでの道のり、二人とも無言だった。
いろいろと話したいこともあった。
普通の父親がするように頭をなでたりも…。
でも、きっかけがつかめずにそのままランド内へ。

いろんなアトラクションを楽しむうちに少しずつ会話が増えてきたが、
まだお互いに気を遣っているような感じもあった。
食事の時、キャストから「お父さん」と言われ、
なんか不思議な気分。

長いようで短い8時間ほどの親子ゲーム。
夕闇せまる駅のホームで、息子を元妻に引き渡した。

彼女の希望で、俺は一本あとの電車に乗るので、二人を見送ることになる。
電車のドアが閉まる寸前、息子が周囲も気にせず大声で叫んだ
「お父さん、今度はシーだよ!絶対、一緒に行こうね!」

その日聞いた、初めての「お父さん」という言葉。
なんで、別れぎわ、ギリギリの時に言うんだよ。

親の都合で、こんな風に父母別々に楽しませる時間になってしまってる。
健気に気を遣ってる息子に、申し訳ない気持がいっぱい。
電車の中で携帯の自撮りで撮った今日の写真を見た。
同じように口を開けているバカヅラの二人の顔を見てると、
なんだか泣けてきてしまった。


601602_299246500213146_895048771_n1




2017年5月21日 (日)

辛抱強く我慢

人間はまじめに
生きている限り、
必ず不幸や苦しみが
降りかかってくるものである。
しかし、それを自分の運命として受け止め、
辛抱強く我慢し、
さらに積極的に力強く
その運命と戦えば、
いつかは必ず勝利するものである。
ー ベートーベン ー


O05620790139407553311

小さな恍惚

 【小さな恍惚】 渡部昇一さん
《“小さな恍惚(こうこつ)”をいたるところで見出すことができる人は幸せである》

天皇陛下が子どものころの英語の教師だったヴァイニング夫人は、
少女のころ、夕暮れの空を飛んでいく鷺(さぎ)か何かの鳥を見たときに、
一瞬、その美しさに我を忘れるような体験をしたと書いている。
そのとき以来、夫人は小さなことにうっとりとする体験を大切にするよう努めたという。

人生において、大きな喜びで夢中になれるようなことはあまり多くはないかもしれない。
しかし、小さな恍惚(こうこつ)を感じる目を持っていれば、
人生はもっと充実感に満ちたものになるはずだというのだ。

松尾芭蕉の句に、「山路来て 何やらゆかし すみれ草」というのがある。
すみれ草は、普段は目にもとめない草だが、それについ見とれてしまう。
このときの芭蕉も、ヴァイニング夫人と同じく、小さな恍惚の状態にあったと言えよう。

こいういう「小恍惚」とも言うべきことが起こるときこそ、本当に、自己が伸びているときである。
小恍惚を人生のいたるところで見出すことができる人は、幸いな人であり、
生きがいのある人生を送っていると言える。
ヴァイニング夫人の鷺や芭蕉のすみれ草のように、
ある情景に目を奪われるといったことに限らない。
数学の問題が解けたときの言いようのない満足感、時間を忘れて小説に引き込まれているときの充実感、素晴らしい音楽に聞きほれているとこの心地よさ。
すべてが小さな恍惚だ。

ここで言っておかねばならないのは、このときの心の状態が受け身であるということだ。
これは、けっして自分の努力によって獲得したという、
能動的、もしくは挑戦的な姿勢から得られるものではない。

なぜ、こんな話をしているかというと、
「努力は大事」という思考にはまりこんで、努力至上主義に陥る人が多いからである。
たしかに努力は大事だ。
しかし、断じて努力=価値ではない。
ここを見誤って、努力しないで得たものには価値がないという迷信に染まってしまうと、
小恍惚を得ることも、小恍惚を見出すことで成長することもできなくなってしまう。

たしかに、求めるものに向かって一心に努力することは美しい。
ハンディキャップを厭(いと)わず、失敗を恐れず、
とにかくやってみるべきだということは、これまでにも述べたとおりである。
ただ、「努力、努力」と思いつめるあまり、
努力すること自体が一番の価値だと錯覚してしまっては元も子もない。
それは、ある種の傲慢である。

だから、ときには、受け身の姿勢になって、
小さな恍惚を「授(さず)けられる」という心境に浸ってみてもいいのではないか。
今日、自分があることのありがたみがわかるはずである。
『人生の手引き書』 扶桑社新書

ため息には、良いため息と、悪いため息とがある。
良いため息は、心の底からする「ふぅ~」という安堵感のある深くて長いため息。
悪いため息は、「はぁ」という気落ちして空気が抜けるような短いため息。
よく、ため息をすると運が逃げる、と言われているのが悪いため息(短いため息)だ。

肚の底からする深くて長いため息は、大息(たいそく)や長息(ちょうそく)とも言われる。
深い感動や、驚き、あるいは緊張がとけたときにする、いわゆる「小恍惚」の状態をいう。

《“小さな恍惚(こうこつ)”をいたるところで見出すことができる人は幸せである》
いたるところに小さな恍惚を見つけ出せる人でありたい。




2017年5月20日 (土)

恋愛は荷物に似てる

恋愛は荷物に似てる
二人で運ぶ荷物
どちらか片方が気を抜くと
荷物はもう片方の負担になり
どちらか片方が手を離すと
荷物は地面に落ちる
相手のことを思いやり
相手を陰で支えてあげたい
お互い自然にそう思えること
それが恋愛

O05000332139399476431


モテる人の特徴

   「モテる人の特徴」
冷たそうな印象だった上司が、ついコーヒーをこぼしてしまい、慌ててシャツについたシミを取ろうとした・・・。
そうした場面を見て、「あの人も完璧じゃないんだ」と安心して、親密感を覚えたことがあると思います。

完璧な人よりもちょっとダメな部分が見える人の方が、好感を持てるのです。
モテる男はそのことをきちんと理解しているので、自分のダメなところを無理に隠そうとはしません。
むしろ、ダメなところを「愛嬌」と考えています。

人は誰でも、ある分野では天才であり、また違う分野では凡人なのです。
嫌われる男は、それを理解していません。
自分が何でもできるように振る舞い、まるで完璧な人間のように生きようとします。
ですが、すぐにほころびが周囲に見えてしまいます。

自分に嘘をついているため自尊心が育たない上、周囲からの評価も低くなりがちです。
できないことや不得意なことは、決して恥ずかしいことではありません。
あなた以外の人の方が得意なわけですから、相手を尊重して依頼すればいいだけのことなのです。

その際も、卑屈になって自分がその分野が苦手なことを伝えるのではなく、
依頼する相手の才能を賞賛するかたちを取りましょう。
そうすることで、相手は気持ちよく依頼されたことをこなしてくれます。
 「モテる男」と「嫌われる男」の習慣 今井 翔 著 明日香出版社

自分の欠点をオープンに出来る人は、返って好感が持てますね
さらに、モテる秘訣のお話がもう一つあります。

むかし、中国の衛(えい)の国に、哀駘它(あいたいだ)という、まったく風采のあがらない男がいました。
ところが、彼と接した人たちは、みんな彼を慕って離れようとしません。
誰もが、「あいつはいい男だ」「あんな気持ちのよい男はいない」などと絶賛します。
たくさんの男たちが、彼と友達になりたがったのです。

娘たちがこの哀駘它を見ると、
「ほかの男の妻になるより、お妾(めかけ)さんでもいいから、彼と一緒になりたい」と、
数十人の女性たちが両親に泣いてせがむという始末。
もう、モテモテで大変!

彼は、決して豪壮な家に住んでいるわけでなく、とりたてて財産があるわけでもありません。
権力も地位もなく、ごくごく平凡な男に過ぎません。
彼の魅力は、いったい何だったのか?

「和して、唱えず」。
つまり、彼は、何を言われてもハイハイと素直に答える男だったのです。
なぜ、彼がそのような態度を取り続けることができたのか。
彼は、すべての人に好意が持てたからです。
 「老子・荘子」 野村 茂夫 著 角川ソフィア文庫

相手に好感を持って接するから、自分も相手から好感を持たれるということです。
モテモテになりたい方!
欠点をさらけ出しつつ、素直に好意を持って受け止めていきましょう


2017年5月19日 (金)

あなたはあなた

 【 あなたはあなた 】
あなたを幸せにしてくれるのは

誰か他の人ではありません
お金や特別なことでもありません

あなたを幸せにするのは
あなた自身です
あなたの考え方や
感じ方や生き方です

不幸やいら立ちも同じことです
全てあなたの心のありようです
 - 葉祥明さん -
 
画像:相田みつをさん

18556074_1335696803134220_640263515





人を育てるときに大切な事

 「人を育てるときに大切な事」
子育てで一番大切なのは、お母さんがイライラしないこと。
お子さんのためにも、お母さん自身がハッピーでいてほしいのです。

もし、「ちゃんと子育てをしよう」と思ってイライラしているのだとしたら要注意。
「ちゃんと」を「イライラ」より優先すると、どんどん子育てが窮屈になってしまいます。
何よりそれでは、楽しくないはずです。
どうかお子さんを正しく育てようとするのはやめてください。
正しく育てようとするから苦しくなってしまうのです。
毎日楽しかったら、それだけで大正解。
日々の楽しさ、ワクワクが、お子さんの心を強くし、勇気となるのです。
ワクワクの積み重ねが、人生を切り拓く力へとつながるのです。
  楽しく遊ぶように勉強する子の育て方 小室 尚子 著 日本能率協会マネジメントセンター

正しくしようとすると、イライラしてしまうかもしれませんね。
ケンカも戦争も、正しさと正しさがぶつかり合うから起こるものです。
お互いの正しさを主張すればするほど、関係の修復に時間がかかります。
いくら正しいからと言って、怒って無理やり勉強させたり働かせたりして、
相手はよいパフォーマンスを発揮するでしょうか?
おそらく、仕事や勉強が嫌いになっていくでしょう。

ならば、楽しくワクワクさせるにはどうしたらよいかを考える。
さらには、親や上司が勉強や仕事を「楽しんでいる姿を見せる」ことが大切ですね。
上司が嫌々仕事をしていたら、部下もその姿を真似るでしょう。
親がスマホを見ながらテレビを見ながら子どもに宿題やれ!って言っても、
言われた事よりも親が「していること」を真似るでしょう。

「楽しいな~」という言葉を増やす。そしてもし仮に「疲れた~」と言いたいときは、
「充実してるな~」という言葉に変えると良いですね
最後にドロシー・ロー・ノルト氏の『子どもが育つ魔法の言葉』をご紹介して終わります。

けなされて育つと、子供は、人をけなすようになる。
とげとげした家庭で育つと、子供は、乱暴になる。
不安な気持ちで育てると、子供も不安になる。
かわいそうな子だと言って育てると、子供は、みじめな気持ちになる。
子供を馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる。

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨んむようになる。
叱りつけてばかりいると、子どもは『自分は悪い子なんだ』と思ってしまう。
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる。
広い心で接すれば、キレる子にはならない。
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ。

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ。
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる。
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる。
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ。
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る。

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ。
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ。
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいい所だと思えるようになる。




2017年5月18日 (木)

「あたりまえ」を「ありがとう」と言える人

「あたりまえ」を「ありがとう」と言える人
「だからなに」を「おめでとう」と言える人
「もうだめだ」を「これからだ」と言える人
「なりたいな」を「なってやる」と言える人
「もういいや」を「まだやるぞ」と言える人
そういう人になりたい
なれるか、なれないかは別問題。
なりたいと思う心が大切だよね!

18198484_633753186822189_5211280687





人を育てるときに大切な事

 「人を育てるときに大切な事」
子育てで一番大切なのは、お母さんがイライラしないこと。
お子さんのためにも、お母さん自身がハッピーでいてほしいのです。
もし、「ちゃんと子育てをしよう」と思ってイライラしているのだとしたら要注意。
「ちゃんと」を「イライラ」より優先すると、どんどん子育てが窮屈になってしまいます。
何よりそれでは、楽しくないはずです。

どうかお子さんを正しく育てようとするのはやめてください。
正しく育てようとするから苦しくなってしまうのです。
毎日楽しかったら、それだけで大正解。
日々の楽しさ、ワクワクが、お子さんの心を強くし、勇気となるのです。
ワクワクの積み重ねが、人生を切り拓く力へとつながるのです。
 楽しく遊ぶように勉強する子の育て方 小室 尚子 著 日本能率協会マネジメントセンター

正しくしようとすると、イライラしてしまうかもしれませんね。
ケンカも戦争も、正しさと正しさがぶつかり合うから起こるものです。
お互いの正しさを主張すればするほど、関係の修復に時間がかかります。
いくら正しいからと言って、怒って無理やり勉強させたり働かせたりして、
相手はよいパフォーマンスを発揮するでしょうか?
おそらく、仕事や勉強が嫌いになっていくでしょう。

ならば、楽しくワクワクさせるにはどうしたらよいかを考える。
さらには、親や上司が勉強や仕事を「楽しんでいる姿を見せる」ことが大切ですね。
上司が嫌々仕事をしていたら、部下もその姿を真似るでしょう。
親がスマホを見ながらテレビを見ながら子どもに宿題やれ!って言っても、
言われた事よりも親が「していること」を真似るでしょう。
「楽しいな~」という言葉を増やす。そしてもし仮に「疲れた~」と言いたいときは、
「充実してるな~」という言葉に変えると良いですね

最後にドロシー・ロー・ノルト氏の『子どもが育つ魔法の言葉』をご紹介して終わります。
けなされて育つと、子供は、人をけなすようになる。
とげとげした家庭で育つと、子供は、乱暴になる。
不安な気持ちで育てると、子供も不安になる。
かわいそうな子だと言って育てると、子供は、みじめな気持ちになる。
子供を馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる。

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨んむようになる。
叱りつけてばかりいると、子どもは『自分は悪い子なんだ』と思ってしまう。
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる。
広い心で接すれば、キレる子にはならない。
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ。

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ。
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる。
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる。
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ。
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る。

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ。
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ。
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいい所だと思えるようになる。



2017年5月17日 (水)

目標に向かって進もう

【目標に向かって進もう】

幸せになるためには、
日常の幸せに目を向ける
...
ことも大事。
だけど人が一番幸せと
充実感を感じられるのは
自分が目標に向かって
進んでいるときです。
小さくてもいいし、
大きくてもいいので
目標をもちましょう。
目標を達成するのが
幸せではありません。
目標に向かうまでの
プロセスに幸せを感じるのです。


O05000356139387207971

「大丈夫」がわかると、人生は必ずうまくいく!

 【「大丈夫」がわかると、人生は必ずうまくいく!】 斎藤一人さん
この世の中で一番不幸なことは、自分のことを「大丈夫だ」と思えないことです。
そしてさらに不幸なのは、
まわりにその人のことを「大丈夫だよ」と言ってあげられる人がいないことなんです。

人間はもともと等しく「大丈夫」なようにつくられています。
学校の成績が悪い人でも、運動会でビリの人でも、
そのままでしあわせになれるように神様がつくってくれているんです。
それを、「算数ができなきゃダメだ」とか「運動神経が鈍い」とかまわりから言われているうちに、
自分のことが「大丈夫だ」と思えなくされたんだよね。

それと「自分はまだまだ未熟ですよ」と思って生きているのを“謙虚”だと思っているかもしれないけど、
「自信満々に生きている人が威張らない」のが“謙虚”なの。
「自信がない人が威張らない」のは“卑屈”なんです。
謙虚に生きる人と、卑屈に生きる人とでは、自(おの)ずと結果は違ってきます。

それと同じで、「大丈夫だ」と思って生きている人と、「大丈夫じゃない」と思って生きている人とでは、
まったく人生が変わってくるんだよ。
それで自分で思ったにせよ、誰かに思わされたにせよ、
「大丈夫じゃない」と思って損をするのは自分なんです。

蕎麦屋で「カツ丼、3つ」って言えば、カツ丼が3つ出てくるの。
「こんなに食べられません」って言っても、あなたが頼んだものだから、
そのお代を払わされるのはあなたなんだよね。
それと同じで、天に向かって「大丈夫じゃない」って言っていると、「大丈夫じゃないこと」を引き寄せるんです。
だから、まずは自分が「大丈夫なんだ」ということを知ること。
そして、まわりの人にも「大丈夫だよ」って言ってあげられることが大事なんだよ。
生まれてきた子どもはみんな「大丈夫だ」と思って生まれてくるんです。

そして、親も「生まれてきてくれただけでしあわせだ」って思ったんだよね。
それを「あれができなきゃダメ」とか「これができなきゃダメ」と言って育ててると、
その子はだんだん、自分のことを、自分の人生を信じられなくなってしまいます。
だから、親が子どもに一番伝えなきゃいけないことは
「おまえはそのままで大丈夫だよ」っていうことなんだよね。
『「大丈夫」がわかると、人生は必ずうまくいく!』
自分のことを大丈夫だと思えない人は、いつも不安を抱えている。
心配性で自信がない。

それは、子どもの頃、親から受けた「おまえはダメ」というようなメッセージが強く影響する。
心理学の交流分析(TA)ではそれを「禁止令」という。
たとえば、幼少期に親から「子どもは黙っていなさい」「口答えするな」と強圧的に言われて育つと、
自分から考えようせず、何にたいしても受け身の姿勢が身につく可能性が高い。
また、親から、「お前が男の子(女の子)だったらなぁ」と男や女という性を否定されて育つと、
男(女)である自分は必要ないんだ、と自分に自信が持てなくなる。
つまり、大丈夫ではなくなる。

『「大丈夫」がわかると、人生は必ずうまくいく!』
「大丈夫」という言葉は人を元気にさせてくれる。

2017年5月16日 (火)

人生に無駄はない

【 人生に無駄はない 】
失敗して利口になる
挫折して強くなる
人生に無駄はないんだな
 - 荒了寛さん -

O05000267139380239211





「幸せ」の本質は「日常」

 【「幸せ」の本質は「日常」】 小林正観さん
どうも、私たちには、「見ているのに見えていないもの」が、たくさんあるようです。
私自身にも知らないがゆえに「見えないもの」が、山ほどあるに違いありません。
その中の、とても重要なものに気がつきました。

「幸せ」というものです。
実は、私たちは「幸せ」というものの本質を知らなかったのかもしれません。
「見てはいる」けれども、「見てはいない」ものの一つに、「幸せ」というものがあるように思えます。

結論を言ってしまえば、「幸せ」の本質は「日常」なのです。
「山のあなたの空遠く」にあるわけではありません。

例えば、偏頭痛の人がいるとします。
ずっと偏頭痛に悩んできた人は、
「もしこの偏頭痛が消えてくれたら、どんなに幸せだろう」と思っていることでしょう。
そして、ある日突然、その偏頭痛が消えたら、
「何もない」「静かで平穏な」日々が、どれほど「幸せ」であるか、を実感するのです。

では、その偏頭痛が今まで全くなかった人は、どれほど「幸せ」であったのか。
まさしく「幸せ」の海の中に暮らしてきたのです。
ですが、それが(偏頭痛が持続していたことが)自分の生活になかったがゆえに、
自分が「幸せ」の中に暮らしていることを知りませんでした。

「知らない」がゆえに「見えない」ものが、たくさんある。
目に入っているにもかかわらず、「見えない」し、「わからない」「認識できない」のです。
その代表的な例が「幸せ」であるのかもしれません。

ある人が、例えば台所で、タクアンを切ながら、「あーあ、幸せ」と言ったとします。
その人は、台所でタクアンを切っているだけで「幸せ」なのですから、
「どこに行かなくても」幸せ、であるのです。
「どこへ行かなくても幸せ」な人は、「どこに行かなくてもよい」のですから、
「どこに出かけてもよい」ということになります。

ドイツの詩人、カール・ブッセは、「山のあなたの空遠く『幸い』住むと 人のいう」と、詩に書きました。
「ああ われひとと 尋(と)めゆきて」というのは、「友人と泊りがけで旅に行ってきたが」ということです。
けれども、「涙さしぐみ かえりきぬ」、涙ながらに帰ってきたのだそうです。
つまり、「幸」に会うことはできず、「悲しくて」涙を流しながら帰ってきた、ということなのです。

それでも、「山のあなたに なお遠く 『幸』住むと人のいう」、とカール・ブッセは書いたのでした。
海の中に住む魚には「海」の姿がわかりません。
同様に、「幸」の中に住む人間には「幸」の姿がわからない。
「見てはいる」が「見えていないもの」が、世の中にはたくさんあるのかもしれません。
 『生きる大事 死ぬ大事』 イースト・プレス

小林正観さんは、「イライラさせる人がいる」わけではなく、
「イライラする自分」がいるだけだ、という。
同様に、「幸せという状態」があるのではなく「幸せを感じる自分」がいるだけ。
万人に共通する「幸せな状態」などない。
病気で入院中であってもその中に「幸せ」を見つける人もいるし、
大きくて立派な家に住みお金も十分あるにもかかわらず「不幸」な人もいる。

健康なときはそのありがたさや幸せに気がつかない。
病気になってみてはじめて、そのありがたさや幸せに気づく。
「明」は「暗」があるからこそ、「明」が際立つ。

『「どこに行かなくても」幸せ』
ディズニーランドやハワイに行けなくても、今の日常で十分幸せを感じている人はいる。

『「幸せ」の本質は「日常」』
目の前の日常の中に、幸せを感じることができる人が、「幸せ」な人。
今ある幸せに気づける人でありたい。

2017年5月15日 (月)

威張ってる人は

威張ってる人は心の奥底では
「自分は人より劣っている」と感じている。

それを隠すために無理に強く振舞っている。
本当に自分に自信がある人は、威張らない。
無理に自分を強く見せる必要などないから。

どちらかというと「威張ってる人は可哀想」
と思っても差し支えはない。

だから「威張ってる人、嫌い!恐い!」よりも・・
「いつも頑張ってくれてありがとう」や
「人よりも劣ってなど、いませんよ」等である。

その感謝や、支援、承認の気持ちは、
その人物が素直さ謙虚さを取り戻せる
1つの支え、きっかけとなる。

O05810829139353312341


生涯一書生

 【生涯一書生】 心理学者、波多野完治さん
「昔はよかった」とよく聞きますね。
が、本当に昔がよかったのか、そうじゃない。
新しい時代に適応できなくなっただけです。
昔は老人は希少価値でした。
ところが、今は変化の時代だから、老人の経験をそのまま役立てるのは難しい。
一番まずいのは、過去の話ばかりして威張っている人。

人は青年期までにだいたい、世の中というのはこういうものだという観念を作り上げます。
この人生観というのは、昔なら一生通用した。
でも現代は刻々と変化する時代で、それで一生間に合うというわけにはいかなくなりました。
その結果、年をとるにつれて、世の中がわからなくなったと感じる。
わからぬ世の中に敵意すら抱く。
そうならないためには、生涯にわたって学習するほかない。

人の一生というのは絶えず変転しています。
だから生きていること自体が、すでに学習なわけですね。
どんな年齢にあっても、どんな境遇にあっても、みんな学習をしているんです。
だから、学習のない人は死んでいるといわれてもしょうがない。
 『千年語録』 小学館

作家の城山三郎氏のこんな言葉がある(同書より)。
『「生涯現役」という言葉は好きじゃない。
そういって悪く居座る人もいるからね。
「生涯現役」じゃなくて、「生涯一書生」。
何でも勉強すれば、また新しいエリアが広がる。
次から次へ勉強していけば、新しい自分が発見できるし、可能性も広がっていくでしょう』

いくつになっても勉強し続ける人には魅力がある。
好奇心がある人だ。
好奇心や驚きがなくなったら、何かを知ろうとする意欲もなくなる。

いくつになっても、謙虚な心で、好奇心いっぱいに…
生涯一書生の気持ちでがんばりたい


2017年5月14日 (日)

目の前のたった一人の人

「目の前のたった一人の人」
目の前の、
たった一人を、
大切にすること。
あなたに必要なのは、
たったそれだけ。
大切にしてあげて。
皆でそれができたら、
皆がHappyになるから。

O03200213139312724201


ピノキオという生き方

芸能人の萩本欽一さんと、勝俣州和さんのお話です。
勝俣さんは「CHA-CHA」というグループの活動停止後、タレントとしての仕事がなく、
番組制作の裏方や放送作家等をしていました。
その後、現在に至るまでタレントとして活躍しているのですが、その秘訣のお話です

「お前、よく返り咲いたなぁ」と言ったら「ハイ、あの時、教えてもらった通りにやったら
うまくいきました!」と勝俣くん。
「お前に何か言った?」。全く忘れています。
僕は彼にこう言ったそうです。
「お前ねぇ、今、ディレクターをやっている土屋とか、番組を動かしている人間に
ヨイショしててもダメだよ。

彼らは今、活躍している人気者と仲が良く、若い人をメインに使ってくれることは少ない。
お前が本当に仕事をする相手は、
ディレクターの下についている若手のAD(アシスタント・ディレクター)達。
彼らと仲良くしておくことだよ。
彼らはまだ給料も少ない。
仲間との食事に行ってお金を使うんだったら、彼らに『食事に行きましょう!』
と声をかけ、食事代を払う。
そうやって仲良くしておけば、その人達が一本立ちして自分の番組を持つ時、
『僕の一番仲が良いタレントは勝俣くんだ。一緒に番組をやろう!』と必ず言ってくれるから」

「言われる通りにやってたら、3年後になってその時一緒に飲んだり、食ったりしていたADが
『勝俣くん、オレ、一人前になったよ。番組、出るか?』。
3人同時に声をかけてくれて、レギュラーが一気に3本になりました!」
僕が言ったのは「売れたのは僕のおかげじゃない。
お前の気分の良さが、そういう結果を生んだんだよ」
だって、奢ってあげたり、一緒に食事をすれば、誰でも番組に出演できるわけではないですから。
  運が開ける【欽言録】 萩本欽一 著 徳間書店

萩本さんの言ったことを素直に行動できる勝俣さんは、
やはりなるべくして現在の活躍なんだと思います。
どんな番組に出ても場を盛り上げ、大御所芸能人を相手にしても絶妙な返しが出来る勝俣さんは、
芸能界でも貴重な存在なのでしょう。

勝俣さんが返り咲く前の仕事がないとき、ディズニーランドに行ってある決意をしたそうです。
そのとき目にしたモノは、主役のミッキーの横で、一生懸命踊るピノキオ。
そんなピノキオを見て、『主役にはなれないけど、精一杯頑張ってみんなを楽しくできれば』と決意。
それ以来、勝俣さんはピノキオと同じように、その気持ちを忘れないように、
冬だろうがなんだろうが短パン穿き続けているのです。

仕事でも職場でも、もしかしたら自分が主役になれないかもしれない。
でも、仮に主役じゃなかったとしても、勝俣さんのように「ピノキオという生き方」がある!
一生懸命主役を引き立て、場を盛り上げ、チームとして成功するという生き方。
その手柄は主役に持っていかれるかもしれませんが、
それに徹する人はまた、等しく愛される人になっていくでしょう

先日ある番組で、ベッキーさんと勝俣さんが出ていたのですが、休業していたベッキーさんに
「何でも相談してください。僕はいつもそばにいますから」と励ましの手紙を送ったそうです。
ベッキーさんは「忘れないです」「一番最初にそうした行動をとってくれたのが勝俣さん」と感謝していました。
きっと、自分自身も仕事がない期間があって、
そんな時に自分が一番言ってもらいたかった言葉だったのではないでしょうか。
だからこそ、人の気持ちを察し、行動できるのでしょうね
本当に素敵な方です


2017年5月13日 (土)

ささいなことで喜びましょう

ささいなことで喜びましょう。
平凡で小さなことに、
喜びを発見しましょう。
...
つまらないことで笑いましょう。

いまをワクワク楽しみましょう。
そして、喜びはためないで、
あなたの心からあふれさせましょう。

あなたが笑顔でいると、
まわりの人も笑顔になります。
 =中井俊已= 

O12800720139353339611


人生を変える方法

  「人生を変える方法」
人間はいきなりドラスティック(抜本的)に変わることはできません。
優柔不断な人が、ある日を境に急に決断力のある人に変わることはありません。
常日頃から決断をする練習を積み重ねていくことによって、
優柔不断というレッテルを剥がすことができる。

人は、少しずつしか変われない。
賢いお金持ちは、そのことをよく理解しているので、180度何かを変えようとはしません。
自分のできることから、マイナーチェンジを繰り返していきます。

ビジネスにおいても、それは同じ。
自分がこれまでやってきたビジネスを少しずらしてみる。
たとえば、大人向けのダンス教室を運営しているダンス講師が、ダンスが学校で必修化されたのを機に子供向けのレッスンを始めたところ、生徒数が3倍に増えたという例もあります。
これまでの人生やビジネスの延長線上に成功はある。
だからこそ、今の自分が置かれた状況から変化を続けることが大切なのです。
 なぜ賢いお金持ちに「短気」が多いのか? 田口 智隆 著 水王舎

お湯はいきなり沸きません。
1度から90度くらいまでは、見た目にそこまで違いがないのです。
でも、沸点を超えると分かります。
誰が見ても分る変化とは、そういうものです。
忘れてはいけないのは、その1度から90度までの地道な努力の部分です。
ある日いきなりお金持ちになるのでも、ある日いきなり痩せるのでも、
ある日いきなり仲間に恵まれるのでも、ある日いきなり成長する訳でもありません。

人生に差があるとしたら、目に見えない1度から90度の差なんだと思います。
草木で言ったら「根っこ」の部分です。
この目に見えないものが大切だと、「星の王子さま」でも言っています。

あなたの頑張りが、周りの人には少ししか伝わらない時もあるでしょう。
あなたが変化しようと努力しても、自分でさえ意味があるのか分からなくなってしまう時もあるでしょう。
それでも続けていたら、少しずつ少しずつ、変化していくのです。

登山も、一歩一歩ではあまり景色が変わらないけど、
歩み続ければ山頂に辿り着き、絶景に出会えるでしょ
観たことのない景色を見にいきましょう


2017年5月12日 (金)

出る杭は打たれる

出る杭は打たれるが、
出すぎた杭は誰も打てない。

出ない杭、出ようとしない杭は、
居心地はよいが、そのうちに腐る。
- 堀場雅夫さん -

Photo





カーリングペアレンツ

 【カーリングペアレンツ】
カーリングというのは、氷の上で石(ストーン)を滑らせ、標的に入れて得点を競う競技です。
冬季オリンピックなどでご覧になった方も多いでしょう。
この競技ではストーンの滑りをよくするために、ブラシで掃いて氷上を滑らかにします。
これを子育てになぞらえて、「カーリングペアレンツ」といういい方があります。
どういう親かというと、
「子どもの人生がうまくいくように、先手を打って障害を取り除く親」のことです。
北欧でいわれはじめた言葉のようです。

子どもにつらい思いをしてほしくない、スムーズな人生を歩んでほしいという気持ちはわかるのですが、
これはかえって子どもの自立を損ねてしまうのです。
子どもには、試練を与えないといけないのです。
試練を乗り越えるから、心も強くなって成長するのです。
あらかじめ試練を取り除いてしまうと、子どもは何も経験できず、何もできなくなります。
失敗もさせて、「これは失敗だったね」ということをわからせること、ちょっと危ないようなことも経験させて、「これは危ないな」という判断力を子どもにつけさせることが大事なのです。
 子どもの未来が楽しみになる幼児教育 赤松 兼次 著 現代書林

「カーリングペアレンツ」面白い例えですね♪
しかし、昔から「かわいい子には旅をさせよ」「獅子の子落とし」「親の甘いは子に毒薬」と言って、
困難や試練を乗り越えさせる教えがあります。
これは、愛情もなく突き放す訳じゃなく、放置するわけでもなく、見守る前提のお話です。
ポイントは、ちょっと背伸びをすれば届くような、
ちょっと頑張れば達成できるような経験を沢山させてあげることだと思います。

見守っていないとその「ちょっと」の加減がわからないので、愛情をもって見守る必要があるのです。
また、褒めるにしても、見守っていないと的を外れてしまいます。
手塚治虫さんとお母様のエピソードこそ、子どもの力を引き出す褒め方だと思います。

漫画の天才、手塚治虫さん。
62歳で亡くなりました。
池田師範付属小学校というエリートの通う学校の生徒だったのですが、
生徒もエリート、先生もエリートです。
あるとき授業中に、治ちゃん(本名は「治」)がノートに漫画を描いていた。
すると先生が見咎(みとが)めた。
「授業中に漫画を描いているとはなにごとだ」と。

当時は漫画は市民権を得ていませんから、怒られた。
そしてお母さんが呼び出しを受けた。
お母さんは帰ってきて、
「治ちゃん、今日学校から呼び出されて、先生に言われたんだけど、
授業中に漫画を描いていたんですって?
どんな漫画を描いていたのか、ちょっと見せてちょうだい」
「いいよ」と持ってきた漫画を母親は何も言わずに、1ページ目から読み始めます。
そして、終わりまで読んで、パタッと閉じた。

そこで、
「治ちゃん、この漫画はとてもおもしろい。お母さんはあなたの漫画の、世界で第一号のファンになりました。これからお母さんのために、おもしろい漫画をたくさん描いてください」
と言った。
天才手塚治虫が誕生した瞬間です。

普通の親なら「何やってんのよ、あんたは」と怒ります。
しかし、手塚治虫のお母さんは違った。
描いた漫画を誉めてやることで、子どもの才能を引き出したのです。
子どもが伸びたい方向に伸びようとするのを、なぜ社会の常識や親の思いで潰すのか。
その芽をなぜ摘み取るのか。
世間はそこに、そろそろ気がついたほうがいいようです。

子育てとは、じつは難しくない。
子どもが伸びていきたい方向に伸ばしてやればいい。
逆にいえば、伸びたい方向に伸びていくのを邪魔しないこと。
小林正観著『淡々と生きる』より
___

褒めると甘やかすとの違いだと思います。
愛情と甘やかすのも違いますね♪
大人も子供も同じ。
愛を持って見守っていきましょう(^^♪


2017年5月11日 (木)

言葉にすると、道が見える

やりたいこと、なりたいもの、
こうありたいという願いは、
言葉に出したほうがいい。

言葉にした瞬間から、
進む方向が見えてくる。

誰かに打ち明けたり、
言葉にすると、
心の中で芽生えた思いを、
具体的な目標にできます。
具体的な目標ができれば、
今、何をすればいいのか、
何を選べばいいのかがわかる。

言葉にすると、道が見える。
自分にエンジンがかかる。
言葉にすると、
「自分」が動きだすのです。

Photo






責任者

会社の責任者
学校の責任者
お店の責任者
組織の責任者
家族の責任者
人生の責任者
責任者はあらゆる事に対し
最終選択権・決定権を持つ。

私たちは選択権・決定権を
持った時に「自由」と感じ
持てない時「不自由」と感じる。

日々、自由を感じながら
ニコニコ生きていく者の合言葉は
「人生、良い事も悪い事も全て私の責任です」
である。
日々、不自由を感じながら
イライラ生きていく者の合言葉は
「人生、都合の悪いことは私以外の責任です」
である。

私たちは
「今すぐ」人生の責任者に、なれる。
「今すぐ」自由な人生を始められる。
著 本気で夢を叶える会.

※補足
責任者とは「選び、決定できる者」ということ。
「私が悪い、あの人が悪い」などは
責任とは「全く別のお話」である。
責任は「自由を手にする第一歩」
「責任なくして自由なし」である。
責任逃れしている人物を見たら、
「深層心理では不自由なのですね」と感じる。

O06830811139330819061





2017年5月10日 (水)

年をとって困ること

年をとって困ることは、
身体が固くなるばかりでなくて、
頭が固くなること、心が固くなることです。
心が固くなると、感動、感激がなくなります。...
一生青春を保つためには、
心のやわらかさを保つこと。
そのためには、具体的に
何かに打ち込んでいくことだと思います。

ー 相田みつを ー

18268432_722888084549103_4708288558





喧嘩のルール

☆喧嘩のルール☆
喧嘩するほど仲が良いとも言うけど、カップルで公平に喧嘩をするのって、付き合いが長かろうが短かろうが、難しいものです。二人の個人がカップルになっているわけだから、お互いに愛し合っていようが、意見が食い違うことも当たり前。

争いごとでは「自分が正しいんだ」と自分の主張を通したいですよね。でも、恋人として付き合っている限り、自分の主張を通すことが正しいのではないというのを分かってください。どんな口論も、通常は、勝者がいれば敗者もいます。
でも、愛情関係においては、両者が勝者になることもあれば、両方が苦しんでしまうという結果に終わることがありえるのです。

愛し合っていて、お互いを尊敬しあっているカップルだったら、口論に勝とうとして喧嘩しているのではなく、傷つけられたり、誤解されたと感じたから喧嘩をしているのです。
ほとんどのカップルはそれを理解してますが、相手があなたを支配したくて言い争ってるなんて本気で思っていませんか?次回喧嘩をすることがあったら、以下の10個のカップルが公平に喧嘩する方法を利用してみてください。
二人とも勝者で喧嘩に幕を閉じることが出来、更にはお互いの関係をより強くすることができますよ!

ルール1:今言い争っている問題点に焦点を置こう
  常に、何が嫌だったのか、何について議論したいのかのポイントにとどまってください
ルール2:過去の問題は持ち出さないで
  相手の立場をなくすためだけに、過去の必要ないことを持ち出すのはやめましょう。
ルール3:反則技は使わないで
  負けそうになると、彼が傷つくことを言ってしまうことも
  論点とは全く関係ないだけでなく、彼をトラウマにしてしまう危険だってあります
ルール4:皮肉はやめよう
  皮肉は人を傷つけます。特に恋人との些細な喧嘩の中では、余計に傷つくのです
ルール5:お互いの話を聞こう
  
口を挟まないで、まずは相手に話をさせてあげることが大切

ルール6:声を荒立てないで
  可能な限り、声は穏やかに、語調をコントロールして話してください
ルール7:勝ったからと満悦しないこと
  
謙虚に相手の謝罪を受け入れるということは、幸せな関係を築くのに大切なこと
ルール8:自分の失敗を相手になすりつけないで
  自分の失敗を相手になすりつけるなんて言語道断です
ルール9:なぜ喧嘩しているのか覚えておこう  
  喧嘩をしているうちに、本来の理由を忘れてしまうこともよくあります
  相手の勘違いを正したい自分の思いを聞いてほしいから、いつも念頭におきましょう
ルール10:キスをして仲直りをしよう
  公平に喧嘩をするには、喧嘩も上手に終わりにしなくてはなりません
  喧嘩をした後に仲直りをすることは、尊敬しあっていて愛しあっているということを示すこと


Photo


2017年5月 9日 (火)

しあわせとは?

他人の幸福を
うらやんではいけない。
なぜならあなたは、
彼の密かな悲しみを
知らないのだから。
- ダンデミス -

O03200176139320025711




人生って、逆境の連続

人生って、逆境の連続です
でも負けていられません
未来に向かって一歩踏み出しましょう

『「逆境」から「逆転」ははじまる』

始まるのを待ってはいけない
自分からすすんでやるからこそ
何かが起こるのだ

今、そこで足を止めてはいけない
これでもか
これでもかと頑張って
一歩踏み込んで
それでも粘って
もうひと頑張りして

それで駄目だと思っても
もう一歩
ズカッと踏み込んで
そうしていると突き抜けるんだ

どんなに頑張ってきた
過去があっても、
そこに一切執着しないこと
だって「過去」は
「過」ぎ「去」ったものですから

上手くいかないことがあるというのは
何かに挑戦しているから

たくさん悔しい思いもするだろう
悔しくて
またやり直して
成し遂げて
そうやって一歩一歩成長する

今日の悔し涙は、未来の嬉し涙
今、できることは
どんどんチャレンジしよう

「逆境」から「逆転」ははじまる

Photo




2017年5月 8日 (月)

謝り方

「はいはい。だからごめんって言ってるやろ」
「ごめん。でも、だって、しかし」
「はぁい。どうもぉ、すいませんでしたぁ」

言葉でどれだけ謝ろうと、心の中で、少しでも...
「私は悪くない、なんで謝らなきゃいけないの」
と思ってたら、それは相手に伝わる。

もし、
謙虚に、素直に、心からたった一言
「ごめん」と言えば、それも伝わる。

これからも良好な関係を続けたいか、
今後一切、関係を断ちたいかで謝り方を選ぶ。

O06310492139312736941


自分らしく幸せに生きる

 【 自分らしく幸せに生きる 】
「 雑用 」という
用はございません
私たちが用を雑にした時に雑用が生まれます

時間の使い方がそのまま「 命の使い方 」になります
丁寧に時間を使いますと丁寧な人生が残ります
ぞんざいに時間を使いますと
私の一生の中の「ぞんざいな時間」 として残ります

自分の人生をどう生きてるか
それは平凡な日々の時間をどれほど愛をこめて
自分らしい時間にするかということにかかっているのです

他人と比べても「 私 」の価値は変わるものではありません
自分は自分「オンリーワン」として生きる
その自信をもつことが大切だと思います

「親子」や「兄弟」「夫婦」「親友」など新しい間柄にあっても
相手を「知り尽くす」ことはできません
自分の知らない相手の世界を許す
あたたかい「心」が必要になってまいります

私たちは一生心の波風と共に生きていかなければなりません
人間は決して自分の思い通りには生きられません

その中で「 笑顔 」で生きるか
「 暗い顔 」をして生きるか
「 感謝 」して生きるか
「 愚痴 」の多い生活をするか

幸せに生きる自由も
不幸せに生きる自由も
私たち人間には与えられております
 「 渡辺和子さんの言葉より 」

O05000361139312717671



2017年5月 7日 (日)

もう、頑張らなくていいよ

「もう、頑張らなくていいよ」
頑張らなくていい...

それ以上頑張らなくていい
ただ あなたらしさを
見せられればそれでいい
だってあなたは
もう充分頑張っているから


O03200320139266079142





本当にすごい人は目立たない

 【本当にすごい人は目立たない】 萩本欽一さん
『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)のナレーターなどで活躍した
『おヒョイさん』こと藤村俊二さん。
仕事中でもヒョイといなくなり、そしてヒョイと現れる。
だから『おヒョイさん』というニックネームがついたようです。

最初に会った頃、おヒョイさんは、ふわふわとした軽い感じで、口癖は「ぼくちゃん、
お仕事、嫌い」「ぼくちゃん、考えること、ダメ。一生懸命やること、もっとダメ」でした。
そして、何をやっても先頭を切ってやるということをしない人でした。
「そんなことすると、ぼくちゃん、疲れるから」

そんなおヒョイさんを見て、「なるほど。そういう人なんだ」と思い込んでいました。
ところが、80年に『欽ちゃんのちゃーんと考えてみてね!』(日本テレビ系)
という番組を一緒にやり、おヒョイさんを見直してしまいました。
長~いセリフが多いんです。
それなのにおヒョイさんは全然間違えずに、ビシッとやります。
「ぼくちゃん、ダメ」と言いながら、セリフを間違えたら本当にダメな人ですが、
おヒョイさん、全然NGを出さないんです。
「すごいなぁ」と感心しました。

驚かされたのは、80年の秋に僕とおヒョイさん、それに何人かの人達で、
ニューヨークのブロードウェーの舞台を観に行った時のことです。
日本では全く英語なんて使わないおヒョイさんが英語ペラペラ。
ホテルのチェックインから、どこでお土産買ったらいいかをスンナリとガイドしてくれますし、
ブロードウェーの舞台でも「これはこういうお芝居なの」と全部、説明してくれます。
だから、僕達は全員、おヒョイさんの後ろにくっついて歩いたんですが、
おヒョイさん自身は、皆の面倒を見ただなんて、全然威張りません。
そして、日本に帰ると、「僕は英語なんて知りません」と言う顔で、
相も変わらず、ひょうひょうとしています。

「おヒョイさんてどんな人なんだろう?」。
興味を持った僕は、周りの人に聞いてみました。
お坊ちゃんでエリートなんです。

お父さんは『有楽町スバル座』などを運営する『スバル興業』の社長で、
高校までは名門の暁星学園で学び、早稲田大学に進みました。
その後、舞踏家を目指して『東宝芸能学校舞踏科』に入学。
60年、『日劇ダンシングチーム12期生』としてヨーロッパ公演を行いますが、
本場の芸の水準の高さに驚き、舞踏家を断念して振付師に転身します。

こんな話も聞きました。
『日劇ダンシングチーム』のヨーロッパ講演は1ヵ月の予定だったのですが、
旅先でおヒョイさんの姿がヒョイと消えてしまったのだとか。
どうやら、パリジェンヌやイタリア娘と恋に落ち、数年間ヨーロッパに居ついた後、
ヒョイと日本に帰ってきたそうです。

何年か前、久しぶりにテレビ局で会い、「おヒョイさん、また別の番組を一緒にやりましょう」と言ったら、「お仕事じゃなくていいじゃないの。遊びを一緒にやろうよ」
そう言ってニコッと笑い、「だってさ、ぼくちゃん、お仕事、嫌いだから」

軽妙洒脱で、ひょうひょうとしていて、粋でオシャレなおヒョイさん。
目立つことが嫌いで、人に気を使わせまいとするおヒョイさん。
そんなおヒョイさんは僕が一番尊敬する芸能人なのです。
 『運が開ける【欽言録】』 徳間書店

現代は、ある意味、目立ってナンボの世界なのかもしれない。
SNSでは目立つため、日々様々な投稿がある。
自分の存在感を示すためだったり、売り込むためだったりする。

しかし、本当にすごい人は目立たない。
真の実力がある人は、威張ることもないし、大風呂敷を広げることもない。
そして、自分から宣伝することも、売り込むこともない。

お店だったら、たとえ路地裏の分かりにくい場所にあろうと、
わざわざ探し出して買いに来てくれる。
これは人も同じ。

「軽妙洒脱で、ひょうひょうとしていて、粋でオシャレ。
そして、目立つことが嫌いで、人に気を使わせまいとする人」
本当にすごい人は目立たない。

18268120_1357844807629151_485336760






2017年5月 6日 (土)

チャンスを呼び寄せる三つの習慣

【チャンスを呼び寄せる三つの習慣】
一、常に笑顔でいること

二、身だしなみをきちんと整えておくこと
三、常に相手の期待より少し上を目指すこと
 「里岡美津奈」

O04800330138993167041





ユニークな目標

「ユニークな目標」
私は普段から、自分の目標に向けて「やり抜く脳」の力を発揮して、
めざましい結果を出している各界の方々とお会いする機会が多くあります。
そして彼ら彼女らと語らいながら、ある特徴を共通して感じます。
それは、誰もがほぼ例外なく、
万人が共通に持つ目標ではなく「自分だけのユニークな目標」を持っているということです。

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんは、
芸人のジャンルを超えた多彩な活動でこのところ話題になっています。
彼の目標はとびきりユニークで、それはなんと「ウォルト・ディズニーを倒す」というものです。
彼はまずその手始めとして、素晴らしいクオリティの絵本を描くことや、
楽しさいっぱいのイベントを通じて「ディズニーを超える世界」を表現し始めています。
そして、「絵本を自分の手でベストセラーにしよう」「おとぎの町を実際に作ろう」などと、
目標に向かって一歩ずつ確実に進んでいます。
西野さんのように、自分が本当に求める目標を持ち、そういう目標を公言できる人というのは
この時点ですでに「やり抜く脳」を手にしているのだといえます。

目標までの道のりとして、具体的にどのようなプロセスを踏まなくてはいけないのか。
そしてそのためにはいま、何をすべきなのか・・・。
そのビジョンが明確であればあるほど、体がノッてくる、つまり脳が活発に動き出すのです。
 やり抜く脳の鍛え方 茂木 健一郎 著 Gakken

ユニークな目標ってイイですね♪
人と違う自分だけの目標は、誰かに伝えたときのインパクトもデカいでしょう。
夢や目標を決めるとき、どうしても考えてしまいがちなのが「他人の目」。
他人が目標に向かう訳じゃないのに、変な風に思われたらどうしようとか、
キミには無理だと笑われたら嫌だなとか。
でも、結局動くのは自身です。
ならば、自分が一番ワクワクする目標を掲げたらいいんです。

仕事もそうですけど、嫌々やっている人、苦しいと思ってやっている人、
苦行だと思ってやっている人に頼みたくないものです。
だって、自分が頼んだらもっと苦しんじゃうんでしょ?
なら他の人に頼むわ!って優しい大人は考えます。
仕事が楽しい、運動が楽しい、小説書くのが楽しい、人を喜ばすのが楽しいって人に頼みたい

もちろん、自分の中での葛藤や努力や大変さはあるでしょう。
でも、それが人を喜ばせる力となって、それが自分のワクワクする目標に近づくのであれば、
その大変さは心地よいものです。
週間少年「ジャンプ」に掲載されている“銀魂”に、昔こんな話がありました。

神楽「スイカって惜しい奴アルな」
姫「何が?」
神楽「こんだけ美味しいのに種が邪魔アル
コイツさえなければ“梨”“桃”にも負けないスペックもってんのに」
姫「確かに・・・一度は種を気にしないで、思いきりかぶりつきたいと思った事はあるけど」
銀さん「わかってませんね姫様も神楽も
スイカっつーのはこの面倒な種があるからうまいんです。

何も妨害なしで実だけ食ったらこんな奴、迷彩服着たただの軍オタですよ。
種という障害をのりこえ食すという
いわばプチドラマが、スイカの味に緩急を生み、よりうまみを引き出してんですよ。
つまりスイカっつーのは実ではなく、そこに生まれたドラマを食うもんなんです」

松下幸之助さんは言いました。
「成功した人は、普通の人ならその困難に打ち負かされるところを、
反対に喜び勇んで体当たりしている」
ユニークな目標、おすすめです♪


2017年5月 5日 (金)

いつかという人には

いつかという人には
いつかはこない

いま行動する人にこそ
いつかがくる

O04800452139079185772


心をこめる

 【心をこめる】
大切なことは、

どれだけたくさんのことや
偉大なことをしたかではなく、
どれだけ心をこめてしたかです。

心を込めて仕事をしなさい。
そうすればあなたは必ず成功する。
なぜなら、そういう人は
ほとんどいないからである。

どんなことでも
心をこめて行うようにしてください。
なぜなら心がこもったものは、
相手を感動させる力があるからです。


Photo


2017年5月 4日 (木)

貧乏なひととは

貧乏なひととは、
少ししかものを
持っていない人ではなく、

無限の欲があり、
いくらあっても
満足しない人のことだ
 - ムヒカ大統領 -

18198531_1321699524533948_731650806





方法はある、だからなんとかなる

【方法はある、だからなんとかなる】 草薙龍瞬さん
毎日が、今より少し楽しく、心軽く、快適にすごせたらいいな…きっと、
多くの人がそう感じていることでしょう。
ただ現実には、次から次にやってくる仕事や雑事、悩ましい人間関係やストレス、
先の見えない将来や、ネットやスマホ、メディア情報との「お付き合い」など、
「正直、疲れる」モノゴトで一杯です。
そんな毎日を、「まあ、これも修行のうち」と気楽に受け流せるようになれたら、
どんなにラクになるでしょう。

最初に確認したいのは、「何ごとも考え方が大事である」ということです。
一般に、人はモノゴトに「つい反応してしまっている」のであって、
「正しい考え方」に立って生きているわけではありません。
たとえば、仕事や人間関係で「理不尽な」思いをすることがあります。
「なんでこうなるのか?」と反応してしまい、疑問、葛藤、納得いかない思いが湧き起こる…
こういう体験は、誰でもしているはずです。

もしこのとき「自分の考え方」しか持っていなければ、
あらゆることに自分流の“こだわり”で反応してしまいます。
たとえば自信が今ひとつ持てない人なら、「わたしが信頼されていないから?」
と疑心暗鬼になったり、「能力が低いと思われている」とヘコんだり。
怒りっぽい人なら、簡単に腹を立てて、誰かれかまわずグチをこぼしたり、ヘソを曲げたりします

また「認められたい」気持ちで一杯の人なら、「わたしだって一生懸命やっています(泣)」と自己主張を始めて、周囲から「いや、そこは問題ではないのだが…」と顰蹙(ひんしゅく)を買うこともあります。
こうした自己流の“こだわり”は、さらに尾を引きます。
心はざわつき続け、「そういえばあのときも…」と記憶を検索したり、「そんなことをいうなら、あの件(あの人)はどうなんだ?」と責任転嫁や反撃が始まったりと、「ムダな反応」が続きます。

こうした反応が数珠(じゅず)つなぎになって、アタマはイライラ、モヤモヤ状態に突入していきます。
こうした、よくある心情は、「ただ反応している状態」です。
人はみな、日々、反応しまくりです。
でも、ブッダにならって、「この状況ならこう対応すればいい」という考え方の手順が最初にはっきりしていれば、自分の“こだわり”だけで反応することなく、正しい道筋でモノゴトをとらえられるようになります。

では具体的に、どんな「考え方」から始めるか。
最初は、これです…。
「どんなときも、方法がある」(だからなんとかなる)
何が起きてもそう考えられる(発想できる)ようになること。
それを最初の目標にすえましょう。

つらくなったら、「方法はある」。
不安や迷いを感じたときも「方法はある」と、自分に言い聞かせるのです。
ひとは不本意な出来事に直面したとき、
「やっぱりダメか」とか、「どうせ(しょせん)自分なんて」とネガティブに発想しがちです。
その発想に従って動くと、必ず苦い思いを味わいます。

その方法は意外とシンプルで「使う言葉を変えればいい」のです。
というのも、思考は言葉で作られるからです。
つい否定的な思いが出てきたら、「方法はある」と繰り返してください。
つらくなったら「方法はある」。
憤慨したときも「方法はある」。
不安や迷いを感じたときも「方法はある」
まずは言葉で繰り返すこと。
そうして抒情に「考え方」を作りかえていくのです。
  『これも修行のうち。』 KADOKAWA

一休禅師が、亡くなる前に弟子達に三巻の遺言を残した。
もしお寺でどうにもならないほど、困ったことがあったら、この三巻の遺言を開けなさい、と。
一休禅師が亡くなって何年かして、お寺にほんとうに困ったことが起こり、その遺言書を開けることにした。

すると…
一巻目には 「大丈夫 」
二巻目には「 心配するな 」
三巻目には「 何とかなる」
と、書かれていたという。

どんな心配ごとであろうと、嫌なことであろうと、その人に見合った問題しか起こらないという。
乗り越えられない問題はやってこないのだ。
だからこそ、「大丈夫」「心配するな」「何とかなる」。

どんなことが起こっても…
方法はある、だからなんとかなる、と肚(はら)をくくりたい。

2017年5月 3日 (水)

大切な人とは 

『 大切な人とは 』
うまくいっているときは、

周りに人がたくさん集まる。

だが、一番大切なのは、
どん底のとき、
誰がそばにいてくれたかや。
 - 野村克也 -

18194723_1320750834628817_150858083





知覚動考

 【 知覚動考 】
知覚動考は、仏教や禅の言葉で、

「知って→覚えて→動いて→考える」 
という意味です。

いくら知っても、
いくら覚えても、
動かなければ
結果は変わりません。

最初の一歩を
なかなか踏み出せない人は、
始める前にあれこれ
考えすぎることが多いようです。

「うまくいくかな?」
「大丈夫かな?」
「タイミングを見て動こう」
「今は他にやるべきことがある」
「モチベーションが上がったら始めよう」

やってみて初めて
わかることもありますから、
「悩んで動かず」よりも
「動きながら気付き、考える」
という選択肢が今の時代は
特に必要です。

O05500537137826686541





2017年5月 2日 (火)

人間のおろかさは

人間のおろかさは、
決して命令やきびしさで直すことはできない。
心のしこりを融かすものは、
寛容であり愛である。
共に荷を負ってくれる忍耐である。
(三浦綾子『明日をうたう』) 三浦綾子読書会

O10240768139269987491








宝くじで1億円当たった人の末路

  【宝くじで1億円当たった人の末路】 鈴木信行さん
■7億円とは言いません。一億円でも当たれば、人生が変わる気がするんですが…
以下、マネーの専門家、瀧俊雄氏が答える
宝くじの当選金が払い戻される際、銀行から高額当選者に『【その日】から読む本』
という冊子が渡されます。
中には、「当選した興奮と付き合い、
落ち着いたらローンなどの返済を優先すること」などが書かれています。
そういう冊子が配られること自体、宝くじが当たった瞬間に舞い上がってしまい、家庭内トラブルを巻き起こしたり、一度に大金を手にしたが故に身を滅ぼしたりするケースが少なからず存在する証拠だと思います。

■どういう悲劇のパターンがあるのでしょうか…
まずポピュラーなのは、家族・親族内トラブルだと聞きます。
例えば、宝くじを当てると家族はもちろん、
それまで縁遠かった親族までが直接・間接的に“おすそわけ”を要求してくる。
家族の間でも、お金以外の話題が食卓の会話に出なくなる。

■でも、当てた人が、家族にも親族にも黙っていたら…
現実には、当たる前は「黙っていよう」と思っていても、多くの人はばれてしまいます。
我慢し切れずに自らカミングアウトする人もいるし、
隠そうとしてもついつい生活が派手になり周囲に隠し切れなくなる人もいるようです。
人間の浪費というものは一回始まるとなかなか止まらないものなんですね。
すぐエスカレートしてしまいます。
クルマ、旅行、宝飾品…。
浪費はどんどん膨れ上がり、周囲からすぐに「何かあったな」と勘繰られるようになるはずです超高級宝飾店で買い物をすれば、豪華なパンフレットやインビテーションが届くようになります
行けばVIPルームに通される。
この“あなただけ感”、“エクスクルーシブ感”に堪えらえる人は多くないですし、
一度味わうとそんな生活を諦めることはより難しくなります。
「急な富裕化」というのはそのぐらい危険なことで、
例えば米プロバスケットボールNBAを引退した人の60%は5年以内に破産しているというデータもあります。

■だったら、いっそのこと1億円持って引きこもったらどうでしょう。
そんなふうに大金が入った勢いで仕事を辞めてしまったりすれば、事態は一段と深刻になります
1億円は使い始めると想像以上の速さで減っていってしまう。
それに、労働が私たちに提供してくれているものはお金だけじゃないんです。
啓蒙主義を代表するフランスの哲学者、ヴォルテールは、
かつて「労働は我々を3つの大きな悪から逃れしめる」と言いました。
退屈、悪徳、欲求です。
退屈というのは人生にとって辛いものなんです。
宝くじを当てて仕事を辞めてしまえば毎日、その退屈と向き合わねばならなくなる。

■ならば、起業は?
宝くじで得た資金で事業を始めるなんて最もハイリスクな選択です。
飲食店に行っても3億円分は一生かけても食べきれない。
でも、誤った経営によって3億円を失うのは容易にあり得ることです。
起業するためには入念な準備が必要で、宝くじの当選をきっかけに始めることではありません
冷静な判断と綿密なプランが欠かせないんです。
でも、人はたとえ少額でも、急に不労所得を得ると冷静ではいられない。

■では、宝くじで1億円当てちゃったらどうすればいいですか…
まず親族内トラブルを回避するため、税理士、弁護士に相談しましょう。
次に、複数の金融機関に相談し、信頼できるファイナンシャルプランナーを見つけて
一緒に資金プランを立て、今の生活を変えないことです。
もちろん仕事を辞めてはいけません。
人との付き合い方も変えてはいけません。
この部分さえしっかり押さえておけば、宝くじが当たってもまず大丈夫です。
  『宝くじで1億円当たった人の末路』  日経BP社

美輪明宏氏は、「正負の法則」の中で、こう語っている。
「良いことがあったときには、施(ほどこ)しをするなどして、
そこそこの〈負〉を先回りして自分で意識してつくるとよい」
良いことも、悪いことも、両方とも長くは続かない。
良いことのあとには悪いことが、悪いことのあとには良いことが必ずやってくる。
これは、幸田露伴の「惜福(せきふく)」と同じ。
惜福とは、福を使いつくさないことであり、福を惜しむこと。
感謝を多くし、「おかげさま」の気持ちで日々暮らしたい。

Photo




2017年5月 1日 (月)

18歳と81歳の違い

これ良くできてると思うけど…
ちょっとバカにしてるから腹立つわ

18才と81才の違い
・恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才

・道路を暴走するのが18才、道路を逆走するのが81才
・心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才
・偏差値が気になるのが18才。血圧・血糖値が気になるのが81才
・まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていない81才
・東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才
・自分探しをしている18才、皆が自分を探している81才

O06400480139066471941


あきらめずに続けること

 【あきらめずに続けること】 中井俊已さん
人気作家、浅田次郎さんのお話です。
浅田さんは、小学校の頃から小説家を目指していた人です。
そして愚直なまでの努力を積み重ねて、その夢をかなえた人です。

高校生の時、同じく小説家を目指す心から尊敬する先輩に「お前は才能がない。
小説家にはなれないよ」と言われます。
ショックでしたが、才能がないのは、その通りだと思ったそうです。
それでも、その先輩の教えの通り、原稿用紙に憧れていた三島由紀夫の小説などを書き写す修業をしていきます。

大学には行かず、職を転々としながらも、その修業を続けました。
実質3時間以上は、毎日机の上の原稿用紙に向かったそうです。
その一方で、書いた小説を様々な文学賞に応募しますが、ことごとく落選します。
その間に、書いては煙と消えた原稿用紙は何万枚にも及ぶそうです。

そういう生活を10年以上続けていました。
彼が30歳を過ぎたころ、ようやく二次選考に作品が残りました。
うれしくて、うれしくて、飛び上がって、その出版社の前まで行って手を合わせて感謝したそうです。
哀れ、その作品も結局ボツになるのですが、その小説の主人公の名前が「浅田次郎」。
それ以来、彼はこの名前をペンネームにします。

自分の作品がはじめて活字になったのは、35歳のとき。
はじめての単行本が出版されたのが、40歳のとき。
小説家を志してから悠に30年もかかったのです。

ですから、いままでまったく相手にされなかった大手出版社から、エッセーの連載の話が飛び込んできたときには素直に信じられず、借金取りが自分を誘い出すワナだと本気で疑ったそうです。
しかし、その後、『メトロに乗って』で吉川英治文学賞受賞。
『鉄道員』で直木賞を受賞。
いま最も人気がある作家のひとりとして活躍中なのです。

浅田さんはずっと「小説家になりたい」という夢をあきらめませんでした。
書いた作品が、落選しても、落選しても、書き続けました。
やはり才能がないのかと落胆する日も書き続けました。
あきらめずに続けたからこそ、自分の夢をかなえられたのです。

「みんなから馬鹿扱いされても、
だからといって自分の信念をあきらめてはいけない」(浅田次郎)
 『「人生がうまくいく」48の物語』 成美文庫

世界で最も成功した小説家として知られるJ・K・ローリング女史。
全世界でベストセラーとなった「ハリーポッター」の作者だ。
年収は180億円、推定資産は800億円といわれ、総資産はエリザベス女王を越えたそうだ。
しかし、小説が売れるまでの彼女は、
離婚や貧困、うつ病にもなり、自殺を考えたこともあったという。
娘を抱え、シングルマザーとして生活保護も受けながら「ハリーポッター」の出版に向け、
12の出版社を訪ねたがことごとく断られた。

小説家に限らず、スタートから大成功する人などほとんどいない。
たいていの人は、失敗を山ほど築き、もはやこれまで、これ以上は無理、
というところまで頑張ったあとに、成功はやってくる。
「あきらめないこと」、「続けること」をいつまでも忘れない人でありたい。



 

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »