« そのうちそのうち | トップページ | 能力とは何か »

2016年8月17日 (水)

勝利の方程式

 【勝利の方程式】 アカデミー学院 学院長 舟田譲二
「自分に自信を持っていなかったら、人生のレースですでに2倍の敗北をしている。
しかし自信があったなら、レースを始める前にすでに勝利している」
 
(マルクス・トゥッリウス・キケロ、ローマの哲学者、政治家)(訳:舟田 譲二)

日本の高校生の8割、じつに10人のうち8人が「自分に自信がない」と言っているそうです
これは本当に驚くべき、お先真っ暗な数字です。
原因のひとつは、そしてひょっとしたら一番大きな原因なのでしょうが、
教育にあると思います。

まずは幼児期からの家庭での親の教育に始まり、
小中高校と学校の教育にも責任があるでしょう。
子どもに自信をなくさせるような教育をしているとしか思えません。
これでは、キケロが言っているように、
人生のレースをスタートする前から負けているようなものです。

そういう私も高校生の頃、学校生活のつまらなさ、授業の退屈なこと、
自分自身のやる気のなさなどから、将来が見えなくなった一時期がありました。
何のために生きているのか、人生の目的は何なのか、と真剣に考え悩みました。
友人と語り合い、本を読み、またあるときは教会の門をたたいたこともあります。
でも答えは見つけられませんでした。当時の私も「自分に自信がもてない」一青年でした。

でも幸いにもその後、思考を一新する最高の機会に恵まれ、
その結果人生の目的地が見えるようになりました。
とどのつまり、人生の行く先は最初の思考から始まっているのです。
自信がなかったら初めから負けています。

3000本安打を達成したイチロー選手は、
小学生のとき作文の中に次のように書いています。
「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は3才の時から練習を始めています。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、
3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています」

アカデミー学院の中2生、笠原正喜(よしき)くんは小学生の時から柔道をやっていますが
来年は全国中学生柔道大会出場を目指しています。
そして、4年後の東京オリンピックも視野に入れて毎日練習に励んでいます。
自信を持っているのです。
これが「勝利の方程式」です。
そして、これはスポーツに限らず、どんなことにも通じる考えです。

B2e53758s1





« そのうちそのうち | トップページ | 能力とは何か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事