« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の62件の記事

2014年8月31日 (日)

スピードを落として

スピードを落として
人生を楽しむのだ。
スピードを出しすぎると
景色をじっくり見ることもできないし

目的地やそこに向かう理由まで
見失ってしまうものだ。
  
ー エディ・カンター ー

Photo



感謝は問題を解決する力

  感謝は問題を解決する力   弁護士 佐々木満男

感謝が脳に与える影響
感謝する心を持つようになると、人の体と心は互いに相乗効果をもたらし、
「ウェルビーイング」(健康的な状態)を造るようになる。
精神医学者であり神経科学者でもあるエイメン博士は、
考えや感情や行動は、脳の機能に直接影響を与え脳の血液量が変化することを、
MRIを通して目で見ることができるかたちで証明した。

すなわち、否定的な考えや感情にとらわれる時、
全体的に血液の量が減少するのだが、特に小脳の血液量が大きく減少する。
また、右側の左脳皮質活動が一時的に鈍くなるという現象を見られる。
さらにその研究結果を通じて、否定的な考えをすると、
統合的な働きを司る小脳の機能がほとんど停止してしまうという事実が分かった。

結果として、否定的な考えは、怒り、敵対心、絶望感、心配、不安感、
うつのような感情を誘発し、否定的で破壊的な行動を引き起こすが、
それとは反対に、感謝する考えや感情を覚えるとき、
脳の血液量が大きく増加することが分かった。

このように、エイメン博士は、人が感謝する時、脳の活動が活発になり、
全ての部位が最大限の機能を発揮すると強調している。
  (「一生感謝365日」、ジョン・クゥアン著、小牧者出版より引用)

ストレスは本当に健康に悪いのか?
人間の身体はストレスを感じると、心拍数が上がり、血管が収縮する。
この状態が続くと、心循環系疾患の原因となる。ストレスは、免疫力を低下させるため、
「万病の元」ともいわれる。

しかし、ハーバード大学で行われた研究によると、
「ストレスを感じるのは良いことだ」と信じている人にとっては、
血管が縮まらないし、心拍数も健康な状態である、
むしろ喜びや挑戦することへの勇気やワクワクした状態等、
気分がポジティブに高揚する際に見られる反応が起きたそうだ。

ストレスを感じると脳下垂体からオキシトシンという神経ホルモンが分泌される。
このホルモンは社会的な情動をつかさどり、
人間関係を円滑にして親密にする役割を担っている。
大きなストレスを感じたとき、
それを自分だけでは抱えきれないため、他の人に助けを求めるようになる。
そうすると、お互いの親密な関係が生み出されるのである。
本当は、ストレスも感謝すべきことなのである。

感謝は問題を解決する力
問題が起きることは、ストレスであり、
習慣的に嫌な気持ちや後ろ向きな感情を抱いてしまう。
不安、恐れ、失望、落胆、怒り、憎しみにとらわれて、
否定的で破壊的な行動を引き起こしがちになる。
これは人間の罪による弱さであり、
そこにサタンが食い込んできて、地獄的な結末をもたらすことが多い。

しかし、問題が起きたことを神に感謝して、これをポジティブに受け止めると、
その問題は自分を含めた関係者の益になるから良いことなのだと信じることができる。
チャレンジ精神、希望、勇気、愛、喜び、忍耐、達成感、勝利意識を引き起こす。

心身ともに活性化して元気ハツラツになり、そこに信仰により神の力が注がれて、
最終的には天国的なすばらしい展開がもたらされていく。
まさに、感謝は問題を解決する力である。
「いつでも、すべてのことについて、
私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい」(エペソ5:20)


2014年8月30日 (土)

できると信じたら

人間というものは
信じた自分になることが多い。

もし、自分には
そんなことはできないと思ってしまうと、
それで本当にできなくなってしまう。

しかし、
もしできると信じたならば、
たとえはじめはそのような能力がなかったとしても、
それをなし遂げる力を得ることができるのです。
   
=マハトマ・ガンジー=

Photo_2



名監督の条件とは何か?

  「名監督の条件とは何か?」
以下のお話はプロ野球において素晴らしい戦績をのこしている監督のお話です。

プロ野球といえば、ここ10年のセ・リーグの優勝監督を見てみると、
巨人・原監督と中日・落合監督が見事にチャンピオンフラッグを分け合い、独占してきた。
実力伯仲の厳しいプロの世界において、この戦績というのはもの凄いことだ。
もはや両氏は名監督として歴史に名を刻んだと言ってもいいだろう。

実は、この両監督には共通点がある。
それは、「選手の批判や悪口を口外しない」ということである。

下位チームの監督たちは、試合に負けたあとのマスコミのインタビューにおいて、
選手を名指しでボロクソに批判している。
「あのピンチでセカンドのAが悪送球エラーさえしなければ勝っていたのに。
あのプレーはアマチュア以下だ。プロとして恥ずかしい」
「最終回にピッチャーのBがフォアボールを連発したあげくに一発ホームランとは。
普段からどんな練習してるんや。アホか。あれじゃ一軍で使い物にならん」
「逆転のチャンスが3度もあったのに、全部Cが潰してくれた。
三振、三振、ダブルプレーとは。あんなど真ん中のボール、俺でも打てるよ」
翌日の新聞を見ると、
このような監督のコメントが毎日のようにニュースとして掲載されている。

しかし、原監督と落合監督は違う。
「監督である自分が悪かった。選手は悪くない。
責任は自分にある」という意味のコメントをしていることが多い。
監督のコメントが選手の耳に入ったとき、
どちらの言葉が選手に自己反省を促し、奮起させるだろうか。
どちらの言葉が選手のやる気を奪うのだろうか。
 「死ぬ気で働くリーダーにだけ人はついてくる」 早川 勝 著 かんき出版より

もちろん、言わなければいけない事、改善すべき事だってたくさんありますし、
それを「そのうちに・・・」と済ませてしまうことよいとも思えません。
そんな時は、
「すぐ」
「その場で」
「直接本人に」
「リーダーの口から」
「わかりやすく」
伝えることが大切のようです。
改善指導と誹謗中傷は違いますね。

いない人の悪口を言うのは誹謗中傷に近くて、
直接本人に「良くなってもらいたい」という想いを込めて伝えるのが
改善指導だと思います。
リーダーの在り方、大切ですね



2014年8月29日 (金)

希望がある

友よ
逆境にあるときは
つねに
こう叫びなさい
「希望がある
希望がある
まだ希望がある」と
byヴィクトル・ユーゴー

Photo



偉大な人々の無名時代

  【偉大な人々の無名時代】  A・マクギニス
トーマス・エジソンは七歳にして、学校の教師に教育の見込みがないとして見限られた。
その教師はエジソンがいる前で教育委員にこう言ったのだ。
「この少年は頭が混乱しているので、これ以上学校へ来ても無駄です」
偉大な人々が無名時代に、
これと似たような形で誤った烙印を押されたケースがいかに多いか…

■アブラハム・リンカーン
四ヵ月しか学校へ行っていないことを思えば学業成績は大変優秀。
しかし空想家でよくバカげた質問をする。

■アメリア・イヤハート(女性パイロットの先駆者)
私はアメリアのことを大変心配している。
この少女は利発で好奇心に満ちているが、考えることは無謀で、
関心はもっぱら昆虫や床を這いまわっている虫に向けられている。
何とかすればこの少女の好奇心の対象を
女の子らしいものへ向けることができると思うのだが…。

名テノール歌手のカルーゾーは教師から悪声だと言われた。
探検家として有名な海軍少将のバードは「軍務に不適切」とされ海軍を退役している。
また、『若草物語』の作者ルイザ・メイ・オールコットは編集者に
「大衆にうけるベストセラーは決して書けないだろう」と言われたことがある。
こうした話のおもしろさは次の点にある。

教師や上司といった権威ある人間が自分の運命の決定者ではないことを、
偉大な人々は人生の初期で早くも理解したことがはっきりとわかるのだ。
彼らは自らの運命の決定権を自分自身に与えたのである。
努力をすれば逆境に打ち勝てることに気づき、
上からの否定的な予想が間違いであることをはっきり証明してみせたのだ。
この強靭な精神力こそが、
彼らのその後の人生の数々の挑戦において強力な武器となっているのである。    

   「今できることから始めよ!」(稲盛和夫監訳)三笠書房

教師や上司、あるいは両親など影響力のある人に、
子供のころ「絶対に無理」と言われて夢をあきらめた人は多い。
北海道の赤平で宇宙ロケットを開発している植松努さんはこう語る。
『「どうせ無理だ」で努力を放棄した人間たちが、
他の人たちの自信を奪い、努力を否定し、闇に突き落としています。
だからこそ、「どうせ無理」という言葉は、この世からなくさなければいけないのです』

他人の喜びや幸せを我がことのように喜べる人がいるかわりに、
他人の喜びや幸せを一緒に喜べない人もいる。
嫉妬したり、苦々しく思ってしまうような人だ。
そしてそれは、「無理だ」と言って子供の夢をつぶしてしまう人も同じ。
子どもや他人の夢を応援する人でありたい。


2014年8月28日 (木)

自分だけの「儀式」

自分だけの「儀式」がある

仕事ができて
おいしい食事があって
楽しい仲間がいる...


今の自分にとっての
「あたりまえ」に感謝するため

手を合わせて
家族やスタッフ
昨日あった出来事に感謝する
      ベッキー

T02200196_08000712130461065261



長所を伸ばせば、短所は味わいになる

その昔、プロ野球チームの“読売ジャイアンツ”は、
他チームの4番バッターをどんどん獲得し、
他のチームで4番を打っていたバッターが4~5人並ぶという、
超強力打線を作り上げている時がありました。

それはそれは、楽しみな打線で、まさにドリームチームのような感じでした。
多くの評論家が、優勝候補にあげていました。

しかし、
それでも優勝出来なかったり、Bクラスに低迷した年もありました。
偶然でしょうか?
違うと思います。

ホームランを打てる選手と、ヒットをよく打つ選手、足が速い選手や、
送りバントの上手い選手、守備が上手い選手、ムードメーカー、冷静な判断、などなど、
言い出したらキリが無い位、大切なことってあるのではないでしょうか。

だから、その中の一つの目立つ特徴だけの選手を集めても、
試合に勝てるとは限らない。
それよりも、チームとして適材適所に役割を担う方が、
試合の結果を左右するのでしょう。

アニメ「ONE PIECE」じゃないけれど、それぞれの長所を生かし合って、
短所は補い合って行けたらイイですね♪

「長所を伸ばせば、短所は味わいになる」
by 太田典生(コンサルタント、実業家)

Photo_2




2014年8月27日 (水)

頑張り過ぎない

頑張り過ぎない
無理し過ぎない
我慢し過ぎない

生きていれば色々あります。
いつも100%でいたら
疲れてしまいます。

時にはペースを落としたり
疲れたらちゃんと休むことも
忘れないでくださいね。

Images6


泣くことで心が癒される

  【 泣くことで心が癒される 】
心がカチカチに固まってしまったなと
思う時はありませんか? 
原因はあまりにも忙しすぎる時や、緊張が続いてしまい、
本来の自分のペースが保てない時、意固地になってしまっている時
「自分」なのに「自分」ではない感じ。

こういう時は自分にも優しくできず心の余裕もなくなります。
周りの人にもよそよそしくなり、人に優しく接することもできません。
自分でも居心地が悪く「とげとげした自分」を発見して、
なんだかいつもの自分と違う!と思いながらも、気持ちの軌道修正ができない状態。

どうしていいか分からずいけない!いけない!と思うのに、
子どもや家族、一番の身内についつい当たってしまう。
そんなふうに固くなってしまった心をやわらかくほぐすにはいくつかの方法があります。

そのうちの1つが涙を流すこと!なのです。
これはとても効果的です。
最近は「涙活」というのがあります。
「涙を思いっきり流して泣く」とコチコチに固くなった心も優しく溶けていきます。

感動の涙、悲しみの涙、
自然に心を動かされてあふれる涙、うれしくて溢れる涙…。
どんな涙も心を動かしてくれます。
コチコチになった「心」を優しくほどいてくれる不思議な魔法です。
「涙」が溢れた後は、あんなに重たかった「心」もふっと軽くなり、
心が伸びやかに柔らかくなる感覚が生まれます。

「涙を流す」と心のくもりがとれて、心は軽くなり気持ちも楽になります。
「涙」を流した後は、しばし、ふっと気が抜けたようになりますが、
その状態がすごく大事なんです。
その時はしばらく意識を遊ばせてあげてください。
心がクリアになり無になっている状態です。

このときは直観力が冴えて何かがひらめくことも多いのです。
読物や映画の中で、心にグッとくるあなたのお気に入りを見つけて、
安心して涙を流してください。
「涙」は、心に優しく潤いを与えてくれます。
そんな「涙」を流せたら、とっても幸せですね。

これからもあなたのいのちをますます輝かせてください。
あなたの人生はこれからもますます良くなっていきます。
今日もあなたの愛と喜びに包まれる
素敵な一日でありますように。

Imagespp343thb





 

2014年8月26日 (火)

前向きに努力

世の中が不況のときや、悪い実績が続いたりすると、
このままでは倒産してしまうのではないかという否定的なことを思い、
それを気に病む人がいる。

しかし、そのようなことが心を占めていると、
その心が本当にその否定的なものを招き寄せてしまう。
すべて人生は心に描いた通りになる。

どのような厳しい状況に置かれようと、
否定的なことを心に浮かべるべきではない。
まじめに前向きに努力していけば
決して悪いことがあろうはずがないと確信して、
常に堂々と明るく進まなければならない。
  (稲盛和夫)


Photo

{愛情

  家庭を支える五本の柱 {愛情} ファミリーフォーラムジャパン (FFJ)
多くの人々は「愛」は
感情や気持ちであると誤解します。

実は感情
が伴わない訳ではありませんが、
愛は相手の最善を求めて行動する
ことなので、
気持ちよりも意志で決断するものです。

ですから、夫
婦が「もう愛し合っていない」と思っている時は、
「愛している気
持ちが感じられない」と共に
「相手の最善を求める意志がない」こ
とを意味します。

愛情には色々な側面がありますが、
その一つは「
同情」や「慈悲」です。
相手の苦しみを
自分の苦しみであるかのよ
うに配慮することです。

もう一つは「恵」です。
相手が相応しくな
くても愛し続け、赦すことです。
私たちは自己中心なので、
私たち
の愛情は「条件付きの愛」になりやすいものです。

つまり、「自分
の必要を満たしてくれるから」とか
「自分を幸せにしてくれるから
」愛するものです。
しかし、家庭が必要とする愛情は「無条件の愛
です」。
自分が傷付けられても、幸せになれなくても続く愛情です。


2014年8月25日 (月)

言葉一つで左右される

小さい子供に水を並々と
満たしたコップを運ばせる時に
「こぼしちゃ駄目よ!」
と言い聞かせて運ばせると
緊張してしまうそうです。


「どれだけ上手に運べるかな~」
と軽く声をかけてから運ばせると
意外にこぼさないんですね。

マイナスな言葉で、
○○しないように、
という呼びかけよりも、
プラスの言葉を使うことにより、
できるんだな!っていう
イメージがわくので、
うまくいくそうです。

あえて緊張するようなことを言うよりも
まずはリラックスさせてあげることを
大事にしたいですね。

それは言葉一つで
左右されるんだと思います。

Photo_2



祝婚歌

『祝婚歌』 吉野 弘

「夫婦という単位でいる時には、あんまり立派な人間にならないで、
おっちょこちょいでいようと、それに尽きる。
誰だって夫婦みんなケンカして、自分で悪いなと思う。
口に出しては言わないが、やっぱり申し訳ない。
そういうふうに立派人間になるのは、よそづらはそれでもいいが、
内づらは自分のおっちょこちょいを認めると、ばかな波風立てなくて済むと。
ただそれだけ言いたかった。」  吉野 弘


二人が睦まじくいるためには
○○○○愚かでいるほうがいい
○○○○立派過ぎないほうがいい


○○○立派過ぎることは
○○○○長持ちしないことだと
○○○○気づいているほうがいい


○○○完璧をめざさないほうがいい
○○○完璧なんて不自然なことだと
○○○うそぶいているほうがいい

○○二人のうち どちらかが
○○○ふざけているほうがいい
○○○ずっこけているほうがいい

○○互いに非難することがあっても
○○○非難できる資格が自分にあったかどうか
○○○あとで疑わしくなるほうがいい


○○正しいことを言うときは
○○○少しひかえめにするほうがいい

○○正しいことを言うときは
○○○相手を傷つけやすいものだと
○○○気づいているほうがいい

○○立派でありたいとか
○○○正しくありたいとかいう
○○○無理な緊張には色目を使わず
○○○ゆったりゆたかに
○○○光を浴びているほうがいい

○○健康で風に吹かれながら
○○○生きていることのなつかしさに
○○○ふと胸が熱くなる
○○○そんな日があってもいい


○○そしてなぜ 胸が熱くなるのか
○○○黙っていてもふたりには
○○○わかるのであってほしい


Photo



2014年8月24日 (日)

いいところを見つけるのは

悪いところは
誰でも見つけられるけれど、
いいところを見つけるのは、
そのための目を

磨いておかないとできない。
  黒澤 明

Photo



肯定

 家庭を支える五本の柱 {肯定} ファミリーフォーラムジャパン (FFJ)
家族のメンバーがお互いを立て上げることを
「肯定する」と言いま
す。
その反対は。。。そうです、「否定する」ことです。

人間は身
近の人々に批判されたり、受け入れられなかったり、
無視されたり
、さげすまれたりすると、
生きる希望と喜びとやる気を失い、
今つ
かめる小さな幸せをどんな手段を用いてでもつかもうとします。
まり、投げやりになって、
目先のことだけを考えて生きるようにな
ります。

しかし、互いに肯定し合っている家族は
一人一人の自尊心
が強められ、
未来に希望を持ち、
明るく、気持ちの余裕をもって
いに接することができるのです。

つまり、肯定されることは家族の人たちが
元気に生きられる大きな鍵なのです。


2014年8月23日 (土)

人生のトンネル

東海北陸道、
一宮西インターから郡上インターまで70㎞、
この区間でトンネルが22か所も有る。

トンネル出口では次のトンネルが見えてくる。
辛い人生を送っていると
長いトンネルをやっと抜けようとしている矢先に
次のトンネルが見えてくることがある。

その繰り返しが何度も有ることもある。
しかし出口のないトンネルはないのだ。

Photo



あなたと食事がしたい

  【あなたと食事がしたい】 医学博士、斎藤茂太
みなさんはご存知だろうか。
大勢で集まって、テーブルを囲んで仲良く談笑しながら食事する。
これは人類だけの特権である。

99パーセントの動物は「共食(きょうしょく)」をしないそうだ。
チンバンジーがいくらか共食することがある程度。
あとは、サルでもエサを持ったらサッと仲間から離れて、ひとりで食べる。
のんびりしていて、他のサルに取られてしまってはたいへんだ。
これは自己防衛本能の表れである。

人間の場合、人といっしょに食事をしなくなったら要注意。
心の病の始まりのサインだ。
家族の食事が終わってから自分の部屋から出てきて、
ひとりでゴソゴソと冷蔵庫を探っている。
また、会社で同僚といっしょに昼食を食べに出かけずに、いつもひとり。
こうして「孤立」を続けていると、だんだんと他人がコワクなってくるものだ。
そのうちに、会社に行くのもコワイ、学校に行くのもコワイ、人とつきあうのがコワイ…と、
どこへも出かけられず、ひとりで閉じこもってしまう。

私の病院にも食堂があるが、重症の患者さんは食堂にも出られない。
部屋でひとりで食事をする。
少しよくなれば食堂に行くが、
食堂でも隣の人にわきめもふらず、ひとりで黙々と食べている。
もう少しよくなると、隣に座った人としゃべれるようになる。
もっとよくなれば、談笑できる。

仲間といっしょに食卓を囲んで談笑する。
普通の人から見れば何でもないことだろう。それがこんな重要な意味を持っているのだ。
食べているときは、リラックスした状態だ。
楽しい会話ができて、「いっしょに食事をしたい」と思う人は、感じのいい人といえる。

反対に、
「あの人といっしょでは、せっかくのおいしい食事もまずくなる」と敬遠したくなる人もいる。
食べているときにも、人の悪口、批判を絶やさない人。
やれ、この餃子はまずいだの、どこそこの店のほうがずっとおいしいだのと、
うるさい評価をする人。

どんなにおいしいレストランでも、この人といっしょに食べるくらいなら、
そのへんのそば屋で感じのいい人と食べるほうがずっとおいしい。
『なぜか「感じのいい人」ちょっとしたルール』知的生き方文庫

旅は、どこへ行くかよりも、誰と行くか。
食事は、どこで食べるかよりも、誰と食べるか。
人生は、どこで暮らすかよりも、誰と過ごすか。
どんなに素敵で有名なレストランであろうが、気分の悪い人と一緒なら台無しになる。
何をするのにも、誰と一緒なのかが大事。
あなたと食事がしたい、と選ばれる人でありたい。


2014年8月22日 (金)

いま、最善を尽くす

どんなに悔いても
過去は変わらない。
どれほど心配したところで
未来もどうなるものでもない。
いま、現在に
最善を尽くすことである。
  松下幸之助

Photo



5つの基本的欲求

人は5つの基本的欲求を
持って生まれてくる、と
選択理論では考えられています。

5つの欲求とは…
生存の欲求(食べる、寝る等)
愛・所属の欲求(愛し愛されたい、仲間の一員でいたい等)
力の欲求(達成したい、貢献したい等))
自由の欲求(自己選択等)
楽しみの欲求(知的好奇心)です。

人はこの5つ欲求を満たすために、
この5つの欲求に突き動かされて
行動している、とも言われています。
(5つの欲求、みんな持ってるんですけど、
欲求値はそれぞれ違います)

でもって、
生存の欲求は
身体に関わることで
他の4つは心に関わること、に区分けされます。

人の脳って
生命維持を司る部分(例えば脳幹など)に
覆いかぶさるように理性を司る部分(理性脳)が
あるそうです。

お腹が空いて(生命維持を司る脳)も
ココで食べるのはいけないと我慢できるのは
理性脳さんが働いているから、なんですね。

ということで、
今回の私の体調を崩した件を
振り返ってみますと、、

心に関わる欲求に突き動かされて
活動していたのですね。

生存の欲求充を蔑ろにしていたのです。
疲れ気味だけど、、行っちゃお。
寝不足だけど、、がんばっちゃお。
お腹すいてるけど。。続けちゃお。
という感じで…完全に理性脳優勢でした。。(汗)

生存の欲求の声も大切に
バランス良く生活することが
大事だなーと。
寝込んで思うことでした。


2014年8月21日 (木)

前を向いて歩こう

涙が出るほどつらいことも
10年後には、立ち直れる
20年後には、笑えてる

50年後には、忘れてるかもしれない
今はこの「今」があるけど、
数年後には、数年後の「今」がある
簡単じゃないかもしれないけど
前を向いて歩こうよ

T02200157_06720480130309860021



時を越えた美しさの秘密

  「時を越えた美しさの秘密」
魅力的な唇のためには、優しいことばを紡ぐこと
愛らしい瞳のためには、人々の素晴らしさを見つけること

スリムな体のためには、飢えた人々と食べ物を分かち合うこと
豊かな髪のためには、1日に1度子供の指でといてもらうこと
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ること

人は物よりもはるかに多く回復し、復活し、生き返り、再生し
報われることが必要なのです。
繰り返し報われることが。
人生に迷い、助けて欲しい時、いつもあなたの手のちょっと先に
助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで。

年をとると、
人は自分に2つの手があることに気がつきます
ひとつは自分自身を助けるため
もうひとつの手は他者を助けるために。
  サム・レヴェンソンの詩集 『時の試練をへた人生の知恵』

この詩はオードリーヘップバーンが、
亡くなる年のクリスマス・イブにニ人の息子に最後に聞かせたものだそうです。
心に響きます。
特に最後の2行。
ひとつの手は自分を助け
もう一つの手は他者を助ける
これを当たり前に出来るようになりたいものですね。

Photo



2014年8月20日 (水)

言葉は大切なもの

心の中で思っているだけなら、
いつか消す事が出来る。

だけど、
一度言葉にすれば

それを取り消す事はできない。

言葉を発した瞬間、
その言葉には
責任が生まれるから。

人は誰もが、
深く考えずに、
毎日言葉を口にするけど、
思っている以上に、
言葉は大切なもの。

思った事全てを、
口にしてはいけない。

あとで後悔する様な言葉を、
口にしてはいけない。

Photo


心の底から笑う

 【心の底から笑う】 観相学、藤木相元
男性でも女性でも、人気のある人、周囲から協力を得やすい人は、
ほとんど例外なく、いい笑顔の持ち主です。

笑顔は運を呼び込みやすいのですが、
これは、笑顔になることを「相好(そうごう)を崩す」ということからもわかります
だれでも心から喜んで笑顔になると、目尻や眉が下がり、くちびるの形も変わります。
つまり、顔の相が変わるわけですが、
好(よ)い相、運のつきやすい相に変わるというわけです。
相を好もしく崩すのが、笑いのほんとうの意味といってもいいでしょう。

三輪禅では、朝、大きな声でお坊さんたちが空笑いをします。
これも、じつは修行のひとつです。
もともと僧になろうという人間には“暗”の人が多いので、
座禅で脳を開放し、笑いで心を“明”にするという成長過程を踏むわけです。
朝、顔を洗うときに水に顔を映してワッハッハと自分に向かって笑いかける。
それを毎日繰り返すうちに、空笑いがしだいに心の底からの楽しい笑いになっていき、
観相学的にいう“明相”をつくっていくわけです。

ただ、同じ笑いでも、冷笑、嘲笑、含み笑い、艶笑などには“暗”がつきまといます。
喉の奥が見えるくらい大きな口を開けて笑う、
ほんとうの意味の笑いとはほど遠いものです。
心の底から笑えない人は、“暗”に支配され、相が好もしく崩れないのです。
冷笑、嘲笑、含み笑いなどはその典型ですし、
女の人が男の人に媚びを売る場合の艶笑も、
相手を自分の都合のいいように利用しようと思うから、
そういった笑いになってしまうのです。

「笑いは人の薬」「笑う顔には矢立たず」「笑う門には福来る」「笑うて損したものなし」
などと、昔から笑いに関する格言が数多くあるのも、
いかに笑いが運をつかむうえでたいせつなものかを物語っています。

運を呼び込みやすい体質をつくるには、
いい笑顔の持ち主になることがだいじなのですが、
そのためにも、毎朝、鏡のまえで身だしなみを整えるとき、
鏡の中の自分に向かってニッコリ笑ってみてください。
たとえ、つくり笑顔でもいいから、いい笑顔になるようにすることが、
このときのポイントです。
笑いが心の底にひそんでいる“暗”を吐き出させてくれるのです。

この朝の笑いをその日一日忘れないようにすれば、
その日の運の流れも変わってくるはずです。
また、まえの日にいやなことがあった場合も、
朝の笑いで前日の悪運を払いのけることができるでしょう。

心の底から大きな声で、文字通り相好を崩して笑える人間というのは、
余計な屈託もなく、他人を軽蔑することもなく、他人をせせら笑う必要もないという、
“明”の人間になるわけで、これで運が向いてこないはずはありません。
  『運のつくり方 開き方』PHP文庫

観相学(かんそうがく)とは、人相学とも言うが、
顔だちや表情という人相、動作や姿勢、雰囲気から、
その人の気質や性格を明らかにし、さらには運命まで予測しようとする学問。

どこか暗いかげがあるような人は、なにも観相学を知らなくても、誰にでもすぐにわかる。
暗くて、幸(さち)薄く、運がついていない、と思われたら、まわりに人は寄ってこない。
反対に、心の底から屈託なく笑うような人のまわりには多くの人が集まる。
呵呵大笑(かかたいしょう)という、大笑いする人だ。
いい笑顔で、運を呼び込みたい。

Imagesv6x0savs


2014年8月19日 (火)

出逢えば「 一生 」

出逢いは「 一瞬 」
出逢えば「 一生 」だよ
あなたと一緒にいて
喧嘩したこともあるし
辛かったこともあるし
泣いたこともあるし
切なかったこともあるし
傷ついたこともあるし
寂しかったこともあるし
嫉妬したこともあるし
悲しかったこともあるけど
あなたを選んだことを
後悔したことは一度もない
 参照:「 いい女の法則 」

1_2



幸せですか?

  「幸せですか?」   菅野直基 (出前牧師・カンちゃん) 
中国のことわざに、「三日幸せになりたければ結婚しなさい。」というものがあります。
イギリスでは、「一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚しなさい。」ということわざがあります。
イギリスでは、結婚が「一ヶ月の幸せ」に対し、
中国は、「三日の幸せ」とは少し短い気がしますが、
新婚旅 行の行き帰りで使う成田空港で離婚を決意する
「成田離婚」が存在するくらいですから、あながち嘘ではありません。

結婚とは、日を重ねれば重ねるほど幸せを感じることができるものですし、
その幸せは一生続くものなのにもったいないです。
ある人は、「美人は3日で飽き、ブスは3日で慣れる。
誰と結婚しても同じだ!」と言いました。
真意は、「いかに最初の愛で相手を愛し続けるか!」ということだと思います。
聖書は、神との関係において、「あなたは初めの愛から離れてしまった。
それで、あなたは、どこから落ちたかを思い出しなさい。」(黙示録2:4~5)と教えます。

もし結婚の幸せが継続していないとしたら、
どこかで初めの愛から離れてしまっているのです。
思い出して下さい。結婚する二人は、今まで全く違う環境に育ち、赤の他人でした。
男女の違いもありますし、違って当たり前です。性格の不一致も起きて当然です。
それを、強引に一致させようとするから問題が出て来るのです。
あるがままで相手を受け入れ、許し、愛し続けましょう。

「結婚前は、両目を開きなさい。結婚後は、片目を閉じなさい。」と言われます。
結婚前は、両目を開いて、
「この人は自分が一生涯生きて行くのにふさわしい人か」を見定めて、
結婚後は、片目を閉じて悪い部分には目をつぶり、
片目を開けていい部分に目を向けて行くことが大切です。
 

多くの場合は、これが逆になっています。
結婚前は、「ぽーっ」となって、片目はおろか、両目までもつぶったまま結婚をし、
結婚後、我に返って、「しまった!」ということになり、相手を変えようとし、
変わらなければ力づくで変えようとして関係が悪くなってしまうのです。

イギリス人は、結婚の幸せが一ヶ月間、中国では、結婚の幸せは三日間ということですが、
日本は、そして、あなたはどれくらいでしょうか? 
どの国の人でも結婚の幸せが終わる日は必ず来ます。
しかし、それは恋の終わりです。幸せを恋と一緒に終わらせないでください。

恋には二つの終わり方があります。
一つは、別れるという形で終わり、もう一つは、愛という形に変えることで終わります。
後者の形で恋を終わらせ、一生幸せな結婚生活を送れるようにしていけたらいいのです。
恋は「あばたもえくぼ」。愛は「あばたをあばた」として受け入れ、許し、愛すること。
そこに結婚の幸せの秘訣があります。
家庭が幸せだったら、人生のほとんどが幸せになるものです。
どうぞ、結婚関係を見直し、あり方を考え直していきましょう。

最後に、結婚していない人に寂しい思いを与えてしまう文章だとしたらごめんなさい。
「サザエさん」を見て、「ブルー」な気持ちになってしまう人がいると聞いたことがあります。
しかし、人は、相手が幸せに見えるものです。
比較しないで、幸せであることに気づいてください。
結婚してなくても、身近な人との関係を考え、
相手の「あばたをあばた」と認め、許し、受け入れ、愛してください。 
今日も幸せな一日でありますように。
私たちは幸せになるために生まれて来たのですから。

Photo



2014年8月18日 (月)

心構え

生まれながらに才能のある者は、
それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。
しかし、生まれつきの才能がない者は、
何とか技術を身につけようと日々努力する。
心構えがまるで違う。
これが大事だ。  
 (織田信長)

Photo_2



甘え上手は愛され上手

人から愛される人には、
甘え上手という特徴があるようです。
甘え上手な人は、分からないことがあった時に、
誰に教えてもらえば良いのかをよく心得ています。

一人で出来ない時には、
無理をするのでなく、他の人に支援を求めます。
難しい問題を目の前にして、一人で抱え込むのでなく、
周囲の知恵を借りて問題解決に当たります。

そして、協力してくれた人たちに対して、
敬意を表し、感謝を示し、労いの気持ちを忘れません。
また、甘え上手な人は、甘えられ上手でもあります。
自分の知識が役立つのであれば、
喜んで他の人と分かち合います。

自分の能力が必要とされるのであれば、
喜んで支援をします。
自分の経験が役立つのであれば、
喜んで提供します。

このように甘え上手な人は、
人とつながり合うことの大切さを心得ているので、
人から愛されるようになるのです。

覚えておきたいことは、
甘え上手な人は、甘えている人とは違うということです。
甘え上手な人は、人間関係をとても大切に扱い、
自分を磨く努力も怠りません。
こうした姿を見て、
周囲の人は「この人に協力したい」と思うようなるのです。

頑張ることは大切なことですが、
それも過ぎれば、他の人を寄せ付けなくなってしまいます。
そうならないよう、
甘え上手な人から人間関係の秘訣を学びたいものです。

Photo



2014年8月17日 (日)

心の井戸

「心の井戸」を枯らしてはならない。
そんな誇りと意地があれば、ひび割れた底も水で満たされ、
うるおい、どんどん人にパワーを与えようという気持ちになります。
それは愛も同じです。
与えようと思えば、あふれ出てくるものなのです。
もらおう、もらいたいとばかり思っている人は
永遠に愛とパワーの物乞いをして一生を終えるのです。
 ー 美輪明宏 ー

Photo_2



生きてるだけでエリート

  【生きてるだけでエリート】  筑波大学名誉教授、村上和雄
学校名や会社名にはじまって、成績、器量、性格、貯金、つきあった異性の数、
着ている服のブランドなど、とかく人は、他人と比較しがちです。
その結果を正しい努力に振り向けることができれば問題ないでしょうが、
「だから俺はダメだ」、「だから私は不幸だ」と、自分に限界を設け、
卑下するだけで終わってしまうことが往々にして見られます。

人と比較したら、差が出てくるのは当然です。
勉強が得意な人、そうでない人、100メートルを走らせたら速い人、遅い人、
身長の高い人、低い人、異性にもてる人、もてない人…。
それは現実として受け入れるしかないことで、比較することに意味はありません。

進化や遺伝子というレベルで考えれば、
38億年という気が遠くなるような長い時間をかけて進化を遂げてきたのは、
他人と比較するためではありません。
しかも、あなたと誰かとの違いは、ゲノム的に見れば、たった0.5%程度です。
99.5%は同じ遺伝子を持っています。

そのわずかな違いを比較して、
ああだ、こうだと気に病んだり、一喜一憂したりするのではなく、この世に生まれてきたこと、
そして生かされているということがどれほどありがたく、奇跡的なことなのか、
そのことに感謝して、元気に、明るく、前向きに生きていくべきです。

すると、
自分にはやるべきことがあるのではないかという使命感のようなものが生まれてきます。
しかも、人と比較して、いい、悪いという判断の基準になるものは、現在の価値観です。
いまの価値観だけで判断しても、次の時代には、それが反対になっていたり、
無効になっていることが大いに考えられます。
地球や生命の長い歴史から見れば、そうした比較自体にはさほど意味はありません。
私たちは、もう少し長い目でものごとを見る癖をつけたほうがいいと思います。

これは北里大学の教授に聞いたことですが、東日本大震災の直後の大混乱の中で
リーダーシップを発揮してがんばったのは、
日ごろは悪ガキのような、それほど成績のよくない学生だったといいます。
非常事態が起きたとき、偏差秀才はあまり役に立ちません。
マニュアルがないと、彼らは何もできないからです。
逆境の中でがんばれるのは、むしろおちこぼれ気味のような人たちなのです。

秀才タイプは正常時には優秀かもしれませんが、
不測の事態が生じたときには対処できません。

おごってはいけませんが、38億年という長い進化の果てに存在しているということは、
それだけでエリート中のエリートなのだといえます。
それぞれの人が、それぞれの人生における金メダル候補です。

ですから、人と比較するよりも、自分が何をできるか考えたほうがいいのです。
人と違っていていいのです。
むしろ、遺伝子的には、少しくらい違っていたほうがいい。
その違いによって生物は多様性を確保し、それによって進化が促されてきたのですから。
人と違うことで悩む必要はありません。
  『望みはかなう きっとよくなる』海竜社

38億年の長い進化の果てに、我々が生を受け、
今ここに存在しているということは奇跡にも近いこと。
ありえないような奇跡の確率で我々は生まれてきた。
さんまさんの名言に、「生きてるだけで丸儲け」がある。
生きてるということだけで、我々は選ばれたエリート。

だからこそ、今ある当たり前の日常に感謝することが必要だ。
嫉妬やねたみ、不平不満、あるいは逆に、優越感や威張ることは、
他人との比較から生まれる。
比較からは感謝は生まれない。
今あるあたりまえの日常を感謝の気持ちで過ごしたい。


2014年8月16日 (土)

信じる勇気

心の底から信じて裏切られると
なかなか誰かを信じることって
できなくなる。
また裏切られたらどうしようって
距離を置くようになる。
本当は信じたいんだけど、
心のどこかで
疑ってしまってる自分が悲しい。
深く信じたときほど
心の傷は深い。

でも、
今深く傷ついてる人は
それだけ信じてたってこと。
だから、
信じた自分の気持ちは
誇っていいと思う。
本当に
相手のことを思った自分に
自信を持っていいと思う。
人を信じることは、
ものすごく勇気がいる。

Photo



悩みを解決するのがうまい人

  【悩みを解決するのがうまい人】
自分は悩んでばかり
悩みの無い人はいいなあ

なんて、思っている人はいませんか

私はたぶんこの世に悩みの無い人なんていないと思っています
悩みが無いように見えるだけであって
悩みが無い人ではありません
ただ、悩みを解決するのがうまい人というのはいると思います
そういう人が悩みが無いように見えるのかもしれません

さて、悩みを解決するのがうまい人とは、どんな人でしょう
下記の3つが出来る人ではないでしょうか

1.優先順位がきっちり出来ている
2.割り切る潔さを持っている
3.気持ちの切り替えが早い

悩みはあって当然
悩みを解決するのがうまいかどうかだと思います

T02200163_05000370130342921411


2014年8月15日 (金)

思った時がベストの時

人生は一度しかありません

やりたいと思った時が

やる時なんです

言いたいと思った時が
言う時です

行きたいと思った時が
行く時です

タイミングは
人それぞれだけですが
先延ばしするのが
一番よくありません
思った時がベストの時です!

Photo_2



『いつか死ぬこと』以外決まってないんだよ

「『いつか死ぬこと』以外決まってないんだよ」   菅野直基 (出前牧師・カンちゃん)

この文章を読んで下さる方の中で、「死にたい!」と思っている人がいるかも知れません。
心配しなくても、そう遠くない将来に死ぬ日が来ます。
それより、死ぬ前にできることを考え、それをやってみませんか?
もし、明日のことを悩んでいるとしたら、
あなたの心の望遠レンズを、今の自分にフォーカスして下さい。
「明日のことは思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。
その日の苦労はその日だけで十分である。」(マタイの福音書6:34)

次に、あなたの心の望遠レンズを地球全体に向けてみて下さい。
そこには、今日を、今を、必死に生き延びようとしている人がいます。
最後に、「100人の村」のお話で終わりたいと思います。
もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう
その村には…


57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます
52人が女性で
48人が男性です
70人が有色人種で
30人が白人
70人がキリスト教以外の人たちで
30人がキリスト教
89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍
80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調に苦しみ
1人が瀕死の状態にあり
1人は今生まれようとしています
1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
そして1人だけがコンピューターを所有しています


もしこのように縮小された全体図から 私達の世界を見るなら
相手をあるがままに 受け容れること 自分と違う人を理解すること
そしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは
火を見るより明らかです

また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう
もしあなたが 今朝目が覚めた時 病気でなく健康だなと感じることが出来たなら …
あなたは今週生き残る事のできないであろう100万人の人たちより 恵まれています
もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩
あるいは飢えの悲痛を一度も経験したことがないのなら…
あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています
もしあなたがしつこく苦しめられることや逮捕拷問
または死の恐怖を感じることなしに 教会のミサに行くことが出来るなら…
あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり着る服があり 頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…
あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています
もし銀行に預金があり お財布にお金があり
家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら…
あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です

もしあなたの両親がともに健在で そして二人がまだ一緒なら …
それはとても稀れなことです
もしこのメッセ-ジを読む事ができるなら あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう
何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて
その上あなた は全く文字の読めない世界中の20億の人々より
ずっと恵まれているからです


昔の人がこう言いました 「我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来る」と
お金に執着することなく喜んで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく 自由に踊りましょう
誰も聞いてないかのごとく のびやかに歌いましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう

このメッセ-ジを人に伝えて下さい そしてその人の一日を照らしてください
※作者不詳   訳 なかのひろみ
今日という新しい一日を最高の一日として迎えていけますように。
良い一日をお過ごし下さい。

Photo


2014年8月14日 (木)

たった一言

たった一言が
相手の心を傷つける

たった一言が
相手の心を幸せにさせる

「 命は大切だ 」そんなこと
何千 何万回言われるより

たった一言

「 あなたが大切だ 」
誰かがそう言ってくれたら
それだけで生きて行けるのに

Photo_2



ありがとうの反対は

 

 「ありがとうの反対は」
ありがとうの反対語など、
今まで考えたこともなかった。
教えてもらった答えは…「あたりまえ」

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」
「有難(ありがた)し」という意味だ。
あることがむずかしい、まれである。
めったにない事にめぐりあう。

すなわち、奇跡ということだ。
奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」
我々は、毎日起こる出来事を、
当たり前だと思って過ごしている。

歩けるのが、あたりまえ。
目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。
手足が動くのが、あたりまえ。
毎朝目覚めるのが、あたりまえ。
食事ができるのが、あたりまえ。

息ができるのが、あたりまえ。
友達といつも会えるのが、あたりまえ。
太陽が毎朝昇るのが、あたりまえ。
うまれてきたのが、あたりまえ。
夫(妻)が毎日帰ってくるのが、あたりまえ。

そして…
生きているのが、あたりまえ。


また、ある夫婦の話もしてくれた。
晩酌の時、いつも無口の夫が、
「ちょっと、お酌してくれないか?」
と珍しく妻に言った。
台所の片付けをしていた妻は、
「今、忙しいから自分でやって」と答えた。
夫は少し寂しそうだったが、手酌で酒をついだ。
その、2~3時間後、夫は急に倒れ、
救急車で病院に運ばれ、帰らぬ人となってしまった。

それから、妻は、何故あの時、
夫にお酌をしてあげなかったのかと、
ずっと悔やんだという。
あの時何故、もっと、優しい言葉で、
こぼれるような笑顔で、感謝の言葉で、 
接することができなかったのか…

誰しも、
今日と同じ日が明日も繰り返されると思う。
今日、誰かと出逢い、話し、笑い、
食事をして、仕事ができる。
こんな当たり前だと思うことが、
本当は奇跡の連続なのだ。

「有ること難し」
生きて、出逢う、という奇跡の連続に、
「ありがとう」を言わずにいられない。

Photo


2014年8月13日 (水)

心の穏やかさは

心の穏やかさは、
智恵がもたらす美しい宝石です。
それは、長きにわたり忍耐強く
自制心を培ってこそ得られるものです。
  ー ジェームズ・アレン ー

T02200391_03600640130204956631



他人を動かすことができる人

  【他人を動かすことができる人】  本田宗一郎
人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。
そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。
自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。
私はそう思っている。

また他人を動かすには、自分が「恰好(かっこう)よくなりたい」と思うことも必要である。
恰好よくというのは、他人によく思われ、よくいわれたい、という意味である。
うすっぺらなようだが、これはひとつの真理である。

この恰好というのはデザインみたいなもので、
自動車だっていいデザインでなければ売れないのと同じである。
恰好いい、ということは、他人に好かれることの基本のひとつなのだ。
    『本田宗一郎「一日一話」』PHP文庫

相手の立場に立つことができる人は、人の気持ちがわかる人。
人の気持ちがわかる人は、感性が豊かな人。
感性が豊かな人は、瞬間的に相手に感情移入することができる。
そして、感情の起伏が激しいから、自分も悩む。

恰好(かっこう)いい人とは、見た目も大事だが、
自分のことより先に人のことを考えたり、思いやったりできるという中身も大事。
つまり、利他の心を持った人。
また、「卑怯なことをしない」「嘘を言わない」「弱い者いじめをしない」等々の精神を、
黙々と実践するような人を言う。
それらの精神が、結果的に外見というデザインに滲(にじ)み出る。

「恰好いい、ということは、他人に好かれることの基本」
感性が豊かで、恰好(かっこう)いい人は、他人を動かすことができる。

Photo



2014年8月12日 (火)

すべてが自分の糧

どんなに綺麗な花だって
太陽の恵みだけじゃ育たなくて

ときには雨にうたれ
ときには強い風に吹かれて
その花を咲かす

人間だってそう
太陽のような暖かい光の中だけじゃ
いつか枯れて腐ってしまう。
雨も恵み風も恵み
すべてが自分の糧なんだよね

Photo_2



花火大会のルーツ

1733年、今から281年前に、
日本最初の花火大会である“隅田川花火大会”が始まったとされています。
その始まりが粋であり、日本人らしさを感じました。

1733年の前年、1732年(享保17年)は
「享保の大飢饉」という大飢饉があり、多くの餓死者が出た年でした。
加えてコレラがはやり、多くの死者が出たのです。

これらの犠牲者を弔い供養するために、
そして、
沈んだ世の中を少しでも元気づけようとの計らいで始めたのが
“隅田川花火大会”だといわれています。
「景気づけ」という言葉もありますね。

日本銀行のホームページでは、
「景気とは、文字通り、実体経済の状況に加え、
企業や家計の経済活動に対するマインド(意識、受け止め方)を表す言葉」とあります。
昔の人は感覚的にそのことを分かっていて、花火大会を始めたのでしょう。

沈んだままのマインドでいるよりも、
景気づけにパーっと飲みに行ったりすることは、
自分自身の景気を良くすることにも繋がりそうですね。

お店や会社でも同じかな。
何か、沈むような出来事があったとしても、
ワクワクするようなイベントや、飲み明かしたりする機会があれば、
景気よくなりそう

やっぱり花火って、良いですね~

Photo



2014年8月11日 (月)

休憩

考えすぎて疲れたら、
一度考えるのをやめようか。
きっと心が落ち着いて、
大切なものだけが見えてくる。
恋愛も友情も仕事も
休憩が必要。
深呼吸をして呼吸を整えよう
たったそれでけで世界観が変わるから。

10580163_844641662213860_8012796988




結婚を成功させる秘訣

  結婚を成功させる秘訣  ファミリーフォーラムジャパン (FFJ)
最近の統計によりますと日本の結婚式の7割近くがキリスト教式で行われているそうです。
キリスト教の結婚式で必ず引用される聖書
の言葉があります。
「人はその父と母を離れ、妻と結合い、二人は
一体となるのです。」

つまり結婚の本質と言えば夫と妻が一つに結
ばれて一体となることです。
しかし男と女が神様の前で1つとみな
されるとしても、
現実的には夫婦が日々の生活の中にあって
一つとして生きていくことは極めて困難なことです。

なぜでしょう。まず男性と女性の性質は非常に違うから
です。
次に2人が生まれ育った背景もとても違います。
そして2人
の個性もそれぞれ違うので物事に関する考え方や価値観や習慣が
いつでも結婚において摩擦の種となるのです。


しかしそれぞれの違いを克服することができなければ結婚は成功できません。
幸福な結婚、平安な...
結婚、喜び溢れる結婚を体験するには
やはり2人が一つとならなけ
ればならないのです。
だとするとどのようにそれができるのでしょうか。

1.まず相手を自分よりも大切であり、大事であると考えることで
す。
自分が幸せになれることより相手を幸せにすることに力を入れ
ます。
自分の喜びより相手を喜ばすことに集中します。
自分がして
もらうよりも相手に仕えることを強調します。
つまりお互いに犠牲的な愛を示すことです。


2.次に相手をよく観察し深いところまで知ることです。
相手の心
の必要は何なのか。相手の夢や不安は何なのか。
相手の感情をどう
理解したらいいのか。何が相手を喜ばすのか。
このような事を知る
ことが出来るならお互いをより幸せにし、
必要を満たすことができるのです。

3.2人の関係を引き裂くような破壊的な行為をしないことです。
肉体的な暴力はもちろん、言葉の暴力、互いを傷つける言葉や侮辱
などは
絶対にあってはならないことです。
ギャンブルやお酒やその
他の中毒も結婚を壊す結果になりますのであってはなりません。
た性的な、あるいは感情的な不倫、ポルノを見ること、
その他結婚
以外の性的行為や刺激も当然あってはなりません。
お互いに100パーセント忠実であることが重要です。

4.最後に衝突や摩擦や問題をどのように建設的に解決できるのか
を学ぶことです。
誰もが夫婦喧嘩をするものですが、その喧嘩の目
的は何でしょうか。
相手を克服し服従させることでしょうか。
それ
ともお互いが納得できる解決の道を共に求めることでしょうか。
最終的には建設的な解決を見いだすには優れたコミニケーションが必
要です。
怒鳴り合っても、黙り込んでしまっても建設的なコミニケ
ーションは取れません。
そうでなく、相手の言おうとしていることをよく聞き、よく理解することから始まります。


上記のことは基本的なことであり常識的なことでもありますが、
外と実践するには大変な努力を必要とします。
しかし日頃それを実
践することができるようになるとその実は大きいのです。
結論とし
て、2人を一つにするものは結婚にとって良いこと、
2人を引き離すものは結婚にとってよくないこと、これが結婚を成功させる秘訣です。

Photo


2014年8月10日 (日)

受け取り方ひとつ

「いつも幸せな自分でいる」
ことは難しいけれど、
「いつも幸せな自分だと考える」
ことは誰にでもできます。

何を楽しいと感じるか、
それは自分の心で決められます。
何を幸せだと捉えるか、
それは自分の心で決められます。

恵まれているかいないかも、
受け取り方ひとつでがらりと変わります。
  =松浦弥太郎=

Photo_2



優しい言葉をかけて

ある100歳のおばあちゃんの言葉です
「お金もいらない、 着物もいらない、 命だってもういらない
 でもお願い・・・ 優しい言葉をかけてほしい」

100年生きてきて、最後に彼女が欲しかったものは
優しい言葉だったのです
それなら100年も待たないで今日から
周りの人に優しい言葉をかけてみませんか

「あなたに会いたくて来たよ」
「あなたと過ごせて...とても嬉しい」
「あなたといると...とても楽しい」
「あなたで...本当によかった」
「すべてあなたのおかげです」
「本当にいいお仕事、していますね」
「うわあ!すごい!!よくできたね」
「どうすれば あなたのようになれるかな」
「嬉しい!でも頑張りすぎないでよね」
「すごく美味しい!おかわり!」

どれも何気ない一言ばかりです
それで相手の気持が癒されるのなら、どんどん口にしたいですね
そしてもっといいことに、それを言っている自分自身が
実はどんどん輝いていきます
優しさという心の筋肉が強く大きくなっていくのです

Photo



2014年8月 9日 (土)

どちらも甘え

あなたの気持ちはわかります、と言えば、
わかるものか、とあなたは怒鳴る、

わからないと言えば、
どうしてわからないのか、と怒鳴る。

どちらも甘えです。
静かに話し合うという
忍耐心が私たちには必要なのです。
 (三浦綾子『ナナカマドの街から』)

Photo_2


深い感謝の思い

  【深い感謝の思い】

つきあいが親しくなったり、長くなったりすると
そばにいて協力してくれる人達のことを

あたりまえのように感じてしまいがちですが
人は誰でも、一人で成功できたわけではありません

何か自分で出来たとしても
それをいかす場所や場面を与えてくれた人や
チャンスをくれた人や
そのことを広めてくれた人や
それを求めてくれた人達がいてくれたからこそ
成功につながったのです

だから、そういう人達のことを
あたりまえのように感じてはいけないのです

最後の最後までうまくいく人は、
かかわる人すべてに深い感謝の思いを持っているものです
『あなたがいてくれるおかげです。ありがとう。』

Photo



2014年8月 8日 (金)

問題に直面したときは

もし現実に何かの問題に直面したときは
それに全力であたって解決すればいいんだ。

起きもしない事を心配しながら生きていくのが
賢明なことだと思うのかい?

この「いま」という瞬間を、
こんな美しい夜をじゅうぶん満喫しなかったら、
それこそなんとおろかなことだろう…。

どうして、じっさい起こりもしないことに頭を悩ませて、
現在を犠牲にしなくてはならないんだい?
 =エンリケ・バリオス=  「アミ 小さな宇宙人 」より

10593004_685062508216419_5898256485



一瞬一瞬を大切に

山伏という山中で修行をする修験道の行者と、
一休さんでおなじみの一休禅師が、
験比べ(げんくらべ)をしたときのお話です。
験比べというのは、修験者が修験の程度を競うこと。
以下、「じたばたしても仕方ない」ひろさちや 著(実業之日本社)よりご紹介します。

まず山伏は、きゃんきゃん吠えている犬を呪文でもって鳴きやめさせようとします。
けれども、いくら呪文を唱えても、犬は鳴きやみません。
次は一休禅師の出番です。
彼は持っていたおにぎりを犬にやります。
すると犬は、たちまちおとなしくなりました。

そこで山伏は、こんどは燃えている火を呪文で消すことにしました。
でも、山伏がいくら呪文を唱えても、火は消えません。
ところが一休禅師が、その火にじゃあと小便を引っかけました。
もちろん、火はすぐに消えてしまいました。

「じたばたしても仕方ない」
深いです。

お釈迦様が、疲れ切った様子の苦行者にであったとき、
何年苦行をしているか聞きました。
その苦行者は25年と答えました。
その結果、何を得ることができましたか?と聞くと、
「水の上を歩いて渡れるようになりました」と答えます。

それを聞いて、お釈迦様はこう言いました。
「あなたは馬鹿ですね。何も25年も修行をしないでも、
船賃さえ払えば、船頭が向こう岸に渡してくれるでしょうに・・・」

この本には、死の恐怖を克服しようとすることと、
呪文で火を消そうとすることは同じだとあります。

仮に、25年修行をしたら死の恐怖を克服できるとても、
そのために人生の25年を使うのはもったいないですね。
理由があって、25年間さえも生きられない人だっているんです。

呪文で火は消せないし、呪文で犬を黙らすこともできない。
死の恐怖だって、みんな恐いし、こわくない人なんていない。
だったら、こわいまま生きれば良いし、
だからこそ今を大切にできるのではないでしょうか。

諸行無常
この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、
一瞬といえども存在は同一性を保持することができない。
変わらないモノはない。

出会いには必ず、別れが訪れる。
だからこそ、目の前の人を、今を、この一瞬一瞬を大切に


2014年8月 7日 (木)

そこにただいるだけで

あなたがそこにただいるだけで、
その場の空気が明るくなる。

あなたがそこにただいるだけで、
みんなの心がやすらぐ。


そんなあなたに私もなりたい。
 ー 相田みつを  ー

Photo



信用を得る方策

  【信用を得る方策】  植西聰氏
『正直に生きている人が得をする』
〈失敗はごまかすよりも、正直に言ってしまうほうがいい〉

自分自身に後ろめたい思いがある時には、
「正直に報告しなければならない」という気持ちに、
どうしてもブレーキがかかってしまうものです。
「友人から借りていた本にコーヒーをこぼしてしまい、本にシミを作ってしまった」
「仕事でミスをした。そのために仕事仲間に迷惑をかけることになりそうだ」
「ついウソをついてしまった。でも、いつまでもウソをつき通すことはできそうもない」

「公園の遊具を過って壊してしまった。黙っていれば自分がしたとはバレないが、
どうすればいいのだろう」
この人たちの心には、「正直に報告してしまったら、きっとひどく叱られるだろう。
罰を受けることになるかもしれない」という恐怖心が働いてしまうのでしょう。
その恐怖心から心にブレーキがかかってしまって、「どうにかごまかせないか。
それとも知らんぷりをしていようか」などと考えてしまいます。

しかし、それは誤解ではないでしょうか。
正直に報告してしまうことで、叱られるどころか、
かえって「よくぞ正直に言った」とほめられることも多いのです。
自分の非を隠そうと思っても隠しおおせるはずはありません。
いずれ発覚してしまいます。
その時が来るまで報告していなかったり、ごまかしたり、
ウソを言っていたことが発覚してしまうほうが、よほどこっぴどく叱られる結果を招きます。
そのために自分の立場をいっそう悪くし、大きな罰を与えられることになるようです。

次のような昔話があります。
江戸時代のことです。
武蔵国忍(おし)藩(現在の埼玉県)に松平信綱という殿様がいました。
信綱は子供の時に、江戸城内の屋敷の中で遊んでいる時に、
過って大切な屏風(びょうぶ)を破ってしまいました。
そこへたまたま徳川将軍が通りかかりました。

将軍は「この屏風を破ったのは誰だ」と、ひどく怒り出しました。
信綱は正直に答えればもっと怒られるだろうと恐れましたが、
勇気を出して「私がやりました」と告白しました。
すると将軍は怒った顔を和らげて、
「よくぞ正直に申した。立派なやつだ」と、信綱をほめたのです。
それ以降、信綱に目をかけ、出世の面倒を見てやったのです。

現代のビジネス社会でも、不祥事を起こしたものの、それを公表するのが遅れたり、
世間から隠そうとしたために激しく非難される経営幹部がいます。
そのために信用を失って、会社の業績が傾いてしまった、というニュースもよく聞きます。
もしもっと正直に、もっと早く、自分の非を世間に公表していたら、
損害も少なくて済んだのではないかと思わせる事件も少なくはありません。
ミスや失敗は正直に早く報告しましょう。
それが信用を得る方策です。
  『心にブレーキをかけない生き方』PHP研究所

ちょっとした小さなウソも、それを積み重ねていると、
時間がたてばたつほど、後でにっちもさっちもいかなくなってしまう。
一つのウソのつじつまを合わせるために、また別のウソをつかなければいけないからだ。
しかし、本人はごまかしているつもりでも、
周りのほとんどの人は途中からそのウソに気付く。

「誠実さ」、という言葉がある。
ウソをつかない、ごまかさない、守れない約束はしない、
責任感がある、卑怯(ひきょう)なことをしない、正直である、というようなことだ。
ウソをついて真実から逃げれば逃げるほど、真実からは追いかけられる。
非を認めることは、早ければ早いほどいい。
正直という誠実さを貫くには、勇気がいる。
正直に生きれば、信用が得られる。


2014年8月 6日 (水)

元気を出しなさい

元気を出しなさい。
今日の失敗ではなく、
明日訪れるかもしれない
成功について考えるのです。
 (ヘレン・ケラー)

Photo



ディズニーは4つのCで夢を叶えた

あなたはこれまで何度の失敗を経験しましたか?
もし、一度も失敗をしたことのない人がいたら
それは幸運な人だと言わなければなりませんね。

でも、本当は不運な人でもあります。
それは学習と挑戦の機会を受け取れなかった人でもあるからです。
人生に不可欠なもの。それは成長です。

もしかすると、その成長に必要な学習は失敗から得るところが
一番大きいのかもしれません。
失敗のない人生=成長のない人生、
成長のない人生は充足感のない人生です。
どんな偉大な業績をつくろうと、どんな成功を収めようと、
そこに充足感がなければ意味はない。

私たちが人生で求めているのは、成長です。
成長に不可欠な学習こそが失敗と呼ばれる経験からですね。
でも、あなたは失敗を恐れているかもしれません。
誰でも進んで失敗しようとする人はいません


しかし、そもそも失敗とは何でしょう?誰が決めたのでしょう?
赤ちゃんの世界に「失敗」という概念があるでしょうか?
あなたも歩き始めた時何度も転んだはずです。
でも、あきらめずに何度も何度も挑戦したはずです。
思い出してください。あの時の自分を。
あの頃の私たちには失敗というものはありませんでした。
いつの間に私たちは失敗を覚えたのでしょうか?


本当はこの世の中に失敗というものは存在しません。
はじめからないのです。
もう、この言葉を脳から消去しましょう。
私たちの辞書には、「成功」と「学習」という文字しかないのです。

アニメーターで実業家のウォルトディズニーは9回も自己破産しました。
それでも大人も子供も楽しめる幸せな場所を創りたいと夢を描き
その夢を企画書にして銀行に持って行きます
どこもすべて拒絶され、つににその回数は302回。そして、55才
ついに「ミッキーマウス」をキャラクターにしたディズニーランドを創ったのです。

彼の辞書には「破産」という文字もありませんでした。
彼は教えてくれます、夢をかなえる彼の辞書には4つのCがあると
それは「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」です。

あなたの人生に失敗は起こりません。失敗など存在しないのですから。
あなたは学び、成長し次の挑戦に集中しましょう。
自信を持って進み、歩み続けてください。


2014年8月 5日 (火)

言葉に救われる

「話聞くよ」って言われると気持ちが軽くなる
「大丈夫?」って聞かれると涙が止まらなくなる
「頑張れ!」って言われると一人じゃないことに気付く
「また明日」って言われると明日が楽しみになる
言葉に振り回されて傷つく事もあるけど

言葉に救われて元気がでることのほうが圧倒的に多いよね
  
心惹かれる感動 より

Photo_2



人はそれぞれちがっていいんだよ

  「人はそれぞれちがっていいんだよ」 
私は、三歳のころからまゆ毛まつ毛もありません。
免疫しっかんによる脱毛症というびょう気だそうです。


月に1回びょういんに通っています。
お父さんとお母さんは、わたしのびょう気のためならなんでもしてくれます。
高いかつらも買ってくれました。
でも、わたしは「どうしてみんなとちがうのかな。
なぜみんなはかみの毛があるのかな」と思いました。

この間、きゅう食のときに、クラスの友だちから「毛なし」と言われました。
クラスの友だちからそんなことを言われたのは、はじめてでした。
わたしは、びっくりして何と言ったらよいかわかりませんでした。

そのとき、近くにいた友だちが
「そんなこと言ったらいけないよ」と、かばうように言ってくれました。
わたしは、いやなことを言われたのはかなしかったけど、
友だちがかばってくれたことがうれしかったです。

このことがあったあと、クラスのみんなで話し合いました。
ななこちゃんが「バンダナをかぶってても、みくちゃんはみくちゃんだ」と言ってくれました。

あみちゃんは「ほいくえんのときから、
やさしくしてくれたからうれしい」と言ってくれたことが、うれしかったです。

先生は「かみの毛があってもなくても、
みくちゃんはみくちゃんだよ」と、言ってくれました。とても、うれしいです。


先生が「みんなちがってみんないい」という
童謡詩人、金子みすゞの詩のお話をしてくれました。
先生が「いろんな人がいるんだよ」と言いました。
わたしは「みんなとちがってもいい。自分は自分だ」と思いました。
手や足がなくても、人とおなじじゃなくてもいいということです。

「なぜかみの毛がないの」と言われてもわかりません。
なりたくてなったわけではないからです。
かみの毛がなくてもわたしはわたしなのです。
でも、三年生になったら、ぜったいなおりたいです。

もしも、ほかの人が、気にしていることを言われたり、さ
れたりしているのを見たら、
わたしもたすけてあげようと思います。
「そんなことはやめて。人はそれぞれちがっていいんだよ」と。

平成18年、大分県川崎小学校二年生の阿部未来(みく)
ちゃんが、
児童作文コンクールで最優秀の県知事賞を受賞しました。
その作文です。

Photo


2014年8月 4日 (月)

前に進もう

失敗して、
考え悩むこともあるだろうけど、
立ち止まっていてはいけない。

一気に100メートルも進まなくていい。
1センチでもいいから前に進もう。

過去のことなんてどこかにしまって、
今をしっかりと歩むことが大切だ。
  ー 三浦知良(カズ)ー

Photo



クッキー泥棒

   「クッキー泥棒」
女が一人夜の空港で待っていた。
飛行機が出るまであと、数時間。
女は空港の売店で本をあさり、クッキーをひと袋買って、腰をおろした。

夢中になって本を読んでいるうちに、ふと気づけば横にいる男が、
こともあろうに、二人の間に置いた袋から、クッキーをつまんでいる。
女は騒ぎを起こすのがイヤだったから、知らんぷりを決め込んだ。
女は本を読み、クッキーをかじり、時計をみていたが、
呆れたクッキーどろぼうは、クッキーをどんどん食い荒らしてくれる。

刻々と時間がたつにつれ、女のいらいらはつのるばかり…
私がこんないい人でなきゃ、ぶんなぐってやるわ。
女がクッキーを一つとれば、男もまた一つ取る。

最後の一つが残ったけど、この男はいったいどうする気だろう?
男は、頬をゆるめ、わざとらしく笑うと、最後のクッキーを手に取り、二つに割った。
その一つを女に差し出し、残りを男は食べた。

女は男からクッキーのかけらをひったくると、内心思った。
「ああ、なんてやつ。この厚かましき、この恥知らず、一言のお礼も言わないなんて!」
こんなに腹が立ったのは、生まれて初めてだわ。

出発便が呼ばれたときには、ほっと安堵のため息が出る始末。
荷物をまとめて、ゲートに向かい、
「恩知らずのどろぼう」には目もくれずに立ち去った。
女は飛行機に乗り、座席に身を沈め、やおら本を捜した、あともう少しで読み終わるわ。

荷物をまさぐった女は、驚いて息をのんだ。
なんと、自分が買ったクッキーがある!
「私のクッキーがここにあるなら…」
うちのめされて彼女はうめいた。

「あれはあの人のだった、それを私に分けてくれた…」
謝ろうにも手遅れだと、女は悲しみに身もだえた。
自分こそ、恥知らずの、恩知らずの、どろぼうだった。
  「心のチキンスープ3」  ダイヤモンド社より

この女性の、自分が与えているときと、
与えてもらっていたことに気付いたときの“心の持ちよう”が面白いですね。
人は気付かないうちに、多くのモノを与えられているかもしれない。
けれど、それに気付かず、怒りさえ覚えている人もいる。

でも、よく考えたら分かることです。
たくさんたくさん与えられて生きているという事実に。
だからこそ、そんな恩に少しでも気が付ける人でありたいですね
貪ったら終わりです。

してもらって当たり前、恩も感じず感謝もできない人に、人もお金も寄りつかないでしょう。
当たり前や、馴れに気をつけていきます!!
今日の話が、皆様のお役に立てれば幸いです


2014年8月 3日 (日)

沢山恋をして

沢山恋をして、
別れて、削られて(傷ついて)、
でもその中で、人を知り、
自分を知ることができます。

誰かに恋をすることで、
泣き、笑い、喜び、怒り、悲しみ、
つまり喜怒哀楽の全てを体験できるのです。

私達は感動するために、
この世に生まれてきました。
恋をするとは、感動することです。
 =江原啓之=

Photo



「よかった…」とつぶやく

  【「よかった…」とつぶやく】  
どんなことを言う場合も、まず、「よかった」と心の中でつぶやいてから、
言葉を続けるクセをつけてみよう。

会社のお茶の時間。
うっかり、お気に入りの茶碗を割ってしまった。
そんな場合、いままでだったら、「ったくぅ…!せっかく京都に行ったときに買ったのに」
なんて嘆き節が先に口から出て、たちまちストレスの固まりと化していたところだ。

だが、まず、「よかった…」とつぶやくと、
「落として割ったのが、自分の茶碗で本当にラッキー。
課長のだったら、平謝りに謝らなければならないところだったわ」
と胸をなでおろしたりして、気持ちはスーッと楽になる。

Hさんは新米の営業マン。
いまどきの若者によくあるタイプで、
つい本音が口をすべって出てしまい、得意先でも失敗が多かった。
だが、ある本で、この「よかった…」戦術を見て、さっそく実行してみることにした。

あるとき、かなりいい線まで攻めていた商談が、最終段階でオシャカになってしまった。
しかし、Hさんは、すぐに心の中で「よかった…」とつぶやくと、得意先に向かって、
「おかげさまで本当によい勉強をさせて頂きました。ぜひ、再挑戦の機会を与えてください。
今回の経験を生かして、
次回はきっとご満足の頂けるプランをご提示できるようにがんばります」
と心の底から自然に言うことができたのだ。

作り事や口先だけではなく、心の底から出たこうした言葉は相手の胸にもストレートに響く。
Hさんに好印象を持った先方は、ほどなく次回の商談を、Hさん名指しでもちかけてきた。
このように仕事がうまく進みだせば、Hさんのストレスは、もちろんぐっと小さくなる。
「よかった…」戦術は、意外なほど効用があることがわかるだろう。
   『プチ・ストレスにさよならする本』PHP文庫

イヤなことがあったとき、
まず、「最悪…」とつぶやくと、次から次へと最悪なことが思い浮かんでくる。
しかし反対に、「よかった…」とつぶやくと、よかったことを次々と探し出せる。
つまり、人の脳は、グーグル検索のように、
その言葉に見合った現象をいくつも探し出してくる。

元来、物事には常に二つの面がある。
表と裏、光と影、良いと悪い、幸せと不幸、楽しいと苦しい、ポジティブとネガティブ…
どちらの面を見るかは、その人の日ごろの考え方や習慣によって決まる。
見方のクセだ。
どんなときも、「よかった…」とつぶやくことから始めたい。


2014年8月 2日 (土)

臨時休業

本日 夫婦喧嘩のため

臨時休業
いたします

嫁さんの機嫌がなおりしだい開店します

Photo

なんだかほのぼのした



フロイトの話

   【フロイトの話】  
1939年にフロイトが亡くなりましたが、晩年にこのようなことを言っています。
「自分たちの時代の以前に、“幸せ”とか“不幸”を論ずる人はいなかった。

“幸せ”や“不幸”というものを人々が口にするようになったのは、
自分たちの時代くらいからだ。
その前の人は、全く口にしていないし、話題にもしていない」
フロイトの時代以前は、
人間の心の中に、幸せと不幸という概念が湧いてきていなかったのです。

どうしてかと言うと、情報通信が発達していなかったので、
他人がどういう暮らしをしているかを、知るすべがなかった。
周りの人がどういう生活をしているかを知らなければ、
皆それぞれ、嫁さんをもらって、子供をつくって、家族で普通に食事をして…
というように自分の生活をしていた。
それを幸とか不幸とか言わなかった。
それが、普通の人の生活だったのです。

それが、ラジオや画像として情報が入ってきたり、新聞などでそれぞれの生活がわかるようになって、周りの人と比べるようになった。
比べるようになった結果として、幸せ・不幸という考え方が論じられるようになったのです。
幸せや不幸というのは、全部人との比べ合いから始まっている、ということです。

ここのところがかなり面白い。
幸・不幸というのが、宇宙的に存在しているわけではない。
比べる心、競う心、戦う心、争う心から全部始まっている。
それをやめればいい。
そしたら、いきなり幸せが手に入るということです。
  『心がなごむ秘密の話 力を抜いて生きる実例集』 宝来社


嫉妬も、不満も、グチも、すべては他人との比較から生まれる。
しかし、情報化社会はどんどん進み、他人の情報はもっとわかるようになり、
比較するすることはますます増えている。
そうして、年を追うごとに世の中に、嫉妬や不満やグチが渦巻くことになる。


比較しない唯一の方法は、ボーっとすることであり、力を抜いて生きること。
つまり、鈍(にぶ)くなることだ。
時に、間が抜けていたり、不器用だったり、バカになれたり、と自分を飾ることがない。
鋭(するど)すぎる人は、人から好かれない。
すぐに、イライラしたり、ピリピリしたりしてしまうからだ。
他人と比較しない人でありたい。
  小林正観


2014年8月 1日 (金)

泣いても一日

泣いても一日
怒っても一日
悩んでも一日
どうせ同じ一日なら
思いっきり笑って一日
それがきっと幸せへの
いちばん近道だね♡

Photo_2



幸せは思い通りにいかない中にある

「幸せは思い通りにいかない中にある」  菅野直基 (出前牧師 カンちゃん)

「この人さえいなければ!?」「この夫(妻)さえいなければ!?」「この病気さえなければ!?」
「この借金さえなければ!?」「あの上司さえいなければ!?」
思い通りに行かないと、「コレさえなければ幸せなのに!?」
と考えてしまうことはないでしょうか。


でも、そう考えている限り、幸せはいつまでたってもあなたのもとには来ません。
モーリス・メーテルリンク(Maurice Maeterlinck, 1862-1949)作の「青い鳥」は、
2人の兄弟であるチルチルとミチルが、
幸せの象徴である青い鳥を探しに行くけれど、
青い鳥はどこか遠くではなく、最も手近なところにいたというお話です。

本当の幸せは、思い通りに人生がいくところにあるのではなく、
「コレさえなければ!?」という、悲しみやつらい経験の中で
「すばらしい何か」を見つけ出して行くことにあるのではないでしょうか。

思い通りにいかないできごとは、それを拒絶するためにあるのではなく、
それを受け入れるためにあるのです。そこに青い鳥が隠れているからです。
だから、もう、「コレさえなければ!?」と思わないで、
「コレ」と共に生きていく人生を選び取っていきましょう。

聖書は、「曲がっていないものを、まっすぐにはできない。
なくなっているものを、数えることはできない。」(伝道者の書1:15)と語ります。

曲がっているものを、「まっすぐであればいいのに!?」と考えたり、
なくなったものを数えて「ないものねだり」をするのではなく、
現状を受け入れ、感謝することです。

現状が完全ではないからこそ、
理想を追い求め、希望を持ち、夢を追いかけて行くのです。
その人生のプロセスの中に幸せの青い鳥と出会えるはずです。
青い鳥は、あなたの最も近くにいるかも知れません。

良い一日でありますように。


Photo


 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »