2018年10月15日 (月)

ありがとうは奇跡の言葉

ありがとうは
奇跡の言葉
口に出せば
元気が出る
耳に入れば
勇気が湧く
毎日が
ありがとうの
言葉に出会えたら
元気と勇気の
人生になれる


Photo_2

不幸が幸せに変わる

 【 『不幸が幸せに変わる』コペルニクス的転回 】  菅野直基 (出前牧師カンちゃん)

「この病気さえなければ・・・」「あの人さえいなければ・・・」「借金さえなければ・・・」と、
思い通りにいかないことがあるものです。
そんな時、「これさえなければ幸せなのに!?」と考えてしまうことはないでしょうか?
そう考えている以上、幸せは永遠にあなたのところにやって来ません。
本当の幸せは、思い通りにいくか、いかないかを超えたところにあるからです。
人生につらく悲しいことが起こるのは、そのただ中でより素晴らしい何かに出会うために起こるのです。

聖書は、「神様があなたの病気をいやして下さる」と約束しています。
しかし、病気のいやしには、他の種類のいやしもあるのです。
例えば、「時間をかけて病気がいやされていく」いやし。
さらに、病気はいやされなくても、「病気にならなかったよりも良い人生を生きられる」といういやしです。
健康で、五体満足なのに、不平不満を並べて生きている人を、あなたも知っているのではないでしょうか
しかし、病気であり、体に障害を負いながらも、幸せに生きている人もいます。
そういう人は多くはないけれど、確実にいます。

クリスチャン作家の三浦綾子さんは、生涯、病気と共に生きた人です。「病気は宝である」と言いました。
クリスチャン詩人・画家の星野富弘さんは、「神様が健康な体に生まれ変わらせてくれるとしても、
私はお断りします。なぜならば、今のままで十分幸せだからです」と言いました。
このお二人の話を聞いただけでも、「これさえなければ幸せなのに!?」
という考えが間違っていることがわかります。
むしろ、「これがあるから幸せ!」という世界があることを教えてくれています。

マンガの「天才バカボン」の口ぐせに、「これでいいのだ!」というのがあります。
「これさえなければ~」と思う出来事に対して、「これでいいのだ!」と語りかけてみてください。
さらに、「これでいいのだ!」から、「これがいいのだ!」と言い換えて下さい。
そして、もっと進んでいくと、「これが最高なのだ!」に変わります。
これは、天と地がひっくり返るようなできごとです。
それを、コペルニクス的転回と言います。
あなたに取って「これさえなければ~」と思っていたことが、「これでいいのだ!」⇒「これがいいのだ!」
⇒「これが最高なのだ!」と、まったく変わってしまうんですから。

幸せな人が幸せなのは言うまでもありませんが、「不幸だ!」と思っていた人ほど、
大逆転して、これ以上ない幸せ者になれるのです。
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」 (ローマ8:28)
今日も、ステキな一日でありますように。


Photo

2018年10月14日 (日)

この世が喜びばかりなら


もしも、この世が喜びばかりなら、

人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。

 ヘレンケラー

Photo_2




身に起こる10%はコントロールできないが

  「身に起こる10%はコントロールできないが...」 アカデミー学院 学院長 舟田 譲二
「人生は、あなたの身に起こる10%と、それに対してあなたがどう反応するかの90%で成っている」
--チャールズ・R・スウィンドル、キリスト教牧師・作家・教育者・ラジオ伝道者 (訳 舟田譲二)

過去50年間でもっとも影響力のあった全米の牧師トップ25人のひとりに数えられている著名な牧師、
それがチャック・スウィンドル師です。
上の彼の名言はとても有名です。

私たちは好むと好まざるにかかわらず、
この世に生きている限り誰でも自分の身に起こる様々な出来事に翻弄(ほんろう)されます。
愛する家族の死や、経営している会社の倒産、会社を首になる、失恋、家事や地震・洪水などの災害で家や財産などすべてを失う、ガンになり余命宣告を受ける、難病にかかる、子どもが重大な事件を起こし有罪判決を受ける、家族が事件に巻き込まれ殺される等々。

私たちはこれらを他人事のように思っていますが、毎日新聞やテレビを賑わすニュースは、
どこの家にも起こり得ることです。
そして、これらの出来事に潰されてしまって病気になったり、あるいは中には自殺する人さえいます。

しかし、考えてみたら、このような出来事はどこの家にも起こっていることでありながら、
みんながみんな潰されたり自殺したりしているわけではありません。
ほとんどの人が、何とかこれらの災難をくぐり抜けて生き続けています。

つまり、これらの出来事が起こっても、それにいかにして対処するかが問題だということです。
スウィンドル師が言うように、
「人生は、あなたの身に起こる10%と、それに対してあなたがどう反応するかの90%で成っている」
10%は私たちにはコントロールできないこと、どうしようもないことです。

しかし残る90%は私たちがコントロールできる部分、すなわち起きた出来事に対する対処の仕方です。
<このことを覚えておくと、これから先の人生で必ず遭遇する上のような人生の荒波、
試練に対してそれを乗り越える知恵と力が与えられます。




2018年10月13日 (土)

後悔は

後悔は
「過去」を変えようとすること

反省は
「未来」を変えようとすること

Photo_2



人は4つのことで変わる

【 人は4つのことで変わる 】

「感謝」
感謝をするようになると、毎日が楽しくなります。
自分だけではなく、
周りの人も幸せにする力を持っています。
感謝のあるところに、
人の信頼関係が生まれます。

「感動」
感動すると、人は動きます。
それは、感動が理性ではなく
魂に響くからです。
感動の多い人は、人に好かれます。
感動は、感じたままに動く人によく起こります。

「涙」
涙は、どんな苦しみや悲しみも
浄化してくれます。

涙を流すと、心が晴れてきます。
感情は、形にすると解消されます。
涙は、もっとも純粋で高貴なストレス解消法です。

「喜び」
喜びこそが、エネルギーです。
本当の喜びとは、一人で味わうものではありません。
みなと共感する時、大きな喜びが生じます。
その為には、人を喜ばして下さい。
人を喜ばす喜びを知った人は、
幸せな人です。

Photo



2018年10月12日 (金)

心が疲れたとき

心が疲れちゃったり、
もうだめって思った時、
ゆっくり休んだ方がいい。
休むことにネガティブな発想を
持たなくていいよ。
前に進むことだけが
大切じゃないもの。


Photo_4


苦しいから逃げるのではない

苦しいから逃げるのではない。
逃げるから苦しくなるのだ。
- ウィリアム・ジェームズ -

誰だって何もかも投げ捨てて逃げ出したくなることはあります。
それは受験生でも社会人でも、子供でも大人でも同じ。

苦しみから解放されたくて逃げ出そうとするのですが、
逃げたとしても、その苦しみが消えることはありません。
一度逃げ出してしまったという過去は、挽回のチャンスを失います。
そのため、苦しみは出口を失い、いつまでも自分の中にとどまり、
消し去ることができなくなります。
そうなると、また同じような状況に陥った時、
自分でねつ造した記憶が「正しいもの」と認識して再び逃げ出します。

さらに、逃げ出すことで後ろ向きな姿勢が増長し、
思考を停止させ、
見解を狭めることになってしまいます

苦しみから逃れるために、自分の記憶をねつ造し続けるような人生、
あなたは送りたいと思いますか?
 出典:Spotlight


Photo_3

2018年10月11日 (木)

死にたいっていう人は

死にたいっていう人は
誰かに止めて欲しい人

人に相談しない人は
みんなに
心配をかけたくない人

いつも笑顔の人は
本当はすごい
悩んでいる人

よく泣く人は
強くなろうと
頑張っている人

いろんな人から
頼られてる人は
たまには誰かに
甘えたいと思っている人

Photo_2






もう一度人生をやり直せるなら

もう一度人生をやり直せるなら・・・
もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対にこんなに完璧な人間ではなく、
もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、
お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら、
春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、
もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・
だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、
もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。
- P.F.ドラッカー 享年95歳 -なら・・・
もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対にこんなに完璧な人間ではなく、
もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、
お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら、
春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、
もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・
だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、
もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。
- P.F.ドラッカー 享年95歳-


Photo






2018年10月10日 (水)

感謝あってこそ

ダントツ優れたスキルを体得。
アッと驚かすノウハウを習得。
成果を作るテクニックを獲得。
例えこれらが出来たとしても
今感謝の心を忘れている者は
最良の結果を得ることはない。

感謝あってこそ生きるスキル。
感謝あってこそ輝くノウハウ。
感謝あってこそのテクニック。
感謝の力は、あらゆる状況を
即座に一変させるほど超強力。

感謝の習慣を身に付けた者は
あらゆる技術を体得した者を
遥かに超えていく結果を生む。
 著 本気で夢を叶える会


Photo_3


祝婚歌

【祝婚歌】  吉野弘
「夫婦という単位でいる時には、あんまり立派な人間にならないで、
おっちょこちょいでいようと、それに尽きる。
誰だって夫婦みんなケンカして、自分で悪いなと思う。
口に出しては言わないが、やっぱり申し訳ない。
そういうふうに立派人間になるのは、よそづらはそれでもいいが、
内づらは自分のおっちょこちょいを認めると、ばかな波風立てなくて済むと。
ただそれだけ言いたかった。」  吉野 弘

  二人が睦まじくいるためには
  愚かでいるほうがいい
  立派すぎないほうがいい
  立派すぎることは
  長持ちしないことだと気付いているほうがいい

  完璧をめざさないほうがいい
  完璧なんて不自然なことだと
  うそぶいているほうがいい

  二人のうちどちらかが
  ふざけているほうがいい
  ずっこけているほうがいい

  互いに非難することがあっても
  非難できる資格が自分にあったかどうか
  あとで疑わしくなるほうがいい

  正しいことを言うときは
  少しひかえめにするほうがいい
  正しいことを言うときは
  相手を傷つけやすいものだと
  気付いているほうがいい

  立派でありたいとか
  正しくありたいとかいう
  無理な緊張には
  色目を使わず
  ゆったり ゆたかに
  光を浴びているほうがいい

  健康で 風に吹かれながら
  生きていることのなつかしさに
  ふと胸が熱くなる
  そんな日があってもいい

  そして
  なぜ胸が熱くなるのか
  黙っていても
  二人にはわかるのであってほしい


祝婚歌の歌   曲・歌・姫路のじろりん
https://www.youtube.com/watch?v=qHdFCz_NF6U 


Photo_2

2018年10月 9日 (火)

幸せは感じるもの

【金八先生の名言】
(1)
幸せになろうと思わないで下さい。
幸せをつかみに行って
幸せをつかんだ人は
1人もいません。
幸せは感じるものです

(2)
道はいくらでもある
でもな、逃げ出せば、
道は1つしかない
「逃げ道」という道だ。

(3)
人生は勝ち負けじゃない
「負けた」って
言わない人が勝ちなのよ

Photo






自分に得になるように考える

 

 【自分に得になるように考える】  斎藤一人さん
人生って、与えられた環境でしあわせになるゲームみたいなものなんです。
だから、相手を変えようとしちゃダメなの。
ポーカーでもなんでも、配られた手にいちいち文句を言ってたら勝てないんだよ。

この世に起きたことは、なんでも自分にとって得になるように考えるの。
自分にとって損なことって絶対、考えちゃダメなの。
自分にとって損なことを考えて得することってないの。

私は中卒だけど、中学卒業して早く社会に出て得だって、自分で言ってるから得なの。
これがもし私が大学を卒業してたら、「やっぱり学歴も大事なんだよ」って言うの。
だって、自分にとって不利なことを言ってもしょうがないから。

会社に行って自分が天国言葉
(ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、ありがとう、ゆるします)をしゃべってると、
「そうじゃない!」って言う人が出てきたりするんです。
そんなとき、
「あの人が私の言うことを否定するからイヤになっちゃう」じゃないの。

サッカーでもなんでも、邪魔が入るから面白いの。
キーパーも誰もいなくて、
「どうぞ、好きなだけ入れてください」とかって言われたら面白くないよね。

自分がいくら正しいことをしていても、それに反対するような人は必ず出てきます。
それは、その人たちがあなたの人生の盛り上げ役だからなんだよね。
だから反対したりするような人に、
「今日も私の人生を盛り上げてくれているな」って思えばいいんです。

なんでも自分の得になるように考えられるのが、得な人生なんだよ。
だから会社に行ったらそういうふうに考えるの。
それで楽しく自分の仕事を終わらせたら、次にまだ終わってない人の仕事を手伝うの。

楽しく生きるとは、楽しいことを考えることなんです。
人に楽しくしてもらおうと思っちゃダメだよ。
楽しいっていうのは、なんにもなくても楽しいの。
なんにもなくても「楽しいなぁ」って言えば楽しくなるの。
それが言霊の現象なんです。
  『変な人の書いた世の中のしくみ』サンマーク出版

自分に得になるとは、悪い出来事が起きてしまっても、
それを自分に良いように都合よく考えるということ。
自転車に乗って転んでけがをしても、「この程度ですんでよかった、自分はついてる」、と。
「自分さえよければいい」、という利己的な考えでは決してない。

誰もが愚痴や泣き言をいいたくなるようなイヤな出来事が起きたとしても、
それを言い方一つ、考え方一つで自分も周りも明るくすることができる。
どんなことが起きても、人生を面白おかしく生きることができる人だ。

「人生は、与えられた環境でしあわせになるゲームのようなもの」
どんなことにも文句を言わず、それを面白がって楽しめる人でありたい。



2018年10月 8日 (月)

習慣を変える

思考、言葉、行動、選択、生活の習慣
この習慣の積み重ねが自分を作ってる。
人のせいにする習慣、快楽を選ぶ習慣・・・
習慣が変わらなければ人や場所を
変えても変えてもだんだん元に戻る。
習慣変えずして、変化一切無し。
未来をより良く変えるには
毎日の習慣を変える他ない。
100時間勉強と100日間努力しても
何か1つでも習慣にしてなければ、
「勉強0、努力0の人」と同じ。
変化を感じたら、習慣が変わった証。

Photo






自分に得になるように考える

  【自分に得になるように考える】  斎藤一人さん
人生って、与えられた環境でしあわせになるゲームみたいなものなんです。
だから、相手を変えようとしちゃダメなの。
ポーカーでもなんでも、配られた手にいちいち文句を言ってたら勝てないんだよ。

この世に起きたことは、なんでも自分にとって得になるように考えるの。
自分にとって損なことって絶対、考えちゃダメなの。
自分にとって損なことを考えて得することってないの。

私は中卒だけど、中学卒業して早く社会に出て得だって、自分で言ってるから得なの。
これがもし私が大学を卒業してたら、「やっぱり学歴も大事なんだよ」って言うの。
だって、自分にとって不利なことを言ってもしょうがないから。

会社に行って自分が天国言葉
(ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、ありがとう、ゆるします)をしゃべってると、
「そうじゃない!」って言う人が出てきたりするんです。
そんなとき、
「あの人が私の言うことを否定するからイヤになっちゃう」じゃないの。

サッカーでもなんでも、邪魔が入るから面白いの。
キーパーも誰もいなくて、
「どうぞ、好きなだけ入れてください」とかって言われたら面白くないよね。

自分がいくら正しいことをしていても、それに反対するような人は必ず出てきます。
それは、その人たちがあなたの人生の盛り上げ役だからなんだよね。
だから反対したりするような人に、
「今日も私の人生を盛り上げてくれているな」って思えばいいんです。

なんでも自分の得になるように考えられるのが、得な人生なんだよ。
だから会社に行ったらそういうふうに考えるの。
それで楽しく自分の仕事を終わらせたら、次にまだ終わってない人の仕事を手伝うの。

楽しく生きるとは、楽しいことを考えることなんです。
人に楽しくしてもらおうと思っちゃダメだよ。
楽しいっていうのは、なんにもなくても楽しいの。
なんにもなくても「楽しいなぁ」って言えば楽しくなるの。
それが言霊の現象なんです。
  『変な人の書いた世の中のしくみ』サンマーク出版

自分に得になるとは、悪い出来事が起きてしまっても、
それを自分に良いように都合よく考えるということ。
自転車に乗って転んでけがをしても、「この程度ですんでよかった、自分はついてる」、と。
「自分さえよければいい」、という利己的な考えでは決してない。

誰もが愚痴や泣き言をいいたくなるようなイヤな出来事が起きたとしても、
それを言い方一つ、考え方一つで自分も周りも明るくすることができる。
どんなことが起きても、人生を面白おかしく生きることができる人だ。

「人生は、与えられた環境でしあわせになるゲームのようなもの」
どんなことにも文句を言わず、それを面白がって楽しめる人でありたい。


2018年10月 7日 (日)

失ってから

『 失ってから 』
失ってから優しさを知り
失ってから必要性を知り
失ってから悲しみを知り
失ってから愛しさを知り
失ってから大切さを知り
失ってから本心を知り
失ってから幸せを知り

いつだって
答えを知るのは
後になってからで

いつだって
答えを受け入れるのは
後になってから。
 
- 名も無き名言集 -

Photo_2






どんな悩みも消し去る「3秒」の方法

 【どんな悩みも消し去る「3秒」の方法】 小林正観
私は、30歳のときに結婚しました。
子どもを授かったのは、33歳のとき。
ようやく授かった子どもに「よろこび」を表す「慶(けい)」のつく名前を用意して、待っていました。
生まれてきた子どもは、「知的障害児」でした。

医師から、「手術をしても、薬を飲んでも、リハビリをしても治りません」と宣言をされたあと、
私の視力から、「色」が奪われました。
その医師を含む部屋中の風景が、モノクロになっていたのです。
白黒だけの世界です。

それから半年間は、視力がモノクロのため、季節感もなくなり、
花の色、緑の色、木の肌の色、人の顔色もまったくわかりません。
窓の外を眺めても、晴れているのか、曇りなのか、雨なのか、見ただけではわからないのです。
当時の私は、苦しみの中にいました。
悩んでいました。
なぜなら、子どもに障害があるという事実を「受け入れることができなかった」からです。

「慶子」が生まれて半年ほどたったある日、
私が目にした新聞記事のひとつに、次のようなことが書いてありました。
「新生児の600人に1人は、障害を持って生まれる。
ということは、将来、自分の子どもが障害児として生まれてくる可能性がある。
そのときのための心構えを持っていたほうがよい」
私は、この短いコラムを読み終えたあと、こう思いました。

「慶子ちゃん、うちに生まれてきてよかったね。600人に1人、障害児として生まれてくるのであれば、
慶子ちゃんは、どこかの家を選んで必ず生まれなければならなかった。
そのときに、小林家の両親を選んだというのは、ものすごくよい選択をしたと思う。
私は障害がある子をいじめたりしないし、私の妻もやさしい人だから、差別をしたりはしない。
慶子ちゃんは、そういう両親を選んで生まれてきたんだね」

そう思った瞬間、失っていた視力の「色」が戻りました。
風景に色が付いたのです。
私自身が「障害」や「障壁」だと思っていた大きな悩みは、「私の認識だけの問題」でした。
「慶子ちゃん、よかったね」と受け入れた瞬間に、その問題は消滅したのです。

生まれてからわずか半年後に、慶子は私に大きなことを教えてくれました。
「悩み・苦しみは、目の前の現象を否定し、受け入れないところから生じている」

私たちが、目の前に起きている現象を受け入れれば、悩みも、苦しみも、存在しません。
私自身が慶子に対して、「この子はこれでいい。この子はこれで十分に幸せではないか」
と受け入れた(感謝した)瞬間、私の悩みはなくなりました。
どんな悩みも消し去る「3秒」の方法があります。その方法とは、

● 1秒目…過去のすべてを受け入れること
● 2秒目…現在のすべてを受け入れること
● 3秒目…未来のすべてを受け入れること

これで終わりです。
自分に起きたことやこれから起きることは、すべて自分が成長するために必要だと思うこと。
目の前の状況を受け入れれば(感謝できれば)、悩みも苦しみもなくなって、
ラクに生きることができるでしょう。
  『ありがとうの神様』  ダイヤモンド社

舩井幸雄氏はこう語る。
『人生の悲喜こもごもさまざまな出来事は、実はすべて必要で必然です。
ですから目先の出来事の一つひとつについて、
安易に正誤や善悪、幸不幸などの二元的な判断を下さないほうがいいようです。
楽しいこと、喜ばしいことはともかくとして、
悲しいことやつらいことを必要、必然とはなかなか思いにくいものです。
しかし、生起した時点ではその意味がよくわからなくても、まず素直に受け入れ、じっくりと考えて、
その後の事態の進展を注意深く観察すれば、それがいかに必要だったか、
ベストだったかが必ずわかるはずです』(未来を変えるクセづけ―舩井幸雄の金言集)より

目の前に起きている現象がすべて、必要であり、必然だと思えたら、
悩みや苦しみから遠ざかることができる。
そして、それが感謝できるレベルにまでなれば、人生はもっとラクに生きられる。

生まれ変わり(輪廻)の考えでいくと、この世に生まれるとき、自分の人生は自分で決めるという。
自分で両親を選び、自分で人生の脚本を書き、自分でそれを演じる。
だから、目の前に起こる困難も、嫌なことも、全部自分が設定したもの。

目の前に起きている現象を、淡々とすべて受け入れる人間でありたい。



2018年10月 6日 (土)

人づき合いの秘訣

『人づき合いの秘訣』
人間関係で一番大事なのは、
腹八分ではなくて腹六分。

夫婦、恋人、親子、仕事関係、
すべて腹六分でお付き合いを。
親しき仲にも礼儀あり。
 - 美輪明宏 -

6






園長先生の後ろ姿が忘れられません

 【園長先生の後ろ姿が忘れられません】
24歳で結婚、姑とのいさかい、夫の暴力や浮気などに耐えられず、31歳で離婚しました。
小学1年生と生後10ヵ月の娘二人を連れて…。
慰謝料も養育費もなく、厳しい経済状態のスタートでした。

当然、私は働かなくてはいけません。下の娘を保育所に預け、知人の紹介で営業の仕事をすることに。
私が仕事に慣れても、娘は毎朝、私を追って泣きました。
子供の方が順応性があるだろうという予想とは逆に…。
私は心のうちで何度もわびました。
娘たちからは笑顔がなくなり、下の娘は言葉を教えてもしゃべりません。
私もストレスのせいか、肺炎、肝臓病、ウイルス性の高熱と、三度の入院を繰り返しました。
この現実をどうしたものか、悩みは深まるばかり。

そんなとき言葉をかけてくださったのが園長先生でした。
先生は50代の女性で、私の話を真剣に聞いては、親身にアドバイスしてくださいました。
「エミちゃんも頑張っているんだから、 お母さんも頑張らなくっちゃね」
仕事柄、車で移動していて迎えの時間に間に合わないこともあります。
そんな時は電話で、「延長保育お願いします」と連絡していました。
すると保育士さんたちはみな同様に、「お母さん、エミちゃんは大丈夫ですよ。
 それよりも、ゆっくりでいいから運転、気をつけてくださいね」と答えてくれました。

ある日、仕事でアクシデントがあり、保育園に着くのが夜の8時になってしまいました。
「どうしよう、どうしよう」と園内を走ると、保育園の窓の明かりは、ほとんど消えています。
玄関で「すみませ~ん」と声をかけても人の気配はありません
静まり返った園舎の二階のほうから、かすかに歌声が聞こえます。
急いで靴を脱ぎ、二階に行きました。
子供たちが忘れていったものを洗って干している園長先生の後ろ姿が目に飛び込んできました。
背中には、私の娘をおぶって子守唄を歌っています。時おり、娘のお尻を優しくトントンしながら。
私は声もかけられず、深く頭を下げました。

自分だけがつらいと思ったり、忙しさにイライラしたり、そんな私に母親としてのやさしさ、
子を慈しむ心を思い出させてくれました。
「アラッ」私に気づいて園長先生は「お帰りなさい。遅くまでご苦労さまでした」
といつもの言葉をかけてくださいます。
「遅くなって申し訳ありません」と言うと、
「エミちゃん、今日もおりこうさんだったのよね~」と娘に語りかけられました。

先生にも家庭があり、帰りを待っている家族がいます。
私と娘のせいで遅くなってしまったことに申し訳なさや感謝の気持でいっぱいに。
言葉にできぬ思いが涙となってあふれてきます。
すると、
「エミちゃんは泣かないで待っていたのに、 お母さんが泣いたらおかしいね」
と、優しいまなざしを向けてくださいました。

笑わない、しゃべらない、病気がちだった娘は、
明るいおしゃべり好きな、元気な子になって卒園しました。
愛情だとか人の情けなど、忙しくて考える余裕すらなかった私はあの夜、
失ってはいけない「優しい心」、忘れてはならない「家族への思い」を
大切にしようと心に決めました。

Photo






2018年10月 5日 (金)

近くを見るから船酔いする

近くを見るから船酔いする。
100キロ先を見てれば
景色は絶対にぶれない。
ビジョンがあれば、
少々の嵐にもへこたれない。

 ー孫 正義ー

Photo_2






ありがとう階級

 【ありがとう階級】
誰かに何かやってもらう時
ありがとうと
言うのが初級

いやなこと くるしいとき 病気さえも
ありがとうと
言えるのが中級

何もないふだんの生活にも
ありがとうと
言い続けられるのが上級

----------------------------

今日は、敢えて そして頑張って
”ありがとう”を言ってみませんか。

次第に頑張らなくても自然と
”ありがとう”が出るようになるかもしれませんね。


Photo





2018年10月 4日 (木)

幸せの処方箋

『 幸せの処方箋 』

ゆるすことは 
幸せになるための処方箋
ゆるさないことは
苦しむための処方箋

苦しむための原因が何であれ
苦しみにはすべて
「 ゆるさない 」という種が
宿っているのかもしれない。

ゆるしとは
怖れに満ちた過去に 
こだわり続けることをやめること

ゆるしとは
過去の影に惑わされることなく
今この瞬間に
百パーセント生き
百パーセント愛すること

ゆるしとは
怒りからの解放であり
攻撃的な思いにサヨナラすること

ゆるしとは
今この瞬間にゆるすということは、
もう先延ばしせずに
だだゆるすこと

1人ひとりが
自分を含めてすべての人を
完全にゆるせるようになったとき
世界は本当に平和になるということ


Photo



 「罪ある言葉」を口にしない

  「罪ある言葉」を口にしない
自分が何気なく話ししている言葉に、意識を向けるべきである。
自分が発する言葉が、相手を知らない間に傷つけているかもしれないから。
嫌なことがあったとき、自分のやりたいことがうまくいかないとき、
つい口にしてしまうのが、他人の悪口だ。

 「他人の悪口を言わない」
これは自己啓発本でよく成功のコツとして書かれている内容で、
まさにそのとおりではあるのだが(悪口を言ったぶんだけ、
自分も言われると考えたほうがいい)、実践するのはなかなか難しい。

自分が言わないように気をつけても、
まわりの人が誰かの悪口に同意を求めてくるときもある。

長年の習慣を変えることは誰にでもできることではあるが、
身体に染みついているぶん短期間で変えるのは困難だ。
簡単に、できるだけ悪口を言わないようにするには、どうしたらいいか。

そう考えて、僕があみだしたテクニックが、悪口を真逆の褒め言葉にして話すことである。
「あいつホント最高です」
「一生祝ってやる」
「天国に行きやがれ」
批判を賛辞に変えて口にしてみると、なんだかとても間抜けな状態となり、
悪口を言うことのバカらしさが一瞬で理解できる。
そして、自然と悪口を言う習慣もなくなっていく。

僕が愛読しているドン・ミゲル・ルイスという
シャーマン(呪術師)が書いた本『四つの約束』では、
悪口のことを「罪のある言葉」と定義している。
悪口は他人を傷つけ、嫌な気分にさせる。
それだけではない。悪口を言われた他人もあなたに対して嫌なイメージを持つのだから、
結局は自分を傷つけることにつながっていく。

悪口、つまり罪のある言葉を使うことは、他人を傷つけ自分も傷つける、
百害あって一利なしの行為だとドン・ミゲル・ルイスは断じているのだ。

意識して悪口を言わないようにすると、おもしろいことが起こる。
不思議なことに、自分の悪口をまったく耳にしなくなるのだ。
もちろん、僕の悪口は地球のどこかで言われており、それが消滅するわけではない。
しかし、自分が悪口を言わないようにすると、
誰かが言った僕に対する悪口は、僕の耳にまで届かなくなる。
僕の耳に届かないのであれば、僕の生きている世界では悪口は存在しないのと同じである
悪口が存在しない世界は、自分の手でつくりあげることができるのだ。
 【出典】 須藤元気   今日が残りの人生最初の日


2018年10月 3日 (水)

嫌われる人

 『嫌われる人』
別に聞いてもいないのに
自分の考えを述べて満足し
相手がどう思うのか考えずに
思ったことを口に出し
自分の想いを押し付けて
認められないと文句を言い
人の悪口ばかり言って
自分は何もしようとしない
まわりに迷惑をかけていることさえ
全く気づかない
自分のことしか考えない人は
いつまでたっても嫌われ
相手のことを考えられる人は
誰にでも好かれる

ココロにしみる五行歌
- 田口久人さん -

Photo_2






自己顕示と嫉妬

 【自己顕示と嫉妬】 小林正観さん
人間は、そもそも「たいしたものでない」のに、成長していくにつれて、
心の中に「3つの感情」が芽生えてきます。
1. 自己顕示欲
2. 復讐心
3. 嫉妬
です。この3つは、人からもてはやされて、高い評価を受けるようになった頃に出てきます。
これらはすべて「マイナスのエネルギー」であり、神様から嫌われる性質です。
自分のことを「たいしたものだ」と認識したいと思うから、「自己顕示欲」が湧いてきます。

みんなが自分のことを「たいした人だと認めるべきだ」と思っているから、
そうならないときに、「嫉妬」が芽生えます。
他の人がちやほやされているのを見て、「どうして自分にはそうしないのか」という思いが、「嫉妬」です。

また、人から何か気に入らないことをされたとき、
それを「5倍、6倍にして徹底的に嫌がらせをしてやるぞ」と思う気持ちが、「復讐心」です。
先日、高い技術を持った人にお会いしました。
その人の実力は、たしかに誰もが認めるところです。
しかし、話を聞いていると、「自分がどれほどすごい人か」という話に終始していました。
自分の話ではなく、「技術」の解説をしていたら、聞いている人はさらにその人を尊敬したでしょうし、
その人は、さらに「喜ばれる存在」になっていたでしょう。
ところが、「雑誌に紹介された」「有名人と知り合いだ」という自慢話が続いたのです。

どれほど「すごい実力」を持った人でも、口から出るのが「自分がどれほどすごい人か」という自己顕示欲、「自分はこんなにすごいんだけど、別の人が評価されているのは許せない」という嫉妬、「いつか見返してやるんだ」という復讐の言葉ばかりなら、誰も話を聞きたいと思いません。
「自己顕示」「復讐心」「嫉妬」の3つの感情を持つ人は、損をしている。
とても、もったいないと思います。

「どれほどすごい人物か」というのは、自分から話さなくても、伝わるものです。
「すごい実力」を持っているのだったら、ただ黙って行動で示せば、誰もが認めてくれるでしょう。
 『ありがとうの神様』 ダイヤモンド社

「自己顕示 自己嫌悪 わたしの こころの うらおもて」(相田みつを)
自己顕示とは、自分を実際以上に大きく見せかけることであり、
自分の存在を目立たせ、他人の注意を引くことだ。
他人に必要以上にアピールすることは、
人にもっと認めてもらいたい、ほめてもらいたい、という承認欲求の表れ。
人は、少しうまく行きだすと、どうしても偉そうにしてしまう。
人の話を聞かず、自分の話ばかりしたり、他人の批判や悪口が多く、人に譲ることをせず、
いつも主役でいたがる。

復讐心が強い人は、自己中心的な人だ。
自分を正当化し、人をゆるさず、攻撃的に人を責める。
「なぜ、あいつが!」「今にみていろ、俺(私)だって」という感情だ。
《一瞬だけ幸福になりたいのなら、復讐しなさい。 永遠に幸福になりたいのなら、許しなさい。》
  (フランスの聖職者 アンリ・ラコルデール)

嫉妬とは、自分よりすぐれていたり、恵まれていることにたいして、うらやんだり、ねたんだりすること。
「お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちにはなりません」という、
イギリスの元首相、 マーガレット・サッチャー氏の有名な言葉がある。
嫉妬心や復讐心は、ほぼ、この言葉に凝縮されている。

幸せな人を不幸にしても、自分は幸福にはならない。
嫉妬するのではなく、他人の幸せを共に喜ぶこと。
そして、自分が今ここに生きていることに感謝すること。
《人間は、そもそも「たいしたものでない」》、 という言葉を深く胸に刻みたい。

Photo












2018年10月 2日 (火)

人生に大切なのは

人生に大切なのは、
どの道を選ぶか迷うことより、
選んだ道をどう生きるかなのよ。
それを忘れないで。
ブリジット・バルドー(フランスの女優)
【ブリジット・バルドー女を極める60の言葉】より PHP文庫

Photo_2






嫌いな人と上手に付き合う方法

 【嫌いな人と上手に付き合う方法】 精神科医・樺沢紫苑
嫌いな人と上手に距離をとりながら付き合う方法!職場などで嫌いな人に振り回されない方法とは?

■ 職場のストレスの9割は人間関係の問題 
今回のテーマは「 嫌いな人上手に付き合う方法 」です。精神科医の樺沢紫苑医師が人間関係に関する問題について非常に分かりやすく解説しています。ところであなたの職場には何らかしらのストレスがありますか?。
 
実は職場のストレスの9割は人間関係の問題といふうに言われていまして、こうした人間関係の問題が解決すれば、必然的に9割方の職場のストレスは解消されるわけです。
『 なぜ人は無理して人に合わせようとするのか? 』
 
しかし、そうはいっても仕事における人間関係は難しいですよね。職場には自分の好きな人もいれば、嫌いな人もいます。嫌な上司もいれば、優しい先輩もいます。しかし、いくら仕事のためとはいえ、一人一人にあわせていたら疲れてしまいます。
 
世の中には色々な人がいるわけですから、とんでもない人もいます。しかし、どんなに嫌いな人であっても、良好な関係を築かなければという思いから、無理して相手に合わせようとし、その結果として自分を見失ってしまい、色々なことに悩まされます。

■ なぜ人は人を好き・嫌いになるのか? 
 人は意識しなくても好き嫌いという判断を無意識のうちに下します。これは脳の仕組みがそうなっているからであって、感情がそうさせるわけではありません。
 
脳の「扁桃体(へんとうたい)」という部分があり、これは危険を察知する能力があります。危機的状況を迎えた時に瞬時で安全か安全でないかといった判断を行います。
 
例えば自分にとっての「敵」と街中で遭遇した場合、瞬時に対応できるようにするために「赤信号」を出す、「危険信号」を出すのが、扁桃体の大きな役割です。
『 脳が好き嫌いを決める!? 』
 
扁桃体はそういった形で危険か安全かを判断するわけですが、実際には色々なものを判断しています。この仕組を理解することによって、ある程度コントロールできます。
 
例えば食事が目の前にだされたとき、扁桃体はこれが安全なのか危険なのか、過去の経験と照らしあわせて瞬時に判断します。その早さは0.0何秒の世界といわれています。ほとんど条件反射のレベルで判断を下します。

■ 人を嫌いになったときの脳の状態とは?  
これが実は人間に対して当てはまりまして、人にあって、この人は自分にとって好ましい人なのか、あるいは嫌な人なのか、瞬間的に「扁桃体」が判断します。要するに好き嫌いの「レッテル」を脳が張っているわけです。
 
ですので、嫌いというレッテルを張ってしまう背景には、過去の嫌な経験から苦手な人の特徴や表情がどうとか、色々な特徴を捉えて嫌いという判断します。一度嫌いになると嫌な所が次から次へと目に入ります。このため余計に嫌いになります。

『 想いは相手に伝わる!? 』 
そうなってしまうと、嫌いという思いが相手にも非言語的に伝わります。逆に自分好意的に思っていれば、相手には好意的な思いが伝わります。ですので、嫌いな想いは相手に伝わるので余計に人間関係が悪化することになるわけです。 
 
そういうわけですから、「上司が大っ嫌い」と一度思ってしまったら、その想いが上司に伝わって、余計に関係がおかしくなります。だから辛いんですよね。

■ 一度人を嫌いになるとなぜ辛いのか? 
 ではどうやって上手く付き合っていけばいいのでしょうか?。職場では仕事上どうしても嫌いな人とも接しなければならないので、これが大きなストレスとなります。 
 
ですので、嫌いな人に振り回されないために大切なことは、「普通」ということです。我々人間は好きか嫌いかで判断するわけですが、普通という判断基準を持つことによって、嫌いという想いに振り回せれなくて済みます。これだけでかなり心が軽くなります。

『 嫌い!という思いとどう付き合うべきか? 』 
ですので、好きは好き、その中間に普通があって、嫌いは大っ嫌いとなります。ここでいう大っ嫌いのレベルは、口も聞きたく、顔も見たくない、会いたくないといった超「嫌い」です。それ以外のものは普通でいいとすれば、かなり心の負担が軽くなります。 
 
また、ニュートラルという考え方も良いと思います。好きでも嫌いでもないといった曖昧な基準が合ったほうが楽です。

■ あなたの人生において本当に大切な人は極わずかだと知る 
例えば何百人という人と接したとしても、深く交流するのは1割もいませんよね。実生活においては好きでも嫌いでもどうでもいい人がほとんどということです。
 
仮に職場で嫌いな人と仕事上毎日必ず一言二言言葉を交わさなくてはいけないとしても、人生においては「どうでもいい人」と無理なく考えることができます。ですので、ニュートラルに考えると、非常に楽になります。
 
好きでも嫌いでもない状態で人と接することができます。職場の人間関係が生涯続くものでもないですし、自分の人生にとって特別なものというわけでもありません。

■ どうでもいい人に振り回されないようにするには? 
好き嫌いの二択だけで判断しようとすると、知らず知らずのうちになりふり構わず自分の人生において重要な位置を占めるような錯覚を起こしてしまうので注意しなければなりません。
 
こういう考え方はある程度訓練が必要となりますが、好き嫌いだけで判断してしまうのは、脳の古い部分であって、「扁桃体」というのは原始的なものなんです。

『 好きでも嫌いでもないニュートラルな考え方! 』 
 一方、「大脳皮質」という人間の脳の大部分として持つ部分は理性的な判断を下すことができます。そこでニュートラルに考えることにって扁桃で押し込めることができます。
 
そうすると自分の中にある古い価値観を手放すことができるので、この人は好きでも嫌いでもないよといった判断ができるようになります。最初は思うだけでいいです。次第にニュートラルに判断を下すことができるようになり、人間関係の問題は縮小します。


Photo





2018年10月 1日 (月)

人柄は顔に出る

人柄は顔に出るし、
幸せは目尻のシワにできる。
理性は声に宿り、嘘は目に映る。
自信は姿勢を正すし、
歩く様はその人の生き方を暗示し、
表情は今までの思い出を表現する。
個性は着るものや髪型を変え、
職は手に表れ、口は心の緊張を示す。
結局、人間見た目に出てしまうもの。

Photo_2



人間をうまくする名言

【人間をうまくする名言~心屋仁之助】 
言わないと、他人は、 わからないんです。残念ながら。
  人の気持ちって、 きちんと言ったとしても
  「知らなかった」「そうなの?」 「なんでそう思うの」
 なんて言われるぐらい、 わからないんです。
(心屋仁之助/心理カウンセラー)
----------------------------------------
わたし自身にもよくあることですが、
何も言わないけど「察してほしい」と思ってしまうときがありませんか?
わたしのことをわかっているなら、気づいてくれるはずでしょう?
もっと理解してほしい、もっと気をつかってほしい、
あるいは、そんなことはしたくない、やめてほしい、悔しい、という想い。
でも、それを言えないでいる。
そんなことを言ったらカッコ悪い?情けないかな? 器が小さい人みたい?
あれこれ考えて、だんまりを決めこむ。
または、「相手を傷つけたくない」という想いが、主張するのを邪魔することがありますね。
でも、その感情を探っていくと、結局は自分自身が嫌われたくないし、
人間関係がこじれるのが怖いのです。
ただ、言わないとわからないこともある。
「察してほしい」という気持ちに、なかなか人は気づいてくれません。
    * * *
 言ってもわかってもらえないことも あるぐらいですから、 言わないともっとわからないですよね。
 だから、ちゃんと、 勇気を出して、言おう。
  「~してほしい」、 「やめてほしい」 たった一言、これだけで、いいんですよ。
  (心屋仁之助/心理カウンセラー)

あなたの想いを言葉にしよう。
伝えよう、知ってもらおう!
それによって、
いろんな変化があるかもしれないけれど、
傷つくことがあるかもしれないけれど、
反対意見が出てくるかもしれないけれど、
何も言わないで、何もしないよりもずっとイイ。


Photo



2018年9月30日 (日)

どっちが好き?

息子が大好きなお饅頭を食べているとき、
パパとママどっちが好き?と聞いた。
息子、少し考えてから、お饅頭を二つに割って、
「どっちが美味しい?」と俺に聞いた。
息子エライ!・・・・父反省

Photo_3






今の状態を大切に

「幸」って字は逆さまにしても「幸」になる。
だから幸せの反対は不幸じゃないんだよ。
でも「幸」から棒を一本取ると「辛」。
今の幸せから何か一つ欠けたら辛くなるの。
だから今幸せだと思ってる人は、
当たり前と思わず今の状態を大切にしようね

Photo






「出会い」

運の悪い人は、運の悪い人と出会ってつながり合っていく。
へんくつな人はへんくつな人と親しんでいく。
心根の清らかな人は心根の清らかな人と、山師は山師と出会い、そしてつながり合っていく。
実に不思議なことだと思う。
「類は友を呼ぶ」ということわざが含んでいるものより、
もっと奥深い法則が、人と人の出会いをつくりだしているとしか思えない。

どうしてあんな品の悪い、いやらしい男のもとに、あんな人の良さそうな美しい女が嫁いだのだろうと、
首をかしげたくなるような夫婦がいる。
しかし、そんなカップルをじっくり観察していると、やがて、ああ、なるほど と気づくときがくる。
彼と彼女は、目に見えぬその人間としての基底部に、同じものを有しているのである。
それは性癖であったり、仏教的な言葉を使えば、宿命とか宿業であったりする。

それは事業家にもいえる。
伸びていく人は、たとえどんなに仲がよくとも、知らず知らずのうちに、落ちていく人と疎遠になり、
いつのまにか、自分と同じ伸びていく人とまじわっていく。
不思議としか言いようがない。企んでそうなるのではなく、知らぬ間に、そのようになってしまうのである。

最近、やっとこの人間世界に存在する数ある法則の中のひとつに気づいた。
「出会い」とは、決して偶然ではないのだ。
でなければどうして、「出会い」が、ひとりの人間の転機と成り得よう。

私の言うことが嘘だと思う人は、自分という人間を徹底的に分析し、
自分の妻を、あるいは自分の友人を、徹底的に分析してみるといい。
「出会い」が断じて偶然ではなかったことに気づくだろう。
 (『命の器』宮本輝著より一部要約して引用)

Photo_2




2018年9月29日 (土)

自分をほめて

 【 自分をほめて 】
「あれもして、これもして・・・」って
たくさん目標をかかげると、
いっぺんにできなくて
イヤになっちゃう。
できない自分をキライになったら
なんにもならない。
だから、
さいしょは、すこしだけ、
それができたら
ちょこっとふやすして・・・
毎日、自分のことを
「えらいね」ってほめてあげる。
そうすれば
きっと、うまくいく!
出典:「あなたのままで」



人間であることをやめる?

  「人間であることをやめる?」 アカデミー学院 学院長 舟田 譲二
「失敗は私たちの教師であって葬儀屋ではない。失敗は遅れであって敗北ではない。
一時的な遠回りであって行き止まりではない。
失敗を避ける方法は、ただ何も言わない、何もしない、そして存在がなくなることだけだ」
--デニス・ウェイトレー、モチベーショナルスピーカー  (訳 舟田譲二)

私たちは失敗を恐れます。
ひとつには、社会が失敗者をあざけったり、落伍者のように見たり、
脳なしのように扱ったりするからではないでしょうか。
これってパワハラ、モラハラに当たるんじゃないですか?

また、私たち自身、とくに日本人には特有の「恥の文化」があって、
恥じることを避けたがる傾向があります。「恥をかきたくない」のです。ですから失敗を恐れます。

学校でも授業中に先生が「質問はありませんか?」と生徒や学生に尋ねますが、
ほとんどのケース、先生は初めから生徒や学生から質問は出ないものと思っています。
それは、下手な質問をしてみんなに笑われたり、
先生にバカにされたら恥ずかしいって生徒たちは思っているからです。

アメリカの学校では学生は平気でとんちんかんな質問をしますが、クラスではだれも笑わないし、
先生も「なるほど、そういう考え方もあるのか...。面白い見方だ。先生は考えもつかなかった」
などと言ってうまくフォローします。

失敗は、私たちに間違っていることを教えてくれる親切な教師のようなものです。
失敗したからと言って、「チ〰ン。ご愁傷様です」とはなりません。
もし、こんなことがあったら、地球上生き残れる人はひとりもいません(笑)。

失敗して遅れることはあってもそれは決して敗北ではないし、
また少々遠回りすることがあってもその先は行き止まりではありません。恐れることはなにもありません。

もし、「失敗したくない」と思うならひと言も話してはいけません。
なぜならちょっとでも話すと私たちは失敗するからです。
さらになにかすると必ず失敗するのでなにもしてはいけません。
つまり、失敗をしないためには人間であることをやめなければなりません(笑)。


2018年9月28日 (金)

なんの為に頑張ってるんだろう

「なんの為に頑張ってるんだろう」って
思うときがある。
そんなふうに思い悩んじゃったときの解決法。
「この人の為に頑張ってみよう」とか
「この人が笑うから頑張ってみよう」って
「自分の為」から
「大切な誰かの為」と思うと
頑張れたりする。
それが後に自分のためになるもの

Photo_4









思い通りに行かないとき

物事が自分の思いどおりに
いかず苦しいときに、
初めて私たちは自分の中にある闇と
向かい合うことになります。


でも、それから逃げずに向かい合って、
自分にとって何が大事なのかを見極め、
もうそれをあきらめたくないと
強く思うとき、隠れていた才能が
ものすごい勢いで出てくることになります。

絶望や苦しみは、
その光に向かって一気に進む
直前の兆候なのです。

それと同時に、
自分の傲慢な部分や我欲など、
自分のあらゆる闇の側面が
全部表面化してきます。

才能は、こうした自分の感情の
地殻変動が起きたときに
現れてくれるのです。

人生の分かれ道にさしかかったときは、
怖れや疑いがある道こそが、あなたが
進む道といえます。

本田健

Photo_2






2018年9月27日 (木)

勇気一瞬

しんどいのは一瞬。
後悔するのは一生
例えその後悔が
消えないとしても
自分らしく前へ進みたい

Photo_2






「居場所」が必要

 【レディースだって、ひとりひとりは普通の女の子】
広島のある地域ボランティア・グループでは、
子どもたちの非行防止や被害から子どもたちを守ろう、という取り組みが続けられています。
広島市内を中心に活動する『八幡(やはた)パイロット』もその1つです。

今から10数年前のことです。当時、広島市内にはいくつもの「暴走族」があって、 非行の温床になると問題になっていました。 そこで、『八幡パイロット』のメンバーは、 自分たちに出来ることはないか、みんなで話し合ったといいます。でもメンバーの多くは女性で、出来ることは限られていました。 そんな中で、1つのアイデアが出されました。 それは、これまでの暴走族対策では、 考えられないようなアイデアです。

「レディース」と呼ばれる、女の子ばかりの暴走族を対象に 「料理教室」を開くというものです。 自分たちの娘に料理を教えるように愛情を持って接すれば、 心を開いてくれるかもしれない、そう考えたのです。
警察に協力してもらい、14歳から17歳のレディースのメンバーが、 会場となった地元の公民館に集められました。 髪の毛を脱色して、きついメイクをした女の子の集団を前に、 『八幡パイロット』の主婦たちは、やっぱり最初は気圧されたといいます。 それでも、意を決して集団の中に飛び込んでいきました。

まずは用意してあった、レディースのメンバーの名前が入った 「手作りのエプロン」を配りました。 嫌がるかもなぁ…そんな心配もありましたが、 それを見た少女たちは表情を和らげて、 中には笑顔を見せてくれる子もいました。 その姿は、普通の女の子だったのです。

「これは、いける主婦たちには、そんな予感が生まれたといいます。 そして、鶏のから揚げやとん汁など普段家庭で作っている料理を4品ほど、 手分けをしていっしょに作りました。 料理の手順から会話は始まりましたが、 次第に打ち解けていって、 それ以外の話も少しずつ出来るようになったのです。 最後はワイワイといっしょに食べて、 次の「約束」をすることもできました。 こうして「料理教室」は、このあと、数年に渡って続けられたのです。 でも、「終わる日」が来ました。

続けてきた料理教室が、なぜ終わってしまったのか・・・? 主婦のひとりMさんは笑いながら、その質問に答えてくれました 『実は、リーダー格だった女の子がメンバーと話し合って、 レディースを解散することになって、実際に解散しちゃったからです。 思いが通じたんだって、うれしかった』 この経験からMさんたちもまた1つのことを学びました。 それは子供には、大人が見守る、 「居場所」が必要だということだったのです。


Photo

2018年9月26日 (水)

どこかまだ足りないところがある

「どこかまだ足りないところがある」
「まだまだ道があるはずだ」
と考え続ける人の日々は輝いている 

   松下幸之助

Photo_2






真の幸せとは

「真の幸せとは」 アカデミー学院 学院長 舟田 譲二

「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、 手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」
--マクシム・ゴーリキー、ロシア・ソ連の作家 (訳 舟田譲二)

Photo

上の言葉と写真を見ていて、昔学んだカール・ブッセの詩をふと思い出しました。 (上田敏訳)

山のあなたの空遠く
「幸」(さいはひ)住むと人のいふ。
噫(ああ)、われひとゝ尋(と)めゆきて、
涙さしぐみ、かへりきぬ。
山のあなたになほ遠く
「幸」住むと人のいふ。


「山の向こうに幸わせがあるというので探しに行ってみた。だけど見つけることはできなかった。涙ながらに戻ってきた。でも人は、山のさらにずうーっとずっと向こうに幸わせがあるいう」
というような意味でしょう。
なんかメーテルリンクの『幸せの青い鳥』を思い起こさせますね。


人はみんな幸せを探し求めています。
「自分が希望している学校に入学できたらきっと幸せになれる」
「理想の人に出会って結婚できたら幸せになれるだろう」
「今やっているスポーツ(音楽...)で秀でて有名になれれば幸せになれるに違いない」
「仕事で成功して、お金が儲けられたら絶対に幸せになれる」
「家族に恵まれ、大きな家に住み、高級車に乗り、海外旅行が年に何回かできたらきっと幸せになれる」
等々。リストは永遠に続きます。


もちろん夢を持つことは悪いことではありません。夢に向かって努力することは尊いことです。
しかし、上のカール・ブッセの詩が言っているように、これらの夢をたとえ実現できたとしても人は満足できず、幸せにはなれません。そしてさらにもっと大きな幸せを求めて探し続けます。
「この人と結婚したのは間違いだったのではないか。もっといい人がいたに違いない」
「今の仕事は面白くない。きっともっといい仕事があるに違いない」
「この車にはもう飽きた。今度は金持ちが乗っているあの外車を買おう」
多くの人がこのような人生を送っているのではないでしょうか。


でも、本当の幸せとはすでに自分の手の中にあります。
それに気づいていないだけです。
そして、ある日、何か大きな出来事が起きて、今まで当たり前と思っていた小さな幸せを失うことになると、それがいかに大きな幸せであったか悟り、後悔するものです。


冒頭のマクシム・ゴーリキーの名言、
「幸せとは、自分の手の中に握りしめている間はとても小さく見えるけど、手を開いて放すとすぐに、それがどれほど大きくて貴重なものであるかがわかるものだ」

には、もうひとつ別の意味があるように私には思われます。

それは、幸せを自分の手の中にしまっているとそれは小さな幸せのまま。
でも手を開いてその幸せを放す、すなわち人と分かち合う、人にお裾分けすると、ほかの人も潤おうことになって幸せになり、そのことによって自分はさらに幸せな気持ちになれる、という私なりの拡大解釈。
上の青い鳥の物語が教えている身近なところに潜んでいる幸せとはちょっと違いますが、あながちまるっきり外れているとも思えません。重なっている部分があるように感じます。


ということで、自分の手の中にある幸せがたとえどれほど小さく感じられたとしても、それを今一度見直して感謝すると大きな幸せにつながるし、さらにその幸せを人とシェアするとそれは何倍にもなるのではないでしょうか。



2018年9月25日 (火)

ユダヤ人成功十の法則

【ユダヤ人成功十の法則】

1.笑いなさい

2.他人とは違うものを発見しなさい

3.権威を憎み、権威になってはいけません

4.お金より時間を大切にしなさい

5.まずは元手がかからないことから始めなさい

6.逆境こそチャンスと考えましょう

7.相手の話は自分の話の二倍ききなさい

8.生涯、学び続けなさい

9.お金は奪われてしまうが、知識は奪われることはありません

10.知識よりも知恵を大事にしなさい

Photo_3







小池一夫の名言

不機嫌は無言の暴力!
言葉に鈍感な人は心も鈍感!
絶対にふりまわされない小池一夫の名言


(1)
生きてれば、落ち込む事はたくさんある。
気持ちが落ち込む事は、悪い事ではない。
落ち込ンでもいい、しかし、早く立ち直ろう。
その癖をつけるのだ。
長く落ち込ンでも、良い事なンてない。
空元気でもいいから、さっさと気持ちを切り替えて、次の一歩。

(2)
10代で頑張れなかったら、20代で頑張ればいい。
20代で頑張れなければ、30代で頑張ればいい。
何十代から頑張ってもいいのだ。
そうすれば、行きたかった場所には行けないかもしれないが、
行くべきところにはたどり着けるだろう。

(3)
人に優しくすると、90%の確率で人に優しくされます。
100%ではありません。
それが人生です。
でも、人を励ますと、自分も100%励まされます。
80の経験として。

(4)
80年生きてきて出た答えは、「やさしさに勝るものは何一つない」
と言う一言に尽きる。

(5)
「言葉」で、人を傷つけてはいけないし、
 ましてや自分を傷つけてもいけない。
どちらもやらないと心に決める。
そして、その覚悟がない者とはなるべく関わらないこと。

(6)「自分の心がどれだけ耐えられるか」って、本当に自分でも分からない。
えっ、こンなことで心折れちゃうの?というときもあれば、
 結構耐えれるものだなあという時もある。
自分自身でさえそうなのだから、他人の心なンて、自分のモノサシでは計れない。
自分のモノサシを他人に押し付けては誰も救われな

(7)
嫌いな人のことで悩むことなどない。
嫌いな人のことを考えてしまうのは、嫌いになり方が足りない。
本当に嫌いなのなら、その人物のことを考えることさえ止めるのだ。
悩んでいること自体が、その嫌いな人の影響下にあるということ。
僕は、嫌いな人には、徹底的に無関心でいることで嫌いな人を克服した。

(8)
「世間がそんなことを許すわけがないでしょう。」
 みたいな言い方をする人は大抵、世間=自分

(9)
小さなストレスは、小さなストレスだからという理由で先送りにされて、大きなストレスに育っていく。
だから潰していくべきは、先ず小さなストレスなんだよね。
いきなり大きなストレスを解消しようとしてはいけない。
解消できないことが、また次のストレスを呼ぶ。
ストレス解消は小さなものからです。

(10)
嫌いな人を応援しろとは言わないが、
嫌いな人の足を引っ張り始めたら、人間が腐ってきたということ。

(11)
「根拠のない自信」は、子どものときに親から与えられるものなので、
精一杯肯定して子育てすべきだなと思う。

(12)
あなたに敬意を払わない人に、あなたが敬意を払う必要はない。
あなたのことが嫌いな人を、あなたが好きになる必要はない。
あなたを大切にしない人をあなたが大切にする必要はない。

(13)
生きていれば、色々なものを失っていく。
人や物、時間や心や記憶。
しかし心配はいらない。
失った以上のものをまた獲得すればいいだけのこと。
世界は存在し続け、チャンスもまた存在し続ける。

(14)
やってしまったことの後悔はだンだン小さくなるけれど、
やらなかったことの後悔はだンだン大きくなる。
78の実感として。

(15)
80になって言えることなンだけど、
 過去の成功体験って意外に自分を励まさない。
年老いた自分を励ましてくれるのは、何気ない日常のかつてあったいいこと。
さりげないこと。
やさしいこと。

(16)
嫌いな人の事を考えるより、好きな人の事を考える。
失ったものを嘆くより、今手元にあるものを大切にする。
出来ない言い訳を数えるより、出来る事を数える。
そして、究極は、生きる辛さを思うより、生きる幸せを思う。
こう考える癖をつけると、世界は変わる。

(17)
誰かがあなたに本音や弱音を告白しているときに、絶対に言ってはいけないことがある。
「正論」です。

(18)
悪意をむけてくる人は無視していいんだよ。
嫌な思いをしたり傷ついたりしたら正に相手の思うつぼ。
 これは、過去のことも同じ。
過去のことで今苦しんでいたら、今の自分がもったいない。
悪意のあr人に、やさしいあなたが負けるはずがない。
悪意のひとは自部自身も悪意に毒されて苦しんでいる人だから。
 - 小池一夫さん -

Photo






2018年9月24日 (月)

間違いを改めるとき

間違いを改めるとき
自ら間違っていたと
気付けばそれでいい。...


そのことを捨てて、
ただちに一歩を踏み出すべし。

間違いを悔しく思い、
取り繕うと心配することは、
たとえば茶碗を割り、
欠けたものを合わせてみるようなもので、
意味がないことである。
 - 西郷隆盛 -

Photo_2






成功する人間には

 【成功する人間には、成功する性格がある】 佐藤芳直さん
舩井先生の言葉に、能力という言葉はあまり出てきません。
性格または、クセづけという言葉のなかに成功の道筋を多く語ってきたのです。
「人間の能力なんてのは、ほとんど差なんてないよ。性格で差がつくんだよ」

仕事の進捗の遅さを先生に弁明したとき、何度か言われました。
「大事なことは成功するクセづけだ」ともよく言われます。
入社式の日、新入社員は私を含めた5人。
その5人に、まず最初に身につけるクセを舩井先生は語りはじめました。

「相手のことを一所懸命、親身になって考えなさい。そのためには、3つのクセをまずつけることだ」
メモをとる、必ず見送る、手紙を書く。
「どうだ、簡単なことでしょう。まずこの3点を徹底してごらん」
人間の性格のなかで、好かれる性格づくりから始めよと、先生は言うのです。

“いまのあなたは、あなたのなりたかった自分だよ”
舩井先生が口にするこの言葉は、人間の本質の一部を表しています。
自分が自分をどう評価するかは関係のないことで、人間は他人からどう見られているか、
その見られ方が性格なのです。
どんなに、「私は明るい人間だ!」と主張しても、「えっ、あなたは暗いわよ!」と言われれば、
その人は暗いことになります。
どう見られているか?その一点を人間は自分で考え、理想の自分を演じていくのです。

どんな自分でありたいのか?
人間は、自己のことをそう考えることができる唯一の動物です。
であれば、理想の自分をイメージしてそのイメージを実践する。
そのことでイメージに近づき、理想の自分を周りから感じてもらえます。

誰だって嫌われたい、暗い、後ろ向きだ、愚痴っぽいと思われたくはないでしょう。
ならば、好かれたい、明るく前向きで感じのいいあなたをイメージして演じるのです。
演じると言うと、首をかしげる方もいます。
では、律すると言い換えてもよいのです。

メモをとる。
誰かの話を聞いているとき、私はとことん真剣に聞いている、あなたの言葉に集中していますよ!
それがメモをとる姿です。
「全身全霊を込めてメモをとっている人間を見て、嫌だなと思う人間はいないだろ」
確かにそのとおりです。

見送る。
その人間の本性は見送りの姿勢に出るものです。
古くからあるサービス業の言葉に“迎え三歩に送り七歩”というものがあります。
確かに、さまざまな企業を訪問して帰ろうとするとき、エレベーターホールまで見送りに出る人間、
エレベーターで下までともに下りて見送る人間、ビルの外まで見送る人間…さまざまです。
「見送りが丁寧な人ほど、必ず成長するものだよ」
3000人以上の経営者、何万人の経営幹部とコンサルティング現場で接してきましたが、
このルールは間違いないようです。
「どんな人にも、気分よく帰ってもらうんだ。それが好かれるコツだよ」

手紙を書く。
思いを馳せる、という言葉があります。
手紙を書くことは、まさにいま書いている相手の顔を思い浮かべ、その相手に思いを馳せることです。
「心を込める。相手のことを親身に考えるクセづけになるのだよ」
一日3通は書きなさい。
書いているうちに、苦痛でもなくなるからと言われました。
年に1000通。
このクセづけは、このときから守っていることの一つです。
成功する人間には、成功する性格がある。
 『舩井幸雄の60の言葉』 マガジンハウス

「習慣が変われば人格が変わる。 人格が変われば運命が変わる」(ウイリアム・ジェームズ)
という言葉がある。
よい習慣とは、「よいクセ」をつけること。
よいクセが身につけば、その人の人格や性格が変わる。
そして、人格や性格が変われば運命も変わる。

身につけたい「よきクセ」には…
ほめグセ
感謝グセ
思いやりグセ
笑いグセ
上機嫌グセ
許しグセ

「成功する人間には、成功する性格がある」
よきクセを身につけたい。

Photo







2018年9月23日 (日)

「幸せな子」を育てるのではなく

「幸せな子」を育てるのではなく
どんな境遇におかれても
「幸せになれる子」を育てたい。
  皇后陛下 美智子様

Photo_2






意地を張らずに素直に生きる

【意地を張らずに素直に生きる!
   自分の考えを押しつけない!】

すねたり
  意地を張ったり
    素直になれずにいると
     本来の流れを阻害して
       しまうことがあります
意地を張らずに
   人に助けを求め
意地を張らずに
   人の考えを受け入れる
意地を張らずに
   相手の才能を認め
意地を張らずに
   自分の欠点を認める
意地を張らずに
   誰かを信じて任せてみて
意地を張らずに
   誰かを応援する
意地を張らずに
   『ありがとう』と伝え
意地を張らずに
   『好き』と伝える
意地を張らないためには
   『勇気』が必要です
『勇気』を持って
  意地を張らずに素直に
    生きたいものです
 - 作者不詳 -

Photo






2018年9月22日 (土)

迷ったら前へ

迷ったら前へ。
苦しかったら前に。
つらかったら前に。 ...

後悔するのはそのあと、
そのずっと後でいい。
- 星野仙一

Photo_2






与えることによって大人になる

先日新幹線の駅で、前を走っていた人が切符を落としました。
あっ、と思い、その切符を拾って渡してあげようと僕も走りました。
なんとか追いついて「すみません、切符落としましたよ」と言うと、
「いや、私のじゃありません」と言われ・・・
もう一人、めぼしい人がいたのでそちらを追いかけ「切符落としましたよ、ハァ、ハァ」と言うと、
その隣の人が「あ、それ僕のです」と・・・
特に感謝されるわけでもなく、徳を積みましたというお話です(笑)

さて、今日は「与えることによって大人になる」というお話です。
自分が儲かりたかったら、相手を儲けさせること。
自分が幸せになりたかったら、周りを幸せにすること。
挨拶ひとつ、笑顔一つ、冗談ひとつ、そういう一つ一つを、与える側になったとき、
与える意識になったとき、自分がどれだけ普段、与えてもらっていたかに気付きます。
それはもう、涙が出るくらい気付きます。

そうと分かったら、今度は自分が与える人になっていく。
貰ってばかりの時には見えない景色が見えるようになります♪
以下のお話も、与えることについて考えさせられるお話です。
_______

好意や援助を受けることやもらうことばかりを求めている人は、
どこまでいっても満足感を得られず、永遠に心の平穏を保てないと思います。
なぜなら、人は受けている時は一応満足するけれど、
次の瞬間にはもっと多く、もっといいものをもらうことを期待します。
心は「もっと欲しい」と叫び続け、いつまでも飢餓感に苦しめられることになりますから。
しかし不思議なことに、自分が与える側に立つと、ほんのちょっとしたことでも楽しくなるものなんですね。
相手が喜び、感謝し、幸せになれば、こちらの心はさらに満たされます。

いつも言うことですが、人間は与えることによって大人になっていく。
赤ちゃんの時は、おっぱいをもらって、おしめを替えてもらって、何もかもしてもらうでしょう。
それが小学生くらいになると、少しは家事の手伝いをしたり、母親の荷物を持ってあげたりするようになる。
社会人ともなれば、給料で親に何か買ってあげたり、たまに旅行に連れ出したりする。
そうやって、年をとるにつれて与えることが増えて、壮年になれば、ほとんど与える立場になるわけです。
 (「思い通りにいかないから 人生は面白い」 曽野 綾子 著 / 三笠書房より)
_______

デール・カーネギー(アメリカの実業家、作家、自己啓発の権威)は言いました。
「2年間他人に好かれようと努力するよりも、
2ヶ月間他人を好きになった方が、
ずっと多くの友人が得られるだろう」
この言葉の意味、ちょっと考えてみてください・・・。
いろんな事にも通じると思いませんか?

“人に好かれたかったら、人を好きになる”
“人に信用されたかったら、人を信用する”
“与えてもらいたかったら、先に与える”
“笑顔も挨拶も自分から”

逆に、怒っている人は、怒りたくなる出来事がより起きたり、
奪うことばかりしている人は、奪われるようになっているのです。
これが不変的な宇宙の法則なのでしょう。
与える人は、与えられる。
その与えるものに磨きをかける必要はあります。
価値のないものを与えても喜びは少なく、当然与えられるのも少なくなります。
そのためにも、学び、勉強し、社員教育などに力を入れている企業が伸びているのは当然のことですね

得るものを変えるためには、まず与えるものを変えなくてはいけないという、
シンプルすぎる法則だったのです(^^♪
与える人はお金持ちになり、且つ幸せにもなるということです。
逆は・・・、
言わなくても分かりますね。



2018年9月21日 (金)

傾聴力を高めて信頼関係を築く

【傾聴力を高めて信頼関係を築く】
人間関係を向上させる、一番のコツは聞き上手になること
話をしすぎて嫌われることはあっても、話を聞きすぎて嫌われることはない
「面白いですね」と言えば、どんどん話が進んでいく
話のしっぽを繰り返すだけで、聞き上手になれる
あなたの理解力は、あなたの傷ついた経験に比例する

Photo_3






«目指す将来