カテゴリー

  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月11日 (月)

運命を変えるには?

『 運命を変えるには?』
もしもあなたが
生まれ変わりたいのなら
生きてるうちに
生まれ変われるほうがいいよ
- 作者不詳 -

場所変えても
自分から変わろうとしない限り
何も変わらない
- 厚切りジェイソン -

何かを失うと言うことは、
別の何かを得ること
- 渡辺和子 -

Photo_2




集団化がモンスターを生み出すかも

「ひょっとしたら、集団化がモンスターを生み出すかも」
中学の頃、同級生に本屋の娘がいました。
何と、同じクラスの男子グループが、そこで万引を働きました。
防犯カメラが明確な証拠となり、
男子グループは警察に突き出されることになりました。

その後、とんでもない騒動が起きたのです。
「お前の親のせいで、希望の高校にいけなくなるかもしれない!
 お前が責任とれ!」
と本屋の娘をつるし上げる男子の仲間たちが出てきたのです。
どう考えても悪いのは万引きした男子グループなのに、
その親たちまでも騒動に乗じて、勝手な主張を繰り広げました。
「たった千円のことなのに子供の将来を潰す気か!」
「我が子と同じ学校に通っているのに生徒を警察に突き出すなんて、
 その本屋は何という人でなしか」
こんな言い分が、いかに手前勝手な理屈なのか、
普通一般の常識があればすぐに分かります。

しかし、集団になれば、大のおとなでも、
それが正しいと思える錯覚が起きるのでしょうか。
万引きの男子グループと親御さん達は、校長室まで直談判に臨んだのです。

『校長室にて』
校長は、万引きで捕まった生徒たちに向かって言いました。
「わかりました。では皆さん、
今からA(一番騒ぐ親、飲食店経営)さんのお店にいって、好きなだけ無銭飲食してきなさい。
Aさんは自分の子供と同じ学校の生徒なら、
将来のことを考えて警察にも通報しないし、損をしても気にしないそうです」
常識からはずれた人たちには、こんな表現で臨むしかなかった校長先生でした。

Photo




2017年12月10日 (日)

決めるのは自分

我慢や無理をし続けると
いつかどこかで崩れおちるもの

諦めることへの言い訳より
続けるための理由を
探した方がいい

好きになるのも自分
嫌いになるのも自分
頑張るのも自分
頑張らないのも自分

行動を起こすかどうかを
決めるのは自分だけ
そこに他人の意志はない

続けたいと思うなら
最後までやり抜けばいい
辞めたくなったら辞めればいい

ただし後悔するのも自分自身
自由ってことは
そういうこと

Photo




人のやる気を引き出すもの

 「人のやる気を引き出すもの」
アメリカのある会社で行った実験です。
1日の労働成果に対する報酬として「現金」「上司からめったにもらえないほめ言葉」「ピザの無料クーポン券」の3つを提示したところ、社員のモチベーションが最も上がったのはピザ、2位は僅差でほめ言葉だったそうです。
イスラエルの工場でも同じような実験を行なったところ、アメリカの会社と同じ結果が出ています。

実験の初日が終わったときに、従業員のやる気を最も引き出したのは「ピザ」。
次は、上司からの「よくやった」というメール。
最下位は、やはりボーナスで、お金が一番やる気を引き出さなかったということになります。
しかも数日後には、さらに意外な結果が待っていました。
報酬として現金ボーナスを提示されたグループは、
ピザ・ほめ言葉のグループに比べて13.2%も生産性が落ちたというのです。

現金の金額は30ドル。日本円で3000円未満ではありますが、臨時収入は金額によらずうれしいものです
しかし、その効果は一時的でしかないことがこの実験でも証明されています。
好きな食べ物をプレゼントされたり、上司から感謝されたりするのは、
人から与えられるという点では外発的です。
しかし、ここで注目してほしいのは、
「好きなもの」や「感謝」は、「お金」よりもやる気を引き出すということです。
  「与える人」が成果を得る 辻 秀一 著 ワニブックス

アイルランド生まれの冒険家“アーネスト・シャクルトン”
彼は1914年、南極大陸横断に挑戦するんですが、遭難してしまいます・・・
その後、極寒の地で救助を待ち、奇跡的に隊員全員が生還しました。
奇跡ともいえるでしょう。
そのシャクルトン隊長が、ロンドンで隊員を募集した時の新聞広告がこちらです。

求む男子。
至難の旅。
僅かな報酬。
極寒。
暗黒の長い日々。
絶えざる危険。
生還の保証なし。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。
この求人広告に、5000人もの男が殺到したといいます。
人を動かすのは、お金だけではありませんね。

盛田昭夫氏と共にソニー創業者の一人として知られる「井深大(いぶか まさる))氏の言葉に、
「仕事の報酬は仕事だ。それが一番うれしい」
というものがあります。
良い仕事をしている人の元には、次から次へ、仕事が舞い込むでしょう。
「お金は後から」ですね



2017年12月 9日 (土)

漁師の精神

漁師の精神を
学ばなければいけない
漁師は釣れなければ
狙う魚を変え
道具を変え
場所を変える
いつも同じところに
じっとしていて
「魚が無いね」
と嘆いている
だけではダメだ
 飯田亮


Photo

人生で最も大切なことを娘に教わりました

 【人生で最も大切なことを娘に教わりました】
2011年に63歳でお亡くなりになった作家の小林正観さん。

小林さんは、全国あらゆる所で講演活動を行い、
次のようなことを説いて回りました。
人間の生きる目的は、頑張ることでも、努力することでも、
何かを成し遂げることでもなく、
「喜ばれる存在になる」こと。つまり「頼まれごとをする」ことです。


その小林さんが、娘さんのことを記した一文があるので、
ご紹介したいと思います。
私には、知的障がいを抱えた長女がいます。
彼女は、普通の子供よりも筋力が足りないため、
速く走ることができません。
運動会の徒競走では、いつも「ビリ」です。


彼女が小学校6年生のとき、運動会の前に
足を捻挫してしまった友だちがいました。
長女はこの友だちと一緒に走ることになっていたため、
私の妻はこう思ったそうです。
「友だちには悪いけれど、初めて、ビリじゃないかもしれない…」


運動会を終え、妻はニコニコしながら帰って来ました。
私は「ビリじゃなかったんだ」と思ったのですが、
「今回も、やっぱりビリだった」というのです。
今回もビリだったのに、どうして妻は、
いつも以上にニコニコ嬉しそうにしていたのでしょうか

徒競走が始まると、長女は、足を捻挫した友だちのことを何度も振り返り、
気にかけながら走ったそうです。
自分のこと以上に、友だちが無事にゴールできるか、心配だったのでしょう。
友だちは足をかばうあまり、転んでしまいました。
すると長女は走るのをやめ、友だちのもとに駆け寄り、
手を引き、起き上がらせ、二人で一緒に走ったそうです。
二人の姿を見て、生徒も、父兄も、先生も、大きな声援を送りました。

そして、ゴールの前まで来た時、
娘はその子の背中をポンと押して、
その子を先にゴールさせた・・・というのです。
この話を聞いた時、私は気がつきました。

人生の目的は、競い合ったり、比べ合ったり、争ったりすることでも、
頑張ったり努力をしたりして「1位になる」ことでもない。
人生の目的は「喜ばれる存在になること」である。
私はそのことを長女から教わりました。

そして長女は、そのことを教えるために、
私たち夫婦の子どもになったのだと思います。


Photo_3



2017年12月 8日 (金)

成功と失敗の差

成功する人と、そうでない人の差は紙一重だ。
成功しない人に熱意がないわけではない。
違いは、粘り強さと忍耐力だ。
失敗する人は、壁に行き当たったときに、
体裁のいい口実を見つけて努力をやめてしまう。
  ー稲盛和夫ー

Photo_2



『赤ちゃんが乗っています』のステッカー

  「『赤ちゃんが乗っています』のステッカーの意味」
本当の意味を知っていますか?
このステッカーの意味は、
「赤ちゃんが乗ってるから、無理に近づいて事故おこさせないでね。」
という意味で、初心者マークと同じで、
「赤ちゃんが産まれたら貼りましょう。」
という風に思っていた方は、多いのではないでしょうか?
でも実はこんな話があったんです。

この赤ちゃんマークには、隠れた悲しき秘話がある。
それは80年代のアメリカで、高速道路を運転している女性が事故をおこしてしまう。
女性は重体となり、3日ほど意識が戻らなかった。
そしてなんとか意識を取り戻して最初に発した言葉は、
「私の赤ちゃんはどこ?」
であった。

しかし医者は女性に子供がいたとは認識しておらず、すぐさま警察に確認の電話をした。
警察もその存在を確認していなかったので、あわてて事故車両の中を探すと、
後部座席の下ですでに冷たくなっている赤ちゃんを発見する。
赤ちゃんには目立った外傷もなく、
母親と同時に発見されていれば、助かったであろう命だったそうだ。
この教訓を踏まえてあのステッカーは開発された。

そう、あのステッカーの本当の意味は、
「事故車両の中に赤ちゃんがいます。一番に助けてください」
という意味なのだ。
注意喚起の黄色でもある。
事故の際『真っ先に助けてください!』のサインであった。
確かに事故の場に居合わせたら、その存在に気づけますよね。
世の中たくさん標識にも裏話ありますが、安全運転で事故をおこさないのが一番です。

Photo




2017年12月 7日 (木)

あなたが幸せかどうかは

他人と自分を比べてしまうのは、
しょうがない。
ただ、あの人のほうが
私より上だとか下だとか考えて、
幸せを他人との比較で決めるのは、
もうおやめなさい。
あなたが幸せかどうかは、
あなたの気持ち次第。
「自分は幸せだ」と思える人だけが、
幸せに人生を送れるんです。
ー 斎藤 茂太 ー

Photo_3



暗いと思えば暗いし、明るいと思えば明るい

【暗いと思えば暗いし、明るいと思えば明るい】 小林正観さん
ある年の元旦に私は800枚ほどの年賀状をいただきました。
その中に数枚、これはちょっと二度は読みたくないと思うものがありました。
それは「不況」「暗い」「先行き不透明」「閉塞(へいそく)状況」「リストラ」「暗い出来事」「イヤな出来事」…
という言葉が文章のあちこちにちりばめられ、数行にわたって同じようなことが書かれていました。
「世の中は暗く、悲惨な出来事や暗い出来事ばかりが起きる時代である。そんな時代でもなんとかしなければならない。どうしたらこの暗い状況を打ち破ることができるか模索中であり、頑張りたい」というような文章です。

この年賀状をくださった方と会っても、あまり楽しい会話にはなりそうにない。
その人と話していても出てくる言葉は、「閉塞状況」や「悲惨な出来事ばかりの世の中」や
「いったいこの世の中、どうなってしまうんでしょうか」というような話に終始すると思うからです。
誰もが新年を明るく迎えたいという年の初めから、そんな気持ちが滅入るようなことを言う人とは、
その後も話をしたいとは思わなくなってしまうかもしれません。

宇宙の原理・原則として、「投げかけたものが返ってくる。
投げかけないものは返らない」というのがあります。
「愛すれば愛される。愛さなければ愛されない」
「嫌えば嫌われる。嫌わなければ嫌われない」

明るい1年のはじめの手紙(メッセージ)でありながら暗い年賀状を出す人は、そういう投げかけをした結果として、その人のそばには明るい心を持った人が寄ってこなくなってしまうのです。
そして、その暗い年賀状を何百枚も友人に送りつけた人は、その年、「なぜか明るい人が寄って来ないな。集まってくる人は暗い人ばかりだ」と思うのではないでしょうか。
当然、そうやって暗い言葉で時代分析をしている人同士で集まり、「そうだ、やっぱり暗いな」と毎日を嘆くような話ばかりすることになります。

一方で、「世の中は自分の取り方次第、決して暗いわけではなく、自分が暗いと思えば暗いのだし、
明るいと思えば明るいということ。楽しいと思えば楽しいんだ」と思っている人たちは、
同じように思っている人たちで集まり、楽しい話で盛り上がることになるのです。

私たちはよく「陰と陽」、「光と闇」というような言葉を使います。
しかし、よく考えてみると、「光」と「闇」とが50対50の同じ力を持っているのではないことに気づきます。
「光」と「闇」は等分に力を持っているのではなく、100対0なのです。
「光」が100で、「闇」は0。
「闇」は「光」に対抗する力をまったく持っていません。
「光」がなくなったときだけ「闇」は存在できるのです。
「闇」には独立した力があるわけではない、ということを、ぜひ知ってほしいと思います。

人生を歩んでいくとき、そこが「闇」だったとしても、自分自身が「光」となれば、そこは光るのです。
もし、私たちがいつも「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「愛してる」「大好き」「ありがとう」という言葉を言い、
笑顔と優しさにあふれていたら、歩む道すべてが光に満ちあふれることになるのです。
《世の中を 暗い暗いと嘆くより 自ら光って 世の中照らそう》
 『ただしい人から、たのしい人へ』 廣済堂出版

小林正観さんは「明るさ」についてこう語る。(22世紀への伝言)より
『明るさとは、陽気で社交的、冗談も上手というような人が、ここで言う明るい人なのではありません。
人々を慈しみ、希望や展望を与える人です。
そこまでできなくても、「不平不満」「愚痴」「泣きごと」「悪口」「文句」の五つを口にしない人のことです』
未来を明るく語れる人は、明るい人。
未来を暗く語る人は、暗い人。
どちらの人が魅力的なのかは言うまでもない。
明るい人は、人に希望の灯をともすことができる。
自ら光って、明るく、たのしい人になりたい。

Photo



2017年12月 6日 (水)

継続がもたらすその大きすぎる力

『 継続がもたらすその大きすぎる力 』
・ 小さな積み重ねが
  大きな目標を達成する

・ 取り組み続けることそのものが、
  優れた能力
・ 継続が経験の蓄積へつながる
・ 「努力の継続」
  がなければ成功はない


Photo_2



人間関係を良くする名言

 『 人間関係を良くする名言 』
(1)
足を滑らせても
すぐに回復できるが、
口を滑らせた場合は
決して乗り越えることはできない
- ベンジャミン・フランクリン -

(2)
良い時も、悪い時も同じ態度で
接してくれた人だけ信じられんだ、
そういう人と一生つきあっていきたい
- 落合博満さん -

(3)
自分が他人にしてほしいと
思うことを、他人にも同じように
してやるべきではない。
その人の好みが自分と一致するとは
限らないからだ
- バーナード・ショー -

(4)
他人に花をもたせよう。
自分に花の香りが残る。
- 斎藤茂太さん -

(5)
人の長所が多く
目につく人は、幸せである
- 松下幸之助さん -

Photo



2017年12月 5日 (火)

心の掃除をしましょ

「心の掃除をしましょ」
部屋の掃除を
おろそかにしていると
疲れは
ますますたまってきます。

あなたが暮らす部屋と
あなたの心身は
つながっているのです。

掃除の時間は
心を振り返る時間。

心の掃除をする時間だと
考えてください。
 BY 江原 啓之さん(作家、オペラ歌手)

Photo_2



父親不在の授業参観日

 【父子家庭の私は、父親不在の授業参観日に「親」についての作文を発表した】
私の父は、男手一つで私を育ててくれました。
母の居ない私に寂しい思いをさせまいと父は必死だったと思います。
いろいろと体の違いや考え方の違いもありますし、男の父が女の私を1人で育てるのにはかなり苦労したようです。

当時、私の父は貿易会社に勤めており出張を繰り返す日々でした。
その為、家に帰ってくるのはいつも遅く、私が寝てから帰宅というのがほとんどでした。
でも、私の誕生日には、毎年大きなケーキと大きなぬいぐるみを持って早く帰ってきてくれました。
二人だけの誕生日会。それはとても質素な誕生日会でしたが私には本当に暖かく、かけがえのないものでした。 なので毎年その日が待ち遠しく、私は誕生日までの日にちを数えたりしていました。

私が小学校に通っていた頃、授業参観がありました。
低学年の頃は、父に私の学校での生活を見て貰いたくて、ずっと来るようにお願いしていましたが仕事の都合で一度も来て貰えませんでした。
高学年になると、父の仕事の事情もわかり、
わがままを言って父を困らせてはいけないと参観日や学校行事の話をしなくなりました。
そんな中、授業参観の日にクラスの子は、親が来ると恥ずかしいのか母親などに
「絶対に来ないでっていったのに!」
「どうしてきたの?」
など言っていました。

私はそんなことを言えるクラスメイトが羨ましかった。
父がもし来てくれたら私もそんなこと言うのかなと考えたりしました。
そんなことを考えるたびに父の仕事を恨みました。

小学校六年生の時でした。
その年の誕生日、父は早く帰って来ませんでした。
私は父の帰宅を我慢することが出来ず寝てしまいました。
翌日、枕のそばに大きなぬいぐるみがありテーブルの上には大きなケーキがありましたが、
肝心の誕生日会をしていないということで朝から私は父とケンカをしました。

ケンカといっても一方的に私が怒っているだけ。私は本当に心ないことをたくさん言いました。
「参観日にも来られないなんてお父さんは親の資格なんてない!」
「お父さんは本当は私の事が嫌いなんでしょ!?」
父は言い返しもせずにただだまって聞いているだけでした。
その事に無性に腹が立ちました。

そのころ家事などを父と私で分担していたのですが、怒りにまかせて数日間全て放棄してしまいました
数日後、やっと怒りも冷め、私は元の生活に戻りましたが父は普段より忙しくなっていました。
父は、「これからちょっとの間、帰りがいつもより遅くなるから先にご飯を食べて寝てなさい。」

と言いました。

ケンカの事を怒ってるのかと思いましたが、どうやら本当に忙しくなったらしく
私はちょっと前に捨てた参観日案内のプリントの事を思い出し「今年も無理だなぁ」と思いました。
参観日が近づき、その授業内容が自分の親についての作文を発表する事だったので
その作文を書くという宿題が出されました。
私はちょっと前にケンカをしたこともあり、一生懸命その作文を書きました。

私は自分の思っていたことをそのまま言葉に。
母が小さい頃に他界したこと。
父は仕事でいつも帰ってくるのが遅いこと。
たまの休暇も疲れているので遠出をしないこと。
授業参観も仕事が忙しくて来れないこと。
でも誕生日には、とびっきり大きなケーキとぬいぐるみを買ってきてくれること。
そんなお父さんのことが大好きと言うこと・・・・・・。

参観日の当日、父はいつも通り出勤、私もいつも通りに登校。
なんて事はない、普通の一日のはずでした。
参観日は、事前に提出した宿題の作文の中から、先生が数人選んで発表していくという形でした。
私は、たまたまその中に選ばれて発表しました。
私は父の来ていない参観日に、こんなものを読んでも意味がないと思っていました。
読んでいるだけで空しさがこみ上げてくるのです。
読み終わり、たくさんの拍手を貰いました。
でも、私は父の拍手が欲しかった。他人の拍手なんて私にはなんの価値もない物だったから。
そして授業が終わり、そのままクラス会をして、来ていた親と一緒に帰宅という流れでしたが、
いつも父の来ない私には一緒に帰る友達を奪われるだけのつまらない日でした。

1人で帰るのかと思うと本当に泣きそうでした。
ぐっと堪え、校門を出たとき、父が立っていました。
私は突然のことで頭の中が真っ白になったのを覚えています。
父は笑いながら
「お前の作文を聞いたぞ。
 いつも寂しい思いをさせて本当に悪かったな。
 父さん、一番大きな拍手をしたんだぞ。」
私は我慢できなくなって大声で泣きました。

一緒に歩いて家に帰り、その日の晩は、前できなかった誕生日会をしました。
大きなケーキはなかったですが父の手料理は、ケーキの事を忘れさせるほど美味しかったです。
その日は本当に幸せでした。
父がここ数日忙しかったのは参観日の休みを取るためでした。

しかし、私は不思議に思いました。
父には一切、参観日の話をしていなかったから。
私は父にどうして参観日の事を知ったのかと聞きました。
父は
「お前が家事をしなかった時、ゴミ捨ての為にゴミを集めていたら、

たまたま捨ててあったプリントを見つけたんだ。」
私はなるほどと思いました。
あの時の事がこんな風になるなんて夢にも思いませんでした。
父は私に
「お前の作文、父さんにくれないか?」
と、言ってきました。
私は恥ずかしかったのですが、どうしてもというのでプレゼントしました。

少し前、私は結婚式を挙げました。
その式で父はあいさつの時に、私があげたあの作文を読みました。
初めはそんな物がまだ残っているなんて信じられずびっくりすると同時に自分の作文が読まれていることがとても恥ずかしかった。
しかし、涙で声をにじませながら私の作文を読む父の姿に私は泣くことしかできませんでした。
「ただの紙切れが父にとっては何物にも代え難い宝なんだよ」と聞かされたときは本当に嬉しかったです

今、私は父と離れて旦那と新婚生活を送っています。
父は
「うるさいのが居なくなって家が広くなってええわ。」
と、言っていますが本当は寂しいって事も知ってます。
お父さん、いつも強がりばっかりだったから。
たくさん苦労をかけました。たくさん助けて貰いました。
なのでこれからは私が父を助けていこうと思います。
だからお父さん、これからも元気でいてくださいね。

Photo



2017年12月 4日 (月)

人間関係の一番の敵は

人間関係の一番の敵は
「無理をする」こと。
無理をして他の人に合わせていると、
絶対に良くないと思うな~。
他人なんてしょせん他人だから、
あなたのことをそんなに
真剣に考えていないもんだよ



自分は幸運だと思うか不運だと思うか

 【自分は幸運だと思うか不運だと思うか】 マーク・レクラウさん
なぜ一部の人はいつも幸運に恵まれ、その他の人たちは不運にさいなまれるのか?
イギリスの著名な心理学者リチャード・ワイズマン博士は「運」について研究し、次のような結論に達した

「運というものに科学的な根拠はない。唯一の違いは、自分は幸運だと思うか不運だと思うかである。
言い換えれば、自分にいいことが起こると予想するか、悪いことが起こると予想するかである」
これは非常に含蓄のある言葉であり、肝に銘じる価値がある。
ワイズマン博士はどうやってこんな結論に達したのだろうか?
ある研究で、被験者たちに新聞を通読し、掲載されている写真の数を数えるように指示した。

自分は不運だと思っていた人たちは答えを出すのに平均2分かかったが、
自分は幸運だと思っていた人たちはほんの数秒で答えを出した。
なぜなら、その新聞の2頁目に大きな字で「この新聞には43枚の写真が掲載されている」
と書かれていたからだ。
その答えはあまりにも明白だったが、自分は不運だと思っていた人たちはそのメッセージを見落とし、
自分は幸運だと思っていた人たちはそれを見た。

さらに、博士は新聞の中ほどに「実験者に『これを見た』と言えば250ドルが当たる」
という別のメッセージを書いておいた。
やはり、自分は不運だと思っていた人たちはチャンスを見落とし、
自分は幸運だと思っていた人たちはチャンスをつかんだ。

このように、幸運か不運かは、
いいことが自分の身に起こることを予想しているかどうかという問題にすぎない。
ネガティブな物の見方をしているかぎり、脳はチャンスに気づかないのだ。

物の見方がポジティブなら、脳はチャンスを見つけてつかむことができる。
繰り返すが、私たちの予想が現実をつくり出すのである。
よい結果を予想するなら、脳はそれにいち早く気づくことができる。
《幸運な人は幸運が訪れるのを待つのではなく、創意工夫して自分で幸運を創り出す
 (タル・ベン・シャッハー/心理学者)》
 『習慣を変えれば人生が変わる』 ディスカヴァー

松下幸之助翁の運についての話がある。『啼かなくていいホトトギス (中経の文庫)』より
『商品を運んでいる少年時代に、路面電車のレールに自転車のタイヤが滑ってしまい、
転んでしまったそうです。
路面電車はすぐに気がつき急停車し、体の前で止まってくれました。
「電車も止まってくれたし、まわりの人も商品を拾って集めてくれて、わしは運が強い」と言い続けたそうです。
さらに、大阪湾内で、夏の日に海に落ちたこともありました。
この時も船が気がついて、松下少年は事なきを得たのですが、このときも「わしは運が強い」と言い続けました。
「もし冬の日だったら、病弱な自分は助からなかっただろう。落ちたのが夏でよかった。
わしは運が強い。運が強かった」と言い続けたそうです』

本当に運がよければ、自転車で転ばなかっただろうし、海に落ちたりはしない。
しかし、その起こったできごとをどう捉えるかで運命は変わる。
「私は運がいい」と思うか、「私は不運だ」と思うのか。

自分は、運がいいと思えば、運がいいことを脳は探し始める。
不運だと思えば、不運なことを探す。
「自分は幸運だ」、といつも思える人でありたい。


2017年12月 3日 (日)

失敗の数だけ

失敗は恐いけど
成長したいので
やってみる。

困難は嫌だけど...
感動は欲しいので
もう逃げない。

恐くても
逃げ出さない、

守るべきものを守れる
勇気ある人間になる。

Photo_2



十字架背負う加害者家族

 【白石容疑者の家族が姿を消した… 十字架背負う加害者家族】
社会は何を期待しているのだろうか…
社会が生み出して、社会が排除する。この循環は続いていく…
排除を止めない限り、自分で自分の首を絞めているようなものなのに…

 「白石容疑者の家族を待ち受ける苦難」

神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、同アパートに住む白石隆浩容疑者(27才)が逮捕された。このアパートから徒歩15分のところにある白石容疑者の実家には父親が住んでいたが、事件後はその姿が見えなくなったという。また、実家から離れて暮していた母と妹もまた、事件発覚数日後以内に、家から姿を消した。

 白石容疑者が犯した罪は彼自身が償うべきであり家族に責任は一切ないが、ひとたび事件が起こると、加害者家族の人生も180度変わることも事実だ。加害者家族を支援するNPOワールドオープンハート理事長の阿部恭子さんが言う。

 「重大事件の場合の親はほぼ100%転居を余儀なくされ、仕事も辞めています。莫大な損害賠償を求められるケースも多く、被害者と違って経済的な補償もなく、日常生活が立ち行かなくなることもあります。心理的な負担も大きく、普段の生活で笑うことも憚れ、クリスマスやお正月のイベントも一切せず、ささやかな娯楽もやめて喪に服すような生活をする家族も多い。もちろん就職や結婚に影響が出るケースもいまだにあります」

 実際、世を賑わせた大事件の加害者家族のその後は厳しい。1997年の神戸連続児童殺傷事件では、少年Aの逮捕後、マスコミから避難していたAの両親が自宅に戻ると、「お前たちが交尾してできた化け物の責任を取れ」とのはがきが舞い込んでいた。

 「その後、両親には1億4000万円の損害賠償を命じる判決が出ました。30年以上勤務した職場を追われた父親は、Aの2人の弟の通学問題を考えて妻と協議離婚。母親に引き取られた弟たちは人目を避ける生活を強いられ、四国や和歌山を転々としました」(事件に詳しいジャーナリスト)

 「加害者家族が自ら命を絶つケースも少なくない。」

 「2008年の秋葉原通り魔事件では発生から6年後に犯人の弟が週刊誌の取材に応じ、『加害者の家族は幸せになってはいけない。それが現実。ぼくは生きることを諦めようと決心しました』と苦しい胸中を明かし、1週間後に自殺しました。1989年の連続幼女誘拐殺人事件の犯人・宮?勤の父親も事件から5年後に飛び降り自殺しました」(前出・ジャーナリスト)

 2006年の秋田児童連続殺害事件の犯人・畠山鈴香(44才)の弟は、事件からおよそ2年後に本誌・女性セブンの独占取材に応じた。
 弟は事件当時にモザイクなしでテレビに映り、運転代行の仕事中に見知らぬ客から、「テレビで見たぞ。お前、人殺しの弟なのによく笑っていられるな」と罵倒された。交際中の女性を巻き込みたくなくて自ら連絡を絶ち、のちに仕事を解雇され、生活保護を受けるようになった。弟は記者にこう語った。

「仲のよかった友達もみんな離れていき、ショックで人間不信になりました。今は友達も親戚もゼロです」

重大事件では遺族はもちろん、加害者の家族も重い十字架を背負うことになる。
 ※女性セブン2017年11月23日号

Photo



2017年12月 2日 (土)

おやすみの理由

お客様各位

家内に誕生日に
何か欲しいと聞いたところ
「休みが欲しいです」と言うので
誠に勝手ながら
本日11月26日(日)
お休みさせてください。
申し訳ございません。

やきとり本舗・亭主

Photo_3



「やりたい仕事がみつからない」は図々しい

 【「やりたい仕事がみつからない」は図々しい】 ビートたけしさん
リクエストに応えて人生相談にちょっとだけ真面目に答えてみようか。

―「やりたい仕事が見つかりません」
いきなり参っちゃうね。
まあ若い奴なんだろうけど、はっきり言うと、「やりたい仕事が見つからない」ではなくて、
やりたくてもそれに見合った実力がないだけ。

おいらも芸人や漫才師が「やりたかった仕事」だったわけじゃない。
たまたま偶然そうなっただけであって、
本当はプロ野球選手やノーベル賞を取れるような学者になりたいと思ってた。
けれど、身体が小さかったり、大学行って「研究者は無理だな」なんて悟ったり、
自分にその実力がないことはすぐにわかったからやめた。

「やりたい仕事が見つからない」というのは、実は図々しい考え方なんだね。
よくモデルやタレントを募集する時、「あなたが似ていると思う芸能人を書いてください」とか
履歴書に書かせるけど、あれと似ている。
昔だったら山口百恵だとか松田聖子だとか書くんだろうけど、
そいつの写真を見てみると似ても似つかない。
いかに図々しいというか、身の程を知らないというか。

図体もデカいし足も速くて、そこそこセンスもある。
そういう奴が「将来はプロ野球選手になりたい」と憧れるのは悪いことじゃない。
キャッチボールもまともにできないのに、「野球選手になりたい」というのは正真正銘のバカだけど。

中学、高校ぐらいまで野球を続けていれば、自分にそこまでの能力があるかないかなんて、すぐわかる。
そこで大体、芯から挫折を味わうべきなんだ。
負けることを知らず、現実も見ないで「やりたい仕事が見つからない」と嘆くなんて図々しいにも程がある

大体周りの大人もいけない。
「夢をあきらめちゃダメだ。希望を捨てずに努力をすれば、きっと夢は叶う」―なんて、
安っぽい曲の歌詞みたいなことばかり言っているからダメなんであって、現実を直視させなきゃいけない
そんな欺瞞にみちた言葉に騙される奴がたくさんいるから参っちゃう。

金もないのに、宝くじ買うバカも同じ。
「いずれ当たると思って買わないと、当たるものも当たらない」なんてバカ野郎。
そんな非科学的なことを言ってるんだったら、確率論を勉強しろ。
その辺りを歩いて隕石に当たって死ぬ確率よりも低いんだから。

「いいじゃないの。お金じゃなくて夢を買いにいってるんだから、おおきなお世話」
そんな声も聞こえてきそうだけど、結局、厄介なのは「夢がいいものだ」
という間違った考え方がはびこっていることだろう。
こういう考え方を広める安っぽいJ-popの歌詞は、早くこの世から消えて欲しいよ。
弱者を救済するふるをして、ちょっとその気にさせてから、
いざとなった時に落とす―バカを調子に乗らせて金儲けしようというんだから、一番たちが悪い。

おためごかしで「夢をあきらめないで」「希望を捨てちゃダメだ」「君はもっと強くなれるよ」なんて、
甘っちょろいことを歌っている奴を信用しない方がいい。
それを真に受けて社会に出て、すぐに「こんなはずじゃなかった」「やりたい仕事がない」って、
本当にバカ野郎だね。
 『バカ論』 新潮新書

多くの人は、自分のやりたい仕事を探す。
しかし本当は、「やりたい仕事」より、「必要とされる仕事」に就いた方がいい。
「是非、来て下さい」、と頼まれるような仕事だ。

それはおそらく、自分の望んだ仕事とは違うのがほとんど。
しかし、自分が思ってもみなかった仕事だからこそ、そこにチャンスや運が潜んでいる。
なぜなら、「運は自分の予期しない違う方向から飛んでくる」、からだ。

たとえばそれは「幸せは、不幸の顔をしてやってくる」と言い換えられるかもしれない。
予期せぬ偶然の出来事を大事にして、その流れに乗っていくと、いつしか幸運にたどりつく。
そこで大事なのが、予期せぬ出来事にたいして「文句」「グチ」「泣き言」「不平不満」などを言わないこと。
もっと言うなら、機嫌よく、ニコニコしてその仕事に取り組むこと。

やりたい仕事より、必要とされる仕事に


2017年12月 1日 (金)

威張ってる人は

威張ってる人は心の奥底では
「自分は人より劣っている」と感じている。
それを隠すために無理に強く振舞っている。
本当に自分に自信がある人は、威張らない。
無理に自分を強く見せる必要などないから。
どちらかというと「威張ってる人は可哀想」
と思ってもそれほと差し支えはない。
だから「威張ってる人、嫌い!恐い!」よりも
・・
「いつも頑張ってくれてありがとう」や
「人よりも劣ってなど、いませんよ」等である。
その感謝や、支援、承認の気持ちは、
その人物が素直さ謙虚さを取り戻せる
1つの支え、きっかけ、助けとなる。

Photo_2



人間は 不思議な生き物

人間は 不思議な生き物です。
未婚だと、
結婚したい と言いながら
・・・
結婚すれば、
夫の愚痴 を言い
未婚のままだと、
この年齢でも子供ができるかしら
と 不安になり
・・・
結婚すれば、自由がない、
子供のためだから離婚できない
と不自由に感じたりしながら
二極の間を
行ったり来たりしています。

・・・
でも
今 与えられているものを、
もっとしっかりと見つめてみると、
小さな幸せが
たくさん見つかるかもしれません。
・・・
僕たちが時間の中で体験するすべては、
二極性の中で体験することです。
「冷たい」がなければ、
「熱い」をどのようにして知るのでしょうか
・・・
「短い」がなければ
「長い」を、
・・・
「閉じる」がなければ
「開く」をどのようにして知るのでしょうか
・・・
これが真実なら
「幻想」がなければ
「真実」を
・・・
「不自由」がなければ
「自由」を
・・・
「恐れ」がなければ
「勇気」を
・・・
どのようにして知るのでしょうか。
この相対性(二極性)は
虹のように、本当は幻想なんだけど、
時に 自分を成長させてくれる
教師のように感じることもあります。
・・・
だから
もし あなたが「悲しみ(闇)」 体験したとき、
それは 「喜び(光)」を経験するために
創ったということを思い出してください。
・・・
もし あなたが、「拒絶」 を 体験したとき、
それは「受容」 を経験するために
創ったということを思い出してください。
・・・
もし あなたが 「孤独(差別)」 を 体験したとき、
それは「分離のなさ(平等)」を 経験するために
創ったということを思い出してください。
・・・
もし あなたが、「痛み」 を 体験したとき、
それは 「感謝」 を経験するために
創ったということを思い出してください。
・・・
もし あなたが「苦しみ」を体験している時
それは 「苦楽を超えたもの」 に気づくために
創ったということを思い出してください。
・・・
    ( しみず たいきさん)より引用



2017年11月30日 (木)

無理に頑張らなくていい

無理に頑張らなくていい
無理になにかにならなくていい
あなたらしく頑張ればいい
強がらず泣きたい時に泣き
心のまま笑いたい時に笑い
こつこつ頑張ればいい
あなたにしか歩けない人生を
あなたのまま進めばいい
- きむさん -

Photo_2



病院の待合室にて

 【病院の待合室にて】
私は、岡山で小さな病院の受付事務をしています。
内科、小児科が専門ですが、十年前のある日の夕暮れ時、病院の待合室で起った出来事です。

狭い待合室に、三人の患者さんがいました。
その中に、学校の先生が二人おられたのです。
一人は五十半ばの女の先生。もう一人は三十過ぎの男の先生です。

そこへ、顔色の悪い女の子を連れたお父さんが、入って来ました。
どうやら、こちらは初めての患者さんのようです。
私は受付のガラス窓から、保険証を受け取り、カルテを作っていました。

ところが、「ウェー」という声がしたのです。
急いで顔を上げると、先ほどの女の子が食べていたものを吐き出し、
それをちょうど真向いに座っていた男の先生が、自分の両手で受け止めていたのでした。

他人の嘔吐物を、父親ではなくて、見ず知らずの他人が、素手で受け止めていたのです。
私は驚いて声も出ませんでした。
そして、世の中にはこのような人もいるのかという衝撃で体中に熱いものが走りました。

それは、勇気などというものではなくて、とっさの場合に出た自然の行為で、
平素から子供に対して深い愛情を注いでいるに違いないこの先生の
豊かな人間性に他ならないと思ったからです。

 (中略) 
看護婦さんが、急いで雑巾で後始末をされましたが、もう一人の女の先生は、
自分の足元あたりを指差して、「このあたりまで飛び散っていますよ」と言われただけでした。

 そして何ヵ月かたった、ある日のことです。
その日は待合室が大変混んでいました。
風邪がとても流行っていたのです。
玄関には、脱いだ履物が散乱していました。

そこへ小学校高学年くらいの男の子が入って来ました。
男の子は靴を脱ごうとして立ち止まり、すぐにしゃがみこんで、
散らかっている履物をきちんと揃え始めたのです。
今どき、珍しい子がいるなあと思って感心しました。
男の子は揃え終わると、自分の靴を脱いで、私の前まで来て、保険証を出しました。

差し出された保険証には、何と数ヵ月前、
他人の嘔吐物を素手で受け止められた先生の名前が書いてあったのです。
やはり、この親にして、この子ありなんですね。

私はなんとも言えない感動で胸が一杯になりました。
潮文社『心に残るとっておきの話』第五集より


Photo




2017年11月29日 (水)

あなたの特別な人

「あなたの特別な人」
あなたが幸せなとき
自分のことのように
一緒に喜んでくれる人。
あなたが悲しいとき
自分のことのように
一緒に悲しんでくれる人。
そんな人がいたら
大切にしてください。
あなたの心にいるべき
特別な人なのです。

Photo_2



ニューヨークにもいた大岡越前

  【ニューヨークにもいた大岡越前】
ニューヨークの歴史に残る市長として、ラガーディアさんという人がいました。
体格の小さな人でしたが、バイタリティあふれる優秀な市長で、
市民からは「little flower(小さな花)」と呼ばれ、親しまれていました。
ニューヨークにあるラガーディア空港は、彼の名にちなんだものです。

そのラガーディアさん、市の様々な部署を知り、
連絡を保つため、職員の代わりに現場で働くことがあったそうです。

あるとき彼は、夜間の刑事法廷を取り仕切ることにしました。
そこに連れてこられたのが、パンを盗んで捕まったという男。
その日はとても寒く、男の家族は飢えに苦しんでいる状態で、
やむなくパンを盗んでしまったということでした。

話を聞いたラガーディアは、こう言います。
「法律に例外はありません。罰金10ドルとします」
しかし、話はそれで終わりませんでした。
彼はポケットから10ドルを取り出すと、
自分のトレードマークであったソンブレロ(つば広の帽子)に投げ入れたのです。
「これがあなたが払う罰金の10ドルです」

さらにラガーディアは、傍聴人に対して、このような命令を下しました。
「食べるために盗みをしなければならないような街に住んでいる罪として、
 この法廷にいる全ての人に罰金50セントを命じます」
「廷吏は罰金を集めて、被告に渡しなさい」

法廷に帽子が回され、ラガーディアが最初に入れた10ドルと合わせて、
全部で57ドル50セントのお金が集まりました。
被告の男は、その中から罰金として10ドルを支払うと、
幸せそうな笑みを浮かべて法廷を去って行きました。

Photo



2017年11月28日 (火)

あなたがいるだけで

 『あなたがいるだけで』
あなたがそこにただいるだけで
その場の空気があかるくなる

あなたがそこにただいるだけで
みんなのこころがやすらぐ

そんなあなたにわたしもなりたい
 - みつお


Photo




99%だめ あと1%あるやん

 「99%だめ あと1%あるやん」  - 辰吉丈一郎 -...
この名言は、今からちょうど20年前の夏、
同時無敗の世界王者、シリモンコン選手への挑戦が決まったときの言葉です。

このとき、辰吉選手は網膜剥離というアクシデントに見舞われ、
何とか復帰したものの世界戦で5連敗中、JBCからも何度か引退勧告がなされていました。
もう辰吉は終わったと、誰もが過去の人と思っていました。
そうして決まった次の挑戦相手は、無敗街道を突き進む、辰吉選手よりも7歳も若い怪物王者、
前評判では辰吉選手が圧倒的不利、絶対に勝てないだろうと言われていました。

そう、「99%勝てない」と。メディア、ボクシングファン、みんながだれともなく、当時そう言ってました。
その声に対し辰吉選手は、こう言い返しました。
「あと1%あるやん」と、そして見事シリモンコン選手を打ち破ったのです。

99



2017年11月27日 (月)

人生は必ずなんとかなる

生きることは、
とてつもなく厳しいけれど、
だからこそ喜びがある。
諦めさえしなければ、
人生は必ずなんとかなる。
今日まで生きてこられたなら、
少しくらいつらくとも、
明日もまた生きていける。
そうやっているうちに、
次が拓けてくるのです。
何歳にも、
人生は捨てたものではありません。
 **やなせたかし**

Photo


平穏無事な日々は、脳を衰えさせる

 【平穏無事な日々は、脳を衰えさせる】  脳科学者、中野信子さん
「幸福な人生」というと、何ごともない平穏無事な人生をイメージする人が多いかもしれません。
しかし、同じ刺激が単調に繰り返されるだけでは、脳内快楽物質は出なくなります。

波風が立たない人生の日々は、脳にとっては何の新鮮な感動もない砂漠。
こうした飢餓状態が続くと、脳は衰えます。
さまざまな困難が次々と襲ってくる人生のほうが、
それを乗り越えるたびに深い幸福感を感じることができるのです。
  『生きるのが楽しくなる脳に効く言葉』 セブン&アイ出版

人は誰もが平穏無事を願う。
しかしもし、何年も何十年もの間、病気や事故も、困難も辛いことも何もなく、
毎日が平穏無事に過ぎていったとしたら、人は確実にボケてしまうだろう。
困難や辛いことがあるからこそ、それを乗り越えることによって、人間的に成長できる。
だから、後から振り返ってみて、あの困難や辛いことがあったから、今の自分がある、と思える。
そして、困難や辛かったことにも感謝ができる。

我々は、魂の成長のために、この地球に生れてきた。
それは、少しでも、人の役に立てる人間になること。
自分のことばかり考えている利己の人には、成長はない。

我々は、生まれる前に自分が書いたシナリオ通りに生きると言われている。
人生を舞台とするなら、シナリオを自分で書き、演出も照明も自分で、
そして、主役として自分自身が演じる。
だとするなら、自分に起こる困難や辛いこと、面倒なことに対して、文句や愚痴、泣き言はいえない。
自分でそれを決めてきたのだから。

「平穏無事な日々は、脳を衰えさせる」
自分に起こるすべての出来事を「ウエルカム」、と笑顔で受け入れたい。



2017年11月26日 (日)

「疲れた」は、頑張った証拠

「疲れた」は、
  頑張った証拠。
「失敗した」は、
  挑戦した証拠。
「もう止めようかな」は、
  まだ希望を捨てずにいた証拠。
「素直になれない」は、
  それだけ愛している証拠。
もう良いは、
  全然よくない証拠。
大丈夫は、
  全然大丈夫じゃない証拠。
 - 作者不詳 -




最も不幸せな国の人とは

 「最も不幸せな国の人とは?」
幸福学研究のゴッドファーザーとして知られるオランダの社会学者、ルート・ェーンホーヴェンは
「世界幸福データベース」を主宰している。
同氏が幸福度の見地からすべての国を精査したところ、
最も幸せからほど遠い国になったのがモルドバだった。

元ソ連に属していたほとんど無名の国が、この疑わしくも不名誉な地位を得た根拠は何か?
モルドバ人はたがいをまったく信用しないということだ。
モルドバ人の生活ほぼすべての面で信頼が欠如している。

作家のエリック・ワイナーによると、あまりに多くの学生が教師に賄賂を渡して試験に合格するので
国民は、三五歳以下の医者にはかかろうとしない。医師免許も金で買っていると考えられるからだ。
ワイナーは、モルドバ人の意識を一言で表した――「私の知ったことではない」。

この国で、集団の利益のために人びとを一致団結させることはとうてい不可能だ。
誰も、他者の利益になるようなことをしようとしない。
信頼感、協調心の欠如は、この国を利己主義のブラックホールに変えてしまったのだ。
周りの者が信頼できないという考えは、自己達成的予言になるとの研究結果がある。
あなたは皆がいんちきをすると仮定し、人を信じるのをやめる。
その後は努力をしなくなり、ひたすら下方スパイラルに入る。

仕事のチームに悪い従業員がたった一人いるだけで、
チーム全体の業績が三〇~四〇%低下するという。
たしかに個人的なごまかしは利益をもたらすかもしれない。
しかし、ほかの人もごまかすようになるのは時間の問題だ。
そして誰もが泣きを見ることになる。詰まるところモルドバのような利己主義な文化が構築され、
公共の利益に貢献する人びとからもたらされるはずの価値が微塵もない状況になる。

モルドバの調査を行ったフェーンホーヴェンは言う。
「社会の中であなたが置かれている場所より、社会の質のほうが重要だ」
その理由を、ミシガン大学政治学教授のロバート・アクセルロッドがいみじくも説明している。
「利己的な人は、初めは成功しそうに見える。しかし長い目でみれば、
彼らが成功するために必要とする環境そのものを破壊しかねないのだ」
 残酷すぎる成功法則 エリック・バーカー 著 橘玲 監訳 竹中てる実 訳 飛鳥新社
_______

ある調査で、職場、運動チーム、家族等、さまざまな関係で周囲の人に
最も望む特性は何かと尋ねたところ、答えは一貫して「信頼性」だったそうです。
だれも信じられないというのは不幸なことです。
そこにいるほとんどの人が「自分さえよければいい」と思っているわけですから、
モルドバという国が最も不幸せな国と言われてしまうのも仕方ないでしょう。

世界一幸せな国として「ブータン」をあげる人もいます。
ブータンの人々は非常に穏やかで譲り合いの気持ちがあるそうです。
国内に信号は1つもないけど、人々は譲り合って通っているから問題ないようです。
モルドバとは逆の生き方のように思います。
興味深いデータがあります。
___

経済の専門家であるアーサー・ブルックスは、収入と寄付金との関係を調査した。
2000年時点のアメリカ人約三千人のデータを利用し、収入と寄付金に影響を与えそうなすべての要因
(学歴、年齢、人種、宗教、政治信条、婚姻関係の有無)なども考慮された。
予想どおり、収入が高いほど、寄付する額も多くなった。
収入が1ドル増えるごとに、寄付金は0,14ドル上昇したのである。
ところが、それよりはるかに興味深いことが明らかになった。
何と、寄付金が1ドル増えるごとに、収入が3,75ドル高くなったのである。
確かに、与えることで人びとは金持ちになっているようだった。

(中略)
心理学者のエリザベス・ダン、ラーラ・アクニン、マイケル・ノートンが調査を行い、
被験者に朝、自分の幸福度を評価してもらい、
続いて、思いがけない贈り物__20ドル(約2千円)入った封筒__を渡した。
ただしルールが一つだけあり、それは、20ドルを午後五時までに使わなければならないことだ。
そのあと、被験者は再び幸福度を評価した。

20ドルを自分のために使った人と、ほかの人のために使った人の、
どちらが幸福度が高かっただろうか。
たいていの人は、自分のために使ったほうが幸福度が高いだろうと考えるが、それは間違いだ。
実のところ、自分のためにお金を使っても、幸福度は変わらなかったが、
ほかの人のために使った人は、幸福度がかなり上がったと報告しているのだ。
GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代 / アダム・グラント 著 / 楠木 建 監訳 / 三笠書房
___

自分を喜ばせようと必死な人は、自分さえも喜べない現実が待っている。
他人を喜ばせようと必死な人は、自分も周りも喜ぶ人生が待っている。
利己主義じゃなく、利他主義がいいですね。


2017年11月25日 (土)

偽りの自分

『 偽りの自分 』
「人の為」と書いて
「いつわり」と読むんだねえ
- 相田みつを -


その笑顔は本物ですか。
無理して笑っていませんか。
本当の気持ちを押し殺して
抱え込んでいませんか。
- 作者不詳 -

嫌われたくなくて、自分を偽っても、
いつしか自分が作り上げた「私」が
「本当の私 」を苦しめる。
つくった自分じゃ
心から笑えないし、
窮屈な思いをするのなら
いつだって私は、「本当の私」でいたい。
- 作者不詳 -

Photo


笑うから楽しくなる

 【笑うから楽しくなる】 中村天風さん
《悲しいことや辛いことがあったら、いつにもまして、笑ってごらん。
悲しいこと、辛いことのほうから逃げていくから》
いいですか、常に積極的な心をもって応じ、歓喜の念をもって接するようにすれば、
こころはいたぶられないんです。
といっても、なかなかできない人も多いでしょうから、いちばん簡単な方法を、いまからお教えします。
いいですか、なにか悲しいこと、辛いこと、そのほか消極的な出来事があったら、
努めて「笑う」ようにしてごらん。
どうだい、これならあなた方でもできるだろう?

多く言うまでもなく、笑えば心もちは、何となくのびのびと朗(ほが)らかになります。
すなわち鬱(うつ)な気が開けるんです。
あなた方も、笑えばこう、なんとなく楽しくなってきやしません?
ためしに、おかしくもなんともないときに、「アハハ」って笑ってみてごらん。
なんだかおかしくなってくるから。

悲しいときや辛いときにも、おかしな話に引きこまれると、
なんだか笑っているうちに悲しいのや辛いのを忘れはしなくても、
やわらいだっていう経験おありでしょう。
笑うにつれ腹がたってくるとか、悲しくなってくるとか、辛くなってくるってことは、絶対にないんです。
この簡単な事実を、案外にも多くの人は見のがしていやしませんか。
この笑いの効用を応用すれば、すこぶるいい結果を人生に招くことができるんですよ。
このことに気づいている人が少ないようですなあ。

考えてみればすぐおわかりになられることなのですが、そもそもこの笑いというものは、
生きとし生けるすべての生物の中で、われわれ人間だけに与えられている特殊の作用なんですぜ。
ほかの生物の世界には、人間のように笑うという表情をもって、
心の喜びをさかんに表現する特別の作用はだんぜんありません。
こうした事実を厳粛に考えますと、笑いというのは人間のみ与えられた特権だってことがわかるでしょう。

昔から言うでしょう、「笑う角には福きたる」ってね。
さあ今日から、努めて笑うことにしましょうや。
とくに悲しいことやつらいことがあったら、
いつにもまして悲しいこと、辛いことのほうが逃げていくから…。
  『君に成功を贈る』 日本経営合理化協会

「楽しいから笑うのではない。 笑うから楽しいのだ」
ウィリアム・ジェームズ (アメリカの心理学者・哲学者)の有名な言葉だ。
『脳は、先に口にした言葉に対して、不条理・不合理を認めず、
合理的な事実に当てはめて解釈しようとする働きがあります。
先に「ありがとう」と言ってしまうと、その瞬間から、
脳は「ありがとう」を探しはじめるようにできているそうです』
小林正観さんの言葉だ。

これは、「笑い」も同じ。
笑えば、笑う材料を脳は探し始める。
すると、もっと笑いたくなるような状況がやってくる。
多く笑えば、人生はもっと楽しくなる。

2017年11月24日 (金)

人間に必要なのは困ること

人間に必要なのは困ること。
絶体絶命に追い込まれたときに
出る力が本当の力。
伸びる時には必ず抵抗がある。
必死のときに発揮される力というものは
人間の可能性を予想外に拡大するものである。
 ー 本田 宗一郎 ー

Photo_2


臨時休業

『夫婦喧嘩のため臨時休業いたします』
正直すぎませんか??
『嫁さんの機嫌がなおり次第開店します』が最高・・・
ご主人・・・ファイト

Photo


金言を発する

 「金言を発する」
「ありがとう」「うまくいく!」「きっとよくなる!」「川の流れは完璧!」「美しい~」
「輝いてる」「循環してる!」「ドンドン広がる~」「最高!」「しあわせ~~」「イケる~!」
こうした言葉をつぶやいてみてください。
気分が上がりませんか?
言葉はバイブレーションなので、どの言葉を発するか、聞くか、で自分の気分も変わります。
気分もバイブレーションです。
自分の発するバイブレーションはそのまんま、引き寄せの法則に影響するので大切です。
「与えるものが、受け取るもの」です。 

「しんどい」「疲れた」「うまくいかない」「どうしたらいいかわからない」
「お金がない」「あの人のせいで」
「最悪な自分」 
などなど、ためしにこうした言葉をつぶやいてみてください。
どうですか?まったくエネルギーが違うのがわかりますよね。
つぶやいていて、気分が落ちませんでしたか?

実は言葉自体には、意味はありません。
すべてはニュートラルです。
ですが、人間は、言葉1つ1つに意味をつけていますよね。
「きっとよくなる」と、「うまくいかない」では、ほとんどの人が前者は気分がよくなり、
後者は沈む感じではないでしょうか?

言葉の意味を思い込む、と言っているのではなく、
簡単に、深く考えず、ただ言ってみる。これをおすすめしています。
うまくいっていないのに、うまくいっている!と無理に思いこむとか、そういうことではなく、
ただ、簡単に軽く言ってみる。簡単に軽く発する。
これが自身のエネルギーを上げ、気分がよくなるきっかけになります。
 太陽の習慣  FUMITO&LICA  徳間書店
_______

「喜」や「嬉」という漢字を見ると、細胞ごとワクワクしている気がします。
「苦」や「悲」という漢字を見ると、やはり気分が沈みます。
普段使う言葉もそうでしょう。
よく、「天国言葉」と「地獄言葉」とも言います。
「天国言葉」
・ついてる・愛しています・うれしい・楽しい・感謝してます。
・しあわせ・ありがとう・ゆるします
「地獄言葉」
・ついていない・不平不満・グチ、泣きごと・悪口、文句・心配ごと・ゆるせない

「天国言葉」を使う人の所には、人が集まります。
「地獄言葉」を使う人の元からは、人が去っていきます。
そして、一番近くで聞いている、自分自身が影響を受けてしまうのです。
また、もし周りに「分かっちゃいるけど変えられない」という人がいましたら、
以下のお話がおすすめです。

そろそろ、みんなも、誰かのせいにするの、よそう。
自分のやったことを自分で刈りとるのは、当然のことなの。
それと。そろそろ、変な因果作って、来世に残していくの、止めよう。
一生懸命、刈りとって。一生懸命、いい種まけば、いいんだよな。
特別なことなんか、しなくていいんだよ。
人に対して傷つけるようなこと、言わなきゃいいんだよ。
ねぇ。それを、なぜ、できないんですか?──って、「我」だよ。

あなたに「笑顔にしてな」って言う。
そりゃそうだよな、笑顔のほうがいいに決まってるんだから。
それなのに、ブスッとしてる。
せっかく「笑顔でいるといいですよ」という話をしてくれているのに、
それを聞いてもブスッとしてるって、おかしいんだよ。

グチとか泣き言、文句、悪口とか、マイナスの地獄言葉より、プラスの天国言葉のほうがいい、
なんて、子どもだってわかるんだよ。
それを、いい大人がやらないのは、「我」が強いんだよ。
わかるかい?「我」をなくせばいいんだよ。
 (人生が楽しくなる 「因果の法則」  斎藤一人 著  PHP研究所)
___

神社にお参りに行くと、「鏡」が必ずあると思います。
お参りするとき、鏡に映っているものから“我”をとると、「神」になります。
つまり、
“かがみ”の中の自分から“が”をとると、「かみ」になります。
神社では、内なる神様も拝んでいたのです。
そして、鏡であると言うことは、そのまんま返ってくるということも表しています。

「ありがとう」と日頃の感謝を拝めば、
「ありがとう」と言いたくなることがもっとやって来るように、
不満や愚痴で、どうにかしてくれとお願いばかりしていたら、
また不満や愚痴でどうにかしてくれという現実がやってきます。
笑顔で拝めば、笑顔になるような出来事が返ってきます。

もっというと、神社でお願いばかりする人は、普段もお願いばかりするものです。
神社で感謝する人は、普段も当たり前に思ってしまうことにも感謝できる人です。
投げたものが返ってくる。
蒔いたものを刈り取る。
昔から多くの偉人や経営者が言われていることです。
自分が放つ言葉、意識していきたいですね。



2017年11月23日 (木)

覚悟がすべてを動かす

 【 覚悟がすべてを動かす 】
どんな生き方であれ
「 自分で人生を選んでいる 」...
 という潔い感覚こそが カッコよく生きる根本になる

「 好きだから 」
「 やりたかったから 」
「 楽しそうだったから 」
行動の理由はこれで充分だ

動機がシンプルなほどエネルギーは強い
ぐちゃぐちゃ細かい理由などいらない

必要なのは勇気ではなく
「 覚悟 」
決めてしまえば
すべては動き始める
 高橋歩 

Photo_3




アルコール依存症の恐怖

 【アルコール依存症の恐怖】 松井 直樹(堺市泉北断酒会会長)

お酒を飲む量や時間を自分の意志でコントロールできなくなるアルコール依存症。
この病気の恐いところは、自分がアルコール依存症であることに気がつかず、
家族や周囲の人も単に酒癖の悪い人だと見なしてしまい、治療が遅れてしまうということです。

事実、内閣府の発表によれば、アルコール依存症患者は約109万人いるとされていますが、
その中で専門的な治療を受けている人は5万人にも満たないとされています。
そのうちに、酒のために仕事ができなくなり無断欠勤が続いて会社をクビになる。
そして最悪の場合には自殺に至る事例も多くあるのです。

私が会長を務める大阪府の堺市泉北断酒連合会(以下断酒会)では、
行政・医療と連携しながら、40年以上にわたり
アルコール依存症に関わる様々な啓発活動に取り組んできました。
その活動の命綱となるのが、保健センターの会議室で行う「断酒例会」です。

飲酒して周囲に迷惑を掛けることを「酒害」と呼びますが、
断酒例会では各々の酒害体験を語り合います。
それにより、自身の辛い過去を忘れないこと、
また「自分だけではなかった」と孤独感が和らぎ、仲間意識が芽生えることで酒を断っていくのです

(中略)
かくいう私も、かつては重度のアルコール依存症に苦しみ、
断酒例会に参加することで命が救われた一人でした。
体験者だからこそ、断酒会仲間の気持ちが分かるのです。

私は1961年、大阪府堺市に生まれました。
家族は皆喜んでくれ、とりわけ母からは、「私の自慢の息子や」と事あるごとに聞かされ、
何の不自由なく育てられました。

そんな私が、酒が原因で最初に問題を起こしたのは、
大学寮の新入生歓迎会で大量の飲酒をした時でした。
その深夜に泥酔した状態でバイクに乗った私は、タクシーと衝突事故を起こしたのでした。

就職してからも、毎晩のように飲み歩くようになり、
目を覚ませばいつも裸に近い状態で駅前や公園でひっくり返っているのですが、
自分が何をしていたのか全く覚えていません。
その度に自責の念に駆られるも、現実から逃れるためにまた飲酒するという日々の繰り返しでした。

給料はもらった日にすべて酒代に消え、借金は瞬く間に二百数十万円に膨れ上がりました。
両親に初めて借金を返済させたのはその二百数十万円です。

その後、大手運送会社に転職しましたが、
収入が増えたことで気が大きくなり、飲み方は一層ひどくなりました。
また、29歳の時に結婚するも、毎日泥酔して朝方に帰宅する、
飲酒を注意されれば暴力をふるう、という状況が続き3年後に離婚しました。

結局、35歳の時に六百数十万円の借金をつくり、
「もうあかん」と、梅田のホテルにチェックインし、大量に酒を飲み、
屋上から飛び降りようと自殺を決心しました。

飲酒後意識を失ってしまったようで、フロントからの電話で目を覚ました時には数日経っていました
フロントには母からの一通の封書が預けられており、
現金と「誰もあんたを怒ったり責めたりしないから安心して帰ってきなさい」
という手紙が入っていました。
死にきれず、私はまた母に助けを求めました。

しかし、それでも飲酒が原因で借金を繰り返し、母親から「あんたを殺そうと思ったけど、
あんたは私がお腹を痛めて産んだ子供やから、私の手では殺されへん。
どうか頼むからもう自分で死んでくれへんか?」と頭を下げて頼まれました。

そして、2007年、遂に会社のお金を横領し逃亡生活に入りました。
もうどうなってもいい、金がなくなったら死のうと、逃亡しながら酒を飲み続けました。

大阪・ミナミのビジネスホテルで、
飲み仲間からもらった睡眠薬と酒を一緒に飲み自殺を図ったのですが、
意識を取り戻した時には府内の警察署に保護されていました。
間もなく、母が方々奔走してくれたことで、
アルコール依存症を専門に治療する新生会病院に入院することができました。
そして相部屋になった方に断酒会の存在を教えていただき、一緒に参加するようになったのでした

初めて断酒会に行った時のことはいまでも忘れられません。
当時の会長さんが私を見るなり、「よう来たね」と、笑顔で声を掛けてくださったのです。

飲酒のことで虐げられることはあっても、
「よう来た」と褒められる経験などなかった私は、会長さんの温かい言葉が嬉しく、
「来週も来よう。断酒をやり遂げよう」と決意することができたのでした。
会長さんの言葉は現在の私の活動の原点となっています。

お酒の問題を誰にも相談できず無理解に直面し、すべてを失っていく方がまだ大勢いらっしゃいます
断酒会で体験談を語り続けていく中で同じ悩みをもつ仲間ができます。
「断酒は仲間とともに」なのです。
 松井 直樹(堺市泉北断酒会会長) 『致知』2017年12月号【最新号】 連載「致知随想」P87より


2017年11月22日 (水)

感謝の会開催の広告

日経朝刊。社会面。
この広告 すごいな。
言葉を失う文字の力。

Photo_3

勇気が出る20の言葉

 【勇気が出る20の言葉】
①望む現実を創るとは望む自分を創ること
②すべての壁は自分の内にある
③できるかできないかではなく
  やるかやらないか...

④やる人は「時間」を作り
  やらない人は「理屈」を作る
⑤他人に期待すれば不満になり
  自分を信頼すれば自信になる

⑥人は欲しいものではなく
  自分と同類のものを引き寄せる
⑦だから素敵な恋人を求める前に
  素敵な自分になろう
⑧愛を求める前に愛に生きる人になろう
⑨問題は「彼ら」が何をするかではなくて
  「自分が」何をするか
⑩人間関係とは他人を通して
  自分自身との付き合い方を学ぶ機会

⑪他人を変える一番良い方法は
  自分の視点を変えること
⑫転ぶものほど転び方がわかる
⑬自分の苦しんだ経験が他人の役に立つ
⑭「辛い」+「-」=『幸』
⑮人は賛成意見に勇気づけられ
  反対意見で成長する

⑯自分の短所を受け入れるとき
  自分らしさという魅力が生まれる
⑰最大のピンチは最大のチャンス
⑱大変とは大きく変わる事
⑲うまくやるより本気でやる
⑳出来ない理由は出来る理由は。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で
自分を
励ます言葉です。


Photo_5




2017年11月21日 (火)

すてきな友

「わたしには
とっても
すてきな友がいます
明るいんです
楽しいんです
思いやりがあるんです
自分が苦しんでいても
みんなといると
いつもまわりに
気をつかって
さわぐんです
わたしにはとっても大切な
友がいます」

Photo





いつでもどこでも口にすることができる無限の資源

「いつでもどこでも口にすることができる無限の資源」

残念なことに、私たちは「いつかいいタイミングが訪れるだろう」と考えて、
感謝の気持ちを伝えるのを先延ばしにする傾向がある。
しかし、それはよくない。
感謝の気持ちをすぐに伝える習慣を今日から身につけよう。
自分がどれだけ感謝しているかを、大切な人に伝えよう。
誰かが支えてくれたり親切にしてくれたりしたら、その人に感謝の気持ちを伝えよう。
その気持ちを心の中に秘めていてはいけない。
あなたが感謝の気持ちを伝えれば、相手だけでなくあなた自身もいい気分になるはずだ。

感謝の気持ちだけではない。
誰かがいい仕事をしたときは、それを本人に知らせよう。
何かが得意な人はそれを自覚しているはずだから今さらほめたところで意味がない、
とあなたは思っているかもしれない。
しかし、能力、技術、熟達度に関係なく、どんな人でも「いい仕事をしましたね」と言われるのが好きなのだ。
人々は自分の価値を認められれば、すでに名人の域に達している人でも、
「よし、もっとがんばろう」という気持ちになるものだ。

人をほめることについて大切なことを書いておこう。
※ほめ言葉は、いつでもどこでも口にすることができる無限の資源である。
※相手に感謝の気持ちを表現することで、自分が寛大な気持ちになれる。
※自分が評価されていることを知っていても、
  それを誰かから言われることで向上心をさらにかき立てられる。
最後にひとこと。ほめ言葉は誠実なものでなければならない。不誠実なほめ言葉はすぐに見抜かれる。
 「上手くいっている人の考え方」《完全版》 ジェリー・ミンチントン 著 弓場隆 訳 ディスカヴァー

以下は、2007年夏の全国高校野球大会で優勝した佐賀北高校のお話です。
つい最近、「ミラー細胞」というのが見つかり、脳医学で注目されているそうです。
どんな細胞かと言えば、そばにいる人と同じ表情をしたり、相手の感情をそのまま反射したりする、
つまり相手の気持ちを反映する細胞なんだそうです。
ということは、あなたが相手に思いやりの気持ちを向けると、
相手もこちらの気持ちにシンクロ(同調)するということになります。

母親が赤ちゃんに微笑むと、赤ちゃんも同じような表情を作ることがあります。
相手が「ありがとう」と言ってくれたら、自分も、「こちらこそありがとう」、という気持ちがわいてくる。
そうさせるのが「ミラー細胞」というわけです。

このニュースを聞いて、私は2007年、夏の全国高校野球大会で優勝した佐賀北高校のことを思い出しました。
佐賀北高校は勉強に熱心な県立高校で、チームも全国から野球のエリートをかき集めて作ったわけではありません。
そんな普通の高校が甲子園で優勝したということで、全国から大きな喝采を浴びました。

驚いたことに、その佐賀北高校、試合中に相手チームをほめるのです。
たとえば、相手がカーンとヒットを打ったとします。
すると佐賀北の一塁手が、塁に立った相手走者に言うのです。
「ナイスバッティング」
二塁打を打った相手には、二塁手が「素晴らしいですね」とほめます。
一方、打撃に入って三振を取られると、相手のピッチャーに「ナイスピッチング」と声をかけます。

普通はこんなこと絶対にしないでしょう。
結局、佐賀北は大会で一度も負けていません。
当たり前ですが優勝するということはそういことです。
一方、負けたチームも負けたのは一回きりです。
甲子園にはそういうドラマがあります。
一回しか負けていなくても、それで終わりなのです。
だからこそ、負けたほうはずいぶん悔しい思いをしたはずです。

しかし、佐賀北と対戦して敗れたチームはみな佐賀北のファンになってしまったのです。
そうして、勝つたびに佐賀北は多くの応援者をつけ、
県立高校としては11年ぶりの、甲子園全国優勝を果たしたのです。
 (「涙の数だけ大きくなれる」 木下晴弘 著/フォレスト出版)

感謝の言葉を伝えるときや、人をほめるとき、相手も嬉しいでしょうが、自分も嬉しいものです。
まさに「ミラー細胞」ですね♪
照れくさかったりするかもしれませんが、みんながハッピーな気分になる
「感謝」や「ほめる」は沢山伝えていきたいものです。


2017年11月20日 (月)

家族とは

 『 家族とは 』
家族とは
血でつながっている人だけじゃない。
家族とは
人生であなたと一緒にいたいと思ってくれる人たち。

家族とは
ありのままのあなたを認めてくれる人たち
家族とは
あなたに笑顔でいてほしいと願ってくれる人たち
家族とは
たとえどんなことが起きても
あなたを愛してくれる人たちのこと。
血が繋がってなくても、みんな家族。

人生の中で共に助け合える友人、仲間、恋人
みんなに本当に感謝だね。
 - 作者不詳 -

Photo_4



うつ病について

今回のテーマは、「うつ病」についてです。うつ病について解説されている記事の中身は「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典から抜粋されたものです。
うつ病とは「気分障害」の一種です。気持ちが落ち込んだまま回復せず、普段通りの生活を送ることが難しくなってしまいます。

『 うつ病は心ではなく脳の病気! 』
うつ病はよく「心の病気」といったことが言われますが、実は脳の病気なんです。ですので、うつ病は気の持ちようで改善されるような類の病気ではないんです。
長期間にわたって気が滅入るような気分が改善されないのであれば、専門の医療機関を受診しなければなりません。

■ うつ病の原因とは?
うつ病の原因は依然として解明されてはいませんが、概ね以下のとおりです。
(1)脳の神経系の異常
(2)うつ病になりやすい性質
(3)ストレス
(4)病気
(5)環境の変化など

『 うつ病になりやすい性格的特徴とは!? 』
脳の神経系の異常としては、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経物質の減少前頭葉の血流や代謝の低下などです。
脳内神経伝達物質のバランスが乱れることにで「うつ病」を引き起こします。
うつ病になりやすい性格は以下の通りです。
(1)生真面目
(2)几帳面
(3)仕事熱心
(4)責任感が強い
(5)気が弱い
(6)相手の気持ちに敏感

■ うつ病の症状とは?
(1)気が滅入り、何もやる気がしない
(2)大好きなこともやる気が起きない
(3)頭が回らないので思考力低下
(4)集中できなくてミスばかり
こういったことが長期間にわたって続いているのであれば、「うつ病」を疑う必要があります。

■ うつ病の治療とは?
上述した点をしっかり修正することにより、うつ病の症状は次第に改善されます。しかし、うつ病のような病気は、自分で何とかしようとすると必ず失敗します。
専門の医療機関を受診して、医師の診断のもと適切な治療を受ける必要があります。精神科や心療内科を受診することに対する抵抗感があるかもしれません。
個人が経営する専門のクリニックは、美容サロンのような雰囲気です。そうした抵抗感もくことなく受診することが出来ると思います。長期間にわたって苦しんでいるのであれば速やかに受診しましょう。
 【出典】 精神科医:樺沢紫苑先生

Photo_3





2017年11月19日 (日)

強さは節の積み重ね

『強さは節の積み重ね』
竹は節があればこそ、しなやかで強い。
ともすれば、とりとめもなく流れゆく日々、
ときには立ちどまり、自分なりに時の節目をつくり大切にしたい。
年に一度、月に一度、週に一度、日に一度、身辺を整理するもよし、
反省を加えるもよし。
そうした時の節目の積み重ねから
長い人生に耐える知恵と力が次第に生まれてくる。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より


Photo

どこまでも追い求めよ。失敗を恐れるな

 【どこまでも追い求めよ。失敗を恐れるな!】 アカデミー学院 学院長 舟田 譲二

「本当に大切なことはどこまでも追い求めなさい。
たとえ失敗したとしても世の中はあなたが試してみたことによって少しでも良くなるのだから」

 --ティム・オーライリー、フリーソフト・オープンソースムーブメントのサポーター (訳 舟田譲二)

私たちはとかく失敗を恐れがちです。
そのため、大胆な行動が取れない、あるいはやりかけても無理だと思ったら途中であきらめる。
「石橋を叩いて渡る」のではなく、「石橋を叩いて、結果渡らない」あるいは「石橋を叩くことすら怖くてしない」のです。
「石橋を叩かずにいきなり渡る」人が時々いて、そのような人を見ると驚いたり、尊敬したり、場合によっては呆れることすらあります。「よくあんなことができるものだ...」と。

でも、考えてみたら人類の歴史というのは、先人たちの失敗の繰り返しの上に成り立っているのであって、それがなければ今日の世界、私たちというのはあり得ません。
よく引き合いに出されるのが、エジソンが電球のフィラメントの素材を探すのに9999回失敗した、いや失敗したのではなく、だめな方法を発見したのだ、という例の有名な話です。
このような先人たちのトライアンドエラー(英語で trial and error、日本語では試行錯誤)があってこそ今日の世界があるのです。

もし失敗していないなら、十分に難しい問題に取り組んでいないからで、それは大きな間違いだ」
とノーベル物理学賞受賞者のフランク・ウィルチェックが言っています。
また、スタンフォード大学心理学教授のキャロル・ドゥエック氏もこう語っています。
「失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している」

このほか、世界中に数えきれないほどの「失敗」に関する名言・格言がありますが、そのいずれも肯定的なものばかりで、むしろ失敗することを勧めているほどです。
とどのつまり、大切なのはチャレンジする精神とあきらめないことです。失敗することなしに成功はあり得ません。
「失敗は成功の母」なのです。

2017年11月18日 (土)

全ては己の責任

責任転嫁をしてはならない
全ての責任は己の中にある
その様に覚悟を決めるだけで
物事は前進する
 「孫正義」

Photo_2






森信三の 躾の三原則

森信三の 躾の三原則
 1、朝、必ず親に挨拶をする子にすること
 2、親に呼ばれたら必ず
   「ハイ」とハッキリ返事のできる子にすること
 3、ハキモノを脱いだら、必ずそろえ
   席を立ったら必ずイスを入れる子にすること

じゃ、このしつけのコツはというと
まず、母親自身が、ご主人に対して、朝の挨拶をハッキリするようにし
また、ご主人から呼ばれたら、必ず「ハイ」とはっきりした返事をするように
努力することです

この「ハイ」という一語によって、その人は「我」を捨てるわけです
つまりそれまでの意地や張りの一切を投げ捨てるわけです
同時に、それによって当の本人はもとより、一家の人びとの雰囲気までが変わりだす

昔ね、登校拒否の中学生をもって困り抜いたお母さんから相談を受けたんですがね
その解決法はただ一つあるだけで
それは明日からあなたがご主人によく透る声で「ハイ」と返事をされることですといった
その人はその通りしたんでしょう

その子どもはその後11日目には、もう登校しだしたとのことでした
「ハイ」という言葉が本当にいえたら、非行少年でも徐々に変わってくる

ところが、本当に「ハイ」がいえる婦人は、百人のうち、二、三人じゃないかな
表現を変えればね、これだけの俸給を得るために
主人がどれほど下げたくない頭を下げ、いいたくないお世辞をいっているか――と
いうことのわかる奥さんにして、初めて聡明な母親となるわけです

Photo





2017年11月17日 (金)

素直に謝る勇気

 『 素直に過ちを認める勇気 』
失敗の原因を素直に認識し、

「これは非常にいい体験だった。
 尊い教訓になった」という
 ところまで心を開く人は、
 後日進歩し成長する人だと思います。
- 松下幸之助さん -

自分の過ちを
認めることほど
難しいものはない。
事態を解決に導くには、
素直に自分の落ち度を
認めるのが何よりである。
- ディズレーリ -

もし自分が間違っていたと
素直に認める勇気があるなら、
災いを転じて福となすことができる。
過ちを認めれば、
周囲の者がこちらを
見直すだけでなく、
自分自身を見直すようになるからだ。
 - デール・カーネギー -

恨みを抱くな。
大したことでなければ、
堂々と自分のほうから謝ろう。
頑固を誇るのは小人の常である。
にっこり握手して自分の過ちを認め、
いっさいを水に流して出直そうと
申し出てこそ、大人物である。
- デール・カーネギー -

全ての物を失っても耐えられる心。
また出直せばいいと思える強さ。
何事にも動じない自分。
そうした内面の
しなやかさをもつことが、
幸せな人生を歩む上での糧になる。
 - 柳田邦男さん -

Photo_4






«「よくなる」前提で生きる