カテゴリー

  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2017年11月25日 (土)

偽りの自分

『 偽りの自分 』
「人の為」と書いて
「いつわり」と読むんだねえ
- 相田みつを -


その笑顔は本物ですか。
無理して笑っていませんか。
本当の気持ちを押し殺して
抱え込んでいませんか。
- 作者不詳 -

嫌われたくなくて、自分を偽っても、
いつしか自分が作り上げた「私」が
「本当の私 」を苦しめる。
つくった自分じゃ
心から笑えないし、
窮屈な思いをするのなら
いつだって私は、「本当の私」でいたい。
- 作者不詳 -

Photo


笑うから楽しくなる

 【笑うから楽しくなる】 中村天風さん
《悲しいことや辛いことがあったら、いつにもまして、笑ってごらん。
悲しいこと、辛いことのほうから逃げていくから》
いいですか、常に積極的な心をもって応じ、歓喜の念をもって接するようにすれば、
こころはいたぶられないんです。
といっても、なかなかできない人も多いでしょうから、いちばん簡単な方法を、いまからお教えします。
いいですか、なにか悲しいこと、辛いこと、そのほか消極的な出来事があったら、
努めて「笑う」ようにしてごらん。
どうだい、これならあなた方でもできるだろう?

多く言うまでもなく、笑えば心もちは、何となくのびのびと朗(ほが)らかになります。
すなわち鬱(うつ)な気が開けるんです。
あなた方も、笑えばこう、なんとなく楽しくなってきやしません?
ためしに、おかしくもなんともないときに、「アハハ」って笑ってみてごらん。
なんだかおかしくなってくるから。

悲しいときや辛いときにも、おかしな話に引きこまれると、
なんだか笑っているうちに悲しいのや辛いのを忘れはしなくても、
やわらいだっていう経験おありでしょう。
笑うにつれ腹がたってくるとか、悲しくなってくるとか、辛くなってくるってことは、絶対にないんです。
この簡単な事実を、案外にも多くの人は見のがしていやしませんか。
この笑いの効用を応用すれば、すこぶるいい結果を人生に招くことができるんですよ。
このことに気づいている人が少ないようですなあ。

考えてみればすぐおわかりになられることなのですが、そもそもこの笑いというものは、
生きとし生けるすべての生物の中で、われわれ人間だけに与えられている特殊の作用なんですぜ。
ほかの生物の世界には、人間のように笑うという表情をもって、
心の喜びをさかんに表現する特別の作用はだんぜんありません。
こうした事実を厳粛に考えますと、笑いというのは人間のみ与えられた特権だってことがわかるでしょう。

昔から言うでしょう、「笑う角には福きたる」ってね。
さあ今日から、努めて笑うことにしましょうや。
とくに悲しいことやつらいことがあったら、
いつにもまして悲しいこと、辛いことのほうが逃げていくから…。
  『君に成功を贈る』 日本経営合理化協会

「楽しいから笑うのではない。 笑うから楽しいのだ」
ウィリアム・ジェームズ (アメリカの心理学者・哲学者)の有名な言葉だ。
『脳は、先に口にした言葉に対して、不条理・不合理を認めず、
合理的な事実に当てはめて解釈しようとする働きがあります。
先に「ありがとう」と言ってしまうと、その瞬間から、
脳は「ありがとう」を探しはじめるようにできているそうです』
小林正観さんの言葉だ。

これは、「笑い」も同じ。
笑えば、笑う材料を脳は探し始める。
すると、もっと笑いたくなるような状況がやってくる。
多く笑えば、人生はもっと楽しくなる。

2017年11月24日 (金)

人間に必要なのは困ること

人間に必要なのは困ること。
絶体絶命に追い込まれたときに
出る力が本当の力。
伸びる時には必ず抵抗がある。
必死のときに発揮される力というものは
人間の可能性を予想外に拡大するものである。
 ー 本田 宗一郎 ー

Photo_2


臨時休業

『夫婦喧嘩のため臨時休業いたします』
正直すぎませんか??
『嫁さんの機嫌がなおり次第開店します』が最高・・・
ご主人・・・ファイト

Photo


金言を発する

 「金言を発する」
「ありがとう」「うまくいく!」「きっとよくなる!」「川の流れは完璧!」「美しい~」
「輝いてる」「循環してる!」「ドンドン広がる~」「最高!」「しあわせ~~」「イケる~!」
こうした言葉をつぶやいてみてください。
気分が上がりませんか?
言葉はバイブレーションなので、どの言葉を発するか、聞くか、で自分の気分も変わります。
気分もバイブレーションです。
自分の発するバイブレーションはそのまんま、引き寄せの法則に影響するので大切です。
「与えるものが、受け取るもの」です。 

「しんどい」「疲れた」「うまくいかない」「どうしたらいいかわからない」
「お金がない」「あの人のせいで」
「最悪な自分」 
などなど、ためしにこうした言葉をつぶやいてみてください。
どうですか?まったくエネルギーが違うのがわかりますよね。
つぶやいていて、気分が落ちませんでしたか?

実は言葉自体には、意味はありません。
すべてはニュートラルです。
ですが、人間は、言葉1つ1つに意味をつけていますよね。
「きっとよくなる」と、「うまくいかない」では、ほとんどの人が前者は気分がよくなり、
後者は沈む感じではないでしょうか?

言葉の意味を思い込む、と言っているのではなく、
簡単に、深く考えず、ただ言ってみる。これをおすすめしています。
うまくいっていないのに、うまくいっている!と無理に思いこむとか、そういうことではなく、
ただ、簡単に軽く言ってみる。簡単に軽く発する。
これが自身のエネルギーを上げ、気分がよくなるきっかけになります。
 太陽の習慣  FUMITO&LICA  徳間書店
_______

「喜」や「嬉」という漢字を見ると、細胞ごとワクワクしている気がします。
「苦」や「悲」という漢字を見ると、やはり気分が沈みます。
普段使う言葉もそうでしょう。
よく、「天国言葉」と「地獄言葉」とも言います。
「天国言葉」
・ついてる・愛しています・うれしい・楽しい・感謝してます。
・しあわせ・ありがとう・ゆるします
「地獄言葉」
・ついていない・不平不満・グチ、泣きごと・悪口、文句・心配ごと・ゆるせない

「天国言葉」を使う人の所には、人が集まります。
「地獄言葉」を使う人の元からは、人が去っていきます。
そして、一番近くで聞いている、自分自身が影響を受けてしまうのです。
また、もし周りに「分かっちゃいるけど変えられない」という人がいましたら、
以下のお話がおすすめです。

そろそろ、みんなも、誰かのせいにするの、よそう。
自分のやったことを自分で刈りとるのは、当然のことなの。
それと。そろそろ、変な因果作って、来世に残していくの、止めよう。
一生懸命、刈りとって。一生懸命、いい種まけば、いいんだよな。
特別なことなんか、しなくていいんだよ。
人に対して傷つけるようなこと、言わなきゃいいんだよ。
ねぇ。それを、なぜ、できないんですか?──って、「我」だよ。

あなたに「笑顔にしてな」って言う。
そりゃそうだよな、笑顔のほうがいいに決まってるんだから。
それなのに、ブスッとしてる。
せっかく「笑顔でいるといいですよ」という話をしてくれているのに、
それを聞いてもブスッとしてるって、おかしいんだよ。

グチとか泣き言、文句、悪口とか、マイナスの地獄言葉より、プラスの天国言葉のほうがいい、
なんて、子どもだってわかるんだよ。
それを、いい大人がやらないのは、「我」が強いんだよ。
わかるかい?「我」をなくせばいいんだよ。
 (人生が楽しくなる 「因果の法則」  斎藤一人 著  PHP研究所)
___

神社にお参りに行くと、「鏡」が必ずあると思います。
お参りするとき、鏡に映っているものから“我”をとると、「神」になります。
つまり、
“かがみ”の中の自分から“が”をとると、「かみ」になります。
神社では、内なる神様も拝んでいたのです。
そして、鏡であると言うことは、そのまんま返ってくるということも表しています。

「ありがとう」と日頃の感謝を拝めば、
「ありがとう」と言いたくなることがもっとやって来るように、
不満や愚痴で、どうにかしてくれとお願いばかりしていたら、
また不満や愚痴でどうにかしてくれという現実がやってきます。
笑顔で拝めば、笑顔になるような出来事が返ってきます。

もっというと、神社でお願いばかりする人は、普段もお願いばかりするものです。
神社で感謝する人は、普段も当たり前に思ってしまうことにも感謝できる人です。
投げたものが返ってくる。
蒔いたものを刈り取る。
昔から多くの偉人や経営者が言われていることです。
自分が放つ言葉、意識していきたいですね。



2017年11月23日 (木)

覚悟がすべてを動かす

 【 覚悟がすべてを動かす 】
どんな生き方であれ
「 自分で人生を選んでいる 」...
 という潔い感覚こそが カッコよく生きる根本になる

「 好きだから 」
「 やりたかったから 」
「 楽しそうだったから 」
行動の理由はこれで充分だ

動機がシンプルなほどエネルギーは強い
ぐちゃぐちゃ細かい理由などいらない

必要なのは勇気ではなく
「 覚悟 」
決めてしまえば
すべては動き始める
 高橋歩 

Photo_3




アルコール依存症の恐怖

 【アルコール依存症の恐怖】 松井 直樹(堺市泉北断酒会会長)

お酒を飲む量や時間を自分の意志でコントロールできなくなるアルコール依存症。
この病気の恐いところは、自分がアルコール依存症であることに気がつかず、
家族や周囲の人も単に酒癖の悪い人だと見なしてしまい、治療が遅れてしまうということです。

事実、内閣府の発表によれば、アルコール依存症患者は約109万人いるとされていますが、
その中で専門的な治療を受けている人は5万人にも満たないとされています。
そのうちに、酒のために仕事ができなくなり無断欠勤が続いて会社をクビになる。
そして最悪の場合には自殺に至る事例も多くあるのです。

私が会長を務める大阪府の堺市泉北断酒連合会(以下断酒会)では、
行政・医療と連携しながら、40年以上にわたり
アルコール依存症に関わる様々な啓発活動に取り組んできました。
その活動の命綱となるのが、保健センターの会議室で行う「断酒例会」です。

飲酒して周囲に迷惑を掛けることを「酒害」と呼びますが、
断酒例会では各々の酒害体験を語り合います。
それにより、自身の辛い過去を忘れないこと、
また「自分だけではなかった」と孤独感が和らぎ、仲間意識が芽生えることで酒を断っていくのです

(中略)
かくいう私も、かつては重度のアルコール依存症に苦しみ、
断酒例会に参加することで命が救われた一人でした。
体験者だからこそ、断酒会仲間の気持ちが分かるのです。

私は1961年、大阪府堺市に生まれました。
家族は皆喜んでくれ、とりわけ母からは、「私の自慢の息子や」と事あるごとに聞かされ、
何の不自由なく育てられました。

そんな私が、酒が原因で最初に問題を起こしたのは、
大学寮の新入生歓迎会で大量の飲酒をした時でした。
その深夜に泥酔した状態でバイクに乗った私は、タクシーと衝突事故を起こしたのでした。

就職してからも、毎晩のように飲み歩くようになり、
目を覚ませばいつも裸に近い状態で駅前や公園でひっくり返っているのですが、
自分が何をしていたのか全く覚えていません。
その度に自責の念に駆られるも、現実から逃れるためにまた飲酒するという日々の繰り返しでした。

給料はもらった日にすべて酒代に消え、借金は瞬く間に二百数十万円に膨れ上がりました。
両親に初めて借金を返済させたのはその二百数十万円です。

その後、大手運送会社に転職しましたが、
収入が増えたことで気が大きくなり、飲み方は一層ひどくなりました。
また、29歳の時に結婚するも、毎日泥酔して朝方に帰宅する、
飲酒を注意されれば暴力をふるう、という状況が続き3年後に離婚しました。

結局、35歳の時に六百数十万円の借金をつくり、
「もうあかん」と、梅田のホテルにチェックインし、大量に酒を飲み、
屋上から飛び降りようと自殺を決心しました。

飲酒後意識を失ってしまったようで、フロントからの電話で目を覚ました時には数日経っていました
フロントには母からの一通の封書が預けられており、
現金と「誰もあんたを怒ったり責めたりしないから安心して帰ってきなさい」
という手紙が入っていました。
死にきれず、私はまた母に助けを求めました。

しかし、それでも飲酒が原因で借金を繰り返し、母親から「あんたを殺そうと思ったけど、
あんたは私がお腹を痛めて産んだ子供やから、私の手では殺されへん。
どうか頼むからもう自分で死んでくれへんか?」と頭を下げて頼まれました。

そして、2007年、遂に会社のお金を横領し逃亡生活に入りました。
もうどうなってもいい、金がなくなったら死のうと、逃亡しながら酒を飲み続けました。

大阪・ミナミのビジネスホテルで、
飲み仲間からもらった睡眠薬と酒を一緒に飲み自殺を図ったのですが、
意識を取り戻した時には府内の警察署に保護されていました。
間もなく、母が方々奔走してくれたことで、
アルコール依存症を専門に治療する新生会病院に入院することができました。
そして相部屋になった方に断酒会の存在を教えていただき、一緒に参加するようになったのでした

初めて断酒会に行った時のことはいまでも忘れられません。
当時の会長さんが私を見るなり、「よう来たね」と、笑顔で声を掛けてくださったのです。

飲酒のことで虐げられることはあっても、
「よう来た」と褒められる経験などなかった私は、会長さんの温かい言葉が嬉しく、
「来週も来よう。断酒をやり遂げよう」と決意することができたのでした。
会長さんの言葉は現在の私の活動の原点となっています。

お酒の問題を誰にも相談できず無理解に直面し、すべてを失っていく方がまだ大勢いらっしゃいます
断酒会で体験談を語り続けていく中で同じ悩みをもつ仲間ができます。
「断酒は仲間とともに」なのです。
 松井 直樹(堺市泉北断酒会会長) 『致知』2017年12月号【最新号】 連載「致知随想」P87より


2017年11月22日 (水)

感謝の会開催の広告

日経朝刊。社会面。
この広告 すごいな。
言葉を失う文字の力。

Photo_3

勇気が出る20の言葉

 【勇気が出る20の言葉】
①望む現実を創るとは望む自分を創ること
②すべての壁は自分の内にある
③できるかできないかではなく
  やるかやらないか...

④やる人は「時間」を作り
  やらない人は「理屈」を作る
⑤他人に期待すれば不満になり
  自分を信頼すれば自信になる

⑥人は欲しいものではなく
  自分と同類のものを引き寄せる
⑦だから素敵な恋人を求める前に
  素敵な自分になろう
⑧愛を求める前に愛に生きる人になろう
⑨問題は「彼ら」が何をするかではなくて
  「自分が」何をするか
⑩人間関係とは他人を通して
  自分自身との付き合い方を学ぶ機会

⑪他人を変える一番良い方法は
  自分の視点を変えること
⑫転ぶものほど転び方がわかる
⑬自分の苦しんだ経験が他人の役に立つ
⑭「辛い」+「-」=『幸』
⑮人は賛成意見に勇気づけられ
  反対意見で成長する

⑯自分の短所を受け入れるとき
  自分らしさという魅力が生まれる
⑰最大のピンチは最大のチャンス
⑱大変とは大きく変わる事
⑲うまくやるより本気でやる
⑳出来ない理由は出来る理由は。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で
自分を
励ます言葉です。


Photo_5




2017年11月21日 (火)

すてきな友

「わたしには
とっても
すてきな友がいます
明るいんです
楽しいんです
思いやりがあるんです
自分が苦しんでいても
みんなといると
いつもまわりに
気をつかって
さわぐんです
わたしにはとっても大切な
友がいます」

Photo





いつでもどこでも口にすることができる無限の資源

「いつでもどこでも口にすることができる無限の資源」

残念なことに、私たちは「いつかいいタイミングが訪れるだろう」と考えて、
感謝の気持ちを伝えるのを先延ばしにする傾向がある。
しかし、それはよくない。
感謝の気持ちをすぐに伝える習慣を今日から身につけよう。
自分がどれだけ感謝しているかを、大切な人に伝えよう。
誰かが支えてくれたり親切にしてくれたりしたら、その人に感謝の気持ちを伝えよう。
その気持ちを心の中に秘めていてはいけない。
あなたが感謝の気持ちを伝えれば、相手だけでなくあなた自身もいい気分になるはずだ。

感謝の気持ちだけではない。
誰かがいい仕事をしたときは、それを本人に知らせよう。
何かが得意な人はそれを自覚しているはずだから今さらほめたところで意味がない、
とあなたは思っているかもしれない。
しかし、能力、技術、熟達度に関係なく、どんな人でも「いい仕事をしましたね」と言われるのが好きなのだ。
人々は自分の価値を認められれば、すでに名人の域に達している人でも、
「よし、もっとがんばろう」という気持ちになるものだ。

人をほめることについて大切なことを書いておこう。
※ほめ言葉は、いつでもどこでも口にすることができる無限の資源である。
※相手に感謝の気持ちを表現することで、自分が寛大な気持ちになれる。
※自分が評価されていることを知っていても、
  それを誰かから言われることで向上心をさらにかき立てられる。
最後にひとこと。ほめ言葉は誠実なものでなければならない。不誠実なほめ言葉はすぐに見抜かれる。
 「上手くいっている人の考え方」《完全版》 ジェリー・ミンチントン 著 弓場隆 訳 ディスカヴァー

以下は、2007年夏の全国高校野球大会で優勝した佐賀北高校のお話です。
つい最近、「ミラー細胞」というのが見つかり、脳医学で注目されているそうです。
どんな細胞かと言えば、そばにいる人と同じ表情をしたり、相手の感情をそのまま反射したりする、
つまり相手の気持ちを反映する細胞なんだそうです。
ということは、あなたが相手に思いやりの気持ちを向けると、
相手もこちらの気持ちにシンクロ(同調)するということになります。

母親が赤ちゃんに微笑むと、赤ちゃんも同じような表情を作ることがあります。
相手が「ありがとう」と言ってくれたら、自分も、「こちらこそありがとう」、という気持ちがわいてくる。
そうさせるのが「ミラー細胞」というわけです。

このニュースを聞いて、私は2007年、夏の全国高校野球大会で優勝した佐賀北高校のことを思い出しました。
佐賀北高校は勉強に熱心な県立高校で、チームも全国から野球のエリートをかき集めて作ったわけではありません。
そんな普通の高校が甲子園で優勝したということで、全国から大きな喝采を浴びました。

驚いたことに、その佐賀北高校、試合中に相手チームをほめるのです。
たとえば、相手がカーンとヒットを打ったとします。
すると佐賀北の一塁手が、塁に立った相手走者に言うのです。
「ナイスバッティング」
二塁打を打った相手には、二塁手が「素晴らしいですね」とほめます。
一方、打撃に入って三振を取られると、相手のピッチャーに「ナイスピッチング」と声をかけます。

普通はこんなこと絶対にしないでしょう。
結局、佐賀北は大会で一度も負けていません。
当たり前ですが優勝するということはそういことです。
一方、負けたチームも負けたのは一回きりです。
甲子園にはそういうドラマがあります。
一回しか負けていなくても、それで終わりなのです。
だからこそ、負けたほうはずいぶん悔しい思いをしたはずです。

しかし、佐賀北と対戦して敗れたチームはみな佐賀北のファンになってしまったのです。
そうして、勝つたびに佐賀北は多くの応援者をつけ、
県立高校としては11年ぶりの、甲子園全国優勝を果たしたのです。
 (「涙の数だけ大きくなれる」 木下晴弘 著/フォレスト出版)

感謝の言葉を伝えるときや、人をほめるとき、相手も嬉しいでしょうが、自分も嬉しいものです。
まさに「ミラー細胞」ですね♪
照れくさかったりするかもしれませんが、みんながハッピーな気分になる
「感謝」や「ほめる」は沢山伝えていきたいものです。


2017年11月20日 (月)

家族とは

 『 家族とは 』
家族とは
血でつながっている人だけじゃない。
家族とは
人生であなたと一緒にいたいと思ってくれる人たち。

家族とは
ありのままのあなたを認めてくれる人たち
家族とは
あなたに笑顔でいてほしいと願ってくれる人たち
家族とは
たとえどんなことが起きても
あなたを愛してくれる人たちのこと。
血が繋がってなくても、みんな家族。

人生の中で共に助け合える友人、仲間、恋人
みんなに本当に感謝だね。
 - 作者不詳 -

Photo_4



うつ病について

今回のテーマは、「うつ病」についてです。うつ病について解説されている記事の中身は「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典から抜粋されたものです。
うつ病とは「気分障害」の一種です。気持ちが落ち込んだまま回復せず、普段通りの生活を送ることが難しくなってしまいます。

『 うつ病は心ではなく脳の病気! 』
うつ病はよく「心の病気」といったことが言われますが、実は脳の病気なんです。ですので、うつ病は気の持ちようで改善されるような類の病気ではないんです。
長期間にわたって気が滅入るような気分が改善されないのであれば、専門の医療機関を受診しなければなりません。

■ うつ病の原因とは?
うつ病の原因は依然として解明されてはいませんが、概ね以下のとおりです。
(1)脳の神経系の異常
(2)うつ病になりやすい性質
(3)ストレス
(4)病気
(5)環境の変化など

『 うつ病になりやすい性格的特徴とは!? 』
脳の神経系の異常としては、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経物質の減少前頭葉の血流や代謝の低下などです。
脳内神経伝達物質のバランスが乱れることにで「うつ病」を引き起こします。
うつ病になりやすい性格は以下の通りです。
(1)生真面目
(2)几帳面
(3)仕事熱心
(4)責任感が強い
(5)気が弱い
(6)相手の気持ちに敏感

■ うつ病の症状とは?
(1)気が滅入り、何もやる気がしない
(2)大好きなこともやる気が起きない
(3)頭が回らないので思考力低下
(4)集中できなくてミスばかり
こういったことが長期間にわたって続いているのであれば、「うつ病」を疑う必要があります。

■ うつ病の治療とは?
上述した点をしっかり修正することにより、うつ病の症状は次第に改善されます。しかし、うつ病のような病気は、自分で何とかしようとすると必ず失敗します。
専門の医療機関を受診して、医師の診断のもと適切な治療を受ける必要があります。精神科や心療内科を受診することに対する抵抗感があるかもしれません。
個人が経営する専門のクリニックは、美容サロンのような雰囲気です。そうした抵抗感もくことなく受診することが出来ると思います。長期間にわたって苦しんでいるのであれば速やかに受診しましょう。
 【出典】 精神科医:樺沢紫苑先生

Photo_3





2017年11月19日 (日)

強さは節の積み重ね

『強さは節の積み重ね』
竹は節があればこそ、しなやかで強い。
ともすれば、とりとめもなく流れゆく日々、
ときには立ちどまり、自分なりに時の節目をつくり大切にしたい。
年に一度、月に一度、週に一度、日に一度、身辺を整理するもよし、
反省を加えるもよし。
そうした時の節目の積み重ねから
長い人生に耐える知恵と力が次第に生まれてくる。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より


Photo

どこまでも追い求めよ。失敗を恐れるな

 【どこまでも追い求めよ。失敗を恐れるな!】 アカデミー学院 学院長 舟田 譲二

「本当に大切なことはどこまでも追い求めなさい。
たとえ失敗したとしても世の中はあなたが試してみたことによって少しでも良くなるのだから」

 --ティム・オーライリー、フリーソフト・オープンソースムーブメントのサポーター (訳 舟田譲二)

私たちはとかく失敗を恐れがちです。
そのため、大胆な行動が取れない、あるいはやりかけても無理だと思ったら途中であきらめる。
「石橋を叩いて渡る」のではなく、「石橋を叩いて、結果渡らない」あるいは「石橋を叩くことすら怖くてしない」のです。
「石橋を叩かずにいきなり渡る」人が時々いて、そのような人を見ると驚いたり、尊敬したり、場合によっては呆れることすらあります。「よくあんなことができるものだ...」と。

でも、考えてみたら人類の歴史というのは、先人たちの失敗の繰り返しの上に成り立っているのであって、それがなければ今日の世界、私たちというのはあり得ません。
よく引き合いに出されるのが、エジソンが電球のフィラメントの素材を探すのに9999回失敗した、いや失敗したのではなく、だめな方法を発見したのだ、という例の有名な話です。
このような先人たちのトライアンドエラー(英語で trial and error、日本語では試行錯誤)があってこそ今日の世界があるのです。

もし失敗していないなら、十分に難しい問題に取り組んでいないからで、それは大きな間違いだ」
とノーベル物理学賞受賞者のフランク・ウィルチェックが言っています。
また、スタンフォード大学心理学教授のキャロル・ドゥエック氏もこう語っています。
「失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している」

このほか、世界中に数えきれないほどの「失敗」に関する名言・格言がありますが、そのいずれも肯定的なものばかりで、むしろ失敗することを勧めているほどです。
とどのつまり、大切なのはチャレンジする精神とあきらめないことです。失敗することなしに成功はあり得ません。
「失敗は成功の母」なのです。

2017年11月18日 (土)

全ては己の責任

責任転嫁をしてはならない
全ての責任は己の中にある
その様に覚悟を決めるだけで
物事は前進する
 「孫正義」

Photo_2






森信三の 躾の三原則

森信三の 躾の三原則
 1、朝、必ず親に挨拶をする子にすること
 2、親に呼ばれたら必ず
   「ハイ」とハッキリ返事のできる子にすること
 3、ハキモノを脱いだら、必ずそろえ
   席を立ったら必ずイスを入れる子にすること

じゃ、このしつけのコツはというと
まず、母親自身が、ご主人に対して、朝の挨拶をハッキリするようにし
また、ご主人から呼ばれたら、必ず「ハイ」とはっきりした返事をするように
努力することです

この「ハイ」という一語によって、その人は「我」を捨てるわけです
つまりそれまでの意地や張りの一切を投げ捨てるわけです
同時に、それによって当の本人はもとより、一家の人びとの雰囲気までが変わりだす

昔ね、登校拒否の中学生をもって困り抜いたお母さんから相談を受けたんですがね
その解決法はただ一つあるだけで
それは明日からあなたがご主人によく透る声で「ハイ」と返事をされることですといった
その人はその通りしたんでしょう

その子どもはその後11日目には、もう登校しだしたとのことでした
「ハイ」という言葉が本当にいえたら、非行少年でも徐々に変わってくる

ところが、本当に「ハイ」がいえる婦人は、百人のうち、二、三人じゃないかな
表現を変えればね、これだけの俸給を得るために
主人がどれほど下げたくない頭を下げ、いいたくないお世辞をいっているか――と
いうことのわかる奥さんにして、初めて聡明な母親となるわけです

Photo





2017年11月17日 (金)

素直に謝る勇気

 『 素直に過ちを認める勇気 』
失敗の原因を素直に認識し、

「これは非常にいい体験だった。
 尊い教訓になった」という
 ところまで心を開く人は、
 後日進歩し成長する人だと思います。
- 松下幸之助さん -

自分の過ちを
認めることほど
難しいものはない。
事態を解決に導くには、
素直に自分の落ち度を
認めるのが何よりである。
- ディズレーリ -

もし自分が間違っていたと
素直に認める勇気があるなら、
災いを転じて福となすことができる。
過ちを認めれば、
周囲の者がこちらを
見直すだけでなく、
自分自身を見直すようになるからだ。
 - デール・カーネギー -

恨みを抱くな。
大したことでなければ、
堂々と自分のほうから謝ろう。
頑固を誇るのは小人の常である。
にっこり握手して自分の過ちを認め、
いっさいを水に流して出直そうと
申し出てこそ、大人物である。
- デール・カーネギー -

全ての物を失っても耐えられる心。
また出直せばいいと思える強さ。
何事にも動じない自分。
そうした内面の
しなやかさをもつことが、
幸せな人生を歩む上での糧になる。
 - 柳田邦男さん -

Photo_4






「よくなる」前提で生きる

 【「よくなる」前提で生きる】  斎藤一人さん
誰がなんと言おうと、明らかに世の中はよくなっています。
松下幸之助さんの話ではありませんが、宇宙はちゃんと生成発展している。
たとえば今より少し前、江戸時代のことをちょっと考えてみましょう。
江戸時代は将軍様の家にだって、扇風機なんかありませんでした。冷蔵庫もなかった。
その時代から少しずつよくなってきて、今はどの家にも冷蔵庫があります。
扇風機どころかクーラーだってあります。
いつの間にか、私たちは将軍様よりいい暮らしが送れるようになっているんです。
江戸時代に生まれなくてよかったですね。

この世の中にはどんなにいいことを並べられても、不安に思ってしまう不安症の人がいるんですね。
つまり、「世の中はどんどんダメになっていく」と考えるタイプの人間です。
そういう人はつねに不安に思うから、足がすくんで動けなくなってしまう。
動けないと行動ができないから、運が回ってこない。
そして不安に思うから不安な生活がきちゃうんです。

行動しないということ自体が、自分の未来を閉ざしてしまう。
だからもし、自分が不安症の人間だと思ったら、
「自分が考えている悪いことは、本当は50分の1くらいしか起きないんだ」
と思うようにしたらいいんです。
要するに「50倍にふくらませて感じているのだ」と自分に言い聞かせる。
そのことを意識するようになると、過剰反応している自分がだんだんバカらしくなってきて、
そのうち不安に感じるのをやめるようになります。
本当は人生に困ったことは起きないんです。
だって自分の人生は自分の責任で決めているんだから、
自分でも処理できないような困ったことなんて起こるはずがない。

世の中は生成発展するようにできているんです。
その流れに素直に乗っていればいい。
今の世の中は江戸時代には戻りません。
生成発展しているんですから。
100年前はもっとひどかった。
200年前はそれよりもっとひどかった。
時代は戻りません。
世の中はよくなるようにできているんです。

「よくなる」と思い込んでいれば、別の何の問題も起きません。
「よくなる」と思っているから、よくなるように生きるし、よくなる道も見えてきます。
でも「よくならない」と思っている人は、「よくならなかったらどうしよう」と思うので、
足がすくんで行動できません。
行動できないから、変われない。
変われないから、運勢が悪くなる。
「よくなる」前提で生きるのか、「よくならない」前提で動くのか。
決定的な違いですね。

もちろんこれからだって、地震はくるし、台風も襲います。
だけど、昔は地震がきても放っておかれた。
今は仮設住宅をつくってくれます。
年金が安いと言ったって、昔は年金なんてなかった。
ほら、やっぱりよくなっているでしょう?
「このまま行くと、ダメになっちゃう」じゃなくて、「もっとよくなる」なんです。
それを信じるか信じないかだけ。
  『人生の哲学』  PHP研究所

未来には希望がある、と思えば、どんな希望があるのか、明るい未来があるか、を探す。
しかし、未来には希望はない、絶望だらけだ、と思うなら絶望することを、いくつもいくつも探し出してくる。人は、自分が信じるものに焦点をあて、そこにスポットライトを照らす。
そして、それだけしか見えなくなる。
だから、テレビやネットで、悲惨な事件や腹のたつ出来事ばかり見ている人には、
似たような情報がどんどん入ってくる。
反対に、明るい話題や、未来の可能性に興味がある人は、夢のある情報がどんどん入ってくる。
「よくなる」前提で、人生を前向きに生きていきたい。

Photo_5






2017年11月16日 (木)

人生には無駄というものはない

人生には無駄というものはないもの
しかし、後にならないと、
その意味がわからないということが
たくさんあるのです。

つらいことでも苦しいことでも、
「体験」したことは、間違いなく
その人の強みになります。
  - 日野原重明さん -

Photo_3


子は、親の言葉と行動を見て学ぶ

子は、親の言葉と行動を見て学ぶ。
「おはよう、おやすみ、頂きます、ご馳走様、ありがとう、ごめんね、好きだよ、大丈夫、
無理、出来ない、嫌い、ムカつく」を言うことも、言わないことも親から学んだ。
親が「先生のせい、学校のせい」と言うと、
子どもは「せい」をしっかりと口癖にする。
「ウチは特に大変な事情がある」や「そんな子に育てた覚えはない」も子は、しっかりとマスターしている。

今、学校の学級崩壊が深刻化しているが、当然国は悪い。教委が悪い。教師も悪い。
そして、親が全ての根源であり、その親が、さらに全ての根源であり、そのまた親が、全ての根源で…
誰も自分の非は認めないので、もう、自分が変わると決める。

認めさせようとする自分をやめる。
認めてもらおうとする自分もやめる。
人のことも自分のことも責める事をやめ、
自らを追い込む被害妄想をやめる。
ただ、黙々と自分が改善する。
親が「気付いたら」、子も変わる。

まずは「せい」という古くて愚かで、自分と家族を不幸に追い込むだけの
無駄で不毛な責め言葉を今卒業する。
「せい」でなく「お陰様」
「せい」でなく「有難い」
「せい」でなく「自分が選んだ」
「せい」でなく「これからどうする」である。
大切な子どもたちを差し置いて夢もへったくれもないのである。
 著 本気で夢を叶える会
ーーーーーーーー
※補足
他人から自分の教育方針などについて「攻撃的な強い口調の指摘」が続いたら
「【感謝しつつ】聞き流す」ようにする。
まともに聞きすぎると「自己否定感」が強くなりすぎ猛烈なマイナススパイラルに入る。
逆もしかり、人を責めると状況は深刻化する。
※戦後教育の真実についてはここでは割愛
※「素直でない親で、子が素直」な場合はある
※常に親は必死である。親はもともと子であり、親として少しずつ成長していくもの。
  なので完璧な親など無くて自然。子として親には感謝しか無し。これが「人生の変革の土台」となる。
※ 親の影響が一番大きい事は明確。そして、文中にもあるように親だけの責任ではない事も明確。

Photo_2




2017年11月15日 (水)

幸福な人と不幸な人の違い

幸福な人は、常に自分を評価している。
一方、
不幸な人は、常に他人を評価している。
 精神科医 ウィリアム・グラッサー

自分を評価するという自己評価こそが
行動変容をもたらすものである

クォリティ(上質)は自己評価の積み重ねで生まれる

Photo_5



「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼ぶ

  【「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼ぶ】  小林正観さん
予言者や、よく当たるといわれた人から「大ケガするぞ」「大病するぞ」
というような悪しき予言を聞いたときは、まったく信じる必要がありません。
「それ、起きません」
と宣言します。
それを言った瞬間から、あなたはそのことを祈るようになります。
悪しきことが起きないように、潜在意識で祈り始めたのです。

聞いていて楽しくない予言は、正しい情報ではありません。
悪魔の側の魂は聖なる側の予言(正しい情報)を読み取ることはできません。
ということは、100%当たらない。
逆に、聞いていて心地よく細胞が活性化するような予言をすると、
それを聞いた人も、言った人も細胞が活性化します。
それを「実践」と言います。

自分の口から出る言葉が、相手の細胞が喜ぶようなことだけを話すように普段から心にとめておくこと。
たとえば自分の子どもに向かって、
「あなたは私の子なのだから、ものすごい天才になるわよ」
と話す。
それも何気なく話すことです。

また、友人に、
「今度会うときは、ますます若く美しくなっていますよ」
と話す。
そうすると、それを聞いた相手は笑顔になり、
体の細胞が活性化してその話を受け入れるようになります。
自分の口から出る言葉が、常に相手の細胞が喜ぶようなことだと、そいう人ばかりが集まるので、
自分もますます細胞が活性化して若返ります。

世の中を暗い暗いと嘆くより
自ら光って世の中照らそう
暗さを嘆く自分の心を変えて、私自身が明るい状態になる。
「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼びます。
  『喜ばれる』  講談社

悪しき予言をする人は、心の中でそれが成就することを願ってしまう。
「あなたはこのままいくと病気になるよ」
と言えば、相手が病気なることを潜在意識の中で願う。
なぜなら、自分の予言が当たって欲しいから。
しかし、それは自らの魂を悪魔に売る行為。
悪魔はそれを見てほくそ笑む。

日頃、冗談のようにして相手に皮肉を言ったり、憎まれ口をきく人も、
予言と同じように、相手の気持ちを萎(な)えさせ、細胞をがっかりさせる。
そうではなくて、その逆のこと、
相手が喜ぶような言葉、明るくなるような言葉、元気になる言葉を常に発すること。

『「私」がどう生きるか、それを「実践」と呼ぶ』
どんなときも、まわりが喜ぶような言葉を発し続けたい。

Photo_6




 

2017年11月14日 (火)

ダメな奴ほど

僕、浅草で修行を始めたころ、
「オマエは才能がない」と言われ続けていたの。
でも、ぜんぜんめげなかったね。だって、

チャップリンもエノケン(榎本健一)も、若い頃は
「才能がない」と言われていたらしいから。

天才と呼ばれていた人よりも才能がないと
言われていた人の方が成功している。
だから、「才能がない」と言われて
むしろ嬉しかった。

「これで成功するための条件を
ひとつクリアしたぞ」ってね。

ダメな奴ほど、
ダメじゃない。
 ー 萩本 欽一 ー


Photo_2



9割の人に足りていないもの

 「9割の人に足りていないもの」
突然ですが、思い出してみてください。
あなたは、最近、ほめられたことがありますか?
「わたし、最近ほめられてないな・・・」という人が多いかもしれません。

仕事をがんばっているのに、上司は認めてくれない・・・。
彼にほめてもらうために髪形を変えたのに気づいてくれない・・・。
家事や育児、料理を完璧にこなしているのに、
「当たり前」として、旦那からはほめ言葉のひとつもない・・・。
このように周りがほめてくれない、という人がほとんどではないでしょうか?
わたしの実感だと、9割、いやそれ以上の人には、「ほめ」が不足しています。
多くの人が、慢性的な「ほめ不足」なのです。

慢性的な「ほめ不足」が続くと、負のスパイラルに入ってしまい、自分に自信が持てなくなります。
そして、自分を大切にすることができなくなってしまいます。
周りからの「ほめ」が足りないだけではなく、自分をほめることもできなくなってしまうのです。
 自分をほめる習慣 原邦雄 著 すばる舎

「ほめる」というテーマを見るといつも思い出す話があります。
斎藤一人さんの著書「仕事はおもしろい」(マキノ出版)よりご紹介いたします。

人に好かれる「ほめ道」について話をします。
言葉とは、波動なんです。
電波みたいなものなんです。
例えば、テレビ局が電波を出しますよね。
出した電波が、テレビ画面に映りますよね。
それと同じように、「つらい」だとか「苦しい」だとか、泣き言ばっかり言っていると、
その言葉の波動が、現実に映し出されるんです。

だから、「人と違う人生を歩みたい」と思ったら、まずは、言葉を変えればいい。
天国言葉を使ったりね。
人と同じ電波を出しながら、「映るものだけ変えたい」ということはできないんです。
人生を変えたければ、自分が出す電波を変えればいいんだよね。

(中略)
人にほめてもらおうと思ったら大変なんです。
空中3回転くらいしないと、なかなかほめてくれないんです(笑)
ほめてもらうって大変なんです。
でも、この世で一番必要なのは、ほめられる人間じゃないんです。

この世で一番必要なのは、ほめる人間なんです。
ほめる人間が少ないんです、この国に。
ほめる人間がいることが貴重なんです。
こんなに需要と供給のバランスが崩れている国って少ないよね。世界でも。
だから、ちょっと、ほめる人間になってごらんって。

「コメ不足」じゃなく「ホメ不足」ですね。
相手の欠点ばかり気になってしまうのが人間なのかもしれませんが、
相手の良いところを見ようと思ったら見つけられるのも人間のなせる業です。
良いところを探すアンテナの感度が上がるので、キャッチしやすくなります。
映し出すものを良いものにしたかったら、放つ電波を変えなくてはなりません。

まずは自分の言葉を変えて、
勇気づけたりホメたり感謝したりといった言葉(電波)を放っていきたいですね

Photo





2017年11月13日 (月)

自分の人生

 【自分の人生】

自分の人生の主人公は自分。
自分の道の真ん中を
自信もって歩いていけばいい。...
不安なこと 泣きたいこと
苦しいこと 死にたいこと
どんなことがあっても
自分の人生は自分のもの。
隠れなくていい。
逃げなくていい。
きっといつか笑える時がくるから。

Photo_2



ありがとうが幸せを呼ぶ

 『ありがとうが幸せを呼ぶ』
「ありがとう」は.
単なる感謝の言葉ではなく、
相手の長所に気づき、
相手の価値を認める言葉でもあります。

それに気づいて、
その長所を見習うことができれば、
自分の価値を高めることができる。

「ありがとう」には、
そうした恩恵だってあるんです。
- 斎藤茂太 -

人のために何かしてごらん。
返ってくる「ありがとう」が
生きる力になるよ。
- 水谷修 -

プラス思考の最高のかたちは、
「感謝の言葉」だ。

「人生で成功させてくれてありがとう!」
そういう考え、思いを口にし、
それに従って行動すれば、
素晴らしい結果を生む。
 - ニール・ドナルド・ウォルシュ -

画像:にわぜんきゅう

Photo




2017年11月12日 (日)

成功する秘訣

成功する秘訣は、
今より少しだけ上を目指すこと。
これを続けることだね。
 - レスポール -
画像:言葉の宝石箱

Photo_2


今あるすべてに感謝

 【今あるすべてに感謝】
人生はいつもいつも
第一志望ばかりを..
歩けるものではありません。

そして、必ずしも、
第一志望の道を歩くことだけが、
自分にとって最良と言えない
ことだってあるのです。

世界の人口を
100人の割合で考えると、
高等教育を受けたくても
受けられる人はわずかに1人。

だから、置かれた場所で咲く
という気持ちを忘れず、
自分が今できることを
一生懸命励みましょう

「今」をたいせつに
して生きないと、花は開かない。

「今」をいい加減に生きると、
次の瞬間もいい加減なものとなり、
いい加減な一生しか送れないことに
なってしまうのかも知れない

「今」という瞬間を
意識して生きたいと思う。

「今の心」と書くと
「念」という
字になると気づいた時、
「念ずれば花開く」という
言葉の意味がわかるように
思ったものです

どうしても
咲けない時もあります。
雨風が強い時、
日照り続きで咲けない日、
そんな時には無理に
咲かなくてもいい。

その代わりに、
根を下へ下へと降ろして、
根を張るのです。
次に咲く花がより大きく、
美しいものとなるために
- 渡辺和子さん -

Photo



2017年11月11日 (土)

自分のためだけだと、やめてしまう

ぼくなんか、まさにそうだった。
コメディアンの才能がないってわかってたけど、
ぼくが子どもの頃、借金取りに土下座して、
泣いていた母親のことを思うと、
途中でやめるわけにはいかなかった。

お金持ちになって、
家を建ててやりたいと思ったからね。
自分のためだけじゃなくて、
誰かのためにやっていると、
途中で投げ出さないよね。
自分のためだけだと、
つらくなると、
やめてしまうでしょ。
ー 萩本欽一 ー

Photo_2



幸せな人生を送りたいのなら

 【幸せな人生を送りたいのなら】 精神科医、ゆうきゆうさん
マレーシアの心理学者であるマンショーらは、1000名以上のビジネスマンを対象にして、
どんなときに仕事へのモチベーションが高まるかを調べました。
その結果、「その会社を好きである」というときに、
仕事へのモチベーションがもっとも高まることが分かったのです。

仕事にやりがいがあるとか、社会的意義があるとか…。
そういうことも重要ですが、もっとシンプルに、「その会社が好き」。
これは何より大切なことなのですね。
「愛社精神」という言葉があります。
まぁ、多少時代遅れな感じのある言葉ではありますが、
それでも心理学的に見ると、非常に大切なことなのです。
たとえばあなたが会社を経営しているのなら、部下に「もっとやれ!」「もっと頑張れ!」
と言うのではなく、まず一番に、自分の会社を好きにさせること。

方法はいろいろとあります。
たとえば、その会社の仕事によっては、喜んでくれた顧客の感想を、会社内に張り出してもよいでしょう。
それだけでも、仕事をしている人は、顧客の顔が見えた気になり、
自分の仕事や会社にたいして誇りを抱きます。

またはシンプルに、誉めてもいいでしょう。
自分の仕事によって誉められることは何より嬉しいことですので、
ひいては今の仕事などを好きになる可能性もあります。
また何より、あなた自身が好かれることにもなりますので、結果的に会社への愛も強まるはず。
そうなれば、仕事の効率だって上がるはずです。

これはあなたが上司であっても、やはり同じです。
上司に誉められたりすれば、部下は嬉しくなります。
そして、上司を通して、会社への好感度が高まるはずです。
これはあなた自身でも同じこと。仕事を効率よくやりたいのなら、今の会社を「好き」になることです。
内容は何でも構いません。
この仕事が好き。上司が好き。会社の業務内容が好き。働きやすい職場が好き、などなど…。

そう意識するだけで、ただ漫然と仕事をしているより、ずっと効率が良くなるわけです。
あなたが個人的にやっている仕事でも、もちろん同じです。
たとえば何かの原稿ならば、その原稿が掲載される雑誌のことを、とにかく「好き」と認識すること。
どんなに小さなことでも見つければ、人は暗示的に気持ちが高まります。

逆に「ここがイヤ」「ここが嫌い」なんて常に考えていると、どんどん気持ちは落ちていきます。
漫画家さんで、担当編集者さんや、雑誌そのものの悪口を言っている人が、ときどきいます。
しかしその人の作品は、たいてい「そんなに面白くない…」ということも多かったりします。
逆に本当に面白い作品を作っている人は、漫画家さんであっても、もしくはどんな業種であっても、
その掲載されているメディアなどを、好意的に考えています。
まぁ、ニワトリが先かタマゴが先か…に近いですが。

人はストレスを抱えると、とにかく連鎖的に、周囲の人に当たってしまうことは多いもの。
その結果、自分の作品もうまく進まず、よりストレスが強まってしまうわけです。
いずれにしても大切なのは、自分の仕事をうまく進めたいのなら、
その仕事に関連するものも「好きになる」こと。
内容は何でもいいので「こんなところが好き」ということを、ハッキリ認識してください。
それだけで、あなたの仕事そのものを、もっとも効率的に進めていくことができるんですよ。

これは人生でも同じです。
もっとも効率よく、そして幸せな人生を送りたいのなら…。
何よりあなたが、世界そのものを好きになること。
過去の行動でも、周囲の人でも、いろいろな物でも、出来事でも。
何でもいいので、あなたの好きなものを、もう一度考えてみてください。
それがあるから、自分は今の世界が好き。
そのように考えることで、あなたの毎日はより幸せにあふれていくんですよ。
 『やりたいことをぜんぶ実現する方法』 海竜社

「好きこそ物の上手なれ」と言うことわざがある。
好きでやることは、誰でも一生懸命になるし、時間も忘れてやるので自然と上達する。
そして、好きでやることは、人に言われて嫌々やるのではなく、自発的に自分から進んでやる。
だから、好きでやることは、長く続く。
これは趣味でも、仕事でも、人でも、みんな同じ。

「葉隠」を書いた佐賀鍋島藩士、山本常朝はこう言っている。
「人間の一生は誠にわずかの事なり。好いた事をして暮らすべきなり。
夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり」
嫌い嫌いと、あら探し、欠点探しの人生を過ごすのか。
あるいは、今この現状の中に、ほんの小さなことでもいい、
好きなこと、素敵なことを見つける人生を送るのか。

「幸せな人生を送りたいのなら」
好きになるのが上手な人は、幸せな人生を送れる。


Photo




2017年11月10日 (金)

自慢話をする者の深層心理

【自慢話をする者の深層心理】

「自分では自信がないけど、
人からすごい人、、偉い人、デキる人だと思ってもらい、
自信を取り戻したい。
自分自身にも、自分はデキると
言い聞かせたい」

自慢話をする者は自信がなく不安なので
話を始めたら優しく認め、誉めてあげる。
自信を取り戻した時、自慢はなくなる。
自慢する者をバカにするのは
弱い者いじめと言っても良い。

Photo



感謝のエネルギーは想像を超えて作用する

 【感謝のエネルギーは想像を超えて作用する】 医師、矢作直樹さん

そして大切なこと。
それは、過去の自分と比べないこと。
肉体は若いうちが華(はな)です。
でも若いうちは経験値も低いもの。

年を取ると経験値が上がりますが、逆に肉体は衰えます。
肉体と経験値はトレードオフ(何かを得ると何かが犠牲になる)の関係にあるのです。
私自身、例えば5年前と比べると確実に衰えました。
でも、これが加齢の正しい進展具合だなと実感していますので、今は無理のない範囲で動いています。
そしてからだに感謝するだけで、疲労の回復が早いことは今も実感します。

私の友人に齋藤應典さんという方がいます。
彼は映画やドラマの現場に欠かせない有名なスタントマンでしたが、ある日、仕事中に大事故に遭います。
その結果、脊椎(せきつい)骨折を含む全身約30カ所骨折、左腎臓裂傷(さじんれっしょう)という状態となり、医師からは再起不能と告げられました。
絶望の淵で自暴自棄となった齋藤さんでしたが、ぴくともしないからだへの強い怒りを、ある日を境に感謝の思いに変えます。
彼は自分のからだに向かって、こう言ったそうです。

「これまで悪かった。これからは大事にする、だから一緒に頑張って欲しい。いつもありがとう」

関係者の誰もが齋藤さんが再び歩けるようになるなど想像すらできない中、そこから不思議なほど回復を始め、齋藤さんは現在、全国を飛び回る著名なパーソナル・トレーナーとなりました。
感謝のエネルギーは私たちの想像を超えて強く作用します。
どんなときでも、からだに感謝。
いつもありがとう、と感謝。
からだは最期の瞬間まで一緒にいてくれる、かけがえのないパートナーです。
  『身軽に生きる』  海竜社

筑波大学名誉教授の村上和雄氏はこう語る。
『自分の体は自分のものだと思っているかもしれませんが、実は私たちの体はすべて借りもの、要するに“レンタル”なのです。レンタルですので、期限が来れば返さねばなりません。これが「死ぬ」ということです』

貸主は神さま。
借主は魂。
体はお借りしているもの。
しかも無料で。

どんなに地位や名声があろうと、豪華な家屋敷や、億を超えるお金があったとしても、死んであの世に行くときはそれを持って行くことはできない。
同時に、どんなに美人であろうと、鍛え抜かれた体であろうと、あの世へ自分の体は持ってはいけない。
つまり、体も、豪華な家屋敷も、お金もすべて、この世にいる一瞬の間のレンタル。

スポーツの選手で、自分の道具を丁寧に扱い、まるで生きているもののように感謝の念を捧げる人は、道具から応援される。
これは、体も同じ。
体に感謝して大切にすれば、体も応援してくれる。

「感謝のエネルギーは想像を超えて作用する」
どんなときでも、からだに感謝したい。


2017年11月 9日 (木)

みんな、自分のことで精一杯

大丈夫。世の中の人は
みんな、自分のことで精一杯
あなたのことなんて、
気にしているほど暇ではない。
 - 斎藤茂太さん -

Photo_2



愛し続けるために

「愛し続けるために」
嫉妬するのは簡単だけど
嫉妬しないのは難しい
「会いたい」と 思うのは簡単だけど
「会いたい」と 言うのは難しい

「ごめんね」って 言うのは簡単だけど
「ありがとう」って 言うのは難しい
素直になるのはもっと難しい

もっと優しくしてあげればよかった
もっと好きと言えばよかった
もっと抱きしめればよかった
もっと慰めればよかった
もっと仲良くすればよかった

もっと手を繋げばよかった
もっともっと一緒にいたかった
恋の忘れ物は取り返しができない
後悔しないように今できることひとつずつ
あなただけを愛し続けるために

Photo



2017年11月 8日 (水)

やったぶんだけ、人は成長する

目に見える成果が
出なくても、
やったぶんだけ、
人は成長する。

夢が実現しなくても、
努力したあとには、
成長した自分が
待っている。
 「 長友 佑都 」

Photo_2



メンタルが強い人の5つの考え方

  「メンタルが強い人の5つの考え方」
◆メンタルの強さとは?
・メンタルの強さは才能ではありません。人は生まれつきメンタルが強いとは限りません。
子どものころは大人しくて人の影に隠れていたような存在だったのが、大人になってから実業家として一代で大きな事業を成功させた人は歴史を振り返れば沢山います。
極論すればメンタルが強い人とメンタルが弱い人の違いは物事に対する「考え方」です。メンタルが強ければ思い通りの人生を描いていけますが、逆は自分に負けてしまいます。

◆心の状態をどう保つか
あなたの心の状態があなたの人生を作り上げるといっても過言ではありません。
それくらい人は気分によって左右されます。スポーツ選手を見れば分かる通り、一流と称される選手でも心の状態によってパフォーマンスの質が大きく左右される世界です。
うまく行動できるかを決定するうえで心の状態が非常に大切です。自分の目の前にある物事に対してどのように感じるかは自分で決めるものです。
感じたままに行動すれば常に心に左右されることになりますが、自分がどう感じたいかを考えて行動することで感情に左右されなくなり、いつも穏やかに過ごすことができます。

◆メンタルの強い人の5つの特徴
(1)大らかでメンタルが安定している
メンタルが強い人の代表といえば、陸上のウサイン・ボルト選手です。彼は競技直前でも常にリラックスしていますし、周囲にも非常に愛想がよく沢山の人から愛されています。
ボルト選手のようにメンタルの強い人は、どんな状況でも取り乱したりしません。常に情緒が安定しているので、とてつもない緊張した状況をも楽しめるのです。
心が安定している人は、今すぐにでもチャレンジしなければいけない事態におちいっても、常に冷静な判断ができるように、心を平穏に保ち、頭を明快にしています。

(2)絶対に他人のせいにしない
メンタルの強い人は「成功」や「失敗」を人のせいには絶対しません。むしろ失敗は自分のせい、成功は他人のおかげと捉えているので、どちらに転んでも一喜一憂しません。どのような状況にあってもベストをだすことが大切だと常に考えます。

(3)自分のことは自分で決める
当たり前のことのように思えるかもしれませんが、これが出来る人は結構少ないです。例えば仮に上司から下された命令であっても、その範囲内で最高の結果を出すことを第一に考えて行動するので、常に自分で決断し、行動するのと同じになります。

(4)過去を振り返らず、失敗を最高の学びとする
メンタルの強い人は、過去を振り返って悩んだりしません。無駄だとしっているからです。また、未来に不安を抱いたりしません。今できることに集中すべきと心得ているからです。
我々日本人はとにかく失敗に弱いので、一つの失敗で総崩れとなることが多いです。失敗を失敗と捉えたら後悔しか生まれません。そして「また次も失敗するかも」といった不安を生み出すことになるでしょう。
これは本当に辛いですよね。失敗を何かを学ぶ最高の機会だったと考えれば、前向きに物事を捉えられます。

(5)他人の成功を心から祝福できる
これがデキる人は本当に少ないです。会社では「いい人」で通っているような人でも他人の成功を妬んだり、影であることないこと誹謗中傷する場合もあります。
これはドラマや映画の話ではなく、ましてや大企業や役所に限った話でもありません。30人以下の小さな会社や団体・組織で日常的に起こっています。人を妬んだり、悔し紛れに侮蔑すればするほど精神的に苦しい状況に追い込まれます。
メンタルの強い人は自分のこと以上に祝福します。偉業を成したこと以上に、それまでの苦労が理解できるからです。そして、自分のモチベーションを高める材料にします。
 出典  樺沢紫苑さん

Photo



2017年11月 7日 (火)

「よくがんばった」ひと

「よくがんばったね」
 と言えるひとは
「よくがんばった」ひと

「つらかったね」
 と言えるのは
「つらかった」ひと

「やさしいね」
 と言えるのは
「やさしい」ひと

ひとは
自分がやってきたことを
ひとに言う

- 作者不詳 -

Photo



ドロシー・ロー・ノルトの詩「子ども」

スウェーデンの中学校の社会科教科書に収録されている、
ドロシー・ロー・ノルトというアメリカの家庭教育学者のつくった「子ども」という詩です。

   子 ど も    ドロシー・ロー・ノルト
批判ばかりされた子どもは   非難することをおぼえる
殴られて大きくなった子どもは   力にたよることをおぼえる
笑いものにされた子どもは   ものを言わずにいることをおぼえる
皮肉にさらされた子どもは   鈍い良心のもちぬしとなる
しかし、激励をうけた子どもは   自信をおぼえる
寛容にであった子どもは   忍耐をおぼえる

賞賛をうけた子どもは   評価することをおぼえる
フェアプレーを経験した子どもは   公正をおぼえる
友情を知る子どもは   親切をおぼえる
安心を経験した子どもは   信頼をおぼえる
可愛がられ抱きしめられた子どもは
 世界中の愛情を 感じ取ることをおぼえる
  『あなた自身の社会-スウェーデンの中学教科書-』(川上邦夫訳、新評論)

子供を持ってつくづく感じますが、この詩は人と人との結びつきの大切さ、人を愛することの大切さ、人への思いやりなど、今の社会でともすれば忘れられがちな、しかし子供の成長過程で、とても大切な要素を見事に表現していると思います。非常にこの詩には、私は感銘を受けました。
  皇太子さま45歳誕生日 ご会見より



2017年11月 6日 (月)

自分が選びたい道を生きてる人は

自分が選びたい道を
ちゃんと生きている人は、
不平不満を言ったり
誰かを非難することは
ありません。..
 - 金盛浦子 -

Photo



母親の愛について想う

  「母親の愛について想う」
私が福岡県のC警察署で署長を務めていた平成十八年の出来事です。
管内の山中で三十歳代の女性の自殺遺体が発見されたとの報告を受けました。
家出人捜索願が出ていたので、すぐに身元が判明しました。
その方は家庭内の不和で、悩んだ末に幼い二人の娘さんを残して家出、
マイカー内で練炭自殺を図ったのです。

警察は、医師が看取った遺体以外、病死、自殺、事故死などすべての遺体を検視しなくてはいけません犯罪の疑いがある場合は司法解剖をします。
核家族の増加により一人で亡くなる方も増え、私たちの管轄する地域でも年間三百体以上を検視してきました。 綺麗な遺体ばかりではありません。焼死体、轢死体、腐乱死体、水死体など思わず目を覆いたくなるものもありますが、刑事たちは礼を失することなく淡々と検視に当たります。
 検視のたびに感情移入していていてはPTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまいますし、
冷静さを失えば犯罪死体を見逃すことになりかねないからです。
警察官は誰に教わるともなく、心に鎧を着せて、この辛い仕事と向き合うことを覚えていきます。

 ところが、この練炭自殺を図った女性を検視した時、
いつも冷静な刑事課員たちの様子が少し違いました。皆目を真っ赤にしているのです。
いぶかしく思った私は、責任者の係長に「どうしたんだ」と聞きました。「署長、これを見てください」
 刑事係長は、女性の遺体とともに発見された一枚の写真を差し出しました。
 遺体発見直後、女性が右手に何かを力強く握りしめていることに気づいた刑事課員が硬直した指を広げると、ビニールに丁寧に包まれたプリクラ写真があったといいます。
そこに写っていたのは、自殺した女性と二人の娘さんの笑顔の姿だったのです。

「このお母さん、いったいどんな思いで死んでいったのでしょうか」
 係長は泣きながらそう説明しました。
刑事も自分の子や母のことを思ったに違いありません。
一枚の写真が刑事たちの心の蓋を外してしまいました。
私もその写真を見た途端、すべてを理解し涙が溢れました。
 私は「このことをご遺族、とりわけ二人の娘さんには
必ずお知らせするように」と指示して遺体安置室を出ました。
自分たちを置いて家出をしたお母さんを恨んでいるかもしれない
娘さんたちに、少なくとも母親が子供たちのことを思いながら死んでいったことを
知ってほしいと思ったのです。

 この事件を通して、私は自分の幼少時代を思い出していました。
私は小学校四年の時に父親を亡くし、半年後には母もリウマチで入院。
一年半の間、一人で食事をし、退院の日に母をリヤカーに寝かせ、
病院から自宅に帰った日のことをいまも忘れることができません。
 高校卒業後は、頑張れば頑張るだけ報われると聞いていた警察官を拝命。
速度違反の取り締まりや事故処理などを行う交通課を中心に勤務し、
警視になって以降は暴走族対策室長、銃器対策課長、総務課長などを経て、
定年までの二年半は県警本部総務部長という重責を務めさせていただきました。

 学歴もない、文字どおりたたき上げの私が四十二年間、無事職責をまっとうできたのは、
苦労する母に心配かけたくないという思いと、
幼い頃から聞かされていた母の教えがあったからだと思います。
 幼い頃、お使いを渋る私に厳しい口調で母は言いました。
「なぜ最初からハイと素直に言わないのか。そうすればあなたもお母さんも気持ちいいだろう。
どうせやらなくてはいけないことなら、ニコッと笑って最初から気持ちよくやりなさい」
 厳格な母も二十五年前、私が三十五歳の時に他界しましたが、
この言葉はずっと頭を離れることはありませんでした。

 人間社会の様々なダークな部分と向き合うのが警察の業務です。
嫌な仕事、面倒な仕事が毎日のように舞い込んできます。
ついつい後回しにしたくもなりますが、そういう時、心の支えになったのが母の言葉でした。
嫌な仕事はチャンスと思い、まず先に片付ける習慣を三十年、四十年と続けていく中で、
私自身も少しずつ成長できたように思います。
 人間の成長にとって両親、ことに母親の影響がいかに大きいかは、
長年の警察活動を通して感じたことでもありました。

 数多くの暴走族少年と向き合ってきましたが、
その大半は家庭や学校での孤独や疎外感を違法行為によって埋め合わせようとしていました。
少年と真剣に向き合う警察官を通して初めて大人の愛情を知り、
更生していく姿を目の当たりにする時、子供たちの愛情の飢餓感について思ったものでした。

 一方、東日本大震災では多くの親が子を失い、また多くの子供たちが親を失いました。
子供をその胸に抱いたまま息絶えた母親の遺体もあったそうです。
そして、いまも不明の子供の遺体を捜し続ける親がいます。
そこには愛を注ぎたくても注げない現実があります。

 いまほど親子の絆が求められる時はありません。
日常生活の中でともすれば忘れてしまいがちな母の愛、恩について、
どこかで嚙みしめてみることも現代人には必要ではないでしょうか。
 -引用元- 德増幸雄 (福岡県警元総務部長) (『致知』2012年5月号 より)===========================
「手に強く握りしめていた最愛の二人の娘さんとの写真」
第三者でも、見るに堪えないとても悲しい想いに駆られます。
残された幼い娘さんの気持ちを察すると涙が溢れます。
家族愛、特に母の愛ほど心の礎に勝るものはないのだから
どんなに辛く、苦しくても悲しませない「命」
守らなければならない「命」は生き続けなければならない。


2017年11月 5日 (日)

笑顔で聞いてくれる人が好き

どれだけ綺麗な人よりも、
どれだけ可愛い人よりも、
どれだけカッコいい人よりも、
どれだけ頭が良い人よりも、
どれだけ面白い人よりも、
どれだけ優しい人よりも、
どれだけお金を持ってる人よりも、
私の何でもない話を
笑顔で聞いてくれる人が好き。

Photo





欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

 【欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか】 内科医 宮本顕二
 ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。
一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。
 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても良いくらいです。

 「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」
 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

【「欧米に寝たきり老人はいない」が本になりました】
このブログに大幅加筆して、『欧米に寝たきり老人はいない―自分で決める人生最後の医療』(中央公論新社、税抜き1400円)が2015年6月10日に出版されました。
著者の内科医、宮本顕二・礼子夫妻の
インタビュー記事「寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか」はこちら
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/

2017年11月 4日 (土)

人が幸せを感じる4つのこと

【人が幸せを感じる4つのこと】
① 人に愛されること
② 人に褒められること
③ 人の役に立つこと
④ 人から必要にされること...

【人を幸せにする方法】
① 人を愛すること
② 人を褒めること
③ 人に感謝すること
④人を必要とすること
*******************
自分が幸せになるには
人を幸せにする
人を幸せにしようとすれば
自分が幸せになれます。

Photo_2



声かけ変換表

 『声かけ変換表』
(1)いいかげんにしなさいっ!

   →あと何分で終われそう?
(2)ちょっとまってよ!
   →あと◯分だけ待ってね(具体的な数字を伝える)
(3)うるさいっ!
   →声を「これくらい」にしてくれる?
(4)走っちゃダメっ!
   →歩こうね(やっていいことを伝える)
(5)危ない!
   →止まってね(具体的に伝える)

(6)早く支度しなさいっ!
   →5分で終われば、あと10分遊べるよ(メリット)
(7)早くお風呂からでなさい!
   →夕飯は唐揚げだよ(興味のある情報)
(8)あー、もう、だから言ったでしょう?
   →どうすればよかったんだっけ?
(9)何度言ったらわかるのっ!
   →どうしたら良いと思う?(具体案を引き出す)
(10)(こぼした時)拾って!
   →人参にげちゃったよ~つかまえてくれる?

(11)(失敗した時)あーあ、もう!
   →雑巾で拭けば大丈夫だよ(対処法を)
(12)もう!いつになったら宿題やるの!!
   →宿題何時からやる予定?
   →◯時までなら、お母さん手伝える時間あるよ。
(13)もう!早く帰るよっ!
   →あと10秒だけ待ってるね。
(14)(兄弟をたたくなど)やめなさいっ!
   →やめれたね。ありがとう。
(15)(転んで)痛くない、痛くない!
   →痛かったね(共感すると早く治まる)

(16)そんなこと言っちゃダメ!
   →そうか~イヤなんだね~(感情を否定しない)
(17)もう知らないっ!
   →どうすればわかるかお母さんに教えて
(18)人の迷惑になるからやめなさいっ!
   →先生がモシモシしている音が聞こえなくなっちゃうから病院ではゲームは音を消そうね
    (迷惑の具体的な理由)
(19)◯太郎!!(頭にきて爆発)
   →(事前に)今、堪忍袋2つ目、次にやったらお母さんの堪忍袋は爆発するよ
    (コミカルに事前警告を与える)
(20)何やってるの!バカ!
   →大物だね~!一緒に片付けよっか

とある病院の小児科に掲示してあったとされる、こちらの「声かけの変換表」いかがでしたでしょうか?
大人の私にも考えさせられる大切なことが沢山詰まっていました。
本当に言葉ってむずかしいですよね。伝え方一つで会話が大きく変わるので、気をつけてはいるのですが、心に余裕がないとここに書かれていることは、咄嗟には出てきません。
ですので、普段から心に留めておきながら実践していきたいと思った次第です。

Photo




2017年11月 3日 (金)

他人と過去は変えられない

健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。
不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。
アドラー
人に怒ったり、怒鳴ったり、脅したりする人は
人を自分の思い通りに変えようとしている証拠。
人を変えようとするのは、天気を変えようと
することと同じくらい無謀で、愚かな行為。
人や天気に、無駄にイライラするのでなく
自分にできる事、すべき事を只黙々とやる。

Photo_2


惨めになりたい? それとも強くなりたい?】

 【惨めになりたい? それとも強くなりたい?】 アカデミー学院 学院長 舟田 譲二
「私たちは惨めになることもできれば、強くなることもできる。使うエネルギーは同じだ」

 --作者不詳 (訳 舟田譲二)

人生は一瞬、一瞬が選択です。
たとえどのような状況に置かれていても、選択次第で自分で自分を惨めにすることもできるし、また強くすることもできます。
たとえどんな過去を持っていようとも、あるいは一瞬前に大きな失敗をしたとしても、そこでどのような決断をし、行動を取るかで私たちの将来は変わってきます。

惨めな人生を送っている人というのは、なにか不快な経験をしたり、あるいは不幸を味わったり、屈辱的な目に遭ったりしたとき、そこに焦点を合わせてそれにこだわり続けて生きます。
一方、同じような経験をしても、すぐに軌道修正して、そこからなにかを学び取り、頭を切り替えて新しい面に目を向けるなら、そこからどんどん道が開けていき、その痛い経験を通して強くなることができ、さらに幸せにさえなることができるのです。
どちらを選ぼうとも、使うエネルギーは同じです。

作家、三浦綾子さん(1922-1999)は若い頃から結核、脊椎カリエス、心臓発作、帯状疱疹、直腸癌、パーキンソン病など次から次へと襲う病魔と闘いながらも、「私はこんなにもたくさん病気をして、神様にえこひいきされている」と言って、感謝をしながら執筆活動を続けて一生を送られました。
結婚以来ずっと綾子さんの介護を続けられた夫の三浦光世さん(1924-2014)は、不平不満をこぼしたことなく、夫婦円満で幸せな人生を送り、綾子さんを看取られました。

「まばたきの詩人」と呼ばれた水野源三さん(1937-1984)は9歳のとき赤痢にかかりその高熱によって脳性麻痺を起こし、やがて目と耳以外のすべての機能を失い、寝たきりの生涯を送られました。
話すことも書くこともできなくなりましたが、ある日母親が彼が何か言おうとしていると感じて、五十音図を持ってきて指で指し示したところ、まばたきして合図しました。
12才の時初めて聖書に触れ、13才で受洗されました。
以来、まばたきで綴った膨大な数の詩が後に詩集シリーズとなり、多くの人の感動を呼び、また逆境にいる数えきれないほどの人々に生きる力を与えました。

悲しみよ 悲しみよ 本当にありがとう
おまえが来なかったら つよくなかったなら
私は今どうなったか
悲しみよ 悲しみよ おまえが私を
この世にはない大きな喜びが
変わらない平安がある
主イエスさまのみもとにつれてきてくれたのだ

自分の境遇を見つめて
嘆き悲しむものよ
どんな境遇にある心にも
救いと命を与えたもう
恵み深き主を仰げよ

自分の境遇を見つめて
死のみを願う者よ
どんな境遇にある心にも
希望と力を与えたもう
恵み深き主を仰げよ
自分の境遇を見つめて
世間を恨む者よ
どんな境遇にある心にも
愛と喜びを与えたもう
恵み深き主を仰げよ


Photo
  
「まばたきの詩人」   ( 水野源三さん)   



2017年11月 2日 (木)

学びの心

 「 学びの心 」
すべての出来事は、ただの出来事なのよ。
それを良い出来事、悪い出来事と決めるのは、自分の心。
だから、もしもあなたが、しあわせな人生を過ごしたいのであれば、
必ずいつも学ぼうとする心を持っていなさい。

生きていたら、楽しい事ばかりじゃなくて、時には辛い事や苦しい事がある。
もしも、学びの心を忘れていたら、嫌な出来事が起こった時、
なんで自分だけこんな目に遭わなきゃいけないのって、
心に「キズ」が残るでしょう。

でもね、学びの心を持っていれば、どんな出来事が起こっても、
あなたの心には「キズ」は残らず、
そこから学び、「キ」が一つ増えて、
「キズキ」が残るのよ

Photo_2


言葉の大切さ

 【言葉の大切さ】
ハンバーガーショップで列に並んでいました。
一番前の男性が怒鳴り声になりました。
「何しとんねん。トロイんじゃ、お前! もうエエわ!!」と怒りをあらわにし、
商品が入った紙袋を奪い取るようにして店を出ていきました。
バイトの子は、「申し訳ありませんでした。すみませんでした」と何度も頭を下げていました。
一瞬にして店内の空気が刺々しくなりました。

2番目に並んでいた70歳位のおじいちゃんに、バイトの子は、
無理やり作った笑顔で、「いらっしゃいませ」と接客しました。
おじいちゃんは静かな声で言いました。
「おねぇちゃん、エライなぁ。あんなこと言われて、あんたの心はズタズタのはずや。
にもかかわらず、わしに笑顔で接客してくれた。
あんたの笑顔を見て、孫を思い出した。これから孫に連絡を取ろうと思う。
ありがとう。あ、コーヒー一杯。」

その言葉を聞いた途端、堰をきったように、バイトの子の目から涙が溢れ出しました。
ワンワン声を上げて、泣きだしました。
しばらく涙が止まらなかった。
刺々しかった店の雰囲気が、一瞬にして和らいだのです。
ググっときました。
感動しました。

おじいちゃんのひと言のやさしさで彼女は救われました。
ひと言の温もりから明日の勇気が生まれます。
日々何気なく過ぎていく毎日の中に心に残る小さな小さな物語があります。
喜びも苦しみも分かち合う、
そんなやさしさに満ちたひと言を発することができるといいですね。
気持ちが優しくなれました(^O^)

Photo


2017年11月 1日 (水)

批評はあとでよい

 『批評はあとでよい』
賢い人は、ともすれば批評が先に立ち目前の仕事に没入しきれない。
そのためにせっかく優れた頭脳と知恵を持ちながら、
結局は簡単な仕事も満足にできないことが少なくない。
批評はあとでよい。とにかく今の仕事に没入することである。
一心不乱になることである。一途な努力は必ずどこかで実を結ぶ。
 「松下幸之助 成功 日めくり」より

Photo_2





«そわかの法則